よい子のC++(オブジェクト指向完全理解)

 

 mokuji.txt,目次   

【はじめに】                    intro.txt 1. C++とは 1-1. 訳の分からない用語を切る           abst.txt 1-2. C++の理解を妨げる要因           abst.txt 1-3. 参考文献等                  abst.txt 1-4. C++とその関連用語             abst.txt 1-5. コンパイル&リンクの方法           abst.txt 1-6. NIHクラス・ライブラリ           abst.txt 2.C++の基礎 2-1. 入出力の簡単な例とデバッグの方法       r1.C 2-2. プログラミングのスタイル           r2.C 2-3. 関数のオ−バロ−ド              r3.C 2-4. 関数の外部宣言 (r4s.C)            r4.C 2-5. デフォルト引数の例              r5.C 2-6. クラス定義の用語               r6.C 2-7. クラス定義の基本−その1           r7.C 2-8. クラス定義の基本−その2           r8.C 2-9. 参照型引数の例                r9.C 2-10. 返り値の参照型の注意             r10.C 2-11. インスタンスの生成              r11.C 2-12. フレンド関数の例               r12.C 2-13. 演算子のオ−バロ−ド:ただの関数を使う場合  r13.C 2-14. 演算子のオ−バロ−ド:メンバ関数を使う場合  r14.C 2-15. 演算子のオ−バロ−ドの注意:文字列操作の例  r15.C 2-16. 演算子のオ−バロ−ドの注意:ベクトル計算の例 r16.C 2-17. クラスの暗黙の定義              r17.C 2-18. 線形リストの定石−その1           r18.C 2-19. 線形リストの定石−その2           r19.C 2-20. 静的変数の例                 r20.C 2-21. ポインタ変数の復習              r21.C 2-22. メモリ領域の管理について           r22.C 2-23. 入出力ストリ−ムの使い方           r23.C 2-24. その他の機能について             r24.C 3. クラス階層 3-1. 派生クラスの例−その1            c1.C 3-2. 派生クラスの例−その2            c2.C 3-3. 派生クラスの例−その3            c3.C 3-4. クラスの初期化の注意             c4.C 3-5. コンストラクタの検討−Line( const Point a ) c5.C 3-6. コンストラクタの検討−Line( const Point& a ) c6.C 3-7. コンストラクタの検討−Line( Point* a )    c7.C 3-8. コンストラクタの検討−継承クラスを含む    c8.C 3-9. 純粋仮想関数の注意              c9.C 3-10. 基底クラスの役割の注意            c10.C 3-11. 仮想関数:よくない基底クラス         c11.C 3-12. 仮想関数:基底クラスの余分な要素       c12.C 3-13. 仮想関数:仮想関数の機能を使う        c13.C 3-14. クラス階層の設計−その1           c14.C 3-15. クラス階層の設計−その2           c15.C 3-16. クラス階層の設計−その3           c16.C 3-17. 多重継承を使う−その1            c17.C 3-18. 多重継承を使う−その2            c18.C 3-19. 純粋仮想関数の実装クラスの注意        c19.C 4. オブジェクト指向プログラミング 4-1. C++のいんちきオブジェクト−その1     o1.C 4-2. C++のいんちきオブジェクト−その2     o2.C 4-3. これはオブジェクト指向といえるのか?     o3.C 4-4. 同種のオブジェクトをポインタで関連付ける   o4.C 4-5. 異種のオブジェクトをポインタで関連付ける   o5.C 4-6. オブジェクトを管理するデ−タ集合 (o6s.C)   o6.C 4-7. オブジェクト指向におけるデ−タ構造の一形態  o7.C 4-8. デ−タ集合を個々のオブジェクト自身が持つ   o8.C 4-9. 関連付けられたオブジェクトの管理       o9.C 4-10. オブジェクトを知識ベ−スに利用する−その1  o10.C 4-11. オブジェクトを知識ベ−スに利用する−その2  o11.C 4-12. オブジェクトを知識ベ−スに利用する−その3  o12.C 4-13. オブジェクトをフレ−ム・モデルに利用する   o13.C 4-14. メッセ−ジ通信とデ−タベ−ス−その1     o14.C 4-15. メッセ−ジ通信とデ−タベ−ス−その2     o15.C 4-16. オブジェクト保持の内部オブジェクトを取り出す o16.C 4-17. オブジェクト生成時の作成チェック       o17.C 5. C++の色々な機能 5-1. コンテクスト・スイッチ            t1.C 5-2. 仮想デストラクタ               t2.C 5-3. クラスの静的なメンバ変数と関数        t3.C 5-4. オブジェクトの属性値の設定方法        t4.C 5-5. オブジェクトのクラスの型変換         t5.C 5-6. コンストメンバ関数と変数           t6.C 5-7. インライン関数                t7.C 5-8. 関数へのポインタ:そのまま使う場合      t8.C 5-9. 関数へのポインタ:クラスで使う場合      t9.C 5-10. 関数へのポインタ:その応用          t10.C 5-11. Cのル−チンを呼び出す (t11.c)        t11.C 5-12. クラスのフレンド宣言の基礎          t12.C 5-13. クラスのフレンド宣言の応用          t13.C 5-14. 関数の静的指定 (t14s.C)           t14.C 5-15. 可変引数の表わし方              t15.C 5-16. 可変引数の応用                t16.C 5-17. 割込処理のやり方               t17.C 6. その他追加分 6-1. コンストラクトとインライン実装の注意     x1.C 6-2. 派生クラスの仮想関数とオ−バライドの違い   x2.C 6-3. プリプロセッサと定数宣言           x3.C 6-4. テンプレ−ト機能               x4.C 7. MotifのウィジットをC++で作成する 7-1. プッシュボタン・ウィジットを作成する     m1.C 7-2. プッシュボタン・ウィジットをクラスにする   m2.C 7-3. ウィジットを複数作成する場合の記述の仕方   m3.C 7-4. コ−ルバック関数に複数の引数を渡す方法    m4.C 7-5. イベント制御のノウハウ            m5.C 7-6. マウスとキ−入力制御のノウハウ        m6.C 8. NIHクラス・ライブラリ 8-1. Bag クラス                  n1.C 8-2. Set クラス                  n2.C 8-3. LinkedList クラス             n3.C 8-4. LinkedList クラス続き            n4.C 8-5. Stack クラス                 n5.C 8-6. ArrayOf クラス                n6.C 8-7. NIHクラス・ライブラリを使う−その1    n7.C 8-8. NIHクラス・ライブラリを使う−その2    n8.C 9. アプリケ−ション作成のための指針 9-1. C++でのプログラミング           apri.txt 9-2. C言語とのデ−タ構造の比較          apri.txt 9-3. オブジェクトの分類              apri.txt 9-4. クラス階層について              apri.txt 9-5. オブジェクトの管理              apri2.txt 9-6. オブジェクトの保存について          apri2.txt 9-7. GUI( Graphical User Interfase )をどう使う apri2.txt

<<  注意点  >>

    上記プログラムそのままでは、コンパイル&リンクができない場合が
    あるかもしれません。大部分は処理系の問題だと思われます。例題を
    全く受け付けない処理系(コンパイラ)は先ずないと思いますが。多
    分専用のヘッダ−を付けるとか、コンパイルオプションで解決できる
    と思います。これはよくある話しです。あきらめずに、いろいろ試し
    てみましょうね。それが実力アップの近道です。

            
    よい子の茶道
    よい子のイントラネット
メ−ルは ikkenアットマ−クtcp-ip.or.jp、This URL is Link Free.