サイダーハウス・ルール

満 足 度
74.4%
回答者数82



★★★★
From: みき(NO MAIL) 10月 7日(土)01時47分49秒
終わってから、はぁ〜、いい映画だったって思える作品。でも個人的にはギルバート・グレイプの方がよかった。見終わった時の感覚は似てるかも。
★★★★
From: お姉様(NO MAIL) 10月 6日(金)04時41分10秒
イギリスらしさがにじみ出てて日本だと数十年前の北海道に風景は近いもの感じたなー淡々とした流れの中にも訴えてる内容はかなり強烈
★★★★★
From: やす(NO MAIL) 9月 28日(木)14時17分06秒
いい映画だった。本当に。孤児院の子供たちが善い子ばかりでよかった。今世の中にある嫌なものがたくさん削られていて救われる。いろんな人の優しさを感じられる。やりきれなさも感じさせる。良心的な映画です。ラストにあんな事言われて、あの音楽がかかったら・・・帽子かぶっていってよかった。
From: うさぎ(NO MAIL) 9月 27日(水)18時28分50秒
多分私が子供だから理解できないのかもしれない。誰にも共感できなかったし、主人公の心臓がずっと心配だった。原作を読んでたらまた違うのかな。ギルバートグレイプは泣けたんだけど。
★★★★★
From: Jo(NO MAIL) 9月 25日(月)12時55分43秒
すごく良かったです。素直に感動できました。一番好きなシーンは主人公がリンゴ園で働いている時のラ−チ先生との手紙のやりとりです。ギルバートグレイプも良かったけど、これも本当に良い映画だと思いました。
★★★★
From: はた(NO MAIL) 9月 17日(日)03時21分03秒
 原作を先に読んでたのでちょっと映画と原作のストーリーの違いに最初は戸惑ってしまいましたが、原作の世界観が上手く映像化されてるのには嬉しくなりました。音楽も良かったです。 個人的にはもうちょっと時間が長くなってもいいから、原作にあったラーチ先生のエピソードもいれて欲しかったです。 映画としては満足できる作品でした。
★★★★
From: わた(NO MAIL) 9月 15日(金)23時37分24秒
はじめまして。一つの映画について、たくさんの方々のさまざまな感想が見られるなんて。とてもステキですね。このページに出会えてものすごく嬉しいです。嬉しさついでに、自分よがりな感想も書いてしまいます(笑)。私が「サイダーハウス・ルール」を観て、私なりに感じたものは・・・何が正しくて、何が悪いのか、ではなく。深すぎる感情(愛)が、迷いを生み、いつのまにか大切なものを傷つけてしまう。そんな時、彷徨う手を静かにとって、少しでも光の射す方向へ導くことができれば。それがいつか、何ものをも受け止める穏やかな微笑みへと繋がるのかな、と。微笑みというのは、なんとたくさんの感情を静かに物語るのでしょう。喜びはもちろん、哀しみ、痛み、そして時には怒りをも。でもその中には、みな共通に「じんわりと広がる暖かさ」があって、それがこの「サイダーハウス・ルール」の全体を包んでいる気がして。観終わった後、ふと、優しい視線(微笑み)が自然とできるような。私にとって、そんなステキな映画でありました。これからも、映画の感想をちょくちょく書かせていただきたいと思います。どうぞよろしくお願いしますです。
★★★★★
From: ケンケン(NO MAIL) 9月 12日(火)21時34分40秒
 トビーマクガイア演じる主人公の心の成長と、女性が抱えるリプロダクティブライツ(出産に関する決定の権利)の本質が良く描かれていたと思います。こうした地味だけれど奥深い作品がこれからも作られることを期待します。監督の手腕ですね。
★★★★
From: うめ(NO MAIL) 9月 8日(金)23時55分28秒
主人公のあの寡黙さがなんと言ってもたまらないです。素敵な人ってあーいう人なんだと思った。黙っているだけで人々を正しい方向へ導いてくれるって感じがして素敵。切なくて、でもあーこれが運命なのかな
★★★★
From: たけゆき(NO MAIL) 9月 8日(金)17時27分00秒
 かなりいい出来の、感動の作品であったと思う。ほんとお勧め
★★★★★
From: (NO MAIL) 9月 2日(土)09時37分03秒
星は5つつけたけど、正直なところ少し物足りなかった。ところで、このストーリー、『キャンディ・キャンディ』を連想してしまうのですが。だって、主人公は孤児院育ちで、しかも里親が見つからず、そこで大きくなって、子供たちの面倒を見て、そして一度孤児院を出て働き、そしてまた孤児院に帰ってくる。しかも、ヒロインの名前が“キャンディ”って。こんなに一致しすぎてて、いいんでしょうか。
★★★★★
From: ヒカル(NO MAIL) 9月 1日(金)22時33分22秒
