アタック・ナンバー・ハーフ

満 足 度
67.9%
回答者数14




★★
From: NORI(NO MAIL) 5月 21日(月)09時39分26秒
まぁ愛すべき映画であろうことはわからんでもないが、映画を観ている間中、バレーのシーンがあまりにショボイので、「タイのバレーのレベルってこんなもんか??」と気分が盛り上がらなかった。でも、最後にホンモノの映像が流れた時「うぉ−!カッコイイ!」と興奮してしまった。やっぱりいくらドラマに重点を置くとしても、試合のシーンとか肝心なところはキッチリ締めてもらわないと、盛り上がるものも盛り上がらんのよ。いっそ、ホンモノ達で撮って欲しかった・・・
★★★★
From: ダー(NO MAIL) 5月 19日(土)02時50分12秒
私の見た映画館ではそんなに笑いが起こっていなく、私ひとりがクスクス笑ってるみたいな感じだった。だって、おもしろかったんだもん。本筋のバレーのシーンとか、確かにちょい雑いと思われる面も多々あるけれど、でも全体にバランス取れたかわいい映画だと思う。おかまちゃんが、ほんとにおかまっぽいのにあまりにかわいい!(意味不明?)私はノンちゃんに一目ボレです。ノンちゃんラブ!ただ、グッズのノンちゃん携帯ストラップはびっくりするくらい似てなくって怒りを覚えた。(笑)
★★
From: あっきー(NO MAIL) 5月 18日(金)00時54分46秒
 正直、ちょっと話がベタ過ぎる気がしました。事実を基にしていると言うことなので期待していたんですが…。 あまりにも分かり易く作られていたので、ちょっと親切過ぎるんでは?と思いました。もう少し押さえた表現で、想像力っていうか、考える余地を残して欲しかったなー。(あと、映画の内容とは直接関係無いんですが、周りのあまりの爆笑ぶりに引いてしまったのも事実です…。)
★★★★
From: simoty19(NO MAIL) 5月 15日(火)17時20分14秒
要は胸☆キュンでした。おおっとここはタイ人と笑いのつぼがちがうのか???ってとこはあったが、なんかね、素直な感じがよくって、おかまちゃんたちがソ〜キュート☆おかま映画なのに、見た後ほんわりさせてくれるのは、よいです。
★★★
From: 釜飯マン(NO MAIL) 5月 15日(火)11時31分36秒
少々デフォルメしすぎなのでは?実物を見てた方がおもしろかった。
★★★
From: (NO MAIL) 5月 13日(日)18時41分43秒
可愛い映画でした。確かに映画としては雑な部分も見受けられ、そこには不満がありますが、完成度だけで映画観るわけじゃないからねえ!僕は爆笑するほどは笑えなかったのですが、ラストまでニヤニヤと楽しませてもらいました。
★★★★★
From: ノン@水牛(NO MAIL) 5月 8日(火)00時01分38秒
素直に笑いたい人は是非。金をかけ、ショッキングな映像だけを追い、ストーリーを捻りたおすだけが映画じゃない。ザ・セルの宣伝コピーか何かで「ハリウッドへの挑戦」とかって単語を見た覚えがあるんですが。それってこの映画に使えばよかったのに(笑)制作費比べてみたらすごいんだろうなあ。字幕監修 吉本興業という隠し味にまで笑わされたので満点。
★★★★
From: ケンケン(NO MAIL) 5月 5日(土)22時35分06秒
実を言うとこの作品あまり大きな期待はしていなかったのですが、予想に反して良かったです。確かにベタな話だけれど、言わんとしていることは実に的を射ている。性的マイノリティーである登場人物が、監督を含めみんな魅力的。彼らに対する応援歌的作品でありながら、実は社会の根底にある女性蔑視にもきちんと目を向けている。ビー監督が差別と偏見のかたまりともいえる大会の委員長に切った啖呵には、胸のすくものがあった。元気印のジュンちゃん、とっても可愛かったけど、自分としては、ゲイであることを言い出せず、いつもとまどい顔のウィットが良かったな。
★★★★
From: ねぎ(NO MAIL) 5月 2日(水)15時58分49秒
