RED SHADOW 赤影

満 足 度
39.0%
回答者数59




From: 最低最悪(NO MAIL) 10月 7日(日)08時15分07秒
最悪。最初の20分すぎてから苦痛の連続で、何度映画館を出ようと思ったことか。前半の延々と続くドリフのコント。中盤の安っぽい月9のような恋愛ドラマ。そしてもうどうしようもない水戸黄門的なラストのチャンバラ。監督のオナニー散々見せ付けられてもうげんなりという感じ。赤影という懐かしい響きに魅せられてふらりと観てしまったのが大間違いだった。この監督の映画は今後一切観ないと硬く決意するとともに、こういう監督やそれを支持する人々が日本の映画をだめにしているんだなと痛感した。
★★★
From: MU(NO MAIL) 10月 4日(木)00時11分26秒
映画はやはり脚本だと思います。かっちょいい映像、音楽、素敵なキャスト。そこら辺のセンスは認めるから、あとストーリー。これが、一番重要でしょ〜。せっかくの多彩なキャストが無駄。思い切って、コメディーをやめたらどうでしょう?多分、むいてない。だって中野フィルムで笑えるのはその役者さんの力によるところが大きいような気がします。竹中直人はサイコー!
From: 信長(NO MAIL) 9月 29日(土)09時14分27秒
前半部分を見ながら・・・ ん?今のは笑わなくちゃいけないとこだったのか?後半部分を見ながら・・・ 今にきっとおもしろくなる!このまま終わるはずがない!で・・・ いつのまにか終わっていた。 おいおい、勘弁してくれよ、トホホ・・・
★★★★★
From: hilo(NO MAIL) 9月 28日(金)16時56分58秒
オレはスキ!!いいよねー.中野監督は映画の中で自分の好きなことばっかやってる.日本人監督ってそういうの結構多いけど,彼の場合ジャンルが違いすぎるから統一感無いように感じるけど.個人的に感じてたことは,「赤影」.確か,『サムライフィクション』にも出てたような.しかも,女性が演じてたような.観る前も後も,関係性を模索してたけど,結局何にもなし.もともと,時代背景違うしね.
★★
From: すきこ。(NO MAIL) 9月 28日(金)00時36分35秒
確かに映像と音楽は格好良かったけどさ・・。あんなにゴージャスなキャスト揃えてんのに、人物の描き方が薄すぎて何が言いたいのか分からない!もっと登場人物少なくして、じっくり書き込んでくれればもっと面白くなったと思うのに!残念!演技派をいっぱい出しても駄目なんだな・・・期待して行っただけに残念です。
★★
From: (NO MAIL) 9月 25日(火)17時25分08秒
悪ノリが過ぎたな・・・。つまらなすぎるぞ・・・。
★★★★
From: さぬ(NO MAIL) 9月 18日(火)11時23分24秒
山賊のシーンは笑えたなぁ。二回見ちゃいました。
From: TEMMA(MAIL) 9月 17日(月)02時57分23秒
これまでの時代劇の定型や固定観念に囚われずに、自由な発想と技法で21世紀の新しいエンタティンメント時代劇を創りたいとの志は、解らないでもないがいざ完成した映画の内容はそれを裏切って、ちっとも自由でもアナーキーでも無かった。この監督、このキャストの顔ぶれからして「忍びの者」「十七人の忍者」のような正統派時代劇が創られるとは見る前から思ってもいなかったが、せめてかって同じ東映が創った「里見八犬伝」「真田風雲録」程のアクションの切れやアイデアの斬新さの片鱗もない。これではコケるのも当然だ。「里見八犬伝」では姫は親の決めた縁談を拒否して旅立ったし、ヒロインの網タイツ姿など「真田風雲録」で三十年も前に目にしておるのだ。第一、ヒーローたる赤影の「奴隷根性」たるや如何ともしがたく、ドラマ中盤で組織に反抗したかに見えるが、結局は大名の下請けである影一族の歯車の一部に戻ってしまうのだ。彼の最愛の女性の死や、次に愛した姫の他家への婚姻などは何ら心動かす要因にはならないのだ。だいたいドラマの中で「人は殺してはならない。逃げるのだ。」と言っておきながら、魅力的な登場人物を中盤で殺してしまうその旧態依然たるドラマツルギーの無神経さはなんたることぞ。いかに包装紙を綺麗に新しくしたところで肝心の中身がこうまで旧態依然とあらば、如何ともしがたい。「東映五十周年記念映画」の冠が泣いているぞ。
