お知らせ・最新情報

2018年

●アガサ・クリスティ 二夜連続ドラマスペシャル 第二夜「大女優殺人事件〜鏡は横にひび割れて〜」3月25日放送予定


放送日:2018年3月25日
キー局:テレビ朝日系
脚本:長坂秀佳
監督:和泉聖治
出演:沢村一樹(相国寺竜也)、財前直見、荒川良々、川口春奈、八嶋智人、中原丈雄、水沢エレナ、平岩 紙、津川雅彦、古谷一行、黒木 瞳 ほか

2017年

●「棟居刑事10」9月28日放送予定

2005年よりスタートした東山紀之版「棟居刑事シリーズ」第10弾が放送。

放送日:2017年9月28日 20:00〜
キー局:テレビ朝日系
原作:森村誠一
脚本:長坂秀佳
監督:村川 透
出演:東山紀之(棟居弘一良)、貫地谷しほり(神林一子) ほか

●「そして誰もいなくなった」3月25日・26日放送予定


放送日:2017年3月25日・26日
キー局:テレビ朝日系
脚本:長坂秀佳
監督:和泉聖治
出演:仲間由紀恵(白峰 涼)、向井 理(五明 卓)、柳葉敏郎(ケン石動)、余 貴美子(神波江利香)、國村 隼(久間部堅吉)、藤 真利子(翠川つね美)、大地真央(星空綾子)、橋爪 功(翠川信夫)、津川雅彦(門殿宣明)、渡瀬恒彦(磐村兵庫)、沢村一樹(相国寺竜也)、荒川良々(多々良伴平) ほか

2015年

●「天才刑事 野呂盆六ファイナル 盆六暁に死す」9月19日放送予定

「天才刑事 野呂盆六」シリーズがついに最終回!

放送日:2015年9月19日 21:00〜
キー局:テレビ朝日系 「土曜ワイド劇場」枠
脚本:長坂秀佳
出演:橋爪 功(野呂盆六、大当瓶五)、東風万智子(滝水美々奈)、平山あや(木曽レイカ)、西田 健(小佐野洋元)、新井康弘(大船 豊)、比留間由哲(伊原 堤)、黒坂真美(雨宮小町)、大平夏実(小松ミイ子)、小木茂光(尾形伸輔)、藤 真利子(芦屋遙比) ほか

●「棟居刑事の黒い祭」3月14日放送予定

2005年よりスタートした東山紀之版「棟居刑事シリーズ」第8弾が放送。
第3弾「棟居刑事の青春の雲海」、第4弾「棟居刑事の黙示録」、第5弾「棟居刑事の背徳の詩集」、第6弾「森村誠一の死海の伏流」、第7弾「棟居刑事の夜の虹」に続き、本作も長坂氏が脚本を担当。

放送日:2015年3月14日 21:00〜
キー局:テレビ朝日系
原作:森村誠一「棟居刑事の黒い祭」
脚本:長坂秀佳
監督:村川 透
出演:東山紀之(棟居弘一良)、貫地谷しほり(神林一子)、平 愛梨(芦原涼香)、加藤夏希(夏目初子)、木下ほうか(高倉哲二)、竹財輝之助(市川貴之)、田島令子(百瀬うの)、上野なつひ(寺田亜由美)、きたろう(神林武人)、森本レオ(那須亮輔) ほか

2014年

●「天才刑事 野呂盆六9」7月19日放送予定

「天才刑事 野呂盆六」シリーズの新作が放送。

放送日:2014年7月19日 21:00〜
キー局:テレビ朝日系 「土曜ワイド劇場」枠
脚本:長坂秀佳
監督:藤 嘉行
出演:橋爪 功(野呂盆六)、高橋惠子(涼風凛子)、大後寿々花(天見詩保)、原田夏希(氏原ケイ)、小木茂光(八住警部補)、浜田 晃(南条温夫)、原 久美子(南条彩女)、遠山俊也(鬼頭 徹) ほか

●長坂秀佳氏&伴大介氏のトークショー&サイン会 4/27開催予定

2014年4月27日、東京九段下 科学技術館にて開催される「スーパーフェスティバル65」にて、長坂秀佳氏&伴大介氏のトークショー&サイン会が開催予定。

●「棟居刑事の『夜の虹』…ホテル王は二度死ぬ!?」2月8日放送予定

2005年よりスタートした東山紀之版「棟居刑事シリーズ」第7弾が放送。
第3弾「棟居刑事の青春の雲海」、第4弾「棟居刑事の黙示録」、第5弾「棟居刑事の背徳の詩集」、第6弾「森村誠一の死海の伏流」に続き、本作も長坂氏が脚本を担当。

放送日:2014年2月8日 21:00〜
キー局:テレビ朝日系
原作:森村誠一「夜の虹」
脚本:長坂秀佳
監督:村川 透
出演:東山紀之(棟居弘一良)原 史奈(蔵方江梨香)、貫地谷しほり(神林一子)、竜 雷太(蔵方隆一郎)、原 幹恵(百瀬真帆)、三浦理恵子(重松初音)、本田望結(重松ルリ)、姜 暢雄(美川光弘)、三津谷葉子(黒瀬七波)、梨本謙次郎(永川警部補)、きたろう(神林武人)、森本レオ(那須亮輔) ほか

2013年

●「特捜最前線2013〜七頭の警察犬(仮)」9/29放送予定

長坂氏の代表作『特捜最前線』が、昨年のCS放送での復活に続き今度は地上波に復活。キャストは昨年の「2012」から一新される。
放送日:2013年9月29日
キー局:テレビ朝日系
脚本:長坂秀佳
監督:橋本 一
チーフプロデューサー:五十嵐文郎(テレビ朝日)
プロデューサー:島川博篤(テレビ朝日)、河瀬 光(東映)、小野川 隆(東映)
出演:上川隆也(椚谷評介)、石黒 賢(松城実朗)、平 岳大(紅竹咲馬)、平山祐介(鷹柳岳志)、渡部豪太(栗風 流)、笹野高史(杜氏梅吉)、小林稔侍(榊田聡一郎)、原 沙知絵(朝水彩栞)、平山浩行(伊沢竜司)、小日向文世(乾部兵庫) ほか

●CS・テレ朝チャンネル2「ニュースの深層」(9/27他放送)に長坂氏がゲスト出演予定

「ニュースの深層」第372回「名作ドラマ『特捜最前線』が復活!脚本家長坂秀佳の信念と作法に迫る」
放送日:9/27(金)13:00〜13:54、9/28(土)10:00〜11:00、9/30(月)14:00〜14:50

●「天才刑事 野呂盆六8 見知らぬ他人」8月10日放送予定

「天才刑事 野呂盆六」シリーズの新作が放送。

放送日:2013年8月10日 21:00〜
キー局:テレビ朝日系 「土曜ワイド劇場」枠
脚本:長坂秀佳
監督:藤 嘉行
出演:橋爪 功、大河内奈々子、浅野和之、大地真央 ほか

●「天才刑事 野呂盆六7 美しき母の伝説〜ハイヒール連続殺人!雨の京都に忍び寄る謎の絞殺魔!?35年前の怪事件に潜む驚愕の真実 美人プロファイラーVS盆六!」3月16日放送予定

「天才刑事 野呂盆六」シリーズの新作が放送。

放送日:2013年3月16日 21:00〜
キー局:テレビ朝日系 「土曜ワイド劇場」枠
脚本:長坂秀佳
監督:藤 嘉行
出演:橋爪 功(野呂盆六)、萬田久子(朝生斗馬子)、波岡一喜(楢井伸至)、遊井亮子(岳見笙子)、小木茂光(勝間吾郎)、渡辺 穰 (田久保則夫)、赤座美代子(朝生詩京)、伊吹吾郎(アニキ) ほか

「特捜最前線」について長坂氏が語るミニ番組「脚本家“長坂秀佳”最前線!」が2月放送予定


CS・ファミリー劇場にて、「特捜最前線2012」放送記念と題し、長坂氏がセレクトした「特捜最前線」のエピソードの放送と、そのエピソードを長坂氏が解語るミニ番組が放送。セレクト作品は「爆弾」「タイムリミット」「父と子」の3つのテーマに分けて放送される。
2/9(土)15:00〜:「爆弾」17・160・161・348話
2/16(土)15:00〜:「タイムリミット」85・260話・スペシャル
2/16(土)18:30〜:「父と子」50・51・317・418話
2/16(土)22:00〜:「特捜最前線2012」
(ミニ番組は各テーマの前(17・85・50話の前)に放送予定)

●「寒流」1月14日放送予定


放送日:2013年1月14日 21:00〜
キー局:TBS系
原作:松本清張「寒流」
脚本:長坂秀佳
監督:生野慈朗
出演:椎名桔平、芦名 星、有森也実、小沢真珠、松金よね子、悠木千帆、栗田よう子、蒲生純一、中尾 彬、笹野高史、石黒 賢 ほか

2012年

●「特捜最前線2012 〜爆破0.01秒前の女」10月1日他放送予定

長坂氏の代表作『特捜最前線』が、放送開始35年、放送終了25年のこの年にキャストを一新して復活。放送は地上波ではなくCS(東映チャンネル)。 脚本は長坂氏が担当する。
リピートも含め10月に放送。同じく復活する「プレイガール2012」にアナザーストーリーを加えてカップリングした「特捜最前線×プレイガール2012」は東映チャンネルにて12月放送。
放送日:2012年10月1日他
キー局:東映チャンネル
脚本:長坂秀佳
監督:田崎竜太
出演:平岡祐太、神尾 佑、RIKIYA、佐戸井けん太、渡辺いっけい、浅見れいな、近野成美、長谷川朝晴、大河内 浩、山中崇史、松浦佐知子、茅島成美 ほか

●「森村誠一の死海の伏流」11月24日放送予定

2005年よりスタートした東山紀之版「棟居刑事シリーズ」第6弾が放送。
第3弾「棟居刑事の青春の雲海」、第4弾「棟居刑事の黙示録」、第5弾「棟居刑事の背徳の詩集」に続き、本作も長坂氏が脚本を担当。

放送日:2012年11月14日 21:00〜
キー局:テレビ朝日系
原作:森村誠一「死海の伏流」
脚本:長坂秀佳
監督:村川 透
出演:東山紀之(棟居弘一良)、比嘉愛未(八切亜希)、貫地谷しほり(神林一子)、雛形あきこ(女神麻耶)、きたろう(神林武人)、杉本哲太(新城隆明)、寺泉 憲(秋沢省吾)、森脇英理子(新城沙衣子)、田中幸太朗(一路京介)、森本レオ(那須亮輔) ほか

