インサイダー

満 足 度
77.6%
回答者数58




From: モーグルイ(NO MAIL) 7月 18日(火)21時06分50秒
最後でしらけてしっまた。はっきり意ってみる価値なし
★★
From: シュウイツ(NO MAIL) 7月 18日(火)06時34分23秒
皆さんの評価が物凄くよかったので観にいきましたがちょっと拍子抜け食らったかんじです。主演二人とも役に入り込んでいてその辺は良いと思うんですけどどうもシナリオ自体盛り上がりにかけるというか思わせぶりなところがありながらそのまま終わってしまうような感じを受けたのでイマイチでした。期待が大きすぎたのでイマイチに感じてしまったのかもしれないのでこの映画はあまり評判を聞かずに観にいったほうがいいかもしれません。あとワイガンドがミシシッピから自宅へ帰る途中に車が燃えていたんですけどあれは一体どういうことだったんしょうか。思わせぶりだったんで未だに気になってます。
★★★★
From: yumi(NO MAIL) 7月 13日(木)11時16分29秒
長かったけど、楽しめました。それにしてもアル・パチーノの人脈はすごい。持つべきものは友達なんだなあ。
★★★★★
From: TEMMA(MAIL) 7月 10日(月)02時32分42秒
ただ「必見」と書けば事足りる思いだがそれでは「悪口ばかり書いている。」と言われそうなので、付け加えるならこの映画は断じて「実話を基にした社会派告発ドラマ」などでは無い。アル・パチーノは「ジャーナリストとしての使命感」ラッセル・クロウは「科学者としての責任感」などという「建前」で戦い続けた訳では決して無い。又、「正義」や「信念」などと言う「きれいごと」の為でも無い。ただ「男の意地」「男の筋道」の為に戦い続けることを自らの意志で選んだのだ。だから、ラッセルのその行為は家族にも妻にも理解出来得ないし、アルはたとえ事件の顛末が良い結果に終わろうとも、最後には会社を去るのだ。二人はいわば「花田秀次郎と風間重吉」だ。マイケル・マンは「ヒート」に続いて、我々日本人には絶えて久しくお目にかかれなかった「任侠映画の傑作」を創り上げたのだ。技術的にも、撮影、編集、録音などは現アメリカ映画界の最高水準に達しているのではないだろうか。二時間四十分の間、一秒足りともダレ場のない力の込もったショットの連続だ。観る側も体力が要りますぞ。心して観られよ。次回作は是非、スコセッシ監督から映画化権を奪回して「東京アンダーワールド」を撮って頂きたい。(日本料亭のシーン、違和感無かったですもんね。)主役は勿論、アル・パチーノで。今作のラストの佇まいはカッコ良かったなー。
★★★★
From: kucco(NO MAIL) 7月 3日(月)23時47分14秒
正義とか理想を抱きながら、これだけ真面目に仕事をしている男達の姿に感心した。日々、自分が毎日これといった信念を持たずに仕事をしているということを痛感させられた映画だった。内容的に、ちょっと・・・と思うところもあったが、それ以上に自分自身を振り返るいいキッカケになったのでとても価値ある映画だったように思う。
★★★★
From: 氷猫(NO MAIL) 7月 2日(日)14時18分40秒
喫煙者はこの映画を観た後、「ロビーで一服」という気分になれないでしょう。喫煙を「恥」とか「害毒」とあからさまに訴えた記念すべき作品。法廷の場面がすっぽり抜けてるので丁丁発止のやり取りが見られないのは残念だったけど、男二人の戦いと覚悟のほうに焦点を合わせたドラマ作りはかえって目新しかった。エリン・ブロコビッチも法廷抜きだったけど、戦場は法廷でなく、個人の葛藤という風に切り替えたのは面白い。そういう意味で社会派というよりヒューマンなドラマに仕上がった。逆にいうと客観的な裏づけに弱さや曖昧さを感じる。エンタテインメントとしてはこれが正攻法だったかも。スクリーンに目を釘付けにするテンションがあり、楽しめた。
★★★★
From: Gaku(NO MAIL) 7月 2日(日)01時11分21秒
 エンディング。アル・パチーノが颯爽とコートを羽織ってビルから出て行く。たまりません(そこの音楽もよかった)俳優みんな演技がうまい。でもやっぱりアル・パチーノの長台詞ここもたまりません。 映画としては、ちょっと中だるみしたので4つ星。
★★★★★
From: Kiyomi (NO MAIL) 7月 2日(日)00時18分34秒
映画のお手本のような映画!小細工、映像的な遊び一切なし。正統派な映画ですよね。しかし、マイケル・マンの描く男ってなんでこうかっこいいんだろう!静かなのに熱い。もうアル・パチーノは最高にかっこよかったです!勿論、ラッセル・クロウも。多分、この映画私の今年ナンバー1でしょう。抑えたタイトな音楽や、全体的な雰囲気。もうどれをとっても星5つ!もう一回観よう!!
