溺れる魚

満 足 度
47.1%
回答者数51



From: ガイガイ(NO MAIL) 3月 27日(火)01時29分39秒
この映画に1800円を払ってしまった、この怒り。オレもテレビの二時間ものとかでコレ観たら、なにも言わないって。1800円っすよ。あと金では買えない貴重な時間。
★★★
From: かおる(NO MAIL) 3月 20日(火)22時24分09秒
ケイゾクとかみてなかったから先入観なく素直に笑えたところが多くて楽しめた。娯楽として、そんなに力入れないでみれたからけっこうよかったと思うけど。
From: テリー(NO MAIL) 3月 20日(火)15時14分37秒
ヤッパリ映画は遊びで作ったらだめでしょう。客はお金を出して見に来てるわけだし。遊びで作ったんなら、只にしないといけないとおもいます。ケイゾク路線は、飽きられたんじゃないかなー!
From: ジンジャー(NO MAIL) 3月 12日(月)16時27分25秒
面白いと感じた人は、「面白かったんだから、矛盾点や、ストーリーの希薄な点があったとしても、それがこの映画の監督の持ち味なんだから、いいじゃないか。出演者も乗って演技してたようだし、はまり役で面白かった。」って言うし。面白くないと感じた人は、「度の過ぎた悪ふざけが鼻についた。ストーリーが希薄で矛盾だらけ。出演者もストーリーとの関連づけが薄く、俳優としての持ち味で場をつないでいるだけで、登場人物としては生かされていない。」って感じるはず。自分もそう感じた。そして興行成績は、散々たる結果。一ヶ月で終了し、観客動員数も伸びないまま。この結果がすべて。面白ければそれだけでいいという映画は、受け入れられなかったようだよね。
★★★★
From: (NO MAIL) 3月 9日(金)22時26分58秒
評価がわかれるのはわかるとしても、遊びで作って映画って悪いのかな?別に、楽しめれば、それはそれで、価値があると思うけれど。
★★★
From: 大豆(NO MAIL) 3月 8日(木)00時25分31秒
テレビ見てるみたいだった。ホントにケイゾクを見てるのかと思った。映像とか編集とか音楽とか。映画である必要はないと思う。ビデオで十分。内容は結構笑えた。堤監督の作品が好きな人は楽しめるんじゃないかなあ。でも、堤監督って本当に自分が好きで、内輪受けネタが好きなんだなあと思った。内輪ネタ多すぎ。
From: バレラ(NO MAIL) 3月 3日(土)19時34分10秒
評価がかなり分かれているので驚いた。オタクと普段映画を観ていない人は楽しめたのでは。普段映画を観ている人と観ていない人とでは、映画に対する認識や思い入れが違うので、意見の食い違いが起こってしまうのだと思う。
From: フロム(NO MAIL) 3月 2日(金)19時01分00秒
すいません、ケイゾクとか好きなんですが、やはりこれは駄作でしょう。遊びで作ってるとしか思えなかったです。話が深みがなく無茶苦茶で。
From: yuuki(NO MAIL) 3月 1日(木)01時44分30秒
笑えなかった、なんかねー宍戸錠が出てきたあたりは面白かったけど、他は最悪だった。次回作に期待します。
From: (NO MAIL) 2月 27日(火)18時57分56秒
つまらん。
★★★
From: とろ(NO MAIL) 2月 25日(日)22時20分46秒
堤ワールド全開でしたな。映画という感じではないですね。テレビドラマのまんま。俺ァ、「ケイゾク」観てんのかと思ったよ。これをつまらないという意見もよく分かるんだけど、あくまでテレビドラマですから。というかテレビドラマのやり方で、劇場にかける作品を作ってるんでしょう。映画を作っているという意識ももしかしたらないのかも。だったら一般的な意味での映画の観方は無理があるのではないかと思うがな。
★★
From: 四谷(NO MAIL) 2月 25日(日)18時33分53秒
