ギター弾きの恋

満 足 度
78.1%
回答者数16




★★★
From: こうじ(NO MAIL) 5月 24日(木)01時57分15秒
 ギターの音色がすごく良かった。あれなのかな,主人公の成長前のギターの演奏はわざと何か足りないようにしているのかな?俺は単純に感動してしまったけど。
★★★
From: ソネリ(MAIL) 5月 20日(日)22時10分14秒
ううぅ。サマンサ・モートンがとってもかわいいし、映画としてもなかなかいいと思うんだけど…。どう考えようとしても主人公が好きになれない! 最後も、「自業自得だ(怒)」と思ってしまって感慨もない。きっといい映画なんだろうと思うんだけど…。だからどうにか星3つです(^-^;
★★★
From: ハスラー清水(NO MAIL) 5月 19日(土)03時56分05秒
ウディ・アレン作品としてはあまり上出来ではないように思えますが・・・。アレンらしい軽快な笑いやテンポが今回は影を潜めていたような気がします。それでも彼の音楽家魂や、主人公に対する思い入れは十分に伝わってきたのでそれはそれでいいと思う。それにしてもアレン、約4年ぶりにその素顔を見たが、、老けたなぁ(涙)。
★★★★
From: (NO MAIL) 5月 13日(日)18時47分36秒
この快調なテンポの心地良さがたまりません。緩急自在っていうの?映画を物語る、とはこういうことだ!と改めて感心しました。それにあんなに嫌な男なのに、なんとショーン・ペンが魅力的に見えるのでしょうか。サマンサ・モートンも良かったなあ。
★★★★★
From: HHH(NO MAIL) 5月 7日(月)19時57分19秒
傑作でしょう!!これは全てが素晴らしい。その中でも、やっぱりサマンサ・モートンが!!バクバク物を食べてるのになんであんなに可愛いいんや!!ラストのちょっぴり切なさもグー!!でも、男やったらユマ・サーマンに行くよな・・・。で、気になったのがペンのギター。他はそうでもなかったんやけど、冒頭の演奏シーンだけ手と音が異様にズレてるのは何故に?他の演奏シーンと比べてもあそこだけ特に酷かったように思います。でも、そんなこと帳消しにしても余りあるくらい素晴らしかったです、はい。
★★★★★
From: ラックス(NO MAIL) 4月 27日(金)18時01分19秒
ショーン・ペン自身を見ている様でした。彼も天才の暴れん坊だし!笑えて切なくて見終わった後、何とも言えない暖かい気分になりました!
★★★★★
From: ヒョットコ(NO MAIL) 4月 9日(月)23時38分10秒
とにかく、俳優の魅力を引き出すことにかけては、この人は史上最高の天才。映画もモンクなし。しょうがない、オレはファンだからアラ探しはできないの。ただ、邦題。毎度毎度、どうにかしてくれよ!!次回作、「おいしい生活」だと!?コロスぞ!