From: ナナ(NO MAIL) 9月 14日(金)16時00分43秒
安藤さんはああいう使い方したら一番寒い俳優さんなのに・・。監督の俳優の活かしきれてなさ、思い入れのなさ、笑いのセンスのなさにはびっくりした。
From: sato(NO MAIL) 9月 12日(水)01時15分36秒
赤影や忍者なんかにまるっきり思い入れがないぶん、きっとそういう所に関しての矛盾や苛立ちは無いだろうからと思っていたのですが、それ以外にも問題はあったのね…(^-^;)何をやりたかったのか判らなかった。それだけ。感想もないな。あ、麻生久美子はかわいいぞ。竹中直人もいいぞ。それだけ。
★★★
From: hatena(NO MAIL) 9月 11日(火)11時28分45秒
周囲の反応が様々なので不安な思いを抱きながら見に行ったんですが…。話や設定はどことなくまとめきれてない気がしました。色々出しすぎて整理しきれてなかった感じですね。ただ、竹中さんのシーンはどれも笑えたし、映像も奇麗。麻生久美子さんもセクシーで良かった…。こういった細かいところで「うんうん」と思える作品ではないかと思います。
From: ガマ(NO MAIL) 9月 9日(日)08時46分18秒
何を描きたかったのかさっぱりわからない…。こんなとっ散らかったイメージの映画を観たのは初めて。楽しくもないし、哀しくもない。描きかたが中途半端です。訴えかけるものが何もなかった。これじゃあ、赤影というビッグネームが泣きますよ。(そういう意味ではとても悲しい)1800円返して欲しいと切に願います(怒)
★★★★
From: (NO MAIL) 9月 8日(土)22時39分46秒
観に行く気は全くなかったんですが、タダ券をもらったので観に行って来ました。私的にはストリーはそんなに…だったんですが、ギャグも笑えたしもう一回観に行きたいと思える映画でした。それに、何よりも安藤政信さんと言う素敵な俳優さんに出会えたのは良かった。今まで興味を持っていなかった事が残念。
★★★
From: 銀幕三十郎(NO MAIL) 9月 6日(木)21時14分34秒
隕石の金属へのこだわりが不徹底であるなど、ストーリーは緻密さを欠いている。ギャグは全然だめだし、アクションもいまひとつ。しかし、静かに伝わってくるもの悲しさがあり、駄作と切り捨てるには忍びない。現代人のアパシーを描いているのだろうか。前半のヒロインである麻生久美子が可憐だったので、後半どうなるかと心配したが、奥菜恵はノブレス・オブリージュを表現してよく対抗していた。
From: さえ(NO MAIL) 9月 4日(火)00時21分32秒
中野監督好きだし、期待していったのに・・・ぜんっぜんおもしろくない!安藤政信の存在感のなさと、村上淳のサムさにはびっくり。麻生久美子はかわいかった。収穫はそれだけ。友達を集めて映画を撮ってるのはわかるけど、いいかげんマンネリ。映像は文句なしなんだから、そろそろ質にもこだわって欲しい。
From: (NO MAIL) 9月 3日(月)23時58分44秒
藤井フミヤファンで見に行ったのですが・・・、これでいいのか?なんて思ってしまいました。笑っていいのか、どうなのか・・・。周りの空気も冷めていました。なんか、もっとかっこいい映画を想像していました。がっかりでした・・・。
★★★
From: へも(NO MAIL) 9月 3日(月)21時02分03秒
