ブレア・ウィッチ・プロジェクト

満 足 度
49.6%
回答者数173

【コメント 1ページ】

★★★★
From: 神谷進(NO MAIL) 2月 24日(木)02時30分39秒
退屈な映画が苦手な人にはお薦めできないかもしれません。僕はもともと淡々とした映画の方が好きなので、ひとつひとつなるほどと思いながら見てました。朝起きたらテントの周りに石がつまれてたり、ジョシュの歯が入った木の束が置かれてたり、というのが一番恐かったかな。そんなことが行われてたところで一晩明かしてたのかと思うと気持ち悪い。地図を捨てたとけんかになるシーンは、ヘザーがカメラを捨てて声だけが入ってたらもっと良かったのに。
★★
From: 映画ファンの憂鬱(NO MAIL) 2月 24日(木)01時23分47秒
自分がチョイスして金を出して見た作品は、全部面白いんだという考えは傲慢だと思います。あと「名作だ」といわれると、疑問を押し殺して信じちゃうヒト。これは問題外。
★★★★★
From: この木なんの木(NO MAIL) 2月 23日(水)23時13分58秒
いつも電車で見かける男の子に意を決してバレンタインのチョコを渡したら、実は超サイテーな奴だと判明して「むかつくーチョコ返せってのー」みたいな。そういうパターンですね。この場合「チョコ返せ」っていうのはオカドちがい。その男の子はもともとそういう子なんだからさ。勝手にあれこれ想像してた方が悪いの。面白く無い映画の方が沢山知ってるって人いるよね。なんか悲しいよね。映画を面白がらない自分が好きなのかな。この映画、ビデオ出たらもう1回見る。面白くなかったという人が一番許せないのはどの部分なんでしょう?安い経費で作った映画が当たったこと、つまらない映画を大金出して観に行ってしまったこと、つまらない映画を面白いという人がいること、つまらない映画が、宣伝の力だけで当たったこと全部ですか?自分は、安い経費で作った映画が当たっても全然かまわないと思うし、つまらなそうな映画はまず観に行かないし、行ってしまったとしてもそれは自分が悪いと思う方だし、自分が話にならないと思う映画は、まず観ないので、それを面白いと言ってる人がいても自分には関係ないことだし、宣伝の力だけで成り立ってるような映画の宣伝にひっかかったりはしないし。自分は、つまらない映画にはかかわらないようにしてます。だから文句もでません。
From: katahide(NO MAIL) 2月 22日(火)23時37分19秒
うーん最後まで盛り上がらずに終わった・・・制作費が少ないのは良いが料金も1000円くらいだったらもっと☆あげる!レンタルビデオが出るまでまてば良かった・・・
★★★★
From: じゅんこ(NO MAIL) 2月 22日(火)22時52分51秒
ジョシュがかわいそう。3人とも死ぬんだけど、ジョシュはどうやって連れ去られたのかもわからないのが悲しい。
★★★★★
From: 鬼追くんですよ(NO MAIL) 2月 22日(火)21時05分59秒
いや〜。いいっすね〜。この小粒さ加減。オムニバスとか撮ってくんないかな、この人。もっと面白い映画とるようになるんじゃないかな?
★★★★
From: 藤田佳織(NO MAIL) 2月 22日(火)18時31分51秒
やっぱり評価低いなー。知り合いの人に損するから絶対見に行くなって言われてたんだけど、気になってたので見に行ってしまいました。気になってたので、何か見れただけでスッとしてしまった。そんなにつまらないかなー。ラストはなんて感想持てばいいのかわからなかったけど、見る人に媚びてない感じがよかった。この映画見て、人が不愉快な気分になっても自分がやりたいことは人に絶賛されることじゃないからこれでいいんだ、みたいな。いい映画と言われるつもりでは撮ってない気がする。いい映画とよばれるもの自体を否定してそう。この監督さん。
From: なに?これ?(NO MAIL) 2月 22日(火)04時12分55秒
東京学生映画祭とかじゃうけるかも。ほ〜むビデオでまねする奴続出!必至の作品。そこらの雑木林でね。とちゅうでバッテリーがきれて、めんどくさいから中断しちゃったりして。学生映画ってつまんない。ビンボー臭いから。以上。
From: うに(NO MAIL) 2月 21日(月)22時18分30秒
観続けることがただただ苦痛だった。途中退場したくなったけど「最後まで観たらもしかしておもしろくなるのかも」とか期待して、がんばって座ってましたが。。。全然怖くないし、ブレるばっかで、乗り物酔い状態になるし……。お金返してほしい、心から。マジでつまんなかったです。
From: まな(NO MAIL) 2月 21日(月)21時58分05秒
感動もなけりゃ、恐さも、心に訴えるものもなく、同じ事がひたすら続き退屈この上ない。今まで見た中で最低に近い映画だと思う
★★★★
From: M.K(NO MAIL) 2月 20日(日)05時46分21秒
何を恐いと思うかというのは、理屈ではない部分があるので、わからないという人も別に全然大丈夫だと思う。「あのタレント好き」というのに理屈がないのと一緒で、「これこれこうだから恐いはずだ」というのも100%誰にでもあてはまる訳じゃないし。(感動するシーンについても同じことが言えるけど)恐いと思う人もいれば思わない人もいて当然だと思う。この映画のセールスポイントは、恐いかどいうかより、本物っぽいかどうかというところにあるんじゃないのかな。恐がらせるのが目的なら、フィクションでもっと盛り上げたもの作った方が面白そうだし。この映画は、私が観たいと思ってたものを期待はずれだと感じさせることなく撮ってあるので、面白い、好き、恐い、というより「感心した」と言った方が正しいかもしれない。よく聞くうわさ話がもし本当だったら…というのを、うそっぽくない映像で観てみたいと思ってたので。ホラー映画のうそっぽいところが嫌いな人にはお薦めかもしれません。
★★★★
From: 銀座村(NO MAIL) 2月 20日(日)02時58分49秒
この映画は映画史に残る、実験精神に富んだ試みだと思う。小さな試みだけれど、波紋は大きい。そして、その波紋の大きさがこの映画の存在価値そのものと言っていい。質的な面では特に、構成と編集のうまさに感心。ヘザーの演技は逸品!
