ミッション・トゥ・マーズ

満 足 度
30.1%
回答者数83



From: こっこつ(NO MAIL) 7月 20日(木)13時25分32秒
これみた後にコンタクトみましたけど、コンタクトの方が良かったなあ。何といっても宇宙人そのものが出てこない!ゲイリーシニーズ(でしたっけ、主役)はかっこよかったけど、最後のあの火星人!とあの終わり方!は許せません。あの後地球に戻った人たちは何と弁解するんでしょう、他の人に。もうがっかりな映画でした。
★★★★
From: sho-ta(NO MAIL) 7月 19日(水)07時38分47秒
名前がわからないのデスが、最後の最後まで「この主人公はいつか悪役になるんだぞお」と思いながら観てしまったのが失敗でした。純粋に良い役出来るんですね!でも、これを観た後、レンタルで悪役モノ借りてしまった・・・・感想は「ヤッパリこの人は悪役が良い!悪役でこそ活きる人!!!」と言う感想が未だに消えない(−_−;)五つ星で無いのはその為です。
From: ムッシュ(NO MAIL) 7月 16日(日)00時18分36秒
一生懸命つくったのはわかる。でも、もっと盛り上げるとこはもりあげなきゃ。最後の、宇宙人は蛇足。あれがなきゃ、星2つ。う〜ん、なんでこんな映画になったの?
From: yumi(NO MAIL) 7月 13日(木)11時14分32秒
デ・パルマどうしちゃったの?あんな、宇宙遊泳はいやだなあ。。。。
★★
From: らーめん男爵(NO MAIL) 7月 9日(日)02時47分01秒
CGの上手な見せ方、絶対にやっちゃいけない見せ方、その両方が一緒に見れた様な気がします。ミッショントゥマーズのビデオが出たら、最後のオチのトコだけ2001年とカセット差し替えて見てみよーっと。けっこうマトモに見れるかも(笑)
From: くんくん(NO MAIL) 7月 8日(土)17時17分17秒
この映画は、結局何がいちばん言いたかったのか、がわからない…。見る前にもっていたイメージがここまで裏切られた映画はあまりないかも。(別に悪い意味でもないんだけど)べたべたのSFですな。でもちょっと泣いてみたんだけど。
From: min(NO MAIL) 7月 8日(土)07時53分27秒
もう!力抜けた。今年に入って映画館で60本は見てるけど、ワースト1決定!今年は後半分あるけど、ワースト1決定!今年というよりここ数年でまれに見る駄作!だいたい、なんでデ・パルマが火星なのさ。それからして、いかがわしかったけど、みんなの感想が悪すぎるので、もしやいいのではと、少しはかた持ってあげようかと思ってたのにさ。前半はまぁまぁ60点。後半でマイナス70点、というわけで、0点にも達しません!ガンバルノヨ!デ・パルマ!おじいちゃん監督で生き永らえてるのは数少ないんだから!
From: マッチ(NO MAIL) 7月 7日(金)18時49分51秒
はっきり言って、ひどすぎる。SFX技術だけの見せ物映画。まさか最後にあんなものを登場させて丸く収めようなんて、デ・パルマは今後を考え直した方がいいね
★★★★
From: ゴン(NO MAIL) 7月 7日(金)06時29分03秒
僕の彼女も泣いていました。見る人によっては叙事的でとてつもなく壮大なお話に感じるのでしょう。 感想を聞いたらそういう事を言っていました。確かにそういう事でも涙は出てくるものです。何処を見てもあまりいい評価はされてないようですが、こういう観客も何人か存在してるという点では、この映画の存在意義は結構高いんじゃないかと思いました。僕も自分の中での「SFに求めるエッセンス」というモノがあって、その点にはかなり応えてくれた映画でした。見に行ってよかったと思います。
From: あさがお(NO MAIL) 7月 6日(木)14時51分02秒
・・・・・・これは一体????期待していたのに、かなりつまらかった。私の中のワースト1ぐらいに入る勢い。でも隣の席の見知らぬ女の子は号泣してた・・何故?