堤監督の映画らしいといえば、そうなのだが……。原作の小説も登場人物が多い割には、一人一人に深みがなく、特に主役二人はただの狂言まわしとなっているだけなので、その点では、映画の方が幾分健闘しているとは思う。(決して成功しているとは言えないが)全ては御代田が仕組んだ偶然を装った必然と言うことになるのだろうが、雑然とし過ぎていて整理されないまま放り出されている感は否めない。簡単に言えば悪のりしすぎている。終始そのペースで展開されていくのでメリハリに乏しい。抑制された部分がないと常に弾けた状態の連続となり印象が薄くなっていく。ギャグは、はっきり言ってすべっていたと思う。(苦笑)窪塚君の女装もあまり意味がなかった。(原作もそうなのだが)「ケイゾク/映画」でも感じたのだが、映画にしては、照明が暗すぎるのはなぜ?(テレビドラマの画の方が明るく感じる) 現像の問題だけなのだろうか?昼間の映像が暗く感じるのは、焼き方の問題だけではないような気がするが?欲張りすぎ。もう少し間引いたくらい、腹八分ぐらいに仕上げれば、良かったような気がする。アイデアを全部映像化した印象が残る。
★★★★
From: よいき(NO MAIL) 2月 24日(土)09時16分19秒
面白かった。っていうか堤さんらしいなと思った。ちょっと不安定な部分も多々あるけれど、それって今に始まった事じゃないしね。だからまーいいかなと思います。エンドクレジットとかさらにその後にまでオマケをつけすぎかなって気はするけど。IWGPもTORICKも好きだから、やっぱ溺れる魚も好きです。また映画つくってね、ってとこです。
★★★★
From: ドラゴン太郎(NO MAIL) 2月 23日(金)16時19分32秒
結構楽しめました。みなさんが思っているような問題点や疑問(ホントにそのまま)も浮かびましたし、期待が大きすぎたのかもしれませんが、プッと笑い、ホッとして、うん良かったなって思いました。
★★★★
From: りょう(NO MAIL) 2月 23日(金)12時44分30秒
ストーリーはちょっとややこし目で「なんで?」ってとこがけっこうあったけど単純に面白かった。こういう映画は深く考えないで楽しむことにしました。パーティー7もそうだけどけっこうテレビ的な感じがしました。
★★★★
From: シロ(NO MAIL) 2月 22日(木)13時02分49秒
最高、ではないけど、この映画を見ていたら、肩の力が抜けた気がします。わかりやすいキャラクターと、観客に驚きを!、とか思ってなさそうなストーリーで、人生、こんなものだったらいいのに、って思いました。変に力が入ってないところが、好きです。
★★★
From: たえこ(NO MAIL) 2月 21日(水)14時20分24秒
鈍行キングさんへ。お返事をどうもありがとうございます。ふつうに書いたつもりだったんですけど、読み返してみるとなんだかきつい感じの文になってしまっちゃってて、ごめんなさいでした。御代田が事件を起こしたのはたしかに「なんで??」ですね。その辺がしりきれとんぼだな、というのはありました。それにしても、久々に掲示板をみて、この映画がこんなに物議を醸してるのでびっくりっす。あまりにも気軽に楽しんだので。
★★
From: 海燕ジョー(NO MAIL) 2月 20日(火)01時48分51秒
■■■編集の対象となるコメント■■■他のコメントに対する中傷・批判,作品の直接的な感想から外れたようなコメント,読む者の気分を害するコメント,未見の作品に対するコメント,HPなどの宣伝,商業映画以外の作品に対するコメント,ローマ字や下品・猥褻なことばによる書き込みなどです...掲示板に関するご質問・ご要望などはMailでお知らせください. ↑このようにあるので,仲良く正しく利用しましょう。映画館で久しぶりに笑いまくりました。でもやっぱり,IWGPやケイゾク,ブラック・ジャックからすると物足りない感じです。はぁ????さんが指摘された部分が解消されたら5つ星になるなぁエンディングでつくってた次回作?に期待かな?
