シュリ

満 足 度
63.0%
回答者数142


【コメント 1ページ】


★★★★★
From: ガーネット(NO MAIL) 5月 2日(火)22時40分09秒
彼女の心の葛藤を考えると とても切ない。
★★★★
From: JUN(NO MAIL) 5月 2日(火)21時44分38秒
ラストすごく切なくて良かったと思う。いいと聞いてはいたがあまり期待せず行ったけど思ったより良かったと思う。最初はかなりつまらなかった。男の役者がブサイクすぎて誰が主役なんだかわかんなかった。でも終わり頃にはかっこよく見えてきたから不思議よね。ストーリーはすぐに読めてしまったんだけど、それでもラストシーンには涙してしまいました。
★★★★
From: みき(NO MAIL) 5月 2日(火)13時11分52秒
期待せずに観たので予想外に心動かされ楽しむ事ができました。最初のほうはつまらなかったのですがあとになるほど主人公に感情移入でき、最後にはかなり泣いてしまいました。
★★
From: ウラン(NO MAIL) 5月 2日(火)01時20分31秒
ロミオとジュリエットを無理矢理、韓国版にした感じ。登場人物の演技は良かったけど、最後の方まで顔と名前が一致しませんでした。ラスト、彼氏は泣いてたけど、私は泣けなかった。要所要所に流れるあの英語の歌が印象的。
From: チョインズ(NO MAIL) 4月 29日(土)08時45分39秒
タイタニックを思い出してしまった・・。こんな駄作に出会ったのは久しぶり。良いところ無しです。
From: ショリ(NO MAIL) 4月 29日(土)02時50分07秒
南北問題をあんなふうに勧善懲悪で表現してしまっていいんですかね。ワルモノがいた方がオハナシとして分かりやすいでしょうが、おかげでかなり安っぽい話になってる気がします。
★★★★
From: ハマラマ(NO MAIL) 4月 21日(金)23時46分17秒
女の子が撃たれたところでもう号泣してしまいました。我慢せずそのまま。なんかスッキリしました。こういう映画から南北問題に触れるのもいいと思いました。たくさんの人が観るだろうし。
★★★
From: まさ!(NO MAIL) 4月 21日(金)12時54分56秒
正直言うと、最初ばりつまらなかった。名前がぜんぜん覚えれんのがいたっかた。しかし、始めの意味の分からないのが場面などがすべて一本につなが理解できるのがよかった。自分の恋人を殺すとこはまじになけましたね!
★★★
From: かず(NO MAIL) 4月 20日(木)16時43分33秒
名前がみんな同じに聞こえる。単純なストーリー、ださい俳優、安っぽいセット。でも最後にはジーンときた。ばかな俺にはあのくらい単純なほうがいいのかも。素直に楽しめました。
★★★★
From: かなこ(NO MAIL) 4月 19日(水)17時46分49秒
切ない・・・・。心から愛してる人を自分の手で殺さなきゃいけないっていう場面は、ホントウに切ないです。敬遠されがちな重いテーマで、あそこまで若い人々を引き付けることに成功したんだから、この映画って、すごいと思います。
★★★★★
From: シーラ(NO MAIL) 4月 16日(日)20時39分32秒
感動しました。南北の分断がもたらした哀しいラブストーリーです。ハン・ソッキュの存在があの作品を単なるアクションに終わらせなかったのだと思います。「八月のクリスマス」「接続」も何度も見ています。彼の手でミョンヒョンが撃たれるところは、何度観ても切ないです。今年の夏友達と韓国へ行って、シュリベンチを見てきます。
★★★★
From: ラバースコンチェルト(NO MAIL) 4月 16日(日)19時55分55秒
おもしろかった。おもしろいことはおもしろいのだけど、ちょっと詰めが足りなかったかなーと思った。最大の不満は最初の訓練所のシーンの変な音楽。あそこは「フルメタルジャケット」みたいにいくべきだと思うのですが。どうでもいいことだけど、ラストのサッカースタジアムでイ・バンヒがステアー(銃の名前ね)を組み立てるとこは「ニキータ」を思い出しました。
★★
From: katahide(NO MAIL) 4月 16日(日)00時31分29秒
やっぱり、しょせんアジア?ってかんじ。男の人の顔がみんな同じに見えてわけがわからなくなりそうだった。途中、少々寝た。また、”おすぎ”にだまされた!!!