★★★
From: アルペンレーサー(MAIL) 7月 6日(木)01時18分11秒
「未知との遭遇」のチ○カスで出来たような脚本によくこれだけ優秀な人材が集まりました。テーマから外れたエピソードがそれなりに楽しめるんで飽きさせないのが救い。「アポロ13」のシニーズが今回は未知の世界に飛び立つのが楽屋オチみたいでニヤリ。
★★★★
From: ななこ(NO MAIL) 7月 3日(月)00時42分49秒
前半は面白かったのにねぇ〜。夢がありすぎる映画でしたね。それはないやろ!!みたいな・・。子供が見たら喜ぶ映画になってると思いますね。。謎の多い映画でした。でも結構飽きることなく見れたので、☆4つです☆
★★★★
From: カズ山(NO MAIL) 7月 2日(日)09時49分46秒
とりあえず★4つ。ただし、あの宇宙服のヘルメットの形状を見てピンと来る方のみ...。自分はデ・バルマの「2001年」っぷり、そしてSF好きっぷりを確認しに映画館へ足を運んだのでそれなりに満足。内容に関しては、はなっから期待してなかったので、あんなもんでしょ、と納得。「俺なりの2001年」やりたくなるのは映画監督(特にSF好き&映画マニアの)の性なのか? キャメロンの「アビス」といい成功したためしないのに...。(唯一成功してるのはD・トランブルの「サイレントランニング」ぐらい?)火星からハッピーバースデーの映像を送ってくるシーン、M&Mが宙に浮かんでるシーン、人面岩に閉じこめられたシニーズたちが宇宙服を手首から外すシーンなどなど、色々ニヤニヤさせられながら鑑賞出来て、自分的にはもうOK! 火星から無数の宇宙船が飛び立つCGなんか、クラークの「太陽系最後の日」を彷彿とさせて、やるなデ・バルマ!ってカンジ。でも、本当にそれだけ。それ以上でも、それ以下でもない映画でした。
From: 7月1日に見た(NO MAIL) 7月 2日(日)08時30分23秒
 好きな設定ですが、いい物語ではありませんでした。ここで、辛口の意見を見ていたので、ある程度の覚悟が出来ていて幸いでした。 特に後半には失望しました。最後は、しり切れ、て感じます。
From: あつし(NO MAIL) 7月 2日(日)02時16分23秒
後半が・・・・^^;前半は面白かったんだけどねぇ^^;久しぶりに映画館行ったのにさぁ・・・。この後味の悪さ(><)
From: なっち(NO MAIL) 7月 1日(土)11時43分52秒
金かえせ〜!!って感じですね。見はじめて20分位のあのシーンの所で、久しぶりのヒット!って思ったのに・・後半からラストにかけては、「こども科学館」で上映すれば?って感じですね。あの映画、制作費いったいいくらかかってんのかしら・・
From: Kiyomi (NO MAIL) 6月 29日(木)00時01分54秒
ゲイリー・シニーズはかっこよかったのに!!!モリコーネの音楽もこの作品にはミスマッチでしょうか?駄作とまでは言わないですが、「M:I-2」蹴ってまで作るほどの作品か?と思います。ティム・ロビンスの使い方も勿体無いし…。基本的にSF苦手だからそう思うのかな?
★★★★
From: ハチェット・ハリー(NO MAIL) 6月 28日(水)02時49分45秒
なんで〜?すごく面白いじゃない。夢があって、ハラハラドキドキする。俳優達がとても楽しそうに演じているように見えたしね。シニーズは「"家族で見に行ける"初のデ・パルマ作品」って言ってすごく喜んでいたらしいよ。自分の息子に絶対見せてやるんだって。私は本作でデ・パルマをちょっと見直しました。この人の作品の中で一番面白かったかな。なんだ、こんな素敵な冒険ものも作れるんじゃない、って。ミッションもスネーク・アイズもあれらこそ期待外れだったと思うな。
From: ボン(NO MAIL) 6月 26日(月)20時09分43秒
デ・パルマ何作ってんだ−。相変わらずカメラワークは流れるようでよかったけど・・・
★★
From: オギー(NO MAIL) 6月 26日(月)16時30分34秒
はじめまして 今回はじめて投稿させていただきます!!この映画を見たのは、初めてアメリカへ旅行に行ったときです。 何かの話の種にと「日本でまだ公開されていないものを」と思いちょうど この映画が封切りになっていたので 見てきました。(もちろん英語はちんぷんかんぷん(苦))さて 前置きが長くなりましたが、この映画についてのコメントを述べさせていただくと、(大まかなストーリーしかわからなかったが)話の始めのほうに4,5人ぐらい死んでしまいますが、まーこれはこれで、神秘的な場所に踏み込んだ 罰なのだろうとこのときは考えていましたが、あとあと 主人公たち 一行はメルヘンキャラ(?)とフレンドリーになっていたが、 じゃあ はじめのあれはなんだったんだと声を大にして言いたい!!そもそも、宇宙での人間をテーマとした(友情とか)ものだったら それだけにしぼるべきだ!!最後のあのメルヘンキャラは まさにいただけない!!最後の最後で映画の質がガクッとおちたようなきがする!と、愛と偏見にみちたコメントを終わらせていただきます。どうか 広いお心で ご編集ください。
From: 志方勝滝(MAIL) 6月 26日(月)08時55分31秒
こんな映画が製作されるハリウッドの度量の広さ、そして平然と公開するという儲け主義の愚行を考えさせられた。内容?全然記憶に残ってないです。でもデ・パルマが1時間もカットしたんでしょ?
