マーシャル・ロー

満 足 度
48.2%
回答者数28



From: メロン(NO MAIL) 6月 15日(木)14時52分36秒
みなさんが言うように私もがっかり内容がよく理解できなかった。終わった後に、・・・?って感じでした。がっかり
From: ドーベル(NO MAIL) 6月 14日(水)23時44分52秒
がっかり。期待してただけに残念です。まず、アネット・ベニングはあきらかにミスキャストでしょう。たとえアカデミー女優でもあってないものはあってない。さらにストーリー面もややお粗末。ブルース・ウィリスは結局なにが目的なのかわからないし、アネットさんせめてちゃんと調査ぐらいしてくれよって感じです。それからデンゼルさん。たまには自分の殻を破ってください。いいこちゃんの役ばかり。ついでにナッチさん(↓)>ここにこないで!!!ちょっと失礼ですよ。人それぞれの意見を少しぐらい尊重してみては。
From: ドーベル(NO MAIL) 6月 14日(水)23時42分31秒
がっかり。期待してただけに残念です。まず、アネット・ベニングはあきらかにミスキャストでしょう。たとえアカデミー女優でもあってないものはあってない。さらにストーリー面もややお粗末。ブルース・ウィリスは結局なにが目的なのかわからないし、アネットさんせめてちゃんと調査ぐらいしてくれよって感じです。それからデンゼルさん。たまには自分の殻を破ってください。いいこちゃんの役ばかり。
★★★★★
From: ナッチ(NO MAIL) 6月 14日(水)19時49分26秒
いちろうさん(↓)あなた・・・アネット・ベニングをバカにしましたね!!アカデミー賞女優ですよ!映画の事全然しらないんだったらここにこないで!!!
From: いちろう(NO MAIL) 6月 9日(金)21時44分39秒
出てくる女の人があんましきれいじゃなかったそれに年だったし(ーー;)テーマは人種差別..なのかな?これもちょっとピンとこなくて感情移入できなかった
★★★★
From: クロ(NO MAIL) 6月 1日(木)22時18分00秒
全然期待してなかったからなのか、結構おもしろかった。脚本よりもノリで行こうぜってかんじかな。でも、アネット・ベニングはミスキャストか、イメージが合わなくてしっくりこなかった。
★★★★
From: NN(NO MAIL) 5月 22日(月)02時23分21秒
まったく期待せずに行ったら、結構いいじゃん、って思ってんけど。なんか、みんなのコメント見てたら、そーいや辻褄が合わんなーと思えるとこも出てきたわ。ただ、勢いとテンポがあったっすね。押し切られた。無茶苦茶にテロが起こりまくるという設定は、結構斬新だったのでは??あまいかな。
★★
From: ぴっける(NO MAIL) 5月 19日(金)18時08分23秒
ゴメン、つまらなかった。っていうか何だ?一体。この映画。中途半端すぎないか?そのくせ話をでかくしてる。だから後半はけっこうムチャな映画になってましたね。アネット・ベニングもよーわからんし。
★★★★★
From: Y.O(NO MAIL) 5月 13日(土)22時08分23秒
ブルース・ウィリス出演の超大作的な娯楽映画かと思っていたが、もうすこし地味目にドラマを展開している感じだった。何故他の評価が悪いのか良く分からない。他の不評コメントを見ていて、ストーリーの分かりづらさに理由があるのかなと思った。アクション映画として見ているからだと思う。グローリー、戦火の勇気も見てみたくなった。しかしあの爆破シーンは、かなり凄かった。
★★
From: カレン(NO MAIL) 5月 8日(月)00時39分59秒
