グラディエーター

満 足 度
78.4%
回答者数211



★★★★
From: みかん(NO MAIL) 9月 14日(木)20時55分18秒
映像がちょっと残酷だったけど、ハラハラ感がずっとありたいくつを感じなかった。最期の天国へのドアが見えた時には涙でいっぱいの私でした。
★★★★★
From: さき(NO MAIL) 9月 11日(月)16時37分22秒
映像はすごくよかったと思います!はらはらしてばっかりで少し疲れたけど、見終わった時には久しぶりに満足感を感じました。
★★★★★
From: M(NO MAIL) 9月 11日(月)05時38分25秒
私には映像がちょっとキツかったけど、とってもいい映画だったと思います。ストーリーが悲しいけど感動を誘って○
★★★★★
From: としろー(NO MAIL) 9月 9日(土)11時47分19秒
絶対おすすめ。自分がこういう中世とかファンタジーを題材にした映画が好きなせいもあるけど(ウィローとかコナン ザ グレートとか)久々に大作が出てきた感じです。
★★★★
From: たけゆき(NO MAIL) 9月 8日(金)17時33分29秒
 かなりの大作!!しかし、私的には、最後をもうちょっと現実っぽくしてほしかった。
★★★★★
From: 未来志向(NO MAIL) 9月 7日(木)13時57分19秒
遅まきながらも映画館でこの作品を見ることができてラッキーだったと思います。「残酷すぎる」との批判もあるけれども、それに目を背けていたら心ならずも剣闘士として戦わざるを得ない状況にある主人公の辛さが理解しづらくなるのではないでしょうか。確かにちょっと疑問のシーン(毒蛇を放す所)も見受けられるのは確かです。王女とのキスシーンもひっかかったけど、これは危険を侵して逃亡の手引きをしてくれたことに対するお礼と自分に対して引きずっている彼女の想いを受け止めたものであって、奥さんに対する想いとは全くの別物だと解釈しました。(でも、完全版を作るとしたらカットして欲しい・・・)でも、冒頭の麦畑のシーンから涙が出そうになった私っておかしい?
★★★★★
From: もも(NO MAIL) 9月 5日(火)09時07分58秒
とにかくスケールが大きくって、興奮しました。結構残酷なシーンなのに、ゾクゾクさせられ、自分もコロッセオにいて競技を楽しんでいるようでした。これほどすっきりした映画も久しぶりです!ホアキンが死んじゃうとこも、ハリウッドらしくていいと思う。全体としていい仕上がり。
★★★★
From: とみ(NO MAIL) 9月 4日(月)16時12分10秒
あのベンハーをさくさくっとまとめた感じですがきれいにまとめてあって主人公の人柄もよくて満足でした。ただ映像がちょっと激しくて疲れたかな
★★★★★
From: TOMCAT(NO MAIL) 9月 3日(日)20時03分09秒
これは、おすすめですよねー。私も、今年今までのベストだと思います。最初の戦闘シーンも、迫力があって、良かったです。もち、中盤以降も時間の長さを感じさせない、スートーリー展開でしたよ、はい。
From: エルグ(MAIL) 9月 2日(土)02時17分38秒
あざとい英雄像。コロシアムでのザジ(?)の戦いのシーンは迫力があった。コモドスが舌をベロベロ出しながら涎をたらさんばかりに興奮していたが、私も同じ様に興奮していた。人間のゆがんだ面を見せつけられた。映画のテーマとして緊張感があったのはそこだけ。ブレードランナー(ディレクターズカット)の監督とは思えない。人間の存在を問い直す監督とは思えない。ブレードランナーもビデオ化する時にディレクターズカットを作っているが、グラディエーターも10年後に編集し直すつもりなんだろうか。リドリー・スコットもここまで悪口言われた事はないだろう。
★★★★★
From: あまね(NO MAIL) 9月 2日(土)01時12分02秒
本当に久しぶりにおもしろい映画を見れたっ!っていう感じでした。もう大満足。あんなに長い映画なのに、長さを感じないほど。これぞ映画。とにかく最高。
★★★★
From: ゆたお(NO MAIL) 9月 1日(金)03時57分17秒
 見てから結構時間経っているんであまり鮮明には覚えていませんが、とにかく面白かった。シンプルなストーリーと迫力ある映像。言うこと無いでしょ。最近ごちゃごちゃダラダラな作品多いですからねぇ。良く出来てると思いました。特に皇帝の描き方は好き。酒池肉林の何でもありじゃなくて常に民衆と議会を意識しているあたりは地味ながら新鮮でした、欠点はタイトルの悪さかなぁ。アメリカじゃあれでいいかもしれないけど、邦題はなんか考えたほうが良かったんじゃないんでしょうか。最初見に行こうと思わなかったもん。あと、なんかスケール感が小さい気がした。もっとドドーン、ババーンって感じが良かった。なんで小さく感じたんだろ。不思議だ。だれか同じように感じた方いらっしゃいましたら、意見ください。ぢゃ。
★★
From: 紅い胡椒(NO MAIL) 8月 31日(木)16時09分41秒
俺には良さが分かりませんでした。
★★★★
From: むさし(NO MAIL) 8月 31日(木)11時42分19秒
これぞ男って感じ!できれば大切な人と見たかった。戦闘シーンもすごくって迫力がありました。そしてラッセルクロウの男泣き!鼻水とよだれがでてるようにみえるのは私だけ?
★★★★
From: ほなみ(NO MAIL) 8月 28日(月)20時50分48秒
アメリカ映画らしからぬ主人公。こういう男、好きです!古代ものにしては残虐さもあまり感じなかったし。CGも、上手く使ってたと思います。ラッセル クロウ、いままでも結構観てきたんだけれど、今回はもう、最高でしたね。
★★★★★
From: るーさー(MAIL) 8月 26日(土)22時59分59秒
男でよかった♪ たまに出てくる美しすぎる風景と、どうでもいいようなすぎたない扉のようなものが印象に残る人間の性質とか映像もちゃんと考えて作ってあって最高の出来でした。
★★★★★
From: かなこ(NO MAIL) 8月 25日(金)23時41分08秒
こんな面白い映画観るのとってもひさしぶりだった。面白すぎたので、まだまだ観たい、終わってほしくないと思った。
★★★★★
From: kzp(NO MAIL) 8月 25日(金)23時00分06秒
この映画は男の映画で時代も男中心、そこに女がしゃしゃりでてくだくだ抜かすなといいたいかのような映画。まさに最高の映画でした。ローマ帝国万歳 ! ! !
★★★★★
From: 氷猫(MAIL) 8月 25日(金)18時29分03秒
冒頭のプライベート・ライアン並の戦闘シーンから、物語はコロシアムへの美学へと静かにシャープに移行する。家族を殺されたマキシマス(ラッシー)の嘆き、怨念の塊と化した男の一大復讐ドラマがはじまる。 ホアキン演じるコモドゥス皇帝は権力の鬼というより自己中毒した暴走族である。こういうヤツに権力をもたせるとキチガイに刃物というのか・・・姉への近親相姦的な愛も含めて、かなり現代的に描かれてるのがポイント高い。それに対するマキシマス(クロウ)は雷オヤジ、家族を愛し家族のために生きて、権力には拘泥しない理想の父親像ともみれる。 この作品の根底には、現代社会の家族の崩壊、伝統的価値観の崩壊という「生きた」伏線がある。現代の観客に迎えられたのは、「死んだ」歴史劇、鳴り物入りのスペクタクルに終わることなく、生々しい素材(現代人の祈りとか願望)を扱ったためだろう。 そしてこの映画はギリシャ悲劇に通ずる古典性も兼ね備えている。コロス(合唱隊=ハンス・ジマーの音楽)が歌い、役者たちは熱い怨念を舞台に叩きつける。ギリシャ悲劇は怨念のホームドラマであるが、「グラディエーター」もまた「お茶の間」感覚が、臨場感たっぷりのコロシアムに炸裂した一大エベントなのである。  〜ネタばれ〜 最後、戦いを終えて魂を救われ天国へ逝くクロウの顔は悲しくも美しい。家族と再会する幻想的な映像がこの作品に花を添えている。 傑作!
★★
From: メイプル(NO MAIL) 8月 25日(金)16時33分11秒
綾乃さんと同意見。映画はまぁまぁ面白かったけどラッセルクロウって、そんなにカッコ良く思えなかった。
★★★★★
From: とく(NO MAIL) 8月 24日(木)20時36分36秒
面白かった。話の展開のテンポがいい。主人公、皇帝、皇帝の姉、の3人の関係が「濃」過ぎる気がするが、それは枝葉末節な話。迫力ある戦闘シーン、主人公の静かだが熱い復讐心、皇帝の苦悩など、見所が多く、純粋に楽しめる。ハッピーエンドという訳ではないが、後味はいい。いい映画だ。
From: 綾乃(NO MAIL) 8月 24日(木)10時33分10秒
友達の誘いでもう一度行くハメになった・・・・・・・・面白く無さ加減が更に悪化していたやっぱりあの女の人はいらんファンの方ごめんなさい。ラッセル・クロウそんなに良くないです。
★★★★★
From: とりさんかめ(NO MAIL) 8月 23日(水)11時06分05秒
すげ〜よラッセルクロウ!しぶいねかっこいいね惚れちゃうね!!メグライアンと不倫してる場合じゃないよ。これからも渋い演技見せてよ〜。LAコンフィデンシャルの時はな〜んか田舎くさいおっさんやのうと思ったけど田舎くささに渋さが加わるとこんなに良くなるのね。とにかく!今年No.1なのよ!!
★★★★★
From: cat(NO MAIL) 8月 22日(火)15時16分10秒
勧善懲悪でない世界。久々に胸が熱くなる映画でした。
★★★★★
From: かずやん(MAIL) 8月 22日(火)12時42分08秒
映画史上最高作品では?といえるぐらい感動した!よかったところは、最初の合戦シーン、地方からローマの剣闘場への過程、ローマの剣闘場で仲間とともに戦うシーン、ラストシーン等とくに最後はかなり泣けました。映画館の上映は終わってしまったけど、DVDでたら絶対買うぞ〜!と思う今日この頃です。
★★★★
From: 相川 結(NO MAIL) 8月 19日(土)22時45分15秒
この映画で、ラッセルクロウの大ファンになりました!すごくかっこよかった!ついでに私の好きな俳優と女優の映画、紹介します。マイフレンドフォーエバー、パーフェクトワールド。見て下さいね。
★★★★★
From: 鉄人(NO MAIL) 8月 19日(土)12時09分12秒
この映画は男の感性で見ろ! !くだくだ評論抜かすな
★★★★
From: akeero(NO MAIL) 8月 18日(金)23時30分11秒
3点面白かった。 オープニングの戦闘シーン 3次元の戦場を体感できた。 特に火矢の攻撃はいい画になっていた。 コロッセウムの戦闘シーン スピード感がある。 ローマ市街のCG
★★★
From: パパイヤ(NO MAIL) 8月 15日(火)15時50分00秒
どーゆーわけか、「ブレイブハート」とかぶって見えた。映画の間、その事が頭をちらついてたけど、映像の迫力がこっちのが上だったので圧倒されて忘れた。でも終盤の展開にはがっかり。マキシマスが死んで、家族の元に帰っていけるために、無理やり二人を戦わせてつじつま合わせたみたいに思えた。もっと自然な展開が良かった。でもそれじゃ劇的にはなんないか。
★★★★
From: miya(NO MAIL) 8月 13日(日)12時40分43秒
なんか題材が大きいせいか、脚本の焦点が甘い気がしたけどど(人間関係の描写が未消化なのはちょっと・・・)、アクションはかっこいいし、静かな詩情があって、なかなかよかった。こんな長いのに一度も飽きないのもすごい。ところで、前の方でコオッセオでトラと戦ったりする事はなかった、とかありましたが、そんなことはないようです。コロッセオのショーは午前が猛獣闘士の野獣狩り、午後が剣闘士の戦い、というのが普通だったみたいですしね。あと、皇帝コモドゥスが剣闘士競技ファンで、自らアリーナで戦ってたのは事実です(サウスポーの剣士だったらしい)。剣闘士は卑賤の者がやるもんだから、バカ殿扱いだったらしいですが・・。あと、皇帝の姉がコモドゥスを暗殺しようと反乱を起こし鎮圧されたのも事実で、結構史実を意識した映画ですね。でも、皇帝は最後、風呂場で襲撃され果てたのが事実らしいんですが・・(しかしそれじゃ映画にならんな)。
★★★★
From: sho-ta(NO MAIL) 8月 9日(水)09時57分10秒
あまり期待していなかったんで、結構良かったです。単にエリザベスとかジャンヌダルクみたいな作りかと思っていたんで。戦闘シーンとかナカナカ楽しめました。5つ星にしなかったのは、キスシーンが必要無かった事と、依然恋人同士であったと言うのが想像つかない事。単なるこじ付けかなあ?なんて思ってしまったので。でも、観て損は無い映画だと思いました。
★★★★★
From: 二コラス(NO MAIL) 8月 8日(火)23時35分07秒
話はよくあると言えばよくある話なんだけどすっごい感動してしまった!とにかく始まりから終わりまでずっと画面から目がはなせなかった。ラッセルクロウがあんなにかっこいいとは思わなかった。ホアキンは気持が悪かったでもよかった。とにかく歌も役者もなにもかもよかった!!グラディエータ−最高!!
