ファイト・クラブ

満 足 度
61.0%
回答者数220

【コメント 1ページ】

★★★★★
From: まきたけ(MAIL) 2月 22日(火)00時34分22秒
とにかく良かったです。ラストではイってしまいました。去年観た中ではダントツでしたね。観てからちょつとの間、ツレとボコボコとどつきあったりしましたよ。DVD出たら即買いです。
★★★★★
From: (NO MAIL) 2月 16日(水)16時48分09秒
楽し過ぎる。観るべきだ。
From: はむはむ(NO MAIL) 2月 15日(火)23時43分27秒
映画の始めから中ごろにかけては、サッパリ意味が分からなかった。暴力シーンが多すぎてうんざりしました。最後の方の内容には驚かされました。
★★★★★
From: ミミング(NO MAIL) 2月 14日(月)19時20分01秒
たいへん素晴らしかった。映画でこれほどの衝撃を受けたのは初めてだ。エドワード・ノートンの演技もかなりのものだと思う。
★★★★
From: (NO MAIL) 2月 13日(日)22時14分02秒
物に依存しすぎていることを考えさせられた。周りが物であふれている場所でそれを放棄することは可能なのだろうか?山奥にでも行かない限り…
★★★
From: クニエ(NO MAIL) 2月 11日(金)00時59分15秒
物凄くドタバタなおとぎ話し。
★★★★
From: オラ、ごくう(NO MAIL) 2月 8日(火)18時37分35秒
さすがデヴィッド・フィンチャー映像で楽しましてくれました!!!ブラピの役もマッチしていて、なんといってもE・ノートンさすがでした。オスカーとるのも時間の問題だと思います。あのラストは、音楽の効果もあって美しかったです。
★★★★
From: みやざき よしこ(NO MAIL) 2月 8日(火)10時24分18秒
ピット最高ー!内容も思った以上にあった。ストーリー性のなさそうな、ブラピだけがうりの映画という先入観が、より一層私の心をくつがえさせた。でもなんか、これに似たような感じの映画があったなぁ。。。シックスセンス?なんか、最後になってネタがよめると言うところ!そう思ったのは私だけ?
★★★★★
From: コピー&コピー(NO MAIL) 2月 6日(日)18時37分52秒
映画としてのおもしろさ満載!美しい場面はまったく無く、ユーモアはすべてブラック(思わず二ヤニヤ)、それなのに全てが絵になるカット。独特の雰囲気とスピード感のあるストーリー展開。最後まで引き込まれた。ダストブラザーズの音楽もよかった。あと、キャスティングの妙。フィンチャーならではの映像に酔った。
★★★★★
From: エミルー(NO MAIL) 2月 6日(日)07時01分25秒
ズヒョー!!!スゲーこの映画!私はあんましブラットピットのアッパーなキャスティングがスキじゃなかったんだけど、やっぱ前歯折ってもやるだけの代物だわ!個人的に手に汗握りっぱなしで、血沸き肉踊るって感じでっす。この世の中にもあの緊張感が欲しい!! 最後に一言『私の映画ベスト20』ランクイン決定!!!!
★★
From: D.D.R(NO MAIL) 2月 6日(日)02時40分17秒
ブラピもノートンも「セブン」も好きなんだけど、この映画はダメだったなあ。ファンのひとゴメンなさい。物質文明批判とか分裂病っぽい主人公のキャラクターとか世紀末らしい(?)テーマだと思うけど・・うーん、みんなそんなにストレスたまってんの?ってちょっと唖然としました。上映時間も長すぎ。あと、毎週のようにボコボコに殴りあってて、一人も死人や廃人が出てこなかったのにも映画的なご都合主義を感じました。人間って、そんなに頑丈ですか?グロいのもスプラッターなのも結構好きだけど、こういう種類の“うそ”にはどうもノれない性質みたいです。というわけで、E・ノートンの「独り芝居」に★★
From: PMEH(NO MAIL) 2月 6日(日)01時28分25秒
おすぎが「とにかく内容は絶対言えない!!」と頭をぶんぶん振っていた意味はわかりましたが、「おもしろい!!すごいイイ映画!!」には賛同できません。中盤までのファイトシーンはただただ退屈。えぐいものなど何もありません。その割りにナゲー。例の妄想がっわかったあと残された時間はおそらく1時間半ほどあったと思いますが、そうなると最後の終わり方は目に見えてました。やはり思った通りに終わってくれました。キレた暴力シーンも中途半端な演技でしたし、ストーリーもまとまってなく、ただただお尻が痛かった。内容が好きな方は辻人成の小説「ピアニッシモ」を、キレタ暴力シーンが好きな方は「時計仕掛けのオレンジ」をお勧めします。ダマされたと思って試してください。長くなりますけど、観終わったあと主人公の真似がしたいと思えない映画はだめと思います。私はピットにもノートンにもなろうと思わなかったもん。(でもコレだけ貶していてなんですがノートンはよかったと思います)以上、ありがとうございました。
★★★
From: うに(NO MAIL) 2月 5日(土)06時53分10秒
E・ノートンがお目当てで、行っていきました。上司の前でキレてたところ、すごかったなー。やっぱりうまいなー。予想してたよりは、おもしろかったと思います。矛盾?点はけっこうあったけれども、映画だから……。観ながらガサゴソバリバリひっきりなしに音を立てまくっていたバカップルがいたが、食べられるのねーとますます呆れた。脂肪タラーッは、ちょっとウゲっと思いました。