ちょっとね。ありきたりの感が。まず、アネット・ベニングが全くのミスキャストだと思う事。知的でスタイリッシュな女性の顔じゃないんだよね〜。やっぱり中年の奥さんの顔だと思う。だから、アメリカン・ビューティーははまり役だと思ったけど、コレは最悪。ストーリー的にもまあ、それほど驚く事態も予想を裏切ることもなくただ淡々と流れていく感じでつまらなかった。ブルース・ウィリスがいつもと逆の立場を演じた、というところは少し評価できるかも。デンゼル・ワシントンがブルース・ウィリスよりも年上だということは、この映画を見るとかなり意外。
★★★★
From: りんえい(NO MAIL) 5月 7日(日)00時52分49秒
そんなに期待せずに行ったんだけど・・・けっこう面白くってびっくり!!でした。
★★★★
From: go(NO MAIL) 5月 6日(土)21時03分25秒
私なりに関心が強い作品でした。日本の「自衛隊」というものが、エスカレートしていくとこのような事態になるのではないか?と考えさせられると同時に、解かりやすいシュミレーションだとも思った。軍隊というのは「自分たちを護るため」という建前でありながら、究極の状況下では「自分たちを威圧するため」のものに変貌する悲劇もある代表的な、しかも日本の経験した歴史であると思います。日本に置き換えてもっと論議をかもし出してもらいたい。
★★★★
From: Jr(NO MAIL) 5月 3日(水)10時00分19秒
基本的には面白かったと思うけどイマイチのれなかった。映画のバックで流れるコーランの響きのせいかな。
★★★
From: れお(NO MAIL) 5月 2日(火)22時47分27秒
アクションは最初が一番よかった気がします。ビックリして椅子から飛びあがるようなシーンもありました。その後からは宗教とかも絡んできて、何だかよく分からなくなっちゃいました。。。
★★
From: ハレー彗星(MAIL) 4月 25日(火)08時31分04秒
ブルース・ウイリス、ラストくらいやる気出せって!あまりにも好対照すぎたぞ。デンゼルの熱演と。
★★
From: TEMMA(MAIL) 4月 25日(火)00時34分51秒
アメリカでは色々と論議の的になって問題作と言われ、それ故に日本公開も一年遅れたと聞き及び、私なりに期待していたのだが、結果はカックンでした。まずアネット・ベニングが何を考えているのかワカラン。恋人(情夫)を庇う気持ちはワカランでもないが、一応調べてみようとは思わんのか?もし調査していれば、ここまで被害が拡大する事は無かったはずだ。次にブルース・ウィルスの気持ちがワカラン。いったい何が目的でアラブ過激派主導者を誘拐したのか?軍が国家のヘゲモニーを執る事が目的なら、クーデターを起こすべきで、NYだけに戒厳令を敷いても局地的な事にしか過ぎないと思うのだが。デンゼル・ワシントンはこうまでイイコチャンでは、人間的な陰影も何もあったものではない。役者として演じていて、つまらなくは無いのだろうか?一番の責任は自らアラブ人を拷問の上、射殺してしまうようなクレイジー将軍を任命し、戒厳令を施行したアメリカ大統領にあるのではないか。しかし、映画の出来とは別に公開が一年遅れたおかげでタイムリーなことに「石原都知事の自衛隊治安維持出動発言」と重なり、そのあまりの類似性が可笑しくも又、怖かった。今の所、これに関連付けての発言やコメントを聞き及んではいないので、私がBBSに投稿させていただきます。興味のある方はそちらをどうぞ。
★★★
From: ねぎ(NO MAIL) 4月 24日(月)13時17分53秒
うーむ・・・・結構好きな内容だけど、話のテンポが余り良くなかったので長く感じましたね。可も無く不可も無くってな感じです。
★★★★
From: moko(NO MAIL) 4月 22日(土)00時15分20秒
ほとんど情報を入手しないで観にいったのでブルース・ウイルスの活躍するアクション映画かと思っていたところ全く違うヒューマンドラマでうれしい誤算でした。FIBのデンゼル・ワシントンとちょっと怪しげなCIAのアンネット・ベニングの駆け引き、ブルースの軍人としての行動(戦場ではあり得るんだろうことがかなり怖かったけど)見応えありでした。