From: たけし(NO MAIL) 2月 19日(月)20時47分20秒
喜ぶのはオタクだけ
From: マキ(NO MAIL) 2月 19日(月)20時36分18秒
祐樹さん、ジャックさんへの個人攻撃に思えます。ジャックさんも攻撃的すぎる感想の述べ方ですね。子供じみた事はやめた方が良いと思います。きちんと意見をいいましょう。端的な意見は、意見交換できるものでも、観た方の感想を思い測れるものでもありません。面白かったのなら、どこがどう面白かったかの、意見の述べるべきだと思います。私、はぁ?さんの指摘した点、確かに不満な点として残りました。笑ったは笑いましたけど、考えてみると、中途半端に投げ出されたようなそういう不満点の方が多かったし、映像は、お世辞にも綺麗とは思いませんでした。いかにもテレビ的な感じでした。思い返してみると、笑わせる部分ばかりで、登場人物のストーリーとの関連付けとかも希薄で、ぼやけてしまいました。そう考えると、私のこの映画への評価は、「不満が残った。」という事になりします。笑った点よりも、不満が残った点の方が、多かったのです。
★★★★
From: 祐樹(NO MAIL) 2月 19日(月)14時27分36秒
面白かった。刹那的な映像の連続。ジャックさんはとっても心が小さいね。ま、人それぞれ
From: ジャック(NO MAIL) 2月 19日(月)09時51分07秒
じゃあ、誰か「はあ?」の疑問に答えてあげてよ(笑)結局これは、「意味のない映画」じゃなくて「できそこないの映画」だと思うよ。笑えるだけでいい、なんて、じゃあ、テレビでやんなよ(笑)映画に意味を求めて何が悪い?お金払ってみてるんだからさ、期待が裏切られたと感じた時に、怒りを感じるのはあたりまえでしょう。好きな俳優が出てて、面白い事やってくれたから大満足って、そういう底の浅い見方しか出来ないならしょうがないか。
★★★★
From: チャボ(NO MAIL) 2月 18日(日)23時42分06秒
笑った結果に騙されても十分いいと思うのですが・・
★★★★
From: クーロ(NO MAIL) 2月 18日(日)21時49分26秒
何みんな映画を知ったかぶってるの?それが笑える。雑誌の映画評論家の話でも見てそう思ってしまってるのでは?普通に笑えればいいんでないの、この映画は監督さんがすでに意味ない映画といってるんだから
★★★★
From: ふぬう(NO MAIL) 2月 17日(土)23時27分36秒
 映画としてのつくり?それがなんだかよくわかんないっす。 私はみて面白かった。
From: はぁ????(NO MAIL) 2月 17日(土)10時27分41秒
どんなストーリーがあったか教えてほしい(笑)全てエピソードに埋もれて中途半端にえがかれる。岡部の家族惨殺も、御代田との関係も、伊武の動機も役割も起こした事件も、全部中途半端で意味がわからない。仲間があれだけ盲信していた御代田に疑問を感じるようになった過程もわからない。そもそも御代田は何がしたかったのか。岡部の企業恐喝にしても、企業側があそこまで脅迫に従う背景が薄い。回避作はとれたはず。ストーリーの発端となる出来事は確かにあったように思うけれど、それからストーリーが発生したように、解決したようには見えなかったね。全部おちゃらけた低俗なレベルの低い笑いに埋もれちゃってた。何よりも監督の独りよがりっぷりが前面に出てて、気分の悪いこと、このうえない。だめな映画。最低最悪。映画としてのつくりがだめ。面白いと思えない。
★★★★
From: だめではないと…(NO MAIL) 2月 17日(土)00時06分48秒
 ストーリー、ありましたよね? メッセージ、ありましたよね? 気恥ずかしいメッセージ、これくらいおちゃらけてくれてて逆に潔さを感じたけど。 「こうでなきゃ」っていうのが映画にはあるのかな。 始めのほうのギャグはそんなに笑えなかった。確かに。でも後半で笑ったから許す。(偉そう) 
★★★
From: NIGHTDIVER(NO MAIL) 2月 15日(木)00時03分09秒
まぁ、それなりにええんちゃう?・・・・(苦笑)
★★★
From: 鈍行キング(NO MAIL) 2月 14日(水)23時58分51秒
たえこさんへちょっと書き方悪かったみたいですね(^-^;御代田が何故一家惨殺の犯行に及んだのかな〜と思ったのです。IZAMは悪くなかったんだけどキモかった,IZAMファンの方スミマセン娯楽映画としては良いと思いますよブラック・ジャックを映画館でやって欲しいです
★★★★★
From: SHIZU(NO MAIL) 2月 14日(水)17時28分08秒
