GO

満 足 度
75.4%
回答者数64



★★★★★
From: ひょん(NO MAIL) 12月 8日(土)09時09分55秒
みんな現実の痛みを見たくないだけ。現実がやっかいな分、映画にはファンタジーを求めてる訳だからね。私は世間でヒットしたかどうかが自分の評価の基準になったりはしないほうです。だからいい作品だと思った。もっと役者全員がオーバーアクションだったりしたら、かなり血の燃えたぎる作品になってたかも・・・とか、見た人にいろんな想像させる余地があるとこが、この映画がパーフェクトじゃないことを表してる。でも、よく考えて見ませう。現実もパーフェクトではないんだよ。
★★
From: だったんちゃ(NO MAIL) 12月 8日(土)01時53分31秒
あんなベタな差別いまどきあんのか?親友の死もちょっと唐突だったし。無理やり盛り上げようとしているのが見え見えでいまいち感情移入できんかった。役者は良かった。特に山崎と窪塚とのやり取りは親と子という普遍的な問題なのでわかりやすいし殴り合いとかも画のテンションが高くて良い。しみったれた恋愛描写を減らしアクションをもっと多くすればヒットしていたかも。やっぱり民族問題はわかりづらい。エンターテイメントに徹するなら民族問題はストーリー上のスパイス程度に留めるべきだった。なんか作り手にも国籍とか民族ってものに対して明確な答えがないままちゅうと半端に問題提起をしてる感じが伝わってきてしまう。この辺が後半いまいち盛り上がらん原因だと思う。在日問題ありきのエンターテイメントじゃなくて、エンターテイメントありきでスパイスとしての在日問題という感じでシビアに割りきれなかった作り手の敗北。(興行的に)
★★★★
From: (NO MAIL) 12月 7日(金)23時06分50秒
熱いねー。ストーリーとかよりあの熱さが心にキタ。あのおかげで名古屋で旅を止めずにすんだ。
★★
From: kira(NO MAIL) 12月 6日(木)00時24分12秒
テーマは重いけど、おもしろかった。山崎努はやっぱよかったです。が、しかし…。ラストとか個人的に腑に落ちないところが多かったので、★2つ。
★★★★
From: u-ko(NO MAIL) 12月 5日(水)10時43分54秒
とにかくよかったです。思わず原作も購入しまして、友人・知人にすすめています。私のまわりの人は邦画を見ない人が多いのですが(宮崎作品は除外です)愛があり家族とは、差別とは、重たいうようですが、おもしろくもあり、考えさせられる事もあり、ぜひ、幅広い年齢層に観てもらいたい作品です。窪塚洋介・紫咲コウがまわりのくせのある役者さんたちに立ち向かっている姿が良いです。
From: KKK(NO MAIL) 12月 2日(日)16時04分31秒
誉めすぎ。客が入っていない事が全てを物語っていた。早々に打ち切られて正解。
★★★★★
From: キューピイー(NO MAIL) 11月 25日(日)14時03分18秒
在日の人との接点は日常少なかった。そのため、どんな差別があり、どんな矛盾を抱えてるか、どんな教育を受けているのかなど・・・考えたこともなかった。在日である窪塚くんを通して、日本や自分自身を見直すことがえdきる、そんな映画だった。
★★★★★
From: border(NO MAIL) 11月 25日(日)13時57分51秒
テンポがよく、退屈しない楽しい映画だった。どうして映画館がガラガラなんだーーー!!!
