ホワイトアウト

満 足 度
47.9%
回答者数154




★★★★
From: 花子(MAIL) 10月 31日(火)14時00分22秒
織田さんの気合いが伝わってきて、まあまあ良かったと思います。原作を読んでからいったので涙するところは少なかったのですが、最後のヘリで救出されるとき、署長さんが語りかけるシーンで思わず泣かされました。原作は富樫本人がいっていたんだけど、映画では違って、またその演技力に泣かされました。笠原さんが死んでしまう場面も、「ああああ死んじゃうよお」と思わずぐっと来てしまいました。人間ドラマが原作よりカットされていたのはアクションをとりたかったせいなのかもしれないけど、もう少しあっても良かったかな。
★★
From: きく子(NO MAIL) 10月 30日(月)15時53分02秒
松嶋菜々子は大根だと思う。エレベーターで銃を乱射するシーンがうそ臭いし、におった。全体に場面が白すぎて目がチカチカして見ずらかった。
★★★★
From: YUKI(NO MAIL) 10月 29日(日)21時37分33秒
この映画は見る映画館や座る席によって、印象がかなり変わるんですね。5回見てそう思いました。音響の良い大スクリーンで見た時は、かなり楽しめました。今後、ビデオ化されてテレビ画面で見たら、★1つっていう感じかも・・・
★★★
From: bros(MAIL) 10月 25日(水)23時15分41秒
キャラクターの行動の動機が、心理面に比重が置かれているため、実はさほど映画向きの原作ではなかったのでは?主人公が一人でテロリストに立ち向かう、というシチュエーションに説得力を持たせるには、「ダイ・ハード」のように、外的要因によって「仕方なく」という印象を持たせた方が、映画的説得力は増したはず。
★★
From: そら(NO MAIL) 10月 24日(火)09時29分43秒
原作を読んでいれば理解できるといった内容な気がする。カットされている場面が多かったから、そのせいで、危機感が観客に伝わらなくなっている感じ。いまいち。原作を読んでから行くべきだとおもう。だめ??(笑)
From: ケンチチ(MAIL) 10月 22日(日)21時47分56秒
今更、なんですけど、ホワイトアウトのことが少し書きたくなりました。予告編でもわかりますが、日本版ダイハードです。面白いかどうかでいうと、頑張ったんだけどつまらない映画です。日本のアクション・サスペンス?・スペクタクルって悲しい。やたらと主人公が、大変そうに雪の中を歩きつづけます。でも、観客には何で大変か良く伝わりません。一緒に映画を見た会社の上司は学生時代山岳部で、「雪山をあんなに歩くのは無理だ。だから、彼はダイ・ハードマンなんだ。実は超人的な能力を持っている設定なんだ。」と苦笑いしてました。実際、撮影も大変だったと思います。繰り返しになりますが、この映画の最大の不幸は超人的に雪山を走破していることが観客にわからない事です。エンターテイメントとして根本的に失敗した映画です。
★★★
From: 川原智明(NO MAIL) 10月 20日(金)21時46分13秒
小説の方が面白かった
★★★
From: レザボアドックス(NO MAIL) 10月 20日(金)17時01分09秒
期待してたのにいまいちだったね。原作の小説やマンガの方がおもしろい。原作からカットされてるシーンがありすぎ。日本映画にしてはがんばってると思うよ。俳優のキャストいい感じだし松島奈奈子はマズかったと思うよ。佐藤幸市はハマリ役だったよ。織田勇二は青島の役とあんまり変わってなかった。青島のイメージが強かったからかな。後画面がいきなりきり変わるシーンがいくつか、気になつたテロ対策本部のシーンからいきなり織田勇二のテロリストと闘いのシーンになったりしていたよ。後、ザテロリストていう映画にゲリービージとホワイトアウトの佐藤幸市の役がちょつと似ている部分がありすぎかな。アクション映画好きの人はダイハードとかほかの映画を思い出してしまうシーンがあると思います。多分アメリカで公開したらレンタルビデオの普通のアクシヨン映画並ぐらいに思われると思います。 
From: メロン(NO MAIL) 10月 20日(金)01時22分48秒
踊る〜の気分で行った私が悪いの!?テンポ悪くってわらえないし、出てくるのは雪、雪、雪。。。ごくろうさま。ストーリーに矛盾が多かった。もっと映像にキレが欲しかったな!最後ひっぱりすぎ。
From: グレート義太夫(NO MAIL) 10月 19日(木)17時02分13秒
あまりのつまらなさに泣きました。なんか織田裕ニが最高ですとか言ってたけど最悪でした。最後の終わり方なんてぜんぜんものすごい吹雪になんてみえませんでした。あと原作の小説から省きすぎていて、かなり内容が薄かったです。
★★★★
From: ヴィル(NO MAIL) 10月 19日(木)01時54分17秒
原作がいいのでしょう。それに引っ張られて、娯楽作品としては、楽しめるものになっていると思います。
★★★★★
From: てらっち(NO MAIL) 10月 18日(水)18時37分23秒
それぞれの役がいいあじだしてました。特に、あの60歳くらいの刑事さん。
★★★★
From: なでしこ(NO MAIL) 10月 10日(火)10時56分02秒
鼻っから『踊る大捜査線』の延長線上として見に行ったので、期待通り!に楽しませてもらいました。も〜織田祐二とヒロインは“何が遭っても死なない!!”のお約束に笑えたどころか、「事件は会議室で起きてるんじゃ無イッ!!」と名台詞が今にも聞こえてきそうな織田祐二の同じ演技も笑えました。あれだけ無差別に情け容赦無く人を殺す役どころの犯人(佐藤浩一)がなぜ松島奈々子の時だけ足に撃つだけなんだろう…仕方なくにしろ雪崩映像が何処からか持って来た資料テープみたいで笑えました。
★★★
From: うに(NO MAIL) 10月 6日(金)23時22分29秒
原作は読んでたので、映画化されると知ってからたのしみに……してました。吹越さん=笠原は、すごくよかったし、織田さんは、フムフムがんばってるなーと。でも・でも・でも。。。なんでしょう、観た後の物足りなさは。スケールの大きさがちょっと感じられなかったかもしれないし、ツッコミ入れたくなることが多すぎたからかもしれません。20分が長すぎじゃないかなぁ、あまりにも。「なんで?なんで??」が多かったです、ほんとに。もうちょっと、どうにかならなかったものでは。千晶は、眉毛とマスカラとベースがあまりにも整っていて、ぶっ飛びました&へこみました。リアリズムは〜どこへ〜。織田さん&吹越さん&自然に★。
★★★★
From: お姉様(NO MAIL) 10月 6日(金)04時50分30秒
日本映画にしては久々頑張った感じ出ててなかなかイケル。キャスティングもオッケー
From: みき(NO MAIL) 10月 6日(金)01時13分54秒
最悪です。織田祐二なんで何回も生き帰ってるの?ぜったいそこで死んでるでしょうってシーンがたくさんあった。例えば排水溝のシーンとか、雪崩れのシーンとか。。。期待してなかったけど、ホントに悪かった。最後のシーン、雪の中から織田祐二が松嶋奈々子を抱いて現れたときは、なんかもう笑っちゃった。
★★★★★
From: TARO(NO MAIL) 10月 5日(木)09時52分56秒
何回もリピートしていますが、全然あきません。テンポのよさと目を離せないストーリー展開、登場人物のかもし出す味にひきつけられて一気に2時間半が終わります。織田裕二を中心に出演人も実に魅力的。ぼくは大好きです。久しぶりにこんなおもしろい映画をみました。
From: ゆり(NO MAIL) 10月 2日(月)06時32分01秒
どうしても最後は浪花節に終わってしまうんですねぇ。原作だけにしておくのだったと後悔。しかしこういうお泣かせアジアでは受けるんでしょうねぇ。松嶋菜々子の泣き顔は先日のTVでも全く同じ顔でワンパターン。織田裕二さんはこの映画は俺がやるぞという気迫が感じられましたが気負いが鼻に付いた。青島は肩に力がはいっていなくてとてもよかったんですけどねぇ。
★★
From: 横浜のたけし(NO MAIL) 10月 1日(日)23時54分23秒
雪山を下って、登っての繰り返しで主演の織田祐二だけが雪と格闘するシーンが長過ぎた気がします。(まあ題名がこうなので仕方ないけど。)佐藤浩市、吹越満の悪役ぶりがすごく上手かったから、もっと戦闘シーンを多くして憎らしさを倍増したら、もっと面白くなったのになぁ・・・って思いました。
From: ジョー(NO MAIL) 10月 1日(日)17時29分53秒
織田ファンにすすめられて見にいきましたがつまらなかったです。日本映画としてはすごいスケール感ということでしたがスケール感を感じたのは最初のダムのシーンだけであとは尻すぼみだし内容はどっかで見たことのある内容で目新しものはなかったです。意味の通じないちころもあったし変に人間ドラマにしようとしてるのがわかり白けました。
★★★★★
From: KABE(MAIL) 9月 30日(土)22時33分56秒
ツッコミどこも含めてオーソドックスなアクション映画だったと思います。極度に少ない台詞ながらも、登場人物の心情がよく伝わってきたし、派手なシーンも多く楽しめました。今後もこういったわかりやすい映画が見たいので、星5個つけます。
From: ヤマトナデシコ(NO MAIL) 9月 29日(金)18時32分11秒
体が鉛でできてるの? と思いたくなる奈々子の乱射シーンでした
★★
From: やす(NO MAIL) 9月 28日(木)13時43分22秒
なんだかもったいない。「この映画はもっと面白く作れたんじゃないか」というのが見終わったときの感想。ストーリーが前振りなしに展開していって、「なんでそうなんの?」と何度も思った。説明不足!(自分が理解能力ないだけかも)。あと技術的なことはよくわからないけど、編集が上手くないような気がした。登場人物の心理やその変化が全く伝わってこないから何の感動もしないし、「テンポだけを考えて編集しました」って感じがする。あらも多いし、ヘリには雪かかったのに、真下にいた織田裕二にはかからないし。エンドロールの途中で帰りました。
★★★★
From: りゅう(NO MAIL) 9月 27日(水)09時37分15秒
まったく期待しないで見に行ったのが幸いしてか?結構面白かったです。後ろの女の人はラストシーンで号泣してました。
★★★
From: seigo(NO MAIL) 9月 23日(土)23時56分50秒
まぁまぁですかね。お金がかかってるのはわかりました。でもところどころ(特に最後の雪崩シーン)「そりゃないっしょ!」とツッコミを入れたいシーンが…。目をつぶりきれなかった…。吹越満と織田裕二は○。ところで石黒賢と織田裕二を見て「振り●れば●がいる」を思い出したのは自分だけ?