★★★★★
From: 翔夢(NO MAIL) 8月 7日(月)23時57分08秒
私の中では今年一番の映画だ。最近期待はずれの映画を見ることが多いからこれもどうしようかと思ってたけど。映画館で見てよかったと思える迫力の映像。ストーリーも予告だけでは決して読めないものだったので最後まで飽きることなく楽しめた。男臭いラッセル・クロウとナイーブなホアキン・フェニックスが良く生かされた映画だったと思う。素直に2人がかっこよかった。私はマキシマスが故郷に帰っていくモノクロのシーンが特に好きです。
★★★★★
From: 桑原 友香(MAIL) 8月 6日(日)00時20分12秒
奇抜なシーンが多かったけど十分楽しめた。展開が早いので飽きることはない。すごく劇的日常から離れた
★★★★
From: あゆみ(NO MAIL) 8月 5日(土)17時46分52秒
戦闘シーンや残酷シーンが多くて、あまり直視できなかったけれど、マキシマスの家族愛やラストの麦畑シーンが良かった。マキシマスが死ぬ場面に、天国(?)で家族に再会するシーンが交差的に出てきたので、悲しまずに「会えて良かったね〜」とホッと安堵出来たのが良かった。マキシマス(ラッセル・クロウ)がカッコ良く見えてしまうのは、脇役のおかげ(実力)かな?
★★★★★
From: Rachael(NO MAIL) 8月 5日(土)02時52分17秒
この映画の素晴らしさは、もう殆ど語り尽くされているようなので・・・とにかく、R.スコット、やってくれました!ところで、皇帝役の候補にジュード・ロウの名前も挙がっていたそうで・・・ホアキンも熱演だったけど、見たかったなあ、J.ロウの皇帝役!!
★★★
From: august(NO MAIL) 8月 5日(土)01時55分19秒
綾乃さんに同感です。あんまり期待し過ぎたのが良くなかったかも知れません。なんだか、コモダスのドラマの方がマキシマスのよりずっと興味深かったです。嘘臭くないからかな。「皇帝としてあるべき自分」が、じわじわと「愛されたい自分」に侵されて行き、ついに自ら死の舞台へと降りて行ってしまう。。。ホアキンの好演技も手伝って、いっそのことこっちをメインのドラマにすりゃいい、とまで思わされました。
★★★★★
From: こーへー(NO MAIL) 8月 4日(金)18時30分48秒
よい映画を見たな、と思いました。哀しくも力強い人間ドラマがとても良かった。もう一度見たいです。あと、映像の迫力と美しさも楽しめたと思います。
★★★★★
From: Sato(NO MAIL) 8月 4日(金)14時19分45秒
数人の方々がおっしゃる通り、男らしい映画だったと思います。でも私としてはこのての映画は大好きです。がっちりとした、力強い内容でした。
★★★★★
From: 黒猫(NO MAIL) 8月 3日(木)21時44分16秒
ラストですが、あれは私以外にも気付いてる人いますが、殆ど自殺ちゅーか、心中ですね。白い甲冑ですが、白ってあっちでも受難者、もしくは死に装束ですもの。私にはあの上昇シーンだけコモドゥスがまるで天使みたいに見えました。農夫といってもおそらく教養のある地主でしょう(小作人らしき人間もいたし。日本でも戦国時代はヒマな時は農民、非常時は武士ってパターンでした)。この映画は確かに熱い男のドラマでもありますが、同時に哀しい人間の業のドラマでもあります。
★★★★
From: tai(NO MAIL) 8月 3日(木)15時58分17秒
こういう時代の映画は、1度見ればどれも満足だがもう一度、みたいと思った映画です。ラッセル・クロウ演じる主人公は、生きる為・愛する家族の復讐の為に自分の全てを捨てて格好よかった。
★★★★
From: Yosh(NO MAIL) 8月 3日(木)15時50分06秒
なんとか間に合いました。どうしても劇場でみたかったので、終わらないかと心配でしたが。私の評価は★4つの「面白かった」です。戦闘シーンのコマわりがどうとか、中ダルミしてるとか言われてますが、ラッセルが男、男してて良かったと思います。ほれたはれたもいいけど、たまにはこういう硬派なのもいいなぁと、そういう意味ではやはりあのキスシーンはいただけないなぁ。監督なんでそんなことを?!って感じです。(私のNo.1って白い嵐なんですよ。)あと、コモドゥス役の弟くんには「ありがとう」ってとこですか。やはりいい脇があってのいい映画(って言ってしまっていいのか?)かな。
★★
From: 綾乃(NO MAIL) 8月 3日(木)13時45分54秒
昨日の付け足しあの無意味なキスシーンは、きっとどこからか圧力がかかったんでしょうね・・・。>らもんさん私も男の映画だと思います。だからこそあの女の人は浮きすぎで残念です。映画の感想なんてその人それぞれの主観なんだから、女、男の性別に拘るのは、あまりにも愚かな事だと思いますが。
★★★★★
From: Q(NO MAIL) 8月 3日(木)12時35分51秒
サイコーのひとことにつきる
★★★★★
From: みちのく(NO MAIL) 8月 3日(木)10時06分47秒
この映画はささいなことは問題にならないくらいスケールの大きい映画でした。特に戦闘シーンの迫力や古代ローマの再現、特に新しい皇帝がローマ入りするシーンは壮大な感じをうけました。やまり映画は映像による迫力が基本にあると実感しました。
★★★★★
From: らもん(NO MAIL) 8月 3日(木)09時56分04秒
この映画は理屈でなく感じるものだと思った。特にこれは男の映画だ。女にはその魅力はわからないだろう特にこの時代は男社会であり女は所詮かざりに過ぎない。
★★
From: ベッキー(MAIL) 8月 2日(水)22時48分17秒
エンターテイメントとしては面白いのでしょうが、脚本がひどくてお話になりません。大きな映画館で、大音響でとことん楽しめました。そこはさすがにドリームワークス。CGもすごかった。とにかく脚本、それからストーリー作りの粗さ、個人的にはダメです。「ブレイブハート」が10:1で勝ち。
★★
From: 綾乃(NO MAIL) 8月 2日(水)18時40分57秒
正直言ってあまり面白くなかった。かなり期待していったのだけど、奴隷になるエピソードはかなり無理があるし、戦闘シーンは格好良かったけど、途中から飽きてくるし、何故かジャンヌ・ダルクに似てるところが随所に見られたし・・・。そして・・・(ここからネタばれあります。)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・姫とマキシマスがキスするところ!あそこは全然解せない!何で奥さんが殺されてるのにそうなる?!と思わず突っ込んでしまいたくなりました。すごく無意味なシーンに思えた。しかも、マキシマスは農民で、姫(名前忘れた)は皇帝の娘なのに、どうやったら昔恋愛できたという事になるんだろう?ラッセルクロウの演技も、そんなに上手いとは思えなかった。特に奥さんが殺されて泣くシーン。いまいち絶望とかそういうのが伝わって来なかった。しかもそれぞれのキャラ(特に脇役)が、あんまり立っていなかったように思えた。ローマなのに姫はめちゃアングロサクソン系、しかもハリウッドハリウッドして浮きまくってるし。楽しめたのは始まりの戦闘のシーンくらい。あ、でもホアキンはなかなかよい感じだった。
★★★★★
From: カナ(NO MAIL) 8月 2日(水)15時57分18秒
最高!!!!!!見に行ったとき後ろでおばちゃんが旦那に映画の解説をしていたのが気になったけどそれを忘れるくらいよかった。最後のシーンで号泣しました。
★★★★
From: おりたか(NO MAIL) 8月 2日(水)14時41分19秒
ラッセル・クロウ、格好いいなぁ。それだけでも十分見る価値ありあり。ホアキンも上手いです。この映画で二人とも大好きになった。
★★★★★
From: アコ(NO MAIL) 8月 2日(水)01時53分17秒
すっごい感動!セリフとかもうとにかく感動!ラッセル・クロウがこんなにも格好良かったなんて・・いままで気づかず・・・。ホアキンはなんかイメージがかなり変わっちゃってちょっとザンネンだった。もっと格好良くなかったっけ?役がいけないのかなぁ
★★★★★
From: しにん(NO MAIL) 8月 2日(水)01時08分33秒
技術の発達で古代が現代のように感じられるのはすばらしい体験だった。
★★★★
From: 801(NO MAIL) 8月 1日(火)18時20分53秒
非常にすばらしい映画です。久しぶりに泣けました。しかし…最後の格闘は頂けん。なんであんたが自ら最強のグラディエーターと戦わんとあかんの?と突っ込みたくありませんでした?そりゃ負けるやろ。まさかこういうことにならんやろなという、まさにそのままのラストで…おしいなぁ。期待したフィナーレ(脱獄した将軍がローマ郊外のローマ軍4000人の指揮権を奪い、ローマ市内に進軍して皇帝の近衛兵との乱闘の末皇帝を血祭りに上げる)とは異なり、ちとしょぼいクライマックスだったのがマイナス1です。期待を裏切るのも悪い方に裏切られてはガッカリです。まあ、すばらしい全体的な内容全てをぶち壊すほどではなかったので星4つにしときまひょ。しかし、そんなに残酷な映画だった??
★★★★★
From: 映画男(NO MAIL) 8月 1日(火)08時29分05秒
戦闘シーンの迫力がすごかった。最初のシーンのカタパルトは、あの時代の最強兵器なのかな?あの発射した時の音がちょっとびっくりした。(^^; この映画で、ラッセル・クロウのファンになりました。
★★★★
From: 大森鎌介(NO MAIL) 8月 1日(火)08時26分19秒
戦闘シーンよりなにより、ラストの麦畑よ。あの映像とあのスコアだけで、金を払ったかいはあったぞ。どうしてあんな良い画がとれるのに、戦闘シーンではちゃちなCGとかセンス悪いコマ落としとか使うんだ?
★★★
From: fabian(NO MAIL) 7月 31日(月)22時27分26秒
一緒に観に行ったイタリア人によると、コロッセアム内で馬に乗ったりトラがでて(人以外のもの)戦うのは、「嘘やー」ということらしいです。マキシマスの男気と生血滴る戦いぶりにホレボレ。やっぱり皇帝はバカで臆病でないと存在価値がないんだなーと改めて思いました。ラッセル・クロウのあまりに深刻な顔(額?)振りには少しコケそうになりましたが、復讐にはこのくらいがいいのかも。
★★★★★
From: くらの(NO MAIL) 7月 31日(月)21時37分54秒
マキシマス、男の中の男、熱いぜこの映画にある熱い情熱、それ以外はささいなことに過ぎない。
★★★★★
From: めん(NO MAIL) 7月 31日(月)13時05分20秒
全ては時代が招いた悲劇としてこの映画の舞台の五賢帝時代を、自らの立場をも踏まえて客観した男マキシマス。その荘厳な運命に身を委ね、命を燃やした男の生き様に震えた。
★★
From: ゆう(NO MAIL) 7月 31日(月)10時17分13秒
ひたすら嫌われる若きローマ皇帝クン。なんかメッチャ可哀相やなあ。皇帝の器じゃないってところが、そもそも彼の悲劇なんだろうけどさ、えええい、皇帝、もうちっと実の息子をかまってやらんかい!よその子ォばっかと比べるから、積み木崩す(死語)んやで!アンタが見離すから、キレたんやないかい!ちゃんと父親らしいことをしてやってたら、もうちっとマシな男になったかもしれへんやんか。領土ばっか広げとらんと、息子に帝王学を自ら教えてやらんかい!