★★★★★
From: Shin(NO MAIL) 2月 4日(金)17時00分39秒
これ、おもしろいっしょ?さらにCGいいっす。ふりまわされずに道具でハイセンスに使ってます。北欧家具然りペンギン然り。ビル崩壊はおれ的には最高のラストなんだけどなんかみんな気に入らないのかねーあれだけリアリティなく壊すのってずっとリアルを追求してきたCGの開き直りって感じだしねちなみにむちゃくちゃ聞きたいのですがパンダ女とのセックスシーンはあれってCGですか?あんなカメラぐりぐりまわせるもんかい?CGだとしたらむちゃくちゃあほだ。無論いい意味で。しかしサブリミナルはわかりませんでした。
★★★★★
From: あっちょ(MAIL) 2月 4日(金)14時04分58秒
現代において、繊細となってしまった男たちに対する警告が発せられていると感じた。正直、自分が抱えていた悩みの大部分がここにあった。
★★★★
From: (NO MAIL) 2月 3日(木)06時22分35秒
観にいこうと 誘われた時ははっきりいって「時間の無駄かな」って期待してなかった。 そのおかげかとっても楽しめました。(笑)エドワードノートンの演技がよかった! あとカメラワーク。 ストーリーが ただのアクション暴力映画に終わらないとこもよかった。 私 エドワードノートンが ブラットピットの 私生活(どこで働いてるか)を 観客に説明するシーンが なんか好きなんですが、 おもいっきりカメラ目線で。 ところで、「観にいった」って話すと 必ず「あのCMにででくる ペンギン何?」って聞かれるんですが....。 "Slide!"
★★★★
From: よっしー(NO MAIL) 2月 2日(水)01時55分27秒
予告編で見た時は、なんか暴力シーンばっかりのいやな感じの映画かなぁーってあんまり興味が沸かなかったけど、みたら意外におもしろかった。ブラピより、ぜったいノートンくんのほうがいいなーーって思った。
★★★★
From: ゆみりん(NO MAIL) 2月 1日(火)17時34分27秒
私はラストが気に入らないっていうか、解らないんですが、ノートンはスゴイし(彼が主役ですよね。)、ブラピはかっこいーし、カメラはいいし、音響はスゴイし、ビデオになったら、また観ちゃうよね。★4つあげるしかないでしょう。最後までこぶしで勝負してくれてたら★5つでした。
★★★★
From: B.B(NO MAIL) 2月 1日(火)17時31分10秒
楽しかったです。一見、残酷な描写なんですけども、実は人が死ぬようなシーンはないし、なんか血が「軽い」ので、安心して笑い転げることができました。ノートンは相変わらず素敵です。
★★★★★
From: ふぃんちゃー(NO MAIL) 2月 1日(火)14時41分00秒
これおもしれぇわ。DVD出たら絶対買うね。実存主義ってやつですか。ごめんなさい、あんまり思想詳しくないんで適当に書いてます。
★★★★
From: ブラピ(NO MAIL) 1月 31日(月)17時01分49秒
あまりにもを訳が分からなかった所がとても面白かった。ブラット ピットの鍛え上げられた体を見に行くだけでも価値がある映画だと思う。
★★★★
From: 山田邦子(NO MAIL) 1月 30日(日)03時50分40秒
あのラスト今年みた映画の中、今まで観た映画の中でも、指折りの 美しいエピソードでしたよおいらは。向かいのビルの上階で(人のはけた ビル、明かりも消したままのフロア、空にはひとつの月明かり。そして、 傍らには美しい女)、崩れ去ってゆくビル。美しかったですよ。 映像のチャチとかそういうのではなくて、このシーンのアイデアでもって、 もう完全にクラクラきてしまいましたよ。 そして、ノートンのセリフ。 「ふたりは、出会うタイミングが悪かったんだ」 まったく、人生のイライラを感じますね。人。素晴らしい出会いのなさ。 実際の日常生活の中での、くだらない出会いしかないことのいらつき、あせり。 だから、もっともおいらの趣味は「映画」であるわけで。 このラストのセリフに胸につまるものがもちあがってきたなあ。画面では、 まったくもって非日常の映像が流れてるわけだしさ。 あれだけ楽しめりゃあ、もうそら死んでも狡獪はないわな。
★★
From: tomo(NO MAIL) 1月 29日(土)21時49分11秒
あんなに綺麗な物が全然出てこないのもすごい。全部のシーンが不愉快だったり汚かったり気持ち悪かったり痛かったり、しました。ある意味凄い。その裏のものを観客に感じさせる様に出来てるんだろうけど、その割にラストシーンは何?って感じでした。
★★
From: Canada(NO MAIL) 1月 28日(金)14時01分12秒
I don't like this movie.Cause I don't like the actor. I thought that I waste my time!I won't watch this actor's movie! Never!When I watched this movie, I slept very well.Thank you for good time!Bye!