From: きゃお(NO MAIL) 2月 20日(日)02時10分27秒
なにが怖いのかなにが面白いのか私にはさっぱりわかりませんでした。画面がゆれて酔ってしまった。。。
★★★★
From: KUMI(NO MAIL) 2月 18日(金)20時35分09秒
劇場の前に貼ってあるポスターのシーンがいつ出てくるのかと思って待ってました。(ヘザーのアップのシーン)あんなシーンだったとは…。納得。自分が同じ状況に立ったら、やっぱり同じようにカメラにむかって懺悔するのかなーと思った。 この辺を不自然に感じさせずに撮ってるところがすごい。 この恐さって、ホラーの恐さというより、現実の事件にも置き換えれるものがあると思う。誰も助けに来てくれない恐さ。落ちる飛行機の中で遺書を書く恐さにも似てる?理由もなく突然得体の知れないものに襲われたらどうしてこんな目にあわなきゃいけないの?!という怒りもあるだろうから、恐怖も多少まぎれるところもあるかもしれないけど、この3人の場合は自業自得と分かってるから恐怖しかない。ただ得体のしれないものが出てきたから、何が起きるかわからないから、というだけじゃなく、自分の行動がこれらのことを引き起こしてるんだという恐怖感を描いているところが見事。魔女(?)の目的が、ただ殺すだけじゃなく、こうして精神的に追い詰めていくところにもあるというのがまた恐い。怨念のようなものも感じるので、そこでまたいろいろ想像してしまうので。
★★★
From: 羽山道子(NO MAIL) 2月 17日(木)23時12分06秒
恐かった。ラストで家を見つけるところが一番恐かった。なんでこんなところに家があるのー?って。絶対自分はもう死ぬんだ!ってところまできてるのが恐かった。夢見そう。
★★★★
From: 悟郎(NO MAIL) 2月 17日(木)22時59分29秒
下の人に全く同感!金かけた大作が多い中で、こういうのが騒がれるのもいいじゃないっすか!「金かけりゃいい」ってわけじゃないっていうのを実証しただけでも意味あると思うよ、この映画。おれは退屈しなかったしね。
★★★★
From: Sachi(NO MAIL) 2月 17日(木)21時56分18秒
「大々的に宣伝して、大騒ぎさせて、大もうけしているから問題」というのは、なおさら映画の出来とは関係ない話では?(問題なのは宣伝の仕方ということなので)でも、安上がりで地味な映画だからこそ、そういうことをしないとみんなが足を運ぶ理由が出来ない訳です。監督もキャストも全然有名じゃない訳ですから。この映画を制作した人やバックアップした人の目的がお金もうけだというなら別ですが、今回の宣伝については、おまけのようなもので、本意は「少しでも多くの人に観てもらいたい」というものだと思いますよ。それに、バックアップしようと思ったのは、観た本人が作品を気に入ったからだと思うし。話にならない駄作を、お金かけて宣伝しようなんて人、いないでしょ?もう少し新しい可能性に対して柔軟になってもいいような気がします。すごく有名な監督が作った映画で同じような宣伝をしてて、映画自体がつまらなかったら私も怒りますが。(そんな宣伝をしなくても客は入るのだから、この場合はお金目当てと言われても仕方がない部分があるので)人と違うものを作ろうとする人がいないと、映画は発展していかないと思います。私がこの映画で評価してるのは、その部分です。(この手の映画は、撮ってみるとすごく難しいと思うので)
★★★★
From: 真琴(NO MAIL) 2月 17日(木)20時59分40秒
観てきましたー。観終わった時、すごく後味が悪かったんだけど、それも狙ってのことなんだろうと思うと、その徹底ぶりに感心してしまいました。最後に魔女が出てこなくて良かった。こういう話って、いくら「周りには誰もいないはずなのに」と言ってても実際には観ててそう感じないものが多いけど、この映画はあれだけ道に迷いまくって普通なら帰れそうなはずなのに帰れないこの森に、人が住んでいて、しかもいたずらのためだけに自分たちの後をつけているなんて訳がない、と思えるところまで、ちゃんと撮っていると思う。それに、だれかのいたずらならその本人をつかまえることだってできそうだし。自分はこんな目には遇いたくないと本当に思いました。それと、批判的な感想を書いてる人って、もしかして同じ人じゃないですか?そういうのはフェアじゃないと思いますよ。
★★★★★
From: 000+(NO MAIL) 2月 17日(木)20時17分52秒
この恐怖感にはとても共感できました。作り手のイマジネーションの豊さをに拍手を送りい!。この映画は人によって合う合わないがはっきりしていて賛否両論まっ二つのようですが、僕は完全に「賛」派ですね。レンタルビデオでばっかり映画をみている人たちというのは、たまたま意を決して重い腰を上げて交通費と、時間をかけてまで劇場で観た映画が、ちょっと退屈だったり、自分に合わなかったりすると、すぐに1800円を返せ!なんてヒステリックに語る傾向があるのではないか?特にこの映画の場合、私のような大『賛』派からすると面白くなかったから金をかえせ!という気が知れない。このサイトの感想の評点からしても、観に行ったほぼ2人に1人が楽しめているわけであるし、はっきりいって、感性が合わない映画を観に来てお金を払ってしまった自分が悪いのであって映画が悪いのではない。画面に酔ったと訴える人の声もあるけれど、私は全く気になりませんでした。きっと、体質の個人差があるのでしょう。これはお気の毒としか言い様がありませんが・・・。画面がぶれて気持ちが悪かったといえば、『御法度』で崔洋一監督の目玉がきょろきょろ動いてたまらなく不快だったことを思い出しました。・・・関係ないけどね。