From: ばか子(NO MAIL) 9月 22日(金)23時41分11秒
なかなかとも思うが、・・奈・子につきる。これはひどい。彼女は何しに出てきたんだろう。あんなのにギャラを払ってはいけない!!!!
★★★
From: なか(NO MAIL) 9月 22日(金)11時41分43秒
 前評判というか宣伝にすごく力を入れていたので、かなり期待して行ったけど、ちょっと肩透かしを食らった感じ。織田裕二ファンだから「まあまあ」だけど、そうじゃない人は物足りないかも。
★★★
From: kanna(NO MAIL) 9月 21日(木)14時17分23秒
予想していたよりシリアスな映画でした。織田裕二さんがはまり役だったと思います。原作とちょっと違うときいたんですが、小説のほうも読んでみたいです。もうちょっと迫力があるともっとよかったです。
★★★
From: アルペンレーサー(NO MAIL) 9月 21日(木)00時52分13秒
訂正。恥ずかしながらスノーモビルは水冷式のガソリンエンジンでした。バイクと同じです。メーカーもヤマハなどバイクと同じです。引火しやすいけど映画みたいに雪崩を誘発するような大爆発はしません。
★★
From: chovin(NO MAIL) 9月 18日(月)18時59分11秒
なんて長い20分のタイマーなんでしょう(笑)あらは探してないつもりなのに見えてしまってどうも・・・。ヒロインは松嶋奈々子じゃなくてもよかったんじゃないかなぁ。逆に言えばせっかく松嶋奈々子を使った意味が伝わってこなかったです。
From: アルペンレーサー(MAIL) 9月 17日(日)22時38分13秒
おもしろい、つまらない、おもしろい、つまらない、おもしろい、つまらない、おもしろい、つまらない、……。結論、つまらない!2ヶ月ぶりに街に出て映画を見たけど、すっきりしない映画でした。「ダイ・ハード」のパクリと言われようが、これほど楽しめるなら良しと思っていたところ、織田裕二が放水からスーパーマンの如く助かるところからもうダメ。限定された空間で展開するドラマに必要不可欠な位置的空間の説明が全く不足しているから、どんでん返し的展開もまるで驚かないし、何処で何が起きてるからこうなるというサペンスも感じられない。クライマックスに至っては失笑の連続。ディーゼルエンジンのスノーモービルはまず引火しないし、したとしてもくすぶるだけなのに轟音と共に大爆発し、雪崩発生。墜落したいと言わんばかりに、いつのまにか敵のヘリが崖の下にきて、案の定まき込まれて墜落(これも位置的な説明不足)。その他にも閉ざされた山奥で数日間吹雪だったにもかかわらず主な個所がほとんど圧雪されていたりと挙げ出せば切りが無いほどの凡ミスの山。これがハリウッド映画だったらおバカ映画として最低3年は言われ続けられるだろう。 もう日本映画は脚本だ、役者だ、いや演出が、と言えないくらい全ての要素が低レベル化しているのが、この久しぶりに超大作と言われる映画でハッキリしてしまった。 あと、映画とは関係無いけどこの映画のロケ地は全てぼく行ったことあります。
From: サリー(NO MAIL) 9月 14日(木)12時23分16秒
スケール感があったのは最初のダムのシーンだけ。あとはいかにも日本的なお涙頂戴でつまらなかった。
★★★
From: BAS(NO MAIL) 9月 14日(木)10時14分34秒
事前に広告とか見ない方がいいかも知れないです。私は細かい疑問点がいくつかありつつもまあまあ楽しめました。でも友人はスケールが小さく思えたようです。アクアさんがおっしゃっているところ、私は(も?)やめたほうがよかったと思います。
From: (NO MAIL) 9月 13日(水)22時41分11秒
この映画でどうやって泣けるんだろう。
★★★★
From: tiga(NO MAIL) 9月 13日(水)09時54分12秒
織田裕二は結構好きな役者さんなんだけど、今回の役作りはちょっと中途半端だったんじゃないでしょうか。ごく普通の男を演じたと撮影後のインタビューで答えていたけど、そのキャラはどうであれ、話の中で主人公のアクションはどう見てもスーパーヒーロー。精神的な葛藤が描ききれないのであれば、最初からもうちょっとガッとしたキャラクター設定した方が良かったんじゃないかな?作っているキャラとストーリー上の行動とイマイチあってない気がしました。ストーリー的にはあの原作です面白くないわけありませんよね。最後は泣けました。
★★★★★
From: hoho(NO MAIL) 9月 12日(火)21時13分01秒
面白かった。もおう3回観てしまいましたが...。良く出来ていると思う。ただ、佐藤浩市のスタイルはよくわからないなぁ...。X−MENのパクリなのか。自己陶酔ぎみ。目で語る役者としてもっと大胆に画面に出れば違ったと思うんだけど...。最後には泣かされました。
★★★
From: 智恵美(NO MAIL) 9月 12日(火)20時14分15秒
ストーリーはともかく石黒賢の顔にわらかされた!まるでコントでも見ているかのような、これでもかと言わんばかりの青ひげな死に顔や伸ばしすぎ写真!!笑わそうと思ってやったとした思えないほどでした。みなさんはそう思いませんでしたか??
★★★★
From: アクア(NO MAIL) 9月 12日(火)13時53分53秒
ストーリーのわかりにくさが残念です。千晶がマシンガンを撃った時体がぴくりとも動かずあの表情なのには参りました。カドカワ映画を思い出しました。でももう一回見てみたいなと思う映画ではありました。
★★
From: たま(NO MAIL) 9月 11日(月)23時24分26秒
ねたばれあり。風景の取り方は、なかなかダイナミックにとってあってよかったです。ラストでの、雪崩を誘発して悪玉の乗ったヘリコプターを巻き込ませるシーンはかなりいい。恐ろしく、そして美しい雪の姿をとらえていたと思うし、映画(物語)だからこそできる大胆さもあった。ただ、何人の方も指摘していられるとおり、前半部分の引き込まれるような緊張感が後半部分には感じられなかった。個々に魅力あるシーンはあるのに、それらがうまく消化しきれていないという印象をいなめない。主人公があまりに超人的すぎて感情移入しにくいからなのかな?緊張感が続かないのは。でも、織田さんはいい役者だと思います。全体的に役者陣はがんばっていたと思うけど、佐藤浩一はちょっと・・・・佐藤浩一はそのままでいい味もってるんだからあの髪で顔隠しちゃうのはもったいなかったのでは?表情わかりにくかったです。うーん、でもこれは好みでしょうね。吹越満のほうにひきつけられてしまいました。他の悪役一派もよかったし。あと、地元民としては、黒部ダムの人々がひたむきにがんばっているところとか、誇りをもってとりくんでいるところとか、そのようなところも描いてくれていたのでうれしかったですね。ほめるところも多々あるけどやっぱり「おしい!」って意味を込めて星ふたつ。
★★★★
From: さき(NO MAIL) 9月 11日(月)16時33分17秒
なかなか面白かったです。ただアクションシーンを日本人がやると生々しくて、見ていて辛かった。ダムを遠巻きから映したシーンは迫力あったし、音楽もよかったと思います。
From: (NO MAIL) 9月 11日(月)15時28分27秒
あんなに面白い原作を映画化して、どうしてこの程度のものしか出来ない?それに小説を映画化する上で、それなりに設定が変わるのはわかるけど、時限爆弾って…。あと、わざとらしくセルラーの携帯電話がアップで映るし…。監督・脚本どちらも人選ミスじゃないのかな?映画としては観られなかったもん。とりあえず理屈じゃなく、伝わってくるものがなかった。それにしても、日本映画にしては客の入りが良かったなぁ。しかも皆泣いてたなぁ。
★★★★
From: ぶーすか(NO MAIL) 9月 11日(月)10時36分43秒
みんな辛口やなぁ〜、久しぶりに日本映画を劇場で見たけど充分料金分の値打ちはあったと思う。(10月1日にいったけど)。日本映画も少しは元気なとこみせとかんと、なんぼでも悪なって行くと思う。織田裕二の次回作に期待したい。
★★
From: あきひろ(MAIL) 9月 10日(日)02時17分53秒
織田裕二が主役じゃなかったら、ちょっと失敗だったかも!僕もラストが興ざめでした。もっと長編になってもいいから、しっかり主人公の内面や、ヒロインの内面が分かって感情移入できるように、主人公がどんなに大変なことをしてるのか分かるように作ってほしかったな。せっかくの大作なのに惜しい。原作通りじゃなくてもいいけど、警察の集まってるところにヒロイン抱きかかえて現れるヒーローじゃなくて、助けられなかった親友の為に、彼女を助けないと死ねないと思ってる普通の人が、犯人の全滅やダムを守るとかよりも彼女のことしか見えてなくて、彼女のもとにたどり着いたところで意識を失いつつも凍死しないように、身を呈して一緒に倒れてるっていう映き方をして欲しかったなー。地元警察の署長さんは原作より良かったし、彼がこの映画の見所かなー。佐藤浩市も原作と一味ちがう悪役でよかった。松嶋奈々子じゃなければよかったのかなー原作読んでなければよかったのかな?”奪取”を映像化して欲しいんだけど!