★★★★★
From: Yuto(MAIL) 1月 28日(金)01時06分27秒
文句無しにおもしろかった!この監督の「セブン」という作品は絶賛されていたけど、全然面白くなっかったからそれ程期待はしていなかったのですが、脚本、演技すべてにおいてこの作品は段違いだった。そしてブラッド・ピットの演技が下手だという話が結構いわれているようですが、彼の演技はそんなに悪くないと思うんですがどうでしょうか?まぁそれにしても、共演しているエドワ−ド・ノ−トンの演技にはかなわないとは思いますけど・・・とにかくこの作品は、最後のラストといいほんとに面白かった。
★★★★
From: クリス(NO MAIL) 1月 27日(木)23時18分39秒
あんなストーリーとは知らなかった(殴るだけの映画だと思ってた)ので、とーっても楽しめました。あまり話題になってないのはなぜ?プロモーションの失敗のような気がします。途中で、ここを使えば見る気になるのにぃ、なんていうシーンがありました。はじめのほうのカメラワークは見入ってしまいました。所々に笑えるシーンもあって、暗いだけじゃなくてよかった。エドもブラピも、演技、よかったと思います。ちょっとラストがふざけてないかい?
★★★★★
From: Asuka(NO MAIL) 1月 26日(水)00時41分00秒
苦手なジャンルのはずが以外に楽しめた。むしろフィンチャーワールドに今回ははまってしまったって感じ。「男の映画」なんて言われてるみたいですが、女性もこういう映画をしっかり見る勇気をもっても良いのでは。
★★
From: Motoyuki KAMATA(NO MAIL) 1月 25日(火)15時52分02秒
デビットフィンチャーの監督作品というので期待していったが、やられたって感じ。とにかくあのエンディングが悪かった。
★★★★★
From: 6911(NO MAIL) 1月 24日(月)20時24分12秒
監督のセンスがキラリと光ってた。いい映画だと思った。よくできた映画だと思った。俳優もよかったしお話もよっかた。
From: ぷー(NO MAIL) 1月 20日(木)23時02分24秒
終わった後頭ん中を?マークいっぱいにして映画館を出たって感じ。ストレスたまってる人とか自分の人生なんか足りないって思ってる人は共感できるんじゃないかな。ただ、俳優一人ひとりの演技はかなりgoodだと思うよ。
★★★
From: なんす(NO MAIL) 1月 20日(木)19時18分06秒
この映画はすごく興奮した。ぼくもブラピに殴られたい。殴るとき黒の皮手袋をつけてもらいたい。そうすると快感が増すだろう。この映画見た人たちも、そうでしょう。僕もファイトクラブ作りたい。
★★★
From: NFsis(NO MAIL) 1月 20日(木)09時44分10秒
「酔っぱらった男の人の話(説教入ってるヤツ)をしらふで聞いてるみたいな映画」かな?こっちも酒飲みなので酔ってる時のことはしょうがないと感覚では解ってるけど、話の内容には『はいはい』といいながら右から左へ抜けるだけって感じ。私には感覚で味わう映画でした。どちらかというと最初の『ファイト・クラブ』を延々と突き詰めて、ひたすら殴り合いの映画の方がよかったな。しかし、映画を観ながら「ブラピの赤の革ジャンかわいいな」とか「あの石鹸、乾燥肌には良さそうだな。一個欲しい」とか思いながら観てしまう私は物に支配されてるのかな?
★★★★★
From: UFO(NO MAIL) 1月 19日(水)17時01分28秒
この映画の面白さの解らない人がかわいそ〜!楽しめるセンスがあってよかった!!
★★★★
From: MEG(NO MAIL) 1月 19日(水)14時59分20秒
半分までは非常に面白かった。途中から私は頭が良くないので混乱してしまった。(だってストーリーに無理があるんだもん)とにかくブラピはキレイな役よりちょっとキレてて、汚い方がヨイ。それとラストの雰囲気が、私的にはマトリックスの中途半端なカンジと重なった。取り方は個々の想像に任せてあるんだろうから、それもまたよしなんだけど。
★★★★★
From: 唇餅(NO MAIL) 1月 19日(水)00時48分09秒
興行関係の者ですが、この映画ほど(予想より)コケた映画は珍しいです。 何が原因なのでしょうか?宣伝?ポスター?(ブラピ汚い) そういえば、キューブリックの「時計じかけのオレンジ」もあんまりヒットしなかったけど、同じく10年後にはカルトに成っているのでしょうか? ちなみにビジネス的に後年にカルト、カルトと騒がれてもなんにもうれしくありません。
★★★★★
From: atusi(NO MAIL) 1月 17日(月)22時02分30秒
この映画は何がいいたかったんでしょうね。身体の復権。それ以外にありません。方法はどうでもいいです。うーんブラピはあの演技でいいんです。あの馬鹿演技があの人には一番です。あれで満足できない人はたぶんブラビのこと勘違いしています。
★★★★
From: たもい(NO MAIL) 1月 17日(月)04時38分00秒
おもしろかったです、正直に。この人の作品「ゲーム」はくそつまんなかったけども。だって新聞の宣伝記事読んだだけでストーリーわかっちゃうなんて最低でしょ。ま、でも今回はしっかり作ってました、脚本。 あとこの他の欄でのクソ映画評は楽しい。笑えます。
★★★★
From: ダーク・ディグラー(NO MAIL) 1月 17日(月)02時26分57秒
自分の中に漠然とあるものを、表現してくれたって感じ。すごくよかった。特に、ラストシーンで、ピクシーズの「Where is my mind」がながれてきた時には、やられたって思ったね。
★★★
From: デフィ(MAIL) 1月 16日(日)23時50分23秒
 うーん、想像していたよりもずっと面白かった、ですが。 個人的にはあのラストで星1つは消えました、観た当初はなんだか納得出来なくて。でも見ている最中はスカッとするんですよねぇ、僕もひ弱でやな男だ。(笑) あのオープニングでのカメラワークで一瞬ディカプリオのロミオ&ジュリエットが頭を過り態々劇場にまで脚を運んで失敗したか?とも思いましたが話が耳無と杞憂であったと気が付きました。セブンなんかよりよっぽど面白いですよ、ゲームが同じ監督だったと云うのは管理人さんの感想を読んでビックリしましたが。(ゲームのラストのオチは個人的には大サービスだと思って満足してます、其処までの過程が余りにもお約束で退屈でしたが) ビデオが出たらもう一回みたいな。コマ送りして見たり、結構細かいネタで楽しめそうですからね。
From: 人生ゲーム ハイ&ロー(NO MAIL) 1月 16日(日)21時42分40秒
はっきり言って何の面白みもない映画です。どう見ても感想は「つまらない!」の一言ですむ!!