トビーマグワイアの笑顔が頭から離れません。すべての人をやさしく包み込むような、あんな笑顔を見せられるような人間になりたいなって思いました。人間は、他人のために一体何ができるのかということを教えてくれる映画でした。
★★★★
From: 石原(NO MAIL) 8月 24日(木)19時36分26秒
トビーマグワイアとシャーリーズセロンがすごくよかったこの監督の空気がすごく出てました。私は好きな話です。よかったです。ただ、話がいかにも「長いのをがんばって短くしました」って感じでもう少し一つ一つのエピソードを丁寧に書いてほしかったです。気になったのはトビーの二つに割れたあご。
From: チョコ(NO MAIL) 8月 22日(火)15時15分39秒
原作ではなく、あくまで映画化に対する意見です。制作陣がアタマでっかちのように思える。感動や衝撃ではなく「映画」を作ろうとしている感じ。その頑張りに、途中からシラケてしまった。ちなみに、一緒に観た友人はカンドーしてた。
★★★★★
From: くみこ(NO MAIL) 8月 21日(月)03時05分32秒
決して派手な映画ではありませんが、じんわりと感動を味わえる一本だと思います。
★★★★
From: サンタ(NO MAIL) 8月 19日(土)00時00分56秒
重いんだけど、すがすがしい印象の作品。主人公の考え方に納得できないところもありましたけど。でも1番覚えているのは、シャーリーズ・セロンのスタイルの良さかな。こんなにきれいな体の人いるんだと目を奪われました。
★★★
From: 大塚 由香(NO MAIL) 8月 17日(木)11時24分30秒
しみじみとしたいい話。でも、あたしには重すぎました!ごめんなさい。登場人物が痛々しくて、お腹が重くなってしまいました。妊婦は見に行っちゃダメ!
★★★★
From: sonia(NO MAIL) 8月 16日(水)18時21分07秒
あまり、事前知識なしで観に行きました。お休みの日に涼しくなった夕方からふらっと・・・。悲しいお話なんだろうなって思ってみていたんですが、3人も人が死ぬのに見終わった後すごく清々しかったです。自分の中に絶対中絶はいけないことなんだっていう、つよい真っ直ぐな芯を持っていた主人公が社会に出て、そうすることが幸せな人もいる、そうすることがその人のためになる場合もあるってことを学んで、強いだけではない、強くて優しい信念を持つことが出来て、また、どうしようもなく切ない失恋をして、主人公がひとまわり大人になって、孤児院に帰っていく。人間ってそうやって精神的に大人になっていくものなのかも・・。映画館を出ると夜で、風が秋のにおいがしました。ちょっと泣けてきました。
★★★★
From: Rachael(NO MAIL) 8月 15日(火)22時26分45秒
これといって盛り上がるシーンはないんだけど、この監督ならではの手腕で、観終った後には静かな感動が残りました。トビー・マグワイアの透明感は、この作品にピッタリだと思います。
★★★
From: KKEENN(NO MAIL) 8月 11日(金)02時38分57秒
まとめすぎで、主人公が孤児院に帰るにいたるまでの説得力が足りない。たった1年外で働いただけなんて。(映画なので仕方がないが・・・。それでも1年は短すぎると思うけど・・・)主人公の葛藤がもうちょっと描かれていればもっと素直に感動できただろう。最初と最後で主人公の成長がそんなに感じられなかったのは、私だけだろうか・・・。
★★★★★
From: ろん(NO MAIL) 8月 4日(金)23時29分20秒
とても愛に満ち溢れた作品だと思います。最後は涙が止まりませんでした。人は、冒険をしたかったり、その中で多くの経験をしていくけれど、最後には元の場所に帰っていくんだなあ〔良い意味で〕いろんな事を気づかせてくれる映画でもありました。
★★★
From: 銀幕三十郎(NO MAIL) 8月 3日(木)21時53分06秒
風景もキャンディも美しかったし、中絶の是非に拘泥しないのもよかった。映画ファンとしては古典的な作品が劇中に登場するのは楽しい。しかしながら、主人公のホーマーに若者らしさが乏しいため、あまり共感をもって鑑賞することができなかった。ラーチの超法規的モラリストぶりは快かったが、ファジーのレントゲン写真の件はあくどいと思う。
★★★★
From: やす(NO MAIL) 8月 3日(木)12時24分51秒
重い内容のはずなのに見た後にさわやかな優しい気持ちになった。
★★★★★
From: あい(NO MAIL) 8月 3日(木)10時04分08秒
唯々、素直に染み渡る風景と人の心。ちょっと素直にまとめすぎて、ハウスの世界名作劇場の様なノリにもなっている感はあるけど、それでも良かった。この監督お得意のお馴染みなタッチ、ギルバートグレイプ大好きな私には期待通り。でもやっぱり冒険してほしいという気もするけど。主役の男性(名前知らない)彦磨呂に似てる。自分は彼の配役がミスキャストだと思った。もっと表情で語れる俳優だとよかった。ギルバートグレイプとの落差はここにあるんじゃないかと思う。
