冷静と情熱のあいだ

満 足 度
45.1%
回答者数86



★★★
From: ゆうこ(NO MAIL) 2月 4日(月)22時49分05秒
景色がよいから,これだけでまず合格。本の方がよかったけど,本と映画をセットにすると味わいが深いかも。篠原涼子が演じてた彼女,かわいそう過ぎた。ケリー・チャンはあんまりきれいじゃない。とにかくイタリアがよかった。
★★
From: ありお(NO MAIL) 2月 4日(月)20時53分04秒
原作が好きで行ったけど、わざわざ映画館で見る必要はないと思った。街並みと音楽はよかった。主役2人はキレイだけど、ケリー・チャンがやや違和感あった。
From: (NO MAIL) 2月 3日(日)01時26分10秒
展開に山場がなく、単調。エンヤの曲で救われているような気がする。
★★★★
From: kiyo(NO MAIL) 1月 29日(火)09時14分28秒
普通のラブスト-リ-ですがなかなかよかったですよ。竹野内さんのナチュラルな演技が、とても素敵でした。
★★★
From: Chai(NO MAIL) 1月 28日(月)23時32分01秒
フィレンツェの街並みなど、風景は良かったのですが、原作を読んだ後だったので、2時間ぐらいでは二人の心理描写がいまいち描ききれてないなぁという印象です。あと、ケリーチャンではなくやはり日本人を起用した方が良かったのでは。あまりにも日本語がぎこちなさすぎ(^^;なんで日本人同士で英語しゃべってるの?って感じです。都合悪くなると英語で話すのはやっぱり、あおいを演じきれてない原因の一つではないでしょうか・・・。実際あおいのイメージとケリーチャンのイメージが合ってないし。
★★
From: 夕紀(NO MAIL) 1月 26日(土)17時59分52秒
どうだろう…。途中で寝ちゃった所をみると面白くなかったのかも。
★★
From: シロクマ(NO MAIL) 1月 24日(木)16時24分15秒
やっぱり原作の方が良かった。映画では細かい二人の心理状況が伝え切れていないように思った。みんな原作を読もう
★★★
From: みっちゃん(NO MAIL) 1月 17日(木)17時15分40秒
二人はもっと早くくっつくと思ってたから意外性があって、なかなか楽しかった!
★★★★
From: yuka(NO MAIL) 1月 17日(木)14時11分06秒
あとからじわっとくる作品ですね。ひとときだけ、現実を忘れることができました。
★★★
From: papi(NO MAIL) 1月 16日(水)01時22分46秒
面白かったような、物足りないような。なんともいえないというのが正直な感想ですが、でもなぜか忘れられない余韻が残っていてそういう意味ではいい作品だったと言えるかもしれません。原作を映画の後で読んだこともあってか、私的には原作の方がちょっと落ちるかなーといった感想を持ちました。恋愛のういういしい緊張感とかがよく描かれていたし、それなりにロマンチックだったし、なによりイタリアの風景と主演の二人が美しく、目の保養ができました。映画館でなくビデオとかでみると逆にとても満足できるかも!
★★★
From: ふぁ(NO MAIL) 1月 12日(土)09時10分41秒
なんかね。すごくよいお話なんだけどなんか大事な何かが抜け落ちてるような気がした。
★★★★
From: yuki(NO MAIL) 1月 9日(水)18時09分44秒
とても丁寧につくられた作品だとおもいました。私は原作を読んでいたので順正=竹野内さんがあまりにもはまっていたのでおどろきました。
From: ぽん(NO MAIL) 1月 4日(金)22時21分58秒
とにかくケリー・チャンの日本語がおかしい。違和感ありすぎ。ドゥオモでの約束が、本ほど重要なものになっていない。マーヴはナニ人?一番おいしかったのはチェロの人?
