ドリヴン

満 足 度
49.1%
回答者数54



★★★★
From: KAN(NO MAIL) 10月 2日(火)05時14分48秒
皆さん辛口の批評が多いみたいだけど、個人的にはナカナカ楽しめました。この映画はビデオで見るよりも映画館で見たほうが迫力がありよいのでは?ビデオでお家のテレビでみたら、「まぁまぁね」と感じてしまうかも???
★★★★★
From: yoshi(NO MAIL) 9月 26日(水)08時56分59秒
あまり期待していなかっただけにかなりおもしろかった。序盤の愛だの恋だののいざこざはちょっとタルかったけどあの部分で詳しい人物紹介をしていたんだと思えばそんなウザったくなかった。後半の熱血スポ根ものに変わってからは感動したねぇ。音楽もカッコ良かったし夏休み映画のほとんどが肩透かしを食ったような状態だったのでかなり高評価です。
★★★★
From: tanta(NO MAIL) 9月 24日(月)22時47分08秒
結構みなさん辛口な評論が多いようですね。確かにストーリーの希薄さなんかを深くつっこまれると「ムムム」となってしまいますが、これはもう明らかな“エンタテイメント・ムービー”として見るとなかなかいけた口じゃないでしょうか。中でも私はスピードに対する欲求をすこぶる刺激するシーンなんかが、今までのレース映画にはない迫力となって非常によかったと思います。見ていて思わず右足がアクセル求めて突っ張ってしまったくらいです。キャッチコピーの一つにもある『時速400キロのエクスタシー』。元来、スピードそのものに興味をお持ちの方々には、非常に受けがいいんじゃないでしょうか。
★★
From: tono(NO MAIL) 9月 24日(月)16時41分52秒
なんか観ててしんどかった。つまらなくはないと思うしさほど期待もしてなかったんだけど、観ててただしんどい。多分各世界の街の風景だったりレースの観客だったりの観せ方が場所が違うだけでいちいち同じに見えたり、そのへんなんだろうなぁ。きっと細かい所なんだと思います。あと男どもはみんなかっこいいと思うんだけど、女がなぁ。猿の惑星に出てた女の人、あの人が全然綺麗じゃないし、スタの前妻はやったらケバイし嫌な奴だしで、なんかねぇ。きっと細かいとこなんだろうなこれも。スタローンは主役じゃなくてああいう脇を固めてる方が逆にしっくり来てる感じがする。あ!クラッシュしてタイヤが飛んでって観客席に落ちる所は笑った。
★★★★
From: pome(NO MAIL) 9月 21日(金)10時12分22秒
面白かった!!!キャラクターもストーリーもかなり希薄だけれど、それを補って余りあるレースシーンの面白さ!CGがちゃちくても許せる!見ていてワクワクしました。レニー・ハーリンは自分のやりたいことを全部やったんだろうなという気がします。相変わらずの押しの強さには脱帽です!随所に見られる「なんでそうなるの?」的ご都合主義も笑って許せます!(スタローン的には不満もかなりあるかもしれませんが・・・)。
★★★
From: みん(NO MAIL) 9月 19日(水)17時02分05秒
 楽しかった!ティルがいい味だしてた。ただ、お約束の結末って感じで、物足りなさも感じてしまった。 でも、何も考えないで見るならいい映画だったよ! 
From: けんさん(NO MAIL) 9月 16日(日)17時34分07秒
F1かと思ったら違うじゃん好きな監督なので期待してたけど・・・正直デレデレして長さばかり気になりました。ぽんぽん事故るカ−トにゲップ。
★★★
From: noriko(NO MAIL) 9月 15日(土)20時33分39秒
レースの場面はスタローンもティルもキップもみんなかっこよかった!キップの眼鏡姿はすごいかわいかったな。でもキップ人気がこの映画で一気に爆発?とおもいきや、けっこうティルが人気みたいだね。
★★★
From: はる(NO MAIL) 9月 11日(火)12時24分01秒
まぁまぁかな〜。何も考えずに観るにはちょうど良い映画ですね。ただワタシ的にはちょっと単調(レース→バトル→クラッシュ,,,みたいな)に感じちゃったのが敗因かなぁ。それほど面白い!と思えませんでした。つまらないって事はなかったんですけど。。。そんなわけで★4つには届かず,今回は★3つ!
