イディオッツ

満 足 度
79.2%
回答者数6




From: 病苦。(NO MAIL) 4月 27日(金)01時48分55秒
完成度、というか「映画」というものの持つ圧倒的な力を感じさせることにおいてトリアーはやっぱり天才だと実感した。ドグマの2作目でありながら、やっと今公開されてる理由も頷ける内容だったが、そこには確実に真摯な主張が刻まれている気がした。が、場内で意味不明に笑う観衆に囲まれて、この作品を評価し難い気持にかられたのも正直なところ。更に言えば、好き嫌いで言えば明らかに嫌い。ついでに言えば、普通は好きな人しか観ないよね(苦笑)
★★★★
From: ネギ(NO MAIL) 4月 23日(月)11時09分34秒
脳味噌かきまわしてくれるよなぁ。ダンサー〜と全く逆の方法だけど、この感覚は同じだ。それが、この監督の特技なんだろうか。どーでもいーけど、早く「キングダム」の続編を!
★★★★★
From: ひま猫(NO MAIL) 4月 11日(水)08時04分12秒
イディオットの真似をする、ということが自分自身を解放することになる、のかどうか分からないけど、やはり食い入るように見てしまいました。特にラスト・・・でも、けっこう笑える映画だった、と思ったのはわたしだけでしょうか。
★★★★★
From: よしこ(NO MAIL) 4月 5日(木)02時25分28秒
やっぱラース凄い!これってまさに裏ダンサーインザサーク。無垢なセルマと対比される、実社会の汚れた人間達。ダンサー肯定派も否定派も必見です。
★★★★★
From: ケンケン(NO MAIL) 4月 2日(月)22時08分18秒
こういう作品を星の数で評価する事自体無意味な気がするのだが…人間が、自己を縛る社会のしがらみから、また自分自身を呪縛する自分から、如何にすれば解放され得るのか?真の幸福感を得られるのか?批判と寛容のまなざしを持って作られた作品ではないかと思う。トリアー監督というのは、とにかく突き詰める人だという事は感じた。自分の中に深く残る作品であることは間違いない。
★★★★★
From: ねばごな(NO MAIL) 3月 28日(水)16時51分16秒
ラースって奴は本当に客を不快にさせてくる。単純にこの作品は凄い。面白い、つまらないとかの問題じゃない。でも、駄目なんだ。生理的にうけつけられない。出来はすごいから、満点だけどね。