★★
From: ちゃっぴー」(NO MAIL) 4月 15日(土)01時30分56秒
すごく期待して観にいったのに・・・途中で2時間もののテレビドラマの様な気がしてきた!!登場人物の顔も分かりにくいしなんだか最悪でした映画じゃなかったらOKかも
★★★★
From: タイガース連勝(NO MAIL) 4月 14日(金)18時57分46秒
個人的には必要としていないけれど、上質のエンターテインメントとして評価します。この手の映画は入り用でしょう。思いきり欲張りなところも、その志はよし。これで三億?日本の監督たち、可哀相…あとは、見た目ですね。世界で受け入れられるには、キャスティングに一考の余地あり。
★★★
From: サトウ(NO MAIL) 4月 10日(月)12時36分49秒
ありきたりなんだけどなんかいい。ドラマを見慣れてる人はいやなのかな。ドラマ全く見ないのでこういうのには全然耐えられます。
★★★★
From: 一平(NO MAIL) 4月 9日(日)07時31分42秒
アクションかっちょいい・やっぱ、ほんとに銃を撃ってる人たちがやってるからなのか、国が緊張してるからなのか。泣きがすこーしくどいかな。というとこで4つにしました。
★★★★
From: すずまき(NO MAIL) 4月 8日(土)00時25分18秒
楽しかったです。最初の北の秘密工作員の特訓シーン怖かった。あと、気になったのが、自分のフィアンセが秘密工作員と知ったときに、韓国の国民の税金で飯を食ってる人なんだからさっさと、捕まえてくれって思っちゃいました。
★★★
From: ミラクルソフト(NO MAIL) 4月 7日(金)14時01分17秒
なかなかおもしろかったです。でもはじめ2人の男の人の区別がつかずに混乱したのは私だけ?ストーリー事態は考えさせるところがありよかったのでは。でもちょっとあっけなく解決しすぎたような気も・・・。
★★★★
From: ギッチョ(NO MAIL) 4月 5日(水)23時19分10秒
オープニングがただの残酷スポ根に見えたのは僕だけでしょうか?この映画を観て思ったことは出尽くしているので(宣伝に対する感想が多い)僕だけの感想を書きますが、っていうかなんで誰もパク・ヨムン(隊長)に注目せん?拳銃だけでマシンガン部隊と渡り合い、市街戦を連発し、歪んだ愛国心でテロに走る不細工なおっさん。熱いぜ!CMのおすぎよりかは。本当は五つ星あげたいんだけど下手クソ過ぎたので減点。
★★★★
From: あい(NO MAIL) 4月 5日(水)19時28分16秒
なんでアジア(日本以外)の映画の女の人はあんなに綺麗なのでしょう。日本の女優さんも綺麗だけど、異質な品がありますね。じゃがいも平目系の男の人達との対比がちょっとおもしろくて妙な効果をあげていましたね。アクション映画ってあんまり見ないのだけど、「交渉人」以来のおもしろさでした。ただこれによって北朝鮮問題をふか〜く考えるとか(とっかかりにはなるかもしれない)そういう事はないけど。あくまで、「フィクション」感が抜けないからか。まぁ映画はつくりもので良いと私は考えているのでそれはそれでいいのですが。いろいろ言ったけど面白い映画でした
★★★
From: tubasa(NO MAIL) 4月 5日(水)02時07分31秒
なんだか、期待が大き過ぎたかなアクション、銃撃戦の激しさにラストあたりはクラクラしてた。(くどい?)やっぱ、ハリウッドのアクションってかなり計算されて出来てるんだな〜って思った。でも、これからも韓国映画おおいに期待は出来ると思った他のコメントに邦画より全然イイって結構あったけど邦画にも良い作品たくさんありますよ確かに、こういう毛色のモノは少ないかもしれないけど・・・
★★★★
From: 蓬莱(NO MAIL) 4月 5日(水)00時18分57秒
非常に出来が良かったと思う。また、アジア映画にここまでの出来と面白さ、感動を感じたのは久しぶりだ。
★★★★
From: とも(MAIL) 4月 4日(火)04時40分55秒
一言で言うととても悲しかった。自分は南北の諍いがどれほどのものなのかは知らなかったが、この映画を見ていると少し分かったような気がした。ラストでイバンヒが照明を撃って爆発なし・・と思ったが見事に予想を裏切られた。ジャンルで言うとホラー映画に属するとも思う。
★★★★
From: デコポン(NO MAIL) 4月 1日(土)16時11分42秒
フィクションでありながら国情を考えるとすごくリアルに感じてしまう。この映画の根底にあるどうしようもない悲しみはヒロインの最期に見せる表情に集約される。最近観た中でも名シーンだと思う。
★★★★★
From: あすか(NO MAIL) 3月 31日(金)21時09分33秒
よかったです。最後は涙・涙・涙結末は悲しすぎるけれど・・・でも 人を愛するってすばらしい事だと思う
★★
From: ぽち(NO MAIL) 3月 29日(水)04時44分00秒