★★★★
From: ベッキー(MAIL) 8月 2日(水)22時21分51秒
やはり「マイライフアズアドッグ」「ギルバートグレイプ」が大好きで見に行った口です。全体としては欲張りすぎと言った感はありますが、そうは言っても、この監督の丁寧な作りこみと、心理描写の上手さには充分引き込まれました。マイケルケインはすごいですね。今回はこの人の演技を見ただけで元が取れました。トビーマグワイヤの押さえた演技もすばらしかったです。強いて苦情を言えばあっちこっちをまとめすぎと思います。脚本に破綻がないのはいいことですが、全てが丸く収まりすぎて気に入りません。この監督もそろそろ違う毛色に寄り道した方がいいんじゃないだろうか。
★★★
From: ラリホー(NO MAIL) 7月 30日(日)00時22分16秒
何も知らないホーマー・ウェールズをもて遊ぶ彼女。彼氏が戻ってくると手のひらを返したように、元のさやに収まるあたり、なんとも女は恐ろしいです。主人公かわいそすぎます。 また、黒人の近親相姦の話などちょっとテーマを広げすぎた気がします。とはいえ、エーテルに頼らなくてはいけなくなった孤児院のDr.の気持ちは感動しました。まあ、ありきたりの手法といえばそれまでなんですが、はじめに小さな女ノ子が連れて行かれるシーンを伏線にして、ファジーが死ぬとき、ホーマーが巣立つとき、そしてDr.が死ぬときに、「家族の所に行く」というあたりはよかったです。 この映画を見に行って得た最大の収穫は、8月5日にジャッキーの最新作が公開すると言うのをチラシで知ったことです。
★★
From: としくま(NO MAIL) 7月 27日(木)23時41分28秒
ここでの書き込み読んで、少し期待をしすぎた感があったので、この評価かも知れません。トビー・マグワイアの演技に助けられた作品のように思います。やはり中絶は女性にとって重すぎるトピックなので、私はちょっと素直に感動できなかったです。
★★
From: シッカン(NO MAIL) 7月 26日(水)23時37分54秒
映画を見終わってから、大好きな「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」「ギルバート・グレイプ」のラッセ・ハルストレム作品だということに、気がついた。ど〜したあ〜?ハルストレム〜.......アーヴィングにまどわされちゃった?メイン州の自然や、りんご畑など風景はとてもきれい。んだけど、お話のほうは、きれいにまとめすぎちゃって焦点がずれっちゃったかなーと。中絶を反対している青年が、好きになったとはいえ、中絶後間もない女性と関係をもってしまうなんて..それなら、もっとドロドロしてた方が面白かったかもなー。私にはシャーリーズ・セロンがシャローン・ストーンに見えて仕方なかった。あーーーハルストレム、次の映画に期待するよ。私は見捨てないからね。
★★★★
From: hiroKi(NO MAIL) 7月 26日(水)20時35分12秒
 ミッション・インポッシブル2の後だから、すごくさっぱりしていい映画だった。
★★★★★
From: A.I.(NO MAIL) 7月 26日(水)13時11分17秒
かなり良かったです。すごく清い映画でしたね。なんだか心が安らぐ。こういう映画最近あんまりないでしょう?
★★★★
From: 拓海(NO MAIL) 7月 26日(水)12時19分14秒
名作な作りをしているとおもいます。途中ショッキングな家庭の事情なんかもでてきたりしますが主人公が自分のいるべき場所がどこにあるのかにきづずいていく様は感動するものがあります。人にはそれぞれの使命というものがあるのかな?それが悲しい選択だとしても。
★★★★
From: ボブ(NO MAIL) 7月 26日(水)02時27分40秒
始めて見るものには誰でも興味が湧く。そして試行錯誤へと・・・。その結果の失敗、苦しみ、挫折などなど、人が誰しも経験するようなものをシュールに描いている。
★★
From: 桃まん(NO MAIL) 7月 26日(水)01時14分03秒
原作がアーヴィングだってことで めちゃくちゃ期待したんだけど正直言ってイマイチでした。「ガープの世界」「ホテル・ニューハンプシャー」の世界が大好きなワタシとしては最近のアーヴィングの映画は「サイモン・バーチ」以来、あまりにも「普通」すぎる。たしかに良い映画だし、丁寧に作ってあるとは思うんだけど定番の、先が読めてしまう展開ばかりで感動するだけの決定打がない。キャスティングは言うことナシ。特にシャーリーズ・セロンがきっちりあの時代の「顔」になってた。監督さんは「ギルバート〜」でその力量がわかっているのでこういう「優しい映画」はさすが、お手のもの、というカンジ。アーヴィングよりも この監督の次回作に期待します。(^^;
★★