●「HYPER HOBBY 2012年10月号」長坂氏インタビュー掲載

2012/9/9更新

2012年9月1日発売の「HYPER HOBBY 2012年10月号」(徳間書店)に、『特捜最前線2012』に関するインタビュー記事が掲載。

●「東映ヒーローMAX Vol.42」長坂氏インタビュー掲載

2012年8月1日発売の「東映ヒーローMAX Vol.42」(辰巳出版)に、『特捜最前線2012』に関するインタビュー記事が掲載。

●「特撮ニュータイプ 4月号」長坂氏インタビュー掲載

2012年3月1日発売の「特撮ニュータイプ 2012年4月号」(角川書店)に、市川森一氏に関するインタビュー記事が掲載。

●「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ46 特急『草津』殺人迷路 ニセ十津川 現る!」1月9日放送予定

十津川警部シリーズ最新作特急『草津』殺人迷路が2012年1月9日に放送予定。
長坂氏の脚本は本作品で10作目となる。

放送日:2012年1月9日 21:00〜22:54
キー局:TBS系
原作:西村京太郎「草津逃避行」
脚本:長坂秀佳
監督:舩橋 淳
出演:渡瀬恒彦、渡辺いっけい、根本りつ子、堤大二郎、小野ヤスシ、山村紅葉、中西良太、古川りか、清野秀美、内山翔人、山田アキラ、石橋保、秋山真太郎、國本鍾建、上田眞央、大平奈津美、藤本りせ、斉藤レイ、清水紘治、伊東四朗  ほか

2011年

●「天才刑事 野呂盆六6 〜哀しみ館の惨劇!殺しを見られた令嬢に迫る姿なき脅迫者!青のトラウマの恐怖!千羽鶴に隠された美人母子の秘密〜」9月17日放送予定

「天才刑事 野呂盆六」シリーズの新作が放送。

放送日:2011年9月19日 21:00〜
キー局:テレビ朝日系 「土曜ワイド劇場」枠
脚本:長坂秀佳
監督:藤 嘉行
出演:橋爪 功、清水美沙、国分佐智子、垣内彩未、渡辺 哲、鶴田 忍、三浦浩一、川俣しのぶ、北原佐和子、山本陽子 ほか

●「第三の女」8月19日放送予定 ※放送日延期(放送日未定)

放送日:2011年8月19日※放送日延期(放送日未定)
キー局:フジテレビ系 「金曜プレステージ」枠
原作:夏樹静子「第三の女」
脚本:長坂秀佳
監督:松本 健
出演:村上弘明、菊川 怜、小沢真珠、高橋かおり、中山 忍、秋本奈緒美、佐藤B作、深水三章、津川雅彦 ほか

●「森村誠一の棟居刑事 目撃美女は二度死ぬ? 猫が運ぶ犯人!? 悪い男VS手玉に取る女…愛と欲の背徳の詩集」7月30日放送予定

2005年よりスタートした東山紀之版「棟居刑事シリーズ」第5弾が放送。
第3弾「棟居刑事の青春の雲海」、第4弾「棟居刑事の黙示録」に続き、本作も長坂氏が脚本を担当。

放送日:2011年7月30日 21:00〜
キー局:テレビ朝日系
原作:森村誠一「背徳の詩集」
脚本:長坂秀佳
監督:村川 透
出演:東山紀之、原 沙知絵、貫地谷しほり、上原美佐、きたろう、窪塚俊介、濱田万葉、中原丈雄、勝部演之 ほか

●「『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』とライダー40年の歩み 40 YEARS CHRONICLE」に長坂氏インタビュー掲載

2011年4月発売の書籍「『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』とライダー40年の歩み 40 YEARS CHRONICLE」(角川書店)に、長坂氏のインタビューが掲載。自らが手掛けた東映キャラクター作品の想い出話を語っている。

●「大地の詩-留岡幸助物語-」2011年春公開予定

長坂氏による脚本作品「大地の詩-留岡幸助物語-」が公開予定。

公開日:2011年春公開予定(劇場公開:東京都新宿区 4月、先行有料試写会:東京都中野区 2月18日、先行劇場公開:北海道・岡山県 2月より、先行ホール上映:北海道 3月12日)
制作:現代ぷろだくしょん
脚本:長坂秀佳
監督:山田火砂子
出演:村上弘明、工藤夕貴、さとう宗幸、村田雄浩、隆 大介、市川笑也、石倉三郎、アーサー・ホーランド、笛木優子、小倉一郎、秋野太作、中条きよし、佐藤正宏、堀内正美、真砂皓太、磯村みどり、宮川一朗太、コント山口君と竹田君 ほか

●「仮面ライダー・仮面の忍者赤影・隠密剣士… 伊上勝評伝 昭和ヒーロー像を作った男」に長坂氏コメント掲載

2011年1月31日発売の書籍「仮面ライダー・仮面の忍者赤影・隠密剣士… 伊上勝評伝 昭和ヒーロー像を作った男」(徳間書店)に、長坂氏のコメントが掲載。数々の作品で共に作品を手掛けた伊上氏の想い出話を語っている。
(共に手掛けた作品:「帰ってきたウルトラマン」「人造人間キカイダー」「仮面ライダーX」「アクマイザー3」「忍者キャプター」「超神ビビューン」)

2010年

●「特撮ニュータイプ 7月号」長坂氏インタビュー掲載

2010年6月1日発売の「特撮ニュータイプ 2010年7月号」(角川書店)に、「ロストクライム」に関するインタビュー記事が掲載。

●長坂氏脚本作品「ロストクライム -閃光-」2010年7月3日より公開中

長坂氏による脚本作品「ロストクライム -閃光-」が2010年7月3日より公開。
長坂氏が劇場公開用作品の脚本を担当するのは1996年の「ウルトラマンゼアス」以来、実に14年ぶりとなる。(2001年公開の「弟切草」は原作のみ)

公開日:2010年7月3日
配給:角川映画系
原作:永瀬隼介「閃光」
脚本:長坂秀佳、伊藤俊也
監督:伊藤俊也
撮影:鈴木達夫
音楽:大島ミチル
出演:渡辺 大、奥田瑛二、川村ゆきえ、武田真治、宅麻 伸、中田喜子、熊谷真実、烏丸せつこ、かたせ梨乃、原田芳雄、夏八木 勲 ほか

●「警視庁継続捜査班」7月より放送

放送日時:2010年7月22日スタート 毎週木曜21:00〜
製作:テレビ朝日
チーフプロデューサー:五十嵐文郎
脚本:吉本昌弘、長坂秀佳 ほか
出演:木村佳乃 ほか

●「天才刑事 野呂盆六5」6月12日放送予定

「天才刑事 野呂盆六」シリーズの新作が放送。

放送日:2010年6月12日
キー局:テレビ朝日系 「土曜ワイド劇場」枠
脚本:長坂秀佳
監督:藤 嘉行
出演:橋爪 功、とよた真帆、遠山景織子、さくら、名高達男、中原丈雄、黒部 進、山口美也子、宍戸美和公、小川信行、石原由宇 ほか

※本来の放送予定日であった2/27は、藤田まことさん追悼番組として急遽「京都殺人案内32」が放送。

●「警視庁取調官落としの金七事件簿」5月29日放送

放送日:2010年5月29日 21:00〜
キー局:テレビ朝日系
原作:小野義雄「落としの金七事件簿」
脚本:長坂秀佳
監督:和泉聖治
出演:柳葉敏郎、石黒 賢、中村繁之、大杉 漣、岸本加世子、平泉 成、甲本雅裕、榎木孝明 ほか

2009年

●同人誌「小さなスーパーマン ガンバロン ENCYCLOPEDIA」に長坂氏と鈴木清氏の対談記事掲載

2009年12月に発売された同人誌「小さなスーパーマン ガンバロン ENCYCLOPEDIA」(著:空想特撮愛好会)に、長坂氏とプロデューサーの鈴木清氏の対談記事が掲載。(2ページ) なお、対談は2009年11月に本書の為に行われたものである。
※同人誌の為、一般の書店では販売されておりません。購入方法等、詳細は以下のサイトをご参照下さい。http://park8.wakwak.com/~tokusatsu/index.html

●「特捜最前線 1st & ベストエピソードDVD」にて長坂氏インタビュー掲載

2009年11月発売の「特捜最前線 1st & ベストエピソードDVD」に、インタビューと114・118・133・277・317話のコメントが掲載

「特捜最前線 1st & ベストエピソードDVD」
ローソン・Loppiにて、11月より発売中 税込1380円

<通常収録作品>
1話「愛の十字架」(脚本:宗方寿郎)
351話「津上刑事の遺言!」

<ペイパービュー方式(パスワードを購入すると、視聴期限の間何度でも視聴できる(1作品105円で1週間、もしくは3話セット315円で2週間))>
114話「サラ金ジャック・射殺犯桜井刑事!」(長坂氏コメント有)
118話「子供の消えた十字路」(長坂氏コメント有)
133話「六法全書を抱えた狼!」(長坂氏コメント有)
277話「橘警部逃亡!」(長坂氏コメント有)
317話「掌紋300202!」(長坂氏コメント有)
333話「一円玉の詩!」(脚本:大川タケシ)

●「棟居刑事の黙示録・愛犬が暴く不倫四重奏!」11月21日放送

2005年よりスタートした東山紀之版「棟居刑事シリーズ」第4弾が放送。
2008年11月に放送された第3弾「棟居刑事の青春の雲海」に続き、第4弾も長坂氏が脚本を担当。
なお、今作の原作「棟居刑事の黙示録」は、2000年11月に長坂氏の脚本により、佐藤浩市主演版が放送されている。

放送日:2009年11月21日 21:00〜22:51
キー局:テレビ朝日系
原作:森村誠一「棟居刑事の黙示録」
脚本:長坂秀佳
監督:村川 透
出演:東山紀之、貫地谷しほり、奥貫 薫、金沢美穂、升 毅、津嘉山正種 ほか

●「刑事マガジン Vol.8」長坂氏インタビュー掲載

2009年10月20日発売の「刑事マガジン Vol.8」(辰巳出版)に、「天才刑事野呂盆六」に関するインタビュー記事が掲載。

●「天才刑事 野呂盆六4」7月18日放送予定

「天才刑事 野呂盆六」シリーズの新作が放送。

放送日:2009年7月18日 21:00〜
キー局:テレビ朝日系 「土曜ワイド劇場」枠
脚本:長坂秀佳
出演:橋爪 功 ほか

●「女かけこみ寺 刑事・大石水穂2」7月15日放送予定

2008年1月9日に放送された「女かけこみ寺 刑事・大石水穂」の第2弾が放送。ついにシリーズ化か!