★★
From: 三並の帝王(NO MAIL) 6月 25日(日)22時50分57秒
話しがいきなり非現実になる
From: やっちゃん(NO MAIL) 6月 23日(金)17時49分57秒
俺が見た映画の中では最低だった。火星人は普通だし、登場人物は全員頭おかしいし、ラストのTHE ENDはここで?って感じだし音楽もストーリーが悪すぎるから乗れないしよくこんなの作れたねって感じです。
From: skywalker(NO MAIL) 6月 23日(金)12時05分06秒
久しぶりに観た はずれの映画でした。登場人物に魅力がなく お話も どこかであったような つまらない内容でした。主人公の過去の傷も 引きずったまま進行して 弱い人間という印象しかありませんでした。夫婦関係の ふたりが 離ればなれになる場面でも 設定に無理があるような気がして 感情移入できませんでした。今日NASAが 火星に水がある可能性を発表していましたね。
From: man of mars(NO MAIL) 6月 22日(木)14時15分28秒
スゴクツマラナイトオッモタ シカシスコシカンガエサセラレタ コロスノワヤメヨウト
★★
From: sue(MAIL) 6月 22日(木)14時15分49秒
あれだけのスタッフがそろっていながら、どうしたんだと言う感じ。ファンタジー入りには、びっくりした。ゲイリー・シニーズは好きな俳優だが、ファンタジーは似合っていない。映像・音楽・・・とてもいいのだが、全体の評価は下がる。
★★★
From: 背番号「02」(NO MAIL) 6月 20日(火)19時11分58秒
ある意味デ・パルマにリスペクト。
★★
From: さい(NO MAIL) 6月 18日(日)20時33分24秒
まったくみなさんおおっしゃるとおりで。SF・・・ファンタジー??という印象でした。まず顔のモニュメントでひいてしまったし。ラストに至っては「本当にいいのか??!!」と狐につままれたような気分でした。首を傾げずにはいられなかった。
From: みき(NO MAIL) 6月 18日(日)15時33分35秒
かなり期待していったのですが、しっかり期待を裏切られました・・・。なんですか?あの火星人は?私も、あのシーンで、すっかりひいてしまった一人です。G・シニーズの笑顔は見慣れないせいか、ちょっと不気味でしたね。ティム・ロビンスは好きなんですけど出番が少なくてガッカリです。ラストでG・シニーズはどこへ飛んで行ったのか誰か教えて下さい。
★★
From: タラコっち(MAIL) 6月 18日(日)08時48分00秒
かって、SF少年だったデ・パルマ監督が、過去の好きだったSF映画にオマージュを捧げていますが、オマージュが露骨すぎる…。最新のILMの視覚効果はそれなりに凄いけど、肝心なドラマが薄い…。[THE END]のタイミングの悪さにもセンスを疑いたくなった…。
From: サトー(NO MAIL) 6月 16日(金)18時04分29秒
ゲイリー・シニーズとティム・ロビンスと言う事で見に行ったのに内容にまったく新鮮味がなかったのよ。あれえ コンタクト?みたいなおよお アポロ13?みたいなーかんじー
★★★
From: きめこめ(NO MAIL) 6月 16日(金)03時28分51秒
少年向けSF冒険モノみたいなお話し、そのディテイル。たまにはそらを見上げて夢見てみましょうってことかね?