From: ラビット(NO MAIL) 7月 25日(火)17時44分37秒
ちょっと期待し過ぎてしまいました。確かに映像と音楽の素晴らしいし、トビーの純粋さもシャーリーズの可愛さも、伝わってきたのだけど、何だかじーんと感動するには、もう一つ、後一つ、何かが足りないという感じ。誰かが書いてたように、トビーの情熱・苦悩がもうひとつ伝わらなかったような気がします。点数下げてごめんなさい。
★★★
From: なっちゃん(NO MAIL) 7月 24日(月)00時50分26秒
かなり期待して観にいったので、星3つになってしまいました。主人公が自分を見つけて帰ってくるっていう、基本的な流れはすごくよかった。「おまえの仕事は何だ?」って言われて「医者だ」って答えた時の目がとても強くて、じーんときました。でも彼は、人間としては確かに成長したと思うけど、男としても成長したのかなぁ?あのラブストーリーは必要だったんでしょうか?(シャーリーズ・セロンはよかったけど)ここでの感想を読んでいて、原作読みたくなりました。
★★★★
From: まきろん(NO MAIL) 7月 23日(日)23時30分01秒
外の世界を知り、自分の役目を認識させられて還る。私もこうありたい
★★★★
From: はじめ(NO MAIL) 7月 20日(木)13時53分11秒
孤児院と純な主人公って設定だけで感動しない訳はないのですが、俳優達と押さえの効いた演出で佳作になっています。ただ、やはり数時間に納めるにはちょっと無理な部分があったことは否めない。実の娘を妊娠させた男が出てきて、それでいて爽やかな感動って内容に疑問を感じていたが、娘の父に対する憎悪がきっちりシンプルに描かれ、父を如何にも悪人といった描写でなく、ワンマンな男といったあくまで人間といった捉え方に徹してた。非常にバランスのとれた演出だったと思う。しんみりと穏やかな感動の映画。
★★★★★
From: namichi(NO MAIL) 7月 20日(木)00時26分34秒
思ってたよりずっとよかった。とつとつとした展開なので、途中くらいまでは「好きだけど星四つくらい」と感じてたけど、終盤でかなり来ました。必要とされて生きる、ってことの意味をすごく考えてしまって、泣けてしまった。私的に。今思えば、大好きなラッセ・ハルストレム監督のなんだから、当然の感想って気もするけど。とにかく、今後の生きてく指針を少し与えてくれました。心の曇りがちょっと晴れたようなすごくいい気分。最近、当たりが少なかったので、この作品に出会えてかなり回復しました。んー、映画ってよいよねー!
★★★★★
From: るる(NO MAIL) 7月 18日(火)12時52分00秒
押しつけがましくない優しさをひしひしと感じられた映画でした。久々に映画を見て素直に泣けました。マイケルケインのさりげない演技は流石だと思います。
★★★★★
From: moko(NO MAIL) 7月 18日(火)00時34分02秒
青年が成長する過程で出会う問題が堕胎、近親相姦、友達の恋人をとっちゃうなど暗いものだったのになぜか優しさを感じました。サイダーハウスのルールはそこに住む人の事を何も考えてはいない・・・。国で決めた法律もあの孤児院の人々を救えはしない・・・。これもまたとても重い問題定義なのになぜ心に染み渡る暖かさを感じたのだろう・・・。原作・脚本・監督・配役のおかげ?とにかく良い映画に出会えました。
★★★★★
From: 山ちゃん(NO MAIL) 7月 16日(日)19時51分08秒
名作です。魅力的な主役、脇役の持ち味を充分に引き出した監督はじめスタッフの努力を感じるの力のこもった、そして味のある作品でした。ひとつひとつのシーンに流れるさまざまな形の愛を感じました。美しいロケーションにコントラストをうまく使った映像は非常に印象的でかつセンスがよろしい。静かに流れる音楽も自然で情感を盛り上げました。そしてなにしろ短時間のあいだに幾重にも展開をみせる洗練された脚本が素晴らしい。サイダーハウスに貼られていた理不尽な規則。今の自分の生活とダブって苦笑いしてしまいました。なんでこんなよい映画を地方都市では上演してくれんのじゃ。クルマで1時間もかけて観にいったぞぃ。公開時期が秋口だったら当たったかも。とりあえず恋人同士や、子育て中の若い夫婦とかにお奨め。
★★★
From: ふる(NO MAIL) 7月 16日(日)00時47分53秒
正直言って、終わってちょっと物足りない気がしました。理由は以下の2つです。その1:原作の上巻だけを読んでから映画を見たせいか、最初の部分がはしょりすぎたような感じを受けた。その2:「ギルバート・グレイプ」が大好きな映画だったので、期待が大きすぎたこと月並みですが原作を読まずにいけば、おもしろく感じられた映画だったかもしれません。また、この監督の映画にでてくる人たちの笑顔は、なぜ素敵に見えるのかということを感じました。
★★★★