From: なきむし(NO MAIL) 2月 17日(木)17時34分28秒
この映画、どうしても、つまらない、としか言いようが無いと思う。
★★★★
From: 魔女っ子(NO MAIL) 2月 17日(木)14時50分06秒
期待が大きかっただけに、ちょっと物足りない感じがした。でも、よくよく考えるとあの設備とたった3人の出演者で、あれだけの物を作ってしまうのは素晴らしい。出演者の演技は本当の事?と疑ってしまうほど。出演者の演技に助けられたと言っても過言ではない気がする。ただ、観ているうちに、まさにホ−ムビデオの感じが出すぎて、画面に酔ってしまったのは私だけだろうか・・・。
★★★★
From: みきと(NO MAIL) 2月 16日(水)16時07分55秒
みんなと違って僕には楽しめました。まず、思うのはこの映画は情報を自分で見つける面白さがあると思う。作者は多分オチとかは適当だけど、余計な情報とかをホームページであたえたりして、楽しませようという姿勢がけっこう面白い。どっちかといえば、映画を見る人に主体性をもとめる映画だと思う。ただ、与えられるのではなくとりに行く、解釈してみる楽しさがあると思う。僕はデビットリンチがすきなので楽しめた。けど、ま、ストーリーは別にどうってことはないっすね。最初にビデオカメラだけ残ってたんだからああなるのは誰でもわかるし。けど、いろいろ想像できて面白い、ただし一回しか使えないだろう映画だった。
From: TERA(NO MAIL) 2月 15日(火)23時03分28秒
 監督というか、制作者が何の目的で 制作したのか全然わからない映画でした。 「ナチュラルボーンキラーズ」?だったと思いますが、あれと同じような感じで見た後、気持ちが悪くなりました。
★★★
From: 草壁(NO MAIL) 2月 15日(火)20時57分36秒
すごくヒットしてみんながいいといってる映画であまり感動できないタイプなのでこういう変な映画を見ると「お!」と思ってしまいます。たまにはこいう映画も見てみたくなる。恐いとは思わなかったけど、面白かった。ヘザーが大変な状況でもカメラを回してる理由がカメラから見ることで現実のことだと思いたくないんだろう?ということにしてるのはなかなかうまいなーと思った。
★★★★
From: ぴかぴか(NO MAIL) 2月 15日(火)20時45分42秒
私は実話かどうかとか事前にすごい宣伝がされてたとか全然知らなくて、ここをのぞきに来て初めて知りました。だから、事前にいろいろ情報を植え付けられてしまった人は気の毒だなーと思いました。何も知らずに見に行った私はそれなりに満足できました。何か前に誰かが恐怖映画というのは、想像力豊かな人とそうでない人とでは恐怖感の感じ方の度合いが違うと言っていたのを思い出しました。でも、続編が本当に出来るとしたら、それは見に行かないと思います。今回ので終わった方が面白いと思う。私はこの映画の実験的なところが好きです。
★★★★
From: おぽ(NO MAIL) 2月 15日(火)20時14分06秒
つまんない人もいるだろうなあ、とは思いますが私は面白かった。続編ができると聞いたけれど、どうなるのかなあと思います。きっと見に行っちゃうと思う。
★★
From: kanna(NO MAIL) 2月 15日(火)09時54分01秒
8ミリの映像に酔ってしまいました。期待しすぎたせいか、ものたりなくかんじました。
From: (NO MAIL) 2月 15日(火)03時38分39秒
この映画、どうしても、つまらない、としか言いようが無いと思う。何にも無いんだもの。物凄いという形容詞を付ける付けないにかかわらずドラマの無いドキュメンタリータッチの映画なんて存在意義があるのだろうか。しょせんドキュメンタリーではないのだから。だいいちそれじゃ、面白くも何ともないんじゃないの。?「本物のドキュメンタリー」を見たほうがよっぽど面白いでしょう。実は、みんな騙されて、本物のドキュメンタリーを見にいってしまったんだけどね。でも、リアリズムは目的じゃないんだから。感じ方はひとそれぞれで良いと思うけど、金返せという人は、単に肌に合わなかっただけではないでしょう。払った金に見合うものが得られなかったからでしょう。つまり中味の無い映画だと思ったからでしょう。中身の無い映画だと思うのもその人の感じ方なんだよ。私はちっとも楽しめなかったの。実話じゃないって知らなかったんですのよ。出演者と同じ恐怖感なんてとても感じられなかったわ。みんな大学生なのにお馬鹿なんですもの。アメリカの大学生ってあんなものなのって感じね。正体が分らないといっても、正体を見せないだけですし、何が起こるか分らないと言っても、大体見当ついちゃうのよね。(こういうの感性って言うのかしら。)怖いわけないでしょ。みんな、1,800円も出して、交通費かけて、映画館で見てるから、金返せって言ってるのよね。テレビで見たら、金返せなんて言わないと思う。時間を返せっては言うかしら。やっぱり最低の映画なんだと思うわ。星5つなんてとてもじゃない。そう思わなくって。
From: ミズノ(NO MAIL) 2月 15日(火)02時22分54秒
 最後の場面でなにがおこったのか・・ 真実は一つしかないとおもうんですよ〜〜。「ビデオとライトのバッテリーをもっていきすぎて、重すぎて過労死した」 それで最後までビデオとフィルム廻せたのですね・・・と、いうことは本当の話、なんですね〜。 いや〜過労死ってホントにこわいですね〜。 さて来週は、皆さんお待ちかねの宮崎アニメの登場です!日テレがかんでいるので、絶対観ましょう!