★★★★★
From: 石井瑛子(NO MAIL) 6月 15日(木)20時35分38秒
ゲイリー シニ−ズがなので見に行ったのだけれど、見る前はあまり期待しないでみたのですが、始まってみたらかなりおもしろかったです。広告とかだと恐怖映画のように思えてしまうんですが、見てみてそれは違っていたことがわかりました。とても良いお話しでした。
★★
From: fumi(MAIL) 6月 15日(木)19時52分59秒
ティム・ロビンスが脇を固めてるって言うし、冷酷憂い顔のゲイリー・シニーズが主役はってるって言うし、SF好きだし・・・で期待していたのですが、落差が大きすぎました〜。途中まではまあまあ面白かったけど、ティムは死んじゃうし(片手間に出たんじゃないの〜?悔し〜)、その妻は気持ちは分かるけど、とてもNASAで訓練を受けた者の取る行動じゃない事するし(NASAは怒らないのか?)・・・。皆様が書いているように、火星人に至ってはもうなんとも・・・。せめて、手だけ見せて、後は想像させるような方法が取れなかったのか〜と思うし・・・。そして、結末はなんだかあっけなく終わっちゃいました。ファンタジーとして観るべきでしたね、最初から。そうしたらもう少し楽しめたかも・・・。
From: 蜷川(NO MAIL) 6月 15日(木)13時06分07秒
最初からあまり・・・という内容でしたが、火星人出現で完全にひいてしまいました。主人公の後半からの心境が全く共感できない為あの状況での行動に疑問が残りまくりました。
From: go(NO MAIL) 6月 15日(木)01時43分48秒
時間の流れ方が不明(いつのまにか1年後)、サントラが不一致(逆効果)、ストーリーのおちゃらけに唖然(顔とか火星人とかDNAとか)どうせだまされるのなら、もっとましなだましかたあるじゃん。最後に彼はどこへ行ったのか?(劇場でおいていかないでくれーと叫びたくなる)お粗末なシナリオ。
From: まさと(NO MAIL) 6月 14日(水)21時04分14秒
映画館でのプレビューとテレビのCMに惹かれて早速みさせていただいたが・・・。あっという間の火星到着にせよ、簡単に謎をといたことにせよ、ストーリーが盛り上がりにかける。薄っぺらい作品になってしまった。火星上の人面は実際にNASAが発表しているが、あそこまで簡単に行かれると・・・。まー。暇つぶしにはなります。
★★★★★
From: ナッチ(NO MAIL) 6月 14日(水)19時36分52秒
わたしは、ティムロビンスが好きなので観に言ったんですけど、やっぱりかっこいい・・・。
★★★
From: あけみ(NO MAIL) 6月 13日(火)21時32分37秒
大いなる宇宙を前にして、一つの生命はなんて無力で儚い。けれど各々の生命には果たすべきミッション(任務)がある。うまく言えないけれど、生まれ出でて生きて在ることの意味を一生を通じて解き明かしていくのが、私たちのミッションなんじゃないかなと思った。でも前半の仲良しごっこはちと退屈だったかも・・・。
★★★★
From: かつ(NO MAIL) 6月 13日(火)04時23分41秒
期待していたよりは、ずいぶん良かったです。ただ、なぜいすゞのミューがあるんでしょうか?やぱっり、火星人にもう少しリアリティーがほしいいや、むしろ出さなかったほうがよかったのかも
★★
From: なっちゃん(NO MAIL) 6月 13日(火)00時20分44秒
ちょっと賭けかな・・・と思いながら観にいきましたが、うぅ〜ん(ーー;)って感じでしたね。監督といいキャストといい、まあ大丈夫だろうと思ってたんですが、あぁ・・・私の好きなティム・ロビンスが、ゲイリー・シニーズが、もったいない!!それでも途中までは、まあよかった気がするけど、ずいぶん壮大なところに結論を求めすぎたんじゃないですかね。皆さんのコメントに笑いながらうなずいてました。
From: チャップリン♪(NO MAIL) 6月 12日(月)23時57分51秒
途中までは、そこそこ楽しめた。人面岩がでてきたところからは・・・なんか、ちょっと「ハムナプトラ」とかぶってる?そしてそして、火星人が出てきて完全にひきました。最後のシーン。「おーい!ジム〜!何処へ?」わたしは、完全に映画館の取り残されて唖然とするばかりでした。
★★
From: P−7(NO MAIL) 6月 12日(月)16時09分10秒
前半はまあまあ良かった。火星人が出てきたところはかなり引いてしまった。
From: (NO MAIL) 6月 12日(月)07時25分37秒
うーーむ。『やってしまったか・・』感が強くて、苦笑い。シニース君の化粧、濃すぎ。友情とか夫婦愛って、なんでいつもああゆう風にしか描かれないのかなー。萎えた。
★★★★
From: HY(NO MAIL) 6月 12日(月)03時22分47秒
私はかなり楽しめました。正統派のSFかと思っていたら、ファンタジーでしたね。だから科学的におかしなところがいっぱいあっても許せましたね。
★★
From: アジフライ(NO MAIL) 6月 12日(月)01時24分26秒
SF物は大好きで期待して観に行ったのにストーリーと設定がアリャリャ…という感じです。セットもリアルで特撮も素晴らしいのにもったいない限りです。そもそも科学の粋を集めた宇宙船があんなにお粗末でいいの?