★★★★★
From: kkoba(NO MAIL) 6月 28日(水)15時31分06秒
久々に制作者達の信念が伝わってくる映画を見ました。「グラディエーター」とはしごして見たのですが、ラッセルクロウは、最近の若手(?)俳優にしてはめずらしく、強烈な魅力のある俳優であると改めて確認。ストーリーについては、この掲示板では非合理的だとかいう意見が結構出ていますね。個人的には、真実をすべて描こうとしすぎて途中だれてしまう作品(多数存在)よりは、この映画のように、適当に端折ってでもテンポを重視する作品の方が好きです。60minutesは結構好きな番組だっただけに、結構ショッキングな内容で、いろいろ考えさせられました。
★★★★
From: アルペンレーサー(MAIL) 6月 28日(水)01時10分26秒
「正義」を立場が違う二人の男が貫こうとするドラマに映画ならではの面白さを堪能した。ただ男としてのプライドがモチベーションのパチーノに対し、クロウの道徳観からのモチベーションに家庭問題の葛藤が絡んでは、パチーノの分が悪い。だからクロウが局や法廷で真実を語ることでこの映画は終わってしまった。後のエピソードはどうしても弱く、蛇足気味。そこがマイナス。 僕はスポーツをしていながら愛煙家。タバコは良くないと分かってるんだけどね。分かっていながら吸って病気になったらタバコ会社を訴えるのってやっぱ変。毒を承知で民に販売を許可し、金を集める国はもっとオカシイ。
From: 銀幕三十郎(NO MAIL) 6月 24日(土)11時56分16秒
投入したお金と時間とに全く見合わない。まずワイガンドの内部告発について。内容は、@ニコチンは中毒になる、Aニコチンの吸収を促進させている、B発ガン性物質を使っている、の3つであるが、どう見ても重点は至極当たり前の@におかれているのだからばかばかしい。次にバーグマンの内部告発についてであるが、観客の感動を呼ぶようなものではない。銃社会であることを割り引くにしてもワイガンドのは銃弾の出現に脅かされつつの内部告発であるが、バーグマンはさして危険をおかさずにジャーナリストとしての勲章をこしらえている。他人に要求するモラルの水準は自分でもクリアしなけらばならないという趣旨なのだから、バーグマンの状況はワイガンドのと同程度以上にシビアでなければならない。また、バーグマンへの最初のたれこみはどうなったか、ワイガンドが内部告発しかねないことがなぜ会社に察知されたのか、押収されたワイガンドのパソコンはどうなったのか、といった疑問が放置されているが、実話にもとづいているということで正当化されるのであればたまらない。さらにいえば、音楽も手持ちカメラも不快でしかなかった。
★★
From: しゃーらっく(NO MAIL) 6月 23日(金)21時45分44秒
この手の映画はハリウッドのお家芸ですね。でも、あまりに想像通りの作品で、なんか物足りない気がしてしまいました。
★★★★
From: skywalker(NO MAIL) 6月 23日(金)12時19分03秒
監督マイケルマンは 男の美学を描くのがうまい。男の哀しみ 苦悩 孤独感 使命感など 場面からあふれんばかりに伝わってきます。ラッセルクロウの低くこもった声も セクシー。アルパチーノのキャラクタとしては今回は少し おとなしめだったけれど 内部の悪に立ち向かう セルピコを 思い出しました。上映時間の 長さを全く感じさせなく のめり込んでしまいました。最高!