★★★★
From: (MAIL) 11月 22日(木)21時45分45秒
感動系モノだと思って見に行ったが、泣くどころか笑えるとこのが多くて裏切られた感じだった(いい意味で)事前情報通り、「蒲田行進曲」を見て映画を見たので、大竹しのぶとヤス(誰だっけ?)のヤリトリに笑えた。やはり、ここの場面は「蒲田・・・」を知ってる人しか笑ってなかったので、ちょっと優越だった。桜木への告白(ベットの上での)の場面、みなさんがオッシャッテルように、やはり、ちょっとばかしヤリスギのような気がする。今の時代、親の言うことをあれほど忠実に受け入れる現代っコは居ないと思う。まぁ、桜木がお嬢様系(お金持ちな感じがしなかった?)だから、親が一番っていうのは仕方ないかもしれないのかも。
★★★★★
From: hana(NO MAIL) 11月 17日(土)22時48分13秒
注:ネタモレあり。とてもよかったと思います。テーマが深く、見終わった後 考えさせられました。窪塚くん山崎さんの演技が最高でした。少し残念なのは、窪塚くんが在日であることを告白した際の、桜木の言葉・・・。前にも書いてる人がいましたが、かなり無理矢理というかありえない感じで・・・うーーんって感じでした。あとは、テンポもよく、いい映画でした。
★★★★
From: ひろ(NO MAIL) 11月 16日(金)17時08分33秒
よかったけど、すごく気になるところがひとつありました。桜井のおとうさんのことば。血がきたないって、あそこまで差別的なことばはあの年代の人はもう言わないはず。もっと昔ならともかく。かの国を嫌う人はたくさんいるけれど、それは差別とは違う。好き嫌いは自由だ。韓国でも上映されるようで、あんな差別が今でもある、と思われるかと思うとちょっとつらい。
★★★★
From: さきこ(NO MAIL) 11月 15日(木)23時44分53秒
血がふきでる場面が多いのがちょっと。。。でも面白い映画でした。一度しか見ていないのに、鮮やかに心に焼き付いている場面がたくさんあります。面白さの点では、「千と千尋」に負けないと思うのに、観客がそれほどはいらないのはほんとうに残念。
★★★★
From: タク(NO MAIL) 11月 13日(火)19時52分36秒
なかなかよかったです。僕は窪塚そんなに好きではないのですが、なかなか自然な感じでよかったと思います。脇の俳優陣がよかったですからね・・・。恋愛の物語だと散々言っていたのに、僕の心に残ったものは、在日の問題ですね。やはり、「理解をすることはできても体が・・・」という桜井の言葉が重くのしかかりました。鹿の角がおばさんの顔になったのが、個人的にツボにはまりました。結構笑いのしつこい感もありましたが。
★★★★
From: 友安弘(NO MAIL) 11月 13日(火)14時19分10秒
窪塚はちょっと肩に力は入りすぎかな。テンポは良かったので、飽きずに見れた。悪くない。
★★★★
From: あっ(NO MAIL) 11月 13日(火)13時58分53秒
ハルゾーさん、一応窪塚氏はそれと正反対の本も読んでるんだよ。ただ世の中にどういう意見が転がってるのかをいっぱい知っておきたいって言ってる。その本に書いてあること=彼の意見じゃないので、誤解の無きよう・・・。なんのかんの言っても、邦画レベルで見たら出来はいいでしょう。でも鑑賞力のいる映画だね。ハリウッド映画なれしてる大勢の人にはスコンと入らないかも。娯楽としての優劣なんてなくて、実は「どういうのを娯楽と感じられる感性を持っているか」の問題なんだけどね。
★★★
From: ち〜こ(NO MAIL) 11月 13日(火)13時47分22秒
よかったけど・・・な〜んか物足りないって感じ。窪塚クンかっこよかったけど〜微妙。。。
★★★★
From: ハルゾー(NO MAIL) 11月 13日(火)02時59分54秒
配役とかにはまったく異論がないけど、原作では、チャンドラーとかケインとか、オシャレな(?)文芸的記号が二人の関係に溶けていたし、その辺は物足りないかも。ラストが最悪だし。強度がある物語だし、「めっちゃウンコしたい」〜ジョンウィルの死あたりは、めっちゃすごい!ただ僕も窪塚さんと同年同月生まれなんだけど、この映画で「社会派」ぶられてもちょっと困る。現に韓国、北朝鮮から批判されている某マンガを推薦しているんだよ、おーい、窪塚く〜〜ん!!やっぱ「溺れる魚」のヘナヘナ女装警官のほうがハマっていたかも!
