ラスベガスをやっつけろ

満 足 度
56.7%
回答者数15

★★★
From: パンティチェイサー(NO MAIL) 2月 12日(土)22時14分18秒
片方の出演者が、ブリーフ一枚で包丁振り回してる場面があったんで、「川俣ぐんじどぉあ!」とかいうベタ野郎が絶対いるとにらみ、上映後ロビーにたたずんでいた。そうしたら期待どうりのバカップルが「川俣ぐんじ」と連呼していた。映画ファンって単純だね〜。
★★
From: ブアマン・マン(NO MAIL) 2月 10日(木)02時37分59秒
 この映画をみて、以前日本の雑誌「映画秘宝」で紹介されていた「ヒロポンはこわい」という警察の麻薬映画を思い出した。この映画の衝撃力はそのての麻薬撲滅映画に及ばないのではないか? さすがに作り手側も途中で気がついたのか、麻薬撲滅映画をからかう場面をつくって、観客にたいして開き直りをみせようと努力する。しかし最後のいいわけのモノローグによってその努力は水泡に帰するのである。 細かな点をあげれば、あのような陳腐な既製曲をはりつけるのであれば、きちんとこの映画のためオリジナルのスコアを用意する努力を惜しまないことが大切であるとおもう。麻薬中毒の幻覚場面についても同様のことが言えるとおもう。
★★★
From: エミルー(NO MAIL) 2月 6日(日)09時43分50秒
よ−兄ちゃん、、。演技してるねーって感じ?ジョニ−デップいい俳優なのに、あいつの人生を感じさせるものが、無い。こっち系の映画好きっスよ。単純に。
From: Expo70(NO MAIL) 1月 19日(水)12時34分26秒
何かあるんだろうと思って我慢して観ていたが、死にそうな退屈は最後まで続いた。いったい、どーしたんだテリー!
★★
From: 仙道 伸徳(NO MAIL) 1月 16日(日)20時43分43秒
延々ラリてるだけで2時間はもたないでしょ。
★★
From: タラコっち(MAIL) 1月 14日(金)23時47分31秒
もっとラリラリのブッ飛び映画を期待したんだけど、頭がいいテリー・ギリアム監督は理性が働き、つい展開にブレーキが掛かってしまう…。トリップ・シーンもハジけてない気がする。説明的なモノローグも興醒めでした。やっぱり、この題材はリンチとかクロネンバーグのような、頭が変な監督の方が似合うと思う。ジョニー・デップのハゲ頭とベニチオ・デル・トロの腹はよかった。C・ディアスとC・リッチのオマケは、男性ファンには嬉しいかもね?
★★★
From: yamashin(NO MAIL) 1月 13日(木)12時35分46秒
ジョニー・デップの演技がオーバーアクトぎみでキレててよかった。(ハゲになっててちょっとびっくり)コックスが撮っていたら「シド&ナンシー」みたいになったんでしょうか?お話はよく分からなかったです。
★★★★
From: 亀吉(NO MAIL) 1月 13日(木)01時10分13秒
あら〜ここにも クリスティーナ・リッチが! 最近観る映画、観る映画に出ていて ちょっと食傷気味。で、映画ですが、ドラッグにはNO!な私ですが、この映画の70年代ドラック・カルチャーの撮り方は好きです。アメリカン・ドリームに対する風刺や70年代アメリカが抱えていた問題、トリップ感をスピード感溢れる画面で描いていて とても楽しめました。舞台はベガスですが Warren Zevonの曲でも流れてきそうな場面が。でも、私としてアレックス・コックス版を観てみたかったな。 
★★★★★
From: ハスラー清水(MAIL) 1月 10日(月)17時51分45秒
久々に映画らしい映画を見た。ラリッた世界を映像化し更にそれが実にイケテいる。当に映像の勝利と、アメリカンドリームに対する風刺たっぷりのワールド。こういう作品こそ、監督の質が問われ、期待を裏切らずに、彼ならではの幻想世界を描き出した。これには故フェリーニもびっくり仰天であろう。
★★★★
From: 正俊(MAIL) 1月 10日(月)10時19分56秒
今まで見たドラッグ映画の中でもトリップシーンの映像の面白さでは1.大体トリップシーンっていうのは観ていて嫌悪感のほうが先に立つのだけどこの映画ではむしろトリップシーンのほうが他のシーンよりも映像的には面白い。ジョニー・デップの演技も最高だった。おしいのはデル・トロのはじけ具合が妙に演技じみていたことでしょうか。とても面白かったです。
★★★★
From: きり(MAIL) 1月 10日(月)10時18分45秒
ジョニーのサングラスの中をコウモリが舞ってるとこ、好きだなあ。あそこをポストカードにしてたら買ったのに。ジョニーの怪演っぷりは好きだ、ベニチオの演技には怖さを感じた。途中に入るジョニーの語り口が早いもんだから、自分の理解力が追いつかなかった。で、結局何を言いたいのかわかんないでもそんなのどうでもいいくらい、役者と映像がパワフルなんで星4つ。キャメロン・ディアスのかわいさを初めて知った映画ですねえ。
★★★
From: ようすけ(NO MAIL) 1月 10日(月)10時17分52秒
日本がアメリカみたいにドラッグ漬けになっていればもっとたくさんの人に受け容れられる作品なんだろうと思う。いかんせんドラッグについての知識が乏しいぼくにはなかなか…。それでも単純にジョニー・デップらの演技は素晴らしいから存分に楽しめましたがね。
★★★★
From: ラフレシア(MAIL) 1月 10日(月)10時15分44秒
ドラッグネタは、ドラッグに寛容(?)でない日本ではあまりウケませんし、私も良さが解らなかったりしますがこの映画は面白かったです。ジョニー・デップやデル・トロも良かったですが、それよりもトンブソン自身のキャラクターの勝利でしょうね。・・・それにしてもクリスティーナ・リッチは、インパクトのある顔立ちですね。
★★★★★
From: たけ@ボストン(MAIL) 1月 10日(月)06時23分58秒
この映画はキレてます、マジで。 昨年観た作品では一番キレているでしょう。 物語自体がとんでもないドラッグ・コメディーの上、 ギリアム監督ですからね、、、キレないわけがない。 しかし、それ以上にキレているのがジョニー・デップと ベニチオ君のコンビ。 特にジョニー・デップは凄いっすよ、、。 私は本物の役者を久しぶりに発見した気になりましたよ。(笑) あそこまでやってくれると、もう逆に格好良いですわ、、、。(笑) ジョニー・デップのミーハー的ファンにはあまりにも 酷なこの作品、私は大のお勧めです。 評価、思いっきり分かれるんだろうなぁ、、。
★★★★
From: すずまき(NO MAIL) 1月 9日(日)20時22分44秒
さすが、テリギリっていう感じの映像がまず、面白かった。お薬を使用した事がない私は本当に、こんな感じなのかなあって驚いちゃいました。ジョニー・デップもすごい。あんな、彼は初めて見ました。今までも、演技は上手なんだろうなって思ってたのですが、なんせ、暗ーい目しか、印象がなかったのが、今回は何者なんだって感じで、これまた、すごかった。