ヒマラヤ杉に降る雪

満 足 度
62.0%
回答者数25



★★★★
From: ちっく(MAIL) 5月 26日(金)00時12分59秒
工藤ゆきはよかったけど、イーサンホークがいまいち。
★★★★★
From: ゆん(NO MAIL) 5月 24日(水)08時42分13秒
久々にすっごくイイ!って思える映画を観ました。好みは分かれるんだろうけど、私はこういうの好きです。言葉は少ないけれど、言葉のないシーンから伝わってくる想いが凄かった。工藤夕貴とイーサン・ホーク、最高ですっ!
★★★
From: ハレー彗星(MAIL) 5月 7日(日)12時47分50秒
ふりしきる雪の映像と、それにかぶさるジェームス・ニュートン・ハワードの音楽の効果が実に良好。思わずサントラ買ってしまったが、単品だとイマ2である。映画は、うーん、抑えた演出というのはこういうのを言うのか‥‥抑えに抑え、抑えられ続けて、ラストシーンでちょっと「おっ?」と思った途端にエンドロールが流れはじめてしまう。あれれれ‥‥テ−マとなるのは日本人差別なんだが、これもまた演出で抑えすぎているように感じる。「その程度の表現でいいの?」なんて思ってしまった。
★★
From: ANNE(NO MAIL) 5月 2日(火)17時10分20秒
映像が、とっても美しかったですね!!ただ、ちょっと見ていて疲れちゃいました・・・。途中から、集中力が途切れちゃって・・・。腰痛い。(涙)でも、ハツエの少女時代を演じた杏ちゃん、かわいかったです♪あと、カズオ役の人、あの人は、何と言う俳優さんですか?日本の方でしょうか?知りたい〜。
From: ウラン(NO MAIL) 5月 2日(火)00時59分54秒
皆さんの作品評価の良さにびっくりしました。私は2月に試写会で見ましたが、お金は払いたくないですねー。主人公二人の気持ちとか、色々な理由とかが伝わりにくい。途中の長い剣道のシーンも「何で剣道?」って感じ。武士道を伝えたいのかな、って思ったけど、何か寒い。ハツエの幼少時代を演じた杏ちゃんがよかった。
★★★
From: keika(NO MAIL) 4月 29日(土)01時20分09秒
何よりも工藤夕貴ハリウッドメジャーデビューおめでとー!って感じかな。ひとつ気に入らないのは、イシュマエルが気持ちを入れ替える動機付けがめちゃめちゃ弱い。そんなんで今までの心に巣くっていたものが解き放たれるの???あと、法廷での工藤夕貴の眉毛が妙に気になった。よく歪むな〜と(笑) いちごの女王は可愛かった。ハツエの夫役の彼は日本人には見えなかった。。。アメリカ人には一緒に見えるのでしょうが。最後はイシュマエルの気持ちに泣けました。なかなか重みのある良い映画でした。
★★★
From: ギッチョ(NO MAIL) 4月 26日(水)03時31分20秒
フラッシュ・バックの多用が雰囲気を盛り上げる。でも完璧に機能しているとは言い難い。この映画は特に取り立てるところがないです。イーサン・ホークのファンの方々は彼のセリフの少なさを残念がるかもしれませんね、僕もイーサン・ホークは好きなので彼が日本人と共演していて嬉しいです。「同じ日本人なら私と共演して!」という女性は多いのかな?(そんなわけないか)
★★★★★
From: こあら(NO MAIL) 4月 24日(月)11時00分57秒
原作「殺人容疑」を読んだ者としては、その忠実な再現に拍手したい。とかく映画化となると原作から離れた展開になりがちなのに、よくここまで・・・と思う。(ラストシーンは映画向けになってましたが)配役も原作のイメージそのまま。強いて言えば、工藤夕貴演ずるハツエと母親とのやりとりをもう少し掘り下げて欲しかった。
★★★★★
From: スナフキン(MAIL) 4月 21日(金)01時18分00秒