★★★★
From: TAK(NO MAIL) 9月 10日(月)15時07分26秒
単純に面白かった。カーレース好きな人には設定はF1を知っていれば背景が浮かぶが、レースの結果やピットのやり取りなど納得いかないと思う。エステエラ・ウォーレンは「猿の惑星」よりはセリフも見せ所もあったけどいまいちだったし、スタローンもでる必要があったのかなと思ったし、キップ・パルデューは可も不可もなかった。ただティル・シュワイガーはかっこよかった。
★★★★
From: TT(NO MAIL) 9月 10日(月)00時55分32秒
【ちらほらネタバレしてます】レースを描いているアメリカ映画って軽〜いノリで楽しむのが正解。この手のものの中ではまあまあオモシロイ方なんじゃないでしょうか?さらに言えば、バートレイノルズが出てた映画の中では屈指とも言えるデキかも(^^)※往年のヒット作、キャノンボールのダメさ加減を見よ!!ツインリンクもてぎでのレースシーンの前に出てきた日の丸ドッカーンのプールを見て素直に笑える心の広い人には向いてると思います、コレ。期待過多、力の入りすぎ、理屈っぽい人には向きませんゼ。
★★★★★
From: roki(NO MAIL) 9月 9日(日)22時29分45秒
 なんか中身が薄いって発言多いけど、僕はそんなでもないとおもいました。けっこうそれぞれのキャラの目的がはっきりしていて、それが入り交じって最後には上手くまとまるっていうなかなか普通ではあるけど良くできていたと思います。脚本で語られるストーリーとは切り取られた時間です。その中で観客の皆さん聞いてくださいと言わんばかりにべらべらと不自然に過去を暴露する推理小説の犯人みたいなのがいる方がおかしいので、無理に説明せず、それでも客には最低限わかるくらいのあのリアルな演出がなかなか良かったと思います。 ライバルがかっこよかったし、なんか嫌なキャラが1人もいないのに互いに葛藤があるあのスポコンムービーっぽい演出がいい感じでした。 レースシーンは迫力があった。視界の悪さを上手く表現していてはらはらした。 典型的なハリウッド映画だけどそれにしても完成度が高いと思います。 
From: oka(NO MAIL) 9月 9日(日)00時28分45秒
ロッキーのパターンとだぶってしまった。レニーハーリン好きだけど、スタローンの脚本じゃしょうがない。日本の焼きそばと焼き鳥がいい味だしていただけかな・・・
From: みう(NO MAIL) 9月 8日(土)22時42分22秒
結構、はまって観に行ったのにガックシ。スタローンもホントおっさんになったなあ、としみじみ。くろさんと同じくヒロインの良さがよく分からない。綺麗な人だけど監督が彼女の良さを出せていないと思う。
From: みう(NO MAIL) 9月 8日(土)22時39分08秒
結構、はまって観に行ったのにガックシ。スタローンもホントおっさんになったなあ、としみじみ。くろさんと同じくヒロインの良さがよく分からない。綺麗な人だけど監督が彼女の良さを出せていないと思う。
★★★
From: くろ(NO MAIL) 9月 8日(土)17時46分47秒
一回見れば十分かな。CGがほんと分かりやすすぎ。事故があるレースと、最終レースだけ面白かった。それにしてもあのヒロインはどうもかわいくない。みんな夢中になるのが分からない。ジーナ・ガーションのほうがよっぽど綺麗だ。
★★
From: みーな(NO MAIL) 9月 8日(土)02時29分45秒
コメディーだと思って見ればいいかも。しかーし!・・日の丸の国旗はないでしょ!?