★★★★
From: ジュンチ(NO MAIL) 1月 16日(日)13時51分50秒
私的には新感覚で、すごいおもしろかった!ギャグセンスがとてもアメリカンで、そーいうのが分からない人には、退屈な映画だと思う.私が見た時、外人がいっぱいいてとことどころ大声で笑っていた。宣伝だけ見て面白くなさそうと思ってる人は,一度見に行ったほうがいいと思う。でも,私の友達にお勧めしたら、”つまんなかった”と言って,怒られてしまった。
★★★★
From: ささみ(NO MAIL) 1月 16日(日)03時10分39秒
評価は星4つですが、感覚的には4.5です。映画的な魅力に満ちた傑作だと思う。今の映画。宣伝では殴り合うシーンばかりだったし、「セブン」もブラピも特に好きではないので見る前はほとんど期待してなかったんだけど、見て良かった。結局、彼らのテロ行為は子供が親や教師にお尻を向けて、パンツを下ろすようなものだよね。映画自体も、大掛かりな子供のイタズラっぽい。メッセージ自体は別に新しくないし、別に映画を見に行くのは監督のメッセージを聞きにいくわけじゃないんだけど、なんだか、その大袈裟でかわいらしい挑発が気持ちよかった。最近の自分の気持ち(いろいろ欲求不満気味)にリンクしてた。逆にいうと、今全然欲求不満を感じていない人にとっては、気分が悪くなる映画なのかも。きれいじゃないし。それにしても、こんなに評価が低いとは意外だったな。
★★★★
From: はるん(NO MAIL) 1月 15日(土)17時18分48秒
現代社会の持つ問題を改めて考えるキッカケになるのでは? 物にあふれて、支配され、本当の自分らしく生きることのむずかしさ、そのためのストレス、我々皆が潜在的に持っているもう一つの自分。もう一度今の生き方を考えてみたい!
★★★
From: sii(NO MAIL) 1月 15日(土)11時00分15秒
オープニングがかっこよくてかなり期待して見ちゃいました。内容理解はできるのだけれど、ラストでなんでビルが爆発しても冷静なのか、ブラピが突然坊主になるし意味わかんなかった。でも、かっこいいので、イイヤって感じ。
★★★
From: よもぎねこ(NO MAIL) 1月 15日(土)05時21分05秒
前作の「ゲーム」がまるで映画になっていなかったので、かなり警戒して観にいきましたが、まあまあでは?惚けた夢オチもどきだったらかなわないなあ、と思っていたんですが、そのへんの撮り方はわりと自覚的だったかな。「(観客は)こう観るべき・観るはず」という、自分のなかでの予定(奢り)が先走っていたフィンチャーだけど、今回は「こう見せて見せてやる」という自覚が少し感じられました。次の作品が勝負でしょう。ところで、ブラピはあれ以上、演技巧くならないのかなあ(^^;)
★★★★★
From: 石鹸(NO MAIL) 1月 14日(金)05時13分20秒
とにかく最高の精神分裂映画!今の時代にあまりにリアルで意味があるから。
★★★★★
From: TAKO(NO MAIL) 1月 13日(木)13時15分55秒
映像は、はっきり言って最悪。嫌がる友人を無理に誘って見に行ったのに立場がなかった。いつから面白くなるかとじっと待っていたが残念な結果だった。しかし、面白くないと開き直って「面白くないね。ご免!」と友人に言った途端に気が楽になり、無理やりの集中力で最後まで見ました。映像はつまらなかったけど伝えたい内容はわかりました。言いたい事はわかります。段々いい映画だったような気がしてきます。日が経つに連れ潜在意識に染み込んでいきます。物を買おうと考えると「それは本当に要る物か?」と物を買おうとする心を消極的にします。やはりとてもいい映画でした。ブラビというブランドで人を呼び込んでおきながらそれを捨てさせるなんてりっばな映画です。「まあまあ」のつもりでしたが五つ星にします。
From: gaku(MAIL) 1月 12日(水)20時13分48秒