放送日:2009年7月15日 21:00〜
キー局:テレビ東京系 「水曜シアター9」枠
脚本:長坂秀佳
出演:片平なぎさ、愛華みれ、神保悟志、渡辺典子、梅宮辰夫 ほか

●テレビ朝日開局50周年記念ドラマ「刑事一代〜平塚八兵衛の昭和事件史〜」6月20日・21日放送予定


放送日:2009年6月20日・21日
キー局:テレビ朝日系
脚本:長坂秀佳、吉本昌弘
音楽:吉川清之
監督:石橋 冠
出演:渡辺 謙(平塚八兵衛) ほか

「ドラマ 2009年3月号」長坂氏コメント掲載

2009年3月1日発売の「ドラマ 2009年3月号」(映人社)に、「野呂盆録」に関するコメント記事が掲載。

●「刑事・野呂盆六 3」1月17日放送予定

「刑事 野呂盆六」シリーズの新作が放送。

放送日:2009年1月17日 21:00〜
キー局:テレビ朝日系 「土曜ワイド劇場」枠
原作・脚本:長坂秀佳
監督:藤 嘉行
出演:橋爪 功、中山 忍 ほか

2008年

●「棟居刑事の青春の雲海」11月8日放送

長坂氏脚本による「土曜ワイド劇場」枠「棟居刑事シリーズ」がついに復活。
1996〜2000年までの間に全5作作られた佐藤浩市主演版(すべて脚本は長坂氏)に代わり、2005年より東山紀之版がスタート。本作はその東山紀之版第3弾。

放送日:2008年11月8日 21:00〜22:51
キー局:テレビ朝日系
原作:森村誠一「青春の雲海」
脚本:長坂秀佳
監督:村川 透
出演:東山紀之、とよた真帆、国分佐智子、小沢真珠、宮本真希、森本レオ、きたろう、冨家規政、草薙 仁、稲野和子、吉村実子、小梶直人、二瓶鮫一、松永かなみ ほか

●連続TVドラマ「主水之助 七番勝負〜徳川風雲録外伝〜」10月20日より放送予定

2008年1月2日に放送された新春ワイド時代劇「徳川風雲録」のスピンオフ作品が連続ドラマとして放送。

放送日:2008年10月20日より 毎週月曜19:00〜
キー局:テレビ東京系
脚本:酒井直行、池田政之、岡本さとる、奥村俊雄
監督:一倉治雄、森本浩史、橋本 一
出演:松平 健(土屋主水之助)、中村雅俊(徳川吉宗)、三田村邦彦(大峰ノ善鬼)、佐藤藍子(村井秋津)、加治将樹(村井信太郎)、かたせ梨乃(お伊勢) ほか

●「十津川警部シリーズ 第40作特別記念作品 生命〜ベールに包まれた誕生の秘密〜」10月13日放送

十津川警部シリーズ最新作「生命」が2008年10月13日に放送予定。
長坂氏の脚本は本作品で9作目となる。

放送日:2008年10月13日 21:00〜22:54
キー局:TBS系
原作:西村京太郎「十津川警部『生命』」
脚本:長坂秀佳
監督:村田 忍
出演:渡瀬恒彦、雛形あきこ、堤 大二郎、斉藤奈々、小野武彦、川島なお美、池上季実子、伊東四朗 ほか

●長坂秀佳氏&宮内洋氏のトークショー&サイン会「ズバット!トークショー」9/28開催予定

2008年9月28日、東京九段下 科学技術館にて開催される「スーパーフェスティバル47」にて、長坂秀佳氏&宮内洋氏のトークショー&サイン会が開催予定。詳細はこちらのサイトへ

●「刑事・野呂盆六 2」4月19日放送予定

1993年・1994年に放送され、そして昨年復活した「刑事 野呂盆六」の新作が放送。

放送日:2008年4月19日 21:00〜
キー局:テレビ朝日系 「土曜ワイド劇場」枠
原作・脚本:長坂秀佳
監督:藤 嘉行
出演:橋爪 功、田中美里、かとうかず子、角替和枝、広岡由里子、西田 健、霧島れいか、嶋田久作、松澤一之、ヒロシ ほか

●『宇宙からのメッセージ銀河大戦&透明ドリちゃん30周年記念プレイベント』

長坂氏も脚本に参加した「透明ドリちゃん」と、その次番組だった「宇宙からのメッセージ銀河大戦」のイベントが2008年2月10日に開催予定。数々の長坂氏参加作品のプロデューサーとして有名な平山亨氏も出演決定。
詳細は、以下の主催者のコメントをご参照ください。



日程:2008年2月10日(日)15時開始・15時50分終了予定(11時よりドリちゃん・銀河大戦傑作選)
注)時間等変更の可能性アリ・変更あり次第各サイトなどで発表いたします

会場:渡田こども文化センター 川崎市川崎区渡田1丁目15-5
市バス大島1丁目下車スグ・田島小学校そば・安藤屋近く・川崎駅より徒歩15分

会費:無料 ・参加希望の方はできれば事前にお知らせください(いいことがあるカモ)

出演:平山亨先生、安藤一人
特別出演:遂に決定!2008年1月上旬に発表!
注)出演者など急遽変更の場合があります

連絡先:Baseball-Factory内ファンクラブ事務局 TEL:078-581-1617
連絡アドレス:Baseball-Factory@pure.ocn.ne.jp
注)お名前と電話番号・メールアドレスをお忘れなく

家族揃って見ていたあのころに戻って
ぜひお子様とご一緒にお越しください


”イベントの後は新年会だ!”

◎『安藤一人新年会2008』

場所:安藤屋 川崎市川崎区渡田東町1-1(会場から歩いてスグ)
時間:16時開始(イベント参加者は安藤一人とそのまま歩いて会場に行けます)
   18時30分終了予定(さらに2次会アリ??)
会費:4000円(当日受付時に頂戴いたします)

予約受付先:Baseball-Factory内ファンクラブ事務局 TEL:078-581-1617
連絡アドレス:Baseball-Factory@pure.ocn.ne.jp
注)お名前と電話番号・メールアドレスをお忘れなく
※完全予約制・満席になり次第、受付を終了いたします

〜新年会だしもの〜
*イベントで出来なかったお話の続き
*ファンからの質疑応答
*「まるごと!安藤一人ver2008.1」上映
*特別ゲスト・リスペクト企画
などなどコチラも盛りだくさん!
イベント打ち上げも兼ねた新年会で盛り上がりましょう!


地図はコチラ

●アクセスはコチラも参考にしてください
http://hello.ap.teacup.com/andofan/346.html

詳細はこれからのお楽しみということで
今後のファンサイト&ブログにご注目ください↓
http://homepage2.nifty.com/andy_kazu/
http://andofan.web.infoseek.co.jp/
http://star.ap.teacup.com/gambalon/

ご意見・ご希望もお待ちしております!




●水曜ミステリー9「女かけこみ寺 刑事・大石水穂」1月9日放送予定

放送日:2008年1月9日 21:00〜22:48(BS JAPAN:2008年1月6日 21:00〜22:48)
キー局:テレビ東京系
脚本:長坂秀佳
監督:猪原 達三
出演:片平なぎさ、梅宮辰夫、床嶋佳子、神保悟志、六平直政、角替和枝、宮地真緒、末斗夢、大浦龍宇一、佐々木すみ江 ほか

2007年

●新春ワイド時代劇「徳川風雲録」2008年1月2日放送予定

テレビ東京系が毎年1月2日に放送している「新春ワイド時代劇」の最新作(2008年正月放送)は長坂氏による脚本の「徳川風雲録」を放送。

放送日:2008年1月2日 14:00〜24:00
キー局:テレビ東京系
原作:柴田錬三郎「徳川太平記〜吉宗と天一坊」
脚本:長坂秀佳
監督:一倉治雄、藤岡浩二郎
出演:中村雅俊(徳川吉宗)、内田朝陽(天一坊/加納新之助 (二役))、石黒 賢(大岡越前守忠相)、かたせ梨乃(於由利)、桜井幸子(月光院(お喜世))、田中美里(竹姫)、南野陽子(天英院)、酒井美紀(多藻)、黒谷友香(絵島)、高橋由美子(鶴姫)、星野真里(春菜)、松方弘樹(徳川光貞)、藤田まこと(水戸光圀)、西郷輝彦(大石内蔵助)、西田敏行(紀伊国屋文左衛門)、井上和香(お須磨)、国分佐智子(千賀)、木内晶子(理子)、田丸麻紀(宮地)、青山倫子(千町太夫)、西岡徳馬(松平親顕)、平泉 成(加納平治右衛門)、山田純大(徳川宗春)、中村俊介(生島新五郎)、綿引勝彦(安藤帯刀)、榎木孝明(間部詮房)、多岐川裕美(お高の方)、大地康雄(雲霧仁左衛門)、内藤剛志(山内伊賀之介)、松平 健(土屋主水之助) ほか

●「刑事・野呂盆六 スワンの涙」6月9日放送予定

1993年・1994年に放送された「刑事 野呂盆六」が遂に復活!主役の盆六を演じるのは前作と同じく橋爪功氏。

放送日:2007年6月9日 21:00〜22:51
キー局:テレビ朝日系 「土曜ワイド劇場」枠
原作・脚本:長坂秀佳
出演:橋爪 功、床嶋佳子、中村敦夫、馬渕英俚可、佐戸井けん太、馬渕晴子、廣田行生 ほか

●「十津川警部シリーズ38・愛と悲しみの墓標」4月2日放送

十津川警部シリーズ最新作「愛と悲しみの墓標」が2007年4月2日に放送予定。
長坂氏の脚本は本作品で8作目となる。

2006年

●新作書き下ろし小説「鷹丘城悲恋 私の胸には蝮が宿り」11月2日発売

800枚書き下ろしのミステリー小説、角川書店よりハードカバーで11月2日発売。

●「それ行け!カッチン」DVD 12月・1月発売予定

「それ行け!カッチン」
DVD1 2006年12月発売予定
DVD1 2007年1月発売予定

●「特捜最前線」DVD 11/21発売予定

「特捜最前線 DVD-BOX Vol.1」
2006年11月21日発売予定

「特撮ニュータイプ 2007年1月号」長坂氏インタビュー掲載

2006年12月1日発売の「特撮ニュータイプ 2007年1月号」(角川書店)に、「ジキルとハイド」に関するインタビュー記事が掲載。

「映画秘宝 2007年1月号」藤岡弘、氏と長坂氏との対談記事掲載

2006年11月21日発売の「映画秘宝 2007年1月号」(洋泉社)に、「『特捜最前線』スペシャル対談!藤岡弘、×長坂秀佳」記事が掲載。

●CSファミリー劇場「ウルトラ情報局」にてゲスト出演

「ウルトラマンA」について語っています。
放送日:10月中旬〜11月中旬

●新作時代劇「信長の棺」11月5日放送予定

昨年発売され話題となった加藤廣執筆の時代小説「信長の棺」が、長坂氏の脚本によりドラマ化決定。

放送日:2006年11月5日
キー局:テレビ朝日系
プロデューサー:内山聖子
原作:加藤廣「信長の棺」
脚本:長坂秀佳
監督:三村晴彦
出演:松本幸四郎(太田牛一)、松岡昌宏(織田信長)、浅野ゆう子(お鍋の方) ほか