★★★★
From: 珠子(NO MAIL) 2月 15日(火)00時33分32秒
ドキュメントタッチで描く映画に物凄いドラマは入りません。私にはリアリズムを感じました。手振れの激しい映像も、たわいもない仲間割れも、クリアにならない不可思議さも、私にはベストだった。感じ方はひとそれぞれ。金返せという人は、単に肌に合わなかっただけでしょう。私は中身のない映画だとは思わなかった。「雑な作り」と言っている人がいるけど、日本にも神隠しとか天狗とか説明しようのない伝説がある。この映画もそんなものだと思う。どうしてラストをドラマティックにしなきゃいけないの? しない映画だっていっぱいあるし、すっきり終わらないのがこの映画の言いたいことだと思う。私はこの映画が好きです。
★★★★★
From: あきこ(NO MAIL) 2月 14日(月)18時42分40秒
私はこの映画が実話ではないとわかった上で見にいきましたが楽しめました。出演者と同じ恐怖感を体験できたから。「正体がわからない」「何が起こるかわからない」というのが一番恐い…と感じました。宣伝に騙されたとか実話かと思ってたとかお金返してほしいとか…みんな映画の内容とは別の部分の話ばかりしている気がする。見るつもりがなく、何となくついてたテレビで放送してたとしたら楽しめたかもしれないとしたら、内容的にはそこまで言われるほど最低ではないと思います。ここで書かれている批判的な意見は、ほとんどがその人自身の状況からきてるものだと思います。この映画がもし、こんな風に大々的に宣伝されてなくて、テレビで放送される時も特に騒がれず、という状況で偶然自分だけが見たとしたら、私だったら「昨日見た映画がすごく恐かった」って人に教えたくなりますが。それではだめなんでしょうか?映画の出来の話をする姿勢として。それと、映画のパンフレットには、この映画は実際に出演者の3人の手によって撮影されたものだと書いてありました。(前出の書き込みに対してのフォローです)
From: peko(NO MAIL) 2月 14日(月)11時53分56秒
見に行って損した。映画を見に行ってはじめてわかる衝撃のラストとかがあると思って期待してただけに、「は?」って感じ。不気味なことは不気味だったけどそれだけだと思う。
★★★
From: ポコ(NO MAIL) 2月 13日(日)03時06分45秒
すごく疑問がいっぱい残った。だれかいろいろ教えて。
From: パンティチェイサー(NO MAIL) 2月 12日(土)22時03分38秒
エロいばめんがないぞ。男二人に女ひとり、エッチがないわけがない。着替え場面もない。女の放尿シーンもあっさりとごまかしてた。後ろの林に人の顔がいっぱい映っていて、そっちのほうがこわかった。
From: iwish(NO MAIL) 2月 12日(土)21時13分32秒
今まで観た映画で一番ヒドイ。つまらない映画でも最低限のレベルをクリアしていれば許せるものだが、これは許せない。お金を返してほしい。本当に。このような作品を話題性を持たせて宣伝する、映画産業のありかたは非難されてしかるべきだと思います。
From: 苦笑い(MAIL) 2月 12日(土)18時13分33秒
この映画ひどい映画だね。良い所が一つも無いなんて。観客をだますのに、宣伝の力だけって言うのはね。映画自体は全然だませていないんだから。善良な観客をだまして金儲けをするためだけに、メディアまで飲み込んでしまったんだ。それに乗せられてしまった自分が恥ずかしい。映画を見る前に、このページにアクセスできてたらこんな悔しい思いをしなくて済んだのに残念。
★★★★
From: もりとん(NO MAIL) 2月 11日(金)23時54分38秒
なんだかみんな評価低いですねえ。私はおもしろいと思ったけどな。最後なんて心臓バクバクもんでした。結局最後までブレア・ウイッチがなんなのかよくわかんなかったな。おもしろかったけど、あの3人には腹が立った!
From: リカコ(NO MAIL) 2月 11日(金)16時51分01秒
アメリカでは「実話カモ?」ってことですごい反響だったみたいだけど、日本で公開された時点ではもうそれがフィクションであるってことがわかって見たから正直言って残念だった。X-Fileもすっごいはまって見てるんだけど、セカンドシーズンぐらいまで全部実話だと思ってたから(私だけ?!)全部フィクションだと知ったときは怖さも半減しちゃったしなぁー・・・この映画もそんなん。だから終わり方も「・・・・?!」っで、ナンダヨーでした。
From: 突撃隊(NO MAIL) 2月 11日(金)05時49分18秒
下の人へ。そういえば、宣伝のしかたも「食人族」とまったくおんなじです。同じ手段で毎回だまされてる人が、いるのかもね。
From: 泣き虫(NO MAIL) 2月 11日(金)01時49分15秒
今日は、話題のというより、宣伝が巧みな、というべき映画、「ブレア・ウイッチ・プロジェクト」を新宿東急で見てきたよ。結果として、宣伝に乗せられたと言う以外、言いようが無い。前の席のアベックが、「友達が、映画サービスデイだったら見ても良いって言ってたけどほんとだね。」って話してたんだよ。だからというわけじゃないけど、金を払って見たらきっと損するよ、と、いや、金を払わなくても見たら損するよ、とだけ言っておくことにしよう。それとこの映画館、座席が変な形をしてるから、腰が痛くなって困った。そのうえ、換気が悪いのでというより、ほとんど換気してないので、空気が悪く、蒸し暑くて眠気を我慢するのが大変。この映画はドキュメンタリーではありません。ドキュメンタリーフィルムを撮りに行った3人の学生が森で遭難するという設定で撮られた劇映画です。いってみれば、「13日の金曜日」。ただ違うのは、学生たちが自分たちののカメラで撮影したという設定のもと、カメラワークが行われていることでしょう。もちろん、学生は俳優が演じているので、実際にカメラを回しているわけではありません。宣伝が巧みだったと言ったのは、映画自体はドキュメンタリーでも何でも無いのに、あたかもこの映画がストリーの中のドキュメンタリーフィルムであるかのように印象付けてしまった宣伝のし方なのです。映画も一応はそのように作られているので、あるいは観客の中には、そういうふうに見てしまう人もいるかもしれません。でも相当に雑に作られているので、おそらくだまされる人はいないでしょう。前の席にいたアベックの観客の、「友達が、映画サービスデイだったら見ても良いって言ってたけどほんとだね。」という感想がそれをよく表わしているでしょう。だまされることに喜びを感じる人には良いかもしれません。ただし、だまされて気持ちのいいだまされ方とそうでないのとがありますが、この映画は後者でしょう。ショーンコネリーのエントラップメントなんかは前者ですが。重ねて言います。金を払わなくても、見たらきっと損するよ。見たい映画はぜーんぶ見てしまったしー、お金は有り余っているし−、暇でしょうがないなあ、なんて時には、友達何人かと一緒に、冷やかし半分で見ると良いかもしれません。テレビの放映で、或いはレンタルビデオでみんなで、わいわい言いながら見るのがいちばんいいでしょう。そう言う見方をするにしても、もっといい映画が他にあるはずですが。それでも、まだ興味ありますか。?