★★★
From: はじめ(NO MAIL) 6月 11日(日)22時55分38秒
確かに作品としての出来、不出来で言えば、イマイチなので星三つなんですが、心情的にはカール・セーガンのCOSMOSやHNKの特番(久石譲がBG担当のシリーズ)が大好きだった私といたしてましてはとても詩的で好きでおます。進化の歴史ってそれだけで何だかぐぐっときちゃうもので。
★★
From: あき(NO MAIL) 6月 11日(日)20時51分08秒
私も一番印象に残ったのはゲーリーシニーズのあの顔でした。あんな顔でしたっけ?下の方のコメントにもあるように目がぱっちりでしたね。メイクの効果でしょうか。あの人45歳ですよ。やけに若く見えますね。身代金に出ていた時とは別人のようでした。
From: じゅんー(NO MAIL) 6月 11日(日)16時26分03秒
監督(ブライアン・デ・パルマ)、出演者(ティム・ロビンス、ゲイリー・シニーズ等)からをして、つまらないわけない!と想像しつつ、劇場に足を運んだのだが、おちは、「スター・トレック ネクストジェネレーション(TVシリーズ)」でも、見かけたモノだった。あと、気になったのがゲイリー・シニーズのお目眼が、やけにぱっちりしてて少女漫画を思わせた点だ。
★★★★★
From: れお(NO MAIL) 6月 10日(土)21時04分09秒
ほのぼのしたSFを期待して観に行ったら、期待通り!ビンゴ!って感じです。登場人物も好感を持てる人が多くって、見ていて安心感がありましたし、次々と展開するストーリーにもぐぐぐっと引き込まれました。ゲイリー・シニーズって、あんなにいい顔で笑うんですね〜。見ているこっちまで幸せな気分になっちゃいます。
From: 桃まん(NO MAIL) 6月 9日(金)22時16分59秒
う〜〜〜ん ホントにつまんなかった。前半から火星の あの「顔」の中に入って行くまでは良かったんですけどねぇぇ…(^^;CG火星人が出てきちゃって DNAなんかどーんと手のひらに浮かべちゃってホロリ、と涙なんか流されちゃって…もうただ、ただ唖然。まだこういうことをするかっ!というカンジ。マジで椅子からズリ落ちそうになりました(^^;あまつさえゲーリー・シニーズたちがぽかーんと口を開けて手をつないで輪になっちゃったりして「彼は我々だ 同じ種だ」だと〜〜〜〜〜っっっ!!NASAの全面協力だかなんだか知らんけどこれでいいのかいっっ!もっと真剣に作れ〜〜っっ!…という気がしました。なんか全てにおいて 最初はめちゃくちゃ情熱を持って作りはじめたけど途中で飽きちゃった…という印象を受ける中途半端な映画。せっかくのゲーリー・シニーズ(悪役じゃない彼は久し振り)やティム・ロビンスという豪華なキャスティングがもったいない〜〜(T−T)!
★★
From: Sharl(NO MAIL) 6月 9日(金)15時24分14秒
ちょっと中途半端な感じ.いろいろなSF映画のエッセンスを混ぜ合わせて何となく時間内に納めたという感じですかね.最近のSFXは本当にすばらしいと思います.これを十分に生かすstoryというのがなかなか難しいのかもしれませんね.
From: サターン(NO MAIL) 6月 9日(金)00時01分16秒
自分も理数系の大学を出て 今、宇宙系の仕事をしてるんですけど この映画は 間違いだらけですよ。誰かも書いてたけど アルマゲドン観たときと同じ苦痛を 味わいました。
★★★★
From: ベイサイド(NO MAIL) 6月 8日(木)12時45分21秒
>じじいさんゲイリ−・シニ−ズですね。僕もじじいさんとほぼ同じ様な感想です。夢を感じさせてくれる、後味の良い作品でした。
★★★
From: Rou(NO MAIL) 6月 6日(火)20時01分03秒
監督のSF映画への思い入れが詰まった作品。「2001年」を意識して作り上げたことは本編を見て明らかだが、脚本が切り貼りしたような感じに思えた。パルマ監督の新分野への挑戦は評価に値するが、やはり作品中の謎解きの部分などは「ミッドナイト・クロス」「殺しのドレス」に比べるとインパクトがかなり少なかった。(そもそもジャンルが違うのだから仕方ないのかもしれないが)映像はやはり期待通り。よく出来ていた。
★★★★★
From: ルパート・パプキン(NO MAIL) 6月 5日(月)17時09分59秒
サイコ―!!! 大学で物理と化学を学ぶ映画少年としては、これは映像、音、ストーリー、その他全てにおいて、最近のクダラナイ気取ってばかりどの作品より、ぬきんでてよかった。科学と哲学(的感覚)と芸術の真価をりかいできれば、みんな楽しめるのになー。それと存在としての誇り高さか・・・。生まれてきてよかった!!!!!