★★★★★
From: なお(NO MAIL) 11月 12日(月)15時13分12秒
今まで日本映画を映画館まで行って、見る事ってなかったのですが、原作以上に素晴らしかったように思います。山崎さんはいい味だしていました。それより 窪塚クンの演技 魂こもってましたね。これからの日本映画を背負っていく人見つけたという感じです。嬉しい発見でした。
★★★★
From: ギャル男(NO MAIL) 11月 11日(日)18時23分19秒
本を読んで絶対に見に行こうと思って昨日、やっと行ってきました。本当によかったのですが、正一のシーンはもう少しあってもいいんじゃないかなぁと思いました、なので☆−1
★★★★★
From: マークン(NO MAIL) 11月 10日(土)23時15分58秒
最近の日本映画では最高の一本です。脚本、演出、キャストとすべてがそろった。ぜひ、多くの人に観てもらいたい。それにしても、「東映」は50周年記念作品のできが作品によって違いすぎ!
★★★★
From: BAyBARS(NO MAIL) 11月 10日(土)17時20分39秒
 今年の邦画では出色。日本でもこういう映画がもっと売れなくちゃ! 前半は軽快。コマ落としの映像がいい味だしてます。 後半になってストーリーが締まってくる。何せそれを支える脇役陣の演技が(主役を喰わない程度の微妙な加減で)素晴らしいっス。 ただ、原作を読んだときにも思ったのですが、ラストの桜井の心象が“いかにも”というか取って付けたような感じでちょっと不満。せっかく映像化したんだから、もう一ひねりあっても良かったかも。で、★マイナス1個。
★★
From: せつ(NO MAIL) 11月 8日(木)14時01分55秒
みんな喋りすぎだった。こっぱずかしくなっちゃうシーンが多かった。テーマも配役もおもしろいのになんでもっといい感じにならなかったかなぁ。最後あの二人が一瞬でまとまっちゃうのがすごく不思議。あれだけ失礼なことを言っときながら、いきなり「なにじんでもよくなった」ってのはないんじゃないかなー。
★★★★
From: PHS-NIGHTDIVER(NO MAIL) 11月 8日(木)09時44分01秒
面白かったけど、朝鮮学校で窪塚君のようなヘアースタイルは、まず間違いなく学校にいられんと思う。
★★★★
From: ハゲマルドン(NO MAIL) 11月 7日(水)20時20分21秒
(小ネタバレあり。)在日韓国人というシリアスな題材を、あえてコミカルに捌いた青春映画の佳作。主役の杉原演じる窪塚洋介の、摩訶不思議なテンションは、演技として上手いのか下手なのか、正直おれにはわからないけど、少なくともこの作品を必要以上に重くしないという狙いには貢献していると思う。それよりも特筆すべきは、脇役達のはまり方。山崎努が素晴らしいのは当たり前だけど、彼以外のキャスティングもほぼ完璧。唯一気に入らないところは、人の死によってドラマを盛り上げるという安直な手を、この映画には使ってほしくなかったから。とはいえ、個人的に今年の方がでは、いまのところベストかな。
★★★★
From: うさぎ(NO MAIL) 11月 7日(水)19時46分13秒
余り期待しないで観にいきました。良かったです。窪塚君この役にぴったりでした。目に力がある。邦画もなかなかですね?なんか嬉しくなりました。
★★★★
From: SAYa(NO MAIL) 11月 7日(水)16時29分38秒
原作を読んでから行きましたが、2時間という短い枠の中で、とても忠実に映像化することに成功していたと思います。特にキャスティングが、最高でした。それぞれの俳優の個性と、役柄がとても調和していて、とても自然でした。主役の窪塚さん、柴咲さんはもちろんのこと、脇役陣の確かな演技力は、見ていてとても気持ちが良かったです。しかしながら、サウンドと、映画ならではのオリジナリティーがイマイチ感じられない点は、残念でした。ここがクリアできていれば、もっと素晴らしい作品になってくれたのでは、と思います。
★★★★★
From: こゆき(NO MAIL) 11月 7日(水)16時20分44秒
原作者の主張がひしひしと伝わって来ました。登場人物のキャラも一人一人がしっかりしていて面白かった!