★★
From: きめこめ(NO MAIL) 9月 10日(日)01時31分52秒
スケールのでかいテレビ映画。昔みたいに生っ粋の映画人が熟練のスタッフを使って商売できる映画を創るということが、本職(?)の映画製作のシステムでは出来ないのでしょうね。だからテレビ資本でテレビドラマのノウハウで映画作るしかない。でもやはり、一般論だけど、テレビと映画は違うでしょう。脚本は、首を傾げたくなるところが結構あって、そのお陰でのめり込めなかった。また見せ方や細部のつくりにしても、テロリストが全員黒尽くめとか、感情表現に人物の顔のアップとか、構造物のデカさ表現に引きカメラとか、少年マンガみたいな説明的でつまらない見せ方は止めて欲しい。折角こんなネタで金使って映画撮れるのに、もっと映画として野心を見せて欲しい。それが出来ない人(しようとしない人)を敢えて選んだのだとすれば、この映画に新しい邦画としての可能性はない。(ソフトを生産する為にTV局が手を出す事業のひとつでしかない。)ちなみに、やはり松嶋奈々子はあまり映画向きの女優ではないと思った。美人は美人かもしれないが、銀幕の大画面で見詰めてたいようなフェティッシュな欲望を掻き立てる魅力が無い。
★★★★
From: マダム(NO MAIL) 9月 9日(土)23時50分58秒
想像してたよりずっと面白かった。佐藤浩市のワルぶりがとってもよかった。雪の中の乱闘シーンの佐藤浩市の、長い手脚・・・うっとり(*^^*)
★★★
From: TKK(NO MAIL) 9月 9日(土)22時30分44秒
日本映画の枠を破る作品との前評判を信じ足をはこんだがちょっと悲しかった。日本版ダイハードといわれただけあり、どこかで見たよーなシーンの連続にちょっとしらけた。とくに最後の富樫君生還のシーンでは警察官の皆さんが一塊になって迎える所は今までの日本映画とかわんねーと思っちゃったんだけど。
★★
From: としろー(NO MAIL) 9月 9日(土)11時58分52秒
映画が始まったときは、すごく引き込まれる感じがして期待したんですけど中盤にさしかかるに連れてなんだかよくわかんなくなった。日本の映画は少なからずこういった感じを受けることが多いと思うのは私だけ?(つまり後半になると急に話が早くなるというかシーンがブツブツ切れて要所要所をつないであるだけみたいな感じがするんです)でも、織田裕司は好きなのよ。
★★
From: 雪山には確かに行きたくないかも〜(NO MAIL) 9月 9日(土)03時45分19秒
あ〜どれもこれもどっかで見たシーンね。織田ちゃん?あ〜いつも通りね。松島菜々子?びっくり!一応彼女って美人(!)っていう認識で通ってたと思うんだけど…。しかもアップ多用!ちっさいテレビ画面で修正かけるくらいじゃないともうダメね。ちょっと肌がアレね。そう思うと映画館のスクリーンって罪って感じ。え!ストーリー?それは言わない約束!
★★★★
From: すずまき(NO MAIL) 9月 8日(金)22時40分31秒
自分が想像をしてたよりもずっと、面白かった。後、音の使い方など良いなあって思いました。音のない世界が広がっている時のスクリーン上の一面の雪はかなり、印象的でした。あと、ケン イシイの曲も格好良かったぁ。
★★★★★
From: (NO MAIL) 9月 7日(木)17時13分16秒
迫力がありました。学校で「走れ、メロス」を見ましたが、あれよりよかったです。がんばればなにか出来るかなと思いました。
★★★★★
From: HY(NO MAIL) 9月 7日(木)06時25分12秒
おかしなところは数限りなくあるけど、それら全部含めて楽しめました。最近、個人的に許容範囲が広くなってきているもんでね。星5個なのは、他があまりに点数が低くすぎてかわいそうだからオマケ。こういう映画をプラス方向に評価しないと、日本映画は厳しくなると思うなぁ。もちろん低い点数をつけるのも個人の自由だが、ベクトルは上向きにして欲しいものだ。
★★★★
From: けいすけ(映画偏差値55)(MAIL) 9月 6日(水)22時50分01秒
 個人的には楽しめました!”日本映画”ってことを抜きにしても、相当がんばっていると感じました。 ただ、犯人グループの行動とか、わかりにくい点も。>松島菜々子がなぜあそこまで織田さんを恨んでいるの?  千晶(松島菜々子)は、冨樫(織田裕二)が恋人吉岡(石黒賢)を見捨てて逃げたと思い込んでいるからでは。 (えっ、そんなこと百も承知?)
From: すもも(NO MAIL) 9月 6日(水)22時07分56秒
hohoさん人の評価はそれぞれだと思います。けちつけるのはどうかしら。わたしはこの映画がこれだけ話題になるのは映画ファン増やすことになるし一石投じたと評価します。でも映画はお涙頂戴っぽくていまいち感動しませんでした。がんばりが表にですぎるのも見ていてしんどかったな。肩の力をぬいたらもっとよかったかもね。るし
From: すもも(NO MAIL) 9月 6日(水)22時07分54秒
hohoさん人の評価はそれぞれだと思います。けちつけるのはどうかしら。わたしはこの映画がこれだけ話題になるのは映画ファン増やすことになるし一石投じたと評価します。でも映画はお涙頂戴っぽくていまいち感動しませんでした。がんばりが表にですぎるのも見ていてしんどかったな。肩の力をぬいたらもっとよかったかもね。るし
★★★★
From: きぬがさ(NO MAIL) 9月 6日(水)21時03分14秒
かなり苦しいところもあったが、全体としてはとても健闘し、志の高さを感じました。特にラストの雪の中、織田裕二が松島菜々子を抱きかかえて現れる場面はよかった。
★★★★★
From: hoho(NO MAIL) 9月 6日(水)20時48分07秒
皆さん厳しい評価ですが、どこかで読んだ評論が多いよ。本当にそう思ってるのかなァ...っていう評価が多い。むしろ、そういう先入観で観たんじゃないのかな。原作はかなり細かい点まで踏み込めるし、読者の勝手なイメージが出来あがるから出来すぎちゃうのかもしれないし。でも、やっぱ織田裕二の演技も大衆の期待を超えていたと思うし、台詞が殆ど無い中でよくやったと思うなァ。ハリウットに及ばず的な評価があるけど、ハリウットだって最低な映画多いじゃん。お金かけてるだけで。MI2やシャンハイヌーンよりずっと面白いと思うけど。洋画の雰囲気で酔って映画観てる人多いんじゃない?
