プランケット & マクレーン

満 足 度
52.3%
回答者数11



★★★
From: YUKIO(NO MAIL) 7月 10日(月)00時29分15秒
ロバート・カーライルはかっこよかった!!それだけで、ただ満足しちゃったけど、物語になんとなくメリハリを感じることが出来なかったのが残念。最後のオチもやっぱりと言うか、すぐに読めてしまったし・・・・。全体に見せ場が少ない映画だったような気がする。ロバート・カーライルがかっこよかったのでよしとします!!
★★★★
From: うぐ(NO MAIL) 7月 4日(火)14時09分40秒
ロバート・カーライルは、やっぱりかっこいい!!出てくると、緊張感があっていいです。マクレーンのジョニー・ミラーもなかなかでした。それに、お友達の怪しい人!最高でした。しゃべり方とかもおかしくて・・・・なんだか、単純ですっきりしました。
★★
From: 毛布(NO MAIL) 6月 30日(金)11時19分33秒
始まりからしてちょっとグロかったので、あまり私の好きな映像ではなかったのかな、と。1800年代の混沌や不衛生さがリアルだったという見方もできますが。リブ・タイラーが下手過ぎ。あの女のために何かするという設定自体に無理があるように思う。ロバート・カーライルは味な役者だと思うのだけれど、今回はあまり個性が活かせてなかったような気がする。ま、19世紀の金持ちから金をふんだくるイギリス版ねずみ男ってことで、いいのかな。
★★★★
From: スナフキン(MAIL) 6月 28日(水)00時07分30秒
(カーライル好きな私なので、点は甘くなってしまいます)途中まで「あれ〜?」ってカンジで、どうも中だるみしたような気もしますが…。それを打ち砕くようなカーライルの見せ場(=救出シーン)! カッコいい! なぜかこのシーンにウルウルでした。それだけでいいのッという、かなり偏りすぎた感想です(^-^;
★★★★
From: ひる子(NO MAIL) 6月 23日(金)06時29分59秒
 これは久しぶりの、 “映画を頻繁に見ない映画ファン”にもオススメできるイギリス映画ではないかと(笑)。 以前にも「シューティング・フィッシュ」というポップでキッチュなイギリス映画がありました。 とりあえずミニシアター系が好きでない人にもオススメできるのはうれしいですね。 これを機にイギリス映画をみんながいっぱい見てくれたらいいな、と思いつつ(笑)。 ──ここからネタバレです── イギリス映画独特のサラサラ・ドライな演出に、ハリウッド映画でありがちな泥臭いストーリーがのっかっているカンジです。 奇形児みたいで面白い(笑)。 パンフレットにも書いてありますが、 あの時代には「FU*K」という四文字言葉はまだないはずで。 でもみんな使ってますよね。 時代考証を無視しているんですが、そのへんがとても“ほど良いディフォルメ感”で。 非常に見やすい(笑)。 だいたい日本人にイギリスの時代考証なんかワカリャしないんだから(笑)。 中途半端感は否めないですが、でも途中まで見ていて思わなかったですか? この話にはダークさは似合わないと(笑)。 全体的にはあんなカンジでよくまとまとっているのではないか、と。 こういう意欲作はガンガン世に出てほしいから、 わたしは応援します。
★★★★
From: ナツッチ(NO MAIL) 6月 22日(木)01時30分05秒
全然期待しないで見たのですが、面白かったです。ロバート=カーライルかっこよかった!ただ、二人の間になんだかいつの間にか深い友情が産まれていたような(笑)。その辺にスポットを当ててもっと盛り上げて欲しかった。
★★★
From: haru(NO MAIL) 6月 18日(日)20時19分02秒
カーライルがすてきに枯れあじをだしていたとおもいます。中盤ぐらいまではかなりドーンと潔い感じでグイグイみれたのです!!しかーし!!最後は、強引すぎたし、なんとなくおわってしまったような....。詰め込みすぎたのかな。でも、リブはきゃわゆかった☆
★★★★
From: タラコっち(MAIL) 6月 18日(日)08時25分43秒
プランケット役のロバート・カーライルがカッコイイ!マクレーン役のジョニー・リー・ミラーも最後に男を見せつけるので好感度UP。紅一点のリヴ・タイラーは『オネーギンの恋文』と同じで貴族の衣装が似合ってた。プランケットとチャンスの因縁の対決とか、マクレーンとレベッカの恋とか、中盤から話が盛り上がって、ラストは時代劇の“王道”で満足でした。
★★★
From: RYUICHI(NO MAIL) 6月 18日(日)04時43分58秒
相変わらずロバート・カーライルは強烈な役にぴったりはまっていたが、ジョニー・リー・ミラーはなんだかぱっとしなかった。リブ・タイラーは良かったように思うが、いまいちキャラクターがつかめなかった。この作品に限ったことではないが、最近映画の予告編でラスト近辺のシーンを流しすぎてると思う。それを見たことにより、ラストの想像が出来てしまうので出来れば控えてほしいと思う。
From: エアバス佐藤(NO MAIL) 6月 13日(火)02時02分49秒
早起きして初日の初回に観に行きました。率直な感想は「最悪」 相当期待していきましたが・・・ 観ないほうがいいよっ・・・  ロバート・カーライルに汚名が・・・ 
★★
From: 桃まん(NO MAIL) 6月 10日(土)03時05分20秒
試写会で観ました。うーん 雑誌などでは展開がスピーディで飽きさせない等々ベタ褒めでしたがまだまだお父さん(リドリー・スコット)にはチカラ及ばないって感じがしましたねぇ。なにしろ画面が暗くて状況がわかりにくく、ジョニー・リー・ミラーに魅力が感じられない。お調子ものとして描くにも突っ込みが足りない。リブ・テイラーも「???」って女で、なんで彼らに荷担しようとしたのか全然わからない(^^;とにかくいろんなエピソードをてんこ盛りにしようとしてしまったあげく、全体的に切り貼りしたような印象を受けてしまいました。個人的には 大好きなロバート・カーライルを観られただけでもいいんだけど…なんか最近の彼ってきちゃなくて(笑)「フルモンティ」や「ゴー・ナウ」みたいな現代劇での彼を観たいんだけどなぁ…(^^;