★★★★
From: minmin(NO MAIL) 2月 10日(木)13時36分28秒
私も酔っちゃったよ!でも、やっぱり怖かった。もう、みたくないなぁぁ・・・
★★★★★
From: フラワー(NO MAIL) 2月 10日(木)07時57分50秒
私、酔っちゃいました。それでもう一度挑戦!面白、恐い!で満足です
From: ブアマン(NO MAIL) 2月 10日(木)02時17分10秒
こんばんは、ジョン・ブアマンです。 なんだねこりゃ、目が悪くなる。日本の厚生省はなにをやっているんだ? 人間には多くのやるべきことがある。この映画のためにワザワザ目を悪くすることもないのではないか? あと、わたしの最高傑作「脱出」のことを劇中で話し、オマージュだとおもわせたいのかね。パクるなら、映画オタクへのいいわけはやめてもらいたいね。 「ブレア〜」が設定と手法をパクッた「食人族」のほうがはるかにサービスが多くて、満足できるね。女のハダカ、、銃撃戦、土人の野蛮な風習(カニバリズム)、ほら、どっちをみてみたい?「ブレア〜」をみたあとの君たちなら、答は自ずとみちびかれてくるだろう。ビンボー臭い、アメリカの雑木林のなかをウロウロするだけの映画をみた後の君たちには!
★★★
From: (NO MAIL) 2月 9日(水)23時08分48秒
一言でいうと、「酔った」(笑)ラストは結構、ドキドキしました。でも、最初から中盤は特に、怖いと感じたところはなくしかも、TVの特集でほとんど見ていたので・・。しかし、こんなに酔ったのは久しぶり(笑)
★★
From: エミルー(NO MAIL) 2月 6日(日)06時45分47秒
インディーズ魂全開! 映画鑑賞が好きな人よりも、映画を撮るのが好きな人が観る分には、色々とコメントすることができるかもしれませんが、これをオフィシャルの上映館で上映するのは、疑問でっす。私は結構文句もありつつ、撮影のバックグラウンドを連想するのでありました。て言うか、怖くないよ、これ、もっとインモラルティックにすれば絶対怖かった。この低予算であれだけ収入を上げたのはしかし快挙!最近ホラーブームだけど人類の皆さん、相当退屈してますね、みんな文句ばっか言っとらんで、自分で映画とりゃーええーがや!
From: てる(NO MAIL) 2月 5日(土)16時09分08秒
正直すんっごくつまんなかった。金返せって言いながら歩いてる人達がいたけどかなり同感。精神的恐怖を見せようと狙ったんだろうけど、あまりにもいろいろ隠しすぎ。かなり想像力を駆使しなければいけないのは、ホラー映画としていかがなものか。しては
From: やっち(NO MAIL) 2月 4日(金)13時33分06秒
ひさびさに金返せ!と思わせる映画でした。ロードショーでやるもんじゃないですコレ。アメリカじゃ企画の段階からTVでやってたらしいんでこれをふまえてたら面白いのかも?しれないけど。単館上映2週間が限度のものでしたね。コリャ
★★★★
From: ジョンイル(NO MAIL) 2月 3日(木)01時18分55秒
あれ?みんな評価低い。評判がいいので見に行ったこの映画。ん〜80分が限界かな?あれより長かったらもっと不満だった。でもフィクションって聞いたけど終わり方がいいと思う。でもあの馬鹿女に俺は腹を立ててた。余計なシーンが多かったかも。でも見に行ってよかった。
★★
From: たま(NO MAIL) 2月 2日(水)21時56分18秒
この映画に必要なのは想像力と集中力。この二つが欠けてる状態でみると面白くないかも。最初の方の住民の会話がラストへの複線になってたりするから、そういうところを見逃してしまうと魅力は半減してしまう映画だと思います。(まあ、どの映画もそうなのかも知れないですけど)画面はやっぱり酔ってしまいました。そのことで集中して見られなかったので、基本的におもしろい作品だとは思うのですが評価は・・・・
From: NFsis(NO MAIL) 2月 2日(水)11時48分09秒
1000円(サービスデー)も払ってしまった自分が憎い(号泣)。ホラーにしては全く怖くない。ドキュメンタリー仕立てにしてはリアリティなさすぎ。映画としたら完成度低すぎ。試みは面白いけど、人からお金取るならもっとしっかり騙してくれないと。
From: Chikako(NO MAIL) 2月 2日(水)03時53分12秒
何がいいのか全く分からなかった。恐怖も感じないし、なに?これ?で終わっちゃいました。みんながよく酔う(画面がぶれているから)って言ってたからそれくらいにぶれがひどいのかと思ったらそこまでぶれてなかった。やっぱり期待しすぎていたからいけなかったのかなぁ。
★★★
From: けいすけ(MAIL) 2月 2日(水)02時52分16秒
偶然、映画を観る前に雑誌「映画秘宝」でネタばらし記事を読んでしまったので、怖く感じることが出来なかった。あの記事を読んでいなければ、この映画は本当のことだと思って、相当怖がれたと思う。この映画の成り立ちがどれだけ分かっているかで、感じ方が全然変わってくるのでは?
