新・仁義なき戦い。


満 足 度
40.0%
回答者数10




★★
From: やっちゃん(NO MAIL) 12月 9日(土)13時15分51秒
こんなものが仁義なき戦いを名乗っていいものなのか!?これヤバイよ・・・。
★★
From: 新テリー(NO MAIL) 12月 6日(水)15時19分58秒
音が悪すぎる、ホームビデオで撮ったみたい。内容はわかるんだけど、台詞が聞き取れない。おとなしい。極妻の男版みたい。シリーズになるような、終わり方しているが、自分的には、2 は見ないと思う。
From: 桔梗(NO MAIL) 12月 5日(火)11時54分50秒
 う〜ん。仁義なき戦いを名乗る以上これぐらいの出来では納得できない。前シリーズの変なパロディ?が突然入ってきたりで・・・確かに俳優陣は豪華ではあるが活かしきれていないと思うし、もっとどうにかならんかったんか村上淳ということで。 阪本監督らしい作品ではあるが、う〜む、熱さがないよね。豊川も感情移入の出来ない役柄だし、あれじゃただの馬鹿じゃないか
★★★
From: 松井(NO MAIL) 12月 1日(金)23時20分11秒
前作が好きでみにいきました。冒頭の子供のシーンや田舎の葬式のシーンなんかがよかったです。いい役者がたくさんでているので、いろんな意味でもっと時間をかけてほしかったです。
From: mike(NO MAIL) 12月 1日(金)11時58分59秒
主筋が理解できません。村上淳の話だけは親分に対する気持ちだと分りますが、その親分であるトヨエツ、また、布袋の行動がさっぱり分かりません。坂本監督が好きだという人には理解できるのでしょうか?
★★★★
From: ASTOR(NO MAIL) 11月 30日(木)15時45分48秒
トヨエツは思っていたより全然良かった。布袋も心配していたがなかなか。ワキも言い味出している。大和武士に一票。しかしいかんせん、ストーリーがぬるすぎる。友情話も抗争劇も半端な感じ。只阪本監督が旧仁義の看板を背負いながらも奮闘した感じは見えた。私もなぜか「顔」よりこっちのが魅力ある。ぶつぶつ言いながらも結局は好きかな。
★★★★
From: ルイジアナ(NO MAIL) 11月 29日(水)20時15分30秒
「顔」よりはるかにこちらがイイわたしはヘソマガリ。いくら撮っても上手くならない阪本順治のらしさに満ち満ちている。変にいじらず、陰なトーンで鬱々と押しとおしているあたり、演出で見せようとする覚悟すら感じられて好感。トンパチシーンはヘタですね。村上淳がいいが、これもまた阪本作品らしく、キャラを十分に展開してもらってない消化不良のありさま。松重豊ももうひとひねり何とか…まあ、ないものねだりか。佐藤浩市と哀川翔はこれはちょっとイカンのでは。大和武士は秀逸。こんなふうな芝居ができるとは知らなかった。問題の豊川悦司と布袋寅泰。トヨエツは悪くないが、勘違い演技ではないとは言いきれない微妙なところ。顔で心理説明しようとするのは、本人の趣味なのか監督のミスなのか。布袋はこんなものでしょう。それにしても東洋人の男は背が高くてもイマイチカッコ悪い。あと、音の悪さ、雑さに驚倒。セット丸わかりのセットにも呆れた。こんなのだったら、アリモノのロケの方がマシじゃん。東映京都撮影所…機能してるんでしょうか。
★★★
From: すずまき(NO MAIL) 11月 27日(月)20時35分11秒
トヨエツかっこえかった。布袋さんの音楽えかった。2人の衣装えかった。
★★★
From: よいき(NO MAIL) 11月 27日(月)18時13分09秒
タイトルが違っていればけっこういい映画かも知れない。でも、これは『仁義なき戦い』なんすよ。もー。かなり不完全燃焼だったような気がします。でも音楽はかなりイケてます。カッコいいです。「へいこら生きてなんぼのもんじゃい!」のコピーには勝てませんでした。ラストシーンは個人的にはとても好きです。でもやっぱ『仁義なき戦い』にしたら…。となります。
★★★
From: mayfl(NO MAIL) 11月 26日(日)16時16分21秒
予想していたほどの迫力はなかったな。あと、音楽はさすがにかっこいいんだけど所々音楽でセリフがかき消されてすこしいらいらさせられた感も。もしかしたら、片耳の不自由な主人公が折に触れ激しい耳鳴りに襲われる感覚を観客にも味わわせたかったのかな? 一言でいうと、良く出来たトヨエツのプロモ、と言ったところでしょうか。とてもきれいに撮ってあげてました。極妻みたいな汚らしさが無い部分は評価したい。個人的には冒頭の、主人公2人の少年時代のシーンが一番よかったように思います。