今思い出しても泣けそうに、好きになりました。風景がこれまた綺麗だし!そして、回想シーンのフラッシュバックが私好みなのです。思い出す時って、まさにこうじゃないですか?忘れられないくらいに辛い一言や、反対に今思えばかけがえのないくらいに幸せな場面ばかりエンドレスで思い出すんですよね…。だから、ハツエからイシュマエルへの最後の手紙のフラッシュバックは特に泣けました(T_T)(腕を切断する手術での、極めつけのイシュマエルのセリフも…)工藤夕貴も、キレイでよかったと思います(贔屓目が入ってるかもしれないけど…)こらえきれずに泣いてしまうところとか、もらい泣きです(; ;)イーサン・ホークのあの目線がまた悲しいし、ラストの後姿なんて(; ;)ということで、私にとっては切なくて美しい映画でした。もう一度観に行きたいなぁ。
★★
From: 一石(NO MAIL) 4月 18日(火)16時41分28秒
映像映画が得意でないと、この映画は頂けないですね。キャッチコピーにあったような気がするのですが、「降り積もる雪が全てを覆い隠してしまう」って、何か関係無い気がします。雪は証拠や人の心に何の関係もなかったですものね。でも、イーサン・ホークの演技は素晴らしく良かった。題材が逸品なのでもっともっと良い映画に出来たのでは?残念。
★★★
From: レオレオ(NO MAIL) 4月 17日(月)20時32分56秒
いつ公開か1年以上待っていた作品。でも、台詞が極端に少なく、やたら多い回想シーンに現在か過去なのかわからないところもあり、ちょっと疲れたかな。イーサン・ホークのファンで、彼はカッコよかった。淋しげな目線が印象的。
★★
From: カレン(NO MAIL) 4月 16日(日)23時11分08秒
いやあ、つまらなかったですね。雪がしんしん、眠気もしんしん・・・新しいことを取り上げているようで、黒人差別の裁判物映画と大きな違いは無し。むしろ、裁判における「差別色」のみが強くて、イーサン・ホークがちょこっと調べただけで新事実がぞくぞく。ふうむ、少しいい加減だなあ。それ以上に気になったのは、「差別」を主題にしている映画のわりに、最初に役者の名前が出てくるときの工藤夕貴の位置がやたら後ろのほうだったことです。2番目がジェームズ・クロムウェルで、工藤夕貴は主要5人くらいの名前が出たあとに、誰かと2人で名前が出ていた。それは、どうなんだろう?
★★★★
From: marina(NO MAIL) 4月 16日(日)11時26分45秒
 映像がほんとに綺麗でした。何度も「あ、今のトコで止めて!ハガキにするから!」と思うようなシーンがいっぱいあった。抑制された憂いのある色調に統一されてて、それがストーリーにあってて良かった。 フラッシュバックや回想も…そんな分かりにくいことはなかった。映像が綺麗で見ごたえ合ったし。「意識の流れ」的手法とでもいうのでしょうか、時空を錯綜する映像が入り乱れてる感じは、主人公の心の揺れや思い出に固執してとらわれている心情をうまくあらわしているようで、ほんとに一人の人の心に入り込んで心象風景を追っているようで良かったと思う。 イーサン・ホークは今までカッコいいと思ったことはなかったのに、何か…見ほれちゃいました。工藤夕貴は少女っぽい純粋な雰囲気が、雪景色や杉木立に溶け込むようで良かったと思う。
★★★★
From: タラコっち(MAIL) 4月 15日(土)07時13分28秒
ハツエ(工藤夕貴)の少女時代を演じた鈴木杏が予想外に良かった。演技も体当たり。雨のヒマラヤ杉のシーンはドキドキもんでした。フラッシュバックによる回想や事件の構成はバラバラだったけど混乱する程、複雑ではない。日系移民の問題とか差別が描かれてますが、基本的にラブストーリーだと思った。ヒマラヤ杉に降る雨・・・ヒマラヤ杉に降る雪。どちらも切なかった。
★★★★
From: うに(NO MAIL) 4月 13日(木)19時02分47秒
なんでもないところで泣けてきてしまって、自分も日本人のはしくれだなぁと思った。工藤夕貴の美しい英語に感服。オジさま達もほんとにシブ揃い。アメリカでは……うけないでしょうね。でも、あまりにも見事な自然と、これをつくった方々に敬意を表したいです。。。
★★★★★
From: きょん(NO MAIL) 4月 11日(火)02時53分37秒
何といっても映像がきれい!そして出演者の演技も、よかった。あのイーサンホークの表情。工藤夕貴のきれいな英語のセリフ。どれをとっても、心の奥底にジーンとくる、切ない映画だった。もう1度、私は見に行くつもりです!!