From: タカ(NO MAIL) 2月 1日(火)15時33分46秒
映画自体は、まだまだ人にお金を払わせて見せるような代物ではないと思った。でも、今後の作品には大いに期待しているので、頑張ってほしいと思う。
From: シベ超(NO MAIL) 1月 31日(月)01時59分10秒
ねっむー。 てゆーか酔った。 それを抜きにして作品について・・ メディアミックスでインターネットで情報を仕入れたり、攻略本を見るとまたおもしろい!とかいうがそれって作品的にはなってないでしょう。なんの予備知識のない観客には全くおもんない映画だったと思う。自主制作映画っぽくていいけどね。唯一感心したのは街でのインタビューの時、魔女の話をしようとする母親の口を「ダメダメ」ってやる赤ん坊。良い演技だ。
★★★★★
From: かめ次郎(NO MAIL) 1月 30日(日)05時28分32秒
すごく怖かった。闇に対する怖さを持っている人には、共感がもてると思う。音だけで何も見えない恐怖に、自分自身すごくおびえた。映画を見る前に、色々と情報を集めたのも良かった。「画面揺れ」「は?って感じのエンディング」「周りの情報に踊らされたもの勝ち」などなど。画面の揺れは、大して気にならなかった。画面をあまり直視せず、瞬きを意識的にした方が、いいと思う。画面を直視すると、下のコメント(しば)のようになってしまうと思う。PS:ちなみにしばは彼氏です。映画終わった後の彼は、胃薬飲んでとても苦しそうだった。
From: しば(NO MAIL) 1月 30日(日)05時16分15秒
星を一つつけるのも悔しいくらいつまらなかった。理由は、画面揺れの酷さのせいで始まってから10分くらいで酔いはじめ、ようやく酔いを我慢できるようになった頃には終わっていて、「一体何がどうなってんの?」と言う状態のまま映画館を出てしまったから。リアリティのある映画を作りたいのは分かるけど、最低限見てるときに体を壊さないくらいにはして欲しい。そういう意味では「つまらなかった」と言うのは性格ではなく、「酔いのせいで見てる余裕がなかった」と言うのが正しいのかな?まぁ、ビデオレンタルが始まったらもう一度見てみようかな?と言う感じ。でも、気持ち悪かった(全然怖くはない)。PS:森でも何でも良いけど、道に迷ったら川を見つけて   下れば良い。川沿いには必ず人が住んでいるもの    だ。   そう言う意味で、映画の中の「森」の密室性は低い   と感じ(さんざん「川」が登場しているのに何故気   づかない?)、それがひょっとしたら「怖さ」を弱   めちゃったのかもね。
★★★★★
From: 雨あがる(NO MAIL) 1月 29日(土)15時23分43秒
森のなかの遭難を一部始終撮り続ける。それだけで十分ホラー映画だ。遭難して、また陽は落ち、テントを張らざるを得ない、その心境だけでもたまらない。やがてテントの外は無気味な闇。何かの物音、何者かがテントを取り囲んで音をたてる。テントのシート1枚のすぐそこに。これは、やられてみなさいちゅーの。とんでもなく恐い。廃虚の建物の中をマイクを探し地下へ、2階へ。懐中電灯の明かりしかない至近距離の視野。前しか見えない。進む。どんどん行き着くところまで進むしかない。振り返るなんてできない焦りと恐怖・・・。突然広い部屋の壁ぎわ、天井から吊るされているような黒い人影?・・・。この映画はイマジネーションが豊かな観客にはたまらない秀作だ。カメラの手ぶれが酔って気持ち悪いって人もいるみたいだが、それは集中力の問題だ!
★★★★
From: dunst(MAIL) 1月 29日(土)00時37分50秒
個人的には酔わなかったし、最初はとまどったが途中からは慣れて集中できた。ラストはなかなか頭から離れなくて思い出し怖かったです。
★★★★
From: Mr.Orenge(MAIL) 1月 28日(金)23時13分58秒
新しい映画だったし、面白いと思うよ。安っぽさに徹してるところが、良かった。ただね、あんな最後の最後までカメラ回してるはずないと思うよ、普通に考えれば。
★★
From: まき(MAIL) 1月 27日(木)19時09分15秒
 前評判で期待していた分、えっ?て感じだった。会場はブーイングだった。映画だけでは意図がわからないので、ホーム・ページでみたところ、制作者らはとにかく最高のホラー映画を作りたく、そのためには現実味があって、対象のない恐怖を与える事が最も怖いと考えたらしい。 そういう意味では今までのホラーとは違いまあまあよかったのでは? でも、「CUBE」という映画には勝てないだろう。これこそ、なんとも言えない恐怖で先が見えないので、最後まで釘付けになる。低予算で作ったホラーでは傑作だと思う。
★★★★★
From: FAVRE(MAIL) 1月 27日(木)16時30分13秒
本当に久しぶりに恐い作品だった。ドキュメンタリを編集しただけでストーリのある映画に仕上がっている。アイデア勝利!
★★★
From: 酔いどれ(NO MAIL) 1月 26日(水)00時20分23秒
酔わんぞ〜と最後列に陣取ったけどやっぱ酔いました。「前宣伝(評判)に期待しすぎた〜」と言われているけど、僕も含めて、宣伝や評判から自分の想像を勝手にふくらませておいて「がっかり」とは、観客って勝手なのよね。今考えると当然の内容。ラストシーンは納得だけど、そこまでをもう少し引っ張って欲しかった〜。
★★★★★
From: りさ(NO MAIL) 1月 25日(火)22時35分19秒
ストーリー的に、これを映画と言っていいのか?という意見もありますが、こういうのもあっていいと思います。あった方がいいというか。映画映画してないところが、この映画のいいところだと思う。映画を撮る人って、「映画を撮ろう!」と思って撮る訳じゃないと思う。観る人が何かを感じるかどうかを一番大事にしてるんじゃないかと思う。そこに教訓だとか感動を求めるのは、映画を、そういうものとしか見てないということだと思う。私は、初めの方にあった「短かったり、一発ものだったり、何にも起きなかったり、あんな終わり方だったから、この映画めちゃくちゃ気に入っているのです。最後に魔女が出てきてうわーっ!ってオチだったら、最悪だったと思う。」というのに全面的に賛成!