★★★★
From: にゃごぞう(NO MAIL) 11月 5日(月)20時09分41秒
あんまり見る気はなかったんですが、見た友達からモーレツに薦められたり、ラジオでも薦めていたので見に行ってきました。で、感想は・・・良かったです!笑える所も結構あり、泣きはしませんでしたがじーんと胸に来るシーンもあっておもしろかったです。時間を交差させて見せる手法も良かったと思います。
★★★★
From: ぬらりん(NO MAIL) 11月 5日(月)00時07分17秒
後半にもギャグ入ってて欲しかったなー。原作を相当読み込んで見に行ったのであの感動をもう一度!ってわけには行かなかったけどホテルのシーンの綺麗さとか、映像化の意味あったね!とにかくキャラと役者が立ってたからもっと長く観たかった。それだけが心残りです。
★★
From: 鉄コン筋クリート(NO MAIL) 11月 4日(日)20時56分05秒
途中までは良かったんでけど、ラストが興ざめしちゃった。ラストの演技はクボツカ君もうチョいがんばってほしかった。おもしろく思えなかったのはなんでだろ。誰にも感情移入できなかったからかな。萩原聖人演じる警官にはちょっとはいったけど…あと、「おれは誰なんだ」とか「恋愛・失恋」とかっていう超個人的な問題と、在日韓国・朝鮮人の人たちが感じてる差別とかっていうすごい社会的な問題がどうもバラバラになってる感じがして、いまいち。それから、紫咲さんは初めはもっとぶっとんだ子でおもろいなぁと思ったけど、だんだんフツーの女の子になっていって、がっくりだった。でも、差別も区別もふだんあんまり感じないところで生活さしてもらってる僕というのは、本当に幸せものだなぁと、まわりのいろんなひとやものに感謝×2ですね。
★★★★★
From: MARU(NO MAIL) 11月 4日(日)10時05分07秒
重いテーマだった事を忘れさせてしまう痛快青春映画!!笑いあり、涙ありの2時間2分!!しかし、この入りなぜなんでしょう?もっとたくさんの人に観て欲しい、そう思わせる本年度NO1の邦画作品だと思いました。原作を読んだ時には、柴咲さんの桜井はちょっと違うのではと思いましたが、意外に良く驚きました。もちろん、杉原役の窪塚さんは素晴らしく、父親役の山崎さんとのシーンはどれも心に残るものでした。
★★★★★
From: tak(NO MAIL) 11月 4日(日)02時28分22秒
観てよかったです。いろいろ考えさせられました。「オレは俺なんだよ!!」くだらないことにとらわれず自分らしくストレートに生きていきたい。少し気になるのは山本太郎演じる先輩のその後ですね
★★★★★
From: 我家(NO MAIL) 11月 3日(土)21時10分04秒
 私は感動した。泣けたって意味じゃないけど、これを見たことは今の私の中ですごく意味のあることに思える。これを機に私はちょっと変われたんじゃないか、あるいはこれが変わるきっかけになったんじゃないか、と。 今まで窪塚をよく知らなかったので、なぜこんなに彼が騒がれるのかどこがかっこいいのか疑問だったが、なるほど良かった。かっこいいというか、すごいと思った。 もちろん窪塚だけでなく山崎努・大竹しのぶの存在も大きいのは他の方も書かれてる通りで、差別や自分は何者かという問題を軽く見ることもなく描き、画面や音なども含め全体的にカッコイイ映画だった。
★★★★
From: コタニ(NO MAIL) 10月 31日(水)22時56分00秒
