15ミニッツ

満 足 度
64.8%
回答者数22



★★★★
From: yukari(NO MAIL) 6月 22日(金)21時23分17秒
あんまり期待してなかったのに、意外とおもしろくてびっくりした。主役のEバーンズが印象的だった。デニーロのあのプロポーズの練習をしていたときとかなんかかわいかった。精神異常を武器にするところが、大阪の事件を思い出した。最初らへんのビデオを通しての殺害シーンは少し気持ち悪かった。ブレアウィッチよりはましだった。なんか変に目がちかちかした。
★★★★★
From: なる(NO MAIL) 6月 19日(火)15時50分07秒
脚本家の人は誰だか分かりませんが、最高におもしろかったと思います。退屈しないでみれた☆少々の笑いがあるところがこれまたにくい!!!緊張感の中、ふっと笑っちゃうシーンがでてきたり・・。これは、絶対、映画館で見て頂きたい!!!
★★★★★
From: ほかぞのあけみ(NO MAIL) 6月 16日(土)19時40分49秒
ドキドキしっぱなしでしたよ-。面白かったので2回見に行きました。デニ-ロとあの二人組みどっちが主役か分らないくらい、、
★★★★
From: オーマイ(NO MAIL) 6月 14日(木)11時41分32秒
上手くまとまってたと思う。デニーロはちょっと物足りなかったけどその分E・バーンズが好演してたし。でもホントいろんな人に似てるな(リチャード・ギア、小泉首相、ミスチルetc.)。後半は内容よりそっちのほうが気になってしまった…。
★★★★
From: Chie(NO MAIL) 6月 14日(木)10時56分30秒
やっぱりデニーロは最高の役者です。エドワード・バーンズもかっこよかった。犯人のデジカメ映像もはめ込まれてるしニューヨークの緊迫感も伝わってきて最後までテンポ良く楽しめた。
★★
From: じゃすみん(NO MAIL) 6月 13日(水)22時25分24秒
映像はなかなか工夫されていた。また、消防官というのも結構、新鮮で、バッチがあるのか、銃を携帯できるのかなどと、発見も多かった。ただ、ストーリー展開が謎。残酷で重いシーンと、不可解なシーンが混在していて結局、何なのかなあと思う。デニーロもやや物足りない。
★★★
From: 新テリー(NO MAIL) 6月 12日(火)17時21分48秒
まさか、途中で主人公が死んでしまうとは思わなかった。死んだと思わせといて、じつは なーんて、そんな展開になると思ってた。でも、最後までデ ニーロの存在感があった。最近なにを考えているのか、わからん犯人が多い。池田市の幼児8人殺害事件は15ミニッツを狙った犯行か?マスコミは学習能力がないのか?犯行があった直後に小さな子にマイクを向けるなんて、人間のすることじゃない!映画 日本の黒い夏 を思い出してしまった。
★★★★
From: fith(NO MAIL) 6月 11日(月)14時00分20秒
サスペンス・アクションとしては、いいほうだと思った。終盤にあった、犯人を連れ出して射殺しようとしたシーンは要らなかった。あれは何が言いたいのか、どうしたいのか分からないし(ストーリー上)あのシーンで緊張させたのにもかかわらず、結局それでは解決しない。エドワードバーンズに共感できるが、殺さない(何もしない)のに、違法に連れ出して銃を構えて職を失いかねないリスクを負う必要が会ったのか。観ているほうは確かに緊迫した空気に見入ってしまうが、そのあとの脱力感は如何ともし難いものがある。「なんや、殺さんのかい!」というかんじだ。勿論殺せばいいと言うものではないが。いいと思った理由としては、監督の視点が犯人の男に投影されているからだ。犯人が手持ちカメラで素人臭く殺人現場を撮ると言うのは、ありきたりだがその映像が映画の主要な部分を占めて臨場感を出している。彼に感情移入は出来ないが、いかにも監督の撮りたかったキャラだとは思う。