面白い!徹底したエンターテーメントだと思う。銃撃戦を大爆笑しながら見られるというあの感覚、私は大好きです。逆に、駄洒落やギャグシーンで、切なくなったりする。堤監督のねらい通りに、感情が混沌としました。
★★★
From: たえこ(NO MAIL) 2月 13日(火)21時15分07秒
鈍行キングさん、御代田は岡部家殺人の犯人じゃないんですか。はじめに出てきた犯人も頭んとこだらだらやけどみたいのしてたし。そういう話なのでは。IZAMだめな人多いですね。なんで?わるくなかったと思う。田口理恵(EXセイアリトルプレイヤー)が出てたのがプチびっくり。犬山犬子とか。ギャグは徹底的に面白くなくて、しかもきっとどうやら面白いと思ってつくってて不快だけど、嫌いになるほど悪いもんでもなかったような。少なくとも「楽しめた」感じはしました。
From: ぽん(NO MAIL) 2月 12日(月)22時32分32秒
「ケイゾク」「トリック」は日本テレビ史上に残る遺産だ、と思ってる堤カントク好きなのですが、、これはちょっと。失敗作にも心地よい愛すべき失敗作と不快なだけの失敗作があると思いますがワタシにとっては後者でした
★★★
From: bros(MAIL) 2月 12日(月)20時22分36秒
好きなんだけど、これに高得点を付けるのもはばかれますので。これはオールロケの弊害だと思うのですが、カッチョいいとこ、笑えるとこなどのカメラワークがいまいちで、うまくノれずに歯がゆい思いをしました。途中はラフな画作りでいいと思うのですが、キメのところは丁寧に撮ってもらいたいです。多分、2回目の方が面白くみれるでしょう。
★★★
From: つー子(NO MAIL) 2月 10日(土)17時44分34秒
小道具(頭脳パンなど)や衣装、ギャグ、どれも細かくて凝っていて、見ていて面白かった。窪塚くんの女装もはまっていて良かった。クラブの音楽などもムードがあって良かったと思う。でも、内容としてはいまいち伝わるものがなかった。そして、すこし登場人物の絡み、事件との絡みが少なかったように感じた。エンディングの歌の合間のシーンも面白かったし最後まで楽しめたので、それなりに良かった。
From: マキシ(NO MAIL) 2月 10日(土)13時07分17秒
ケイゾク好きで、偶然原作も既に読んでいて、期待まんまんで見に行って、ものの見事に裏切られました。こんなの、原作の設定だけをかりて、パロディやった駄作コント集だ。映画じゃない。みなさん、ストーリー思い出せますか?どういう登場人物が、どう動いたか、何故そう動いたか、思い出せますか?笑ったエピソードを抜いてみると、どれだけ手抜きに登場人物が語られているかわかるはずです。笑った結果に騙されちゃいけないです。これは、ストーリーを成していません。
★★★★
From: BROOK(NO MAIL) 2月 9日(金)18時23分53秒
あの”ケイゾク”の堤幸彦監督だけあって、独創的な映像と随所に散りばめられた笑いで、かなり楽しめました!窪塚洋介さんの女装が、ハマっていましたね..(笑)それに物語の重要人物IZAMがとっても良い演技をしていました。後半は前半と違ってスピード感あるシーンの連続で、面白かったです!しかし、冒頭の殺人事件が、あまり絡んでこなかったのがちょっと残念..あの事件は、かなり重要(物語の核)だと思ったのですが..未消化の部分が多すぎるような感じがします。↑それさえちゃんとしていれば、かなり良い作品だと思います。ラストの設定はドラマ”ケイゾク”に似てるかな?!エンディングで原作者がパート2を書いているのには笑えました..
★★
From: キャル(NO MAIL) 2月 8日(木)03時25分17秒
前半★0コ、終盤★3〜4。この映画は、面白いという人の気持も判るし、けなしまくる人の気持も判る気がします。私は堤作品は基本(個人)的に大好きですがこれは正直“期待外れ”でした。とても魅力的なキャスティング(IZAM除く)なのに、もうちょっとうまく料理してくれれば(脚本かな、問題は)・・・。ギャグ(特に前半)が切ないまでも全然面白くなかったのには、冷笑せざるを得ず、それが狙いならばそれはそれで成功、なのかな?たまにマニアックなキャスティングで得した気分になれたりもでき、「クソ映画だ、こんなの」って気分になる一歩手前で、どこか「好きかも・・・」って思いとどまってしまう映画でしたね、全体的に。ただ、次作次第では、「大嫌い」になってしまうかも。
★★★
From: 鈍行キング(NO MAIL) 2月 8日(木)00時25分14秒
話はともかく,笑わさせていただきました。岡部一家と御代田はどーいう関係があるの?最初のシーンは何が言いたいの?IZAMが生き残りっていうだけ?