●新春ワイド時代劇「天下騒乱 徳川三代の陰謀(仮題)」2006年1月2日放送予定

テレビ東京系が毎年1月2日に放送している「新春ワイド時代劇」の最新作(2006年正月放送)は長坂氏による脚本の「天下騒乱」を放送。

放送日:2006年1月2日 14:00〜24:00
キー局:テレビ東京系
プロデューサー:佐々木 彰
原作:池宮彰一郎「天下騒乱 鍵屋の辻」
脚本:長坂秀佳
監督:本木克英 ほか
出演:西田敏行(土井利勝)、中村獅堂(柳生十兵衛)、村上弘明(荒木又右衛門) ほか

2005年

●「時代劇マガジン Vol.12」長坂氏インタビュー掲載

2005年9月15日発売の「時代劇マガジン Vol.6」(辰巳出版)に、2006年正月放送予定の長坂氏の新作「天下騒乱」に関するインタビュー記事が掲載。

●雑誌「東京人」8月号に「浅草エノケン一座の嵐」の記事掲載

2005/7/13更新

8ページに渡り「浅草エノケン一座の嵐」の解説・紹介記事が掲載(文・川本三郎氏)

●「十津川警部シリーズ35・金沢加賀殺意の旅」7月4日放送

3月に放送された十津川警部シリーズ第34作「寝台特急あさかぜ殺人事件」に引き続いての連続登板となる、シリーズ第35作「金沢加賀殺意の旅」が2005年7月4日に放送予定。

●「十津川警部シリーズ34・寝台特急あさかぜ殺人事件」3月28日放送

長坂氏にとっては、昨年の「四国連絡特急殺人事件」(2004年3月29日放送)より一年ぶりとなる十津川警部シリーズ最新作「寝台特急あさかぜ殺人事件」が2005年3月28日に放送予定。

●弟切草&彼岸花シリーズ「幽霊花(上・下)」(角川ホラー文庫)2005年3月10日発売

小説「弟切草」と「彼岸花」が融合した、「弟切草」シリーズ完結篇が発売。
「彼岸花」のストーリーを基本軸に、「弟切草」の設定、登場人物たちが複雑に絡み合う。

2004年

「特撮ニュータイプ 2005年1月号」長坂氏インタビュー掲載

2004年11月18日発売の「特撮ニュータイプ 2005年1月号」(角川書店)に、12月24日に発売が予定されている「少年探偵団」DVD BOXに関するインタビュー記事が掲載。

「KODANSHA Official File Magazine 仮面ライダー Vol.5」長坂氏インタビュー掲載

2004年11月10日発売の「KODANSHA Official File Magazine 仮面ライダー Vol.5」(講談社)に、「仮面ライダーX」に関するインタビュー記事が掲載。

DVD BOX「快傑ズバット」長坂氏+宮内洋氏対談収録

2004/9/27更新

2004年9月21日発売の「快傑ズバット」DVD BOXに長坂氏+宮内洋氏のスペシャル対談が収録。

『江戸川乱歩賞全集(17)』(「浅草エノケン一座の嵐」収録)9月15日発売

2004/9/27更新

講談社文庫『江戸川乱歩賞全集』の第17巻に、第35回乱歩賞受賞作である「浅草エノケン一座の嵐」が、第34回受賞作である坂本光一氏著「白球の残像」とカップリングで収録。
解説:西上心太、巻末エッセイ:北方謙三

「青春!学園マガジン Vol.1」『学校があぶない』記事掲載

2004/9/27更新

2004年9月発売の「青春!学園マガジン Vol.1」(辰巳出版)に、『学校があぶない』の記事が掲載。(1ページ)

「特撮ニュータイプ 2004年9月号」長坂氏インタビュー掲載

2004/8/15更新

2004年7月17日発売の「特撮ニュータイプ 2004年9月号」(角川書店)に、9月21日に発売が予定されている「快傑ズバット」DVD BOXに関するインタビュー記事が掲載。

『乱歩賞作家 赤の謎』(中編小説『「密室」作ります』収録)発売中

2004/6/26更新

江戸川乱歩賞50周年を記念し、平成の江戸川乱歩賞受賞者19人により書き下ろされた中編ミステリーアンソロジー集。その第1弾「赤の謎」に長坂氏の作品『「密室」作ります』が収録

「乱歩賞作家 赤の謎」(2004/04/20発売)
・長坂秀佳「『密室』作ります」
・真保裕一「黒部の羆」
・川田弥一郎「ライフ・サポート」
・新野剛志「家路」
・高野和明「二つの銃口」

「乱歩賞作家 白の謎」(2004/05/20発売)
・鳥羽 亮「死霊の手」
・中嶋博行「検察捜査・特別篇」
・福井晴敏「920を待ちながら」
・首藤瓜於「放蕩息子の亀鑑(きかん)」

「乱歩賞作家 黒の謎」(2004/06/20発売)
・鳴海 章「花男」
・桐野夏生「グレーテスト・ロマンス」
・野沢 尚「ひたひたと」
・三浦明博「声」
・赤井三尋「秋の日のヴィオロンの溜息」

「乱歩賞作家 青の謎」(2004/08/20発売予定)

●長坂氏作詞「刑事くん(第3シリーズ)」主題歌「星を追う」収録CD「刑事魂2」発売中

2004/6/26更新

長坂氏がメインライターをつとめた刑事ドラマ「刑事くん」。
その中で長坂氏が作詞まで手がけた歌「星を追う」がついに初CD化!
刑事ドラマソング・ベスト「刑事魂2」に収録されている。(発売元:ユニバーサルミュージック/発売日:2004年6月23日)

ほかに、「刑事くん(第2シリーズ)」主題歌「刑事くん」、「刑事くん(第3シリーズ)」挿入歌「さまよい」、「特捜最前線」挿入テーマ(シングル盤のB面でもあった曲)等も収録。
特に、「刑事くん」の「星を追う」と「さまよい」は、前者の作詞を長坂氏が、後者を同じく「刑事くん」のメインライターであった市川森一氏が手がけており、放送当時この2曲がA面・B面として収録され発売されたシングル盤はファン(?)注目の一枚でもあった。

なお、同時発売として「刑事魂ダンス!!」(発売元:ミュージックマイン/発売日:2004年6月23日)も発売。
こちらには「特捜最前線」のメインテーマがダンスミュージック風にアレンジされ収録されている。

●「十津川警部シリーズ・四国連絡特急殺人事件」3月29日放送予定

2004/1/30更新

長坂氏にとっては「尾道・倉敷殺人ルート」(1998年9月28日放送)以来久々となる十津川警部シリーズ最新作「四国連絡特急殺人事件」が2004年3月29日に放送予定。

●長坂氏自伝的エッセイ集「長坂秀佳術」発売中!

2004/1/31更新

長坂氏の作品リスト・データ、関係者のインタビュー、シナリオの再録等、盛り沢山の内容でファン必見の一冊、ついに発売!

長坂氏自伝的エッセイ集「長坂秀佳術」
発売日:2004年1月31日
発売元:辰巳出版
ページ数:400ページ
価格:2500円(税別)
内容:

第一章  少年時代
 手紙「父上殿」
第二章  東京へ−−東宝撮影所時代
 エッセイ採録「父との勝負」
第三章  東宝テレビ部時代−−父との別れ
 シナリオ採録@「ものを言う犬」
 証言T・針生 宏
第四章  『刑事くん』の時代
 シナリオ採録A「刑事くん/俺のオヤジは」
 証言U・齋藤頼照
 証言V・橋本洋二
第五章  『ウルトラマン』『少年探偵団』そして『宮本武蔵』
 証言W・鈴木 清
 『特捜最前線』エピソード・ガイド&ロング・インタビューT
第六章  『特捜最前線』の時代
 『特捜最前線』エピソード・ガイド&ロング・インタビューU
 シナリオ採録B「特捜最前線/橘警部・父と子の十字架」
 シナリオ採録C「特捜最前線/桜井警部補・哀愁の十字架」
 シナリオ採録D「特捜最前線/神代警視正・愛と希望の十字架」
第七章  江戸川乱歩賞への挑戦
第八章  ゲームドラマへの挑戦
第九章  連続ドラマ、長時間ドラマへの挑戦
 証言X・森下和清
 証言Y・森田光則
 証言Z・中山和記
第十章  ホラー小説三部作への挑戦
終 章  それから、二年−−
あとがき
巻末付録・全仕事リスト

2003年

●「ウルトラマンAGE Vol.12」長坂氏インタビュー掲載予定

2003/12/17更新

2004年1月13日発売予定の「ウルトラマンAGE Vol.12」(辰巳出版)に、長坂氏が手掛けた円谷作品に関する長坂氏のインタビュー記事が掲載予定。

●「時代劇マガジン Vol.6」長坂氏インタビュー掲載予定

2003/12/17更新

2003年12月24日発売予定の「時代劇マガジン Vol.6」(辰巳出版)に、2004年正月放送予定の長坂氏の新作「竜馬がゆく」に関するインタビュー記事が掲載予定。

●「刑事マガジン Vol.2」長坂氏インタビュー掲載

2003/12/17更新

「刑事マガジン Vol.2」(辰巳出版・2003年12月12日発売)に長坂氏が手掛けた「特捜最前線」に関する記事が掲載。(2ページ)
2004年1月発売予定の長坂氏自伝的エッセイ集「長坂秀佳術」に掲載が予定されている「特捜最前線」の各エピソード創作秘話の序章という形で、インタビュー・エッセイ的な内容。
また、長坂氏が手掛けた「特捜最前線」全109作品の作品リストも掲載。

●「東映ヒーローMAX Vol.7」長坂氏インタビュー掲載

2003/11/3更新

「東映ヒーローMAX Vol.7」(辰巳出版)の連載コーナー「仮面の世界」(取材・執筆:切通理作氏)のゲストに長坂氏が登場。
4ページに渡り、キカイダー・キカイダー01・ズバット等、長坂氏が手掛けた東映ヒーロー作品を語る。
また、本誌において、同じく辰巳出版から2004年1月に発売予定の「長坂氏の自伝的エッセイ集」発売の告知がされている。