★★★★
From: 機械野郎(NO MAIL) 9月 8日(土)01時44分16秒
レニー・ハーリン作品の中では、面白かった!大爆発も一回しかないし〜(笑)なんだかスタローンがかっこよく見えたのは気のせい?
★★
From: 新テリー(NO MAIL) 9月 6日(木)15時23分07秒
レースシーンは迫力があって良かった。でも、アナウンスの時の字幕スーパー、最初は見てたけど画面がすぐ消えてしまいわからなかった。後々スーパーは見てない。アナウンサーの声だけ日本語吹き替えって訳には、いかないだろうなー。ストーリーの大黒柱が見えなかった。
★★★
From: まる(NO MAIL) 9月 6日(木)12時38分43秒
レースシーンは、なかなかの迫力で面白かったが、音楽がちょっとうるさいし、レースの雰囲気を盛り上げようとしてるんだろうけど、意味の無いレースクイーンや誰かのケツとか正直うざい!誰かも言ってるけど、日本のシーンの日本の観客た、本当にブサイクで、もっとかわいい子たくさんいるのに、どういうつもりなんだぁー!?それから、これも他の人が言ってるが、なぜ車椅子になったのかわからないし、須田ローンの過去もわからん。ただレースを撮りたかっただけで、人間は誰でもいいし、いればいい。という気持ちで作ったのかと思った。監督が監督だから、このくらいの派手なシーンは当たり前かと思ったが、どうせやるならもっと「ありえない事」をやって欲しかった気もする。最後に、あの女のプールのシーンは、自分の一番の見せ所だったのだろうが、全く意味の無いシーンで、「大して綺麗でもないのに、美人だと思い込んでるかわいそうな女」が見事に伝わってきて笑えた。
★★★
From: makok(NO MAIL) 9月 5日(水)23時15分06秒
なにはともあれキップかわいかったぁ!!ストーリー的にはありきたりすぎのお約束的結末。日本のシーンの陳腐さにはビックリ。日の丸プールって。余談ですがその際一般人の観客の女の人達が正直言ってなんであんなにブスばっか出すのかある意味悪意を感じました。日本人ってあんなのばっかだと思われたらイヤだなぁ。もっと普通にかわいい子いなかったのかなぁ?一般男も同じようなもんだったけど。私もレースシーンがCGってありありとわかりすぎるのでなんかがっかり。っていうかそのCGわりとチャチだったなぁ。どなたかも言ってたけどなんであの人車椅子なの?事故だろうけどスタローンが原因みたいな言い方だったけどその辺のとこ説明みたいの欲しかったなぁ。スタローンといえば老けたなぁ。顔シワッシワだった。あのビックリ目は健在だったが。ジーナガーション相変わらずキレイだった。スタローン役のジョーに未練あるからあそこまで憎憎しい態度に出ちゃうんだろうな。ボー・ブランデンバーグ役の人実は歳いってると思ったけど38歳だったのね。もっと若く見える!!とにかく細かい事考えないで見る分にはそこそこだったかな。肩肘張らずに見れると思います。
From: とも(NO MAIL) 9月 4日(火)16時20分26秒
すみません。キップ・パルデューが観たかっただけなので。
★★
From: うっちー(NO MAIL) 9月 3日(月)22時54分51秒
レースシーンを全て実写アクションでやって欲しかった。CGってわかるんで興ざめしてしまった。
★★
From: 蜷川(NO MAIL) 9月 3日(月)15時12分32秒
設定がいかしきれてないような印象をうけました。記者の女性などは映画の中でただ存在するだけでなんの為に出演してるのか理由がわかりませんでした。さほど主人公との絡みがあるわけでもないし・・・レースの世界には色々な人間がかかわるということを表したかったのでしょうかレースシーンは流石に綺麗でしたが、最近の映画ではCGがすごいだけの映画はたくさんあるので正直、いまいちでした・・・。
★★