From: むっしゅ(NO MAIL) 7月 16日(日)00時11分24秒
全編をとおして、心の温まる映画でした。こんな作品にたくさん出会いたい。
★★★★
From: あや(NO MAIL) 7月 15日(土)19時40分55秒
子供達の表情や言葉が胸に迫ってきて知らない内に涙が頬を伝わっていました。とても心に残る作品です。配役もマイケル・ケインは言うに及ばずトビー・マグワイアはこういうキャラなんでしょうね。合ってると思います。そしてシャーリーズ・セロンがとても良かった。
★★★
From: MASA(NO MAIL) 7月 15日(土)13時14分36秒
ギルバード・グレイプがイマイチだった私としては入り込めないのは当然か。しかし、妊娠中絶と近親相姦の話だと知っていたら、絶対見にいかなかったなあ...。あの軍人さん、ジャップに見つからなくてよかったね。
★★★★★
From: タラコっち(MAIL) 7月 15日(土)07時51分27秒
オープニングから凄くいい!『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』『ギルバート・グレイブ』のラッセ・ハルストレム監督らしい暖かい作品。アメリカでは、まだタブーというべき部分を包み隠さず描いているのは驚きでした。過激なテーマが、ジョン・アーヴィング原作らしいが、それを全部、孤児の無垢な笑顔で優しく包み込んでしまうハルストレム監督の力技には感動させられた。トビー・マクワイア、マイケル・ケイン、シャーリーズ・セロン、も映像に負けないくらい魅力的に描かれていた。
★★★
From: つかれた(NO MAIL) 7月 13日(木)23時41分47秒
悪くはないけど、ちょっと整えすぎた感じ。3.5ぐらいかな?
From: ラックス(NO MAIL) 7月 13日(木)21時46分18秒
「マイライフアズアドッグ」「ギルバートグレイプ」が、とてもいい作品だったので期待大で見たけど、中途半端な感じで全然感動さえも出来なかった。 毒がなさ過ぎ・・。
★★★★★
From: 磯辺太郎(NO MAIL) 7月 13日(木)13時32分04秒
DVD出たら絶対買おうと思った久々の作品です。観終わった後、本当に優しい気持ちになれる。泣ける映画はたくさん観てきて、それはそれで良かったけど、こんなに心を潤してくれる作品は初めてですよ。決して派手な作品じゃないけど、一生心に残る一本です。
★★★★★
From: yutaka(NO MAIL) 7月 13日(木)13時23分24秒
素晴らしい!の一言。ホーマーが孤児院を出て行くのにも帰ってくるのにも納得がいった。配役はパーフェクトと言ってもいいんじゃないでしょうか。あのシャーリーズ・セロンでさえ良い演技をしてました。心が和むってこういうことを言うんだなぁ。
★★★
From: kanji(NO MAIL) 7月 13日(木)04時33分38秒
とてもいい話でした。前半からほのぼのと進んでいくのですが、中で葛藤しているホーマーというのを、もう少し強く演じていたら良かったかもしれません。最後は、あっさりとしみじみした感動を得られます。期待通りといったら、その通りなのだけど、もう少し意外な方向へ向かってほしかった気がします。
★★★★★
From: まいける(NO MAIL) 7月 12日(水)23時53分12秒
心があったかくなる映画でした。よくある、「このシーンで泣かせてみせますっ!!」みたいないかにも狙った映画じゃなくて、気が付くと自然に涙がこぼれているような映画でした。こんなに質のよい映画を見たのは久しぶりかも。キャンディ役のシャーリーズ・セロンの美しさと言ったら!女の私からみても魅力的でした。キャンディのファッションのかわいい!
★★★★★
From: kako(NO MAIL) 7月 12日(水)22時39分42秒
いい映画を観たなぁとつくづく思える作品でした。Heavyな問題を扱っているにもかかわらず、爽やかな感動を残してくれる、素晴らしい脚本と演出! 褒め過ぎ? とりあえず、2000年上半期Best1です。
★★★★★
From: ユーリ(NO MAIL) 7月 12日(水)15時22分55秒
理屈ぬきによかったです。ギルバートグレイプがとても好きなのでこの作品も期待してましたが、期待通り。ところどころで泣けてきました。ホーマーが孤児院に戻ってきた時の、子供達の表情が凄くよかった。
★★★★
From: おかっち(NO MAIL) 7月 12日(水)04時04分40秒
美しい自然の風景が印象的でした。話の内容は大変重いのですが、それを感じさせない程コミカルに描かれていて好感が持てました。
★★
From: うむ(NO MAIL) 7月 11日(火)23時49分17秒
なんかが足りない気がするんですよね。もっとドロドロのを想像していただけに残念。めっちゃ、爽やかに決めてくれちゃって!!きれいにまとめすぎ!