★★
From: 昼音(NO MAIL) 1月 3日(木)23時52分41秒
本を読んだ人間にとっては納得がいかないところが多すぎ。何で再会するまでに一度会ってるんですか?って感じです。足りないところは多いし、余計なストーリーはあるし。なによりあおい側からの視点が圧倒的に順正より少ない。本を読まなかったら楽しめたのになあ・・と残念です。
★★
From: ラビット(NO MAIL) 1月 3日(木)15時24分46秒
竹野内豊はみんなが言うほど、悪くない!普通のちょっと不器用な人を普通に演じてました。問題は、ケリーチャン、迫力有りすぎ!女性側の健気さとかいじらしさが伝わってこないので、いつせつない気持ちになっていいのかわからず、感情移入できなかった。(女の私から言わせてもらえばですけど)キャスト次第では、もっとどきどきせつない気持ちで観ることができたかも・・・。残念。あと、手紙長すぎ・・・。『今は別々の人生を歩んでる順正より』なーーーんて・・・竹野内じゃなかったらぶっとばしてやりたい(-_-メ) 
★★
From: のんち(NO MAIL) 1月 3日(木)11時16分29秒
もともと竹野内豊とケリーチャンのファンではなかったけれど、それにしても・・・という感じだった。景色は確かにキレイだけど別にあの2人じゃなくてもいいような気がする・・。宣伝だけ派手にやっても中身があれじゃあダメ(’’;)
★★★★
From: ゆうか(NO MAIL) 1月 3日(木)00時03分44秒
とにかくフィレンツェの景色がすごく綺麗で良かった。竹野内さんの演技も素敵だった。ケリーチャンさんも良かったけど別に日本の女優さんでも良かったのでは?喋り方が気になりました。
★★
From: さとちん(NO MAIL) 1月 1日(火)00時17分01秒
よかったのは最後の30分かな。原作を読んでいたので話がわかりやすかったけど読んでいない人はちょっとわかりにくいのでは?原作をちらっと読んで行くべし!
★★★
From: ナナ(NO MAIL) 12月 28日(金)21時53分47秒
原作もそこそこなんでこんなモンじゃないでしょうか。ケリー・チャンはとっても魅力的ですv竹之内じゃなくってもっと知らん人ならトレンディードラマにはならなかったかも。宣伝しすぎ&エンヤ&竹之内効果で嫌になっちゃいました。
★★★
From: (NO MAIL) 12月 26日(水)18時24分52秒
原作からすればもっといい映画になるはず。
From: けいと(NO MAIL) 12月 24日(月)01時02分48秒
テレビの二時間ドラマで十分だったんじゃないでしょうか?まともにお金払って見に行くのはもったいない気がする。音楽や風景でなんとかごまかしている感じ。
★★★
From: たか(NO MAIL) 12月 23日(日)02時00分46秒
まぁ、日本のトレンディードラマ系の映画なんでたいして期待せずに行ったんですが(もちろん原作も読んでないし)思ったより良かったです。ふつーに良かった。トレンディードラマが好きな人には良いんじゃないすか?って俺も嫌いじゃないし。トレンディードラマ(笑)逆に、真の映画好き?には全く物足りない内容であるとは思うが。
From: ミックシー(NO MAIL) 12月 20日(木)15時22分16秒
タダ券があったので行ったんですが、予想ではちょっとつまんなそう、だったけど予想を裏切って尋常でないつまんなさでした。観た後で、CMで感動しました〜、っていってた人に恐怖を感じました。ここまでくるとホラーです。
★★★
From: マリ(NO MAIL) 12月 19日(水)22時31分58秒
あのマークはイメージが違いすぎた(T_T)やっぱりアメリカ人がよかったな...
★★★★
From: 邦画大好き!(NO MAIL) 12月 19日(水)17時53分55秒
よかったと思いますよ〜。順正のささやくようなナレーションが綺麗だなー、と思っちゃいました。ただ、この前に見ていた『スイートノベンバー』でもエンヤが使われててエンヤの安売りだなあと思っちゃったんですが。こっちを楽しみにしていた私としてはエンヤもこちらにだけ情熱を注いでほしかったですね。 原作と違う、というところで「えー?」と思っちゃった人もいたようですが、それはあんまり気になりませんでした。映画は原作に忠実でなければならない、ってわけじゃないと思いますから。
★★★
From: ミント(NO MAIL) 12月 19日(水)15時34分45秒
それほど好きな映画ではないのですが、ケリー・チャンを悪く言う人がいますが、この役を日本のタレントがやっていたらそれこそテレビドラマみたいで終わっていたと思います。ケリーはスクリーンで輝いていたと思う。
★★
From: ジェット(NO MAIL) 12月 18日(火)22時55分53秒
過去、現在を上手に組み立ててたと思う。ケリーチャンはすごくきれいだった。私は順正の方に感情移入していた。エンヤを使ったのは正解!!