★★★★
From: katura(NO MAIL) 7月 31日(月)00時15分19秒
前評判を聞いて見に行ったのですが、本当に感動しました。残酷なシーンもあったかもしれませんがそれほどエグイ感じではなかったと思います。戦闘シーンで「これってプレステ?」って感じのぎこちない感じのCG映像もありましたがそれよりも何よりも、主人公のたったひとつの願いが叶った瞬間涙があふれて止まりませんでした。ラッセル・クロウは、はまり役ですよね。あの渋い声、たまりません。
★★
From: ごくう(NO MAIL) 7月 30日(日)19時10分52秒
前評判が高くて期待しすぎたせいかあんまりたのしめなかった。戦闘のシーンも初めはスゴイと思ったが、途中から飽きてしまい退屈だった。「ハンニバル」には期待したい。
★★★★
From: るな(NO MAIL) 7月 30日(日)05時34分59秒
戦いのシーンの効果音の生々しさに思わず「うっ、痛い!」と叫んでしまった。それにしても当時の社会制度の非情さ・・・人間はここまで残酷になれるのか?一昔前の20世紀フォックス的「英雄伝」とは一味違う人間味あふれる作品です。
★★★
From: grisgris(NO MAIL) 7月 29日(土)14時38分18秒
かなり血なまぐさい映画でした。でも、CGがふんだんに使われているので、飛び散る血や首がつくりものっぽくて、わたしが安心してみられる範囲内でよかった、よかった。ラッセル・クロウはまたまた“成りきって”くれて、ファンのひとりとしては嬉しい限りです。でも一番印象に残るシーンはと言えば、あの息子が父親に「愛の告白」をして殺してしまうシーンでしょうか。そのとき、一瞬「どこかで見たことがある」と思ったのですが、最近、その“どこか”を思いだしました。「ブレードランナー」の中で、レプリカントの一人が、彼の“生みの親”(造りの親?)を殺すシーンがあるのですが、そのシーンに似ている。最後に、リドリー・スコットさま。「ハンニバル」いい映画にしてくださいね。
★★★★★
From: ひろき(NO MAIL) 7月 29日(土)09時36分55秒
こんな凄い映画はじめてみた。もう5回ぐらい見に行きたい!
★★★
From: あけみ(NO MAIL) 7月 27日(木)15時42分05秒
ストーリーとキャスティングは好き。ラッセル渋いし、ホアキン愚かな役がとってもはまってて、うまいなー、と思ってしまった。CGはちょっとね・・・。
★★★
From: やまたん(NO MAIL) 7月 27日(木)14時48分19秒
感想はまあまあ、の一言です。映像の迫力に圧倒され、素直に楽しめましたが、傑作か?と聞かれたら僕は首を横に振ります。リドリーの次作品に期待したいです。
★★
From: ルル(NO MAIL) 7月 27日(木)12時50分16秒
まぁまぁ楽しめたんだけど英国で「グラディエーター」を見た直後に事件が起きたって聞いてショックでした...。たかが映画だけど、マネする人もいると思うと素直に喜べない。
★★★★★
From: hiroKi(NO MAIL) 7月 26日(水)20時39分18秒
 史劇スペクタルをうまく復活せた。違和感のないローマの壮大な風景。コマ抜きを使いプライベート・ライアンのような映像にして迫力を出したアクションシーン。単純ではあるが感動を呼ぶ英雄ストーリー。何をとっても一級品。
★★★
From: けんじ(NO MAIL) 7月 25日(火)16時00分43秒
まあまあというところ。格闘シーンにもろCGっていう撮り方はいただけない。ベンハーなど60年代の映画、いやもっといえばキートンなどをスラプスティックな映画を見習ってもらいたい。映画役者はみな身体を張って演技をしていたのだから。
★★★★
From: あきら(NO MAIL) 7月 24日(月)12時59分28秒
結構面白かった。ラッセルクロウがイイですね。ただ残酷・・・セットといい、アクションといい、あまり期待していなかったので十分楽しめました。
★★★★★
From: かずや(NO MAIL) 7月 24日(月)12時20分24秒
僕の映画人生で最高の作品です。こんなに心が震えた映画ははじめてです。同時上映されている「M:I2」が内容がなくてかなり情けなくなりました。来年のアカデミー賞はグラディェーター確実ではないかと思います。作品賞、監督賞、主演男優賞等とにかく凄い映画なのでまだ見ていない人は必見・必見・必見です。
★★★★
From: なっちゃん(NO MAIL) 7月 24日(月)01時43分52秒
しょっぱなの戦場から鳥肌たつかと思いました。剣闘シーンは期待を裏切らない迫力で最高!!男同士の厚い信頼関係っていうのがしびれます。ただ、やっぱりどうも展開の仕方に都合よさを感じてしまって・・・。もう少し説得力が欲しかったかな。ラッセル&ホアキンはハマリ役ですね。映画館で観てよかったと思います。
★★★★★
From: いの(NO MAIL) 7月 23日(日)02時00分43秒
すごい面白かったです。
★★★★★
From: Atsushi(NO MAIL) 7月 21日(金)16時59分31秒
かなり良かった。単なるスペクタクル映画ではないとは言われていたけど,本当にその通りだった。是非映画館で見るべき作品だと思う。スケールのでかさもすごいんだけど、自分的に感動したのはやはりラッセルクロウの名演。あのなんとも言えない哀愁漂う演技はすごい!!ただけちつけるんだったら、やはり脚本がありがち過ぎることだろう。始めから最後まで予想通りの展開だった。でもこれはこれでいいと思う。下手に先の読めない展開じゃなくて,ストレートに正義感に訴えかけて,見ているほうも応援したくなるな主人公。見た後もしばらく余韻に浸ってました。
★★★
From: NORI(NO MAIL) 7月 21日(金)16時34分20秒
リドリー・スコットは最近の作品がヒド過ぎるので、これでやっと70%位復活というとこでしょうか。何にしろ、今の時代にこの時代の映画を撮ることの意義はあると思う。でも、コロッセオのスケール感が全然感じられないのにはガッカリした。闘技場と1階の観客席の部分までは何分の1かのスケールでセットを組んだということだが、そのミニチュアスケールがまんまスクリーンから伝わってきてしまった。いくら上の階をCGで付け足してもねぇ・・・ラッセル・クロウはよかったけど、彼が33歳だかそこらかって信じられます?うーん、インサイダーの時といいおやじっぽい。
★★★★★
From: こっこつ(NO MAIL) 7月 20日(木)13時18分25秒
ローマ帝国の滅亡もみましたけど、グラディエーターのほうが千倍面白い!ずっと泣きっぱなしの三時間でした。歴史でローマ習ったところで、おおコロッセウムだ!とかおお自省録だ!とか友達と興奮しました(^^)
★★★★★
From: ss(NO MAIL) 7月 20日(木)00時16分19秒
↓なんかMIー2が「トムクルーズのプロモ」といわれてるのをパクってる人がいるよ(笑)ところでバイオレンスとか残虐シーンって言われてるのってどのシーン?そんなんあったっけ?俺的にはスパルタカスやベンハー(これはキリスト教万歳だが)のほうが好きだけど、最近こういう熱い映画がなかったんで評価したい。
★★★
From: (NO MAIL) 7月 19日(水)15時16分25秒
こ、これはラッセル君のプロモーションビデオ??と思わせる、いかにも「ハリウッド」なエンターティンメント映画。もう少しバイオレンスを減らしてドラマを増やして欲しかったのですが。でも個人的に時代劇が好きなので三ツ星〜
★★★★★
From: yyy(NO MAIL) 7月 19日(水)11時26分58秒
セットや衣装等といった表層的な面はいうまでもなくそれよりも、内容がすばらしい。人物のえがきかたが秀逸。愛に飢えた影のある皇帝コモドゥスの描写には脱帽。
★★
From: NFsis(NO MAIL) 7月 19日(水)04時04分16秒
セットや衣装、映像は素晴らしいけど(最初の戦闘シーンは除く。パッとしなかった)内容がいまいち。特に人物の描き方が中途半端。コモドゥスなんて後になるほどいい加減な書かれ方。後、「殺人ショーを観る5万人のローマ市民」の熱狂ってあんなもんじゃないと思う。サッカーだって、もっと盛り上がるんだぜ?
★★★★★
From: よっぷー(NO MAIL) 7月 18日(火)21時10分57秒
最高傑作。ラッセルクローが、かっこいい。げきじょうで見たほうが、絶対いい
★★★
From: namichi(NO MAIL) 7月 18日(火)19時26分56秒
さすがって感じのセットだし。ラッセル・クロウは思ってたよりかなり良かったし。すごいなーと思ったけど、それだけの映画だった。たぶん、もう、後は好みの問題なんでしょう。
★★★★★
From: ギャル麻(NO MAIL) 7月 16日(日)19時08分31秒
今まで見たリドリー・スコット監督の中で一番楽しかった確かに決闘者さんの言うとおりに「デゥエリスト」もよかったが、やっぱり今回の方がスケールのでかさラッセル・クロウのかっこよさの方が強かった気がする!とにかく、映画館で見ることをすすめることができるような映画!!
★★★★
From: Taka(NO MAIL) 7月 15日(土)19時01分22秒
最近のリドリー・スコット監督の作品の中では面白かった。剣闘士がラッセル・クロウじゃなかったら、ここまでの作品にはならなかったと思う。ラッセル・クロウがかっこよかった。
From: 決闘者(NO MAIL) 7月 14日(金)16時17分10秒
リドリー・スコットのデビュー作「デゥエリスト」の剣闘シーンの方がよっぽど秀逸である。金を潤沢に使えばいいってもんじゃないんだな、と思い知らされました。首がちょん切れなくても胴体が切り離されなくてもこんなに迫力があって臨場感がある映像が作れると自ら証明してるのは皮肉。あぁ、新進気鋭の映像作家だった頃が懐かしい。ただ残虐だけな似たような戦闘シーンを続けられて、飽きるのを通り越して最後は怒りが込み上げて来た。「正直言ってつまらなかった?」と問われれば「つまらなかった」と答えるしかない・・・。
★★★★★
From: kattun(NO MAIL) 7月 14日(金)01時23分02秒
映画館の大きなスクリーンで見て気持ちのよい映画だった。ラッセルクロウがしぶかった。
★★★★
From: いぐ(MAIL) 7月 13日(木)22時52分52秒
かなりかっこよかったな。ラッセル・クロウがあんなにしぶいなんて・・・人間いざとなったら強い。あの皇帝はいつみても顔色が悪い、性格の悪さが外にもでるとわ恐ろしい。スケールのでかさも感動をよぶな!
★★★★★
From: 黒沢(NO MAIL) 7月 12日(水)11時08分29秒
アクションやドラマ性も良い。細かな演出とかシーンもさすがリドリースコットという感じで、深く楽しめる。この掲示板で、アクション云々とかストーリー云々って苦言たれてる人達はブレードランナーも理解不能かもしれませんね。残念。 私はこれを見る前は「ベンハー」と比べてどうかなあと思ってたけど、途中でフェリーニの「サテリコン」を想起しました。ローマ末期の退廃(マルクス・アウレリウス帝なら全盛期だけど、全盛ってことはこれから落ちる一方なので、その兆しがなんとなく、剣闘に狂う人々とか全編に漂うホモっ気、皇帝の近親相姦的なものとかがなんともいえない虚無感をかもしだして)がうまくはさまってる。これがなければ単なるちゃんちゃんばらばら、お涙頂戴物語になるとこだったかも。
★★★★★
From: べべ(NO MAIL) 7月 12日(水)11時07分17秒
昔の二番煎じ的な映画かと思ったけど、手に汗握る感じでよかった。でも悪役のローマ皇帝があのリバー・フェニックスの弟だなんて、なんてにていないんだろう。
★★★★
From: ありえす(NO MAIL) 7月 11日(火)14時43分14秒
 お金がかかってるもんネ。物量にモノを言わせた迫力と細部に拘った画面は楽しめました。気品のある王女様役の女優さんのおかげで物語に入り込めましたね。あの王女様に魅力が無ければ、弟王が浮いてしまっただろうと思うので。
★★★
From: ゆゆ(NO MAIL) 7月 10日(月)10時28分36秒
観る前は「ラッセルクロウってなんか情けない顔ぉ」なんんて思ってたけど、観ているうちに引き込まれて、ラストには「あんたかっこいいよ」って(単純すぎ?)とにかく久しぶりに「面白かった!」映画です。冒頭の戦場のシーンでのCGはイマイチだったけど。なんかそこだけ浮いてるというか、「ちょっと待ってて」って突き放された感じがして、、。CG使わなくても良かったんじゃないかな?あと、ホアキン君の行く末が心配です。だって、レイリオッタに似てるんだもの。リバー ファンとしては、複雑な心境。
★★★★★
From: 氷猫(NO MAIL) 7月 8日(土)21時57分12秒
ドラマとしてみれば物足りない面はありますが、格闘の美学、コロシアムの叙事詩としてみれば最高です。現代の映像センテンスと、古代の生々しい情念とが、一種絶妙な形で溶け合ってる面が良かったです。映像が歌ってますよ。凄いですねーーー。最近歌ってる映像というのは、とんとお目にかかってないので、これはやっぱり傑作だと思う。
★★★★★
From: oka(NO MAIL) 7月 8日(土)05時45分58秒
インサイダーとは体型も役柄も180度転換した演技をしたラッセル クロウの魅了が全開でした。後半のストーリーやドラマの書き込み不足についてやや批判もあるようですが、マキシマスという人物がラッセル クロウという俳優によってスクリーンに命を与えてられ2時間30分を生き抜いた  私にとってはそれだけで十分でした。
★★★
From: 竜崎麗香(NO MAIL) 7月 7日(金)20時09分03秒
(やっと映画を見れる時間が持てたので、何を見ようか迷った挙句、ここでの評判が一番良かった作品を見に行きました。)私には訴えてくるものはなかったようです。のれませんでした。歴史を教えていた身には、次々登場する歴史上の有名人・壮大なローマの町並みはたまらなくよかったんです(あと、映像の美しさ。特に麦畑)。手に汗握って戦闘シーンも見てました。でも、胸にぐっと来る何かが足りなかった。最後に一応主人公が本懐を遂げてるのに、こんなにカタルシスがはかれなかった作品も珍しい。最後の30分は冗長な気がします。スケールの大きさ、俳優陣の熱演、映像・音楽に星3つ。
★★
From: ラッセル(NO MAIL) 7月 7日(金)16時32分33秒
「LA」以来、ラッセルクロウの魅力全開。だけど画面の切り替わり早すぎてすごいアクションかどうか分からねーっす。
★★★★★
From: まさおです(NO MAIL) 7月 6日(木)23時14分06秒
これはかなり楽しめた作品ですぞ!確かにストーリーは読めるましたが、それでも映像の美しさには参りました。現代っぽい映像が出てきましたが、それでも良い感じでした。今年見たなかでは、なかなかの作品です!!!