★★★★★
From: 椎名智也(NO MAIL) 2月 6日(火)17時15分11秒
エースのジョーとラスト近くの弾ぎれなど、笑えるシーンがいっぱい、最高。
★★★★★
From: lebowski(NO MAIL) 2月 6日(火)16時10分47秒
とにかく笑えて面白かった。映像もかっこよくてスピード感があり楽しめました。是非もう一度見に行きたいです。
★★★★
From: もろがた(NO MAIL) 2月 6日(火)13時05分13秒
最初っから「堤ワールド炸裂!」なので、そのスピードに追いついていくのが大変でした。でも追いついてしまえばこっちのもの。楽しかったです。ただし誰にもで楽しめる映画ではないですね。(楽しめる人間の方がおかしいんだろうな・・・)IZAMさえ出ていなければ、個人的には5つ星をつけたいところですが・・・。
★★★
From: 宍戸、最高ー☆(NO MAIL) 2月 6日(火)09時44分46秒
下らなさが笑えた映画でした。まあ、好きですけどね。笑)結局あの大金てどうなったんでしたっけ?仲間が渡辺に背後から襲われて、落したまでは憶えているんですけど…誰か教えて下さい。
★★★★★
From: るい(NO MAIL) 2月 5日(月)23時57分39秒
映画館であんなに笑えたのは初めてだ。スピード感があって 最後にオチが、という見方ではなくどこの部分切り取っても面白いし、よく出来ている。と素直に感動しました。面白いんだからいいんじゃない? これはアリです。
★★★★★
From: りょう☆(NO MAIL) 2月 5日(月)22時23分53秒
下の人小説読むと結構よくわかるのになぁこの映画はくだらなさが狙いっていうかそんなストーリーのことなんか言っても仕方がない映画なんだからとりあえず、おもしろければいいって映画でしょ?監督も意味のない映画みたいなこと言ってるわけだから
From: まみみ(NO MAIL) 2月 5日(月)09時40分34秒
「ケイゾク」が大好きだから、かなり期待したのに。ひとつひとつのエピソードは特別な味わいがあって面白いけど、それがつながって、ちゃんとしたひとつのストーリーになっているかと言ったら、なっていない。ストーリーになっていない以上、映画として、成り立ってない、として思えない。エピソードの積み重ねだけだから、それぞれの出演者も、今ひとつ薄味で、しっかり生きていない。エピソードの面白さだけで、満足するような映画の見方をしちゃだめ。この映画は、最大の失敗さく。監督、出過ぎだし、しゃべりすぎ。シベ超の水野監督以下だよ。
From: tomu(NO MAIL) 2月 4日(日)21時39分08秒
あきれる内容。監督の言い訳はもういい
★★★★★
From: はるちん(NO MAIL) 2月 3日(土)23時41分42秒
とりあえず もう 一回は 見に行こうと思っています。
★★★★
From: こがわ(NO MAIL) 2月 3日(土)23時08分29秒
笑って「くだらないなあ」っていえる作品で、面白かったです。このスタッフのいつもどおりなギャグと、役者の個性的なキャラ作りと、スピード感のある展開がマッチしてた感じ。あとは、過去の事件がもうちょっと絡んできてほしかったかな。
★★★★★
From: コウジー(NO MAIL) 2月 3日(土)19時21分34秒
普通に笑える映画だった正直笑いだけなら今までみたなかで1番かも
★★★★★
From: きそ(NO MAIL) 2月 3日(土)12時00分32秒
やっぱりこの監督は、すごい!!
From: でび(NO MAIL) 2月 3日(土)10時45分06秒
弟切草と並び最低の一本。すべてが監督の悪ふざけ。ラストに「僕は分かってやってるんです。わざとなんです」と自虐的な言い訳をつけるあざとさはもはやギャグにもならない。(だってそのとおりなんだもの)テレビで成功した映像の物珍しさも、脚本や原作プロデューサーの舵取りがあってこそかと頷ける。ながらで見ることのできるテレビならともかく、映画館で見るものじゃない。星なんかいらね、時間を返せ。でもこういうのオタクは喜ぶんだろうな。あぁ、気持ち悪い。