★★
From: テンプラ(NO MAIL) 6月 23日(金)12時03分54秒
すみません 期待しすぎたせいか・・期待はずれでした。私には難しい内容でした。あと長かったです・・でも、ラッセルクロウはすごい!うまかった!役ずくりがうまい!肌がさがさだったし・・とても30代にはみえない!アルパチーノもよかった!私が大人になった時もう一回みてみたいと思います。
★★★
From: マリボー(NO MAIL) 6月 22日(木)13時38分57秒
ワイガンドは当初、自分が勤めていたわけではない他社の内部資料について(しかもタバコと失火の原因について)コメントするはずだったのでは?それがいつのまにか、ニコチンの中毒性と効率よくニコチンを吸収させるための自社の製法について暴露することになってた。なんで?車の中で半日かけて説得されて、話が大きくなったのか??その辺の流れが良く分かりませんでした。編集でカットされてるのかな。ニコチンの中毒性・発癌性も、裏付ける資料を公開したりしないのか?口で言うならいくらでもできる。それじゃあ「ないと信じる」と口で言うだけの会社側と同じ。だから人格攻撃されると信憑性が揺れ動いたりするのでは?科学者ならもっと客観的な証拠を提示せい。しかし映像にはベタぼれしました。カッコイイ!あとさ〜、タバコ嫌いな皆様、「タバコは恐い」だけじゃないんですよ。「タバコが恐いことをひた隠しにして売ろうとするたばこ会社が恐い」んですよ。タバコに限らずいろいろあるけどね。カップ麺の容器しかり、ゴミ焼却に伴うダイオキシン発生量しかり、原発しかり。大企業や国が「安全です」といっても信用できない今の状況って悲しいですね。
★★★★★
From: FAVRE(NO MAIL) 6月 22日(木)12時47分27秒
アル・パチーノはこういう役をやらしたらハマルンダヨナー緊迫感も盛り上がるラッセルの評価もこの映画で上がった
★★★★★
From: ガーデンプレイス(NO MAIL) 6月 21日(水)17時34分22秒
そうそう、ラッセル・クロウの奥さんね!!ああいった人って実際に居そうだけど、何で夫のすることを信じてあげないのかな?いや、身に危険が及ぶなら「一緒に逃げよう」って言ったって良かったジャン。ああいう人が描かれちゃうと専業主婦が打算的に思える。それ以外はストーリーも映像も音楽もみんなグッド。ラッセル・クロウもアル・パチーノもちょっと暑苦しいけど、最高の演技。特に、「L.A.コンフィデンシャル」で直情型の刑事バド・ホワイトとは180度違う役柄で、ラッセル・クロウ、良かったです。
★★★★★
From: ヒサエ(NO MAIL) 6月 21日(水)14時13分07秒
とてもいい映画でした。時間が長かったけど、ぜんぜん気にならなかったし、ストーリーも出演者の演技もシーンも全部よかったです。個人的にはラッセル・クロウの奥さんがちょっといやだったかな。ラッセル・クロウはグラディエーターとぜんぜん違う雰囲気で役作りがすごいなぁと尊敬しました。アル・パチーノはゆうことないです。かっこいい!!ほんと見てよかったです。
★★★★★
From: よこよこ(NO MAIL) 6月 20日(火)00時38分36秒
友達が、『観たほうがいいよ』と薦めてくれたので、ちょっと期待して見に行きました。本当、久々にいい映画みました。ムダなシーンがなくて、よく出来た映画でした。
★★★★★
From: 蜷川(NO MAIL) 6月 19日(月)17時25分45秒
とても良かったです。時間が長いですが、なかだるみせず最後まで集中させるものがありました。アル・パチーノがとてもいい味を出していてラストの締めくくり方も私はすきです。
★★★★
From: タラコっち(MAIL) 6月 18日(日)08時44分30秒
スポンサーとメディア関係がスリリングに描かれていた。“静”のラッセル・クロウと“動”のアル・パチーノの演技が見物。M・マン監督お得意の細かいカットバックによる演出は、この映画にも炸裂している。特にパチーノがクロウに何度も電話で連絡をするシーンが傑出していたと思う。PS. 私はタバコは吸わないから安心して観ることができました(笑)
★★★★★
From: まり(NO MAIL) 6月 18日(日)04時41分39秒