忍者を題材にしたドタバタお笑い映画。隣の子供は面白いと言っていた。アクションだとか、ストーリーだとか、そういうものを期待した人にとってはつまらないでしょう。あと、お笑いのツボが合わない人も。こればっかりは仕方ないね。個人的には、結構楽しめた。お笑いは一目瞭然で楽しかったし、ヒロインのアスカと姫がかわいかった。でも、出来としてはVシネ級かなと思う。キャストの誰かのファンなら、それなりに楽しめる映画じゃないだろうか。
From: 坂上(NO MAIL) 9月 3日(月)15時23分44秒
つまんない。全然つまんない。「サムライ〜」好きだったのに。音楽や映像のカッコよさは前作で実証済み。新たな何かを期待しちゃダメ?あっ、その新たな試みが滑ったって事か。音楽良くって、映像良くってっていうならプロモビデオと変わらないような…映画としての評価は別物でしょ?結構評価が分かれるのは、映画として評価している人とそうでない人との差でしょう。安藤政信かっこいいのはわかるけど映画の評価には繋がんないよ。(逆に下げてる?)彼である必然性を感じられなかったな〜。男前2人を連れてきて、周りを芸達者で固めてもかえって寒いです。ヤメテクレ。
From: matilda(NO MAIL) 9月 2日(日)19時50分13秒
ギャグ寒すぎ…。全然面白くなかったよぉぉ〜。まさかここまでつまらんとは思わなかった。見てて辛くなりました。キレイな映像&カッコイイ音楽がとりたいというなら、邪魔な要素はあまり入れないほうがいいです。城へ潜入する部分(罠&敵の忍者)とか、3流コントはさめるさめる。ストーリーも薄薄で、見てらんない。「赤影」を名乗るのは論外として、「忍者」としても認めたくない。(あんな簡単に忍者やめようとするなんて…。大学のサークルじゃないんだから。)
★★★★
From: アッキー(NO MAIL) 9月 2日(日)00時38分44秒
前半はずっと忍者コントをやっているような感じ。でも、音楽は燃えるしオールスターキャストだしなかなか面白かった。
From: ミドル(NO MAIL) 8月 31日(金)23時38分17秒
映像と音楽はカッコいいが、笑いのセンスが古すぎ。それが狙いだと思ってるんだろうが、笑わせられる力が無いだけでしょう。中野監督は笑いを勉強すれば、鬼に金棒。でも、これでいい、と思ってるんだろうなあ。
★★★★
From: まきん(NO MAIL) 8月 31日(金)12時08分19秒
安藤政信やっぱかっこいい!話はちょっと薄い気かしましたけどね。でも明日香か゛死ぬシーンとかはおきまりって思いました。
★★
From: ASAICHI(NO MAIL) 8月 29日(水)21時27分21秒
日本人がカッコ良い忍者映画を撮らないと・・・全然撮れていないじゃんだいたい中野監督は日曜のテレ朝の戦隊モノみたいのが撮りたかったのかな?続編は中野さんなら×
From: マコの親(NO MAIL) 8月 29日(水)15時23分47秒
中野さんだから とか、好きなキャラクターが出ている とか、そんな子供みたいな理由で合格点をつけるのは、どうかと思う。忍者とは、洋画で言うと、スパイ大作戦のように人目に付かず影のような存在。走る時は音も無く静かに動くものが、赤影 青影は、ドタドタ音がすごいらしくロックの音楽でごまかしている。小学生の学芸会のようなストーリーは、なんじゃい!映画の出来栄えで評価しようよ、みなさん。
★★★★
From: ゆき(NO MAIL) 8月 29日(水)14時25分37秒
ぜんぜん期待せずなんとなくただ券もらったんで見に行ったらお〜〜よかった!すごい批判してる人もいるけどむらじゅんかっこういいし音楽もロックな感じだし私はけっこうはまりましたよ〜  麻生久美子さんかっこいいしきれいですね〜 女としてあこがれる!あと赤影と青影に愛されてる飛鳥の状態が非常にうらやましい・・。 舞の海が出てたのには笑えた。あと最初に布袋さんがかっこうよく登場してたけどのちのちのストーリーには特に出てこずなんだったんだ〜?!という感じですね(笑) まーなにはともあれかっこいいからよし!!