★★★★
From: じじい(MAIL) 6月 5日(月)12時32分33秒
う〜ん・・・みなさん、評価低いですね・・・・じじい的にはとっても良かったですよ。デ・パルマ監督「2001年宇宙の旅」に対する思い入れを感じました。何かこの映画とってもステキで切ないシーンがたくさんありましたよ。宇宙船の無重力状態での夫婦のステキなダンスシーン!宇宙空間でのこの夫婦の死別の切ないこと!亭主を必死で追いかける妻!後少しで届かないワイア・・・火星から一斉にロケットが無限の宇宙へ旅立つシーンの美しいこと!最後に妻を亡くしたパイロット(誰だっけ?名前忘れた)が宇宙船の中で苦しみを開放され旅立つシーン!思わず俺も連れてってくれと叫びたくなったのはじじいだけ?何か取り残されたみたいで胸が締め付けられました。粗筋はポールホーガンの「星を継ぐ者」を連想しましたが、登場人物達がとてもすてきに見えましたよ・・・なんか支離滅裂になっちゃったけど、切なくて美しい物語でした。
★★
From: メディア権力論(NO MAIL) 6月 5日(月)10時54分25秒
うーーーーん。なんかCGすごいけどそれだけって感じがした。内容的な面白さは感じられなかったなーーー。でも非常に惜しい作品ではあると思う。音楽とか演出とかもうちょっと変えればいい映画になったと思う。  おしい!!!
★★★
From: らーめん男爵(NO MAIL) 6月 4日(日)23時35分03秒
酷評くらってる様ですが、覚悟(?)して見たらそこそこでした。2001年宇宙の旅と2010とアビスを一緒に見たような気分と言ったトコでしょうか。ただ、2001年〜と比べちゃダメって言われてもなぁ・・・。宇宙船とヘルメットとあらすじが似すぎ(笑)。スターチャイルドを「幻滅」と言う人はいないけど、CG宇宙人だと「幻滅」しちゃうのはなぜでしょうね?その他、あらゆる意味で2001年と似て非なる映画でした。
★★★
From: Jon(NO MAIL) 6月 3日(土)21時34分26秒
最初のホームパーティーのシーンは必要ですかね?電気自動車が登場していかにも西暦2020年ですけど。あそこから突然舞台は宇宙空間へ。 なぜこの映画は「火星」がテーマなのか、最初にはっきりさせた方がいいと思いました。でなければ金星でも土星でもいいわけですし。 あの弥勒菩薩のような火星人は美くしすぎませんか?涙なんか流しちゃって。火星に隕石が衝突して火星が滅んだことはよ〜くわかりました。あの場面は良くできていたと思いました。余談ですけど地球生命の起源が火星人だとしたら、こんどは火星人の起源を探らなければいけませんね。 
★★★★
From: ヒョッコリ男(NO MAIL) 6月 3日(土)00時02分28秒
ディックあたりのSFが好きなワタシですが、いや、良かったっすよ。2001年と比べるのは確かにムチャですが(笑)、ラストに関して、ほったらかしのオチより、野暮だろうがなんだろうが自分で決着つけたデ・パルマ潔し。 いや、こういうの、最近、少ないし、、、懐かしくてね。
From: やっち(NO MAIL) 6月 2日(金)21時35分30秒
なんか俺にとってはアルマゲドン的な映画。火星の重力は地球の3分の1なはずなのに...とかそう言う意味でいっぱい頭を使った映画でした。後半は またか〜という展開で、もううんざりです。
★★
From: アタック(NO MAIL) 6月 2日(金)17時42分13秒
悪いというか、ちょっと困ったぞって感じでしたね。音楽は壮大に宇宙を語るけど、あまりにも堂々と宇宙人が出てくるのは馬鹿にされた気分になる。いくらなんでもやり過ぎ。なんか暗号を解くあたりスムーズに行きすぎて。緊迫感がなかったですね。全然。ティム・ロビンスの最期ばかりが印象に残ってしまって。やっぱ、デ・パルマは期待できない。「ミッション・インポッシブル」「スネーク・アイズ」と肩透しをくらいっぱなしで今度は期待できるかなと思ったんですが。3回連続となるともう嫌ですね。次は観ないかも。
From: 働き者(NO MAIL) 6月 1日(木)16時09分06秒
試写会でみたのに、損した気分になりました。最後に宇宙人だすのは、だめの典型例。まじやめてほしい。
★★
From: ようすけ(NO MAIL) 5月 31日(水)22時22分09秒