●新春ワイド時代劇「竜馬がゆく」2004年1月2日放送予定

2003/10/7更新

テレビ東京系が毎年1月2日に放送している「新春ワイド時代劇」の最新作(2004年正月放送)は長坂氏による脚本の「竜馬がゆく」を放送。

放送日:2004年1月2日 14:00〜24:00
キー局:テレビ東京系
脚本:長坂秀佳

役名 役者名 役柄 97年放送「竜馬がゆく」キャスト(参考)
坂本竜馬 市川染五郎 土佐藩 上川隆也
おりょう 内山理名 竜馬の妻 沢口靖子
坂本八平 橋爪 功 竜馬の父 西岡徳馬
坂本乙女 室井 滋 竜馬の姉 大地真央
坂本春猪 藤本美貴 竜馬の姪
お田鶴 井川 遥 土佐藩家老の妹 鶴田真由
岡田以蔵 高杉瑞穂 土佐藩 長瀬智也(TOKIO)
武市半平太 沢村一樹 土佐藩 椎名桔平
武市富子 松本紀保 武市半平太の妻 斉藤慶子
中岡慎太郎 山田純大 土佐藩 岡本健一
高杉晋作 葛山信吾 長州藩 西村和彦
久坂玄端 高橋和也 長州藩 袴田吉彦
桂 小五郎 原田龍二 長州藩 石黒 賢
来島又兵衛 石橋蓮司 長州藩
西郷吉之助 高嶋政宏 薩摩藩 赤井英和
勝 海舟 柄本 明 幕府軍艦奉行並 西田敏行
寝待ちの藤兵衛 渡辺いっけい 泥棒 間 寛平
お登勢 若村麻由美 京都伏見の宿「寺田屋」の女将 池上季実子
千葉貞吉 藤田まこと 江戸「北辰一刀流 千葉貞吉道場」道主 松本幸四郎
千葉さな子 前田 愛 千葉貞吉の娘 松 たか子
千葉重太郎 的場浩司 千葉貞吉の長男 高嶋政宏
大浦お慶 松 たか子 貿易商
松平春嶽 松本幸四郎 福井藩主


●「刑事マガジン Vol.1」長坂氏インタビュー掲載

2003/8/25更新

辰巳出版から発売された刑事ドラマ専門誌「刑事マガジンvol.1」(7/24発売)に長坂氏のインタビューが掲載。
「刑事くん」と「特捜最前線」について語っている(2ページ)

●新作ホラー小説「黒い童謡(うた)」発売中

2003/5/11更新

新作のホラー小説「黒い童謡(うた)」が角川ホラー文庫より5月10日に発売。
「ずいずいずっころばし」「花いちもんめ」「かごめ」「通りゃんせ」の4つの童謡をモチーフにした4編のオムニバスホラー小説。
そして、その4つのメロディーは最後にひとつへと繋がっていく。

●「アクマイザー3 超神ビビューン大全」長坂氏インタビュー掲載

2003/2/22更新

「アクマイザー3 超神ビビューン大全」(岩佐陽一編・双葉社)に長坂氏のインタビュー掲載(3ページ)
「アクマイザー3」、「超神ビビューン」について語っている。

●「彼岸花 公式ガイドブック」発売

2003/2/16更新

PS2版「彼岸花」攻略本「彼岸花 公式ガイドブック」に長坂氏のインタビューが掲載。(4ページ)
また、本ホームページの紹介記事も掲載。(2ページ)

●「時代劇マガジン Vol.2」長坂氏インタビュー掲載

2003/2/16更新

「時代劇マガジンvol.2」にて「アンケート・ザ・新撰組」称し新撰組映像作品に対してのインタビュー記事が掲載、その中で長坂氏は以前に自分が手掛けられた作品「燃えよ剣」(1990年)についてコメントしている

2002年

●「宇宙船」1月号に長坂氏インタビュー掲載

2002/12/10更新

「宇宙船」1月号(朝日ソノラマ刊)に長坂氏のインタビューが掲載、「彼岸花」について語っている。

●「時代劇マガジンvol.1」長坂氏インタビュー掲載

2002/10/20更新

辰巳出版から発売された初の時代劇専門誌「時代劇マガジンvol.1」に長坂氏のインタビューが掲載。
11月21日に発売される「宮本武蔵」DVD・ビデオの発売を記念し、「宮本武蔵」はもちろんのこと、ラジオドラマ「宮本武蔵」「二人の武蔵」「若き血に燃ゆる」「燃えよ剣」「豊臣秀吉 天下を獲る」「竜馬がゆく」等の過去に執筆された時代劇にもスポットをあてている。計4ページ。

●「東映特撮BB」長坂氏インタビュー・キカイダー全43話、順次配信中

2002/10/20更新

会員制映像配信サイト「東映特撮BB」にて、「人造人間キカイダー」のTVシリーズ全43話やメインライター・長坂秀佳氏のインタビュー映像などを配信中。

・「TVシリーズ全43話」(10/10〜・毎週木曜5話ずつ追加)
・「脚本家 長坂秀佳氏 インタビュー」(10/10〜・毎週木曜追加)
・「キャラクター図鑑」(10/10〜)
・映画「飛び出す人造人間キカイダー」(10/10〜)
・映画「人造人間ハカイダー」(11/07〜)
・ショートムービー「人造人間キカイダー」 変身シーン(10/17〜)
・ショートムービ「ハカイダー」 変身シーン(10/24〜)
・ショートムービ「プロフェッサー・ギル」 登場シーン(10/31〜)

すべて12/31までの配信予定。

●「宮本武蔵」DVD・ビデオ 11月21日発売

2002/10/20更新

2001年正月にテレビ東京系にて放送された新世紀ワイド時代劇「宮本武蔵」のDVDとビデオが11月21日に発売される

新世紀ワイド時代劇「宮本武蔵」
発売元:VAP
発売日:2002年11月21日

DVD−BOX(4枚組)
メイキング収録
19000円

VHS=全4巻
Vol.1、2=5800円
Vol.3、4=6800円

2001年

●新作小説「化猫伝 桜 妖魔」角川書店より9月7日発売

2001/9/7更新

新作小説「化猫伝 桜 妖魔」が、角川ホラー文庫より9月7日に発売。
前作「弟切草」シリーズともシンクロした新ホラーシリーズ。

「化猫伝 桜 妖魔」
執筆:長坂秀佳
出版社:角川書店(角川ホラー文庫)

●「浅草エノケン一座の嵐 」角川書店より発売決定

2001/4/22更新

1989年、第35回江戸川乱歩賞受賞作「浅草エノケン一座の嵐」が角川書店より7月25日発売予定。
講談社より発売されたハードカバー版(1989年9月発行)、文庫版(1992年7月発行)は共に絶版になっており、ファンにとっては待望の再販となる。

●映画「弟切草」DVD・ビデオ 7月21日発売

2001/7/23更新

映画「弟切草」のDVDとビデオが7月21日に発売。
DVD盤「弟切草 特別編 インタラクティブ エディション」はDVD特典として以下の特典がついている。
・階沢邸探索
・下山天監督&奥菜恵&斉藤陽一郎のオーディオコメンタリー
・予告編映像集(特報1、2、3、劇場版予告)
・奥菜 恵フォトギャラリー
・メイキング映像集
・キャスト・スタッフ紹介
・5.1chサラウンド主題歌「GIRLIE」
・階沢蒼一アートギャラリー

●「ぼくとマリの時間旅行(全4話)」DVD 7月27日発売

2001/7/23更新

NHK少年ドラマシリーズ「ぼくとマリの時間旅行」全4話がDVDにて発売。
なお、カップリングとして同じく「NHK少年ドラマシリーズ」より「未来からの挑戦(個人編集版)」「ポンコツロボット太平記(第1話)」が同時収録される。

●「日本沈没」DVD 4月〜6月発売

2001/4/3更新

「日本沈没」のDVDが発売。
各3話収録 全9巻(最終巻のみ2話収録)
1巻〜3巻:4月27日発売
4巻〜6巻:5月25日発売
7巻〜9巻:6月22日発売

●「宮本武蔵」、1時間全10回の特別編集版になって4月16日より毎週月曜に全国6局ネットで再放送開始

2001/3/25更新

今年の正月(2001年1月2日)にテレビ東京系で放送された「新世紀ワイド時代劇『宮本武蔵』」が早くも、しかもゴールデンタイムに再放送される。
正月に放送された計10時間ぶんを、各1時間全10回に編集し放送。

「宮本武蔵 特別編集版」
放送日:4月16日より 毎週月曜日 19:00〜
キー局:テレビ東京系(テレビ東京、テレビ北海道、テレビ愛知、テレビ大阪、テレビせとうち、TVQ九州放送の全国6局ネット)

●「弟切草」関係情報

2001/3/25更新

「弟切草 蘇生篇」、4月12日に再販(Playstation The BEST)

「弟切草 蘇生篇」が廉価版(Playstation The BEST)となって発売。

「弟切草 蘇生篇」
発売:チュンソフト
発売日:4月12日
定価:本体2800円(税別)

小説「弟切草」シリーズ第3弾(完結編)「寄生木(やどりぎ)」、発売中。

執筆:長坂秀佳
出版社:角川書店(角川ホラー文庫)
発売日:2000年12月25日
定価:本体686円(税別)

映画「弟切草」公開中

公開日:2001年1月27日
制作:「弟切草」製作委員会(角川書店、アスミック・エースエンタテインメント、東宝、IMAGICA、住友商事、日本出版販売)
配給:東宝
エグゼクティブプロデューサー:原 正人
プロデューサー:小川真司、仙頭武則
企画:森下和清
原作:長坂秀佳「弟切草」
脚本:中島吾郎、仙頭武則
脚本協力:柴尾英令
監督:下山 天
音楽:吉田朝子
主題歌:「GIRLIE」THE YELLOW MONKEY
出演:菊島奈美/階沢直美・奥菜 恵(二役)、松平公平・斉藤陽一郎、浮田真一・大倉孝二、小関透子・松尾れい子、階沢蒼一・minoru

同時上映:「狗神(いぬがみ)」
原作:坂東真砂子
監督:原田眞人
出演:天海祐希、渡部篤郎 ほか

両作品共通のテーマは「インモラル(背徳)」

「映画「弟切草」完全攻略ガイドブック」発売中

著編者:「弟切草」探究委員会編
発売日:2001年1月12日
定価:本体1500円(税別)
A5判

「PHOTO BOOK『奥菜恵/弟切草』」発売中

撮影:アライテツヤ
発売日:2000年12月25日
定価:本体1500円(税別)
B5判

「単行本コミックス『弟切草』-創世-」発売中

作画:小野双葉
発売日:2001年1月18日
定価:本体600円(税別)