ハリウッド級!とかいう評判だったけどしょせんアジアはアジア。ハリウッドには遠く及びませんね。日本よりははるかに上だけど。中盤、無駄なシーンが多かった。ムリヤリ長時間超大作にしたかったのか?一度喫茶店で殺された人がしばらくしたらいきなり出てきてまた殺されてる(似てるだけかもしれないが)し、それに意味があるかと思ったら何の意味もなし。イ・バンヒが誰なのかってを引っぱってる作りな割には冒頭のシーンでバレバレだし。主人公2人と相棒の3人で走ってたのにいきなり相棒は消えて2人だけのラブシーンになってるし。イ・バンヒが街中で銃撃戦した時敵に囲まれ主人公にも銃突きつけられてたのに直後のシーンではそこからフツーに歩いて帰ってるし。(そりゃ後つけられるわな。)???と思う点が多すぎ。カメラを移動しながら撮ってる時に多分レールの繋ぎ目か何かと思うけど画面が「ガッタン」と大きく揺れるのが何度もあったり。スタッフは、完成してからちゃんと通しでチェックした事あるのか?と疑いたくなる。他の人のを読んでると映画自体明らかにマンガのパクりのようだし"ニキータ"にも通じる所がある。見せ場の1つになってる水槽前でのラブシーンは"ロミオ&ジュリエット"のパクりだしなんかあっちこっちから持ってきてつぎはぎしたような作品ですね。強引な点が多かったのもその結果という事でしょう。かなり良い作品ではあるのでもっと丁寧に作ってれば、お気に入り映画になってただろうになぁ。
★★★★
From: パンダ(NO MAIL) 3月 28日(火)23時13分05秒
韓国の映画をはじめて見たのですが、とっても良かった。最後のシーンはめちゃくちゃ泣けました。邦画より全然いいと思います。
★★★★
From: mi-yu(NO MAIL) 3月 28日(火)22時58分12秒
観た後、2,3日はなんだか頭からはなれなくて、これが噂のシュリシンドロームか、と思いました。イバンヒ役のキムユンジンが木村佳乃にとても似ていて、最後には木村佳乃にしかみえなくなっていましたが。この映画のリメイク権を日本のテレビ局が取得したといっていたが、二千年の恋のことですね。映画のタイトルに関していえば、シュリもいいけどキッシンググラミーだともっとわかりやすいのでは。直接「シュリ」はでてこないもんね。また観にいこうと思わせる作品でした。
★★★★
From: CHAN(NO MAIL) 3月 27日(月)01時00分41秒
硬・軟のコントラストが最後に1つになるという感じの映画でした。確かに画面のブレはつらかったし、編集も悪かったと思います。だけど、楽しめた映画でした。
★★★
From: れお(NO MAIL) 3月 26日(日)06時55分46秒
うぅ・・本当によく出来た映画だとは思うんですが、ラストのアクションシーンが激しすぎて、目がチカチカ。そこに追い討ちを掛けるように始まる画面ブレ・・・感動のラストは頭痛とともに見るはめになってしまいました。アクション苦手の人にはちょっと厳しいかと。
★★★★
From: 若林(NO MAIL) 3月 25日(土)17時57分44秒
はじめのうちは、危ない刑事なみか?と見に来て失敗したような気がしていたのですが、中盤以降どんどん重くなってきて、死ぬしかなかった彼女の気持ちが痛くて痛くて、終わった後に残る余韻はこのごろ見た映画の中では一番でした。確かに雑だし、くさいとこもあるけど、私にはラブストーリーとしての“真剣さ”がミリョクでした。主人公の顔が「しんすけに似てるなあ」とずっと気になっていたのですが。(^-^;) 北の工作員の人がカッコ良かったですね。暗くて。単なる悪役ではく、重い背景を背負ったいい男に描いていたと思う。ハリウッド映画並のアクションシーンという宣伝は余計だし、比べる必要はないかと思います。強いメッセージ性を娯楽映画に仕上げるというのは非常に難しいのでしょうが、この映画のさじ加減はわりあい上手いのではないでしょうか。(関係ないですが「灼熱の屋上」という韓国映画は絶妙なバランスが素晴らしかったです)でももうちょっと丁寧に場面を繋いで、映像スタイルにこだわって美しく撮っていれば、予算不足のあらをカバーできたのかもしれませんね。欠点はたくさんあるけど、イ・バンヒの哀しさがとても心に迫ったのでいい映画でした。
★★★★
From: 石井里奈(NO MAIL) 3月 25日(土)01時09分00秒
2000年の恋といい、シュリといい,最近はやりですか?この映画は,ある程度,南北朝鮮問題や,北朝鮮の政治・経済・飢餓に苦しむ人々のことを予備知識として持っていたほうが,より感慨深いのでは?主人公の男性とその相棒の顔が似ていて,区別しにくかった。だが,相対的に,よく出来ていると言う印象を受けた。
★★
From: SHIN(NO MAIL) 3月 23日(木)10時00分15秒
2年にわたって書かれたシナリオにしては、全体的にずいぶんとズサンな内容でしたね。終盤は確かに盛り上がったけど、それまでが。。。。スピーディな編集と、ぶつ切りの編集は別物です。(特に中盤の超ズサンな編集は何 ?)各主要キャラクターの人物描写も非常に浅く、感情移入出来ません。ハリウッドの一級アクションには、遠く及ばないと思います。
★★
From: スクスク(NO MAIL) 3月 22日(水)21時51分13秒
評判になってるわりには「ありきたり」という感じが・・・設定も話の展開も想像通りすぎて「なぁ〜んだぁ」と思ってしまったのは私だけではないですよね?