From: TEMMA(MAIL) 9月 3日(月)01時24分31秒
「筋肉脳味噌」スタローンと「北海の荒技師」レニー・ハーリンが組んでF1を撮ると、こんな映画になるわけやね。まあ、ボクシングをプロレスにしたり、冬のアルプスをTシャツ一枚でクライミングさせたりするコンビですからね。中盤でレース車が公道に出たあたりから彼ら二人にしか見えない「妄想のF1ワールド」に突入してしまいました。もっとも、こちらもそのことは見る前から承知なので本当はカートのことだろうが、レースでは有り得ない大爆発が起ころうが、これまた有り得ない最下位からトップへのごぼう抜きをしようが、野暮なツッコミは入れずに「アナザーワールド」に二時間たっぷり浸りきるつもりだった。しかし、その目論見は外れ、終始違和感がつきまとって乗り切れなかった。それは「俺が今見ているのは『ドリヴン』ではなくて『ドリヴン2』なのではないか?」との思いだ。何故なら、せめて簡潔な回想シーンでもあれば良かったのだがスタローンが過去に一度リタイヤした経過がセリフですら説明されておらず、例えば、どうしてバート・レイノルズは車椅子になったのかとか、前妻のジーナ・ガーションは何故スタローンをあれほど憎むのかとか、さらには前チャンピオンやその恋人までもが、なにやら因縁がありそうなのだ。このようなあまりといえばあまりな「脚本の杜撰さ」は昔のハリウッドでは決して、あり得なかったことだ。CGやSFXの発達が逆に、大切なものをハリウッドから失わせているような気がする。最期に余計なことですが、日本でTV放映された折りのエステラ・ウォーレンの吹き替えは田嶋寧子でどうでしょうか?
★★
From: second(NO MAIL) 9月 2日(日)22時29分43秒
一人一人の個性が無さ過ぎ。エステラウォーレン目立たねぇー!(猿の惑星のときも)ちょっと寝てしまった。
★★
From: モリエール(NO MAIL) 9月 2日(日)02時14分09秒
↓ すいません。「行動」とあるのは、「公道」のことです。
★★
From: モリエール(NO MAIL) 9月 2日(日)02時11分10秒
 モータースポーツ物は、映画としてはレベルが低いのが多い。ストーリーに中身がなく、走行シーンも下らないのが多い。 この作品は、それらに比べると、基本的な筋はまあまあ。走行シーンの見せ方もうまい方。 しかし、鼻歌はちょっとね(笑)。CARTって、そんな甘いもんじゃないだろ。コインも、タイヤが心配(笑)。行動走るのよしてくれ(笑)。子供じゃないんだから。この3つがマイナスだ。 欲望渦巻く世界をチラリと見せて、良かった。しかし、最後に「純粋に走ること」の原点に帰って、勝ったというのが、やはり映画だな(笑)。 モチベーションは、違うところにあると思うけど。 まあ、よくあるモータースポーツ物よりは、良かった。 
★★★★
From: ちゃお(NO MAIL) 9月 1日(土)22時38分56秒
おっもしろかったー!自分に中の小学生男子部分を久しぶりに感じさせてもらいました。淋しげな天才ルーキーもクールなチャンプもそれぞれ魅力的だし、女の子も可愛かったと思う。スタローンもいい人だったし、疲れず素直に楽しめました。
★★★★
From: ムスカ(NO MAIL) 8月 31日(金)23時25分00秒
あの、猿の惑星に出てきた女はまたしても飾りみたいに見えたのですが…。別に恋愛はなくても楽しめたな。私は全然レースもの興味無しで観に行きましたが観て損なしの映画だと思いました。
★★★★★
From: スタローン大好きっ子(NO MAIL) 8月 30日(木)01時44分36秒
めちゃめちゃ爽快で文句なし!!ドラマ部分がくだらな過ぎるため、逆に純粋にレースを楽しめました。やっぱり娯楽映画は高でなくちゃ!!スタローン最高!!!!!!ラブ!!!!!!!!