 よく分からない。もうこの手の映画は飽きた。カウンターカルチャーとしてできたものも、結局はメインストリームになってしまい毒素を抜かれてしまうか、換骨奪胎でどぎつさのみを増していくだけなんですね。 12モンキーズの方が面白かった、後半のノリなら。前半のまま行き着く所までいけばよかったのに。延々と殴り合う映画にすればよかったのに。アンディ・ウオーホルを見習ってほしいね。デビット・フィンチャーには次に頑張ってほしい。くじけずにね。 ブラット・ピットは映画俳優やっていれば当たり外れあるのも分かっているでしょう。数年後にきっとこの映画に出たことを後悔してますとかインタビューで言うのだろう。インタビュー・ウィズ・バンパイヤのように。
From: ぴんた(NO MAIL) 1月 12日(水)19時32分10秒
他人が書いた原作を脚本に用いて原作以下の作品に仕上げるというのはひどい監督だと思う
★★★★
From: TEMMA(MAIL) 1月 12日(水)15時49分17秒
フインチャー監督は決して、御用監督でも職人監督でも無く、作家性を持った立派な監督だと思うが、今ひとつハリウッドに対する妥協が感じられる。今作も後半が前半の快調さとはうって変わって話が大きく、その割には子供じみた話に変わっていってがっかりしてしまう。パンダそっくりのボルム・カーターと手を繋いでビルの崩壊を見守るなんて画面は見たくなかった。ファイトクラブに女はいらない。女がらみの場面は全部無くても差し支えないのではないか。とめどもなく饒舌なジャックのナレーションにのせて延々と変な男達の自虐的な傷付け合いが続く様をもっと見ていたかった。これはあくまで閉ざされた空間の話で、ネオナチ的な攻撃的大組織に変質していくのは納得できない。初期のキューブリック監督のように、低予算、ノースターで撮った方が傑作に成り得たのではなかろうか。そうなると、ブラピもいらないことになってしまうが良いではないか。世紀末「ジギルとハイド」の話なのだからエドワード・ノートンの演技力で二役演れば。一度は自分の色を出し切った大失敗作を作る経験も、その後の飛躍になると思いますよ。小さい妥協を重ねて御用監督に成り下がった例はいっぱいありますからね。(ピーター・ハイアムス・フリードキン等)なる
From: ぽん(NO MAIL) 1月 12日(水)08時16分03秒
特に何の面白みのない映画。相変わらず変わらないのが、自分のはまり役とでもおもっているのかブラット・ピットのいかれ役。いままでのブラピのいかれ役とまったく変わるところがない平凡な役である。ビデオレンタルになれば同じような作品はいくらでもある何も映画館で見る必要もない。
★★★★★
From: ナノ(MAIL) 1月 12日(水)00時30分16秒
これまでの固定観念をブチ壊した作品である。特筆すべきはブラット・ピットのカリスマ性。本作は歴代のブラピ出演作で最高に神秘的でカリスマ性に満ちている。ただ、ブラピ自身の新しい一面を見ることができなかったのは残念であるが、彼の魅力を最大限に映像化されている。とても新鮮な映画だと思った反面、全く初めて触れるストーリーというワケでもないと思った。題材そのものは過去の漫画等で読んできたのかもしれない。現代人が日常に感じることが「ファイト・クラブ」で映像化されたからなのかもしれない。実はラストのシーンで疑問があるんですが、すみませんがメールで教えて頂けないでしょうか。ストーリーに触れるので、ハッキリ書けませんが、「俺は目を開けてるんだぜ」(←こんなセリフ)の後の出来事です。
★★★
From: クリトリス(NO MAIL) 1月 11日(火)15時52分44秒
この映画で興味をもったところは、ブラピといかれ女がどんなセックスをしていたかいうことだ。女があれほど悲鳴に近い声をだすのはよっぼど気持ちいいんだろう。しっかりとその場面をみせてもらわないと困る。ノートンが部屋を覗いたときちらりと、道具がみえたがなんなんだろう。
★★★★★
From: 佳乃(NO MAIL) 1月 11日(火)06時50分10秒
ストーリーが矛盾していてつまんないっていう意見があったけど、そうじゃないことはもう1回観れば分かるんじゃないかなぁ?でも、そういう人はもう観たくないか(笑)。ただのハリウッド的エンターテインメントやラブラブデートの為に観てる人が楽しめないのはしょうがない感じ。構成・編集・SE・音楽の巧みさもあいまってぐいぐい引き込まれた。連れが「(ラストで)死んだのはどっちだと思う?」と言っていた。なるほど。
★★★★
From: Tyler(NO MAIL) 1月 11日(火)00時22分38秒