初めてカキコします。原作を読んで行ったんですけど、とても面白かった!でも山崎努さんが杉原を揶揄うために山下達郎を歌うシーンがカットされているのはちとショックでしたが。思ったんですが、この映画は私ら若い世代も勿論だけど、お父さん、おじいさん世代にも見てもらいたいかもです。どうも上の世代の人は韓国・朝鮮の人へ矛盾した差別があるように見えるので。向こうの宗教や美術品はちやほやする癖にそれを作った人たちを差別するのってどーよ。目立った差別意識を(例え無意識だとしても)持ってるのはやっぱり若い世代よりも大人の方が多い気がする。私は住んでいる地域もあってか韓国・朝鮮の方が多いんだけど、みんな仲が良くて目立った差別を見たことがないので杉原と桜井の恋は見てて切なかったです。あと、私も窪塚デザインのTシャツにはちょっと引いてしまいました(苦笑)。一応窪塚ファンなんですけど、アレはなんか違う気がします。
★★★★
From: ONO(NO MAIL) 10月 31日(水)11時50分49秒
 このコメント欄で評価も高いし、別に読んだ評でもそうとうに誉めていました。かなり期待して見に行きました。確かにそれだけのことはありました。随所にテレビドラマ風の軽さがあってそのことはあまり感心しないのですが全体を見終わったときの満足度は高いです。だけれどもなにか特殊な感じがありました。オーソドックスな作品にない一種の前衛性みたいなものを感じたからかもしれません。見る人みんながこの作品を高く評価することはないとも思いました。ヒット作品にはなりそうもないです。訳がわからないとかつまらないとか思う人も少なくないのではないでしょうか?あまりにも色んなことを積めこみすぎている感もありました。 テーマは古くて新しいということなのでしょうが、国籍の問題というのはもう古いままで有り続けることはないでしょう。韓国の戦後も遠からず今まで通りではなくなるはずです。 家族―父と子、夫と妻、この関係があまりにもかっこよすぎたと思います。それはないだろうと何度も思いました。そのあたりをカバーしているのが山崎努の味ですね。
★★★
From: まちや(NO MAIL) 10月 31日(水)03時33分33秒
期待をいい意味でも悪い意味でも裏切らない映画でした。暗く重くなり過ぎずPOPな感覚を取り入れつつ、上手いバランスで描かれていたと思います。若い子が構えずみれれるという点でこの作品は、意味があるとは思いました。ただやはり原作を超えることは無かった。仕方ないへれど。窪塚くんのトゥーマッチな演技もまぁまぁ許せるけれど、やっぱりちょっと違うかな?と気になる部分もチラホラ。まあ好みの問題もあるけれど、気になってしまった。どなたかが“窪塚デザインTシャツ”云々って書いていましたが、全く同感です。あーゆーので興醒めします。やめてください(笑)ま、それも私個人の感想ですけれど。
★★★★
From: ふぉん(NO MAIL) 10月 29日(月)22時56分13秒
映画館の中での予告を見て、期待してました。純粋に面白かった!!鎌田行進曲の平田満^^にからむ大竹しのぶ。面白かった!結構いろんなパロディ(?)的な要素もあったし。又観にいこうと思います。
★★★★
From: にーちぇ(NO MAIL) 10月 28日(日)23時31分54秒
若者向けの映画だと思うのですが、80歳位の爺ちゃんが居ました映画の後かなり御立腹の様子で喫煙所でタバコを吸いながら連れの方と韓国語で話して居たのでおそらく在日の方だったんだと思います。その横でジャージ姿のチーマー風4人組が「ドロップキック凄かったよなぁ!」と言いながらドロップキックの練習をしていました。恋愛とか差別とかいろんなのを分かりやすくクドカンが書いてまとめてくれたのに君らの感想は「ドロップキック」かよ・・・なんか ゲンナリでした自分は重い映画なんだろな・・・って思って観に行ったから分かりやすくて面白くて凄く良かった原作を読んでみたいです。ところで原作の方は姉さん居なかったっけ?思い違いかな
★★★★
From: my(NO MAIL) 10月 28日(日)17時39分28秒