★★★
From: misa(NO MAIL) 9月 6日(水)19時56分53秒
久しぶりに邦画を観ましたが、めずらしくお金をかけているという感じはでていました。特に雪崩れのシーンはほおーと心のなかでさけんだのはわたしだけ?吹越満が出ているとは全然知らなかったので感激しました。織田裕二があれだけダメージをうけても死なないのはなぜ?とか松島菜々子がなぜあそこまで織田さんを恨んでいるの?とかふにおちない点はいくつかありますが、日本映画としては、健闘しているとおもうので、星3つにしました。
From: (NO MAIL) 9月 6日(水)09時19分12秒
織田ファンです。彼のこんな日本映画もうできないよ。「見ないと損」を信じて期待しすぎました。特に松嶋菜々子サンが出てくるシーンに興ざめすることが多かった。銃をぶっ放すところ、千晶を抱えた富樫が現れるシーン、最後にヘリの中に二人並べたシーンは安っぽいメロドラマみたいで泣かせどころなんでしょうが白けました。織田さんはラストにこの映画の思いがつまっているとおっしゃっておりましたがこれ?だったわけ?それでテーマソングがシークレットランデブー(秘密の愛?)だったんかと変に納得しました。約束がテーマだそうですが吉岡との友情の絆みたいなものがあまり感じられず残念でした。私はがっかりでしたが織田ファンですので織田さんの熱演は好意的意見が多いらしいですので悲願のアカデミー賞とってくれたら拍手を送ります。最後に磁石を離すまいとするところが泣けるとみなさんおっしゃるので目を凝らしてみましたがよくわかりませんでした(私の目が悪いのかもしれませんが)
★★★
From: モモンガ(NO MAIL) 9月 6日(水)00時18分14秒
あり?前に見たときよかえらい点数低なってるぞよ?と、かくゆーあたしもまーまーといった感じで。でも。引っ張られて行ってみたら。吹越満様が出ていたー!!あたしの心の主役は満様でした。織田祐二もよかったけど。ナナコもやっぱりかわいかったけど。ところで、ビッグな撮影感は伝わってきたけど、ストーリー展開のすばやさについていけなかった。これはあたしの頭の問題か・・・。
★★★★
From: ロバ(NO MAIL) 9月 5日(火)22時18分24秒
楽しめましたが、期待しすぎてました。前宣伝を聞きすぎたせいで、撮影中の大変な状況は伝わって来ましたが、ストーリーにのめり込めずイマイチ消化不良。石黒さんの出番が少なすぎて、2人の間にある友情がどれほど深いものか、最後までピンときませんでした。それと、あの署長。存在がいかにも、ってカンジ。無線で話すシーンはもう少しスマートさが欲しかった。あの程度ではお涙はあげられません。でも、織田裕二の演技は二重○です。彼には主役としての力がありますね。これからも日本映画界を引っ張って行って欲しいものです。
★★★
From: おとまる(NO MAIL) 9月 4日(月)20時05分50秒
 月曜の午後4時のわりに、客席が混んでいた。まず、これにびっくり。 いい傾向だと思うな。映画向きの題材を、そこそこお金使って映像化して、ちゃんとした役者を使って、ちゃんとした宣伝をすれば、ヒットするってことだもんね。こういう作品にお客が入るのは、邦画ファンとしては嬉しいです。 内容はねぇ。正直かったるかった。同じ題材で、ハリウッドなら、もっとエンターテインメントしたジェットコースタームービーになるだろーなー。 「踊る〜」の衝撃は、なかなか超えられないでしょうな。でも、織田クンのガンバリは特筆もの。主演男優賞ものだと思うよ。松嶋奈々子も、大味な演技がスクリーン向きだし。よかったんじゃないですか。 佐藤浩市、吹越満、中村嘉葎雄が素晴らしい。
★★★
From: (NO MAIL) 9月 4日(月)14時46分22秒
まぁ、こんなわけわかんない映画も珍しい。けど、意外に面白くてたいくつはしなかった。
★★★★
From: ちき(NO MAIL) 9月 4日(月)13時20分17秒
みましたみましたー。はっきり言ってきたいしてなかった。でもでも、私が住む新潟が舞台だったので二倍面白かった。アクションだけじゃなく、心に、じんとくるものもとりいれていて、しめるとこはしめてもらった。日本映画界もやりますね。これからがたのしみー。
★★★
From: ねぎ(NO MAIL) 9月 4日(月)12時58分18秒
出演者は皆好感が持てるし(特に松嶋菜々子)この手のジャンルも大好きなのに拍子抜けしたのは何故?う〜むぅ・・・・。つらつらと考えるに一つ一つの場面の設定に無理があると思われます。もうちょっと現実にありそうな物語だったら良かったと思います。
From: スレッガー(NO MAIL) 9月 4日(月)12時36分11秒
何だダメってパクりすぎ。ここまでパクリまくって恥ずかしくないのかね。織田君って昔「ベストガイ」ってパクリ映画でたことあるけど。また、こんな恥ずかしい映画にでるなんて因果だな〜。
★★★
From: ゆたお(NO MAIL) 9月 4日(月)03時10分57秒
 みなさん仰るように中途半端ですわ、何もかも。これは洋邦問わず言えるんですが、最近いろんな要素を入れたがってすごく中途半端な作品が多いですよね。織田さんは、和製ダイハードと呼ばないでくれ、これは走れメロスだ、といっていましたが、ダイハード仕立てでダム内のテロリストとの駆け引きと宇津木の計画に的を絞ればもっと面白くなったんじゃないかと思うんですが。もし走れメロスにするのなら石黒賢をもっと織田と絡めてくれないとそうはならないですよね。あと、無駄が多い。雪を掻きながらあっち行ったりこっち行ったりが多すぎ。そればっかり。シーンの取捨選択をもっとしっかり考えてほしいです。織田さんがMI2とパーフェクトストームに勝ったといっていましたが、そんなこと言わなきゃ良かったのにね。ただ、邦画の将来性と織田さんの思い入れを汲んで、星三つです。
★★
From: まい(NO MAIL) 9月 4日(月)01時17分53秒
人間描写にリアリティがなかった。警察署長と織田祐二が無線で話す時も織田祐二がテログループの一人の名前を一生懸命言っているのに署長は最後まで聞かないで、お涙頂だい的な発言して現在の警察側の状況説明とか一切しないし現実味がない。松嶋菜々子はあの状況下で、(いくら恋人を助けられなかったといっても)会った事もない織田祐二に異常に批判的で冷静だし化粧はどのシーンでもバッチリだし、なのに織田祐二は異常に松嶋菜々子に思い入れ強いし両人共に対して感情移入しづらい。松嶋菜々子の存在理由もあんましなかった様な気がする。警察のお偉い方もお決まりの様に冷徹な対応でしらけた。織田祐二がヒーローなだけの映画だった。
★★★
From: 翔夢(NO MAIL) 9月 4日(月)01時16分17秒
それなりに・・・って感じかな。織田祐二が出てるっていうので選ぶなら「踊る大捜査線」のほうが面白かった。まあ、日本映画にしてはよくお金をかけたな・・・とか余計なことを考えてしまいました。映画館で見て・・・まあその価値はあったとは思うけど。その場では楽しめるけどあとには残りそうにないな。
★★
From: TOMCAT(NO MAIL) 9月 3日(日)19時59分55秒
CSで、結構力を入れて宣伝していたので、期待が過剰だったかもしれません。ただ、どうも、「踊る〜」の織田祐二とだぶるシーンがあり、少し、陳腐に見えました。スタッフロールの件、私も、チェックしてました。
From: ばびゅー(NO MAIL) 9月 3日(日)18時42分11秒
「ひとり織田祐二」という感じでした。楽しめるわけでもなく感動できるわけでもなくつまらない。ストーリーもいまいち説得力なく・・・(小説はおもしろいのかもしれませんが)織田祐二ファンだけに勧められる映画だと思います。
★★★
From: yuki(NO MAIL) 9月 3日(日)15時30分06秒
あんまり期待せずに「付き添い」の形で行った。…その通りだった。織田さんのやる気と、現場のものすごさ(織田さんが語ったような)が「映画」としてちゃんと現れていればなー、とザンネンに思った。突っ込みたいところはもろもろもろもろ…とキリがない。それでも終始どうにか入ろうと頑張ったのは、やはり織田祐二のあの笑顔か(照)とにかく観るなら映画じゃないと…しょぼい画面でみるととても悲しい結果になること必然ね。ギッチョさん、雪の跡はどうだかわかりませんが、織田さんの言った「ホワイトアウトの中での撮影」というのは、撮影中本当に何度かホワイトアウトを体験したってことでホワイトアウトをまじ体験中に撮影した場面ありってことではないですよ。きっと。
★★★★
From: Yu(NO MAIL) 9月 3日(日)00時33分04秒
2時間という尺に収めたからか、話が全体的に薄っぺらかったような気がした。それを物凄く残念に思ったのは、単純に面白かったからだと思う。
★★★
From: むっしゅ(NO MAIL) 9月 3日(日)00時30分48秒
ちょっと、現実ばなれしすぎかな?ダムの壮大さも伝わってなかった。ほんとはあそこものすごいんです!
★★
From: ウエケン(NO MAIL) 9月 2日(土)21時20分51秒
説明不足でいまいちわかりづらかった。無理矢理シーンごとを繋げているみたいだった。
From: ギッチョ(NO MAIL) 9月 2日(土)02時02分42秒
残念だらけの映画です。和製スリラーとしてはおもしろかったんです。ただ織田祐二の話題作とあって映画に慣れていない観客が多いのか、今年一番観客のマナーが悪かったです。こんなに他の観客に注意したのは久し振り。上映終了後に泣いてる観客が大勢いたのも唖然でした。織田祐二は観客を呼ぶ力を持っていますが、その結果がこれでは残念。一つ星はそんなところからきています。"娯楽映画を見るのにそんなにあら捜しをしてもしょうがない"というご意見もありましたが、この映画は頭をカラッポにして見る類のものでもないと思います。それにここまでショボくて馬鹿馬鹿しいと突っ込みもいれたくなるものでしょう。僕が唖然としたのはスノー・モービル!あの中学生の現チャリ対決みたいな演出で一気に興ざめ、そしておもしろさが全く感じられないクライマックスの対決とくだらなすぎるお涙頂戴に中盤までの興奮と緊張が全て壊されてしまったのが実に残念。肉弾戦を始めとする数々のテロリスト達との対決が全て低レベルな演出だったのも残念。トリックにカタルシスがないのも残念。PS:あの女の乗ったスノー・モービルが宇津木に追いつくシーンの雪上が跡だらけだったような気がしました。これから鑑賞なさる方は確認してみてください。それと記者会見か何かで織田祐二が「あれは本当のホワイトアウトの中で撮影したんですよ」とか言ってましたが、ホワイトアウトの状況下でも映画って撮れるんですか?
★★★★★
From: スクリュードライバー(NO MAIL) 9月 2日(土)01時40分13秒
おもしろかったよ。今までにないほど佐藤浩一さんが渋い。松嶋菜々子さんは良い演技してたと思うなぁ。表情だけで語るなぁ、と思うのはヒイキ目で見てるだけではないと思う。 最後に、スタッフロールの中のたしか映像処理だったかな「泉谷しげる」という人がいたのを発見しました!笑った。スタッフロールは最後まで見よう!
