ISOLA 多重人格少女

満 足 度
23.7%
回答者数19

From: まりっぺ(MAIL) 3月 16日(木)11時42分39秒
あらー時間たりなかったの?ってかんじでした。多重人格脇役だし。様子おかしい。
★★★★
From: ISORA見た人(NO MAIL) 2月 18日(金)09時16分54秒
木村よしのがシャーペンを目に刺しそうになった時は怖かった。でも後は対してこわない。ストーリーはまあまあおもろかったけどね。
★★
From: 華一輪(NO MAIL) 2月 14日(月)13時09分24秒
結局「多重人格」にはあまり意味がない感じ。みんな同じように騙されて帰ったんじゃないかな?それに角川ミステリー定番の「愛が解決」はもうあきたね。。あと被災者として言わせてもらえば、地震の描写が現実離れしてるし道路の空きぐあいに大雨もなんだか・・・・木村佳乃を黒澤優が若さで喰ってた感だけよかった。将来性あるんじゃないかな?
From: BROS(MAIL) 2月 7日(月)20時37分10秒
「パラサイト・イブ」「らせん」と同じで、この原作を映画化して成功するのは大変な事だというのは、わかっていたことだと思うのだが、あえて無策のまま作ってしまった感じがする。 多重人格を観客に納得させるには、相当なリアリズムが必要なはず。オスメント君主演、クローネンバーグ監督なら、ぜひ見てみたい。 オープニングの地震発生の所なんか、「学校の階段4」のオープニングをを見習ってよ、という感じ。 
★★
From: エミルー(NO MAIL) 2月 6日(日)10時00分30秒
ほよよー?エミルーです。不思議大好きっ子の私としては、不思議深度10%未満で没。大体、多重人格って今更、ダニエルキースじゃあるまいし。フィクションが語れるもんじゃないっしょ。全体的に作り手も諦め気味。次いってみよー!
From: スペースインベーダー(NO MAIL) 2月 6日(日)04時23分40秒
ハロにちは。お食事中失礼します。スペースインベーダーです。え〜・・・早速ですが・・・「ISOLA」サイテー。前に原作読んでたんで、もう90分つらかったぁ。ストーリーとか削りすぎてなんにも残らなかったね・・・はっきり言って原作者に失礼。(原作も傑作というほどじゃないけど)まあ、「死国」、「ISOLA」ともにミス東京ウォーカーのお披露目用の映画だと解釈して、期待しちゃいけなかったんだなと思うようにします。あの主役、さすがに世界の黒沢の孫でも、演技は下手なのね・・・。シャンプーのCMはかわいいけど。あの映画で唯一良かったとこは、後に上映される「リング0」を引き立てたところ。あの映画のあとなら何を見ても面白いでしょ。これから見に行く人で、最初にリング0を観るんなら、こっちは観ないで帰ったほうが得。「時は金なり」って言うしね。
From: NEO(MAIL) 2月 4日(金)02時22分28秒
詰め込みすぎの消化不良。お話の焦点がはっきりしないから途中で飽きてきました。隣のおばちゃん寝てましたよ…。映画館ってなぜか寝ちゃうって人は、ISOLAで寝貯めしてリング0を〜(爆ぅ)
From: ハレー彗星(MAIL) 2月 4日(金)01時11分15秒
いやあ、ほめる所がみつからない。駄作とか愚作とかいろいろ言えるが、あえて言うなら「屁作」。確かにドラマに阪神大震災が絡むという意味では初めての試みなのかもしれんな、とその展開に期待して見ていたんだが、どうひいきめに見ても、それにまるで必然性が見られず、結果的には別に地震があってもなくても問題のないストーリーであったような気が。震災で壊れた街が、背景としておもしろいという程度で、これじゃとりあげるだけ可哀相という気がしないでもない。一応冒頭から犬が死んだり女子高生が死んだり寺島進が死んだりするんだが、それがどう問題なのか語られる前に謎が解かれちゃうという観客無視の脚本に唖然とさせられる。木村佳乃は性格が暗いだけのキャラをやらされてちっとも魅力を発揮しないわ、主役のミス東京ウォーカーは可愛くないわ、どうせえっちゅうんじゃという感。気がついたことといえば、石黒賢は、このテの暗い話にオチをつけるには便利な人だなぁということくらいか。「リング0」も封切りで金払って見るほどの映画ではないが、二本立てだからってこっちも見ようなんて思わず、貞子だけ見て帰る(笑)のが無難でしょう。
★★
From: rebekah(NO MAIL) 2月 2日(水)00時08分26秒
物語の着想や背景については(未読なので何ともいえませんが)、おそらく原作によるものだろうと思うので、その辺は別として考えると、かなり不満の残る映画だったとおもいます。なにより、話の筋からみれば、黒沢優が演じる少女よりも木村佳乃演じる主人公の過去や石黒賢演じる大学教授と(恐らく恋人関係でもあった)助手の女性との関係性をもう少し掘り下げるべきだったのに、消化不良に終わっていることが残念。恐怖描写も、効果音に頼りすぎている嫌いがあるように思われました。
★★★
From: ねぎ(NO MAIL) 1月 31日(月)11時13分18秒