★★★★★
From: rr(NO MAIL) 7月 6日(木)23時02分32秒
映画館でみてよかったー。幸せ。やっぱり映画はこうでなくっちゃ!!!前でも後でもいいけど、本を読むのも良いかも。ちょうど、塩野七生の「ローマ人の物語」があるし。映画では表現できない、主人公達の頭の中をのぞけます。何度も脚本を変えたのは、そこにあるような気が・・・映像ではやっぱり、政治や戦略などは表現しにくいもんねー私はあれがベストだと思います。古代ローマの雰囲気を味わえただけで、ラッキーでした。
★★
From: fumi(MAIL) 7月 6日(木)20時19分26秒
期待が高すぎたのかなあ・・・。正直、納得いかない。この映画は、<今>を反映した映画だと思う。今、しか撮れない、というのか?残酷でもしっかり描写する暴力的なシーンや、追い立てられるような心理的な残酷さetc.でも反面、マキシマスの(そして他の人達の)<人間>の部分が、もう一つ描き切れていなかったのでは?折角あれだけ時間をかけた映画なのに、マキシマスが妻と息子を失い、生きる気力を失っていたのにどうして剣闘士として次々に勝利していく力があったのか、とか、説得力に欠ける気がしてならない。<スパルタカス>から40年、と銘打っていたけど、人間性を丁寧に描写したあの映画は超えられない。
★★★★★
From: ともりん(NO MAIL) 7月 6日(木)12時53分00秒
すっごい良かったよ!!戦闘シーン場面では何度も身震いがしてこんなに心動かされる映画は久しぶり。もう〜とにかく見て!頭悪いコメントでごめんなさい!でもそれくらい興奮してんのよ!!
★★★★★
From: maruko(NO MAIL) 7月 6日(木)12時29分37秒
オバカなリドリーさん。最高!!!一体幾らの投資をして、ムダにしてるんでしょう。こんな映画作れるのはもういない!とにかくアツイ!!!絶対見るべし。
★★★
From: BASARA(NO MAIL) 7月 6日(木)03時10分34秒
主人公が皇帝の姉とキスをするシーン、些細なことかもしれませんが、ものすごくひっかかりました。彼は何のためにグラディエータ−として生きてきたの?愛する家族を奪った皇帝への復讐のためでしょ?それは何より奥さん、息子を愛してるからでしょ?って感じでした。
★★★
From: ギッチョ(NO MAIL) 7月 5日(水)23時37分09秒
白い嵐、G.Iジェーンと気の抜けた映画を作ったリドリー・スコットが久々にいいのを作りましたね。カルタゴ再現のシーンを観たときその余りにもパワフルな演出に「これは今年のBEST5に入る!」と思っていました。しかし虎との戦いの後からの尻すぼみ具合が酷かったです、でも素晴らしい役者達のおかげでつまらないとは思わなかったけど。最後にあの女黒人兵士がかっこいいと思った。はっきりと見えなかったのが残念。
★★★★★
From: ケン(NO MAIL) 7月 4日(火)23時18分00秒
色々と深く考える事も出来そうですが、単純にコレだけパワーに溢れた映画も久しぶりで、とにかく爽快だった。ラッセル・クロウもハマリ役であったと思うし、ホアキンもやっと今後に繋がるような役をつかんだかな、と感じました。確かに、闘技場での「人が殺されるのがそんなに楽しいか!?」って問いかけには、ぐさっとくるものがあったと思うけど、やはりエンターテインメント、歴史大作として非常に良かったと思います。ところで、姉が皇帝に飲ませた粉薬はいったいなんなのでしょう?睡眠薬?後半部分、皇帝の顔色が徐々に悪くなっていっているのもそのせいなのかな?
★★★★★
From: あど(MAIL) 7月 3日(月)22時21分01秒
 この映画には、現在の映画の観客への痛烈な批判がこめられている、と考えたい。 より過激な暴力シーンを売りモノにしている作品が増えている。観客は、さらに興奮できる暴力シーンを求め、ますますエスカレートしていく。映画監督達は、そのような観客の欲求に応えるために、さらに刺激的に、迫力ある残虐なシーンを作らなくてはならなくなっている。 そうすることが興行成績、つまりおカネへとつながるからだ。 この映画で描かれた、闘技場で「殺せ!殺せ!」と叫んでいる愚かな群衆こそ、映画館で暴力シーンを喜ぶ観客の姿なのである。 そして映画の主人公達は、傷つきながらも観客の望む暴力をふるってみせる。そうでなければ、「慈悲」からか、憎い仇の命を奪うことを止めてみせる。そんな姿に喝采を送るのが、映画の観客=闘技場の群衆なのである。 この映画の暴力シーンに興奮して、ここで5つ星をつけているあなた方こそ、闘技場で熱狂し残虐な光景を求める群衆なのだ。 このような痛烈な批判と解釈できる映画を作ってくれたことに感謝して5つ星!
★★★
From: ルビスコ(NO MAIL) 7月 3日(月)08時59分22秒
堂々としたキャラクタの演出、CGとのデジタル合成による豪華な絵など見事な出来映えと言いたいところですが直球勝負のストーりーにどうしても乗りきれなかったので星3つで勘弁してください。「ローマの栄光のため」、「先帝の恩を忘れたか」、「家族愛」とかいうのは20世紀の最後の年に生きるひねくれものの私にはちょっとつらい。ただ、悪者役の新皇帝の苦悩が丁寧に描かれていたのが、凡作ではない感じはして良かったです。あと、邪悪な「皇帝」、小賢しい「元老院」、実直で物語の主人公たる「騎士」というのはルーカスの「スターウォーズ」と全く同じ枠組みだということに、いまさらながら気付きました。西欧の人はこういうローマ帝国のフレームで世の中を眺めたいんですかねえ。
★★
From: ちよ(NO MAIL) 7月 2日(日)17時37分52秒
期待が大きかっただけにという感じ。総じて面白かったとは思う。コロシアムの雰囲気はよかったが、若干CGの難が感じられたのが残念。しかしなかなかの迫力。展開・ストーリに今一歩どきどきするというか、わくわくするというか、そういったものがなかった。若干雑な感じもあり。
★★★★
From: サック(NO MAIL) 7月 2日(日)15時03分42秒
このドラマの登場人物の中には幸福な人間は誰一人としていない。時代背景が混沌としていて、皇帝でさえ満たされてはいない。まさに全体が悲しみで覆われていた。ラッセル・クロウの目にはいつも悲しみが宿り、会えない家族のことを思う時だけ唯一光が射していたように思える。私はこの映画は家族愛をテーマにしたものだったように思う。マキシマスとその仲間の黒人奴隷が家族について語り合うシーンは心に残った。「もうじき会えるさ・・・」。その言葉の意味は重く、あまりにもむなしい。愛する家族に会えずに自ら死ぬまで続けなければならない殺し合い。それを見て狂喜乱舞するのは同じく家族を持っているであろう大衆である。皇帝コモドゥスは結局親であるアウレリウス帝の愛も得られず、まるで恋人の様に慕う姉にさえ裏切られる。コモドゥスが最終的に得たかったのは、権力の座ではなく、家族の愛だったのだと思える。復讐を遂げ、家族の元へ召されるであろうマキシマスはもちろんだが、自殺行為ともいえるマキシマスとの最後の戦いで自ら殺した愛する父の元へ向かうしかなかったコモドゥスの存在そのものが一番の悲劇であった。
★★★★
From: kumago(NO MAIL) 7月 2日(日)12時20分33秒
エンターテイメントとして、まさに傑出した作品です。戦闘シーンは「プライベートライアン」で習得したノウハウをすべてつぎ込んだリアリティーさです。ただし、歴史的な整合性は期待できません。(だって、そんなもの作りようがないし、もし作ったとしても現代人からすれば野蛮人ストーリーにしか見えないでしょう)これは、まさしく現代の内容をローマ時代に設定したものですから。現に、主人公は家族を大切にし(アメリカではとても大切なテーマ)、優しい、あまりにも優しいその笑顔は戦士のものではなく、現代女性に訴える「現代版いい男」の具現化したものに他なりません。人を殺し続ける人間の、その精神に変調を来たさないとしたら、彼は狂人でしかないはず。まさにハンニバル状態でしょう。(だって、殺される人間にも愛する家族はあるはず)最後に主人公は死んでしまいます。ヒーローをいかに描くか。これは現代の雰囲気を反映しているのではないでしょうか。スーパーマンは決して死なないし、ベンハーもしかり。でも現代では死んでしまう。それが現実だとしたら、世の中から正義が衰退していることを表しているのでは?いずれにせよ、このエンターテイメントとしての娯楽性はまさに圧巻!