ブラピの久しぶりのキレ役。ブラピもよかったけどノートンが最高だった。Goodな映画でした。
★★★★
From: マグ(NO MAIL) 1月 10日(月)17時43分49秒
ブラット・ピットの作品って受け付けないっていうか、楽しめないのが多かったんだけれど、ファイトクラブは久々に観た後に面白いって思えた。最後はどうやって決着つけるんだろう?ってドキドキしたし、その終わりかたも何か納得。配役を最初知った時は、エドワード・ノートンとブラット・ピット逆の方がいいんじゃないの?なんて思ったけれど、意外とあってたっていうかこっちの方が良かった。
From: みんみ(NO MAIL) 1月 10日(月)08時36分03秒
何でこの映画が60%近くの満足度なんだ?話はつまらん、悪趣味な映像、前半は寝てしまった。観客は途中で席を立つし、時間を無駄にした。
★★★★★
From: おおお(NO MAIL) 1月 10日(月)01時52分52秒
こういう「感覚」で観れる作品は大好き。よくこれだけまとまりがついたなと感動しました。似たような「感覚」系で好きなのは、デビット・リンチの「ツインピークス・ファイヤー・ウォーク・ウィズ・ミー」です。
★★★★
From: うつら(NO MAIL) 1月 10日(月)01時33分17秒
ブラビ・ノートンがおどろおどろしい映像を醗酵させ、最後まで私を魅惑悪の世界にひきこんでくれました。
★★★★★
From: ゆう(NO MAIL) 1月 10日(月)00時57分03秒
ハマりました。本当の生きる意味、存在することの無意味さ。そしてブラピのぶっとんだ役柄の設定。現代人はああいう本能剥き出しの資質が欠けているように思えます。男に生まれてよかった、と思わせる1本でした。
★★★★★
From: moko(NO MAIL) 1月 10日(月)00時56分38秒
12月に観にいったもののなかなか書き込みをする気にならなかった映画です。共感ができなかったし感情移入もできなかったのにいつまでも気になる映画でした。B・Pのカリスマ性に☆エドワード・ノートンに☆ナレーションの入れ方に☆デギタル映像と共に流れる音楽に☆万人受けしないことを承知で作った監督に☆と、考えているうちにこんなに☆が増えました。ただ、生理的に受け付けない人を否めない事も事実です。と、いうよりそういう人がたくさんいるほうがいいかもしれないとも思ってしまう映画です。
From: たらん(NO MAIL) 1月 9日(日)16時44分12秒
この映画話題の俳優がでてなければ、見に行く人いるだろうか。誰も行かない。
★★★
From: きめこめ(MAIL) 1月 9日(日)01時25分23秒
観念的な映画。脳みその中から始まるのは象徴的かもしれない。それを自覚して、映像で遊んでる。それが見ていて気持ちが良い。エドワード・ノートンの虚ろな顔と、気の抜けたモノローグが、飄飄とした語り口を生みだしていて楽しい。何より、自分で自分をぶん殴ってる独り芝居は笑えた。怖いってより、可笑しい。「ファイト・クラブ」のモチーフは、もっとドぎつく展開するのかと思っていたら、そうでもなかった。餓鬼んちょの無自覚なルサンチマンの衆に出来るのは、あんなお遊び程度のことだろう。そこは、作り手のからかいもあるような気がした。ラストのビル群崩落は、その妙に現実感のない美しさが逆に気になる。スパッとしたエンディング・テーマは素直に受け取ってよいのでしょうか(最後にバチっと挟まれるサブリミナルは何の映像だったのでしょう)。大人になりきれんで大人になっちまった青年らを、からかい半分で励ましてる映画なのかな。なんにしても、観念的な話をおとすことで、虚構としての体裁もとれてると思う。脂肪で爆弾つくっちゃう悪趣味って、夜中のフィットネスTV通販の悪趣味の裏返しですね。悪趣味の趣味の良さまであと一歩って感じの映画。
★★★
From: かめ次郎(NO MAIL) 1月 8日(土)23時00分46秒
ブラットピットが見たくて映画館に足をはこんだ。セブンの時はすごく気分が悪くなっただけに、すんなり映画を受け入れられたと思う。途中、ちょっと飽きちゃいそうだっただけに、ブラピの役回りがわかってからは面白いと思った。「ジョーブラック・・」のブラットピットに比べたら、こっちの方が全然良いので、☆ひとつプラス!!