デ・パルマらしいといえばそうなのかもしれない。前半の「ミッション・トゥ・マーズ」な部分は「アポロ13」を彷彿とさせてなかなか良かったんだけど。後半の謎解きがあまりに稚拙すぎる。「そんな簡単に人類誕生の秘密を解き明かちゃっていいの?」って感じ。画はきれいだし俳優も頑張ってるだけに素直なSFにすれば…と思わずにいられない。デ・パルマのお遊び映画って感じですね。
From: bros(MAIL) 5月 31日(水)18時59分32秒
本格SF(数少ない)を期待してしまったので、評価も厳しくなってしまう。ストーリーには目をつぶったとしても、スケール感と、SFとしてのディテールへのこだわりが感じられない。平成ウルトラマンのスタッフなら、制作費3億でこのクオリティは出せると思います。
★★★★
From: けいすけ(MAIL) 5月 31日(水)18時47分43秒
 皆さん、結構きびしいですね・・。 SF映画&不思議好きな僕は楽しめました。 宇宙船内や火星、○○○の内部などのビジュアルが素晴らしかったし、ストーリーもそんなに悪くないと思います。まあ、大槻教授のような科学万能主義の方には、絶対に受け入れられない展開でしょうけど。こういうのも夢があって好きだけどなー。 しかし、○○人をあそこまでストレートに描く必要はなかったと思う。僕もあの場面だけは引いてしまった。例えば「意識の集合体」とか、もっと抽象的に描いた方が、神秘性がより出せたと思う。
★★★
From: メカメカ(NO MAIL) 5月 31日(水)18時23分10秒
火星人は生きてる存在じゃなくてホログラムだと思います。多分地球に落としたやつも無人でしょう。登場人物が薄っぺらいとか、ラストが最悪とか、みなさんそのあたりに不満のようだけど、綺麗すぎるからでしょうか。別に悪い人が一人も出てこない映画があってもいいのでは?個人的にはラストは好きです。確かに平凡だけど、未知との遭遇とかETよりはこっちの方がいい。登場人物の背景に関しては別にあれ以上語る必要がないと思います。もしあったら私は逆にウザいなぁ。不満点をあげるならば、地球→火星に6ヶ月かかってる感じが伝わってこなかったこと。あと、ゲイリー・シニーズの中盤の演技にもう少し悲愴感が欲しかった。そのあたりが後半で徐々に彼が解放されていくところにも影響してると思う。
From: だいごろう(NO MAIL) 5月 31日(水)16時52分31秒
前半はアポロ13に少し近い内容。火星の映像もなかなか良い。しかし、後半は脚本家が変わったかのように一転して映画の雰囲気が変わってしまい、どんどん思わぬ方向に展開していく。せめて説得力があればそれもいいのだが。最後は笑うしかなかった。
★★★
From: 突っ張り太郎(NO MAIL) 5月 30日(火)22時38分43秒
なんかけちょんけちょんに書かれてますね。でもこの種の映画に深い背景なんていらないです。所詮空想ですし。はっきり地球じゃないと分かる映像と、わざとらしさで、そこそこ満足の3つ星です。
From: ひろりん(NO MAIL) 5月 30日(火)15時17分55秒
期待外れ。映像はきれいだったかもしれないけど、中途半端。火星人は何のために、何億年も人類の現われるのを待っていたのでしょうね。一人で。また、一年間も一人で火星で、地球へ何の連絡をしようともせず生き残っていたという設定も嘘くさい。新しい世界へと旅立つ宇宙船が出発する時、全身が水で覆われますが(衝撃を柔らげるため?)、あの時、フラッシュバックで過去の映像が出てきますが、あれって、死ぬ前に過去がフラッシュバックすることかいなと思っちゃっいました。生きて、別の星雲へ行けたのでしょうか。でも、それって何か意味があるの?それから、ティム・ロビンスをあんな死に方させないでほしい。火星人、助けてあげなさい。
★★
From: Atsushi(NO MAIL) 5月 30日(火)00時31分41秒
CGは確かにすごかった。でもそのせいか演技にうなるようなところは全くなかったし,リアルなだけに不自然さを覚えた。そして各キャラクターの背景・性格がほとんど描写されていないのが非常に気になった。予備知識ほとんどなしで見たので,はじめはアルマゲドン路線の話だと思っていたのだけれども、泣かせるわけでもなく、パニックでもなく中途半端だと思う。ただ世界観的にはありがちではあるが面白いと思う。後は火星の神秘さを完全には謎が解けないままにして,より際立たせるといいのではないか?(一緒に見た友達などは火星人自体が出てきたときに苦笑していた….)