From: サクライ(NO MAIL) 8月 29日(水)02時54分01秒
あのぉ〜中野さんは一体何がやりたかったんでしょうか?期待外れもいいところ。赤影・青影は思った以上にショボすぎでした。(悲)色んな人も出しすぎ。(でもそこに救われてたりもするのが、また悲しい)この中の役者さんに特別な思い入れが無い場合かなりキツイです。でも、お金払って見たから腹が立ってるのかも。TVでやってたら…見てもいいけどって感じです。
★★★
From: 須倉(NO MAIL) 8月 28日(火)17時08分26秒
特に期待せず、ネタで見にいったので評価はこんなものつまらなくもなく、おもしろくもなくという感じ赤影・青影等の演技が下手なのは置いといて画面が全体的に暗すぎで、カメラワークがいまいち物足りない感じはっきりいって、今画面で何が起こっているのか分からないときもある「見せる」映画なのに残念だと思う小ネタは嫌いじゃないのでまあまあだと思います良くも悪くも、邦画だなぁ〜と思いました
★★★★★
From: えっぴ(NO MAIL) 8月 28日(火)00時18分15秒
私は超面白かったので星5つ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!正直 映画として不特定多数の人に指示を受けられる映画ではないように感じる。しかし はまる人にははまる映画だわね・・・とにかく中野さんの人望で集められたと思われるキャストの方々が最高ですわ〜。映画で遊んでる感じがたまらん!笑える人は結構 そこんとこよくわかってる人達なんじゃないでしょうかー。私は腹をかかえて笑いっぱなしでした。もちろん私の回りもね。藤井フミヤ、吹越満、スティ−ブ衛藤、竹中直人、村上淳ってとこで星5つっす!
★★★
From: タカ(NO MAIL) 8月 27日(月)19時28分08秒
けっこう期待してたのになぁ。赤影小さい時、既に再放送やったけど、めっちゃ好きやった。かっこ良かったのに・・・。なんだか、コミカルになってるし、アクションも漫画っぽいし・・。期待を大きく裏切られた。ただし、そうそうたる役者が出演されてるので、そういう意味じゃ〜楽しめる。藤井フミヤの乱丸なんか、はまってたと思ったけどなぁ。赤影の安藤はどうかと思ったけど・・・。演技もくさいぞぉ。それもまたある意味楽しめるんだけどね。
From: テツ(NO MAIL) 8月 26日(日)02時55分46秒
忍者ごっこ映画ですね。アクションも子供だまし。ギャグも滑りまくり。最悪です。
★★★★
From: ぽぬ(NO MAIL) 8月 25日(土)21時38分39秒
試写で見たシリアイが「今度の<猿の惑星>には困ったけど <赤影>はもっと困った。 今年の夏は『なんで今更撮るの?』という 映画しかない、、」なんて言ってたので、まるっきり期待せずに望みましたよ。根本的にダメな点は3つ。1/設定がぬるく時代考証は皆無な上、 シナリオが陳腐でストーリーがつまらない2/アクションの見せ方に何ら新しいものがない3/麻生久美子が後半、出てこない。でも、設定めちゃくちゃってのはよく考えれば「男たちの挽歌2」やらジョンウー映画ってテキトーだよなぁなんて思いつつ、ただジョンウー映画は、そこを見たこともないアクションでごまかしてるからウケるんだよねぇ。電波系映画「マトリクス」やバカ映画「チャリエン」ではユエン師匠が、アクションのフリつけてたから<わかりやすく人間ワザを超えたアクション>を楽しめてたけど、、このアクションのふりつけが、まだまだ国際レベルでなかったのが「赤影」の不満足だったトコですよね。こちとら忍者マンガの「あずみ」を毎週読んでんだから<見たこともない忍者アクション>をスクリーンで見せてほしかったですよ、、<せまいトコロでのアクション><ワナにかかってのアクション><高いトコロでのアクション>ってジャッキーチェン映画なり宮崎駿映画で見なれてますからねぇ、、やっぱりもう一工夫、ふた工夫しないと全然ダメですよねぇ、、アソクミの「ちゅうちゅう!」が可愛いと思った男子は黒沢カントクの「回路」を見てね!あの映画もアソクミムービーだよ!