★★★★
From: りっきー(NO MAIL) 9月 2日(土)01時10分21秒
皆さん、たいへん難しく見ていますね。僕は単純に娯楽映画としておもしろかったです。
From: yasu(NO MAIL) 9月 2日(土)01時04分07秒
小説をなぞっただけあれだけのネタが用意されていて、何であんなにつまらなくしてしまうの全て中途半端がっかり
★★
From: にんじん(NO MAIL) 9月 2日(土)00時53分39秒
お涙ちょうだい・・・の気がお約束日本映画で、日本版ダイハードという前ふりに期待していった私が馬鹿でした。バリバリ日本映画と思って見に行っていれば、もっと楽しめたかも・・・。織田祐二は確かにかっこいいけど、何をやっても同じキャラクター。松嶋奈々子はさっぱり何のためにいるのやら??魅力的に写らなかったですね。本はきっとおもしろいのかも。
★★★★★
From: puchitti(NO MAIL) 9月 1日(金)18時00分48秒
織田君の最後の場面も感動的でしたが佐藤さんも渋くてとても満足しています。
★★★★★
From: Mutumi Nara(NO MAIL) 9月 1日(金)17時58分27秒
織田君の最後の場面も感動的でしたが佐藤さんも渋くてとても満足しています。
★★★
From: はっさく(NO MAIL) 9月 1日(金)16時55分41秒
期待が大きかったわりにはもう一歩という印象を受けました。日本映画をハリウッドっぽく見せようとしているのは伝わりましたが・・・。話題性という意味で松嶋さんを起用したのだと思いますが、彼女の個性にはあっていなかった気もします。撮影の苦労や費用にみあうぐらいのものを、次回作に期待したいと思います。
★★★★★
From: よしこ(NO MAIL) 8月 31日(木)22時27分47秒
原作を読まずに見に行ったのですが、正直かなり面白かったです。大白ダムでの交信の場面や、ラストシーンなどは泣いてしまいました(周りのお客さんも泣いてた様子でした)アクションもさることながら、胸を打たれたのは人間ドラマ。台詞が少ないのに、それを表情ひとつで表現する織田裕二という役者はすごいと感じました。普通の人が突然恐怖に巻き込まれてしまう様子が強く伝わってきてよかったです。また見に行きたいと思いました。
★★★★
From: 武蔵(NO MAIL) 8月 31日(木)11時27分21秒
最初あんまり期待してなかったので・・・思っていたよりは良かった。でも、あんだけやってよく生きてるなって思いました。ヒーローだから許される?
★★
From: ながしま(NO MAIL) 8月 31日(木)11時13分20秒
最初にテロリストと殴り合い、高いとこから転がり落ちて「たまたま」相手を殺すシーン。「…ダイハード1と一緒だなぁ」と思った。やたら弟思いの血の気の多いテロリスト。「…ダイハード1と一緒だなぁ」と思った。スノーモービルで追跡シーン。「…ダイハード2と一緒だなぁ」と思った。で。テロリスト集団が衣装・装備が統一されていて、「見るからに強そう」だったため、織田君がなんだかんだで戦うと勝ってしまうのが妙に不自然。「ダイハード」ならば、頼りないおっちゃんに見えても一応は「NY市警の刑事」という設定だからすんなりと見れたけど、こっちのほうは「ダム職員」でしょう?もうちょっとこう、左翼ゲリラっぽい、各人思い思いの衣装、って感じだったら不自然さが和らいだ気がするけど。設定は荒唐無稽でよいけど(そうじゃないと娯楽映画にならんし)、細部はきちんと作って欲しかった。織田君は初めて銃ぶっ放した時、反動で吹っ飛んじゃったのに、松嶋さんはなぜにあんなに腰の入ったプロい射撃なの…?
From: (NO MAIL) 8月 31日(木)10時19分20秒
前評判がよかったので期待しすぎてしまったのか終わったあとう〜ん?というのが実感でした。ものたらなかったし原作を読んでいなかったら意味が通じない部分もあったし泣かせが鼻につきました。
★★★★
From: (NO MAIL) 8月 30日(水)22時53分05秒
総じて悪くは無かったと思いますが。それなりに楽しめた。しかし例えばシュリと比べると(別に比べる理由はないが)今一歩印象に残らなかったかも、残念全体に作りが安っぽいと言うか雑なところ、とどめに松島奈々子があまりに浮いていた(いも!!)のでマイナス1としました。それにしてもここの欄の投票者はみな監督か演出家志望なのでしょうか。娯楽映画を見るのにそんなにあら捜しをしてもしょうがないと思うが。
★★★★
From: (NO MAIL) 8月 30日(水)22時52分46秒
総じて悪くは無かったと思いますが。それなりに楽しめた。しかし例えばシュリと比べると(別に比べる理由はないが)今一歩印象に残らなかったかも、残念全体に作りが安っぽいと言うか雑なところ、とどめに松島奈々子があまりに浮いていた(いも!!)のでマイナス1としました。それにしてもここの欄の投票者はみな監督か演出家志望なのでしょうか。娯楽映画を見るのにそんなにあら捜しをしてもしょうがないと思うが。
★★★
From: iori(NO MAIL) 8月 30日(水)22時09分59秒
 原作を知っていたのでなんとかストーリーを把握できたものの、やっぱり時間が限られるとはしょってしまうのねぇ・・・と思った。 でも映画は映画なりに面白かったと思う。
From: とく(NO MAIL) 8月 30日(水)19時02分08秒
登場人物のわざとらしいセリフだけでも「もうやめてくれー」という感じ。他にも、テロリストは目的が不明確なままひたすら殺人を繰り返すし、主人公はどう考えても精神的にも肉体的にもタフ過ぎるし…(以下、略)。あらためて思うに、「ダイ・ハード」(1作目)は傑作だった。
From: ロビン(NO MAIL) 8月 30日(水)16時48分01秒
せっかくの雪山でのロケがいかされていなかった。ホワイトアウトの怖さがあまり伝わってこなかった。最後のほうのヘリが爆発する瞬間のヘリの状態(そらに浮かんでいる)もMI2そっくりでしたが偶然だとするとすごいですね。期待はずれで残念でしたが織田さんの熱意はわかりました。次回にはもっと頑張ってほしい。
★★
From: アヤカ(NO MAIL) 8月 30日(水)15時43分33秒
いくらハリウットばりの内容でもやっぱり邦画は邦画。織田祐二は好きだけど、これはちょっと・・、もし映画しかみてなかったらホワイトアウトの意味がわからなかったかも。178さん、あたしもM:I-2を思い出しました。
★★★★
From: ハウエル(NO MAIL) 8月 30日(水)14時40分39秒
初めて試写で見たとき、原作とはやはり別物だけど違う良さがあるのかなと感じました。2時間という限られた時間の中では物足りなさが残ってしまう事は仕方がないのかもしれませんね。でも最後のホワイトアウトに遭うシーンで感情が揺さぶられ涙を流したことは事実。また見に行きたい作品です。
★★★
From: 178(NO MAIL) 8月 29日(火)19時20分35秒
本当に可もなく不可もなくという感じなんですよね。この内容ならもっと面白くなるはずだろうに・・・と思う反面、2時間ぐらいじゃ限界かな?とか日本映画ではがんばってるよな、予算少ないし、とも思うんだけど、でも細かい演出がいい加減で全体がゆるいんだな〜、なんとかしろ!と腹が立ったり、う〜ん・・・。でもこれで我慢してた原作が読めるわ〜。しかし、これだけは言いたい。松嶋奈々子は刺身のツマにもなってないよ、あれじゃ。脚本も悪いんだろうけど、あの役に彼女はあっていない。他の女優の方が良かったと思うんですが。あと、スノーモービルで向き合うシーンでM:I−2を思い出してしまったのは私だけじゃないよね。
★★★★
From: 桔梗(MAIL) 8月 29日(火)16時42分51秒
サイボーグのようなアクションスターが活躍するハリウッド映画に物足りなくなった人にはおすすめではないでしょうか。 いい意味でも悪い意味でも日本映画的なところが評価が分かれる部分かもしれません。 ただ、もう少し気を使ってほしい部分があります。演出にも脚本にも編集にも、その積み重ねで突っ込みを入れられる部分が多いかも知れません。  原作を読んでから見ましたが、いい原作を改悪する日本映画が多い中では原作をいかしたほうではないでしょうか。
★★
From: ふじぽん(NO MAIL) 8月 29日(火)15時01分50秒
まぁ、変な所はたくさんありましたが、みんな言われてしまったので、一つだけ・・。ダムから脱出したあと、たったあれだけの紙を燃やしただけで、びしょびしょのハズの上着のファスナを「キュッ」としめてまた、雪の中をざくざくと歩いて行くのをみて、おいおい、それびしょびしょやろ?もう寒くないんかい!!と心の中でつぶやいたりしました(笑)しかも、また、同じのを着て、ダムへ戻るのか!!大変だったろうなぁ、織田裕二。そんな感想だけ残った映画。
★★★★
From: ほなみ(NO MAIL) 8月 28日(月)15時06分13秒
なにをとってもまあまあの映画。それ以上でも以下でもなし。織田裕二はがんばった、でも画面に上手く出ていない。専門家ではないのでどうしたら良くなるかっていう提案もないです。もうちょっと、もうちょっと〜と、全てに関して思われる映画でした。邦画がんばれ!の期待をこれからも持ち続けたいので、★ひとつおまけです。
★★
From: ryu(NO MAIL) 8月 28日(月)12時46分53秒
予告編を見て、「ハリウッドにどこまで迫れるか」と期待していただけに少しがっかりでした。脚本に関しては、少し盛り上がりを欠いたものの、こんなものかな?という感想。ラストの方は、原作とはかなり違うが、映画的な見栄えを考えたのだろう。演出については、「何で?」と思うことが多く、ストーリーに集中できませんでした。いくつか例を上げると…開閉所のコンソールがどうしてあんなにSF的なのか。どうして自動ドアなのか。東京の捜査本部がコメディーの「踊る……」と同じなのはどうして。これはシリアスなドラマじゃなかったの。織田裕二がダムから脱出する際、服を着たままでは、凍死するんじゃないの(原作は下着姿)。毎秒300トンの水が流れているはずなのに、川の水はチョロチョロ。人質たちに悲壮感がまったくない。ゲリラが某国の軍隊のような衣装、絵に描いたような黒装束なのは、どうして(常識的には目立たない格好をするんじゃないの)。などなど。ふと、気がついたのが、配給=東宝。あっこれは、「怪獣が出てこない怪獣映画だ」。