最初から最後まで長い映画にもかかわらず、適度な緊張感をもったまま見れました。ラッセル・クロウのインタビューシーンは涙ぐむくらい感動。ラッセルは『LA』もよかったけど、今回の太っちょもよかった。もちろん、アル・パチーノの存在感は深みを出してましたねー
★★★★★
From: liefish(NO MAIL) 6月 17日(土)12時17分39秒
グラディエーターのラッセル・クロウと本当に同一人物?と言うぐらい全くの別人になっていた。ヒートが大好きなのできたいして観にいったがそれ以上の出来で満足しました。
★★★★
From: ラフレシア(MAIL) 6月 16日(金)18時17分58秒
長いのにね〜、熱い内容が面白かったです。自分の生き様を鑑みるにつけ「無駄に生きるな 熱く死ね!」と某映画のコピーが頭の中を駆け巡ってました。それにしても向こうでは何でも裁判なんですね。過剰な(?)権利意識の芽生えが先だったのか弁護士余りが先だったのか、私には判りかねますがタバコ訴訟も私の目には何かいびつなものに映ったんですが??
★★★★★
From: ぷち(NO MAIL) 6月 16日(金)10時22分29秒
絶対オススメ!板挟みになった人間の苦悩なんかがよく描かれていたし、ファンでなくとも、かっこいい!(顔じゃなく)と思える映画だと思います。170分を感じさせず、入り込めました。
★★★
From: ギッチョ(NO MAIL) 6月 15日(木)00時25分00秒
演技も演出も非常に良かった。この評価は単に僕がカタルシスを味わえなかったから、映画に責任はない。ところで喫煙シーンが一切ないのにケータイはマナーを守ってませんでしたね。日本料亭のシーンの描写が特に間違ってないのもちょっとさびしい。本当はリークはなかったというのは事実なの?
★★★★
From: れお(NO MAIL) 6月 14日(水)20時19分51秒
社会派映画は、あまり好みではなかったんですが、ここでの評価がとても高かったので、見に行きました。うん、面白いです。アル・パチーノの男気に惚れました!日本人向けのサービス(?)も嬉しかったりして。
★★★★★
From: hal(MAIL) 6月 14日(水)17時28分40秒
久々に中年層の渋い映画でした。こういう役はアル・パチーノじゃないと駄目だろー・・・人間の追いつめられる様子が臨場感があって、手に汗握った。
★★★★
From: (NO MAIL) 6月 12日(月)07時27分46秒
見るまで、ラッセル・クロウを高く評価していなかったが、この映画で彼に対する見方が変わりました。良い役者です。60Minutesを見て育ったので、非常に興味深い内容でした。
★★★★★
From: 桃まん(NO MAIL) 6月 12日(月)03時33分18秒
最近の新作にはない渋さが詰まった、まさに「骨太」と言うのに相応しい映画でした。全体的に統一された色調、音楽、演出…どれをとっても言うことなしです。ものすごく集中して観ることができました。ともすればラッセル・クロウ中心で終わっちゃいそうなところをきちんとアル・パチーノも柱として確立させていたストーリー展開で飽きさせないところがまたスゴイ。とにかくラッセル・クロウの見事なまでのデ・ニーロ・アプローチとあの目、そしてあの寡黙な演技…ぞくぞくしちゃいました(笑)
★★★★
From: はじめ(NO MAIL) 6月 11日(日)23時02分52秒
60ミニッツのこの番組見てたんだよ〜。そーか、そんな裏があったのね。見ごたえ十分でしたが、私もパチーノの演技が最近どれも同じに見えちゃって・・。でも同じような役だから仕方ないか・・。ラッセル・クロウはあいかわらず控えめ演技でしたが存在感有り。これと先行上映で見たグラディエーターでファンになった。
★★★★★
From: chovin(NO MAIL) 6月 9日(金)12時46分11秒
男前な映画でした。あの最後のよれたコートのえりをビシッと立てて出ていくシーンはしびれます。自分も思わず映画館を出た後にやってしまいました。でも座席に自分の財布を忘れているとも知らずに・・・。Are You a Business Man or News Man?の台詞が耳に残るっす。
★★★★