★★★★★
From: Iori(MAIL) 3月 22日(水)10時25分51秒
下の二人にいいます。これがバクリじゃないかと書いたんですけど、それは違うと思います。ます、シュリは人の名前じゃありません。それは韓国と北朝鮮にだけいる魚の名前です。そして、このえいがの本来のタイトルはシュリじゃないです。日本語では表現しにくいからそうしたんですけど,本来の発音は英語で 'SHIRI'に近いです。そして,シナリオは2年にわたって,書いたものですし,さらにそのBASARAという漫画は韓国にも発売されてるといわれてます。だから,馬鹿じゃない上はそんなことするはずがないと思います。だから,私としては下の意見には賛成出来ません。
From: チキチキ(NO MAIL) 3月 21日(火)17時24分20秒
残酷なシーンが多くて、苦手な私にはつらかったです。でも、色々考えさせられる映画です。
★★★★
From: プウ。(NO MAIL) 3月 21日(火)05時03分06秒
3コ下のおすぎさんの意見に納得!!私も見ながら、『BASARA』そっくりじゃん。とか思っていました(笑)。しかも確かに『BASARA』の方が面白いし。やっぱりパクりなのかねぇーー??でも、先が読める展開ながらも、監督の意図がわかっていながらも、大切な人を自らの手で撃ち殺すシーンには泣かずにはいられませんでした・・・(涙)。その切なさというかなんというか・・・心の痛みが伝わるようで。なんだかんだで、評判程度には面白かったと思います。
★★★★
From: ピ−コ(NO MAIL) 3月 20日(月)22時34分05秒
久しぶりに良い映画だった
★★
From: 銀幕三十郎(NO MAIL) 3月 19日(日)09時42分48秒
北朝鮮はひどい国で韓国は人間的というプロパガンダ映画。ストーリーについては、「G.I.ジェーン」のような女兵士に「間諜X27」のような任務は無理と思う。スパイと兵士で分業するか、スパイの戦闘能力を狙撃に限定するかしないと、リアリティはない。それにしても、恋愛に説得力をもたせるような男女双方の魅力の創造は不可欠であろう。
★★
From: おすぎ(NO MAIL) 3月 17日(金)17時06分23秒
この映画はみんなが絶賛するほどおもしろいものではなかった。ちょっと期待しすぎたところもあるけど、始めの方で、ネタがバレてしまうところが最悪。これに感動できなかった理由がもうひとつあって、前に読んだ「BASALA(バサラ)」っていうマンガの内容にそっくり!そのマンガは主人公が「朱理(シュリ)」でした。内容も似てる!!これは絶対パクッてるって!!実際マンガのストーリの方がおもしろかった。不思議なのは主人公の男優がブサイクだけど、見てるうちにかっこよくみえてくるのが怖かった。後半は上手く出来てると思うので、★2つにしました。
★★★★
From: エム(NO MAIL) 3月 15日(水)00時39分23秒
ただの恋愛映画では片付けたくない内容でした。実際そのようなことが起こってしまう世の中なのかは別にしても、とても切なくそして考えさせられる映画でした。依然観た映画の”ニキータ”と内容的というか設定がにてて、もう1度”ニキータ”を観ようと思いました。あと、韓国映画を始めて観た感想は、アクションシーンのカメラの位置が近すぎる。いったい何が起こってるのか、すごくみずらいし三半規管が弱いとちょっと・・・って思いました。
★★★★★
From: きめこめ(MAIL) 3月 14日(火)15時44分09秒
映画はテロリズムだ。表向きの平穏な日常を切り裂いて、一瞬に真実を露出させる。これはそんなテロリズムの気迫が全編に溢れた映画だ。如何にもドギツイ冒頭の訓練描写から、転じて現実に起こったテロルを一気に列挙していくあたりで、もうつかまえられてしまう。現実の出来事を単に意匠として取り込んでいるだけの皮相さは感じない。 劇中つるべうちに描き出されていくアクションには不思議なくらいに鳴かされっぱなし。細かな脈絡の破綻を論う暇もなく、異様なテンションで映画は転がっていく。表向きにしろ平穏であるはずの街中に、戦争並みの殺戮が巻き起こる。銃撃戦をぬけて敵の女を追う先に、見なれた熱帯魚の看板灯。泣きそうになった。このアクションつるべうちを確信犯的にやってるんなら自分としては大拍手。ひらきなおって、こいつはテロリズムの観念映画だ!なんて馬鹿な考えまで(一瞬)生じた。なんにしても、拙い語彙では筆舌に尽くせないような情念がある。クライマックスとなる親善試合のシーンは、現実のイベントに乗じて一発勝負で撮影したらしい。50年に及ぶ現実の歴史を振り払おうとする(映画を撮るということも含めた)真率な若い情念を感じる。(それが若い情念だというところに希望がある) 追いつめられた女の決死の形相と、男に未練を遺した血塗れの死に顔に泣いた。ラストを優しい歌でしめるあたりに希望を託したいという思いが感じられる。同時代の映画としてこいつを観れた韓国のひとは幸せだ。久しぶりに、観たあとに背筋張って歩きたくなる映画であった。 この映画を観ながら、20年前の邦画『太陽を盗んだ男』を思い出した。あれもテロリズムを主題とし、時代と世代的感受性との合いの子として生まれたような映画だ。細かな破綻や意匠の甘さはあっても、作り手や役者の情念が観客を無理にでも引きずっていくような迫力があった。韓国とて表向きは平穏な日常があるはずなのだが、若い作り手にはそこから跳出したいと言う欲求があるのじゃないかと感じる。それがかつての日本のそれのような内向きの情念ではなく、娯楽映画としての体裁をもつことが出来る外向きの志向足り得ることに羨望を感じる。今の日本でも、こんな映画を図太く撮ってくれる若いひと出ないかな(けっしてハリウッドの真似をしてくれと言ってるんではなく…語り種になるような映画)。 ふんぎって☆5つ。