★★★★★
From: ローズローズ(NO MAIL) 7月 11日(火)17時05分54秒
心にジーンとくる映画でした。ホーマーが孤児院をでていくところと戻ってくるところはやっぱ泣けました。音楽もよかったです。配役もあってると思いました。最後のせりふにもジーンときました。
★★★★
From: NORI(NO MAIL) 7月 10日(月)12時53分21秒
ハルストレムとアーヴィングがはまり過ぎ。それにしても、自分の作品だからか、アーヴィングの脚本は見事だった。あんな大作をよくあれだけ凝縮できたな。えてして、自分の作品って削れなそうなものなのに。結局生まれた境遇から抜け出せない、でも辛くて不条理な人生を淡々と前向きに生きるホーマーの姿は潔かった。
★★★★
From: すずまき(NO MAIL) 7月 9日(日)22時36分55秒
ホーマーの成長の過程は感動した。サイダー・ハウスから孤児院に戻ったホーマーの堕胎への考え方が気になる。
★★★★
From: アフリカの星(NO MAIL) 7月 9日(日)10時34分18秒
勇気氏・SKYWALKER氏のご意見に同感です。あまり深刻にならずに、ゆったりとした気分になれました。良い映画です。
From: ayuberi(NO MAIL) 7月 8日(土)21時54分48秒
いまいちはいりこめません。もう少し、期待していたのになあ。1500円を損したかな、って思いました。
★★★★★
From: うに(NO MAIL) 7月 8日(土)07時53分38秒
じーんとくるというか、観てよかったなーと思いました。いわゆる「スター」さんの映画ではないから……入りは悪いかもしれないけど、いい映画なので、ヒットしてほしいです。トビーは、派手さはないけれど、すごく瞳が美しい。
★★★★★
From: (NO MAIL) 7月 7日(金)16時20分01秒
美しい旋律、マジックアワーでの撮影、紅葉、土の道砂浜、遠い秋の空、雪を踏む音、丸くなったガラス、ぼろぼろの本、吸入器、屋根の上、この映画を映画館でみることができる幸せ。映画はわくわくして見る。肯定的に私はみる。でないと損する。原作と比較したり演技がどうのテーマがどうのというもいえるけどしない。心待ちにして見に行って、2時間ほどの時間をたっぷり楽しめた。限りある人生の2時間を費やすに十二分な作品でした。
★★★★
From: kkoba(NO MAIL) 7月 7日(金)14時30分20秒
いい映画だった。ただ、ローズ親子の話はどう考えても不自然。原作を読んでないけど、原作はもっと長い話みたいだし、その中では、うまく繋がってるのかなぁ。原作者も映画製作にかなり関わってるみたいだから、話を変えづらいのもわかるけど、ここはやっぱり脚色で思い切って変えて欲しかったです。
★★★
From: 突っ張り太郎(NO MAIL) 7月 6日(木)19時36分03秒
作品はよかったと思います。個人的に入りこめなかったのは、相性の問題だと思うので、この点数になってしまいました。或いは期待しすぎたのか。でもいいと思います。
★★★★★
From: 勇気(NO MAIL) 7月 6日(木)14時03分36秒
良すぎる!観終わってこんなに清々しい気持ちになれる映画は、本当に久しぶりです。全編優しい雰囲気に包まれていて、思わずホロっと来てしまいました。孤児院で育った青年の成長を描くとなると、どうしても湿っぽくなりそうなのに、この監督はそんなことを一切感じさせない演出で、観る者を穏やかにしてくれる。この映画がアカデミー賞に大量ノミネートされていてちょっと疑問を感じていたけど、今じゃ納得。大衆色の強い「グリーンマイル」ではなく、この作品に脚色賞をあげたのは正解でしょう。下の意見にもあるけど、正直言って映画館の席がわりと空いててビックリ。こんな良質の映画がもっと認められるようになってほしい。夏の映画は「ミッション:インッポシブル2」だけじゃない!