★★★★★
From: mackey(NO MAIL) 4月 8日(日)21時58分57秒
やはりウディ・アレンは良いです。また次作が待ち遠しいです。ちょうど最近ビデオで『アンダー・ザ・スキン』観ましたけど、今回もサマンサ・モートン良かったですね。久々に気になる女優さんです。ショーン・ペンも期待通り良いです。好きな監督、好きな俳優、なので実は映画観る前から★5つはほとんど決まってました。『ダンサー・イン・ザ・ダーク』何か観るより、皆もっとこういう作品観ようよ。だってさ、私は『ダンサー〜』観に行ってホント驚いたんだよ。なんでこんな作品にこんなに人が?って。くだらなくてももっとメジャーな作品だったりするならわかるんだけど、あんな扱いされるようなのと違うと思うんだけどな。いや、全然関係ない話だけど。ものすごく違和感感じたもので。トリアーは鼻につくんだよ、なんか。
★★★★
From: かおる(NO MAIL) 4月 5日(木)11時52分55秒
ウッディ・アレンの映画はなんとなく自分の領域ではないなーって思っていたけど、今までの彼の作品の中で一番よかったと思います。登場人物たちの不器用さがとても切なくでも心温まる映画でした。
★★★★
From: ケンケン(NO MAIL) 3月 31日(土)16時53分10秒
アイシャさん・NORIさんの言われる通り、ショーン・ペンがギターを弾くシーンは、確かに無理して撮っている感は否めませんね。自分も若き頃ギターを少しばかりではありますが弾いていたことがあるので、「あれ?指先が立ってない!あれでは、音は出ないよ」まず気づいてしまい、それ以後ついついこだわってみてしまいました。どうしても減点せざるを得ないのですね。ストーリーの部分は、いくつかのエピソードをちりばめ、コミカルな中に見終わった後で心に残るものがあり、自分としては好きな話です。チラシにもあった、月に座って登場するシーンは傑作でしたね。サマンサ・モートン本当に魅力的でした。
★★★
From: アイシャ(NO MAIL) 3月 30日(金)01時02分21秒
ストーリーとしては4点くらいつけたいとこですが、(NORIさんがお書きになっているように)ショーン・ペンが天才ギタリストに全然見えないので・・・ギターを弾いていないシーンには惹きこまれるのですが、ギターシーンになるとトタンに冷めてしまう。映画としては見せ場のはずなんですが・・ラストがフェリーニの「道」的な終わり方で、だったら「道」の方がいいなぁと思いました。
★★★★★
From: tetto(NO MAIL) 3月 27日(火)15時20分13秒
ふらっと観に行ったので期待はしてなかったんだけどよかった。暖かい気持ちになれたよ。許せちゃう傲慢ってあるんだなって思ったよ。手袋をプレゼントされるシーン、不器用なんだけどそこがいいんだよねー!
★★★★
From: penguing@vanilla.freemail.ne.jp(NO MAIL) 3月 22日(木)23時04分11秒
とても温かい映画だった。
★★★
From: NORI(NO MAIL) 3月 21日(水)16時58分46秒
ふつうでした。久々に「カイロ〜」のテイストのものを撮ったなぁという印象ですが、要はJAZZ映画が撮りたかったのかなぁと・・・。ショーン・ペンがギターを弾くシーンをよく頑張ったとの話を聞いていましたが、あまりの指さばきと音のズレ加減はいくら映画といえどちょっとばかりさめてしまうものが・・・。音楽の使い方がうまいのは、もういまさらウッディ・アレンの映画では驚くものではないし・・・。個人的には次の「おいしい生活」が、非常に興味をそそられました。
★★★★★
From: ゆりうさ(MAIL) 3月 21日(水)01時34分50秒
う〜ん、最高でした。あまりウディー・アレンくさくないかもしれませんね。なので、ウディー・アレン苦手な人でもいけるかも。好きな人でも勿論いけるでしょう。なんと言っても、この作品は、ショーン・ペンとサマンサ・モートンあってのものでしょう。他の出演陣も良いのですが、「この人でなければ」とまでは思いませんでした。ペン&サマンサコンビが最高!!オスカーダブルノミネートも納得。ショーン・ペン、いつのまにかこんな役も演じられる俳優になって・・・。(もともと好きだけど)バッド・ボーイは卒業ですね。それに、サマンサ・モートンのあの笑顔!!台詞が全くない役なのに、感情がすごく伝わってくる。この役をやるのはきっと難しかったでしょうに、よくやった!!すごい!!サントラで予習していましたが、音楽も最高!!なんだか切ない後味ですが、悪くないです。わたしは好きですね、この作品。
★★★★★
From: 最高!(NO MAIL) 3月 17日(土)23時22分29秒
最高、サイコー、さ・い・こ・う!!もともとウディ・アレンの大ファンだけど、今回のは本当に良かった。終わった後、販売カウンターに直行してCDを買った。家に着いたら早速CDを聞いた。主人公のsillyなキャラクターが憎めない。実は自分に重ねてしまった。すごいエゴイストなんだけど。とにかく、期待以上だった。ここでは「たいしたことない」とか「愚作」とか、これから言われるかもしれないけど、私の中ではいつまでも☆☆☆☆☆だ!!