★★★★
From: ハレルヤ(NO MAIL) 3月 12日(日)20時49分46秒
電話のメッセージを聞く場面で、泣きそうになった。単純に恋愛物として観たら、相当良いと思うよ。ところで、イ・バンヒが「流浪人剣心」の巴(知らない方ゴメンナサイ。)と重なって見えたのは僕だけだろうか・・・。
★★★★
From: ケンケン(NO MAIL) 3月 12日(日)01時34分04秒
韓国が抱える問題がベースになっている辺り、独特の味わいがあって良かった。ハリウッド映画とよく比較されるが、あまりそう言った視点で見ない方がよい。そもそも予算そのものが違うのだし、(自分自身、カネさえかけりゃあ良いってもんじゃあないだろと常々思うモンで)限られた予算の中でよく作られていると思う。冒頭の場面は圧巻。ラストもうまくまとめられていた。題名の「シュリ」と言うのもよく考えられたタイトルである。
★★★★★
From: Dirac(NO MAIL) 3月 10日(金)11時19分52秒
韓国映画なんて日本映画と同じ位つまらないと思っていたのに、シュリをみて度肝を抜かれた。ハリウッド映画と比較しても勝るとも劣らない作品でした。
★★★
From: ミニー(NO MAIL) 3月 9日(木)21時57分06秒
アジア映画特有の「ニオイ」のない画面は新しいかな。でも一番スゴイのは北朝鮮とのことを映画化したこと自体ですよね。ディテールの不自然さ(なぜか服が違う・・・とか)はそれほど気にならないけど、「アクションの形をとっている壮大なドラマ!」的なものを期待しすぎたのか、結局ごく普通のアクションにしかみえなかったです。
★★★
From: 金 永南(NO MAIL) 3月 8日(水)21時56分17秒
冒頭の戦闘訓練はハイテンポ、且つショッキングな映像で「引き」が強烈だが、夜間シーンが目立つ。昼間の場面設定で北傀の荒涼感・重圧感を取混ぜても良いのではないか。総じて色彩的に鮮やかな画像展開で、緊迫感に満ちたエンディングは好感度大。しかしながら、ストーリーのディテールは粗雑。…まあ、娯楽物であればウルサく突っ込まないでおこうか。『踊る大捜査線』程度が大ヒットしてしまう日本映画界のレベルからは、本作品を批評出来る資格も無かろう。ヒロインの死で終結する脚本であり、PARTUが制作される事も無いだろうが、青息吐息の韓国映画界に旋風を起こした価値は高い。若手監督による元気の良い作品制作が触発されることを期待したい。但し、この路線で欧米に打って出る事は当分無理難題。ここが、国際水準の評価が定着しつつある中国映画作品との懸隔の大きさ。民族分断という明確な悲劇を、海外から見た場合と当事者との意識のズレ(例えば南北の民衆は互いを何ら敵視していないのだが、恐らく海外からは向い合えば銃撃戦と単純視されている)を悟らせる様なテーマで、アクション色を抑制調にした韓国映画の独自な表現の世界が広げられれば…、と思っている。「恨(ハン)」=叶えられない希望を希求する切なさ、が普遍性を持って表現出来れば…。この作品を見た後に痛感した述懐です。
★★
From: ヒロキ(NO MAIL) 3月 8日(水)21時50分49秒
期待の大きさが災いして少々辛めの点かもしれないが、観た直後の感想は★ひとつ。だが、3億の製作費であれだけのものが作れたという点と、やはり話題作だけに観れば話のタネにはなるので損はないかもという点を加味して★ひとつ追加。確かに徴兵制度のある韓国らしく銃器を使用したアクションは迫力があるが、銃弾の打ち方(ドンパチ)が少々派手過ぎで単調になり、軽い印象になっていることも否めない。(香港映画の影響?)ハリウッドばりのアクションで魅せるエンターテインメントに伝統的な悲哀ドラマが絡む。韓国の情報部員と北朝鮮の工作員の交錯を通じて描き出されるのは南北朝鮮分断の悲劇だが、より新しい視点で描かれるという前評判は少々裏切られた格好だった。(ここから先は、まだ観ていない人は読まないで下さい。)南北の対比を勧善懲悪のかたちでしか表わせなかったのは残念。愛に悩む女性工作員は人間性を感じさせるキャラクターとして描かれているが、北の工作員の隊長などは完全に「狂気」の象徴としてしか描かれていないように思える。そういった点がストーリーの詰めの甘さに繋がってしまったのか?北側の工作員達の究極の目的が「戦争の混乱による南北朝鮮統一」であったり、その為には爆弾テロのターゲットに北側の首脳まで巻き込んでしまうというのは、いささか飛躍のし過ぎだろう。あるいは、登場人物に関しても南北の主要な4人はともかくとして、それ以外の人々のキャラクターは希薄だ。それによって作品自体や作品の世界感といったものが、どこかいたずらに矮小化されているという印象を持ったのは私だけだろうか。その他、細かな点だが、気になった点を挙げてみる。強奪したはずの新型爆弾「CTX」は全部で10個。最初に1個をソウル市内で爆破させて、残りは各地に設置したと言っていたが、スタジアムの照明塔に設置した(最終的には爆発を回避した)のはどう見てもひとつ。そうすると残りの8個はどこにいったのか? 気になる。また、南北の両者が互いに銃を突き付けあって対峙するという場面が多用された。この映画のテーマを象徴するような画なのは解るが、ちょっと乱発し過ぎ。唐突すぎて、その後のシーンと上手く繋がらないところがあったのは皆さんが指摘しているとおり。これも気になった。
From: DARI(NO MAIL) 3月 8日(水)11時39分03秒
キャラクター描写浅すぎー。誰一人として、まともに描けてないので、全然感情移入出来ない。それによく話題になってるように、途中の編集メチャクチャ!!なんじゃありゃ?