★★★★★
From: 黒鉄忍者(NO MAIL) 8月 25日(土)21時08分51秒
忍者好き+「天誅」(とあるPSのゲームです)ファンにはたまらない映画。★10個ぐらいあげたいですねぇ。でも忍者のこと知らないし興味もないような人にはつまんないのかも。というか今時忍者好きな人ってマイノリティだろうからこの満足度も納得。まぁ50%はいって欲しかったですけど。藤井フミヤが意外にいい味出してました。麻生久美子も綺麗だし、キャスティングも好きです。ギャグ滑ってました?俺の行った映画館ではみんな笑ってたんですけどねぇ(俺も含めて)。ともかく俺ぁ大満足です。もっかい行きたい。ところで「GO」ですが、ぜひ原作も読んでみてください。おもしろいですよ。
From: billy(NO MAIL) 8月 24日(金)22時52分07秒
すいません、ハッキリ言ってつまんなすぎ。中野監督だから期待してたのに…。まあ映像はかっこよかったかな?って少しだけ思ったけどあのストーリーはないでしょ。横山さんが泣くよ。これってラヴコメじゃん(大笑い)最後の夕日の海辺でかけっこしながらのスタッフロールって何十年も使い古されたようなことしないでよ。ダサいよ。昔の漫画かアンタは(その通りだけどさ)
From: マークン(NO MAIL) 8月 23日(木)22時37分00秒
本当にこれが「東映50周年記念」作品なのか?見はじめて15分ほどで帰りたくなった。脚本が悪いのか、演出が悪いのか。いったいどういう人を対象に作ったのだろう。子供向け?大人向け?昔の赤影を楽しんだ人向け?若手タレントファン向け?とにかく中途半端な内容にがっかり。シリアスな面もギャグな面も見ていて寒かったです。「サムライ・フィクション」の監督だから期待していったのに・・・・。ただ、「ドラゴン太郎」さんも言っているけど、予告でやっていた「GO」は本当期待大ですね。
From: LINN(NO MAIL) 8月 21日(火)21時17分17秒
話がとてもまとまっていない。 というか、つまらない。ああいうのは何が悪いのかな。 構成? 脚本? わらいどころもすべりどころと化している。竹中直人は滑っているのが持ち味のような気がするので個人的には○雰囲気はさわやかなのだけれど。 サムライフィクションは好きでした。布袋、あれで終わりかよぅ・・・
From: Hawkeye(NO MAIL) 8月 21日(火)02時52分17秒
えーと、風雲たけし城+ドリフターズ+日テレのヘボアクションドラマ???ギャグは思いっきり滑ってて、場内静まり返っていたし。忍者モノとしても、青春モノとしても、特撮モノとしても、イマイチどころかイマサンくらいの印象しかない。時代考証やった奴いるのかー、簡単に抜け忍になるなよー大学のクラブじゃないんだからさー、忍者が簡単に名乗るなよー、などのツッコミ所満載なんで、開き直ってネタとして観るのはいいかも。俳優、初々しいとか以前に呂律が回っていない。さすがに中年系の俳優の演技は逸品だけど。最低点は1点ですが、マイナス5点つけてもいいですか?