拙いカメラワークで酔いそうにもなるが、必要なシーンは考えられた視点で撮られている。デニーロの殺されるシーンは、それがとてもよい効果を出している。でもそのシーンが長くて間延びしてしまっていたのは少しマイナス点だ。最後、生きてたのは笑った。最後に一つ。デニーロの友人のキャスターは、友人を裏切った売名欲男として描かれているが、私は彼の仕事魂に少し感服した。テープを買ったのは確かにサイアクだが、それが結果的には犯人逮捕につながったのだからいいのかもしれない。ともおもえる。そして最後のシーン。主人公に殴られても、ナレーションをするあたり、いい仕事してますね〜。
★★★★
From: にゃごぞう(NO MAIL) 6月 6日(水)23時21分39秒
おもしろかったです。デニ―ロも良かったんですが、エドワードバーンズがかなりいい感じでした。テレビCMを見ていなかったら少し面白さも増したと思いました。
★★★★
From: tao(MAIL) 6月 1日(金)22時43分52秒
映画の印象というよりエドワ−ドバ−ンズがリチャ−ドギアに似た感じがした。初めて見たけれど、スタ−性があるひとだ。いい作品にだけでてほしいと思った。作品的には、殺人狂みたいな感じであまりオカルトチックなものは好きではないのですが結末的には、すっきりしました。
★★★
From: Noritama5(NO MAIL) 5月 30日(水)21時29分12秒
むずかしい所ですが、押して、引いての連続。面白かったけれど、それは、押して、引いてが効いてるから。デ・ニーロは、役者だなと思った。エドワード・バーンズは今後が楽しみだ。
★★★
From: tunti(NO MAIL) 5月 30日(水)11時20分28秒
アクションものとしてはおもしろかったと思う。なかなかテンポもよかたし。でも、「テレビというメディアの暴走」を軸にしているのだとすれば、少しもの足りない感じがする。上っ面だけを描いたという感じ。この手のタイプのものはもう作られ過ぎている気がする。それだけ、この問題を深く追求するのはむずかしいのかと思った。 デ・ニーロの演技も彼にしては、ちょっと物足りないかな?彼はもっとすごい演技ができるはず。軽いジャブぐらいの演技だったと思う。 エドワード・バーンズはいいね。何となく抱き締めてあげたくなってしまう。あの脆さが母性本能をくすぐります。
★★★★★
From: MASA(NO MAIL) 5月 29日(火)00時06分10秒
正直、☆4.5ぐらいだけど四捨五入で☆5つ!見に行って損はないと思います!!行ってよかった。(以下、ネタバレ)皆さまの指摘通り、彼が途中で死ぬとわかっていなかったら、もっともっと面白かったと思う。それでも結構ストーリーに工夫がこらされていて飽きさせなかった。たぶん、犯人は撃ち殺されるだろうと思ってたけど、案の定...もうちょっと苦しんでもらってもよかったような気がするが。勧善懲悪ならば。あと、普通の映画だったら、刑事の殺害シーンがもっと冒頭に来るよなあ。やっぱデニーロだから、そんなに簡単には消せなかった??まあ、いいけどね。
★★★★
From: うさっちゃん(NO MAIL) 5月 23日(水)15時44分36秒
メディアを鋭くえぐる、という感じはそれ程しませんでした。恐らくストーリーの中にメディア自体の内省が含まれていなかったからだと思います。ただ、テンポが良いので飽きさせません。ロバート・デ・ニーロには、登場のシーンからもう役者魂を感じさせられました。氷の張ったバスタブに頭を沈めて二日酔いの自分をしらふに戻し、鏡を見ながら濡れた髪を梳るあたり、彼の役どころを見事に表現していて、すっごくカッコ良かった!!こういう、そのものズバリの主役じゃない方が、デ・ニーロは光るのかも。
★★★★
From: BROOK(NO MAIL) 5月 21日(月)16時26分50秒