From: うぐ(NO MAIL) 6月 9日(金)12時44分34秒
ラッセル・クロウ良かった。緊張感のある演技で最高でした。アル・パチーノは、かっこ良かった。映画としては、ちょっと物足りない部分もあったけどラッセルの演技でOKって感じでした。私も、引っ越した家が変わらす素敵だったのに驚いた。
★★★★
From: K(NO MAIL) 6月 8日(木)22時07分24秒
かっこいい。男たちの意地、プライドを見た気がする。アメリカ人にもそういう感覚あるんだな。ただ、ラッセルクロウが住んでた家を手放して苦悩したあと、移った家がまたばかでかいのはいかがなものか。結構金あんじゃん、とか思ってしまった。
★★★
From: my(NO MAIL) 6月 8日(木)16時31分28秒
暗くてよくわからなかった。
★★★★
From: nina(NO MAIL) 6月 8日(木)13時51分16秒
私はたばこをすわないのですが、吸ってなくてよかったぁ〜とつくづく思ってしまった。そしてたばこ会社の圧力はあんなに大きいのかと驚かされっぱなしでした。イヤー、タバコってこわいわぁ〜そしてラッセル・クロウの日本語かわいい♪「おねぇ・・さん・・」ゆっくり言うのがかわいくって。
★★★★
From: (NO MAIL) 6月 8日(木)11時06分45秒
審問会みたいなのでラッセルクロウが証言してから急に面白くなりだした。あのまま終わりになりそうな感じはした。
★★★★
From: 正俊(MAIL) 6月 6日(火)10時04分43秒
ハリウッド系社会派エンターテイメントムーヴィー。とにかく最後までわくわくさせて飽きさせない非常によくできた映画だと思います。あんまり、社会的な要素に囚われないで、最近少なくなったちゃんとストーリーテリングされているハリウッド映画として割り切って楽しめば面白く見れると思う。そういえば、『ヒート』のテイストそのまんまですね。アル・パチーノの演技最近一本調子じゃないか?僕はラッセル・クロウの方を褒めてあげたいと思います。
★★★★
From: ユーリ(NO MAIL) 6月 5日(月)11時28分18秒
とても見応えのある重厚な映画でした。真実のためにこれほどの代償が必要になるなんて・・・と思わず考えてしまいました。ラッセル・クロウは「LA」しか見た事がないので、彼の変貌ぶりには本当に驚きました。凄い俳優さんだなと思いました。アル・パチーノも本当に素敵でした。かっこいい!そうそう、外国人からみた日本って何か違うよなぁってよく思っていたので、日本料理屋のシーンは嬉しくなりました。
★★★★★
From: ゆう(NO MAIL) 6月 5日(月)09時38分57秒
今年観た映画の中では今のところ1番です。アル・パチーノ、ラッセル・クロウどちらの演技もとても素晴らしかったです。私が観た映画館ではあまり観客はいなかったのですがもっと沢山の人に観て欲しいなと思える映画でした。
★★★★★
From: ゆみこ(NO MAIL) 6月 5日(月)01時08分16秒
いまのところ、2000年ベストムービーです。日本の喫煙者全員に見せてやりたい。食事中に、断りもなく吸う人とはもう一緒にレストランにいくまい、と固く誓いました。ところで、ラッセル・クロウのあまりの変貌ぶりに、こ、こんなにデブだった?ふけてる!とびびったのですが、あとで役作りだと知り、感動しました。おまけに、次の「グラディエイター」のマキシマス役のやせて、精悍な彼のかっこよさったら!いま、一番注目の男優です。インサイダーのあとに、グラディエーターを見たら、ケビン・スペイシー(も好きだけど・・・)よりも絶対彼がアカデミー賞にふさわしいと思うはず。あと、アメリカって国はすごいな・・・と思います。「シビル・アクション」にしろ、「エリン・ブロコビッチ」にしろ、(もうひとつ、「ザ・ハリケーン」も実話という意味ではすごい!やっぱり実話にまさる感動はないと思いました)企業の環境汚染をここまで大きくとりあげ(勝訴はできなく、和解金獲得なのだけど)るなんて、日本ではなかなかできないですよね。試写で「インサイダー」を見たとき、テレビ局とJT(日本なら)を敵に回して、広告が打てるのかしら?映画評だってまずい?と心配してしまいました。でもしっかり、王様のブランチなんかでもやっていてよかった。とにかく、タバコを吸っている人にはもっと危機感をもって、しかも近くにいる人をも殺そうとしているという罪悪感をもって欲しい。余談ですが、ここの書きこみをしている方で、アルパチーノのことを誉めている方が多いのでうれしく思いました。どっちもノミネートされていいのに、と不思議に思ったから。