★★★★
From: (NO MAIL) 8月 30日(木)01時32分07秒
何気に楽しめた!正直つまらないかと
★★
From: ユキ(NO MAIL) 8月 29日(水)12時41分54秒
久々にスタローンの映画を見ました。うーん。確かにF1のシーンはすごかった。でもあの女の子いかがなものでしょうか。猿の惑星でもなんで出てるの?感じだったけど。今度も見せ場はあのシンクロのシーンだけでしょ。三角関係は不要だったのでは?この夏はなんだか不作でしたね。
★★★
From: かおる(NO MAIL) 8月 28日(火)10時34分00秒
すごくよかったまでいけないけどでもやっぱレースのシーンとか迫力あったしおもしろかった。軽くあんま考えないでみれば内容はありきたりなのかもしれないけど、深く考えるとどれだけ人を疑えるか、そしてどれだけ信じることができるかということを描いているような気がした。
★★
From: noritama5(NO MAIL) 8月 27日(月)00時41分43秒
スタローンの脚本(だったと思う)というのを耳にしたので観に行ったのですが。物足りなかったですね。派手なアクションシーンなどは期待に近かったけれど、肝心のドラマがチョット薄っぺらいような気がします。
From: taka(NO MAIL) 8月 27日(月)00時40分49秒
F1ってのも一時期から言えばブーム過ぎてるってのもあるんだけど、だからってわけじゃないけど盛り上がりもクソもない。ストーリーも変やし。
★★★★
From: miya(NO MAIL) 8月 26日(日)23時31分37秒
レース映画としては熱気というか、雰囲気が出ててよかったんじゃない?アクション演出も基本的にうまいよね。ストーリーはお決まりだけど、誰もそんなのに期待しないだろうし。超絶なマシンの動きをスクリーンで見れるとそれだけでコーフンしてしまいます。この映画もともとF1の企画だったんだけど、FIAの協力が得られないとかでダメだったらしいよ。見ている限り、相当協力得られないと作れなかったみたいだし。でも豪快なスピード感を中心とした分かりやすい内容は、むしろCARTに合ってたかもね。F1じゃああんな熾烈なオーバーテイクはもう存在しないし(CARTではよくあります)。まだCARTだから成り立つ映画か・・。でもキャストは明らかにF1だよね。ブランデンバーグは明らかにシューマッハがモデルだし(なぜかドイツ語話すシーンあったよな)、ルーキーのジミーはジェンソン・バトン?車椅子のバート・レイノルズはフランク・ウイリアムズを意識してるのかな。なんだかF1製作の影響が残りつつ、CART映画としてうまくまとめていると思った。でもこういうレースファン的な見方を捨てたら、「何これ?」って気がしないでもない。。
★★
From: 跳馬(NO MAIL) 8月 24日(金)00時10分48秒
あんまりだった。ストーリーはありきたりだし、実際のレースと比べると変にできすぎてる。逆に実際のレースの方がハプニングとしての衝撃はおっきい。物語は所詮物語でしかなく、現実には勝てないでしょう。実際のF1・カートファンにはつまらないと思う。
★★★★★
From: gaku(MAIL) 8月 23日(木)20時55分29秒
おもしろかった。無意味なラブシーン、暴力シーンがなくてよかった。
★★★
From: brotherfood(NO MAIL) 8月 23日(木)18時31分13秒
シカゴの街中を走るシーンは個人的に面白かったけど話の矛盾さと何を言いたい映画なのかいまいち分からなかったです。でも1000円で見れたからいっかぁって感じ。1800円も払って見るようなものではないと言う感じがしました。
★★★★★
From: BROOK(NO MAIL) 8月 23日(木)16時08分01秒