From: オヤマ(NO MAIL) 8月 28日(月)11時29分34秒
織田くんが松嶋とラブラブなんのかな、と期待してたお客さんっていたんじゃないっすかね?あれほどラブのない映画つうのも最近は珍しいっすよね。ラブラブあればいいってもんでももちろんないっすけど。せめて、石黒賢とのシークレットラブでも匂わせれば「パーフェクトストーム」並の切なさあったかなぁ、、すでに相手が死んでる「走れメロス」は原作ではなりたってたけど、まず、約束を果たすための重要な動機付けとなる松嶋ナナコがあのヘンテコリンキャラだったのでもう大失敗!そもそも石黒賢とのカラミがないつうのがまずいっすよね。織田くんの現場での一工夫にはそこそこ感心しましたけど、それを生かしてない編集がもうサイアクです。真保さんは原作をハリウッドに売って、「ダイハード4」にするのが正解だと思いました。
★★
From: レイチェル(NO MAIL) 8月 28日(月)10時09分58秒
織田ファンなので何とかよかったと思いたいと試写で2回お金を払って1回見ましたが結果は何度見てもがっかりです。織田さんの「直球ど真中の正統派日本映画」を期待していたのに松嶋さんの銃の場面はマンガとしか思えませんんし普通の男がだんだん変わっていくということで最初織田さんが初めて銃を持つシーンでがたがた震えるところはわざとらしくておかしかったです。ラストはとってつけたような違和感と泣かせようという魂胆がみえみえで興ざめでした。さいごの方でヘリが爆発する寸前の絵はMi2のパンフに全く同じようなのが載っていました。織田さんがほんとうに頑張ってのでそれを認めたいのですが画面からそのがんばりが伝わってきませんでした。織田ファンなので★1個はおまけです。
★★★★
From: (NO MAIL) 8月 28日(月)09時08分55秒
原作にはない良さは何か?考えています。織田裕二の演技を生かし切れていない演出、松嶋さんのマシンガンのシーンには幻滅かも。
★★★
From: TEMMA(MAIL) 8月 28日(月)00時30分43秒
見に行くまでは、ホームランか三振のどちらかだろうと予想していたのだが結果は、ボテボテのゴロでした。キャスティングは好き嫌いを別にすれば、十億円の制作費を回収するには現時点ではベストに近いと思われるが、スタッフが良くなかった。ハリウッドのアクション大作でもツッコミ甲斐のあるアラはいくらでもあるのだが、取り敢えず上映中は考える暇を与えず、力で押し切ってしまう。このパワーが決定的に、この監督には欠けている。佐藤純弥、村川透、深作欣次などアクション系の監督は他にもいると思えるのだが、でなければ「踊る大走査線」の本広監督でも良かったのではないだろうか。他にもアップの画面ばかり多用されているし、ラスト近くのカウントダウンが進む時計と敵と戦う主人公のカットバックなどは、サスペンスを盛り上げる古典的な手法だが、クドイくらいに何度も繰り返されるので却ってアクションが途切れて逆効果だ。脚本も原作者が参加しているため、あまりに原作を忠実に追いすぎて原作を読んでいない者には意味不明なシーン(冒頭の船の場面等)や、映画的に見栄えのしないシーン(二重の無線のトリック等)が多すぎる。逆に、原作には無い「小道具としてのコンパスの扱い」や「へりの爆破シーン」等の方が私には面白かった。撮影は「八甲田山」の興奮をもう一度と言うことで木村大作が撮るべきでしょう。音楽も私には違和感があった。結果「ミスキャストと言うよりはミススタッフ」でした。しかし「邦画アクション大作」の道を途絶えさせたくないのと「黒四ダム」の偉容を大画面で見られたことで★一つおまけ。あっ、そうそう「織田裕二のジャケットの色」が前半と後半で変わって見えるのだがのだがこれって「ダイ・ハード」で「ブルース・ウイリスのシャツの色」が変わることにひっかけたシャレ?
★★
From: kei(MAIL) 8月 27日(日)20時16分44秒
原作を見た人は必ず「原作の方が全然よかった」というジンクスみたいなのがあるので、あえて原作を読まずに映画を見ましたが、正直満足はしなかった。でも織田祐二の演技はよかったと思う。ダイハード2では感じなかった寒さもよく出ていたと思う。犯人が無線のトリックを使った点や、最後の冒頭をネタ持ってきたオチなども、面白くなる要素はあったと思うのに、全然活かされていなかった。全体的に面白くなる要素は結構あったと思うが、ことごとく失敗してると思った。映画を見た後、早速小説を買いました。
From: ぴろ(MAIL) 8月 27日(日)12時47分14秒
原作にのめり込んで1日で読破した私は「いけない」という気持ちを抑えきれず、期待してしまっていた。原作から感じた「ホワイトアウト現象」の足下が揺らぐ感じもなければ、放水が始まってからの切迫感も「小柴」の情念も主人公にとっての必然性とか何もかも・・・ああ、がっかり。あけみさんみたいにわたしも最後のシーンは帰ろうかと思いました。突然挿入された漁船のシーンなんて、誰もわかってないぞ。せっかくロケにお金かけたのに、ちっとも迫力のない織田の顔アップの連続。腹ばかり立った。すみません。腹いせに投稿してしまいました。見に行かない方がいいよ。
★★
From: あけみ(NO MAIL) 8月 27日(日)00時26分03秒
長編小説の映画化の難しさを感じた。何でそこへいくのか(登場人物の心情とか内容設定etc.)映像だけではわかりづらい面がある。ストーリーが流れ出したぞっ!っと身を乗り出したら、シーンがふっと変わって流れが途切れてしまうのも最後まで乗りきれなかった要因でしょうか・・・。最後に警察のヘリと警察官の人が雪の上に勢ぞろいするシーンで、ダッサァーーっと思ったのは私だけ?嘘でも良いからもっとカッコよく決めて欲しかったなぁ(そういう映画じゃないって?)
★★★
From: EZ(NO MAIL) 8月 26日(土)23時45分01秒
「まあまあ」です。「がんばれ、日本」というかんじですねえ・・・。本編に対して違和感なく、作られた特撮は誉めるとこでしょう。雪の合成もよく出来てます。薬莢もバッチリ。衣装デザインはBOYCOTT!小道具や衣装ががんばっているのに、なぜか演出が下手だなあ。編集の仕方も、「人間ドラマ」系なんだよなあ。思いきって、「アクション」系の編集の仕方にしたほうがよかったんじゃないかなあ。邦画ファンには、この作品の悪戦苦闘ぶりが逆に応援したくなるでしょうねえ。僕もそう。映画見ない人なら楽しめるっていう意見もあるけどね、そーいうんじゃないと思う。下手だとわかっても、応援したくなるんですよ、なんか。逆に「MI−2」みたいな、「オレ、ビジュアル系」みたいな人にはすすめられないなあ・・・。(なんか「系」が多い・・・。)
★★
From: 蜷川(NO MAIL) 8月 26日(土)21時24分02秒
原作は作者の中でも一、二番目に好きな作品でしたので、映画はある意味恐くて見に行かないと決めていましたが、前評判等のせいもあり結局見に行くことにしました。結果は・・・。まあ、原作とは違うのは仕方ないのでしょうが、ちと残念でした。星二つはは原作がすきなので、ひとつ増やして評価。 
★★★★★
From: レッツゴ―(NO MAIL) 8月 26日(土)14時00分12秒
星二つは邦画界への挑戦として。また、後ろで読んでたカミさんが「織田裕二のファンっているの?」という発言に対し、憤慨してるので・・・。あれだけの作品の脚色としての脚本はよく出来てる。が、演出は下手。
From: トム(NO MAIL) 8月 26日(土)07時14分44秒
織田裕二のナルナル映画でした。これが日本映画界の限界なのかな?期待して行って損した。
From: 銀幕三十郎(NO MAIL) 8月 26日(土)00時11分00秒
各段階における富樫の意図が不明瞭なのが最大の問題と思う。第一に闘う意志があるのになぜ一旦逃げたのかがわからない。警察に電話することにどれだけの意味があったのか。第二にダム内に人質をとっているテロリストとどう闘うつもりでもどったのかがわからないが、単にもどればそれでいいのか。第三にダムにもどってからの目的が爆破阻止であることがはっきりしないから、カウントダウンのサスペンスがもりあがらない。一方、宇津木の意図も不明瞭で、どういうトリックをつかったのかがわからない。千晶の足だけを撃ったことやヘリ上での富樫に対する余裕の態度は、テロリストとしての信条と矛盾しているのではないか。ダム爆破を決定しておきながら爆破中止の手段を残しておいたのも不可解。ダムが陸の孤島と化しているようにみえないのも問題。自衛隊のヘリはあの程度の吹雪にも対処できないのか。徒歩やスノーモービルで移動できるのに警察はなぜ集結しないのか。下流の20万世帯が無視されているから事件の重大性が伝わってこないし、50億円というのはダムの身代金にすらなっていないような気がする。富樫の超人的戦闘能力も不可解なら、千晶の富樫不審も不可解。スノーモービルのガソリンタンクに引火したくらいであんな雪崩になるのはそういうものなのかも知れないが、富樫や宇津木が埋まってしまわないのは不自然である。要するにすべてぐちゃぐちゃ。
From: じょんすぺんさー(NO MAIL) 8月 25日(金)23時09分29秒
松嶋奈々子結構好きだったんだけど大スクリーンだとキツイ。映画も最悪。監督、脚本、音楽、編集特撮すべてがダメなんだろうけど、やはり一番の欠点は出演者のほとんどがいつもテレビで見れる人ばかり。テレビ出て、映画出て、CD出してってもうヤメたら。ところで織田ゆうじのファンっているの?