★★★★★
From: 両論なし(NO MAIL) 7月 1日(土)20時02分56秒
スーパーにいけば切りそろえられた肉がきれいにならんでいる現代人は元来どうやって先祖が食料を求めて戦ってきたかすっかり忘れてしまい、この映画のように本来の姿を見ると残虐というまで感覚が鈍化してしまっている。この残虐という表層的な言葉を使う人間はすっかり今の社会の慣例化した一連の屠殺行為に慣れきってしまっているのだろう。この映画での戦いのシーンは本来の人間の姿を表現している素晴らしいシーンだ。
★★★★
From: けいすけ(NO MAIL) 7月 1日(土)19時33分09秒
 ローマ帝国とか歴史が好きだし(最近の興味の中心は中国史ですけど)、一剣闘士が強大なローマ皇帝にどうやって立ち向かっていくか興味があったので、行ってきました! 一剣闘士がローマ皇帝に立ち向かうという、ともすれば荒唐無稽な、いや無謀にも思えるストーリーにも説得力があったし、最初の戦争シーン、コロシアムでの模擬戦、ラストの決闘など山場が多く、かなりよかったです!! 特に後半、マキシマスが皇帝暗殺を決意するところから非常にスリリングで、スクリーンに釘づけ状態でした。特に特に、彼と皇帝の一騎討ちでは、マキシマスが負けるんじゃないかと、ハラハラドキドキしっぱなし。ラスト、マキシマスはあれで幸せだったんじゃなかろうか。戦友達に送られるシーンでは、胸が熱くなりましたね。 ルッシラ(皇帝コモドゥスの姉)の娘は可愛いなあ〜、と思っていたら、実は息子。やばいかなあ、俺って。 相当良かったんですけど、「トイストーリー2」の方が全編通して楽しめた気がするので、比較して☆4つ。でも5つに近い4つです。
★★★★★
From: 山川大地(NO MAIL) 7月 1日(土)00時10分49秒
 誰からも愛されなかった男と誰からも愛されなかった男の対決。二人のキャラクターに感情移入してしまい、最後は目頭が熱くなった。 ディープなドラマだった。
★★★
From: まなぶ(NO MAIL) 6月 30日(金)23時23分44秒
この掲示板を見て期待して見たのですが・・・・・、上映時間が三時間位に感じたので多分それほど物語のなかに入っていけなかったからでしょうか?後半ダルかった。二時間前後にまとめた方がよかったような。あとこれは評価の対象にしていませんが、見た環境が真ん中あたりで見ても視界ギリギリ位のデカいスクリーンの映画館だったので戦闘シーンでの短いショットでブレるカメラワークはどうなっているのかサッパリ解らず目が辛かった。でもラッセルクロウはカッコイイしホアキンフェニックスもすごい良かった。
From: 賛否両論(NO MAIL) 6月 30日(金)23時15分13秒
古代ローマ文化やローマ史劇に関心があるので、観てきました。たぶん、もう観ないと思います。映画は娯楽ですから、個々で楽しく観ればいいです。でも、私は楽しめませんでした。剣闘シーンのあまりの残酷さには辟易しました。冒頭の悲惨な戦闘シーンも冗長でした。格闘映画としては、優れた作品となるのでしょうが、人間ドラマとしては、とても表層的に感じます。撮影等々が素晴らしいだけに、残念でした。
★★★★★
From: 問わず語り(NO MAIL) 6月 29日(木)19時18分26秒
待ってました!のリドリー・スコット!。絵良し、本良し、役者良しの、久々の充足感。ホントに面白かったです。めっきりビデオ・サイズの映画ばかりが主流の昨今、劇場に行った甲斐がありましたね。何より特筆すべきはキャスティング。主役ラッセル・クロウは言わずもがなですが、脇役陣もまた実に良い!。とりわけ、リチャード・ハリス、オリバー・リードの二人の存在感たるや!。やっぱり本物は違うって感じの巧さがありますね。オリバー・リードは本作が遺作とは、なんとも残念。彼のように、視線で殺せる、そんな役者はもう現れないのでしょうか・・。
★★★★
From: ぴっける(NO MAIL) 6月 29日(木)18時10分06秒
まっすぐな映画です。すごーくまっすぐ。でも、結構面白かったし、熱かった。コロシウムでの最初の戦いは興奮しっぱなしでした。冒頭の戦闘シーンもカメラを引いたようなような感じで全景を見せるシーンは圧巻モノ!でもね、終わり方だけちょいと納得いかないので星は1つマイナス。っていうか終わり方だけはドリームワークスって感じでした。それだけが残念です。でも面白い映画です。
★★★
From: TT(NO MAIL) 6月 28日(水)23時19分33秒
確かにラッセル・クロウはカッコいいし、白兵戦のシーンはスゴイ迫力!でも、同じようなエピソード(特に剣闘士になってから)が多く、ちょっと中だるみしちゃった感じがしました。ラッセル・クロウにもいまひとつ感情移入できない感じが…。(悪者の皇帝の孤独感になんとなく同情って気も…)リベンジものなら『ブレイブハート』みたいな感じにスッキリと締めくくってほしかったなぁ。リドリー・スコットは永遠に敬愛しちゃってるんですが…。
★★★★★
From: さらん(NO MAIL) 6月 28日(水)21時08分35秒
今までにこれほどまで古代ローマの雰囲気を再現した映画はあったのだろうか。ここでは史実などを重視しなくてもこの映画自体が史実の雰囲気を再現している。これこそ映画の持ち味だ。配役の俳優もぴたりとはまっている。これがただの筋肉マン俳優だと全く違う映画になるでしょう。さらに皇帝の姉役でこの映画唯一の女優がいなければさらに違う映画になっていたでしょう。はじめの戦闘シーンは古代ローマの戦闘シーンを如実に再現しており、いままでのどの戦闘シーンにはなかった雰囲気を作っている。学校での教材にもなりうると思う。残虐さはこの時代の蛮行さを伝えるのになくてはならないものだとおもう。度迫力と感じるのは静と動があってこそ感じるもの。動だけでは誰も迫力さを感じないでしょう。これこそ映画だ。とココ数年の映画ではじめて思いました。
★★★★
From: kkoba(NO MAIL) 6月 28日(水)15時46分51秒
久しぶりに「男らしさ」を売りにした映画で、完成された作品を見た気がする。ラッセルクロウはかっこよかったが、「L.A.コンフィデンシャル」のfreshなイメージが急速に貫禄の演技にかわってしまったことが、感心する反面、やや心配。このままだと近いうちに燃え尽きてしまわないか?じっくり成長していって欲しい役者です。星一つマイナスは前半の戦闘以外の部分の説明力不足の分です。
★★★★
From: sii(NO MAIL) 6月 28日(水)15時17分20秒
ラッセル・クロウがなかなかの演技でずっと見てたらダンディズムに見えてきた!内容も飽きずに楽しめた。戦いのところはエグイとこがあったけど、女の人をどうにかするような残虐さがなかったのでよかった。
★★★★★
From: まるこ(NO MAIL) 6月 28日(水)14時10分47秒
この戦闘シーンは勃起もんの興奮でした。特にコロシアムでの戦いを終えて仲間の剣闘士と引き下がるときに周りの人間にマキシマスマキシマスと連呼されているところは鳥肌がたちました。
★★★★★
From: あゆみ(NO MAIL) 6月 28日(水)11時05分49秒
あまりにも圧倒されすぎて途中でうめき声を上げてしまった・・。こんなに心を動かされ、えぐられるような映画は久しぶりです。まったく飽きなかったです。皇帝をただの独裁者にしないで、シスコンで思慮浅くてカリスマ性がまったく無い、でも決して悪い奴じゃなくしたのが、この映画をただの勧善懲悪アクション映画にしなかった勝因ではないでしょうか?なにはともあれ、とにかく良かった。最高です。皇帝って川平慈英にそっくりですよね。「マキシマス殺しちゃってい〜んですか、い〜んです!」
★★★
From: TOTO(NO MAIL) 6月 28日(水)09時54分52秒
何か最後の方に、蛇を誰かのベッドに忍ばせるシーンがありましたが、あれは何?だって誰も死んでないですよね。(てっきり、お姉さんのベッドかと思ってたけど。)単なる編集ミスとしか思えん!!もしそうだとしたら、ショボすぎる!!
★★★
From: temma@p1.tcnet.ne.jp(NO MAIL) 6月 28日(水)02時03分08秒
いやー、マイッタ。剣闘シーンのド迫力の面白さと、そうでないシーンのあまりのつまらなさの落差に、退屈で退屈で眠くなるやらパッチリ目が覚めて身を乗り出すやらでそれがまた、交互に襲ってくるものですから、ある意味貴重な体験をしました。しかし、ここまで史実を無視した映画も珍しいのではないでしょうか?これならいっそのこと、なで肩でチビのラッセル・クロウやジョン・ベルーシそっくりのホアキン・フェニックスなんぞ使わずシュワちゃんとスタちゃん主演で作った方が良かったのではないですか。(役はどっちがどっちでも良いです。)当然、皇帝の姉役なんざあ、無用です。(「ローマ帝国の滅亡」で同じ役だったソフィア・ローレンに似ているから今回の女優さんを起用したそうですが、どこが似とるんじゃ。)星三つは「まあまあ」と言う意味ではなく、都合三回あった「剣闘シーン」にそれぞれ星一つという意味です。オープニングの「戦闘シーン」は「プライベート・ライアン」の影響がミエミエで、あまり買いません。リドリー・スコット監督と聞いて「デュエリスト」の男騒ぎのノリを期待していたのですが、将軍も皇帝も女々しくて嫌い。どちらが善で、どちらが悪と、ハリウッド的に区別せず只復讐に、只覇権に、邁進して欲しかった。
★★★
From: スナフキン(MAIL) 6月 27日(火)23時57分42秒
うーん。ほとんどの皆さまが誉めまくってるのに★3つとは気が引けるんだけど…。確かに、冒頭の戦闘シーンには驚いた! 生身の戦争ってこういうものに近いだろうとも思ったし。時代設定も衣装も、最近の映画では新鮮でした。けれど、私はこの映画を思い出す時浮かぶのは残虐なシーンばかり。私の好みから言うと、もっと心理的なものが欲しくって。気持ちがダイレクトに伝わってハッとするところもなかったし…。残虐なのがキライなのです、きっと。ただ、主人公が死んだ後家族に再び会える最後のシーンは唯一好きでした。
★★★★
From: まさ坊(NO MAIL) 6月 27日(火)22時00分47秒
ひさしびりに、面白かった。はじめの、戦闘シーンも、えぐかったけど、なんだか、回想シーンっていうか、夢の、出来事のようで、ドキドキした。もちろんラッセルクロウは、かっこよかった。彼の、渋い声がいい・・・・彼を、みるだけでもいいかも・・・・
★★★★★
From: AKIRA(NO MAIL) 6月 27日(火)21時32分49秒
この時代に自分が生きたら彼と同じ行動をとれるだろうか、、男の美学を地でいく作品でした。
★★★★★
From: JUN(NO MAIL) 6月 27日(火)21時27分41秒
この映画はローマの実際のコロッセオ(コロシアム)を見てその壮大なスケールをイメージしてから見ると感動や共感が何倍にも感じられる作品でしょう。今がいかに平和で守られている時代か自分の心に突き刺さるくらいのいい映画でした。
★★★★★
From: 突貫小僧(NO MAIL) 6月 27日(火)14時04分54秒
久しぶりにご馳走を食べさせてもらった、といった感じてしょうか。流石リドリースコット!とにかく力強さを感じるし男の描き方ってもんを知っている!!もう一回観に行きます。
★★★★★
From: マイケル・シューマッハ(NO MAIL) 6月 27日(火)13時12分45秒
見応えのある作品で、大満足!古代ヨーロッパの生死感を考えさせられました。個々の場面で、ストーリーがどっちへ展開していくのかドキドキすることしばしば。
★★★★
From: ラフレシア(MAIL) 6月 27日(火)09時29分11秒
娯楽大作・・・観ていて集中力は途切れませんでした。残虐シーンの多用はそれなりに意図があってそうですがさすがに嘘臭いです。
★★★★★
From: Riddela(NO MAIL) 6月 26日(月)21時31分00秒
 最高である。 格闘(格闘技でなく)好きにはたまらんのである。 主人公が登場した時から問答無用で強く、正面からなら誰にも負けんとわかっているのがいいのである。 コスチューム・プレイ(コスプレと略すと別の何か)は歴史の芳醇さを感じさせ、美意識への刺激になるので脳が喜ぶのである。 そしてお久しぶり〜!我が愛しのリチャード・ハリス様〜(いいほうの皇帝役です)!相変わらずひらひらの服や真っ青のマントなんかお召しになって、ナルシズム全開ぶりは健在! ラッセル・クロウは彼の若いころに似てます。確認したい方は、ビデオ屋で「キャメロット」などを参照してみて下さい。
★★★★★
From: あきぽん(NO MAIL) 6月 26日(月)20時30分13秒
何も非難するところがない!ほんと面白いし、感動した。ラッセル・クロウは「LAコンフィデンシャル」でお初にお目にかかったとき、存在感がある人だと思った。演技もピカイチだし、その他の役者も役にぴったりだし、コロシアム(CG入ってる?)での戦いも緊迫感あふれる映像だったし、すべてにパーフェクトでした。ひさしぶりにこんないい映画見たかんじです。この映画を「物足りない」って人がいるなんて信じられん。
★★★★★
From: まいく(NO MAIL) 6月 26日(月)19時29分46秒
男らしいぜ!!!あらゆる意味で。
★★★★★
From: ゆうちゃん(NO MAIL) 6月 26日(月)19時22分57秒
皆さんが★5個つけているように、ぼくもかなり良い映画だと思った。迫力がある、とは前から耳にしていたけれど、たしかにすごかったですね。しかし映像がすごくきれかった!ぼーっと見てても飽きませんよ、きっと。名前も本当に存在していた人達がいて、世界史勉強してて良かったと感じましたね。とりあえず楽しめた映画だとおもいます!ところでマキシマスの子供の役していた子が、「ライフ・イズ・ビューティフル」の子に似ていたのですが、だれか知りませんか?