★★★★★
From: MATU(NO MAIL) 1月 8日(土)19時18分18秒
ハマってしまった一人です。ナレーター付きの映画はあまり好きではありませんがノートンの声はオーケーでした。映像も役者達も好み。確かに内容は過激な部分もあるけれど。「いい映画でしょ」って言ってないところが逆に好きかな。フィンチャーに遊ばれてる?それにしても20世紀FOXはなんてふとっぱら。FOXの勇気に★ひとつ。
★★★★
From: ユキヒコ(NO MAIL) 1月 8日(土)18時50分54秒
予告編で期待した通りの映画。冒頭5分で、「この映画はこういう仕掛けです」、というのを説明してくれるのも良い。中盤がダレるのは確かに難点だし、後半の展開も思ったほど飛躍しなかった。でも、エドワード・ノートンが巧いからOK。それを見られただけでも良かった。音楽も良かった。『ゲーム』の借りは返してもらえた。
From: きく(NO MAIL) 1月 8日(土)13時55分38秒
やっぱり映画は話がつまらないと見る気がしなくなる。今年の最悪映画にランクされるだろうと思われる出来映えは見事。
★★★★
From: のま(NO MAIL) 1月 8日(土)13時08分34秒
ハリウッド映画にしては、レベルが高いと思う。ビデオクリップ風の映像はちょっとうるさかったが、役者、ストーリー、どれをとっても一級品だと思う。ラストシーンで爆発させちゃうとこに気合を感じた。あれで★一つおまけ。
From: ぴろん(NO MAIL) 1月 8日(土)10時42分01秒
この掲示板も同じ人が何度も書き込んでいるみたい。この映画をやたら誉めて書きこんでいる人は、多分映画の宣伝をしているんだと思う。この映画の感想はつまらん、くだらんカス映画といった感じ。新年早々気分を害する映画だ。
From: おめこ(NO MAIL) 1月 8日(土)08時02分33秒
この手の映画はほとんど見ることないけど、この映画はどんな客をターゲットにしようとしているのかと思った。
★★★★
From: さとる(NO MAIL) 1月 8日(土)00時33分27秒
話にぐいぐい引き込まれてった。別段Fightシーンも嫌ではなかった。でも、一人を教祖の様に信仰し陶酔していくようになり始めるのはヤバイよ・・・あの辺からちょっと引いた。悪ガキで済まない、意志のないテロリスト集団化は観てて気分悪くなるから×。米国ではこの映画観て、自分の方が強いんだゾってブラピを襲ったヤツいたんでしょ?そーゆーバカも×。でも、E.ノートンの巧さに★ひとつプラス。
★★★★
From: たえこ(MAIL) 1月 7日(金)19時55分24秒
これは現代社会を象徴する作品!すばらしい!とか言ってる人たちはすごい幼稚だと思うし、こんな悪趣味なもの見たくありませんでしたと言ってる人も能天気な子供なんだと思う。私は、そういった未熟な人たちのハートを巧く捉えるすべを知っている監督を、大人だと思いました。
★★
From: しかし・・・(NO MAIL) 1月 7日(金)17時12分30秒
話に無理があるような気がした。シックスセンスを見ているときと同じ気分になったけど、シックスセンスよりはよかったと思う。やっぱり、ブラピファンではない人にはお勧めできないような気がする・・・
★★★
From: evian(NO MAIL) 1月 7日(金)16時57分23秒
日本以外の国で興行的に大赤字という評価は結構正当なのでは。と感じた。ブラピのファンでもない限りハマれない気がする。『ゲーム』よりはマシだったけど。結局何が言いたいんだ?フィンチャー!
★★★★★
From: じん(MAIL) 1月 7日(金)16時12分41秒
すごく衝撃的だった。映像も音楽もかっこいいし。人間の中に潜む二面性がよく描かれていると思う。人生について何か示唆するところがあります。最後のシーンが圧巻。
★★★
From: あきら(NO MAIL) 1月 7日(金)16時11分43秒
ノートンがかっこいい。新たな発見ができてよかった。次の新作で彼はマッチョなんですよ。早く見たい見たい。ただのミーハ-で見に行っただけだったから、ストーリー的には期待してなかったんだけど・・・。意外におもしろかった。一般ミーハ-向けっぽくないとこが好きですね。 最後に一瞬映る(らしい)物。見ました?私はわかんなかった。後で友達に聞いてビックリ。「粋なはからい」 ですね。
★★★★★
From: 機械野郎(NO MAIL) 1月 6日(木)23時00分25秒
ぶっ飛んだイマジネーションを見事に映像化していて、気持ち良かった!テンポもいいし、最高でした普通人いがいの方におすすめ!
From: まんこ(NO MAIL) 1月 6日(木)13時49分29秒
この映画の悪趣味な感覚は普通人にとって到底絶えられるものでない。よって星ひとつの刑に処する。
★★★★
From: ぴっける(NO MAIL) 1月 6日(木)13時04分23秒
やっぱこんなブラピが好きだ。こきたねえブラピが好きだ。正月映画の中じゃ一番でしょ。正月の中ではね。シックスセンスみたいだなって思ったのオレだけかな。でも一般受けはしにくい映画でしょうね、当然ながら。心の叫びのようなものはガンガン伝わってきました。
★★★★
From: もろがた(NO MAIL) 1月 6日(木)09時11分26秒
ファイトクラブの面々が、次第にテロリストへと変わっていく様子には、某教団を連想させられてゾッとした。
From: すかい(NO MAIL) 1月 6日(木)08時04分47秒
年末から正月にかけての映画ははっきり言ってカス映画が多い。暇潰しと思っていくつか見たけどどれもつまらない見る価値なし。
★★★★★
From: 雨蛙(NO MAIL) 1月 6日(木)03時18分31秒
ピーターパンシンドロームを描いた最高峰。ブラッド・ピットはブラッド・ピット役という皮肉が最高。
★★★★★
From: さらい(NO MAIL) 1月 5日(水)22時49分40秒
この映画はズバリ今を描いていると思います。特に、日本で言う団塊の世代以降の人達。生まれた時から情報やモノが溢れ、上の世代いが築き上げた思想や生き方を知らないうちに引き継いでしまってきてている私達。結果、精神は去勢されてしまい感情は消えうせ、生きている実感をなくしてしまう。あの映画の主人公は私達のことなんだと思いました。時代を反映しつつ、ヒップでスタイリッシュで、最高におもしろくて、文句のつけようがない最高傑作です。
★★★★
From: ごっつ(NO MAIL) 1月 5日(水)21時15分28秒
ちょっと独特な感じ、まあそれがいいのかも知れない。
★★★★★
From: BROS(MAIL) 1月 5日(水)21時11分11秒
この映画は「天才バカボン」なのだ。だから、どんなにとんでもなくても、これでいいのだ。
★★★★★
From: 101犬(NO MAIL) 1月 5日(水)11時22分29秒
この映画に星を4つ以上付けている人はヤバイ。この映画は評価よりも「共感」を求めている気がする。そう、そんな映画が観たかった。
★★★
From: ポチ(NO MAIL) 1月 5日(水)07時37分34秒
恐ろしい孤独を感じました。廃屋jに一人で住んで、意志の疎通のできないグループの人々、ラストのシーンも無人のビル。最後に女の子とみつめあうシーンで、それだけでも、救いになったような気がします。
★★★★
From: MRP(NO MAIL) 1月 4日(火)01時47分48秒
セブンほどでないけど衝撃的でした。でも面白かったです。ひょっとするともう一人の自分が楽しんでたのでしょうか?