やっと邦画で等身大の恋愛映画に出会えたって感じ。高校生の年齢を倍にしてもまだたりないくらいの年齢になってしまった私には、今の高校生はいったいどんな恋愛をしているんだろうと思っていた。これを観てよくわかったしホッとした。な〜んだ、私たちの頃とそう変わらないんだな。在日っていう不条理な環境を、十代の2人が簡単に乗り越えていくのは観ていて爽快な気分になる。新聞の論評にも書いてあったけど、そういう意味では、同じくらいの高校生をもつ親やそれ以上の年齢の人にこそ観てもらいたい映画だと思う。私もそうだけど。それと、この映画で学んだもうひとつのこと。夫婦は、いつまでもしっかり愛しあいましょう。。山崎努さんや大竹しのぶさん夫婦のように。不倫なんかしてたら、若い窪塚洋介さんや柴咲コウさんに笑われてしまいますよ、ダセーって。
★★★★
From: あおい(NO MAIL) 10月 27日(土)12時34分57秒
「そうやねん」そう思った。何がかというと、「これが私達、今の感覚なんだ」と。父親は、在日韓国人ということを強く意識している。これはわかる。もうどうしようもないだろう。だが、杉原は違う。彼は日本で生まれ、周囲の人、友人や恋人に囲まれて育っている。何人もなにもないのだ。そして、そのことを彼自身が一番気づいている。後半で警官と出会うシーン。あの役に何の意味があるのかという意見もあったようだが、まさにあの感覚。「日本人の女の子と付き合ってたっす」という杉原に、彼は「で、誰に似てるの?」と尋ねる。在日韓国人と突き当っていようが、彼に在日の女の子の恋人がいたという過去があろうが、警官のこの言葉に、今を生きる若者の感覚が凝縮されているのではないだろうか?ちなみに、窪塚洋介が結構好きで、演技も上手いので期待していったら、それ以上に山崎努と大竹しのぶが上手い!当たり前かもしれないけどね。でも、窪塚のあのトゥ・マッチな演技も、この作品ではいい効果がでている気がした。それに、体の動きというかキレがいい。だから、喧嘩や疾走するシーンも絵になっていたなあと思う。
★★★★
From: K.(NO MAIL) 10月 27日(土)01時34分23秒
 期待以上!在日韓国人を描いた映画というと、歴史的事実とかの問題もあるし、内容的には暗いものを想像してしまいがちだが、この映画にはそれがないところが気に入った。すごい明るくポップな映画で見ていても楽しい。かと言って在日韓国人に対しての描写をするところは、ある程度しっかりと締めていたのもただ楽しいだけにはならなくて良かったと思う。 それと俳優陣も良い。主演の窪塚洋介はそこまで好きではなかったけれどこの中ではかっこいいと思ってしまった。「国境線なんか俺が消してやる」とか前向きに立ち向かっていく姿が非常に格好付く。柴咲コウの不思議少女っぷりも彼女に合っていたと思う。映画の中の窪塚と柴咲の恋愛もそれぞれのキャラクター性が生きて、ひと味違ったラブストーリーっぽくて面白い。あと、中盤でかなり重要な役柄のジョンイルを演じた細山田隆人の印象も強い。感動するという面で言ったら彼がいてこそだろう。存在感たっぷりの山崎努や何気なく出演している萩原聖人なども自分は好き。 楽しめて、考えさせられて、非常によい映画です。でも、劇場で窪塚デザインのTシャツとやらを大量に売るのはやめてほしいです。(笑)
★★★★
From: URE(NO MAIL) 10月 26日(金)23時29分51秒
ちょっと長かったけど良かったです。寄席でシェイクスピアのシーンで号泣。
★★★★★
From: sou(NO MAIL) 10月 26日(金)22時37分39秒
本当に色々なことを考えさせられる映画でした。原作をもう一度読み返してみようと思います。
★★★★
From: ドラゴンスクリュー(NO MAIL) 10月 26日(金)17時35分20秒