From: けんさん(NO MAIL) 4月 22日(土)00時07分22秒
最初のほうでこりゃ、大当たりだね!と、思いきや1時間程過ぎた頃からつまらない内容に急転落。アメリカ人の考える危機的局面て何でいつもアッサリ解決しちゃうんでしょか?。
★★
From: ドリームチーム(NO MAIL) 4月 21日(金)20時39分06秒
ただ単に話が進んでいく感じで、映画の中で言いたいことやテーマがはっきりとしなかった。題材はいいと思うので別の人が撮ったら面白くなるかもしれないと思った。
★★★★
From: fumi(MAIL) 4月 21日(金)19時35分44秒
最近の芳しくないFBIの風評を知っていても、なかなかの出来だったと思う。まさに今が効果的、という時に爆破するテロリスト、自分達の縄張り意識の強い組織同士の対立、過去の外交政策が尾をひく世界の変化、がしっかりと描かれていて良かった。デンゼル・ワシントンの、切れ者、という役どころが嬉しかったり、アネット・ベニングの<アメリカン・ビューティー>とは全く違う演技に、役者だなあ、と感心したり・・・。社会派、という映画はなかなかヒットしにくいと思うが、人の意識を変えていく力があると思う。
★★★
From: 突っ張り太郎(NO MAIL) 4月 19日(水)22時40分57秒
多少、展開や人物像を頭の中で整理しながら観ないといけなかったけれど、以外に面白かった。かなり大袈裟な展開なんだろうけれど、必ずしも非現実的でない恐怖感もあり、謎も、怪しいとは思いつつも、最後まで引っ張られてしまう展開と、同じデンゼルの「ボーン〜」よりは好きだったなぁ。
★★
From: C.I(NO MAIL) 4月 17日(月)08時14分27秒
1.アネット・ベニングの老け具合にびっくり2.デンゼル・ワシントン オフでもこの位にシェイプアップしたまえ3.ズラがおかしい ブルース・ウィルス犯人像が釈然としないのと まだるっこしいストーリー展開損してます デンゼル・ワシントンの 正しいこと言ってるぞの演説場面がうり ということでしょう
★★★★
From: ようすけ(NO MAIL) 4月 17日(月)01時23分52秒
まさしく究極の娯楽映画。最初から最後までノンストップです。デンゼル・ワシントンの熱血漢ぶりがカッコイイ。ブルース・ウィリスは特別出演って感じかな。ちょっと人間関係が複雑なところが(とくにアネット・ベニングの役)僕にとってはマイナス要因。
★★★
From: Rou(NO MAIL) 4月 16日(日)14時12分32秒
似たような内容の映画でトミー・リー・ジョーンズの「ブローン・アウェイ」という作品があったがそちらの方がテロを扱った映画としては面白かった。しかし内容的には現在のアメリカの悩める部分をクローズアップしている点は評価できる。少々危険な面もあるが・・・・。この映画1998年製作となっているが日本で公開されるのに時間を要したのには何か理由があるのだろうか?ただ単に本国での興行成績が良くなかったから?*ややネタバレ ブロードウェイの劇場爆破現場のシーンはショッキングでした。爆弾テロの恐ろしさが実感できた。
★★
From: tomo(NO MAIL) 4月 16日(日)00時45分39秒
登場人物の把握ができなかったです。ただ単に自分の勉強不足ということもあるんですけど、期待していただけにちょっと物足りなさを感じてしまいました。
★★★★
From: hiro(NO MAIL) 4月 10日(月)16時52分16秒
娯楽映画としては面白い。アメリカのテロに対する厳しさと人種間の難しさがわかった。
★★★★★
From: DENDEN(NO MAIL) 4月 9日(日)11時36分35秒
エンターテイメントとして最高の出来。中ダレすることなく最後まで観ることができた。