迫力あるクラッシュシーン、街中でのレース、レーサーの目線での映像など、見所満載でした。特にレーサーの目線のシーンはまるで、自分がコックピットに乗っているようでしたよ。しか〜し、何で日本の描き方が下手なんだろう..。プールに日の丸なんて..ね。しかし、個人的には大満足の作品でした。
★★★★★
From: 今日の御意見番(NO MAIL) 8月 23日(木)11時21分22秒
消去されちゃったのでもう一回言う!(こんどは消さないでー管理人さん)あれはF1じゃないの! あれはCART。つってもゴーカートじゃないよ。Championship of American Racing Teamのこと。アメリカ人はF1はきらいなんです。わかった? この映画はCARTの醍醐味を120%表現しているのです。
★★★★
From: ミナ(MAIL) 8月 21日(火)20時42分44秒
あんまり期待はしてなかったんですけど、意外と楽しめたカナ?アタシは女なんで、やはりああゆう男の友情には憧れますね〜☆☆でもあの変な恋愛もどきは必要なかったな→とは思うデス。あの女の人そこまでかわいくないし。F1みたいなのには女は介入して欲しくなかったかな。 でも全体としてはドキドキしたりもしたし、ジ→ンとくる所もあったので、評価は少し高め。必見!!ではないけれど、観てみるのもいいかも☆
★★★★★
From: NAL(NO MAIL) 8月 21日(火)20時18分57秒
点数はちょっと甘いけど、個人的にこの夏の話題作の中でいちばん気に入ったのでご祝儀。#他の話題作がちょっとユルかった、とも言う。確かにお話し的にはムチャクチャなんだけど、レースを取り巻く「高揚感」とか「熱気」とか「非日常」、みたいな雰囲気をうまく伝えていると思います。TVのF1中継とかっていきなり1回だけ見てもぜーんぜん面白くなくて、個々のドライバーの事情とかチームの事情とかが分かってくると、毎回レースがそれぞれの“物語”の集合体として楽しめるようになってくるんですが、それに近い感覚をこの映画で味わうことができました。よく取材してるんじゃないかな。「ボー・ブランデンバーグ」のモデルは絶対シューマッハ兄だ(笑)。つっかさぁ、スタちゃん、本当はF1で撮りたかったんだけど(セナに捧げた映画なんだし)、「アメリカではコッチの方がウケる」という商業的理由でCARTが舞台になっちゃったんじゃない? (たぶん)「F1の映画を撮る」ということで協力したF1のチームやドライバーもいい面の皮だよね。…と、大人げないマネはこの辺にしておいて(汗)、結局この映画、レースシーンをどう見るかでドラマ部分の評価もがらっと変わっちゃうんでしょうね。ハーリンは情緒面もいっぱい書き込んでて頑張ってると思うんだけどな。
★★★★★
From: MAKKY(NO MAIL) 8月 21日(火)00時52分45秒
「純粋な勝利の喜びの為に走れ」戯満と憎悪と嫉妬に満ちた人間関係がラストに向かって解消していき、登場人物ひとりひとりが自分の「走り」を取り戻していくというなかなかの作品。自分のポリシーとチームの事情の狭間で苦しみながらも本来のピュアな情熱を呼び覚ましていく様には、久々に「男のロマン」を感じます。この夏の映画では一番安心してオススメできる(ただし男子限定)かな。全体の流れも、ハデなシーンをとって息切れするハーリンを^^;スタローンがうまくコントロールしているのか、飽きさせない勢いがあります。確かに矛盾はあるんだけど、レースの裏表の結び付けがなかなかグーでパワーがありせいか、あまり気になりません。「脇に廻った」とはいうものの、結局一番オイシイ役をやってますな^^;>スタローン。て事で、僕もご祝儀で5つあげましょう。#スタローンの元奥さんの役の人は、まるでカイヤ川崎のようでした^^;;。
From: ボーちゃん(NO MAIL) 8月 20日(月)19時17分37秒
テレビの予告編を見て、期待して見に行きました。結果は、がっかり!予告編のシーンだけ!行かなきゃよかった!PS:あれってF1じゃないですよ!