「単行本コミックス『彼岸花』」発売中

作画:高瀬志帆
発売日:2001年1月18日
定価:本体600円(税別)

映画「弟切草」公式サイト稼動中

現在、映画「弟切草」および同時上映の「狗神」の公式サイトが稼動中。

小説「弟切草」、ニューカバー版発売

小説「弟切草」のカバーが12版(平成12年11月30日刊)より映画「弟切草」のポスターのバージョンに変更された。

「弟切草」アトラクション、お台場・SEGA東京ジョイポリスにて開催中

東京ジョイポリスにて映画「弟切草」をモチーフにしたウォークスルータイプのホラーハウスが登場。

ザテレビジョンスナック・ザテレビジョンピックアップ、奥菜恵「弟切草」オリジナルテレホンカードプレゼント実施<既に終了>

奥菜恵の写真がパッケージデザインの「ザテレビジョンスナック」、「ザテレビジョンピックアップ(関西地区限定販売)」(明治製菓)にて、奥菜恵「弟切草」オリジナルテレホンカードプレゼントが行われている。<既に終了>

ラジオ番組「KADOKAWA RADIO BOOMER」にて「弟切草」コーナーオンエア<既に終了>

毎週木曜深夜1:00より放送のラジオ番組「KADOKAWA RADIO BOOMER」にて「弟切草」コーナー「弟切草の声」放送中(1月10日放送ぶんにて終了)
テレホンボードにてリスナーの恨みの言葉を募集、公開する。
採用者には「弟切草茶」プレゼント。

・1月18日深夜放送ぶん「弟切草」紹介。
・1月25日深夜放送ぶん「弟切草」大特集。奥菜恵、下山天監督ゲスト出演。

チャンネルNECO、映画「弟切草」試写会招待プレゼント実施<既に終了>

CS放送のチャンネルNECOにて、映画「弟切草」試写会への招待プレゼントを実施。<既に終了>
50組100名様
日時:1月16日(火)
開場:18:00
開映:18:30
会場:イイノホール

応募方法はチャンネルNECOのホームページもしくはチャンネルNECOにて放送中のCMを参照。

なお、現在試写会告知と同時に「弟切草」の予告編もチャンネルNECOにて放送。

初日舞台挨拶

1月27日 銀座・日劇東宝
下山天監督、奥菜恵、斉藤陽一郎

1月27日(土)放送のラジオ番組「土曜日のモナリザ」(TFM:PM7:30〜)にて長坂氏が出演、「寄生木」をはじめ、「弟切草」3部作についてを語る。

ラジオ番組「土曜日のモナリザ」(TFM土曜PM7:30〜)の1月27日(土)放送ぶんにて長坂氏が出演、「寄生木」をはじめ、「弟切草」3部作についてを語る。

映画「弟切草」パンフレットに長坂氏執筆のコメント掲載

「弟切草」関連記事掲載雑誌・書籍紹介

きりがないとは思いますが(苦笑)、出来る限り調べられればと・・・。

・「スポーツニッポン 2000年7月7日」「第1弾『狗神』『弟切草』」- 映画公開紹介記事。

・「サンケイスポーツ 2000年10月3日」「正月スクリーンデビュー 奥菜恵」- 奥菜恵主演決定紹介記事。

・「月間ザテレビジョン 2000年11月号」(角川書店)「リング」シリーズでおなじみの角川冬のホラー映画が装いを新たに登場!天海祐希、渡部篤郎共演『狗神』と奥菜恵主演『弟切草』が撮影開始」- 映画公開紹介記事。

・「月間ニュータイプ 2000年12月号」(角川書店)「角川冬のホラー2本立て 『狗神』『弟切草』1月27日(土)公開(ニュータイプ・エクスプレス記事内)」- 映画公開紹介記事。「角川冬のホラー最新作、撮影快調!(イベント情報記事内)」- 映画公開紹介記事。

・「ザテレビジョン 2000年No51(12.16〜12.22)」(角川書店)奥菜恵インタビュー(弟切草ネタ有)および表紙。

・「サイトでーた 2001年1月号」(角川書店)「毎年恒例となった”冬の角川ホラー”2001年のキーワードは”インモラル”」- 映画・公式サイト紹介記事。「狗神」試写会招待告知。

・「月間エースネクスト 2001年1月号」(角川書店)「映画『弟切草』のフォトブック『奥菜恵/弟切草』発売決定!」- フォトブックおよび完全ガイドブック発売告知記事。

・「ザテレビジョン 2001年No1(12.23〜1.8)」(角川書店)「速報 角川冬のホラー」- 映画・公式サイト紹介記事。

・「月間ニュータイプ 2001年2月号」(角川書店)「狗神/弟切草 洋館に潜む狂気 壺に潜む呪い」- 映画公開紹介記事。「ただコワイだけじゃない!?奥菜恵が初めてホラーに挑戦した「弟切草」がいよいよ公開!!」- 奥菜恵インタビュー。

・「ザテレビジョン 2001年No4(1.20〜1.26)」(角川書店)「ようこそ復讐あふれる拷問の世界へ」- 映画公開紹介記事。奥菜恵インタビュー。

・「DVD&ビデオVISION 2001年2月号」(日之出出版)「恐怖のサイコホラー・サウンドノベル・ゲームがデジカム映像で、ついに待望の映画化!」- 映画公開紹介記事。(長坂氏のことを「人造人間キカイダー」や「帰ってきたウルトラマン」を手掛けた・・・と紹介・・・。)

・「月間ザテレビジョン 2001年2月号」(角川書店)「恐怖の”未体験ワールド”への3つの扉」- 映画公開紹介記事。奥菜恵インタビュー。

・「週刊東京ウォーカー 2001年1/30号」(角川書店)「洋館に潜む狂気を描くデジタル・ホラー」- 映画公開紹介記事。「巻頭グラビア&インタビュー」奥菜恵インタビュー。

・「東海ウォーカー 2001年1/24-2/6号」(角川書店)「ゲーム、小説、映画と形を変え迫り来る恐怖」- 映画公開紹介記事。下山天監督インタビュー。「女優って奥が深いなあーと実感できた作品です。」奥菜恵インタビュー。(インタビュー記事は、上記「週刊東京ウォーカー2001年1/30号」と同一、グラビア等が異なる。)

・「DVDビデオぴあ 2001年2月号」(ぴあ)「奥菜恵 ホラーという部分にはそれほどこだわらずに見てもらえたらうれしい」- 奥菜恵インタビュー。

・「DVD&ビデオでーた 2001年2月号」(ぴあ)「戦慄の全貌ついに現わる!」- 映画公開紹介記事。下山天監督インタビュー。

・「ザテレビジョン 2001年No5(1.27〜2.2)」(角川書店)「公開直前!ギリギリまで迫る「狗神」「弟切草」恐怖リサーチ」- 映画公開紹介記事。斉藤陽一郎インタビュー。

・「ライコスマガジン 2001年3月号」(角川書店)- 付録CD−ROMに予告編ムービー収録。

・「宇宙船 2001年冬号 Vol.95」(朝日ソノラマ)- 下山天監督、原作者長坂秀佳、原案脚本麻野一哉インタビュー。

・「ザテレビジョン 2001年No5(2.3〜2.9)」(角川書店)奥菜恵インタビュー。



「宇宙船 2001年冬号 Vol.95」(朝日ソノラマ)に長坂氏のインタビュー掲載

●文庫版コミックス「人造人間キカイダー」第2巻に長坂氏執筆の解説掲載

2001/1/19

文庫版コミックス「人造人間キカイダー」第2巻(秋田書店・秋田文庫)の巻末に長坂氏執筆の解説が掲載されています。

2000年

●新世紀ワイド時代劇「宮本武蔵」2001年1月2日放送予定

2000/12/19更新

テレビ東京系が毎年1月2日に放送している「12時間超ワイドドラマ」が今作より 「新世紀ワイド時代劇」として新しいスタートを切り、その第1作目「宮本武蔵」の脚本を長坂氏が手掛ける。
長坂氏は「12時間超ワイドドラマ」では「若き血に燃ゆる -福沢諭吉と明治の群像」「豊臣秀吉 天下を獲る!」を執筆している。

放送日:2001年1月2日 14:00〜24:00(番宣スペシャル・12:00〜12:30)
キー局:テレビ東京系
プロデューサー:小川治ほか
原作:吉川英治「宮本武蔵」
脚本:長坂秀佳
監督:佐々木章光、藤尾隆
出演:宮本武蔵・上川隆也、お通・鶴田真由、佐々木小次郎・吉田栄作、又八・渡辺いっけい、朱実・鈴木紗理奈、お甲・池上季美子、吉岡清十郎・高嶋政宏、沢庵和尚・西田敏行、柳生兵庫助・美木良介、宍戸梅幹・隆大介、吉野太夫・涼風真世、お杉・吉田日出子、長岡佐渡・柴俊夫、本阿弥光悦・田村亮、鳥丸光広・大杉漣、池田輝政・市川左団次、志乃・青田典子、お光・赤坂七恵、唐琴太夫・IZAM、奥蔵院日観・大滝秀治、柳生石舟斎・中村嘉葎雄 ほか

第1部「たけぞうから宮本武蔵へ」
第2部「道場破り!柳生!吉岡!宝蔵院!」
第3部「宍戸梅幹、吉岡兄弟との決闘」
第4部「一乗寺下り松の決闘、そして巌流島へ」

●「棟居刑事」シリーズ第5弾「棟居刑事の黙示録」、土曜ワイド劇場枠にて11月18日放送予定

2000/11/3更新

土曜ワイド劇場枠「棟居刑事」シリーズの第5弾「棟居刑事の黙示録」が放送。

土曜ワイド劇場「棟居刑事の黙示録」(森村誠一の棟居刑事5)
放送日:2000年11月18日 21:00〜23:00
キー局:テレビ朝日系
原作:森村誠一
脚本:長坂秀佳
監督:松原信吾
出演:棟居弘一良・佐藤浩市、本宮桐子・水野真紀、ゆかり・前田亜季、
麻丘めぐみ、、目黒祐樹、石田太郎、岡本信人、風祭ゆき、中野誠也 ほか

●「人造人間キカイダー」CS東映チャンネルにて8月より放送

2000/7/2更新

「人造人間キカイダー」
東映チャンネル
8月より放送

●弟切草の新作小説「弟切草奇譚 彼岸花」6月10日、角川ホラー文庫より発売

2000/5/8更新

弟切草の新作小説「弟切草奇譚 彼岸花」が、角川ホラー文庫より6月10日に発売予定です。
1992年にスーパーファミコン版、1999年にプレイステーション版として発売されたゲームソフト「弟切草」の小説の第2弾がついに発売。