人種差別といった重いテーマも爽快なタッチで描いた原作は、映画となっても衰えていないし、台詞やシーンも無駄がないし、すばらしい作品に仕上がっていると思う、テレビで今年の邦画ベスト1との呼声があるのも頷ける。でも原作に忠実すぎて面白みにかけたかなって感じ、もうひとヒネリほしかったなー、その点で星4つ。桜井は良かったけど、杉原役の窪塚君がなんかカッコつけすぎで原作とイメージが違うんだけど、まあドロップキックはフォーム、高さともにバッチリ。
★★★★
From: レン(NO MAIL) 10月 26日(金)12時38分08秒
んー面白いけど4つ星。理由としてはサウンドトラックがちょっと寂しい。ノれる映像の所でいまいちノりきれない。それからいらないシーンちょっとあったね。でも面白い。かっこいい。
★★★★
From: りー(NO MAIL) 10月 26日(金)00時34分01秒
面白い!恋愛、喧嘩、友情、国籍など、いろんなスパイスが詰まった青春物語。配役も原作のイメージと違うものの、すばらしいの一言。ストーリー展開もテンポがよく飽きることがない。そして、一番心に残ったのは、冒頭、そして、劇中にも登場するあの言葉。名前って何、国籍って何、そんなことを考えさせてくれた映画でした。
★★★★
From: みかん(NO MAIL) 10月 25日(木)23時42分02秒
恋愛映画で、主人公の成長映画で、「GO」という題名そのままのようで良かった。映像もかっこよくて好みでした。配役も良かった。特に山崎さん。日本ランカーで強いのに、妻に弱いという役ぴったり(笑)原作をまだ読んでないのですが、今度読んでみようと思います。
★★★★
From: 香月(NO MAIL) 10月 25日(木)16時10分12秒
おもしろかった・・・と思う まだなんかよくわかんないとりあえずなんかちょっと考えさせられて なんかすげえかっこよくて なんかちょっと人生観変えられて そんな感じ
★★★★★
From: ごろ(NO MAIL) 10月 25日(木)02時02分20秒
彼女と行った。窪塚は好きじゃなかったけど、やられた。聞き逃したセリフがあるので、また見に行こうと思う。
★★★★★
From: ぷりん(NO MAIL) 10月 25日(木)01時57分46秒
理屈抜きに素晴らしい。みんなに見てほしいです。
★★★★
From: ボクシッシ。(NO MAIL) 10月 25日(木)00時02分32秒
僕も窪塚君がちょっと不満。原作はすばらしかったけど、もう少し落ち着いた演技のできる役者がよかったなー。うまく表現できないけど、なんだか原作の主人公と窪塚君があわなかった気がする。
★★★★
From: ウッチィ(NO MAIL) 10月 24日(水)08時34分08秒
かなり良かった。ほどほどかっこよくて、ほどほど社会問題取り入れて、コリアンジャパニーズって人種を学ぶには、最適やと思うけどな。でも、ストーリーがブツ切れで、後半だれたけど。
★★★
From: うんこ大名(NO MAIL) 10月 24日(水)01時49分10秒
話としては面白いんだけど、窪塚洋介の演技が少し大袈裟&カッコつけすぎでどうもノレなかった。「国境線なんて俺がぶち壊してやるよ」などのセリフも文字で読む分にはいいんだろうけど実際に耳からセリフとして聞くと臭くてこっぱずかしい感じ。主役が違う役者なら素晴らしい映画になってたかも。
★★★
From: レザボア(NO MAIL) 10月 24日(水)00時25分26秒
ボクもなんでみんなこんなに評価が高いのかわからない。フツーの映画じゃない。役者の演技になんとか助けられたようにボクは観たけども。邦画にしては面白かったというのが正直な感想。新しいともパワーがあふれてるともとくに感じなかったなあ。
From: わたなべ(NO MAIL) 10月 23日(火)22時49分13秒
なんでこんなに評価が高いのか分からない。恋愛映画を見てるようだった。役者も監督もすきだったのに・・・中高生をターゲットにしてるの見え見え。
★★★★★