From: Motoyuki KAMATA(NO MAIL) 1月 25日(火)15時47分52秒
はっきりいっクズ映画。まーかけたお金のこととアイデアを考えると、いいのかもしれないが、とてもお金を払って見に行く映画ではない。
★★
From: tam(NO MAIL) 1月 25日(火)10時54分41秒
見終わった後は最悪だった(徹夜明けだったからか?)。話の設定や、撮り方とかはものすごく面白いのに、勉強不足で見に行った私にとっては、すっきりしないものだった。でも、ドキュメンタリーとしては最高!ただし、画像に酔う
★★★★
From: YUKI(NO MAIL) 1月 25日(火)09時49分06秒
ドキュメンタリーを最後まで貫き通した映画だった。本当にあった話っぽくて怖かった。見た後にいい気分にはなれないけど、この映画を制作したのが大学生というのは、すごいと思う。ここまでドキュメンタリーぽい映画は初めてみた。
★★★
From: HYDE(MAIL) 1月 25日(火)04時12分41秒
見終わった後はほんとに「は?」スタッフロールが終わって会場が明るくなっても「まだなにかあるはず!」ってなかなか席を立てなかった。深夜料金で1000円で観たけどそれでもそのときは返せって!思った。でもあとから考えてみるとちゃっかり引き込まれていたきがする。酔ったっていうのも本音だけど確かに「気持ち悪い」映画だった(笑)
★★★★
From: 細雪 戒(NO MAIL) 1月 24日(月)23時01分11秒
あれすごいです!!どんどん引き込まれていって、もう映画館で叫びそうになってしまいました!ホラ−ギライの私でも、ついつい見に行ってしまうくらいのナニカのオ−ラがでてましたよ・・・この作品。
★★★★
From: タカシ(MAIL) 1月 24日(月)16時42分40秒
私は充分怖がって観れました。けど、各メディアで宣伝されすぎたのはこの映画にとって不幸だったと思う。何の予備知識もなくこの映画を見てたら小学校時代のエンジェル様をやった時のようなイヤ〜な後味を楽しめたはずだけど、フィクションだと分かってるからなぁ・・・
★★
From: 桃尽(NO MAIL) 1月 24日(月)05時22分21秒
試写会で見たのでかなり期待してみてしまった分、その落差が激しくて評価は辛くなってしまいました。ラストに謎を残したまま突然終わってしまうので、スタッフロールが流れている間 「?」 と頭に残ったままですえ? 終わったの? という感じで。一人で見に行ったのですが 会場にいる人達はみんな「?」と思って居るんだなぁと思うと笑いがこみ上げてきてホラー映画という印象が残りませんでした。だけど観客と同調させるというポイントはみごとだったと思います。喧嘩の時なんかは見ている私までイライラしましたし(笑ブレア・ウィッチは映画という印象が残らなかったというのが本音です。
★★★★
From: イチカ(NO MAIL) 1月 23日(日)23時07分06秒
「最後がすっごくこわいよー」という情報を入れただけで見に行ったのですが、その最後の意味が見た直後はわからなくって?って感じでした。が、後日判明して「あっそういう意味かー!」と納得。映像のほうは、謎解きが頭にあったせいかいまいち怖いとは思いませんでしたが、効果音で驚かせるホラーよりはこういうののほうがじわじわ怖くていいと思いましたよ。見た後に、「あそこはこういう事だよねー」って友達同士で謎解きしてたときが一番楽しかったかな。
From: ゆうこ(NO MAIL) 1月 23日(日)02時20分01秒
本当は星なんか1個もつけたくないくらい、ひどかった。今まで色んな映画を観てきたけど、観終わった後、スクリーンに物を投げつけたい気持ちになった映画ははじめて。素人のホームビデオ(それも死ぬほど面白くないやつ)を延々見させられている感じでした。一体、ウイッチ(魔女)に何の意味があったの?
★★★
From: ふうじ(NO MAIL) 1月 22日(土)23時48分20秒
怪談話っぽい。これはこれでおもしろかった。でも画面の揺れで酔うのと、喧嘩のシーンばっかりなのはちょっと・・・。
★★
From: fumi(MAIL) 1月 22日(土)19時16分20秒
手法に敬意を表して星は1個おまけでつける(?)けど・・・。いくらドキュメンタリー調って言っても、ああまで揺らすことはなかったのに。最後の方は、上がってくる胃液を抑えるのに必死で、画面を見ると吐きそうになるし、目を閉じてみたり、座り直してみたりしたけどだめで、集中できなかった。私、乗り物酔いは絶対しない質だけれど、画面に酔うんだなあ、と思った。ストーリーは段々追いつめられていく心理が迫真だったし、不気味さもあったけれど、ま、この手法じゃなければたいしたことはない映画だったのでは、という気が・・・。それより、どなたか、最後の最後に気持ち悪くて目を閉じていたため、どうしてカメラが落ちてしまったのか見落とした私に、最後のシーンを教えて下さい〜!
★★★
From: shu(NO MAIL) 1月 22日(土)02時35分13秒
前評判のせいで心から楽しめなかった。見終わった後の感じが独特。どう感じたにせよ、みんな字幕が終わるまで席を立たなかったのが印象的だった
From: m(NO MAIL) 1月 22日(土)01時45分50秒
ひさびさの・・・。画面に酔った。最後の終り方に「え?」というかんじで、字幕が終るまでみたけれど、やはり「え?」で終った。
From: ヒデ(NO MAIL) 1月 22日(土)00時45分31秒
期待して見始めたがつまらなかったので寝てしまった。
★★
From: まき(NO MAIL) 1月 21日(金)23時51分29秒
ほんと前評判がすごかったから、期待したけどあんまりって感じ。ただ、お腹いっぱいにして見たせいなのかなんなのか画面がゆれるから、むかむかして具合悪くなった。
★★★
From: まどか(NO MAIL) 1月 21日(金)00時10分41秒
前評判が凄すぎて、期待しすぎた。
★★★★
From: あい(NO MAIL) 1月 20日(木)15時41分06秒
予告編みた時から怖そうだなー、見るのやめようかなーとビクついていたけど、やっぱり見に行った。こーわーーいーーー。一緒に森に迷いそうになった。怖いというのは面白いという事?