★★★★
From: ドラゴン太郎(NO MAIL) 8月 20日(月)21時49分29秒
けっこー好きな作品。確かに物語よりも場面場面のハッタリとかギャグとかキャラとかが楽しかったわけだけど。それよりも驚いたのが客の少なさ! いくら地方(四国)の映画館でもなあ。絶賛とはいかないけど見てほしいと思える作品だと自分は感じました。関係ないけど予告編の「GO」の映像には目を奪われました。期待大ッス! ホント関係なくてすいません。
From: 新テリー(NO MAIL) 8月 20日(月)10時20分01秒
最悪です。映像と音楽が喧嘩している。絵と音が合うとか合わないとか言う前に、やかましいだけ。おやじギャグの連続。キャラクターてきには、好きな人もいたが、全体に安っぽい演技。アクションは良かった。エンデングも綺麗で良かった。
★★★★★
From: けいすけ(MAIL) 8月 19日(日)16時07分02秒
 予告編を見た時からある程度は予感はしていたんですけどね、「赤影」、これほどおバカな映画だったとは!(いい意味で)。赤影と青影、いつもはドジでやる気もあまりなさそうだけど、きめるときはきめる、そんなところがカッコイイ。作品全体の力の抜け加減もちょうどいい感じ。アクションシーンにも”キレ”があるし、飛鳥(麻生久美子)、琴姫(奥菜恵)の2人の女性キャラも魅力的でした。奥菜恵嬢をスクリーンで見るのは「世にも奇妙な物語 映画の特別編」「弟切草」についで3回目。「世にも奇妙な〜」はチョイ役のような感じがしたし、「弟切草」は作品自体が最低レベル。「赤影」の琴姫は一国を担うお姫さまにしてはのほほんとした彼女の地(?)が見えちゃっているのはご愛嬌、たしかに演技はいまひとつな感もありましたが、これは代表作と言ってもいい気もします。「赤影」の特徴の一つに、ほんとうに多彩なゲスト出演者があげられるんだけど、なかでも目立っていたのが藤井フミヤさんと舞の海さん。舞の海さんが出演すると耳にしたときは、「大丈夫かいな」なんて正直思ったけれど、なかなかいい役でしたね。彼の演技もナカナカのもの。最後はアッパレ! 藤井さんはノリノリ(表現が古い・・)で演じていた感じで、見ていて気持ち良かった。 「すべての映像が世界を挑発する」(チラシ)とまではいかないまでも、映像は綺麗で工夫が随所に見られたし、展開も最後まであきなかった。(最後、津川雅彦が「縁組みを」なんて言い出したときは「オイ」と思ったけれど)あまり期待せずに観に行ったせいもあるかもしれないけれど、かなり満足出来た作品でした。 満足度は☆4つ半だけど、四捨五入して5つ。 brosさん同様、この夏の映画の中では一番のお気に入りとも言えます。(他に観たのは「ジュラシック・パーク3」「千と千尋の神隠し」「猿の惑星」「ハムナプトラ2」)
★★★★
From: bros(MAIL) 8月 18日(土)21時02分48秒
酔狂の目で見れば中々の出来。好き嫌いでいえば、夏の大作陣で一番好きです。チャーリーズ・エンジェルと同じ系統の映画だと思います。
★★★★★
From: ムー(NO MAIL) 8月 18日(土)18時51分17秒
んーよかった。ギャグも頻繁にあり笑えた。みんなの家ばりにいろんな人が出演していて良かった。でもなんつっても麻生久美子ちゃんキャワイイ!
★★
From: GIN(NO MAIL) 8月 18日(土)15時39分04秒
元祖赤影を知りませんので、真っ白の状態で観ることが出来ました。あのコメディーアクションはけっこう好きです。笑いを交えつつ若者忍者の活躍を青春ドラマっぽく描こうと・・・・・・?・・・メインキャストの演技がさぶ過ぎました。役者が悪いのか演出家が悪いのか、見ていて恥ずかしい場面もいくつか。あと、なんでカバエワ?
From: あんな(NO MAIL) 8月 18日(土)12時31分51秒
アクションはいまいちだしギャグもいまいち笑えなくて期待はずれでした。中野監督は「グリーン・デスティニー」「マトリックス」の演出がいまいちだと思ってこの映画をハリウッドに観てもらいたいらしいですがハリウッドには持っていけないでしょう。
★★
From: るーく(NO MAIL) 8月 18日(土)09時40分12秒
途中で帰ろうと思った久しぶりの映画。実際、途中で帰ってた人多かったです・・・シリアスとコメディがうまくマッチしていない。キャストは良かったんだけどね。。。奥○恵のあれは演技だったの? 下手すぎません?もう寒くて見てられないですよ。 前作も酷かったけど、今度もまた酷いな。 女優って言うの止めたら?星一つにしたいけれど、音楽とフミヤで星二つ。おまけだよ。
From: KOJIMAX(NO MAIL) 8月 18日(土)08時48分28秒
「赤影」というタイトルだけで見に行ってしまったため、もう最悪でした。昔の赤影知ってる人には耐えられない映画。別にタイトル「赤影」じゃなくていいじゃん。ただの忍者モノと思えば星3つあげることもできるのだが...