From: 跳ね馬(NO MAIL) 10月 23日(火)03時15分39秒
自分も頭ではわかってるつもりだが、実際は何も理解していないのだろうな。実際の当事者になった時に、真実を受け入れる自信はない。日本の教育がこんな偏見を生んだんだろう。少しづつそんなものとっぱらっていかないと。でもそんには莫大なエネルギーと勇気がいるのだろう。
★★★★★
From: I LOVE YOU(NO MAIL) 10月 23日(火)00時12分56秒
劇場を出た後に残る清々しさは今までに無かったもの。素晴らしい映画に出遭えてありがとうという気持ち。平田満はずるいよクドカン。
★★★★★
From: 広い世界を見るのだ(NO MAIL) 10月 22日(月)23時53分43秒
見応ある映画。ちょっと 後ひきます。いろんな媒体で窪塚洋介がかなりいろいろ語ってたけど この映画でまさか自分が韓国と日本とか、考えるところがあろうとは正直思ってなかった。けど かなり考える「きっかけ」になってしまっています。 いろんな意味で強い杉原役 窪塚洋介に惹かれました。誰か違う役者だったら・・とはとても考えられないくらいの好演です。
★★★★★
From: Ryu(NO MAIL) 10月 22日(月)21時29分12秒
映画の前半は好き嫌いわかれそうな作りでイマイチのれなかったけど、中盤からは本題に突入してすごく面白かった。脇役陣もいい味だしてた。柴崎コウは原作読んだ後すごく不安だったんだけど、自分の考えたイメージとは違ったけどよかった。
★★★★
From: (NO MAIL) 10月 22日(月)12時41分41秒
スタートラインにたつまですったもんだありますなあ。山本太郎さんはまだバトルロワイアルしてるよ。しかし桜井の「初めて」は説得力に欠ける。窪塚くんの発散するエネルギーがいいね。
★★★★
From: 試写会で見たんだけど(NO MAIL) 10月 22日(月)12時05分52秒
見る前は星2個位かなと思ってたので、すごくいい意味で裏切られた。最初の10分間はすごく不安で星1個かも、、、っておもいましたが、どんどんよくなるんでびっくり。おすすめです。
★★★★
From: ちゃお(NO MAIL) 10月 21日(日)23時39分23秒
久しぶりに、金出して損してないと思う実写邦画。導入部分が、めっちゃ面白い。後半少したれましたが・・・・しかし警官役で出ていた、萩原はイマイチのような気がします。他にもっといい味出せる役者がいたのではないかな?柴崎コウのキャラクターは、現実にあんな娘いたら引きまくるので、やや減点。他の女優がやったのが見たいな。
★★★★★
From: 黒鉄忍者(NO MAIL) 10月 21日(日)20時35分03秒
原作が大好きなので少々不安でしたが、実にうまい映画化だったと思う。無駄でへたくそなシーンやセリフを入れず、原作に忠実なようで映画としておもしろい演出にところどころ変えられていて、ストーリーが分かっていても十分に楽しめた。というか原作読んでから行った方がおもしろいかも。それから役者が皆いい味を出していた。ぶっちゃけ窪塚洋介には期待していなかったのだけど(ファンの方すみません)、ホテルのとこなんかではうまい具合に焦燥感が出てました。柴咲コウはバトロワ以来でしたが、やっぱいいっすね〜。綺麗なのはもちろん、いい女優です。ただ原作ファンとしては後半の元秀とのやりとりがカットされていたのが少々残念。すごくいいシーンなんすけどねぇ。日本の映画業界はくだらない売れる映画ばかり宣伝していないで、こういういい映画をもっと宣伝するべきだと思う。いい映画を見る人が増えればいい映画を撮る人も増えるのに。どーでもいいこと:パンフにおすぎの評論が載ってたけど、あの人の評論はキライです。
★★★★★
From: ぽぬ(NO MAIL) 10月 20日(土)22時05分22秒
照れてるけどマジメなとこがステキ。