★★★★
From: ギッチョ(NO MAIL) 7月 6日(木)00時06分32秒
この監督は役者達を引き出す力でももっているのだろうか?腕のよさは相変わらずです。クレジットでローズ・ローズ役がエリカ・バドゥと知ってビックリ、この人は確かデビューしたとき妊娠していたんですよね。この頃黒人アーティストの映画界進出が多いですね。
★★★★
From: skywalker(NO MAIL) 7月 4日(火)23時16分35秒
どこにでもある 青春の1ページといった感じですが 無理にドラマチックに 作っていないのが かえって親近感がわき ゆったりとした気持ちで楽しめました。別れ 楽しみ 愛する 哀しみ 悩みなど 経験して人間は 成長していくものだと 改めて教えられました。主人公が 最後に自分の 居場所を見つけ 院長の あとを継いでいく終わり方も 予想は出来たが すがすがしい気持ちに させられました。自分の青春時代と 重ね合わせ 思わず涙ぐんでしまう シーンが ありました。いい作品です。
★★★★
From: 正俊(MAIL) 7月 4日(火)19時45分52秒
主人公ホーマーの成長する家庭を優しくみつめるこの映画の視点が心地よかった。ホーマー役のトビー・マグワイアの演技はもっと褒められていいと思う。直接表情や言動に出さず、仰々しいアクションもなしにホーマーの内面の変化を見事に表現していた。素晴らしい。『カラー・オブ・ハート』のときの彼の演技よりワンランク上にある、トビーは役者として確実に成長していると思います。ただ、正直言って詰め込みすぎで、エピソードをこなすのに手一杯で映画のテーマと向き合う時間が少なかったのは確か。
★★★★
From: にゃんころ(NO MAIL) 7月 4日(火)16時19分35秒
広範あたりの、戦場から帰ってくるというとき、桟橋で反し会うときの、ホーマーが良かった。  そのまま、放っておけば、いつか、自分で判断つけずに済むようになるんだ、ってなこと行っていたのが、なんか人間くさくて良かった。(情けなぐあい?) 飄々としていた彼の演技は、その演出でベストだったと思います。
★★★★★
From: miumiu(NO MAIL) 7月 4日(火)01時20分15秒
「堕胎を扱っている部分が買えないと」のご指摘がありますが、この映画の時代設定から随分時間が経った今現在でもアメリカでは堕胎の正否についての議論が絶えないそうです。娘を妊娠させた父が中絶手術の途中で小屋を飛びだし号泣する場面から、堕胎は女性は勿論、男性に対しても非常に深く関わってくるデリケートな問題なのだという事が伝わってきますし、共感する・しない云々ではなく、この問題には根本的に目を背けてはいけないのでは?トビー・マグワイアはイギリス的な雰囲気がするような印象を受けたのですが、正真正銘のアメリカ出身と聞いて、個人的には意外でした。彼の飄々とした演技は評価の分かれるところかもしれませんが、自分の進む道をじっくりと見極めようとする青年の真摯さのようなものが伺えて、個人的にはあれで良かったのではないかと思います。監督も「脚色の段階ではもっと生々しくてショッキングな堕胎シーンが盛り込まれていたが、1人の青年の揺れ動く心情にも重きを置きたかったので、その場面は外してもらった」と雑誌のインタビュー(確かSPUR)で答えていたのをたまたまあらかじめ読んでおりましたので、そういった意味でもこの映画全体に流れる空気感には納得がいきました。初日の初回に行ったのですが、意外に空いててびっくり。こういう映画がもっと広く愛されるようになって欲しいのですが・・・。
★★★★★
From: レクター(MAIL) 7月 3日(月)18時47分53秒
すばらしい音楽と映像、そして中盤以降先を読ませない練られた脚本(伝えようとするメッセージそのものには賛否両論あるでしょうが)、どれをとっても一級品。私の2000年ベスト1はおそらくこの作品だろう。
★★★★★
From: HIRO(NO MAIL) 7月 3日(月)13時01分05秒
淡々と進んでいくにもかかわらず、決して飽きさせない。とにかく、孤児院のシーンが全部いい。中でもホーマーが、出ていくシーンと戻ってくるシーン両方泣ける。ホーマーに、ほのかな好意を持っている少女が忘れがたい印象を残す。今年公開された作品の中でも、屈指の感動作である事は間違いありません。でもこれって逆ニューシネマ・パラダイスだなあ。
★★★★
From: ニック(NO MAIL) 7月 3日(月)01時34分48秒
 心地よい余韻の残る映画でした。ギルバート・グレイプの時も感じたけど、この監督は重いテーマでも、偽善的であったり、説教臭く感じることがないようにさせる魔法を持った人だと思います。後半はかなり重いテーマになっているし(ミスター・ローズとローズ・ローズの関係とか)、ほんと紙一重のところで映画を作っていると思うんですけど、そこを上手く浄化させていますね。結局僕も何気ないシーンで何度も泣いてしまいました。五つ星は付けられ無いけど、心に残る名画だと感じました。
★★★★★
From: よん(NO MAIL) 7月 2日(日)21時37分16秒
すごく良かったです。決してほのぼの明るい青春ドラマというわけではなくシビアでグロいテーマを織りまぜつつも、見終わった後に何か心地よくほっと感じられる映画でした。最後の方も話の展開は薄々分かってしまうのだけどそれがわざとらしくなく、逆に期待通りの展開がすごく気持ちよかったです。(ラストのホーマーの子どもたちへの言葉とか)そしてシャーリズ・セロンが何とも良かった!とにかくおすすめの映画です。