★★
From: 金太郎(MAIL) 1月 4日(火)01時25分47秒
内容的なものが、昔何処かで見たような感じがしたブラピだから、見たという感じで、もし知らない俳優だったら、絶対見ない。台詞もそんな共感するものはないし、かえって気持ち悪くなった
★★★★
From: JAM(MAIL) 1月 3日(月)22時33分58秒
あまり期待していなかったので、予想外に面白かった。ただ、塚本晋也の「東京フィスト」に酷似していたのは気になった。しがないサラリーマンが肉体感覚を取り戻していき、恍惚の中で現実と幻想が錯綜していくストーリーといい、男二人女一人の男女関係といい・・・。特に、肉体感覚の獲得を自己破壊の中に求めるなどは、そのまんまなんですけど・・・。その上、エドワード・ノートンは塚本晋也にそっくりだ。パクった?
★★★★★
From: じゅん(MAIL) 1月 3日(月)21時31分17秒
最高でした。僕は大学で社会学を勉強しているので、あの作品はとても社会学的だなと思いました。自己の多面性や破壊の色々な暗示、素晴らしいですね。暴力による破壊・爆弾による破壊・みんなそれぞれ想うところがあるのではないでしょうか。
★★★
From: 蓬莱(NO MAIL) 1月 3日(月)20時03分07秒
映像的にはよかった、内容的にも面白い。迫力もあった、でも…
★★★★
From: たけし(NO MAIL) 1月 3日(月)19時57分41秒
これはエドワード・ノートンがメインの映画ですか?太った会社員の彼が最後には精悍な男性になってましたね。まてよ、たまに出て来るブラピが良いのかな?迫力あるシーンは彼ならではの魅力が出てました。見終わって今までの映画とはちょっと違った感じがありました。興奮でも無いし・・・感動でも無いし・・・爽快感でも無いし。ちょっとモヤモヤしてるのは、どこから2重人格になったのかが判らなかったからかな?!でも面白かったです。
★★★★
From: Lavender(NO MAIL) 1月 3日(月)19時40分45秒
エドワード・ノートンが上手いのか、ブラピが持ち味を発揮したのか、最後まで面白く見る事が出来た。
★★★★
From: 瑠璃(NO MAIL) 1月 3日(月)09時53分47秒
フィンチャーの作品には、セブンにもあったけど人間の肥満に対して風刺などではなく、露骨に嫌悪感を示す場面がある。特にセブンに出てくる凶悪犯がデ・についてしゃべっていたことなんかは、最高に笑えた。だれだって食事をしているときに隣にいたり、道を歩いていてすれ違えば感じることだ。まだ見てない人はすぐ見るべし。今度のファイトクラブではさらにエスカレートして、        女のデ・は最悪だと言っているように思う。ここだけは星5いや、10あげても足りないくらいだ。
★★
From: おおつか(NO MAIL) 1月 3日(月)08時20分25秒
石鹸の材料に太った人間の脂肪を使うというのは傑作。でも世の中には笑えない人もいるかも。
★★★
From: bonanza(NO MAIL) 1月 3日(月)01時36分13秒
「セブン」が大好きなので期待してたのですが、「ゲーム」と同じく期待はずれに終わりました。前半はシニカルで面白かったんですけどね。ノートンとブラピが二重人格といわれても、ブラピのルックスだからこそカリスマ性を帯びるのであって、ノートンの貧弱体型ではちと無理があるというものです。難点はそれだけではないですが、フィンチャーの映像センスが秀でている分、テーマの消化不良が際立ってしまいました。残念。
★★★★★
From: ぴんく(NO MAIL) 1月 3日(月)00時15分57秒
しびれた!!見終わった後、今までと世界が違って見えた。なんだか目が覚めたような気がした。それと、ラストシーンがとっても大好き。爆破で崩れ行くビルを見つめながら手を握り合うシーンは、とっても幻想的でうっとりしてしまう。本当の愛を手に入れることができた主人公に思わず感動。
★★★★★
From: moon(NO MAIL) 1月 2日(日)23時42分18秒
とにかく、気に入りました。観客に媚びていないのも良い。
★★★★★
From: YOU(NO MAIL) 1月 2日(日)00時33分14秒
ROM専門でしたが、満足度を上げるために★五つで投稿させていただきます。ストーリーも映像も最高でした。この映画を理解できる感性を持っていてよかったと思います。

【コメント 2ページ】 へ