★★★★★
From: (NO MAIL) 3月 7日(火)17時16分35秒
これを見ずして何を見る!って感じでしたね。もう3回も見に行きました。韓国版のビデオも買っちゃいました。ここの管理人さんはあまりにも映画を見すぎて純粋に(映画を)楽しむことが出来なくなっている人じゃないかと思ってしまいました。まあ、人それぞれですけど素直に感動できる心は持ちつづけたいと思いましたね。
★★★
From: hana(NO MAIL) 3月 7日(火)02時09分26秒
おすぎが「私に騙されなさい!」って言うから、絶対騙されたくないと思って見に行くつもりはなかったんだけど、結局、友達に誘われて見に行ってしまった。最初の方はやっぱり2人の男の見分けがつかなくて、「彼女と付き合ってるのはどっちなのー!?」とか思ってたけど、主要な登場人物が出そろったところで、話しの筋が全部読めてしまった。ただ、イ・バンヒの描き方は良かった。アクションはハリウッドもどきだけど、頑張ってはいると思う。あと、冒頭の訓練シーンは、北からの亡命者に実際に話しを聞いた上で、かなり忠実に再現したものだと聞いて、背筋が寒くなった。バック・グラウンドがしっかりしてるから、危機的状況のリアイティはあったと思う(細部はメチャクチャだけど)。
★★★★★
From: BROOK(NO MAIL) 3月 6日(月)16時56分54秒
なんとも言えない気持ちになりました。感動したと言ったほうがいいのかな・・・。ところどころ、某ハリウッド映画を真似しているところがありましたけど、全体的に良かったと思います。
★★★★
From: くろごま(NO MAIL) 3月 6日(月)10時10分02秒
面白かった。万人ウケする映画じゃないかな。韓国語が聞いてて楽しい!ああ、発音いっしょだ、とか。主人公を含めたふたり組は確かに似てた。だからなのかカッターシャツがちゃんと色違いになってたり。(赤と青、とか)ゴレンジャーじゃないんだから。ピエールに似てるほうが好きだったので、あそこでは泣いた。悪役は真田広之、彼女は木村佳乃に似てる。あと、「キッシングラミー」飼いたくなった。
★★★★
From: evian(NO MAIL) 3月 6日(月)09時51分16秒
せつない気持ちになった。韓国映画を見なおした。もう一度観たい。
★★★★★
From: HITOMI(NO MAIL) 3月 6日(月)03時08分35秒
確かに、この映画はアラが少しありました。黒幕の正体もバレバレでもう少しひねってもよいのでは?とも思いました。でも、わかっていつつも、涙が止まらなく、よい映画をみたなーという満足感でいっぱい♪♪とても切なくて、でも優しい気分になりました。
★★★
From: デフィ(MAIL) 3月 5日(日)07時36分55秒
 観たその日では星四つの評価なのですが後から冷静になって考えて見ると星三つで十分ですね。 それだけマスコミの宣伝に躍らされてしまったという事です。反省、(-_-メ) 冒頭の訓練シーンは生々しさというか、迫力で一気に映画の世界へ引き込ませてくれたし、話の根本の筋は最初の方で読めてしまうものの最後まで退屈する事無く見る事が出来ました。 しかし、皆さん指摘されている様に第8部隊の隊長が人質を取って逃走するシーンの編集、爆弾の強奪現場へヘリで駆けつけて背広のまま降下したり、納得出来ない部分も多々出て来ました。その分星1つ減点して三つという事です。 個人的にはスタジアムの決着が着いてから、査問会等、ソコソコ長く描かれていたのには好感をもったのですが。
★★★★
From: デザートイーグル(NO MAIL) 3月 1日(水)02時12分00秒
朝鮮、韓国人はナミダ無しではみれん映画かも・・・アクションがややカタイ感もしたけど、全体的にはよくできた映画やとおもうけど・・・
★★
From: まる子(NO MAIL) 2月 27日(日)03時06分25秒
 朝鮮の南北問題という重めの背景のためその辺りについては馴染みがなさすぎて、大したコメントはできない私です。 しかしながら、上映開始から30分くらいはつらかった。主人公とその友だち(両方とも男)の顔が区別つかなくて、主人公が特定できずにストーリーが進んでいくのでこりゃ参った!いや、東洋人の顔って似てるんですね。自分が東洋人なだけに今まで気付かなかったけど、初めて実感しました。というわけで、混乱しながら観ていたわけだけど(そのうち慣れるものです)、アクションは迫力あって良かったと思う。あと、ラストシーンだけはまとまっててこれはまあまあだったと思う。物足りないと思ったのは、登場人物の心証描写が足りないため、観てて感情移入ができないからです。誰かしらにかたいれしないと、感動の仕様がないですからね。
★★★★
From: みつこ(NO MAIL) 2月 27日(日)01時12分40秒