★★★★★
From: メロニイ(NO MAIL) 7月 2日(日)14時44分02秒
原作を読んだ事があるので、この映画化作品をとても楽しみにしていました。原作は、文庫本サイズで上・下巻合わせて1100ページ程もあるので、こんな大長編をどう映画化するのだろうと思っていましたが、かなり大胆に脚色されていました。でも、それを本当にうまくまとめていて、映画を観ながら小説の中の登場人物が動いているのを観ているだけで泣いていました。<以下少々ネタバレあり>ちなみに原作では、主人公が孤児院を出ていって戻ってくるのは、15年後になっています。それから、ホーマーとキャンディの間には、エインジェルという息子までいて、彼らはそれを養子だと偽るのです。そしてエインジェルとローズ・ローズとの淡い恋物語もあり、ウォリーが戦地から帰ってきた後のホーマーやキャンディとの暖かい交流も描かれています。映画とは違い、孤児院を出ていった後もラーチ先生には、頻繁に会っています。その他にも様々なエピソードがありますので、一度読んでみて下さい。とにかく、僕には大満足の作品でした。
★★★★
From: れお(NO MAIL) 7月 2日(日)09時28分37秒
風景が美しい、子供がかわいい、俳優さん達の演技が素晴らしい、所々でじんわり感動できる。いいところが目立つ映画ですけど上映時間よりも長く感じたのも確か。最後の方は何が言いたいのか分からなくなってきたなぁ。良くも悪くもこの監督さんらしい映画だと思います。
★★★
From: 氷猫(NO MAIL) 7月 2日(日)01時36分48秒
ネタばれあり。ホーマーは外の世界で何を学んできたのか。中絶は是なりというラーチの哲学を再確認してきたわけ。サイダーハウスに貼られたルールが意味するのは、世の中の通念、法なんて人の良心に照らせばいくらでも変えられるということ。だからホーマーは、ラーチの後を継いで堕胎手術をやることでしょう。このシビアで生々しいテーマは僕は買えない。そんなことを映画で議論しなくてもいい。描くことは必要かもしれないけど、ノスタルジーの香りを濁している。堕胎医の修行を見せられても感動できません。映画を観てる間ずっとそれが気になってのめりこめなかった。堕胎かいいか悪いかでなく、作品の香りを損ねている。他にも生々しい事件が起こりますが、ホーマーの苦痛とか情熱が伝わってこないのですね。終始のんびりしてるし、だから悪いかというと、ホノボノ映画だったらそのキャラのほうがいいに決まってるから、複雑な気分。ホーマーの恋愛は一束三文のメロドラマだし、メロならメロで爽やかに淡々と貫いてほしかった。シリアスにするなら、トビー・マクガイアはミスキャスト。映像と音楽は良かったので、惜しい。
★★★★★
From: アルペンレーサー(MAIL) 7月 2日(日)01時28分40秒
ジョン・アービングの世界は山本周五郎の世界と似ていますね。底辺の人々を扱い、そこの真の人間の強さを描き出す。感動しました。トビー・マクガイヤは決して演技が上手いとは思えないが「カラー・オブ・ハート」もそうだったように科白の一言一言が妙に説得力がある。年に見合わない純真な眼差しと落ち着き払った態度がそう思わせるのだろうか?コレからが楽しみな役者です。
★★★★★
From: りーあむにいさん(NO MAIL) 7月 2日(日)00時49分14秒
「ギルバート・グレイプ」でハルストレム監督のファンになったので、本作もかなり期待して見たのだが、風景が素朴ながら美しい映像になっているところ、子供たちが愛らしかったところがこの監督らしいな、と嬉しくなった。それにしても、子供とドクター・ラーチに泣かされっぱなしであった。「どうして僕が選ばれなかったの?」とホーマーにたずねたり、「ずるいよ、大きいのにもらわれて」なんてセリフは胸にささるものがあった。そして、ホーマーを窓から見送るラーチ、ファジー少年が亡くなった後、ドアの外で泣いていたラーチ...。最初にエーテル吸ってるの見た時、ラーチの運命は予想していたけど、せめてホーマーと再会を果たして欲しかった。現実には皮肉なことが多いのはわかっているけど2人をもう一度会わせたかった...。ラストのホーマーのセリフ(おやすみなさいの決まり文句)も「いうぞいうぞ...」とわかっていながらやっぱり泣かされてしまったよ...。ふう、つかれた。ミスター・ローズ親子のことだけはホント予想がつかなくてかなりビックリした。シャーリズ・セロン、今まで見た中で一番良かった。駅長さん役のジョン・アーヴィング、ホーマーとの会話があるかと思ったけどなかったね...。いや、でもかなり良かった。ほんと。も一回見たいし、原作も読もう。
★★★★★
From: えみり(NO MAIL) 7月 2日(日)00時48分44秒
淡々としてるのに、ジワ〜〜〜っと良さが染みてきました。すごく丁寧に作ってるなぁって感じ、無理矢理な展開が無いのが良いです。トビー・マグアイアの表情が素敵。
★★★★
From: Gaku(NO MAIL) 7月 1日(土)14時59分19秒
 何ヶ月か前に見ました。今でもこの映画のよさは覚えています。余計な話が、2つほど入っていてそれがなければ5つ星でした。単純に感動できる、映画だと思います。マイケル・ケインがいい味出してます。シャーリズ・セロン、これは彼女のBestでしょう。見て損なし。