あまり背伸びせずおおらかに作られている事に好感を持った。会場は結構笑いが起きておりつられて笑ってしまった個所も幾つかあった。更には以前みたタイ映画「DEAD AWAY」の出演者が出ていた為(多分)あの人がこんな役を・・・・ってな感じで笑いが倍化してしまいました。
★★★
From: iwako (NO MAIL) 4月 26日(木)22時07分07秒
映画ははっきりいってあかぬけない作りです。バレーボールシーンも今一つ。(私のお気に入り「なつかしき笛や太鼓」の中学生のバレーボールシーンの方がいいですわ、銀幕三十郎殿)"オカマ"=元気の図式ですが、彼らの元気の片鱗には皆いつも触れてみたいとおもっているのではないでしょうか。チームの女性監督ビーは冷静なまなざしで事態をみつめる素敵な人です。この人の過去なんかをエピソードにいれてもらいたかったな。また、暑い国でのスポーツはたいへんだろうと思うのに、映画ではみんなそんなに汗かいてないんだよね。一番元気な子ジュンが持っているペコちゃんやキティちゃんがついている小さいお扇子がかわいかったです。こういうのみるとすぐ「ジェンダー」とかいいたくなるけど、ま、それは置いといていいんじゃないですかね。
★★★★
From: もろがた(NO MAIL) 4月 24日(火)11時20分15秒
タイのオカマさんバレーボールの話とだけ聞いていたのですが、まさか実話だったとは!!最後にでてきた本物さんたちがいい女だったのに、俳優たちがいい女ではなく、ステレオタイプなオカマを演じていた気がするので★一つ減。(ただしピアをのぞく)
★★★★
From: ぴかりん(NO MAIL) 4月 24日(火)10時24分43秒
最後に本物のサトリーレックのメンバーを見て、改めて実話なんだと実感しました。オカマちゃんが集まると、とっても賑やかですね。(笑)水牛のノンちゃん、可愛かったです♪久々に、下ネタなしのコメディを観た気がしました。
★★★★★
From: さば(NO MAIL) 4月 22日(日)23時38分31秒
最高…(笑)あれだけ観客が大笑いしてる映画なんてここ数年見てない(笑)そんな監督や出演者の前向きさに☆5つvvvブラックユーモアじゃないところがまたいいです。なんだかほのぼのしてるしね。ゲイがタブー視されてるタイでは賛否両論だったらしいけど、興行成績は抜群だったみたいだし。ストーリーはとっても先が読めちゃうし、ゲイに対して真摯じゃないとか言われるかもしれないけど…。真面目じゃなくたっていいじゃん。同じ人間だもんいろんなヤツがいるんだって。コレって当たり前なのに、こういった差別問題なんかを取り上げるときはわりと禁じ手だったような気がします。もっと大きい映画館でやっても客入るんじゃないかと思うけどな〜〜〜。しかし、笑った(笑)テーマは万人受けしないかもしれないけど…とても素直な映画だと思います。笑いたい人は是非v
★★★★★
From: TEN(NO MAIL) 4月 19日(木)00時15分41秒
いやぁ、映画の出来そのものは手放しで「良い」と誉められる程ではないので、星5つつけることには映画ファンの端くれとしては多少の抵抗があるんですが「愛すべき映画だ!」と心底から思いましたので5つあげちゃいます。いいんですよ、こんだけ笑わせてもらったんだから!(笑)コメディーと真面目な部分とのバランスは実に私好みでした。但しこの映画はベタな笑いのツボをついてきますので肌が合わない方は全く合わないでしょう。私は無茶苦茶合いました。本日レディースデーの為場内が超満員で、またやたらノリのいい観客ばかりだったこともこの映画を十二分に楽しめた理由でしょう。(そういう意味ではこれは映画館で観るべき映画です)きっと「脚本・構成が甘い」「ありきたりのストーリー展開」「ゲイをバカにした演出」等、さんざんな批判も出るんでしょうね。でも、もうそんなんどうでもいいぐらいキャラが強烈でした。「ギャラクシークエスト」も面白かったけど私にとってはこれの比ではありません。「オカマちゃん」のはじけぶりが何とも凄まじく、”誇張しすぎの演出”と物議を醸すかなぁと心配しながら観てましたが、モデルとなった実在人物の映像はその懸念を見事に粉砕して下さいました。。。万人受けする映画ではないと思いますが、とことんアホになれる映画を好きな方には是非お薦め致します。