「弟切草奇譚 彼岸花」
執筆:長坂秀佳
出版社:角川書店(角川ホラー文庫)

●書籍「最終回にほえろ!3」に長坂氏インタビュー掲載

2000/2/12更新

書籍「20世紀テレビ読本 最終回にほえろ! PART3」(同文書院刊・岩佐陽一著)に長坂氏のインタビューが7ページにわたって掲載されています。
本書は長坂作品である「人造人間キカイダー」「アクマイザー3」をはじめ「無敵超人ザンボット3」「走れ!ケー100」「クレクレタコラ」ほか数々の懐かしいTV作品を取り上げている。
なお、長坂氏のインタビュー記事内に本書の著者岩佐陽一氏(長坂関係では「少年探偵団(BD7)のサントラCDの解説書を担当)と用田邦憲氏(ソニー・マガジンズ編集者)により「長坂氏の自伝本」が企画進行しているとあります。
なんたるビッグニュース!非常に楽しみであります。

●「魔法使いチャッピー」CSファミリー劇場にて3月より放送

2000/2/2更新

「魔法使いチャッピー」
ファミリー劇場
毎週火曜日 午後8時30分より放送
毎週水曜日 午後5時00分より放送
毎週木曜日 午前7時00分より放送
毎週土曜日 午前9時30分より放送

●「少年探偵団」CSファミリー劇場にて1月16日より放送

2000/1/5更新

「少年探偵団」
ファミリー劇場
1月16日より放送
毎週日曜日 午後8時00分より放送
毎週火曜日 午後6時30分より放送
毎週水曜日 午前7時30分より放送

●「ジャッカー電撃隊」CS東映チャンネルにて1月10日より放送

2000/1/5更新

「ジャッカー電撃隊」
東映チャンネル
1月10日より放送

●「快傑ズバット」CS東映チャンネルにて1月9日より放送

2000/1/5更新

「快傑ズバット」(再放送・1999年5月〜同チャンネルにて放送)
東映チャンネル
1月9日(日) 午後11時15分より1〜4話を放送
1月16日(日) 深夜00時00分より5〜8話を放送
1月23日(日) 午後11時00分より9〜12話を放送
1月30日(日) 午後11時40分より13〜16話を放送

1999年

●「名探偵明智小五郎 エレベーター密室殺人」土曜ワイド劇場枠にて放送予定

1999/9/19更新

土曜ワイド劇場「名探偵明智小五郎 エレベーター密室殺人(仮)」
2000年2月26日(土) 夜9:00〜11:00
キー局:テレビ朝日系
原作:江戸川乱歩「三角館の恐怖」
脚本:長坂秀佳
監督:佐藤嗣麻子
出演:稲垣吾郎、吉行和子、きたろう、麻生祐未、国広富之、中丸忠雄、勝部演之、根岸季衣 ほか

1998年3月7日放送「名探偵明智小五郎 江戸川乱歩の陰獣」に続く稲垣=明智シリーズの第2弾。
今回も前作に続き、原作は明智シリーズではない。

●アサヒパソコン11月15日号にて本HP紹介記事掲載

1999/10/30更新

アサヒパソコン11月15日号(10月29日発売)にて本HPの紹介記事が掲載されています。
「懐かしの刑事ドラマ」というジャンル分け紹介。
次号は11月15日発売ですのでそれまでに購入(できれば)、もしくは立ち読みを・・・。

●「円盤戦争バンキッド」CSキッズステーションにて11月より放送

1999/9/19更新

「円盤戦争バンキッド」
CS キッズステーション
11月16日より放送
毎週火曜日 午後10時30分より放送
毎週金曜日 午後6時30分より放送
毎週土曜日 午前11時30分より放送

●「華の嵐」CSホームドラマチャンネルにて9月より放送

1999/8/10更新

「華の嵐」
CS ホームドラマチャンネル
9月より放送

1999年夏 愛知県豊川市の新図書館開館イベントにて「長坂秀佳展」開催中!

長坂氏の出身地である愛知県豊川市にある市立図書館が、
今年の夏に開館予定の新図書館の開館イベントとして
「長坂秀佳展」(郷土に輝く人を紹介するコーナー内)を開催する予定です。
ただし規模はかなり小さいものとのことです。(市および図書館・談)

●「小さなスーパーマン ガンバロン」CSファミリー劇場にて6月より放送

1999/5/2更新

「小さなスーパーマン ガンバロン」
CS ファミリー劇場
6月より放送

●「快傑ズバット」CS東映チャンネルにて5月より放送

1999/3/17更新

「快傑ズバット」
CS 東映チャンネル
5月17日より放送

●プレイステーション版「弟切草」「街」発売

1999/3/17更新

長坂氏、原作、脚本、監修、のゲームソフト「弟切草」「街」のプレイステーション版が発売。
発売:チュンソフト

サウンドノベル・エボリューション1
「弟切草 蘇生篇」
1999年3月25日発売
長坂氏は原作・脚本・監修を担当。
移植版の変更点
・シナリオの追加(ヒロインの奈美へのザッピング(!)、エンディングの追加ほか)
シナリオ担当は長坂氏!
・グラフィックの変更

サウンドノベル・エボリューション3
「街〜運命の交差点〜」
1999年1月28日発売
長坂氏は原作・脚本・監修を担当。
移植版の変更点
・3段階の難易度設定の追加
・シルエットモード追加(かまいたちの夜みたいなもの)
・フローチャート機能追加

長坂氏とは関係ありませんがついでに・・・。
サウンドノベル・エボリューション2
「かまいたちの夜 特別篇」
1998年12月3日発売
シナリオ担当 我孫子武丸
移植版の変更点
・シナリオの追加(ヒロインの真理が探偵役)
・フローチャート機能追加

●長坂氏執筆の小説版「弟切草」ほか「弟切草」&「街」関連商品情報

1999/3/17更新

【弟切草 蘇生篇】

「小説版」
執筆は長坂氏
角川ホラー文庫
発行・角川書店
4月8日発売

「コミック版」
画は服部あゆみ
発行・角川書店
3月26日発売

「弟切草 蘇生篇 公式ガイドブック」
A5判 144ページ
発行・チュンソフト
4月10日発売

「弟切草 蘇生篇 解読の手引き」
A5判
発行・アスキー、発売・アスペクト
4月22日発売

「オリジナルサウンドトラック&アレンジ」
BGM全曲と全曲のアレンジを収録
BGM作曲の三俣千代子自らアレンジを手がける
発売・ファーストスマイル・エンタテインメント、販売・ポニーキャニオン
4月21日発売

【街】

「街公式ガイド ZAP'S 増補版」
サターン版発売時に発売されたものより以下の点が追加・変更。
・役者紹介が43名から75名に増大
・書き下ろし小説が巻頭にまとめられるなど、全体の構成が変更
・Bad End List
・隠しシナリオ 出現の条件
・最終日攻略のカギ
そのほかPS版に合わせて細部の変更あり
その他セガサターン版発売時のものは「街」のページにて紹介

「パートタイマー刑事・月形兄妹の事件簿2 誰が天使を殺したか?」4月12日放送

1999/3/31更新

月曜ドラマスペシャル「パートタイマー刑事・月形兄妹の事件簿2 誰が天使を殺したか?」
4月12日放送 夜9:00〜11:00
キー局:TBS系
脚本:長坂秀佳
監督:鈴木一平
出演:中村梅雀、紺野美沙子、大島さと子、石野真子 ほか

中村梅雀、紺野美沙子主演の月形兄妹の事件簿シリーズ第2弾。
ちなみに第1弾は1998年8月3日放送の夏の旅情サスペンス「みちのく殺意の帰郷」で、脚本は香取俊介。

小学館文庫「ミステリー作家90人のマイ・ベストミステリー映画」に長坂氏インタビュー掲載

1999/1/11更新

 小学館文庫「ミステリー作家90人のマイ・ベストミステリー映画」に長坂氏のインタビューが掲載されています。
 この本は「TeLePAL 1996年9号付録」の「人気ミステリー作家78人が選んだミステリー映画ベスト10」に大幅に加筆・訂正を加えたものです。
 長坂氏のインタビューは、「わが愛しのミステリー映画<作家編>」に掲載。
 長坂氏が選んだミステリー映画作品は3作品の中のひとつが「人気ミステリー作家78人が選んだミステリー映画ベスト10」より変更されています。
 「人気ミステリー作家78人が選んだミステリー映画ベスト10」では「セブン」「羊たちの沈黙」「オリエント急行殺人事件」の3作品。
 「ミステリー作家90人のマイ・ベストミステリー映画」では「オリエント急行殺人事件」に変わり、1997年公開の映画「L.A.コンフィデンシャル」が選ばれています。
 他の2作品は解説文も変更なしです。

「ザ・ゴリラ7」、CSにて2月より放送

1999/1/11更新

「ザ・ゴリラ7」
708ch東映チャンネル

1998年

「刑事くん」、CSファミリー劇場にて1月6日より放送(53話より)

1998/12/26更新

「刑事くん」の放送が再開されます。
前回放送時に中断した続き、53話よりの放送です。

「刑事くん」
361chファミリー劇場
毎週水曜日 午後8時30分より放送
毎週金曜日 午後5時より放送
毎週月曜日 午前7時30分より放送

「ザ・ボディーガード」、CSファミリー劇場にて1月9日より放送

1998/12/26更新

「ザ・ボディーガード」
361chファミリー劇場
毎週土曜日 午後9時より放送
毎週日曜日 午後1時より放送
毎週水曜日 午前9時より放送

「特捜最前線」、CSファミリー劇場にて11月20日より放送(83話より)

1998/10/28更新

ついにCSファミリー劇場での特捜最前線の放送が再開されます。
前々回に中断した83話より毎週1話ずつの放送です。
ちなみに前回は1〜52話で終了。
ファンとしては最終回まで放送してもらいたいのだが・・・。

「特捜最前線」
361chファミリー劇場
毎週金曜日 午後9時より放送
毎週土曜日 深夜12時より放送
毎週日曜日 午後2時より放送
毎週火曜日 午後12時より放送

「仮面ライダーX」、CSファミリー劇場にて11月27日より放送

1998/10/28更新

長坂氏は1・2・7・8話を担当しています。

「仮面ライダーX」
361chファミリー劇場
毎週金曜日 午後8時30分より放送
毎週日曜日 午後5時30分より放送
毎週月曜日 午後4時より放送
毎週水曜日 午後6時より放送

9月21日発売「少年探偵団」ミュージックファイル(BGM集CD)に長坂氏インタビュー掲載

1998/9/25更新

9月21日に発売されました「少年探偵団」ミュージックファイル(BGM集CD)に長坂氏のインタビューが掲載されています。
インタビューの収録は8月7日と最近のものです。

