オネーギンの恋文

満 足 度
58.3%
回答者数6




★★★★
From: タラコっち(MAIL) 6月 18日(日)08時50分18秒
19世紀初頭のロシアが舞台。撮影、衣装、美術などが見応えがあった。オネーギン役のレイフ・ファインズは、またも恋に落ちますが、内に秘める感情をよく表現している。リヴ・タイラーが綺麗!『クッキー・フォーチュン』の彼女も良かったし、今が旬!
★★★
From: すずまき(NO MAIL) 6月 17日(土)20時25分45秒
オネーギンが情けなくってしょうがなかったです。1つ1つのシーンは印象的な部分とかあったんですけれどね。
From: カチューシャ(NO MAIL) 6月 3日(土)15時39分06秒
私、あのようなしっとり、ねっちょり、ゆったりと時が流れていくような映画は苦手。ロシアの壮大な平原と一面の雪のイメージが終始し、お互いの心を探り合う愛の物語は、正直退屈で眠くなりました。リブ・タイラーも無理して背伸びしているようで、ミスキャストじゃないかと思いました。
★★★
From: kanji(NO MAIL) 6月 2日(金)00時21分13秒
レイフ・ファインズが好きで観に行った。彼は期待通り。すごく映像がきれいだった。それにぐいぐい引き込まれていったけど、どうもストーリーが好きなタイプじゃない。後半盛りあがりにかけるような気がするので、もうちょっと考えた作りになれば良かったと思うが・・・。もっと重厚に後半も描いてくれれば、かなりの傑作になっていたと思う。
★★★★
From: ぺりくら(NO MAIL) 5月 27日(土)17時22分44秒
CGもなくまるで絵画のような美しい映画でした。音楽も天から降ってくるようなかんじですごくよかった!最近よく見るいわゆるハリウッド映画とは趣が違って新鮮だった。追えば逃げ障害があれば燃えるという恋愛描写は納得させられた。ヒロインどこかで見たことがあるとず〜っと思っていたら『クッキーフォーチュン』にも出ていたのね。全然違うイメージだった。女優ってすごい!と変なところで感心してしまいました。
★★★★★
From: クリーミー (NO MAIL) 5月 25日(木)21時19分43秒
映像がメチャメチャよかった!ホントにきれいで、違和感全く感じさせなかったです。衣装や音楽もGOOD。一見の価値ありです。レイフ・ファインズの視線にもクラっとくるけど、リブ・タイラーの凛とした美しさが嫌味を消してましたっ。男と女の差もシビアに描かれてますよ〜