★★★★★
From: 剣闘士(NO MAIL) 6月 26日(月)18時31分58秒
感動して何もいうことありません
★★★★★
From: ドラゴン太郎(NO MAIL) 6月 26日(月)17時50分40秒
(久々の映画館だったんで、評価は甘いッス。)最っ高! これこそ歴史ロマンって感じでした。戦闘シーン、CGのコロシアムにゾクゾクし、ラストにジーンときちゃいました。ストーリーは単純だけどこれで充分。ごちゃごちゃして「梟の城」みたいになっちゃったらいやだし……CGに否定的な人もいるみたいだけど、この映画はCGがなければできなかったと思います
★★★
From: すずまき(NO MAIL) 6月 26日(月)13時52分50秒
1番、楽しんだのって殺し合いのシーンだったので自分の残酷さにびっくり。ストーリーよりも戦闘シーンとかがすごいなあって感じる映画でした。
★★★
From: speakeasy(NO MAIL) 6月 26日(月)10時42分54秒
普段は辛口批評なNews Week等のメディアもこぞって絶賛しているし、好きなジャンルの映画でもあるので相当に期待してしまった・・・。ただ、このサイトでも高評価がほとんどだけど何人かの方々のネガティブなコメントが気にはなってたのだけど・・・。結果から言えば期待外れ。「マッドマックス」や「燃えよドラゴン」や「七人の侍」や「北斗の拳」等の男騒ぎのする映画・劇画のような興奮は味わえなかったです・・・。ただ、古代ローマの街をCGで再現してくれたのは良かった。私はこの映画のCGの使い方は正しいと思います。音響も素晴らしい。劇場で観るべき映画なのは確かです。(CGを使えば近い将来に「三国志」や「項羽と劉邦」なんかの中国史劇も映像化できるのかも、と期待してしまった。←のエピソードの数々の方がずっと痺れるし感動的だし壮大です。) 気に入ってる方にはごめんなさい。
★★★★
From: イオン(NO MAIL) 6月 26日(月)08時45分10秒
歴史物(史実ではないが)にしては面白かったと思う。りドリー・スコットさすがと言った感じ。やっぱり映画は監督で見ないと駄目だね。
★★★★★
From: 志方勝滝(MAIL) 6月 26日(月)08時42分12秒
正しい金の使い方をしている。ちょっと都合よすぎる展開もあるが、それを感じさせないパワーがある。堂々たる娯楽大作でしょう。絶対映画館で観るべき映画。
★★★★
From: SEI(NO MAIL) 6月 24日(土)22時14分28秒
ラッセルクロウ最高!!あの、みごとなまでのボディでクールに男を貫くマキシマムほんとによかった!!戦闘シーンも超ド迫力で思わず口が開いてしまった。残酷なシーンはみごとにたくさんあったけど、それだけに涙もそそられた。男の中の男が愛する人のために流す涙は、ほんとに美しかった・・・。感動しました。
★★★★★
From: 武者小路実篤(NO MAIL) 6月 24日(土)19時19分31秒
僕はこの映画でマキシマスと一緒に闘っていた。いや、僕は、というよりこの映画を見た人はみんなそうなのではないだろうか。こんなに映画の中まで楽しめる映画なんて、そうはない。ストーリーが陳腐?いいんです、それで。だって王道って言葉があるじゃないですか。
★★★★★
From: 映画命のメーラー(NO MAIL) 6月 24日(土)19時01分23秒
 「アメリカン・ビューティー」以来の投稿です。さて「グラディエーター」の感想ですが、”残酷”、”むごい”一方で”迫力満点”、”かっこいい”でした。 これはホント映画館で観ないとダメです。ラッセル・クロウがもうむっちゃかっこええ。コロシアムでのバトルシーンは、すごかった。評判通りでした。こんな事は滅多にありません!! 「小学生には見せるな」と何方か述べてましたが、観た方がいいと思いますよ。歴史は殺戮の繰り返しですもの。人が無闇に殺される虚しさ、愚かさなどいろいろと学ぶ事があるのではないでしょうか。 ああ、それにしてもすごかった。ただ一つ欠点は、皇帝が、案外すんなり倒される所でしょう。 この映画は今年のベスト3に入り込むに間違いない。
★★★★★
From: よしこ(NO MAIL) 6月 23日(金)10時53分52秒
久しぶりにやっとやっとや〜っっっと!心から満足できる映画に出会えた!ああ・・・めちゃくちゃよかった〜!ここでの評判がかなりよかったから期待して観に行ったけどもう!最高!!期待以上によかった!!絶対にもう一回観ようと思う。残酷なシーンは多かったけどそれは中世モノにはつきものやし衣装とかがめちゃくちゃかっこよかった。CGをたくさん使っているけどあんまりそれを感じさせなかったし役者さんもみんな素敵♪個人的には妖しいホワキンフェニックスがよかった。ラストは切なくてめちゃくちゃ感動した。すばらしい!!こういういい映画に出会えると映画が趣味で本当によかったって思える。
★★★★★
From: 四十郎(MAIL) 6月 22日(木)23時13分53秒
まるで古代ローマにそのまま放り込まれたような臨場感と素晴らしい戦闘シーン。権力闘争の背後に潜む愛憎に焦点を当てたドラマ構成。復讐の裏にある家族に対する深い愛情と古代ローマの質実剛健な武人の良心。そうしたもの全てが渾然一体となって壮大でエモーショナルなシンフォニーを奏でており、久々に映画館でこそ見るべき映画に巡り合えた幸福感に包まれている。ただ欲を言えば、(これは「ジャンヌダルク」でも感じたことだが)幻想的な映像の所で、CGや雲の流れの早撮り等、少し今風な合成映像を多用しすぎているのではないか。シャッター速度の切り替えによるリアルな戦闘シーンは直近では、「プライベートライアン」で試みられたものだし、最後の「故郷」に舞い戻るシーンもタルコフスキーの「ノスタルジア」のラストシーンを彷彿とさせる。しかしいずれもリドリースコットの美的センスにより独特な味付けと磨きがかけられており、全体の完成度は高い。雪が降りしきり白く煙る森の中で、無数の炎が矢となって空を舞うシーンは美しすぎて身震いがした。ラッセルクロウも良かった。そして最後のシーンではカタルシスと暖かい感情の塊がこみあげてきた。「単純な、善良な、純粋な、品位のある、飾り気の無い人間。正義の友であり、神を敬い、好意に満ち、愛情に富み、自己の義務を雄々しく行う人間。そういう人間に自己を保て。」(「自省録第5章 30」)1900年前 マルクスアウレリウスが自分自身に戒めた言葉だが、描かれたマキシマスはまさにこうした人間として描かれており、彼の心の中には実在した歴史の真実である。彼はまたこうも言っている。「死んだものは宇宙の外へは落ちはしない。ここに留まるとすれば、更にここで変化し、分解しその固有の元素に還る。それは宇宙の元素であり、また君の元素でもある。さらにこれらもまた変化し、ぶつぶつ呟きはしない。(第8章18)」ラストシーンでマキシマスの還った故郷は 元素に還元され 美しく豊かで満ちたりた魂に再構成された自然ではなかったろうか。私にとっては、今年最高の一本だった。
★★★★
From: Miko(NO MAIL) 6月 22日(木)20時20分59秒
残酷なシーンも多かったけど、ラッセル・クロウ、素敵でした。。表情がすごくよかったし。皇帝の姉の毅然とした表情も、なかなか感情移入しやすくてよかったと思う。しかし、あのコロシアムはでかかったんですねえ。
★★★
From: マリボー(NO MAIL) 6月 22日(木)15時18分53秒
(すみません、思い出したんで追加です)マルクス・アウレリウス皇帝、死んでるシーンで息しとったぞ!1カットだけならまだしも、次のカットでも相変わらずお腹が上下していた…ダメじゃん!!!監督〜しっかりして下さいよ〜。ゆえに星一つ減点。
★★★★
From: マリボー(NO MAIL) 6月 22日(木)13時10分33秒
よくぞ作った、あのコロシアム!ローマ観光で遺跡を見たことのある者としては、在りし日のピッカピカな姿を見られてもう感激の一言。剣闘技シーンより価値ありました。あと古代ローマの街の全景。スペインの片田舎の乾いた街と闘技場。素晴らしい。とにかく美術に脱帽です。ラストの家族と故郷の映像は、やっぱ必要でしょう。やっと逢えたんだねマキシマス、という一種の救いになるから。
★★
From: ルリコ(NO MAIL) 6月 22日(木)11時04分54秒
確かに面白かった。アクションシーンも爽快なのかも。でも、残酷なシーンを見て喜ぶ気にはなれないです。皇帝の劣等感や、姉とマキシマスの関係などストーリー的には全然ダメだったと思う。
★★★★★
From: 無頼君(NO MAIL) 6月 22日(木)10時06分30秒
久しぶりのアクションを見た!!って感じでよかった。しかしマキシマスの子供が馬にひかれるのはさすがにちょっとびっくりしたぞ。でもCGをうまいところに使ってるかんじだったね〜。
★★★★★
From: ブリキ(NO MAIL) 6月 22日(木)08時16分00秒
 素晴らしい映画。これほど夢中になったのはいつ以来だろうか、思い出せないくらい。個々の人間がよく描けているからアクションにもより一層の激しい高揚感をもたらしている。 リドリー・スコット監督の全ての作品に言えることだが、映像派と言われながらもストーリーを簡素にすることによってテーマをしっかりと描く。相当な力量がないと出来ないことだ(日本映画と全く逆ね)。 ストーリーが単純でつまらない…、という意見が否定派の中に見られたが、物語単純=つまらない、は感想としてポイントがズレていると思う。つまらないと思うこと自体は構わないがそれはストーリーではなく、もっと他のことが原因(この映画に限らず)です。古今東西、名作と呼ばれているのはみなストーリーは単純です。
★★★★★
From: Gurimurin(NO MAIL) 6月 21日(水)21時29分46秒
ラッセルクロウかっこいい!何回も何回も鳥肌立ちました。マキシマムの子役、ライフイズビュウティフルに出てたこ子なんですね。かわいい!
★★★★★
From: れお(NO MAIL) 6月 21日(水)15時41分27秒
凄いです!戦闘シーンには鳥肌立っちゃいました。何かと複雑になりがちな時代ものなのに、ストーリーが分かりやすくって、お話にのめり込めるのは有難い!今も昔も格闘技の会場のノリは、あんまり変わらないんですね。
★★★★★
From: kkk(NO MAIL) 6月 21日(水)12時02分56秒
CGべつにいいんじゃない?セットにしたらそれこそベンハーみたいに金と時間かかるだけ。でもベンハーもよかったなあ。やっぱ史劇はベンハーとスパルタカスって評価は揺るぎ無いかも。
★★
From: だーや(NO MAIL) 6月 21日(水)11時29分25秒
ここでの評価良すぎるよ。CGはもういいから、もっとのめりこめるストーリーにして欲しかった。ほんとCGに凝り過ぎるのはもういいよ。なんでもできちゃうのはわかってるよ。
★★★
From: ケン(NO MAIL) 6月 21日(水)06時39分31秒
若きローマ皇帝くんが、もっとブチギレるかと思った。物足りんなー。カリギュラっぽく大暴れしてくれるだろうと期待してたのに!
★★★★★
From: go(NO MAIL) 6月 21日(水)01時12分34秒
良かった。飽きなかった。何度も迫るハードルがもどかしくさせて、釘付けっていう感じ
★★★★★
From: lolo(NO MAIL) 6月 21日(水)00時08分10秒
久々に、これぞ映画だ!ていう映画を観させてもらった感じ。スクリーンで見てこそ生きる映画なので、これは沢山の人に見てもらいたいですよねー。ホアキンのファザコンシスコンぶり、よかったなあ。悪役としては物足りないけど、出来の悪い息子、弟としては完璧。ラッセルはほんと、ええです、さいこー。私はインサイダーよりもこっちにハマりました。インサイダーだって、かなりよかったんだけどね。あと、ジェイモン・ハンスウ、彼にもかなり注目しました。
★★★
From: chovin(NO MAIL) 6月 20日(火)22時21分42秒
確かに好評価がついても納得のいい映画だと思いますが、正直言って僕にとっては観終わった後にもやもやっと残る映画でした。なんかストーリーが読めすぎるのとCGに凝りすぎてスケールが大きいんだか小さいんだかわからない。確かに戦闘シーンは観る者を魅了します。だけど僕にはインサイダーのほうが男前だったかな。
★★★★★
From: BROOK(NO MAIL) 6月 20日(火)18時34分06秒
すっごい面白かった&感動しましたっ!(特に最後)2時間35分が全然苦にならなかったし、ネ♪最高級のエンターテイメント作品でした。最後にラッセル・クロウの演技は素晴らしかったです。
★★★★★
From: クロウ(NO MAIL) 6月 20日(火)18時22分34秒
ラッセル・クロウの哀しい目がとても印象的だった。ストーリーはシンプルで、すんなり感情移入できた。アクションシーンやセットは、今まで見た事もない程の迫力があったし、長い上映時間も飽きずに観れた。今年観た中では、一番面白かったと思う。
★★
From: 突っ張り太郎(NO MAIL) 6月 20日(火)17時42分41秒
正直がっかりです。確かにアクションシーンもセットも映像も迫力もあるし、その点はいいですけど、ストーリーがあまりに陳腐。ドラマにひねりも深みも感じない。良い者が悪い者に復讐するという単純明快なスカッとした映画をめざすとしたら長すぎる。評価が高いので気がひけますけれど、「ベン・ハ−」なんかと比べると、やっぱりこのくらいの評価です。
★★★★
From: Mik@(NO MAIL) 6月 20日(火)17時26分45秒
CMで「1億ドルの〜!!」っていうコメントは必要ないと思う。金額で映画を見たいと思うわけじゃないんだよっっていいたいわ。でもやっぱり満足だった。私としてはラストの(頭にも出てくる)シーンが最高だった。グレーがかってるような、フィルムの中に映し出されている野原とマキシマスの妻子が風にゆれてマキシマスを迎えるところ。絵になってた。
★★★★★
From: ビリーボブ。ロバート(NO MAIL) 6月 20日(火)14時20分24秒
これを観て「いやあ当時のローマは酷かったね・・・」と思っていたけど、見終わってかなり時間が経った今。あながちこれって今の事?ってな気分にもなる。ヤバイぞ?マキシマス 今起てり!