★★★★★
From: チビ(NO MAIL) 12月 17日(月)14時30分21秒
原作を読んだとき、順正=竹野内さんというイメ-ジがあったので映画化が決まったときはおどろきました。映画の中の竹野内さんは、順正そのままだったので、すこし原作とはちがっていたところも、ぜんぜん気にならずいい雰囲気の映画でした。
★★★★
From: kousyu(NO MAIL) 12月 17日(月)14時20分01秒
前半より後半がすごくよかった。あとから、じわじわと感動がよみがえってきて、もう1回見たいとおもいました。
★★
From: なお(NO MAIL) 12月 15日(土)00時56分57秒
やっぱり2時間であの話を見せるには無理があったみたいで。わかりにくいし感情移入もできなかった。展開が唐突な気がした。でも泣かされたところもあり、あの程度の映画に泣かされた自分が悔しい・・・。別に映画館で見るほどのものではないかな。友達は途中からズ−っと泣いてて、すごいよかったって言ってたから、人によるのかも。私的にはイマイチデス。
★★★★
From: 無忌(NO MAIL) 12月 10日(月)12時23分36秒
景色や音楽がよかった!それなりのできかな・・・なんだかあったかいものがのこった!小6の息子は感動したと言っていた!見る前に原作本を買ってまだ読んでいないけど・・原作はどんなかな?ケリーチャンの性格がけっこう古風な設定だったなって思った。
★★
From: にゃお(NO MAIL) 12月 10日(月)11時27分56秒
ここの評価を見てから行ったので、最初からフィレンツェの映像と音楽目当てでした。原作は読んでいなかったのですが、10年間の時間の流れをあの時間内に収めるには無理があったのか..見終わっても印象に残るシーンもなく、感情移入もできないし、なにしろ心理描写が描ききれていない気がする。それと、どなたかも書かれていましたが、ケリー・チャンがヒロインとして魅力なさすぎ!!はっきりいって顔がコワイ。笑顔が可愛くない。日本語も変。常に怒ってるみたいな顔で、引いてしまった。恋愛ものはやっぱりヒロインが魅力的でないとね〜風景と音楽が良かったので★2つにしました。
★★
From: よしむら(NO MAIL) 12月 6日(木)17時28分45秒
原作通りとは期待していませんでしたが、あまりにも・・・・なんの先入観も持たずして観たとしても、映画としては最低の出来でしょう。逆にあまりの物足りなさに原作を読む人がいるかもと思うと☆二つ
From: 銀幕三十郎(NO MAIL) 12月 3日(月)22時30分16秒
本作品は竹野内豊、ケリー・チャン、イタリアの合同プロモーション・ビデオであるが、それにもかかわらずケリー・チャンに魅力がないのがすごい。主人公2人は他者への思いやりを欠いた高等遊民であり、さらには彼らの仲を引き裂いている要素が明瞭でないため、物語に没入することはとてもできない。時間軸の扱いには工夫がなく、古い出来事を観客にみせるための不自然な手紙には苦笑してしまう。ラストでは、パブロフの犬でげんなりしているところに、名作の矮小化で追討ちをかけられてしまった。ところで、キリスト教に対する敬意の欠如が気になったが、そういう扱いをされても仕方がないのがイタリアの現状だろうか。
★★★
From: ミラ(NO MAIL) 12月 3日(月)15時25分30秒
「はぁぁー。こんな恋愛したいわぁー。」と、熱っぽく見つつも、一方で「ハイハイ。ロマンチック、ロマンチック。」と冷めた見方をする自分がいた。まさに冷静と情熱の間・・・。
★★
From: (NO MAIL) 12月 2日(日)13時27分38秒
イタリアの美しい風景はすっごく良かった。東京に戻ってからは話もいまいちで熟睡しそうになってしまった。(隣りの彼につつかれた)終わりそうで終わらずに、こうなるんだろうな・・・というエンドでした。ま、映画ならではの物語でしょうね。わざとらしくて嫌いです。
★★
From: ゆき(NO MAIL) 11月 30日(金)19時24分57秒
 原作を読んでから見ただけに物足りなかった。風景や音楽がもったいないカンジ。。感情などが小説に比べて省略されすぎてるかんじがしました。だから、原作を読んでない人にはなおさら内容の薄い物語に思えるんじゃないでしょうか。
★★★★
From: マーガレット(NO MAIL) 11月 30日(金)00時04分54秒