★★★★
From: なび(NO MAIL) 6月 4日(日)14時29分14秒
見ていてかなり切なくなってきました。これが作り話ならキレイ事かもしれないけど実話というとこで更に胸をつくモノがあります。けどやっぱり最後らへんのアルパチーノの演技。泣きました。
★★★★★
From: スクリュードライバー(NO MAIL) 6月 4日(日)07時57分28秒
硬派な内容の映画でとても楽しめました。「凄くリアルな映画だなァ」と思って観ていたら実話を元にした映画だったんですね。予備情報をあまりいれずに観に行ったので最後になって気づきました。アル・パチーノが激昂して重役連中に抗議する場面は鳥肌が立ちました。
★★★★
From: filmania(NO MAIL) 6月 4日(日)04時21分25秒
ストーリーはもちろん、よかったけど、何といっても ラッセル クロウの 演技に 拍手です。 彼の感情表現は 素晴らしい! 50代の貫禄のある役を見事に見せてくれました。 ラッセル クロウが 好きな方も、そうでない方も、Gladiator は必見です。 是非、是非、観ましょう。
★★★★
From: あや(NO MAIL) 6月 3日(土)20時59分54秒
権力に立ち向かう男ってなんて素敵なの!苦悩するラッセル・クロウも良かったけどパチーノはさすがって感じで堪能させてくれました。最後にパチーノが言うセリフが頭の隅に残ってます。勇気や正義について深く考えさせられました。でも何故アカデミー賞取れなかったの?
★★★★
From: ダストオフ(NO MAIL) 6月 3日(土)16時12分53秒
ラッセル・クロウが枯れた感じが出ていてよかった 「LA」の時とは別人のようでした パチーノのはいつものパチーノで仕事してました なんでアカデミーとれなかったのか?です実話を元にした映画で企業の実名をだす(しかも悪く)日本では作れない映画です 
★★★★
From: Rou(NO MAIL) 6月 3日(土)13時54分08秒
「タバコ会社が多額の賠償金支払いで和解」というニュースは数年前に日本でもかなり大きく報道されたが、その裏にこれほどドラマチックな経緯があったとは驚きだ。アメリカではタバコの害に関して大衆の関心度は日本と比較にならぬほどで、そういった背景からこの映画が作られたのであろう。とにかく重いテーマで見終わった後かなり疲れるが、それは上映時間が長いからではなく考えざるをえないシーンが多いからである。監督と製作会社の勇気に拍手喝采。
★★★★★
From: りーあむにいさん(NO MAIL) 6月 2日(金)22時05分38秒
アル、アル、アルったらかっこよすぎーー!!情報源であるワイガンドを、励まし、守り、自分のジャーナリストとしての立場を貫きとおしたバーグマン...。ワイガンドを励ますときの表情、上司に熱弁を振るう表情、グッときたなあ。最後に会社を去ろうと決めたときのセリフなんて、なかなか言えることじゃない。最後の最後の後ろ姿まで、強く印象に残った。「セント・オブ・ウーマン」の次に好きなアル・パチーノであった。ワタシ的には主演男優はアルだー!!途中の日本料亭の雰囲気、かつそこのオネエサンの日本語がちゃんとしてたのが妙にエライと思ったな。ラッセルの日本語もちゃんとしてた。古くは「ティファニーで朝食を」「グッバイガール」最近だと「トウルーマン・ショウ」など、日本人の描かれ方、または日本語メチャクチャなのばっかだから、まともなことが非常にウレシイ。マイケル・マン監督っていいひと。アカデミー賞の時見た、本人のルックスもナイス。
★★★★★
From: やま(NO MAIL) 6月 1日(木)11時45分39秒
「ラジオのパーソナリティーで余生を過ごすつもりはない.」 情熱と本音と建て前と妥協の交錯.かっこいい男達の結構現実味のある(あたりまえか?)ドラマ. 音楽はいまいち.