うーん・・・多重人格・超能力・幽霊てんこもりで消化不良ですなぁ。これで宇宙人でも出て来た日にゃぁSFの要素全て出尽くしますね。
★★
From: evian(NO MAIL) 1月 31日(月)09時08分23秒
なんだかなぁ。多重人格である設定も、木村佳乃の存在も生かされていない。そもそもちっとも怖くないじゃん。
★★★★
From: TEMMA(MAIL) 1月 31日(月)02時58分19秒
皆さんのこの映画に対するご批判、不満は至極もっともだと私も思います。確かに欠点だらけの不完全な映画です。しかし、ホラー映画(あまり怖くはありませんが)の体裁を取りながらも「阪神・淡路大地震」を日本の劇映画としては初めて題材にした映画ではないでしょうか。(それも単なる背景としてでは無く。)まず神戸の夜景から地震によるフェイドアウト、その後のかなり、リアルな避難所の描写。この地震直後の混乱の象徴が少女の13人格として現されます。(従って個々の人格の描き分けはあまり重要では無い。)災害の傷は人々の生活だけでなく、心にも負わせます。それが「ISOLA」(憎しみ、暴力、嫉妬、等々)「ISOLA」が混乱の中に、はびこるのは容易です。しかし「ISOLA」を排除して元の人格(地震前の神戸)に戻すことは容易ではありません。どうすればよいのか。そこで登場するのが、同じように心に傷を負った木村佳乃。彼女はテレパスですから人の心の痛みが、自分のことのように解ります。同情ではなく、共感です。(ボランティアとは、本来そういった意味)勿論、その他の人々の手助け(手塚さとみ)も必要です。此処まで長々と書いたことは、すべて裏目読みに過ぎるでしょうか。しかし映画の結末は、あえて原作とは違えて少女の人格は統合されつつあると、ハッピーエンドに変わっています。そして、ラストは復興にむけて歩む画面いっぱいの神戸のイルミネーションで終わります。「ISOLA」の基であった女性はきっと、地震で亡くなった六千数百人の「名も無き人々」の一人なのでしょう。「この先もずっと、私たちを忘れないで欲しい。突然命を絶たれた私たちの無念を心にとどめて欲しい。」と言う訴えは、しかと私の胸には届きました。木村佳乃さんは「失楽園」の時から思っていたことですが「映画映え」のする女優さんですね。「儚げな風情」などと死語に近い言葉を思い出しました。テレビのトレンディドラマでキャピキャピしているのとは大違いで、彼女の存在もこの映画の大きな魅力です。今後も映画を主に活躍して下さい。(にわか、佳乃フアンより)
★★
From: たかあき(NO MAIL) 1月 30日(日)21時58分38秒
木村佳乃ってけっこうかわいいんだね。この映画をみてそれがわかった。
From: りょ(NO MAIL) 1月 27日(木)10時14分38秒
初日ということもあって、周りは超満員だった。リング0よりつまらん。結局彼女は何がしたかったのだろう?石黒賢への復讐か?なら、彼につきなさい。木村佳乃は何者なんだ?ラストの氷室京介には泣けた。(リング0のラルクも泣けた。)
★★★
From: Motoyuki KAMATA(NO MAIL) 1月 25日(火)15時45分58秒
リング0に比べれば十分おもしろかった。きっと先にリング0を見ていたら怒って帰っていたでしょ。黒沢優の演技はよかったと思うが・・・
★★
From: HYDE(NO MAIL) 1月 25日(火)04時04分04秒
木村佳乃がすきだからかろうじてこの評価で。多重人格?幽体離脱?読心術?それとも被災者の苦悩?いったいどこに焦点をあてたいんだろう?話がどこにもまとまらずにそしてなにも解決しない。なかなか素敵な時間を過ごさせていただきました(笑)。
★★★
From: かきこ(NO MAIL) 1月 23日(日)11時00分18秒
私の評価は甘いだろうか???うーーん、、、確かに殆ど解決もせず救いのない内容なんだケドね。でも、思っていたよりも面白かったので☆『死んだ女にヒロインが彼氏(?)を取られる話』な所は『死国』とソックリなのだが。。。(木村佳乃、救われないな・・・)でも、『リング0』より私的に恐かったなー。だから◎ただ、多重人格って設定は無くても成立しそうな話。霊に憑依されやすい少女の話でも程んど問題無しな気もする。。
From: eos200(NO MAIL) 1月 22日(土)19時33分46秒
 主演・・・木村 佳乃 主役・・・石黒 賢  ↑  こんな感じ。多重人格がテーマのはずなんだけど、各人格の違いがわかりづらい。もっといえば、作品中での多重人格の存在意義がわからない。あの少女、ポスターにでっかく写ってる割にあまり出番がなかったと思う。 木村 佳乃はカワイイ・・・
From: (NO MAIL) 1月 22日(土)05時20分40秒
なんて言えばいいのかわからないくらいに、伝わってくるものがなかった。木村佳乃の自分を探すという事も、結論が出なかったような気がするし、黒沢優のISORAも多重人格というところに期待したのだが、結局は、磯良のような行動をする、石黒賢の彼女の話しとしかおもえなかった。う〜〜〜ん、梟の城なみだな・・・・・。死国のほうが、おもしろいかも・・?