★★★★
From: そら(MAIL) 6月 20日(火)13時11分15秒
とても良い映画,そして哀しい映画だった。皇帝に殺された妻と息子の復讐をするためグラディエーターとして闘うマキシマス。彼の勇気と剣さばきはすばらしかった。グラディエーターたちが殺されるのを歓声を上げてみている聴衆。これが哀しかった。わたしも,「ブレイブハート」を思い出したが,どちらの映画でも戦争のこわさが分かる。自由な生活のある今の自分がどんなに幸せか。マキシマスが皇帝を殺し,倒れたあとの,皇帝のお姉さんの背景に写ったあの青空が忘れられない。あの青空で,私はとても満たされた気がした。ああいい映画だなと思った。最後に,マキシマスを演じたラッセル・クロウ,彼の演技はすばらしかった。
★★★★
From: 正俊(MAIL) 6月 20日(火)11時22分05秒
アクションシーンはおもしろかった(最後の決闘以外)。しかし、ドラマ部分が弱すぎる。波がないし、「ハリウッドの公式」にとらわれすぎ、皇帝の姉とのロマンスを描いておきながら、家族愛で映画全体を締めるなんて矛盾してないか、家族思いの父ならキスなんかしてないぞ。それに、ホアキンの皇帝役はミスキャストだと思う。脚本の悪さもあるとは思うけど。とはいいつつも映像は素晴らしいし、アクションシーンは細かいことを抜きに単純に楽しむだけならかなりの出来。ハリウッドアクション大作としては佳作の部類なので★4つ。
★★★★★
From: MASA(NO MAIL) 6月 20日(火)09時57分08秒
いやあ、久しぶりに映画らしい映画を見たような気がした。シネスコ画面を横一杯に使った冒頭の戦闘シーンなんてまさにスペクタル映画ならではだね。確かに最後の決闘があっけないし、音楽なんて映像に合わせてベンハーなみにもっと荘厳にやるべきでしょう。これは結構はずしてたぞ。だけど、だけど。この剛速球勝負こそ、身銭はたいて見に行く価値がある映画だと思うのです。特にラッセル・クロウの顔は滅茶苦茶いい。これだけでもう☆五つ!
★★★★
From: アッシュ(MAIL) 6月 20日(火)06時49分52秒
え?ストーリーが使い古されてるって?それは前半だけだと思う。歴史考証に囚われる人なら絶対できない、ラストの皇帝との対決は、度肝を抜く展開だと思う。 ま〜確かに決闘そのものは、感情重視で迫力はないけど、あそこでコモドゥスが派手な立ち回りを見せる方が、絶対嘘臭くなると思う。敢えてあそこは雰囲気重視で正解と思う。リドリーファンならずともあの美しい映像は必見だろうし 「ベンハー」がダメ映画だと公言してはばからない僕にとって、古代ローマ物としての、この新しさは感動的でした。
★★
From: 大内 高志(NO MAIL) 6月 20日(火)02時31分21秒
決闘シーンの迫力はいいと思うが、内容的にひねりがなく、いまひとつでした。どうしてこんなに評判がいいのか不思議に思いました。確かにブレイブハートの方が格上でした。
★★★★★
From: Rou(NO MAIL) 6月 20日(火)02時02分50秒
映像にストーリーを語らせる事に重きを置き、それが見事に成功している。ベン・ハーやスパルタカスと比べても遜色ない出来ばえ。リドリー・スコット監督もこの手の作品はストーリーを複雑にすると台無しになってしまう事をよく知っているらしく、完全なフィクションとして意図的にストーリーをわかりやすくしている。さすがはベテラン監督である。映像はもはや文句のつけようが無いほど素晴らしい。この時期に古代ローマものを撮るなど懐古趣味ではないかと作品を見る前は思ったが、古さよりも新しさを感じた。それにしてもラッセル・クロウ・・・・この物語では今のところ彼以上にマキシマスにはまる俳優はいないと思う。
★★★★
From: D.D.R(NO MAIL) 6月 20日(火)00時33分11秒
画面からニオってきそうなくらい(笑)男臭い映画。日本の時代劇にもありそうな話ですごいおもしろかったです。美形の兄貴と全然似てない濃ゆいワル顔のホアキン・フェニックスのバカ殿っぷり(はまり役)も見所。「L.A.コンフィデンシャル」で、一番好きだったラッセル・クロウが主役なのもうれしい。最後は泣きました。
★★★★★
From: まりまり(NO MAIL) 6月 19日(月)22時43分25秒
この映画のCMを見たとき、何か違うすごさを感じていたが、期待以上のよさで最高でした。ラッセル・クロウのこともあまり知らなかったのですが、この映画を見てあまりにものかっこよさに心うたれましたね。 今年一押しの映画となりそうです。
★★★★★
From: ゆうか(NO MAIL) 6月 19日(月)22時07分30秒
何か分かんないけども、初めのあたりから泣いてしまった。多分、自分だけ。終わるまでずっと泣いてたよ。何に感動したのか分からんが(本当に)。ただただ、ラッセル・クロウに惚れた。いいダンナだ。
★★★★★
From: べあ(NO MAIL) 6月 19日(月)20時42分51秒
ううむ さすがは リドリースコット。。最高だったねえ。コロシアムの控え室(?)から 闘技場へと出て行く演出は ノルマンデイに上陸するライアン達のそれと似てまさに自分がグライディエイターのひとりになったような気分だった。
★★★★★
From: hiro(NO MAIL) 6月 19日(月)17時10分31秒
期待していた以上に面白かった。コロシアムでの決闘シーンはすごく迫力があった。それにしてもコモドゥスが弱すぎる。
★★★★
From: ヒサエ(NO MAIL) 6月 19日(月)15時35分04秒
特別見たくて行ったわけではなかったんだけど、最初はなんだかなーと思ってみてたのに、だんだんおもしろくなっていきました。風景の映像が凄くきれいだし、戦いのシーンは迫力満点だったです。でも、ストーリー的には?と思うところもあったなぁ。これは実話なのかな?実話だったら面白すぎだなぁ。
★★★★★
From: endo(NO MAIL) 6月 19日(月)15時34分55秒
ストーリ的にはもっと工夫の余地はあったかもしれないけど、役者の演技も良かったし、なんといっても、戦闘シーンだけででもこの映画は満点をとれるのでは。
★★★★
From: rara(NO MAIL) 6月 19日(月)14時43分48秒
戦闘シーンが臨場感たっぷりでまるで自分が戦場にいるような錯覚さえおこされた。これは映画館で見るべきだと思う。確かに先が少し読める展開の話で、家族愛を強調しすぎるきらいはあったかなと思う。まあヒーローはとりあえずめちゃくちゃ強いし単純に楽しめる話だと思う。個人的には皇帝のつめが甘いまぬけっぷりが好きだなあ。お父さんがほんの少しでも愛してくれていたらいい皇帝になったのにって涙目でいうし。お姉さんは結局殺せないし。結構好いい味だしてると思う。
★★★
From: アフリカの星(NO MAIL) 6月 19日(月)14時03分14秒
内容的にそ〜んなに深みはないんだけど、痛快娯楽映画としては面白かったと思うし、ラストも泣いてしまった。何だかスパルタカスとベンハーが混じったような印象だったんだけど、比較はやめるとして機会があったらそちらのほうもご覧ください。http://www5a.biglobe.ne.jp/~momo33 にて初心者ながら映画のHP作ってますんでよかったらたずねてくださいな。
★★★
From: HIRO(NO MAIL) 6月 19日(月)10時42分36秒
良くも悪くもリドリー・スコットという感じです。映像は非常に素晴らしいんですが、そっちに力が入り過ぎて肝心の内容が今イチという感じ。「ベン・ハー」や「ブレイブ・ハート」と比較すると、やはり一枚落ちる感じです。でも最後はジーンとしてしまいました。下のそれと下の方でも書かれてますが、僕もヘビのシーンの意味が分かりませんでした。どなたか、明確に分かる方いらっしゃいませんか?
★★★★★
From: ゆみこ(NO MAIL) 6月 18日(日)22時11分30秒
ラッセル・クロウかっこよすぎです。低い声もかっこいいし・・・。インサイダーのところにも書いたけど、アカデミー賞とって欲しいですね。あと、やはり戦闘シーンはちょっと見られないものがあり、途中で目をつぶってしまいましたが、こういうのが好きな人には面白いのでしょうね。それから、雲が流れたりする映像が「ジャンヌダルク」とダブってしまったのですが、あーいうのがはやって(?)いるんでしょうか。最初のほうはぜんぜん入り込めなかったです。とりとめもないのですが、マキシマスの「not yet」というセリフがすごく心に残りました。たとえば、自分が死んだらそのときは先に死んだ両親(今は健在ですが)に会えるんだとか、普段意識しない゛永遠”とか死後の世界とかを考えてしまいました。なぜあそこまで家族愛を強調してるのかわからないけど、自分の愛する家族のために戦う男という描き方はよかったです。最後にホアキン・フェニックス、「誘う女」しかみたことないんですけど、太りましたね・・・。
★★★★
From: りーあむにいさん(NO MAIL) 6月 18日(日)22時07分12秒
冒頭からのド迫力の戦闘シーンで、「ブレイブハート」に次ぐ興奮を味わい、前のめりでスクリーンを見入っていたのだが、皇帝がマキシマスの相手になると言い出した時に「おいおい、いや〜な予感...」。そしてラスト、皇帝の甥っこまでもがマキシマスに寄り添い、皆が去って行く場面で引いていくカメラ、そこにはポツネンと皇帝の死体が...。その瞬間どうにもたまらず、声をあげずに震えながら笑ったワタシであった...。最後の10分くらいはギャグに思えてしまったが、退屈させない展開で非常に面白く大満足であった。こんな主人公がピッタリくるのは、今のハリウッドでラッセルしか浮かばない。まさにベストキャスティングだと思う。ラッセルも勿論すごく良いのだけど、マイベストは元グラディエーターの奴隷商人。殺される間際のシーンがいい。マイワーストは皇帝のいいなりになってマキシマスを捕らえておきながら、最後は皇帝に剣を渡さなかったクイントス。ひよりみヤロウ!!
★★★
From: ようすけ(NO MAIL) 6月 18日(日)19時01分16秒
このサイトでの評判が高かったので期待してましたが、ちょっと期待ハズレかな。冒頭の戦闘シーンからコロシアムでの剣闘までは確かに迫力あって、映画館の大画面でこそ、って感じです。ただ決闘場面に力を入れすぎててストーリーが単調過ぎる感があります。魅力的な俳優が揃ってて、ラッセル・クロウにしてもホアキン・フェニックスにしても素晴らしい演技をしているので、ちょっともったいないかな、って思います。
★★★★★
From: Taka(NO MAIL) 6月 18日(日)18時28分38秒
確かに、ストーリー的にはどうってことないかもしれないけど、そんなことどうでもいいくらいの迫力だった。ラブストーリーとかはビデオで見てもいいかもしれないけど、この映画は劇場で見ることをお勧めします。
★★★★★
From: カウ(NO MAIL) 6月 18日(日)18時18分05秒
超すごかったよ! 映像は取りあえず最高だったけど、登場人物の設定がまたよかったよね。いい意味でみんなくせが超あって。まあ確かに最後の対決にたどり着くのはあっけなくって物足りなかったけど、、
★★★
From: 銀幕三十郎(NO MAIL) 6月 18日(日)18時09分49秒
主人公が司令官の本領を発揮する戦車との闘いは圧巻。ここまでは実に面白いが、皇帝との謁見があっけなく実現してからはテーマ不在で緊張感に乏しい。主人公が偽物・乱心者あつかいされないのも奇妙。いくらハンデ付きとはいえ、あんな弱っちい奴が相手ではクライマックスは盛りあがらない。本作品の魅力は暴力の魅力。これを手放しで賞賛しては、コロシアムに集う民衆と同じ平面に立つことになろう。
★★★★
From: agari-ta(NO MAIL) 6月 18日(日)18時02分29秒
そうそう見せ物なんだよね、当時コロシアムで行われた蛮行・・・。マキシマスはそれを皮肉に観客にコモドゥス皇帝に唾を吐いたんだよね。スカッとしたよ。ま、それにしてもこれだけCGの進化を魅せられちゃあこれを機に、こういう歴史的スペクタクル作品の作品がたくさんつくられればいいなぁ(この作品はフィクションだったけど、ある程度時代考証もなかなか。。。)もう、香港アクションとかホラーとかうんざりだからね。
★★
From: マリアン(NO MAIL) 6月 18日(日)17時21分21秒
剣闘なんて見世物、サイテー!!!とてもじゃないけど、わたしは正視できませんでした。映画は作り物だけど、実際、史実としてああいうことがあったわけで、それを思うと、目の前に展開するシーンを平然とは見ていられませんでした。胴体まっぷたつとか、首が飛ぶとか、残酷過ぎです。「グラディエーター」なんだから、あって当たり前のシーン、当然の見せ場なんでしょうが、残酷なシーンを売りにしている演出姿勢が、すごく不愉快でした。演技は押並べて良かったと思いますが、剣闘士として生きる運命を背負わされた主人公の、懊悩や苦しみがもっと描かれてもよかったのでは、と思いました。良くも悪くもハリウッドの大作娯楽映画でした。
★★★★
From: みき(NO MAIL) 6月 18日(日)15時24分09秒
はじめまして。[インサイダー]での老け役を見た後だったのでラッセル・クロウがとてもステキに見えました。愛する家族を失い復習に燃えて戦うマキシマス。華麗な剣さばきにはすっかり魅了されてしまいました。敵役のホアキン・フェニックスは生理的に苦手な俳優ですが、今回の憎憎しいばかりの演技は、とても印象的です。
★★
From: みゆき(NO MAIL) 6月 18日(日)12時45分43秒
もっとストーリーに奥深さがあると思ってました。そしたら単純過ぎて、記憶に残らない映画ですね。確かに題名通りなので間違ってはないけど、戦闘シーンだけで興奮できる人は、楽しいと思うよ。別に、ラッセル・クロウじゃなくてもいいけど・・あんまり期待すると、ハズレるような気がします。
★★★★★
From: ぴかりん(MAIL) 6月 18日(日)12時31分49秒
最後のほうに出てきた蛇のことですが、ベットの中に蛇を放つシーンですよね?あれは毒蛇に噛ませて殺すつもりだったのではないですか?(間違えていたらすいません…)CMの炎の中から馬車が現れるシーンは、コロシアムでの最初の戦闘シーンだと思うのですが…。私も観ていないような気がします。(;^_^A アセアセ・・・あれはCM用の映像だったでしょうか…。それから、ラストシーンで涙したのは、私だけなのでしょうか。皆さんはどうでしたか??