最後のシーンがとても泣けた。残念だったのは、カメラワークに目が疲れたなぁ。最初の訓練シーンは,絶対マジだと思う。
★★★
From: KOU@神楽坂(MAIL) 2月 26日(土)22時59分04秒
「ハリウッドを超えた」は誉めすぎ。そんなに大風呂敷を広げなくても、充分に面白い映画です。演出と脚本には稚拙な面も見え隠れしていて、総合的には中の上、かな。
★★★★
From: アキコ(MAIL) 2月 26日(土)03時26分13秒
おすぎが、『この映画みて、泣かないのは、バカよ!』と、いってたらしいので見てみたら、最初の方は、よく理解出来なかったけど、気がつけばあまりの切なさに、泣いてしまっていた。リアルな切なさが、心にしみた映画でした。
★★★★
From: イオリ(NO MAIL) 2月 26日(土)00時24分45秒
見終わった後確かに考えさせられるけど娯楽作品として単純に楽しめた最初すごいシーンの連続でこういう映画なの?と思ったけどストーリーの筋は通っているなぁと感じた中盤の編集ミスは確かにありましたね以前にととさんが指摘してあったので「これかぁ」と思って観てました
★★★★
From: nam(NO MAIL) 2月 26日(土)00時22分51秒
てゆうか制作費3億ぽっち、って本当ですか?日本映画界もがんばれよぅ
★★★★★
From: kayo(NO MAIL) 2月 25日(金)15時12分14秒
今まで見た中ではだんとつかも 一部『ニキータ』ががぶってくるところもあるし 二人の情報部員の追跡劇は『あぶないデカ』みたいでちょっと笑ってしまった。しかし アジアでしかも韓国でこれだけの映画がとれてしまうなんて びっくりしやした すごいぞ 韓国
★★★
From: ラフレシア(MAIL) 2月 24日(木)01時48分52秒
今更ながらやっとみてきたこの作品。凄くもありませんでしたが、つまらなくもなかったです。明確な善悪の図式を提示しつつ、更に憎らしいまでに強い北朝鮮兵士を描いて観客の心情を煽るのは如何なものかと思いましたが、ラストだけはとりあえずアリだと思いました。しっかし、なんであの2人の関係は恋愛に発展することができたんでしょう??不思議です。それとどうでも良いことですが、ハ・ソッキュと島田紳輔って似てないですかね?・・・似てないですね。失礼しました。
★★★★★
From: シュリ症((MAIL) 2月 23日(水)23時17分24秒
ハン・ソッキュ最高!!!大満足!!!
From: てつ(NO MAIL) 2月 23日(水)19時46分39秒
そういちさんと同意見です。ラブストーリーとしてみても普通でしょ。どこで泣く?ラスト?
From: fm(NO MAIL) 2月 22日(火)18時39分24秒
朝鮮人にしかウケないんじゃないの?つかみ所が無く、ほんとにつまらない映画でした。
★★★
From: 突っ張り太郎(NO MAIL) 2月 22日(火)17時36分25秒
ごくごく普通のアクション映画。
★★
From: ブアマン・マン(NO MAIL) 2月 22日(火)03時58分53秒
 ジョン・ブアマンです。(「脱出」みてね!ビデオ無いけど・・・) このハリウッドもどきのアジア映画の弁護をする気などさらさらないが、下に中盤の編集がおかしいと言う意見があったので、それについて個人的な推論を立ててみた。  問題のシーンは、逃亡する北朝鮮の工作員が、人質を取り、次のカットでは捜査官が犯人の女性を尾行しているというゴダールもびっくりの大胆な省略法のあらわれる部分であると思う。 おそらく、人質をとって逃亡する際に人質を射殺するシーンがあったのではないか?女性の人質を射殺する場面は倫理上好ましくないという配給会社の配慮からカットされたのだろうか(男性なら、いいのか?)。または制作者側が、必要以上に北朝鮮の工作員を悪者あつかいするのは内容にそぐわないと判断し、カットしたのだろうか。実際のところ、この二点が事実に最も近いと思われるのだが。 もっとも、制作側が真剣にゴダールもどきの大胆な省略法を試みたのなら、またはフィルムが紛失してしまったのなら、この推論はまったく元も子もないものだが・・・北朝鮮叩きのこの作品なら、工作員から妨害を受けてフィルムをぬすまれても、文句の一つもいえないと感じる・・・ あともう一点、作品中のハンディカメラのぶれを効果的に使用したアクションの先駆けは、「仁義無き戦い」の深作欣二である。海外の映画ファンの間では深作の映画はよくみられているので、クエティン・タランティーノが彼のファンだという事実も、少しもおかしなものではない。
★★★
From: ラバー(NO MAIL) 2月 21日(月)12時21分34秒
中盤でぶっとんだ編集をなんとかして〜。あの間何があったの〜って気分です。わざとではないと思いますが。。ひどいツナギかた(苦笑)まあ、それを除けばまあ、ようでけた香港映画ってもんですか。