★★★★
From: かおる(NO MAIL) 8月 18日(土)00時28分22秒
おもしろかった!って素直に思えた。ギャグの部分も笑えたし豪華なキャストに次は誰が出てくるんだろうって考えるのも楽しかった。篠原涼子の色っぽさには参りました。一人一人のキャラクターが味があってよかったです。安藤くんかっこよかった〜!
★★★★★
From: MAKKY(NO MAIL) 8月 17日(金)01時53分45秒
ここでの評判を聞いて不安だったのですが…「意外にも、絶賛」ですワシ。当初期待していたモノ…「ストーリーがM.I+さくや妖怪伝でマトリックス仕様」結果…期待とは180度違う「超ド直球青春映画」でした。が、なかなか良かった!「ストーリーが薄っぺらい」という評価もよく聞きますが、そんな事はないです。「青春」映画としてはいい感じです。どこまでもつきまとう飛鳥への思い、遊びたい盛りの若者だけど捨てられない宿命をありがちな「暗さ」で処理する事なくてグー。それでいてしっかり赤影と青影の傷心がよく伝わってきて、ラストシーンではグっときました。あの可愛かった「チゥチゥ」が後半ではほろっとくるモノに…うーんナイス。マイケル・ベイよ、「三角関係」ってのはこう描くんだよ!!期待していたアクションは…イマイチかな^^;。もっと斬新なのを見たかったんですが、これまでの東映ヒーローもののカメラワークの延長版だった感じです。ただ、生身だったのは良かった!CGとは違うカッコ良さがあります。(でも淡々としているんだけど^^;)キャスティングもグーです。本当は麻生さん二役でも良かった気がするけど、いかにも「成長してないのにトップにされてしまった姫」って感じがしたので奥菜恵OKです。藤井フミヤに関しては…お前、それ絶対「地」だろ^^;;。でも良かったよ。#女の子はみんなセクシーだった^^。特に篠原涼子はビックリしたわ。他にも処理出来てない伏線がいっぱいありますが、そういうのは目をつぶって(そういう気にさせてくれる^^)大マけにマけて5つあげちゃおう!去年から今年は邦画の当たり年だなぁ。
★★★★★
From: コップ酒(NO MAIL) 8月 16日(木)17時35分16秒
昔の赤影を知らない世代のせいかすごく新鮮で、おもしろかった!中野監督の特徴の斬新なカメラワークも、洗練された音楽もすごく良かった!!役者さんたちの演技も光ってた!!!あと、2,3回は見に行きたいぞ!!!!