★★★★★
From: KEN(NO MAIL) 5月 30日(火)18時04分51秒
 マイケルマン、最高でした。始めのFAXのやりとり、ラッセルクロウが証言を決意する場面など、何気ない場面の演出がうまい。
★★★★★
From: guri(NO MAIL) 5月 30日(火)16時57分28秒
期待どうり、お腹いっぱいにさせてもらった。アル・パチーノももちろんカッコいいけど、やっぱりこの映画の魅力といったら、ラッセル・クロウに尽きる。ホント、感情移入しまくってしまうほど、表情が素晴らしかったです。
★★★★
From: レクター(MAIL) 5月 30日(火)16時56分42秒
面白かった。ホントに男気のある見ごたえたっぷりのドラマでした。アルパチーノかっこよすぎ。ただ、好きなテーマのはずなのにいまいち熱くならなかったのも事実。理由はよく分かりませんが…
★★★
From: NORI(NO MAIL) 5月 29日(月)13時24分34秒
長かった・・・特に前半のテンポがダルかった・・・そこまでじっくり見せないでもいいのに・・・と思いながら睡魔と闘っていた。「ヒート」の時も思ったけど、本当にこの監督ってガンコ職人というか、男気の人というか、一本気というか、なんかとても硬派で、あまりに硬派なんで無骨というカンジさえする。それがたまらんという人もいるでしょうが。アル・パチーノと同じくTVの仕事をしているツレは、「そうそう、そうなんだ、圧力がかかるんだよねー。」なんて感じ入ってたが、ウトウトしていたのを私は知っている。私は禁煙しようと思った。
★★★★
From: C.I(NO MAIL) 5月 29日(月)08時18分01秒
長いんだけど見ごたえ充分CBSや「60ミニッツ」等 実名でこれだけやって本当にいいのかなと思うぐらいアル・パチーノ独壇場 ラッセル・クロウもよくやった音楽がヤだった ラッセル・クロウの苦悩のシーンに流れるヘンな歌声ー労作ですが これだけ自分たちに密着したものでも現実のバカなアメリカ人は観ないんだろうな というのが友人の感想彼女はご主人がアメリカ人
★★★★
From: 突っ張り太郎(NO MAIL) 5月 28日(日)22時34分39秒
硬派な内容なのだけれど、次にどうなるんだ!という展開への興味の惹き方も充分で、面白かったです。タバコ嫌いな僕にとっては痛快です。パチーノはまさに正義の人という役で、かっこ良すぎです。
★★★★★
From: ズワイガニ(NO MAIL) 5月 28日(日)19時44分43秒
ホントに素晴らしかったです。僕はマイケルマン監督の「ヒート」が大好きなのでかなり期待していったのですが、期待通りでした。ラストのアル・パチーノの後ろ姿、かっこよすぎです。
★★★★
From: go(NO MAIL) 5月 28日(日)19時38分21秒
それぞれの立場での葛藤との闘い。素晴らしかったです。
★★★★
From: ぷりんウーマン(NO MAIL) 5月 28日(日)15時41分30秒
真実を語ることの難しさ・ジャーナリズムとは・家族などについて考えてしまいました。ラッセル・クロウもアル・パチーノも熱演です。ずしりと来る社会派映画です。仕事にあれだけ気骨を持って取り組んでいる人がどのくらいいるんだろうと思いました。各賞を総なめしたのも頷けます。