うずまき

満 足 度
20.6%
回答者数17


From: 太秦(NO MAIL) 3月 6日(月)10時33分07秒
総括!これは東映の太秦(うずまさ)と「うずまき」のひっかけギャグをやりたいがためだけの映画だったのだ。客の入りがひどかったので、はやいとこ東映はまんがまつりを番組に組むべきだったと思う。まあ終わったものにどうこう言うのも何だがやっぱり金と時間を返して欲しい作品には間違い無い。おばかギャグホラー映画なら、「発狂する唇」が傑作だからその嗜好の方はこっちを楽しまれる方がよろしい。
From: ピカチュ(NO MAIL) 3月 4日(土)10時59分03秒
ごめんなさい、感想ありません。タダ券で良かったという気持ちだけです。
★★★
From: ちんこ(NO MAIL) 2月 25日(金)23時29分53秒
タダ券で見に行ったので、おもしろく観ました。こっちを先に観てよかったです。理由? それは、さ、ね。佐伯日菜子の赤い色ブルマ最高だった。
From: かよかよ(NO MAIL) 2月 25日(金)15時24分11秒
ねてしまった それだけだ わらえるところもあったけど あれなら たぶん コミックをよんだほうがいいとおもった カネかえしてクレー−
★★
From: PAN(NO MAIL) 2月 23日(水)16時57分01秒
ホラーではないなぁ・・・変に笑える ただただ疲れる映画でした話の筋かはっきりしてないからどうにもならん映画っていうか映画っていう感じがしなかったどうなんかなぁやるんならもうちょっとなんとかしてほしかった
From: (NO MAIL) 2月 18日(金)09時08分49秒
どうも起承転結の、起と承の半分ぐらいの筋だった様な気がします。 kobayashi○さん「ハウス」をこの映画の為に引き合いに出しちゃだめでしょう(笑)確かに真似たところはあるけれど、まねはまね・・・・。むしろオマージュの為ならわかるけど全てサムかったです。好みの問題でみるのはもう止めといて普遍的な映画の良さを追求する姿勢を作る方も見る方も心得て欲しいです。
From: p,2,3,4(NO MAIL) 2月 18日(金)06時43分50秒
  3,4週間で上映終了。それでも長かったけど  惨敗おめでとう!こういう映画は映画ファン全体が拒否すべきです。「プロは素人よりアマチュアだ・・・」としみじみ思えました。 新人俳優の稚拙な演技。総てのシーンにエフェクト入ってた佐伯ひなこのお粗末な悪役。総てが見事に駄目でした。今後の日本映画の為に捨てちゃった方がいい。
★★★
From: kobayashi○(NO MAIL) 2月 18日(金)02時15分26秒
第4章できちっととんぼ池のくだりを描いてれば平成の「ハウス」にはなってたろうに惜しいっすね。けど、この描き方をアリ!と捉えないとダメっす。デジタルは、こんな風に無駄使いしとかないと足元すくわれるっす!誰に?それはもちろん篠田カントクみたいなおじさん!
★★★
From: 殿様ランデヴー(NO MAIL) 2月 18日(金)01時39分10秒
アッハッハ!いや〜、笑わしてもらいましたよ。なかなか面白いコメディーでした。・・・えっ!?ホラーなの?これ?こりゃまた失礼致しました!ホラー、コメディー、どちらにしても、あの唐突なラストはちょっと頂けません。でもオレはこういうの結構好きかも・・・。
From: 理絵大好き!(NO MAIL) 2月 16日(水)23時30分00秒
  ヒグチンスキー監督にはビジュアル面での期待はかけていたけど、その反面「うずまき」を映画化すると失敗するだろうな・・・という期待にも見事に答えてくれた。駄目映画になることは監督は百も承知なのかも知れないが、デビュー作にこんな実験的なトホホ映画つくるってのは無謀というか何考えてるんだろうかプロデューサー。客のこと考えてくれ
★★★★★
From: タカシ(NO MAIL) 2月 16日(水)13時04分37秒
原作とは分けて考えても、とにかく楽しめた。上映後、トイレに立ち寄ると中にいた人ふたりが「ストーリーないやん!何もあれへん!」と激怒してたけど。確かにラストは投げ出されたような感じもしたけど、それも許せるくらい満足できた。フィーファンの現実離れしたような話し方や佇まいもよかった(原作よりもフィーファンの秀一のほうが気に入った)。阿部さんや大杉さんといった他の役者さん達も壊れ具合がかっこよかった。とりあえず上映中はずっとカオが笑ってたくらい楽しめたので、ロードショーが終わるまでにあと一度は観に行くつもり。大きなスクリーンでまた観たい。
From: きゃお(NO MAIL) 2月 16日(水)00時22分06秒
終わった途端みんなの????が見えるようだった。全てのひとがきつねにつままれたような顔になってたような気がします。うーん。。。
From: TERA(NO MAIL) 2月 15日(火)22時57分58秒
なっんじゃこりゃと言う感じの映画でした。漫画をそのまま映画にしただけのものでした。
From: bado(NO MAIL) 2月 14日(月)21時45分26秒
こんな映画撮っている暇と金の浪費は映画ファンとして納得がいかない。どうしてこれだけ自己満足にすぎない作品がメジャー系公開なのか?苦労してつくられた単館公開の作品や、レイトショーの作品を思うとこの不公平な状況に怒りを感じる。確かに巻き髪の話を入れただけでお笑いバカ映画になってしまうのは仕方ないが、まじめに怖がらせて欲しい観客のニーズの方が自己満足より優先であることは明らかだ。所詮センスのかけらもないのでしょう。上映後、場内が明るくなって、前に座っていた男性3人が「つまらねえ」「くだらねえ」と、口々に本気で当たり散らしていた。
From: ○○○・Higuchinsky(NO MAIL) 2月 14日(月)01時37分53秒
日本ラズベリー賞、決定!!
★★★★
From: 柿子(NO MAIL) 2月 13日(日)20時18分34秒
面白かったよ。笑いのこぼれるホラーって初めて観た。(オカルトムービーかな?)フィーファンさんはともかく棒読みなのは演出と理解したんだけどなーーー。初音さんは分からないけど 大杉さんや高橋さんも芸暦もしっかりした上手い役者さんだけど棒読みだったし・・・アフレコでさ。少なくとも黒渦町の不思議さがよく描かれていたし世界の不気味さってちゃんと感じれたけどな。そういった意味でも原作のイメージがちゃんとある。個人的に文句の付け所が見当たらないと。でも、星が満点じゃないのは、まぁ、万人受けでは決して無い所かな?単館系なイメージは付きまとう。でも、まぁ、富江と併映な事を考えればこれも有り。やっぱり、良い映画だと思うけどなぁ〜。
From: ジャジー(NO MAIL) 2月 13日(日)02時38分17秒
 マイナス点入れてぇー!原作は有名でよくできた漫画ですが、脚本は映画化に際しての工夫のかけらもなかった。むしろ完璧に破綻していたし、監督は楽屋落ちや自らのマニア性を観客に押しつけまくっている。主役の初音映莉子の拙さは大目に見るが、恋人役のフィーファンの棒読みだけはせめて何とかして欲しかった。悪のり女優の佐伯日菜子の台詞は創りすぎて聞きづらいし、キャラも不自然、かなりイタイ。他に大挙出演している大御所や芸達者な俳優は未消化のまま出ているだけで勿体ないくらいです・・・