10月21日発売「少年探偵団」全話収録レーザーディスクBOX発売

1998/9/25更新

江戸川乱歩の名作「少年探偵団」を現代風にアレンジ、1975年に放送されたあの不朽の名作「少年探偵団」がついにLD−BOXで発売。
長坂氏は全26話中16話を執筆。
のちに江戸川乱歩賞を受賞した長坂氏の脚本はまさに傑作の一言。
江戸川乱歩賞受賞後のとあるインタビューで「まさに江戸川乱歩の本流といえるのは、おれしかいないんだ」と答えている長坂氏だが、そんな氏の言葉にもうなずけてしまう。
衝撃の最終回も必見。視聴者の度肝を抜いたという点ではこれをこえるものはないだろう(私の個人的な意見としては特捜最前線136話「誘拐1・貯水槽の恐怖!」(長坂脚本)の、冒頭でいきなり誘拐された子供が死体で発見されるシーンがそれに匹敵するくらいだろうか・・・)

「少年探偵団」全話収録レーザーディスクBOX
発売日:10月21日
全26話収録
映像特典:団時朗(二十面相)&黒沢浩(小林少年)対談
予告編収録
BD7バッチ封入

十津川警部シリーズ「尾道・倉敷殺人ルート」、9月28日放送

1998/9/10更新

月曜ドラマスペシャル「尾道・倉敷殺人ルート」
9月28日放送 キー局:TBS系 夜9:00〜11:00
原作:西村京太郎
脚本:長坂秀佳
監督:脇田時三
出演:渡瀬恒彦、伊東四朗、高松英郎 ほか。

1年半ぶりの長坂氏脚本による十津川警部シリーズ。

10000カウント達成!どうもありがとうございました。

皆様のおかげでとうとう(やっと?)念願の10000カウントにたどりつきました。
ありがとうございました。次は20000、30000目指して(いつになるやら・・・)がんばっていきたいです。

棟居シリーズ第4弾、9月12日放送

1998/9/10更新

土曜ワイド劇場「棟居刑事の複合遺恨」
9月12日放送 テレビ朝日系 夜9:00〜11:00
原作:森村誠一
脚本:長坂秀佳
監督:松原信吾
出演:佐藤浩市、水野真紀 ほか。

1年半ぶりの森村誠一の棟居刑事シリーズ。
前3作に引き続き今回も長坂氏の脚本。

「ジキルとハイド」パーフェクTVにて7月6日より再放送開始!

1998/7/1更新

パーフェクTV 361chファミリー劇場
毎週月曜日 午後10時より2時間 一挙2話放送
(再放送(再々か?)は木曜深夜3時〜 ・ 土曜深夜1時〜 ) )
とうとう再放送されます、あの超カルト・ホラー「ジキルとハイド」
諸々の事情により制作されてから3年後にやっと放送されたという曰く付きのこの作品。
長坂氏はペンネーム「出雲五郎」を含め半分近くを執筆。(最終回も)

DOS/V magazine 7/1号に本HP紹介記事掲載!

1998/6/15更新

とうとう雑誌にこのホームページが紹介されました。
まさかこんなマニアックな(苦笑)HPが紹介されるとは、驚きです。

「DOS/V magazine 7/1号」 ソフトバンク発行
6月15日より発売されております。次号(7/15号)は6月29日発売なのでそれまでに。
毎号ジャンル別にいくつかのHPを紹介するコーナーに掲載。
313ページです。(目次ではちょっと探しづらいです)
で、どんなジャンル(分類か?)で掲載されているかは・・・まぁ伏せておきましょう。(笑)
自分の目で確かめてもらえれば・・・です。
あまりに的を得ていたんで、苦笑してしまいました。

このようなHPを取り上げていただけるとは本当に喜ばしいことです、感激。
ソフトバンクさま、どうもありがとうございました。

「グルメ奥様とハイミス警部補(刑事)の推理対決」の第2弾、6月27日放送

1998/5/28更新

昨年5月に放送された「グルメ奥様とハイミス警部補(刑事)の推理対決」の第2弾が放送。

土曜ワイド劇場「グルメ奥様とハイミス刑事の推理対決2・予言毒殺の謎!
母と三姉妹骨肉の争い・・・なぜ長女はサソリを握って死んだのか」

6月27日土曜日 テレビ朝日系 夜9:00〜11:00
脚本:長坂秀佳
1998/ 監督:吉田啓一郎
出演:野際陽子、室井滋、浅丘雪路、渡辺いっけい、ひかる一平 ほか

去年放送の「お料理学校殺人事件 〜複合毒の謎!〜 グルメ奥様とハイミス警部補の推理対決 チョコ+ワイン=死のレシピ?」では田中ひろみとの共同脚本でしたが、今回は単独の脚本の模様。
まさかシリーズ化されるとは思いませんでした。

「透明少女エア」やっと愛知県でも放送開始!

1998/5/11更新

長坂氏初監督作品「透明少女エア」が、やっと愛知県でも放送開始されます。
5月23日(土曜日)深夜3時35分〜(正確には24日)
名古屋テレビにて放送開始。
ほぼ関東ローカルだったらしいですが、他地方でも遅れて放送されるのでしょうか?
ちなみに静岡で、関東より約1ヶ月遅れで放送していたみたいです。(静岡朝日テレビ)

特捜最前線、台湾で大好評(?)放送中!

1998/4/23更新

なんと「特捜最前線」が台湾で放送されています。
「博新東映台」という東映映画及び東映が制作したドラマを24時間放送しているチャンネルでの放送。

月曜〜金曜、23時より放送。
昼12時からは前日の放送分を再放送しており、一日2話も放送しています。
もう二年以上も続いていて、再々放送とのことです。

タイトルもそのまま「特捜最前線」。
エンディングの歌もそのままです。

気になる言語は、字幕です。
刑事等の人名は日本名と同じだそうですが、脇役等には誤訳が目立つそうです。
作品全体も誤訳が目立つとか・・・。
日本での再放送でみられる放送禁止作品も関係なく放送されるとの事、うらやましい限りです。

7月現在、240話近くを放送中。
現在分かる範囲での中国語名のサブタイトル名を
特捜のページの中国語版サブタイトルリストのコーナーに掲載しております。

ダ・ヴィンチ 4月号に長坂氏インタビュー掲載

1998/3/20更新

本の雑誌(?)ダ・ヴィンチ(発行:リクルート)4月号に
長坂氏のインタビューがちらっと載っています。
「街のドラマCD」についてのコメントです。

シナリオマガジン「ドラマ」 4月号に長坂氏インタビュー掲載

1998/3/20更新

シナリオマガジン「ドラマ」 4月号に長坂氏の近況報告がちらっとだけ載っています。
内容は「透明少女エア」と「街」についてです。

長坂脚本の明智小五郎作品、3月7日放送

1998/2/25更新

土曜ワイド劇場「名探偵明智小五郎・江戸川乱歩の陰獣」
3月7日放送 テレビ朝日系 夜9:00〜11:00
原作:江戸川乱歩
脚本:長坂秀佳
監督:佐藤嗣麻子
出演:稲垣吾郎 秋吉久美子 吉行和子 きたろう ほか。

原作ものといってもただの原作ものではない。
長坂流のアレンジ満載の作品の模様。

「テレビザウルス」関東版2月21日号にて長坂氏インタビュー掲載

1998/2/20更新

テレビ雑誌「テレビザウルス」関東版2月21日号に
長坂氏のインタビュー記事が掲載されています。
内容は初監督作品「透明少女エア」について。
1ページです。

長坂氏初監督作品2月21日より放送!!!

1998/2/20更新

タイトル 『透明少女エア』
放送局 テレビ朝日系・土曜深夜枠
形 式 連続テレビドラマ(30分・全6話)
原 作 長坂秀佳
脚 本 長坂秀佳(1・2話)
    長坂秀佳・岩片烈(3話)
    長坂秀佳・吉田玲子(4〜6話)
監 督 長坂秀佳(1・2話)
    不明(長坂氏ではありません(3〜6話))
出 演 海真澄・堀江慶・仲間由紀恵 他

しかしもしかすると首都圏ローカルかもしれない・・・。
調べたところによると関西・中部地区では放送はしない模様。
首都圏より数週間遅れでの放送ならよいのだが・・・。

「特捜最前線」パーフェクTVにて2月7日より再放送開始

1998/2/9更新

パーフェクTV 361chファミリー劇場
毎週土曜日 午後3時より2時間 一挙2話放送
(再放送(再々か?)は水曜深夜3:00〜(27:00とも呼ぶかも))
第1話からの放送です。
他地方の再放送をうらやましく思っていた方はチャンスです。
観ることのできる方はぜひ観ましょう。
で、なんと再放送ではカットされがちな予告編まで放送されています。
CSなので当然作品中のCMはカットされているのですが、
CMの間を大切に考える長坂氏の意には反しているかも?
特に初期の頃は例の矢印もありませんので
どこがCMの区切りなのか分かりずらい。これを欠点とみるかは難しいところ。

セガサターン用ゲームソフト 街  チュンソフト 発売中

1998/2/5更新

「弟切草」のサウンドノベルシリーズの第3弾です
長坂氏は原作・脚本・監修を担当。執筆5年の超大作です。
とうとう発売されました。
期待通りの素晴らしい出来です。
サターンユーザーはもちろん、持ってない方も本体を買ってぜひPLAYしましょう。

「街」関連の詳細なことはチュンソフトのホームページへどうぞ。

名古屋近辺の方必見! 名古屋テレビにて「特捜最前線」再放送放送中!

1998/2/5更新

名古屋テレビ 毎週火曜〜金曜日 午前10時50分より放送
とうとう再放送復活です。しかも第1話から。
観ることのできる方はぜひ観ましょう。

1997年

アクセスカウンター減少の謎、とその後

1997/9/14更新

8月10日、プロバイダのハードディスクの故障が発生し、 対応時に7月22日にバックアップしたデータで復元したとのこと。
その為アクセスカウンターが20日分程戻ってしまいました。
たぶん180くらいのマイナスではないかと思います。
(掲示板では160くらいと書きましたがたぶんこちらが正解。)
このページは今のところなかなかカウンターが増えないので結構悔しいぞ。

・・・で、今回マイナスされた分をプラスしました。
いままでプロバイダのカウンターの解説にカウンター数の変更方法が 掲載されていなかったので何もしませんでしたが、 いつの間にか解説されていたのでマイナス分(180)をプラスしました。
プラス、マイナス5位はあるかもしれませんがご了承下さい。
あんなに簡単なことなら自分で調べればよかった・・・。
このメッセージは今月いっぱい程で消去する予定です。

【戻る】