カメオ出演しているS.セロン、少しの出演だが相変わらずお綺麗で♪さて、この話は置いいて、「メディアは怖い」ということを露呈している作品ですね。TVのスポットライトを浴びることに憧れる現代社会への警告であると思う。主演のR.デ・ニーロはスッゴイ渋い!犯人との唾のかけあいにビックリ!それは、何と台本に書いてなかったそうですよ。演技魂顕在ですね!そして、もう一人の主演E.バーンズだが、こちらも良い演技しているではありませんか!ウマく心の葛藤を描いていると思いました。そして最後の最後まで彼の演技の虜となってしまった。ラストは後味が悪く締めくくるのと思いきや、スッキリとした形で終わってくれて良かった。主人公の成長という形でね。しかし、ラストの展開は読めるかな(笑)
★★★
From: チャダ(NO MAIL) 5月 21日(月)00時19分17秒
んーたしかに今回のデニーロはパッとしなかったですね、正直。まぁそれなりには楽しめたけど。意外とエドワード・バーンズがよかったっす。ポスターよりよっぽどかエエ男だったし。なんかいろんな俳優がまざったような顔してた。これからに期待ですな。
★★★★
From: ニコラス検事(NO MAIL) 5月 20日(日)23時26分18秒
 ネタバレあり、、、、 泥さんも言ってますように、TVの予告でストーリーが分っちゃいますよ!!!時折、ハンディーカムの画像で酔いそうになりました。バーンズの役はなかなかでしたね。表情といい仕草といい。デニーロが死んでしまったのは残念。個人的には生きてて欲しかったです。次回作品、期待します/
★★★
From: 和田(NO MAIL) 5月 20日(日)20時40分51秒
 なかなか面白かったです。けっこうはらはらどきどきする作りで、最近のサスペンス、アクション物の中ではけっこう良かったと思います。 でも、期待していたロバート・デ・ニーロが、最後までデニーロらしい個性を発揮することなく、終わってしまったのは消化不良でした。このところ、コメディ路線のデニーロだったので、久しぶりに渋い男臭さやくせのあるところを見られるかなと期待していたのに、少し残念でした。次の『ザ・ダイバー』に期待しましょう。 どんでん返しのような終わり方を期待しましたが、エンディングも何となく想像できてしまうような終わり方でしたね。
★★★
From: 将司(NO MAIL) 5月 20日(日)00時14分24秒
ほんとに、可もなく不可もなくといった感想でした。取り上げてるテーマとか随所の細かい演出とかは面白いと感じたけど、なにか寄せ集めっぽいストーリーで全体のバランスが悪いと思った。作り手側のやる気は伝わってくるんだけど、もうひとつ飛びぬけたものがあればすごい映画に化けてたかも。しかしバーンズはカッコいい。途中からはデニーロそっちのけで彼の演技に見入ってしまった。あの、常に腰に手をやる仕草とかいいな〜と思った。
★★★
From: (NO MAIL) 5月 19日(土)23時55分39秒
面白かったのだけど、何か物足りないんですよね。何が不満なのか、よく分からないのですが…。娯楽映画としては確実に水準レベルなんだけどなあ。あと、中盤のかなり重要な部分を、テレビスポットのナレーションがばらしてますよね。これはルール違反じゃないかね?
★★
From: kyoro(NO MAIL) 5月 19日(土)23時24分51秒
デ・ニーロのキャラがイマイチ弱いような気が・・・かといって、他のキャスト(特に悪役)もパッとせずで見終わっても何も残らなかったのが、正直な感想です。期待しすぎていたせいかなぁ?ゼヒ皆様のご感想が聞きたいです。唯一、最後まで気になっていたことは「エドワード・バーンズはリチャード・ギアに激似だぁ・・・」
★★★
From: OKA(NO MAIL) 5月 19日(土)23時21分29秒
デ・ニーロとバーンズとTVと話が少しまとまっていなかったが飽きずに見られました。バーンズの好演は良かったです。