★★★
From: ゆみこ(NO MAIL) 4月 9日(日)15時31分37秒
タイトルが、演歌みたいでちょっと損してるかな・・・。イーサン見たさに見た、という感じですが、フラッシュバックが多すぎて、寝不足の日に見たら確実に寝ていたでしょう・・・。このストーリーはアメリカには受け入れられるのでしょうか?とちょっと心配になりました。あと日本人の中で、工藤夕貴の次に出ていた小柄な女性は、2年くらい前に「ハリウッド女優になったОL奮戦記」のようなものを出していた中村佐恵美さんです。ようやく大作に出られたのか、と一人で感動してしまいました。
★★★★
From: あや(NO MAIL) 4月 8日(土)16時40分00秒
映像がとてもきれいだった。フラッシュバックが多すぎて解りづらいところもあったがマックス・フォン・シドーのうまさに感嘆!最終弁論での問いかけは静かさの中に威厳があり、胸にしみわたりました。サム・ショパードもさすがによい味をだしておりすごい脇役にかこまれた夕貴の熱演に拍手。イシュマエルの葛藤も伝わり感動しました。
★★★★
From: ゆか(MAIL) 4月 8日(土)10時29分32秒
イーサンホークの切ない表情がなんかよかった。工藤夕貴、全然十代の役に違和感を感じさせないところがスゴイな〜〜最初からぐっとひきこまれる映画ではなかったけど、あとから、じんわりきた。
★★★★
From: ユーリ(NO MAIL) 4月 6日(木)12時04分55秒
映像がとにかく綺麗で、幼いイシュマエルとハツエのシーンはどれも印象に残っています。あとは傷心のイシュマエルが戦争で左腕を失い、手術台で発した言葉のシーンは映像美にも見とれながらも同時にとても悲しくて痛々しいシーンだった。イシュマエルの愛とか憎しみとか、苦悩する姿が見ていてとてもよく伝わってきました。色々言いたい事もあるけれど、、戦争や人種差別。こういった事にたいして、改めて考えさせられたという感じです。脇を固めるおじさま方の演技も素敵です。
From: あい(NO MAIL) 4月 5日(水)13時29分54秒
始めから最後まで睡魔に襲われっぱなし。でもちゃんと真面目に作ろうとしている姿勢は感じたのだけど何か空ぶっている。見ていて怒りは感じないけど人には薦めない。
★★★★
From: 自転車二人乗り(NO MAIL) 4月 5日(水)00時56分40秒
「きっと退屈して寝てしまう」と思ったが、なんのナンノ。これが、グイグイ引き込まれてしまいました。ちょっと、ヒイキはいってるかもしれませんが、イーサンの演技につきた感じ。映像も満足!!劇場で観てヨカッタ。
★★★★
From: C.I(NO MAIL) 4月 4日(火)15時04分56秒
えへへへー じじい好きの私にはこたえられない映画でしたまず マツクス・フォン・シドーめちゃくちゃうまいねーベルイマン作品からジャッジ・ドレッドまでなんでもやっちゃうのがえらい「処女の泉」の時からじじいなのに今はいったいいくつなの?あとジエームズ・クロムウェル いいねえそして マイフェィバリット サム・シェパードすんごいもうけ役 新聞記者とかに弱いんすよ私誰も聞いてないか すいません作品的にはフラッシュバックが多すぎ感傷的過ぎと 気になることは多々ありますが まあ画面が美しいので星4つにしました
★★★★
From: go(NO MAIL) 4月 4日(火)00時35分46秒
「定番」と言ってしまえばそれまでかもしれないが、やはりこの葛藤をテーマにした映画は個人的に大好きです。初めの部分で脈略がよく理解できず(これは理解することのほうが不可能)、また観ている者も事実がわからず、観ている者が、どこの位置に立てるのかが問われているようだった。工藤の縁起もなかなかだが、やはり主人公の葛藤の演技はたいしたものだと感じる。そして、このタイトル...「雨」ではなく「雪」でなくてはならない心理描写としての意味があると勝手に深読みしています。
★★★★
From: あこ。(MAIL) 3月 31日(金)16時05分33秒
2月の試写会があたって見ました。やっと公開です。大好きなイーサン・ホークの久しぶりの作品なので、この評価は少しひいきめかもしれません。007の誰かさんの棒読みとは違って、工藤夕貴の英語は完璧だと友達が言っていました。(帰国子女)ストーリーは悲しく、セリフも必要最低限なので、とても静かで重々しい映画でした。そして映像が過去と現在を複雑にあらわし、すごいなと思いました。