★★
From: クミ(NO MAIL) 1月 20日(木)13時12分48秒
試みとしてはよかったと思う。凄く新鮮だったし、観てる時もドキドキしてたのだけどいざ終わってみると・・・結構あっけなくて少し物足りなかった。消化不良ってかんじ。
★★★★★
From: KIMU(NO MAIL) 1月 20日(木)10時08分26秒
これはやっぱり、はまれる人とはまれない人がいると思う。僕は、はまれました。
★★★★
From: リコ(NO MAIL) 1月 20日(木)00時24分52秒
見事に賛否両論のある映画ですよね。私は好きです。「想像の恐怖」というものを堪能したって感じでした。想像力がある人ほど怖いと感じるんじゃないのかなぁ。
★★
From: MEG(NO MAIL) 1月 19日(水)14時36分03秒
結局、物足りないというのが正直な感想です。いろんなところに目をこらして、一生懸命見たんですが、特にナニが映っているというわけでもなく・・・。他の映画にない、閉塞感は感じられましたがいまいちでした。でも費用的に見ると今、自分達で映画を作りたいと思ってる人達には希望が生まれたんじゃないかなと思います。あれだけ低コストでこれだけブーム起こしてるんだから。
★★★★★
From: はっせー(MAIL) 1月 19日(水)13時03分05秒
超怖かった。もうほんとに怖かった。身の毛もよだつとはまさにこのことかと思った。でも、もう一度映画館で見たいぐらい久しぶりに面白かった。
From: 竹河 利結花(NO MAIL) 1月 19日(水)12時31分21秒
 すごく期待して見に行ったのですが・・・。 正直言って、つまらない!アイデアはすごいと思いま すが、訳が分からなかったです。何がどうなっている のか?見えない相手への恐怖感は、すごく伝わって きて、主人公達が壊れていくのは分かるんですけど。 おもしろくない!
★★★★★
From: haru(NO MAIL) 1月 19日(水)02時52分33秒
画面の揺れに、酔ってしまったのがちょっと辛かったけどとてつもなく臨場感があった。だから、3人といっしょにどんどん恐くなってきた。ら、あっとゆーまに終わってしまってちょっとびっくり。私は、本当の事だと思っていたので、「うそ」だよと教えられてほっとした。
★★★★★
From: ラフレシア(MAIL) 1月 18日(火)23時50分25秒
やっぱり過度に期待して観に行くとロクな事にならないのでは?(稀にそれに耐えうる作品もありますが・・・)私は散々「つまらない」と聞かされていたので予想外の面白さに満足しましたし、全然観づらいとも感じませんでした。久しぶりに先の展開にワクワクしながら観ることのできた作品でした。
★★★★
From: とも(NO MAIL) 1月 18日(火)23時06分09秒
賛否両論あるようだけど、私はこれまで見たことない感じでよかったと思う。あとで、自分で想像しちゃったりできた。映し方のせいか、主人公たちの恐怖感が伝わってきたと思う。「酔うかも」ってきいてたのでそれなりの覚悟で見たので酔いはしなかったけど、でもやっぱし、目が疲れた。私には、まあ、観といてよかったんじゃない。っていう作品。怖いっていうか、気持ち悪い感じ。
★★★★★
From: TOSHI(NO MAIL) 1月 18日(火)18時01分43秒
近年公開された作品の中で、屈指の革新的な作品。
From: maruko(NO MAIL) 1月 18日(火)17時01分10秒
この映画はやばい。手ぶれが気持ち悪い。ストーリーが無い。キャラも最悪。大学の映画サークルが作ったような映画。こんなのを上映するべきじゃない。実際アスミックの知り合いもそう言ってたけどね・・・。
★★★★
From: チョント(NO MAIL) 1月 18日(火)12時27分56秒
怖いというよりなにか別の言い方があるような映画でした。宣伝の仕方が画期的ですね。
★★★★
From: osad(NO MAIL) 1月 18日(火)02時50分20秒
ジョシュの一部が入っていた小枝の束、そう〜っと置かれていた度No.1 ですね。
★★★★
From: もじもじ(NO MAIL) 1月 17日(月)11時33分48秒
結構宣伝をやっていたの?全然目に付かなtかった ネットもやってるにもかかわらず。。。おかげで 超怖い思いができたこの恐怖はすべての人々の心の中にそれぞれの形をとってあらわれるもの『恐怖』の対象をみせて失敗したのは『IT』その対極にあるのが ブレアウイッチプロジェクト普通の生活で 現象の実際の原因がハッキリわかる事って ほとんどないそういう 恐怖の映画だと思った個人的にはいつか彼等の『キング作品』を見てみたい クーンツって感じじゃない
★★★★
From: もじもじ(NO MAIL) 1月 17日(月)11時19分46秒
結構宣伝をやっていたの?全然目に付かなtかった ネットもやってるにもかかわらず。。。おかげで 超怖い思いができたこの恐怖はすべての人々の心の中にそれぞれの形をとってあらわれるもの『恐怖』の対象をみせて失敗したのは『IT』その対極にあるのが ブレアウイッチプロジェクト普通の生活で 現象の実際の原因がハッキリわかる事って ほとんどないそういう 恐怖の映画だと思った個人的にはいつか彼等の『キング作品』を見てみたい クーンツって感じじゃない
★★
From: ブリキ(MAIL) 1月 16日(日)12時47分53秒
「確かに恐るべき何かがいる」映画はここで終わる。残された映像を基にした筋立てだか納得。 予算と技術がない故のこの逆転的手法は賞賛に値するが、次回はもはや通用しない。またもう一度この映画を観たいとも思わない。これからが本当の勝負だ。 印象としては部分的には確かに怖さを感じさせるが、ラストの山荘シーンは昔の「川口浩のなんとか」みたいにやらせがミエミエで白けてしまいました。それまでは本当のドキュメンタリーみたいでリアルだっただけに惜しい。
★★★★★
From: tomoko(NO MAIL) 1月 16日(日)11時33分39秒
最近見た映画では最高の作品!!どのジャンルにもふくまれない新しいジャンル!!森の中という閉鎖された空間だからこそ伝わってくる恐怖!!
★★★★★
From: しょうだい(NO MAIL) 1月 14日(金)22時07分25秒
この、映画マジだとおもっていたら、作り話だったのは、残念、、、でもすごくこわかった。
★★★★
From: サンブンチュー(NO MAIL) 1月 14日(金)21時57分40秒
確かに欠点も多いかもしれんけしど、こんな映画が認められんかったら、新しい映画は生まれへん!むかしっからおるんや…地獄の黙示録でも2001年宇宙の旅でもあの夏いちばん静かな海でも…ちょっとチャウことするとけなす奴…新しい感性や挑戦認めん奴は昔の映画だけ観とけ!…何年か経ったらこの映画も語り草になるで…!
★★
From: 正俊(MAIL) 1月 14日(金)18時08分32秒
正直言ってつまらなかった。取りたてて恐くないし、面白くもない。言いたいことはたくさんあるが、それを論じる気がおきない。

【コメント 2ページ】 へ