★★★★
From: 教えてください(NO MAIL) 6月 18日(日)10時39分26秒
久しぶりに大作映画らしい映画を見たと言う感じでとても満足しています。でも、最後のほうに出てきたヘビはなんだったんでしょうか?それとCMにある炎の中から馬に乗って将軍が出てくるシーンはどこにあったんでしょう?見落としちゃったんでしょうか?
★★★★★
From: 最強の男(MAIL) 6月 17日(土)23時52分15秒
やはり映画というものは楽しむためにあるものだと改めて感じましたありがとうございました。
★★★★
From: くえっ、くえっ(NO MAIL) 6月 17日(土)23時18分28秒
コロシアムでの闘いシーン最高!!ジャンプ的な、連続した将軍の闘いにつぐ闘いを期待しながら見ていたので、計〜回というのは、ちょっと残念。でも、その中にこめられた質がもう最高にかっこよかった!! やっぱりはえるねえ〜外人のマッチョな体には鎧ってのも。こまかいコスチュームが最高。ベルセルクの完全実写みたいで。子供、がんっ! と殺されるし、やっていいのか、米映画って思った。あと、冒頭の軍隊での戦闘シーンは『ジャンヌ』に負けてる(いちいちこんなこと言ってすんません)話はまあ、なんてことではないけど、とにかく戦闘シーンやコスチューム、街や人の顔にゾクゾクしながら観れてました。ああ、楽しかった。
★★★★
From: いおり(NO MAIL) 6月 17日(土)22時25分40秒
最初の戦闘シーンから結構ぐいぐい引き込まれました。それでいて戦いばかりでなく家族愛にも触れた内容で最後は感動しました。もう一度観たいですね。 ホアキン・フェニックスは皆さんが書いているようによかったと思います。
★★★★
From: あや(NO MAIL) 6月 17日(土)21時53分36秒
ひさびさの史劇で興奮しました。ラッセル・クロウは「インサイダー」と違った魅力でせまりますが、私はホアキン・フェニックスのシスコンで野心家の皇帝の方が印象に残っています。リバーの弟ですがあまり似ていませんね。先代の皇帝役がリチャード・ハリス。私としては、ラストの夢のような映像はなかったほうがより良かったのではと思ってます。
★★
From: とーる(NO MAIL) 6月 17日(土)19時37分49秒
おもしろいと聞いて見に行きましたが、ありがちな(わかりやすすぎる)内容で、特別興味をもてる個所はありませんでした。どうしてこんなに評判がいいのかわかりませんでした。
★★★★★
From: ぴかりん(MAIL) 6月 17日(土)15時31分58秒
皆さんの感想を読んで、ホント上映日が待ち遠しかったです。今朝一番に観に行きました。(笑)『グラディエーター』というタイトルだけに、戦闘シーンが多かったですが、私は観ていてとても怖かったです。とくに巨大コロシアムでの最初の戦闘は、マキシマス側が圧倒的に不利な状況で、どうなるんだろうとハラハラドキドキしました。(汗)ラストは自分が想像していたものとは違っていました。悲しい結末で、涙がボロボロ…止まりませんでした。まさかこんなに泣けるとは…。(タオル持って行って良かったです。)それにしても、コモドゥス役のホアンキン・フェニックスの演技は凄かったですね!!皆さんがおっしゃる通り、愛に飢えた野心家の皇帝を、見事に演じていたと思います。(*^^*)
★★★★★
From: とか(NO MAIL) 6月 14日(水)17時42分29秒
あのね、これはラッセルクロウは最高です。でも一緒に見た友達いわく,歩き方にご注目。だってやっぱり年を感じてしまったんだって。でも私はあの身体を見てしまったら年なんて関係ない!って言いきれる。絶対に見て欲しいです。知っていますか?彼はオーストラリア出身なんて言ってるけど,実はニュージーランドで生まれたんだよ。はぁ,あの顔を見るたびに惚れ惚れしてしまうのは私だけじゃないはず。私はオーストラリアで一足先に見てきたよ。向こうでも大人気だった。映画館がうまるほど…だって向こうのひとってと言うか映画館が沢山あるからかもしれないけど,前回のミステリー・アラスカのときなんて6人くらいで見ました。でもこの映画には多くの人が見に来ていました。絶対にもう一回みたいです。絶対にオススメ。
★★★★★
From: konan(NO MAIL) 6月 13日(火)00時54分08秒
 とにかくすばらしい!の一言に尽きる! 冒頭の合戦シーンからこの映画は、やばいと思わせるものがたっぷりある。 とにかく、コロシアムのでの決闘シーンが素晴らしく、「ベンハー」、「スパルタカス」が大好きだった人にはおすすめです。超重量級のアクションの連続で飽きるところがひとつもありません。   ドラマとしても見応えたっぷりで久々にいい映画を見たと大満足でした。試写会で見たのですが、お金を払いたかったくらいです。  日本でも夏休み前にヒットしてほしいですが、ラッセル・クロウという俳優だと大ヒットまでにはいかないだろうなと思います。だけど、来年のアカデミー賞は間違いないでしょう!!!何部門制覇するか楽しみです。以下ネタばれ ただ、主人公と家族のシーンが大げさなくらい感傷的に描かれているため、ラストシーンは賛否両論を巻き起こすでしょう。女性には受けがいいみたいですが、男性としてはあのシーン(特に妻の顔のアップ)はいらないだろうって思う方もいらっしゃるでしょう。
★★★★★
From: Sweetie(NO MAIL) 6月 12日(月)13時03分25秒
私はラッセルファンなのである程度歪んだ価値から観てると思いますが、それでも素晴らしかったと言いたい。ストーリー展開のシンプルさ、よく見るとあちこちに「いいのかそれで」なカメラワーク、それでも全体に漂う終末感にバッチリ答えて、あまつさえムードを盛り上げまくるラッセルの熱演!タイトルが全てを語っているじゃないですか。「剣闘士」そう、これはひとりの剣闘士のお話なんです。理屈はいらないんです。
★★★★★
From: liefish(NO MAIL) 6月 12日(月)12時54分05秒
興奮しすぎて心臓がいて〜〜。映画が始まった瞬間からクライマックス。終わりまで全く飽きさせない。ラッセル最高ホアキン最高その他出演してる役者みんな最高の演技。とにかく文句なく今年一番!
★★★★★
From: はじめ(NO MAIL) 6月 11日(日)23時37分41秒
や〜ん、もろ自分のツボはまりまくり。戦闘シーンでは血沸き肉踊りで、私やっぱり嫁に行けそーにない・・。ラッセルの適度に締った(マッチョでない)体が現実的でいい。ラッセルの好演はもう当然なので置いといて、私のツボにはまったのは全体を被うもの悲しさ(悲壮までは行かない)。ホアキンが当たり役ですよ。このテの歴史大作は悪人はただの悪人って感じですが、コモドウスの愛情飢餓による歪みが現代風。(ちょっとネタばれですが・・)歴史大作のパターンでいけば、コモドウスは主人公に近い年齢で、ラストも仲間を集めていざ復讐(忠臣蔵〜)なのですが、ここではコモドウスが若くて美しく、主人公とタイマン(確かに卑怯な手を使うが、手負いの獣が恐いのは周知)するとこがいいっ!! タイマンするとは思わなかったよ。ボンボン佐々木小次郎VS宮本武蔵(二刀流!!)だね。コモドウスも結局グラディエーターとして死んだのさっ。良く見れは僅かに微笑んで倒れていったし。そこらへんに「ブレードランナー」にも通じる監督の美学を感じたね。私事ですが、昔っから、「007 ゴールデンアイ」の006やコモドウスみたいな敵の存在にハマるんですよ〜。
★★★★★
From: アルペンレーサー(MAIL) 6月 11日(日)23時20分22秒
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★……∞! この映画に言葉は要らない! 観て、興奮し、そして泣け。
★★★★
From: パーシモンぷりん(NO MAIL) 6月 11日(日)20時10分36秒
スケールが大きくて壮大な歴史劇でした。古代ローマはこんなだったんだろうなと思いました。親子と言えども,兄弟といえども…。日本の戦国時代なども思い起こしてしまいました。ラッセル・クロウは勇壮でしたね。家族や子供に対する思いが根底にあり、人の上に立つにふさわしい人を演じていました。ホアキン・フェニックスもよかったですね。皇帝の姉は、本当に男だったら皇帝にしたい毅然としたものがありました。久々の史劇の大作でした。
★★★★
From: よーま(NO MAIL) 6月 11日(日)04時20分25秒
うわー五つ星が並んでいる!うぅ〜、づっ、つらいけど四つ星にしますとっても見応えのある大作に仕上がってます、皆さんのおっしゃる通りすばらしい映像、すばらしい演技でした揺らめく炎に照らされたゲルマン攻略戦、夕日に映えるローマ市街の遠景、画面の隅々まで群衆で埋まったコロシアム、フラッシュバックのようなモンタージュでつなぐ場面転換、此方まで血しぶきが飛んでくるよーな迫力のあるカットがスムーズに繋げられた格闘シーン愛する人を殺された“将軍”の悲しみ/怒り、父の愛も姉の愛を得られず民衆の歓心さえ掴むことのできない“皇帝”の孤独/嫉妬・・・言ってしまえばただの復讐潭なのに、ここまでドラマチックな映画になったのはやはり監督の腕でしょうか“自由”とは何か?“カリスマ”の真の意味、“大衆民主主義”の危うさ、“正義”の不在、等々現代社会に通じる問いかけまで散りばめられていますだけどー、古代ローマという舞台が舞台なせーでしょうか、また『料理の鉄人』の福井アナのナレーションをつい思い出しまった『バックドラフト』似の音楽のおかげでしょーか、もうひとつ物語世界へ入り込めないんです「すげー」と思いながらも、冷めた目で作品を批評しているぼくがそこにいました
★★★★★
From: ドギャン(NO MAIL) 6月 11日(日)02時03分30秒
いやー展開があきさせないですねぇ、この映画。2時間30分ぐらいあるんですが、時間はまったく気にならない。ラッセル・クロウかっこよすぎ!この映画見る価値ありすぎだぁぁぁ!
★★★★★
From: taro(NO MAIL) 6月 11日(日)01時35分24秒
実は、星4つというところだったのですが、せっかく100%がついているので、、、。ラッセルクロウ、しびれました。戦闘シーンも体が震えるくらい興奮しました。でも、ストーリー展開に少しものたりなさを感じたかな。主人公が完全すぎて隙が無いものだから、はらはらしなかったりして。
★★★★★
From: Eunos(NO MAIL) 6月 10日(土)23時15分25秒
これは面白かったですね。久しぶりにいい映画にめぐり合った、ってかんじです。音楽も切なく無常感が漂っていてすごく映画の雰囲気に合ってましたね。また観にいきたいです。
★★★★★
From: ビビ(NO MAIL) 6月 10日(土)07時19分43秒
こんなに面白い映画は久しぶりです。もう3回見ました。あと2回は大スクリーンで見たいです。ラッセル・クロウは文句なしの真のヒーローを熱演してました。ホアキン・フェニックスのシスコンぶりがはまっていたと思いません?
★★★★★
From: もろがた(NO MAIL) 6月 9日(金)12時52分34秒
試写会で見たのだが、「すいません、無料で見てしまって」といいたくなるくらい、面白かった<もちろんリピートにいくつもり歴史ものが好きな人は絶対に見に行くべき。ラッセル・クロウがよかった。ホアキン・フェニックスもにくったらしい皇帝を好演。