From: 憎まれっ子(NO MAIL) 2月 20日(日)23時19分43秒
観た後に観客を深く考えさせるような映画は嫌いだ。俺はしょうもないメロドラマと思っただけだけどね。
From: そういち(MAIL) 2月 20日(日)15時58分27秒
新鮮味がないと言う意味では、10年前の映画、と言うよりも80年代の映画。バレバレの脚本とか、画一的なアクションシーン、平凡な人物像、あざとい音楽とかいった事は、下の皆さんがおっしゃっているので、これ以上は言及しない。だが何よりも許せないのが、「南北問題」の扱い方だ。その意味で、この映画はヒドイし、あまりにも醜い。あの「北」側の描き方はないんじゃないか?だいたい、人間を徹底的に殺人マシーンに鍛え上げる残虐な訓練シーンを散々見せられて、どうやって恋する彼女の心情を汲み取ればいいのか。全編に渡って、俺等いいもん、向こう悪もんみたいな描き方を展開して、どうやって飢えと貧困に悩む「北」の苦しみを理解すればいいのか。挙げ句には、南北統一目指すには、暴力以外にも方法があると、主人公に言わせる無神経さ。笑わせるな。そんな描き方は何の説得力もない。朝鮮半島のデリケートな問題を、かように無神経且つ乱暴な描写で表現する事の危険性を顧みず、三流メロドラマの後ろに覆い隠してしまう事を平気でやってのけてしまう、この愚かな行為。開いた口が塞がらないとはこの事。(こんな映画が当の韓国でマスコミから絶賛されたっていうのが、本当に事実ならマジでゾッとする。だとすれば下の方で、他の方がおっしゃってた様に、向こうの国民も日本人と同じく平和ボケしてるんだろう)連れの彼女は泣いてたが、少なくとも俺は、こんな偽善的であざとい、且つ二番煎じ的な映画には泣けないし、ハラハラドキドキと感情移入する気にもなれない。アジア映画で観終わった後、怒りを覚えたのは久しぶりだった。
★★
From: イザナギ(NO MAIL) 2月 18日(金)23時23分38秒
この映画のせいで南北問題は日本のせいだとか、日本は平和ボケしているとかいった自虐的な感想を持つ人が多くなってしまった。変に政治色を含んだ映画ほど害となるものはない。でも俺は単なる恋愛物として楽しめた。だが、星3つもはあげられん。
★★★★
From: こばやしまる(NO MAIL) 2月 18日(金)02時30分32秒
ジョンさんだってさ。「挽歌」のころ、日活だのペキンパーだの言われてたけど、今やもう、アクションつったらジョンさんなわけじゃないっすか。ラストの至近距離銃向け合いシーンもこの映画にとってこれがベストの描写だったわけで、更にはブレブレちゃん画面のアクションも堤or岩井orクリやんカメラの専売特許ちゅうより、もう、このカメラワークがベストだというカントクの選択だったわけだろうし。北で洗脳されたスナイパーがフランス人じゃあるまいし、ラブラブでメロメロになっちゃって、ってプロットは、大OKっす!「レザボア」だって香港映画のパクリ(題名わすれた)なわけだしさ。パクリパクられこそ映画の醍醐味!いや面白かったです。
★★
From: とと(NO MAIL) 2月 16日(水)12時00分05秒
中盤の銃撃戦中の、信じられないような編集ミスにア然!!こんなヒドイ編集ミス、ここ数年見たことない。学生映画じゃないんだから。。。皆さん、気付きましたよねえ?余り、皆さんがこれに触れてないので。。。
★★
From: うーん・・・(NO MAIL) 2月 16日(水)00時58分25秒
 なんか「悲劇のヒロインあこがれ」っぽいところがあるとおもうんですけど・・(「ニキータ」もどきの女殺し屋ってとこが)。コントっぽい恋愛部分がなんとも妄想チック。「ダイハード」にあこがれてる男の人が、かんがえそうな妄想だと思うし・・。 銃声がうるさくて耳をふさいでました。本物っぽくて、すごいですね。
★★★★
From: きゃお(NO MAIL) 2月 16日(水)00時27分45秒
ストーリーは先が読めるしどこかで見たような映像だし主人公は好みじゃないし。。。私的には自分でもどこがこんなに気に入ったのかわからないくらいなんだけど。。。。後半の読めきった展開の中にもなんだか、心にしみるものがあった。目的が同じなのに逆方向に離れてしまったふたり。。。せつない。そして、今現在抱えてる問題が背景にあるだけに真実味がましより心がうごかされた。。。
★★★★
From: rabako(NO MAIL) 2月 15日(火)23時40分06秒
最初、戦争映画か?残酷で見ていられないー。と思ったけどちがくて、とても感動的な映画でした。熱帯魚がとても効果的で、ともすると疲れる映画になってしまうところの緩和になっていたように思います。よくタイタニックを抜いて、という表現が使われているけど、まあ悲恋で、切ないという点で比べられてるんですね。とにかく良かったです。


【コメント 2ページ】へ