★★★
From: yuuki(NO MAIL) 5月 29日(月)23時20分20秒
なんか、いろんなSF名作映画から少しずつパクッて見たら完成した映画って感じ。重力装置のシーンは「2001年宇宙の旅」だしラストは「未知との遭遇」だと思うんだが、ってゆーかデ・パルマはなにをしたかったのかイマイチ伝わって来なかった。 ストーリーのアイディアはいいんだけど全然生かされてないから薄く感じてしまう、でも映像がすごかったから星3っつ。
★★
From: あきはら(NO MAIL) 5月 29日(月)21時35分19秒
うーん、どうだろうねー。古典的SFって感が抜けないのだけど。原作書かれたのって、古いんじゃないのだろうか?イスズのビークロスとか、火星探索車にkawasakiって書いてあったり…。ちょっと興ざめ。評価はB−かなー。顔の岩からリプミラ号が出るんじゃないか?ってちょっと期待したけど、そうはならなかったね。(リプミラ号<マップスに出てくる人型宇宙船)ところで宇宙空間でロープを投げて届いたとしても、リールを巻いたら自分が引っ張られていっちゃいます。どうするつもりなんだったんでしょう?
★★★★
From: 大杉 敏夫(MAIL) 5月 29日(月)16時13分28秒
あまり映画を見に行く人ではないのですが予告をみて、ついつい見に行ったのですが、おもしろい。2回みるきはないですが、一回は見ておいた方がいいかな。
★★
From: うんまに(NO MAIL) 5月 29日(月)15時16分16秒
映像(宇宙の〕は、素晴らしかったのですが、ストーリーが感動を与えるものではなかった。人類は火星にどう裁かれるの?ラストにジムのとった行動に疑問が残った。
★★
From: よーま(NO MAIL) 5月 29日(月)14時19分50秒
1年も経てば、数多ある『ファーストコンタクト』ものの一つとなってこの作品自体が語られることはないでしょう絵は綺麗なんですけど、SFとして薄い話なんだよなぁ
★★★
From: Ken(NO MAIL) 5月 29日(月)02時31分03秒
SF初心者向け基本的宇宙旅行知識小辞典に、塩こしょう二振りで完成。でも、ブライアン・デ・パルマはやりたかったんでしょう。
★★
From: ta(NO MAIL) 5月 28日(日)23時28分24秒
映像はとにかくきれい!!でも、ラストの終わり方がサイアク。。。
From: ちゃお!(NO MAIL) 5月 28日(日)22時31分28秒
だめだこりゃ! デパルマは高尚なものが撮りたかったのかな〜 ミッションインポッシブルが好評だったから、芸術病にかかっちゃったのかな〜。エンターテイメントに帰ってきてくれ〜!
★★
From: 火星人(NO MAIL) 5月 28日(日)18時57分38秒
これだけの映像技術を使いながら、なぜ火星人の描写にもっと力を注げなかったのか。あれが最高の火星人だったのかなー。火星人以外の映像は、良かった気がします。ホントの火星もあんな感じなのかな。想像してしまいます。やっぱりストーリーにもう一ひねり欲しいところですね。人物に感情移入もできなかったし。それは人間ドラマじゃないからかもしれないですが単なるSFとしてもいまひとつだったし。最後はごまかしてどこかへ行ってしまいましたね(^_^;)
★★
From: ルビスコ(NO MAIL) 5月 28日(日)12時46分41秒
うーん、これはひどい。最初のパーティのシーンで既に人物の薄っぺらさが明らかだったので、ハードSFとして見ようと思い直したのですが、軌道ステーションで火星着陸をした(!)時点であきらめました。でも良かった点もあることはある。(i)火星が赤くてきれい。 砂も石もきれいに真っ赤に染まってました。でも本当に火星ってこんな に赤いのかな。(ii)「人面岩」がすべすべしてきれい でも、なんで「人面」なのか最後まで見てもよくわから なかったぞ。(iii)ドクターペッパー大活躍(!) ドクターペッパーファンの私としてはうれしいです。 でも飲み物として扱われていないのは悲しい。
★★★
From: えみり(NO MAIL) 5月 26日(金)01時02分08秒
アビスの方が感動したなぁ。なんかもう一ひねり欲しかった。ハラハラドキドキも少なくて・・。