From: しゃーらっく(NO MAIL) 8月 25日(金)05時47分10秒
アクションシーンが全部駄目。せっかくヘリもスノーモービルも登場するのに全然それをいかしてない。がっかり。
★★★★
From: AKITAKA(NO MAIL) 8月 25日(金)04時07分54秒
 名優人の中で一人浮き立っていると話題の女優さんについて、すこしだけプラスの意見。 たしかに、せっかく織田氏が銃の反動を一生懸命表現した後に棒立ちでオート射撃をやってみたり(原作にはないシーンでした。多分事務所側から何かあったのでしょう)、感情表現らしい表現をしなかったりと、批難はあるでしょう。しかしラストのあの表情だけは評価出来ると思います。 吉岡のコンパスを取ろうとするが、富樫の手はそれを離さない。千晶は必至に凍りついている指を引き剥がそうとするが、果たせない。それはコンパスが山男の道具だからで、決して女性の手には渡らない。それを理解しながらもやるせなさで涙ぐんでしまう千晶の心情、よく現れていたと思います。 映画を見るまで原作を読むのを我慢していましたけれど、呼んだ方がよかったかな、とは思っています。
★★
From: ニンジャー(NO MAIL) 8月 24日(木)23時36分30秒
 期待してたこともあっていまいちだった。脚本が陳腐。映画をあまりみてない人はそれなりに楽しめるかも・・・ もっとおもしろいと思ってたのにな〜
★★★
From: あき(NO MAIL) 8月 24日(木)23時13分46秒
シナリオは原作のエッセンスを抽出できてると思う。(テロリストと個人の戦いのシチュエーションだけで、日本版大ハードとか言ってるほうが間違い。これは、約束に間に合わなかったメロスの演じる男の友情物語っしょ。)織田裕二氏も佐藤浩市氏も吹越満氏も良かった。ただ、演出はちょっと期待はずれ。正面ショット多すぎ。織田氏は確かに良いけど、その頑張りを正面から撮るだけが映画じゃないと思う。肝心のホワイトアウトの恐怖を自分の感覚で再現できない(白い闇につつまれる富樫を外で見ている感覚。映像の中に入っていけない。)ことにイライラ。        ゆえに減点2
★★
From: グレーテル(NO MAIL) 8月 24日(木)21時32分59秒
期待していただけにがっかりでした。主人公が雪の中の遠い距離を必死で歩いたという頑張りが伝わってこなかったし手に汗を握るハラハラドキドキも感じませんでした。最後は泣かせようという魂胆が見えてきてつまらなかったです。織田ファンだけにショックが大きいです。織田さんは今世紀にこんな日本映画はできないと言っていただけに残念でした。
★★
From: グレーテル(NO MAIL) 8月 24日(木)21時29分44秒
期待していただけにがっかりでした。主人公が雪の中の遠い距離を必死で歩いたという頑張りが伝わってこなかったし手に汗を握るハラハラドキドキも感じませんでした。最後は泣かせようという魂胆が見えてきてつまらなかったです。織田ファンだけにショックが大きいです。織田さんは今世紀にこんな日本映画はできないと言っていただけに残念でした。
★★★★★
From: コメコメ(NO MAIL) 8月 24日(木)19時29分15秒
最高
★★
From: ナッチ(NO MAIL) 8月 24日(木)13時00分31秒
MやPより勝ってるって織田さんいってたけど、どっこいどっこいじゃないですか。すごく期待してたのに、ダイハードのパクリそのもの。せっかく、出演者が素晴らしい人多いのに(某女優を除く)生かした演出がされてないと思うのです。原作読んでない私には、意味不明なところたくさんあって。どなたかがおっしゃってた、ハリウッド映画で脚本も演出もアクションもよくない作品、これをB級映画というのですが、それよりはましかなと思います。
★★★★
From: 背番号02(NO MAIL) 8月 24日(木)03時00分57秒
  僕は、面白かったです。そりゃ、演出にも脚本にも言いたいことはある。例えば、人間ドラマの部分が希薄だし、テレビ的演出と言えるアップの多用もちょっと…。私、原作も先に読んでますけど、あれを忠実にやったら上映時間3時間、制作費30億はかかるでしょう。 それより、日本映画にこれだけ日本人を観に来させた織田裕二って、大した人だと思います。 大体、演出も脚本もアクションも全然駄目なハリウッド映画だっていくらでもあんじゃねえかよ!!
★★★
From: Rachael(MAIL) 8月 24日(木)01時05分22秒
原作ファンの皆さーん!あの「ホワイトアウト」が映画化されただけで良しとしようではないですか。たとえ、織田裕二がアオ○マに見えたとしても。(たとえ、ウツギがゾンビでも・・・)
★★★
From: 突っ張り太郎(NO MAIL) 8月 23日(水)23時05分21秒
普通の映画だなぁという感想。確かに、今、邦画としては、この分野が抜け落ちてしまっているので、そういった意味では、意義のある作品だとは思いますけれど。
★★★
From: ポン(NO MAIL) 8月 23日(水)20時46分09秒
原作を読んでから観ました。原作を読んでいる分、はしょられたエピソードや登場人物の心情なども汲むことができたとおもいます。しかしできればもっと原作に忠実に作ってほしかったです(無理か)。チアキの心情の変化や、小柴の背負っている過去などもっと取り入れたらよかったのに・・・織田裕二の演技は、本人がコメントしていたように原作の主人公とはちと違いましたが、なかなかのもんだと評価しております。
★★★★
From: みずき(NO MAIL) 8月 23日(水)16時14分01秒
原作にこだわってる人もいますが、小説は小説、映画は映画だと思います。原作のイメージを壊したくないのなら最初から映画を見なければいいのに。私は雑誌とかで大まかなストーリーは知っていましたが、原作は読んでないので純粋に映画として楽しむことができました。邦画であんなにワクワクしたのは久しぶりです。主人公が最後にヒロインを抱っこして歩いて来るシーンは泣けました。撮影方法とかについては素人なので何が良くて悪いのかぜんぜんわかりません。単純にダムや雪山がすごいなと思いました。
★★★★
From: タラッタ(NO MAIL) 8月 23日(水)10時01分56秒
見終わった時に原作を読みたくなった。予算に制限がある日本映画にダイハード並の面白さを求める方がそもそも無理。シナリオが甘いがそれも仕方なし(金かけてねぇもん)。舞台は冬の奥只見をモデルにしているが、映像は有名な黒部第四ダム。音響がお腹にズンと響いてきていい。しかし・・・1 最後まで化粧くずれしない松嶋奈々子っていらんのでは。ダムを守りたい男の話ではいかんの?2 片貝ダムに逃走用ヘリを用意しているが、真冬にそんなところにヘリをチャーターすること自体足がつくだろ、普通。3 平田満ってあれじゃチョイ役?4 佐藤浩市ってどうして脚が悪い設定にしたの? あれじゃ最初から健常人でいいじゃん。5 佐藤浩市と最後に揉み合う織田裕二が拳銃で撃たれるがなぜ撃たれていない?6 ヘリの墜落映像は迫力があったが、あれはCG?