From: しゃーらっく(NO MAIL) 8月 16日(木)16時50分50秒
恐ろしく安っぽい作品で萎えた。「Stereo Future」同様ギャグが全く笑えない。奥菜恵のお姫様が余りに酷くて、これこそ悪い冗談だと思った。中野監督はデビュー作「サムライ・フィクション」から段々と作品の質が落ちてるのが残念。
★★★
From: もろがた(NO MAIL) 8月 16日(木)09時20分24秒
オリジナルに個人的な思い入れが少なくてよかったなー、でなければ村上淳の大丈夫には怒っていたかも。(別に村上淳が好きじゃないってわけじゃないのですが)星2つかなと思うのだけど、スティーブ・エトウとピエール瀧が出ていたのでおまけ。
★★
From: (NO MAIL) 8月 15日(水)23時29分50秒
陣内たかのり(ごめんなさい、漢字がわからない)の家来の方の殺陣(5秒ぐらい)と音楽に☆、二つ。
★★★★
From: Poo(NO MAIL) 8月 15日(水)18時04分18秒
評判悪かったけどけっこう楽しめた。サムライフィクションを知らない人にはつらいかも。これはこれでいいと思うけど本当に期待したのはさくや妖怪伝みたいに巨大な松坂慶子やでっかいガマガエルと戦ったりするアドベンチャーな映画だな。
★★★
From: NAL(NO MAIL) 8月 15日(水)01時46分08秒
私の世代だと、「スマスマ」よりは「月曜ドラマランド」のスーパー豪華版が2時間、という感想になります(笑)。でも、出てくる俳優さんという俳優さん、なんかみんなとっても楽しそうなんで多少のツッコミどころも「まあいいか」と思わせてしまう不思議な映画でした。
★★★★★
From: kari(NO MAIL) 8月 14日(火)16時25分48秒
面白い。2回観たけどまた観たい。映像も音楽もカッコよくて気に入った。出演者も豪華でみんなそれぞれに良かったし。村ジュンの演技に泣けた。安藤政信もいい。とにかく中野監督のセンスがすばらしい。若者向けの映画だ。
★★
From: liefish(NO MAIL) 8月 14日(火)10時56分56秒
中盤まではいいテンポで面白かったけど後半息切れして眠かった。布袋さんとか子供のときから練習していた忍法とか伏線として、後半に活かせばもっと面白かったのに、、、
From: ure(NO MAIL) 8月 13日(月)15時08分00秒
「スマスマ」のコントの豪華版みたいのが2時間続きます。女の子(特に麻生久美子と篠原涼子)が色っぽく撮れているのでファンにはお勧め。
★★
From: かばん(NO MAIL) 8月 13日(月)10時31分50秒
私は安藤政信が好きなので、この映画を期待して見にきました。見てみると・・・(>ヘ<)映像は奇麗だし、音楽も良かったと思います。が、ストーリーも浅いし、ギャグにも笑えないシーンの方が多かったです。キャストは豪華なんですが、すごく使い方がもったいない感じがします。PVとしては良いかもしれませんが、映画としては・・・。
★★★★
From: BROOK(NO MAIL) 8月 13日(月)05時42分07秒
結構、面白かったです!やはり注目はアクションかなぁ..。カッコ良かった!それと、独特の映像、随所に醸し出される自然風景など、印象に残るシーンがたくさんあります。注目の演技をしていたのは、藤井フミヤかな?!演技が笑ってしまいましたよ。ちょっと大袈裟過ぎ!笑いあり、感動ありの作品でした。しかし、人物描写が浅く感じてしまった。パンフを読まないと解からないことがたくさんあります。
★★★★
From: かれん(NO MAIL) 8月 12日(日)12時21分11秒
おもしろかった。ゆっくり味わって観れるドラマ的なシーンもあって感動できたし、スピード感に圧倒されるアクションシーンも楽しめたし、とにかくバランスよく楽しめる映画でした。もちろん豪華キャストも魅力的だし、音楽もすごくカッコよかったです。この映画では中野監督が特に安藤君(の目?)にこだわっていたというだけあって、安藤君のヴィジュアル面が全面に出ていたから、安藤君ファン(私も含めて)にとっては特においしい映画だったのではないでしょうか。でもヴィジュアル面で言ったら安藤君だけじゃなくて、もちろん他の出演者もみんなそれぞれにカッコよく、キレイでした。奥菜恵ちゃんは“姫”っていうイメージ通りですごくかわいかったし、麻生さんはセクシーで、“チュゥチュゥ”っていうのには男ならずとも抱きしめたくなっちゃいますよね。篠原涼子もすっごく色っぽくてビックり(?)しました。舞の海さんの役もおもしろくて好きでした。落ちてくる柱を支えて自分が犠牲になって・・・のところでちょっとウルっときました。ちょっと欲張って言えば、なんで飛鳥がそんなに早く死んじゃうの〜??って思いました。もうちょっとあの三人の絡みを見たかった。飛鳥には頭が上がらない赤影と青影がかわいかったです。“ストーリー的に薄っぺらい”、っていう意見も聞くけれど、私はこの映画に“ストーリー的に濃いもの”は期待していなかったし、この映画の場合はそれよりも映像と音楽で十分楽しめるからいいと思いました。