From: SAIKO(NO MAIL) 8月 20日(月)18時30分47秒
私も。F1はよく分からないけど、彼に誘われて見ました。スタローンは好きだし、予告編では結構格好良かったし。でもやっぱり、F1はよく分かりません。コレって面白いの?主役じゃないスタローンもなんか寂しいし。
From: テイエム(NO MAIL) 8月 20日(月)18時26分42秒
私のように「F1」に詳しくない人達には、面白さがよくわかりません。ハッキリ行って退屈でした。実際、映画館は超ガラガラだったし。
★★★
From: 将司(NO MAIL) 8月 19日(日)22時52分43秒
ドラマの部分は、これでもかってくらいの薄っぺらさ。女の尻軽さと日本の描写の酷さはパールハーバー以上に感じた。それでも★3つなのはハーリン節全開のクラッシュ&爆破があるから。メモが空飛ぶシーンは映画館で観た価値があると思う。ハーリン、今作はユルイ気持ちで撮ったんじゃないかな?スタローンお帰りってな感じで。また「ディープ・ブルー」みたいな凄いのを観たいです。
★★★★
From: ギッチョ(NO MAIL) 8月 19日(日)00時01分08秒
レース映画に名を借りたアクション映画かと思っていたら何とこれはハーリン印のミュージック・クリップだった!常習化していたハーリンの出演シーンもバッチシ抑える事ができました。あと相変わらずのガソリン引火シーンもあるのが嬉しかった。一瞬のクラッシュシーンにも緊張感や爽快感を織り込むパワフルさは流石ハーリン、観客を驚かせるためにはリアリズムはおろか映画の文法までも無視するこの男の論理はいまだ健在!サイコーです。そしてハーリン映画に相応しくツッコミ所だらけで車が動くたんびにウキウキします(この男が映画を作るだけで世界中の映画ファンがツッコミをいれるのだが)。ここを思いっきりツッコミ&罵倒するのが正しいハーリン映画の鑑賞法なのです。まあ細かすぎるところでいえば三千里薬品やオー人事の看板が何度もカットバックするのは何故なの?日本でのスタ公のデートシーンが日本に見えないのは僕だけだよね、インソレランスの出演シーンが付けたしにしか見えないのも気のせいだよね?だってお前らどこにいたんだよ。
★★
From: kazu(NO MAIL) 8月 16日(木)22時44分53秒
予告編で終わったなって感じ。それに日本のシーンって何であんな風にしか描けないんだろう。スターローンも主役ははれなくなったか、、、、
★★★★★
From: 祐T(NO MAIL) 8月 14日(火)13時05分04秒
この夏一番の大穴作品かもしれない。物語に適度なメリハリがあって、飽きないし。クラッシュシーンも良いし。スタローンも良い。エステラ・ウォーレンは「猿の惑星」よりもこっちの方がヒロインとして大きく扱っているからそういう点でも結構良いと思う。物語りはお約束通りの展開だけれどだからこそ、夏休み映画の醍醐味と言えよう!!
From: liefish(NO MAIL) 8月 14日(火)10時51分14秒
とってもテンポがよい。が、全編通して音楽がかかっててストーリーもメリハリが無く流れる様に進んでしまいミュージックビデオを観てるようだった。あと、予告編は観せ過ぎ。
★★★★
From: とむ(NO MAIL) 8月 12日(日)02時09分30秒
 実は友達と弟と千と千尋を観に行ったのですが、チケットが完売だった為 急きょドリヴンに変更しました。 スピード感を演出した撮影が多少うざったい場面がありましたが、全体的にテンポのよいストーリー展開でおもしろかったです。 後半は おいおい!ってつっこみを入れたくなるようなシーンが・・・ まぁ御愛きょうと言う事で○(笑) それからクラッシュシーンの後に出てくるレスキューの黄色いトラックのベースがTOYOTA TUNDRA(タンドラ)と言う車で、弟の車もタンドラで画面の中で活躍しているのを観て感激してた(笑) ちなみにこんな車です http://www.toyota.com/shop/vehicles/tundra/index.html