★★★★
From: あぐみ(NO MAIL) 8月 23日(水)00時52分18秒
ううん。皆さんなかなか辛口ですねぇ。ま、原作と比べるとちょっと落ちるのは認めますが、2時間という限られた時間の中にしては、まあ、まとめられた方かな、と。あの原作を2時間でまとめるというのがそもそもの間違いだったわけですし。でも、個人的にはもう一度観に行きたくなりました。もっと純粋な気持ちでね(笑)。
From: 菜の花(NO MAIL) 8月 23日(水)00時16分41秒
石黒賢の母親役の「いまどき」エプロンつっかけサザエさん頭のダサさ。警察関係者の「人の話を聞かない」叫び系ベタ演技のクサさ、五月蝿さ(←地球防衛軍かお前ら)。脇役の人々の演技トーンに神経を払わない映画は駄目です。主演女優の棒立ち演技も野放しだしな。ダム内部にしても雪山にしても、上下縦横内外の空間的映像説明が皆無だから、迫力も過酷さも有り難味も伝わらない。一体どこがクライマックスだったの?っていうアクション映画のくせに一本調子な脚本。映画の文法まるで無視。うーん。。怒りすら感じる。
★★★★
From: クスノキ(NO MAIL) 8月 22日(火)20時58分03秒
結構面白かった、しかし、アクションが駄目だったのが残念あんな爆発で雪崩がおきるのも説得力がない。だけど、邦画の新たな可能性を示してくれたので星4個、ぜひヒットしてほしい作品。
★★★★
From: もろがた(NO MAIL) 8月 22日(火)16時38分58秒
元々原作が好きなんだけど、原作を読んだだけではわからないものが映像で味わえた。ただ回想シーンがくさすぎる。アクションシーンとの落差がありすぎ?吹越満に星1個。
★★
From: cat(NO MAIL) 8月 22日(火)15時19分47秒
原作読んでないからかな・・・内容がわかりにくかった
★★
From: 映画命のメーラー(NO MAIL) 8月 22日(火)09時28分10秒
 皆さん結構良い評価ですが、自分的にはイマイチでした。何処がいけないというと、1)ストーリー。まず話がちぐはぐです。だから映画にの  めり込めない。2)アクション。敵を倒すときの手法が絵的に格好悪    い。”やったあ”という気持ちになれない。3)クライマックス。内容が分かりづらい。原作ではもっ と素晴らしいトリックだった。なぜスノーモービルがあ んなに爆発するの?あれぐらいの爆発で雪崩って起こる の?山に向かってミサイルを撃ち込めば分かるけど。4)出演者。テレビの人達なので、どうしても映画って感 じがしない。ロボコップ演芸の人は良かったけど。 と、悪いところばかり目についた。これをハリウッドで作ったらどうなるでしょうか?(あまりかわらないかなあ)やはり原作には遠く及ばなかった。 2つ星ということは今年最低映画となってしまった(いや違う。エンド・オブ・デイズ方が下だ。)
★★
From: (NO MAIL) 8月 22日(火)05時15分20秒
日本版ダイハードということでちょっと期待して見にいきましたが、邦画としてはがんばったって感じでしたが、アクションもたいしたことないし、テロリストは弱いし、たぶん「ここをいいたいんやろうなぁ」とか主張したいとこを演出しようとしているところは多々あったにも関わらず、それがあんまり伝わってこない。(演出が悪いのか、演技があんまりなのか)ヘリもとばしたらあかんやろ。期待をしていただけに非常に残念な映画でした。
★★★★
From: cine(NO MAIL) 8月 22日(火)01時32分36秒
出来映えは良かった。原作を読んでいることもあって、深読みしたりして、アクション的には物足りない感じがしたんだけど、素で観れば気にならないんだろうと思う。闘う裏付けがわかりやすく表現されていたと思う。難を挙げれば、原作を読んでいない一緒に観に行った友人が富樫が閉じ込められたって、わからなかったらしい。「閉じ込められると手が出ない」という状況がわかりにくかったらしい。そして、佐藤浩市の演出が甘かったこと。でも最後はやっぱり泣けました。原作では、「奥遠和に戻ります」ってとこで感動したんだけど、映画は、ラストシーンで感動した。二度も。全体的にも飽きさせない、見事。
★★★
From: KIDD(NO MAIL) 8月 22日(火)00時46分20秒
邦画は全く見ないんですが、ちょっと期待して観に行きましたが最悪な映画でした。全然面白くなかった。演出ダメ、緊張感なし、悪役もいまいちパッとしない。途中、寝てしまったし、早く終わらないかなぁって思いながら観てました。
From: MIT(NO MAIL) 8月 22日(火)00時45分19秒
邦画での満足度はまぁまぁだったけど、やっぱ、アクションがダメ。それと、雪やホワイトアウトをCGで作って欲しいと書いた人がいるけど、そんなことしたらもっと、つまらんかったと思う
★★★★★
From: 永井眞一(NO MAIL) 8月 21日(月)23時05分08秒
自然の猛威を痛感した。使命の為に人間はここまで出来る事を感じた。
★★★★
From: りこ(NO MAIL) 8月 21日(月)22時20分10秒
面白かったです。アラを探せばいろいろあるんだろうけどそこまで深く考えて観ないので(笑)。
★★★★
From: BROOK(NO MAIL) 8月 21日(月)20時52分48秒
いやぁ、また織田裕二が好きになってしまいましたよ!日本映画にしては良く出来ていました。迫力もそこそこあったし。
★★★★★
From: じゅん(NO MAIL) 8月 21日(月)19時17分49秒
個人的には踊る大捜査泉より好きです。ズドンとの直球のエンタ−テイエメント映画!!
★★★★
From: ひろし(NO MAIL) 8月 21日(月)18時52分02秒
 今回の織田裕二はえらい!!久しぶりに日本映画の中でヒーローらしい、かっこいい主人公を演じてくれました。主人公の振る舞いがリアル(主人公の銃の持ち方、落石に対する怯え方等)ですごく好感が持てる。 しかし、マイナス点はあります。特に松嶋菜々子はひどい。機関銃を発射する場面で無反動で撃つことは無いだろう。画面に向かって”おまえはターミネーターか?”って突っ込みを入れてしまいました。 ほかにも突っ込みを入れたいところが多いけど、ホワイトアウトは大好きです。
★★★★
From: ねばごな(NO MAIL) 8月 21日(月)17時25分46秒
織田ちゃんよくやった。がんばったねこの作品は。松島奈々子が出てるってのはちょっと不満なんだけど佐藤浩一良いんで。ただ「邦画でここまで出来るんだ」って感心しなきゃならないほど邦画はやばいんだね。
★★★★
From: (NO MAIL) 8月 21日(月)09時41分11秒
撮影は大変だったろう。レニーハーリン監督の2作品と比較されるけど、あの2作品の方がもっと大ざっぱ本と映画は別メディアだから比較して優劣をつける必要はないと思う。配役には満足している。実際ダムで働いてる人はあんな感じだ。雪をCGでごまかさなくて良かった。
From: ジャック(NO MAIL) 8月 21日(月)00時02分22秒
すげ−つまらんかった。テンポ悪すぎ。みえみえの展開でまったくハラハラせず。織田裕二はダイハードをこえて、シュワやスタみたい。説得力ゼロ。あと悪役が弱すぎ、おまえらなそれでもテロリストか!まるでショッカーの戦闘員みたいにやられまくってますわ。松嶋菜々子をもっといかさなまるでめだってません。本年ワーストのM・I2を超えたか?万歳(←ヤケクソ)。
★★★★
From: のりお(NO MAIL) 8月 20日(日)22時21分01秒
まったりめの演出ですが、ギミックのきいた脚本に支えられて、そこそこにおもしろいです。あと、1億、制作費かけて「雪」や「ホワイトアウト」をCGでつくりあげれば、星もう一つなんだけどな。
★★★★★
From: レグ(NO MAIL) 8月 20日(日)20時09分00秒
織田裕二最高!!適役です!内容もハラハラドキドキもあり、人間ドラマもあり、ほろりとさせられる内容でしたやっぱり織田裕二はいいですねー
★★★★★
From: hama(NO MAIL) 8月 20日(日)16時18分09秒
おもしろい.邦画でここまで,楽しめれば上出来でしょう.原作が最高傑作だったため,あまり期待せずに見たのがよかったのかも.
★★★★
From: さまえい(NO MAIL) 8月 20日(日)03時44分48秒
お・・おしい!!・・・この映画を観た感想で、ある。あと一歩(もしかしたら半歩くらい?)のところで、のめり込ませてくれない映画でした。観てる間中、気になったのはこの監督アクションがヘタやなぁ・・って事ですか。それと銃の演出だが、せっかく薬莢やマズルフラッシュをリアルにやってるのに人間に弾が当たっても血が飛び散らんとは、どーゆーこっちゃ!!(笑)あと、富樫が水に流される場面やけど、あそこはたしか原作ではハダカになってたハズでは?(まちがってたらスマン)なんか、水に流されたのに、えらいスッキリした顔してるようにみえたんですけど・・・( 苦 笑 )なんか、寒さを感じさせる演出がアマイ気もしたのも気になったけど・・・まぁ、色々いいましたが、つまらん事もなかったんで、それと織田祐二のガンバリに免じて★一個オマケしとこ・・・M:I−2よりおもしろかったし・・・
★★★★★
From: おーじ(NO MAIL) 8月 20日(日)02時38分08秒
最高やで〜。織田裕二の体を張った演技が印象的やし、邦画でもこれだけの事が出来んねんやと感心しました。邦画の中の最高峰といえんのちゃうかなぁ〜。
★★★★
From: アリス(NO MAIL) 8月 20日(日)02時30分34秒
織田裕二っていうだけで見に行った私です。邦画はあまり好きではないけど、これは面白かったよ。しかも泣けちゃいました。前に座ってたおじいさんも泣いてた・・・
★★★★
From: kaeru(NO MAIL) 8月 20日(日)00時55分14秒
最近見た邦画の中では一番面白かったです。ダムを人質に取るという設定が非常に面白いと思います。原作を読んでいたのでラストシーンは知っていたのですが、見ていてハラハラしました。あと、犯人チームの配役が良かったです。吹越さんとか。踊る大捜査線とまではいかなくても、ヒットして欲しい映画です。
★★★★
From: shiho(NO MAIL) 8月 19日(土)22時08分12秒
今日友だちに無理矢理つれて行かれてみて来ました。はっきりいって全く期待してなく、予備知識も全然ありませんでした。いやー、良かったんじゃないですか?日本映画でここまでやれば上出来でしょう。及ばないところは挙げればきりがないですけど、それを差し引いても『よくがんばりました』って感じです。国によって得意分野がそれぞれあると思いますが、これをステップにエンターティメント性の強い日本映画がもっと出て来てくれることを期待しますね。
★★
From: JONY(NO MAIL) 8月 19日(土)19時40分32秒
期待してたんですが・・・すごくつまらない訳ではないんですが、テンポがあまり良くないし、音楽もいまいちだし、全体的にちょっと中途半端な印象を受けてしまいました。織田裕二のアップの場面の演出がくさすぎる・・・
★★★
From: 映画男(NO MAIL) 8月 19日(土)19時05分57秒
一言で言えば、普通だった。よくも悪くもない。でも日本映画のなかでは上出来かな。
★★★
From: えみり(NO MAIL) 8月 18日(金)02時08分46秒
先週、試写会を観に行きました。最初の方は結構ドキドキワクワクだったんだけど、段々まったりとして・・もっとスリルあるかと期待していたのですが。(日本版大ハードと言われてたし)日本じゃこの程度が精一杯なのだろうか。アクション、人間ドラマ、サスペンスのどれに重点が置かれているのか分かりませんでした。今度、原作を読んで比べてみようと思います。