作り物とわかっていても引き込まれました。(原作をまだ読んでいないからかも) 劇場で邦画は見たことなかったのですが、スクリーンで見て良かったです。残念なのは脇役の二人かな。もっと演技派だったらTVドラマと差別化できたと思う。
★★★
From: じゅん(NO MAIL) 11月 28日(水)20時21分50秒
このページでのコメントを見てから行ったので、あまり期待はしてませんでした。でも、竹野内くんもケリーもまあまあ許せる範囲でホッとしました。原作と比べちゃうと、人物描写や過去の背景の伝え方がいまいち伝わってこなかったです。それに、何よりも物語にテンポがなさすぎ。あれじゃ、みんな飽きるよね。何はともあれ、ラストの2人の笑顔がよかったです。
From: yuppie(NO MAIL) 11月 28日(水)09時06分39秒
竹野内豊ってなんでこんなにもイモ臭く感じるんでしょうか…映画の雰囲気に全然合っていませんでした。ケリーチャンも日本語しゃべったら萎えます。キャスティングが最悪でした。
★★★★
From: goopin(NO MAIL) 11月 27日(火)18時48分07秒
約束の日に向けての盛り上がりに欠けたような・・・でも回想シーンなんかもなかなか、甘酸っぱい感じで良かったかも。竹野内の英語の発音、意外に良いですね
★★★★★
From: yutaka(NO MAIL) 11月 27日(火)15時02分56秒
前半はすこし??なとこもあったけど、後半はよかった。とくに、最後の二人の笑顔なんていい顔をするんだろうと思いました。(やはり役者はすごい)またあの笑顔を、みにいこう!
★★★★★
From: yutaka(NO MAIL) 11月 27日(火)15時01分46秒
前半はすこし??なとこもあったけど、後半はよかった。とくに、最後の二人の笑顔なんていい顔をするんだろうと思いました。(やはり役者はすごい)またあの笑顔を、みにいこう!
★★★★
From: yuki(NO MAIL) 11月 27日(火)14時49分10秒
派手な演出とかはなくて、とても静かな作品ですがよかったです。他のコメントを見ていますと辛口なものもありますが、私は竹野内さんの演技はとてもうまいと思います。順正という人は、普通の人物です、普通の人を演じることが役者として一番むずかしいのではないでしょうか。
★★
From: rara(NO MAIL) 11月 27日(火)11時51分59秒
30歳の誕生日の日の約束という期限があるにも関わらず,それにむけてのドキドキ感や心理描写が薄いと感じました。ケリーチャンの比べて竹野内がなんだか冴えないと思いました。あと竹野内の語りが多すぎる。もっとエピソードで見せてほしかった。音楽や衣装はとてもよかったです。
From: ロマンチスト(NO MAIL) 11月 26日(月)12時05分38秒
とにかく、つまらなかった!ユースケが一番。
From: 椿[ュ(NO MAIL) 11月 26日(月)11時57分40秒
舞台はすっごくキレイですが、映画が長すぎと思います。竹ノ内のイタリア語と英語もなかなか良いが、ケリーの日本語はおかしい。ふたりの性格もむかつくかも。
★★★★
From: はるか(NO MAIL) 11月 26日(月)10時03分08秒
あおいに共感できた。竹ノ内くんも彼独特の(ちょっとくさい?)演技で良かったと思う。ん、でも篠原がねー。
★★★★
From: わわ(NO MAIL) 11月 23日(金)00時21分15秒
原作既読で見に行きましたが、映画は映画として見たほうがいいかもしれません。前半ちょっと展開が遅いかなぁと思いましたが後半大学時代の思い出とからめて話が進んでいく段階で原作にはないエピソードなんかも交えていて、それはそれで面白く感じました。ただ、本当に甘い話だったので、苦手な人は苦手かも。原作でアメリカ人という設定のマーヴがどう見ても東洋人なのは何で?等々細かい疑問は残りますが(中国系アメリカ人かな?)ラストシーンの竹野内豊の表情が最高に良かったと思います。
★★★
From: ゆっきー(NO MAIL) 11月 22日(木)00時34分03秒
ここの評判の悪さをみて、おそるおそる行ってきました^^;音楽と映像は文句なしですね。曲が絶妙に入るので、雰囲気がよく伝わったと思います。原作ファンからいうと、名場面がぶちきれで映像化されたという感じがしました。そして現在と過去がいったりきたり。原作は2冊なので、わかりにくいとか不自然さを感じることはないんだけど、短い時間でこれをやられると余韻が残りません。あとはやはり演じる側にも問題が。二人のせつない気持ちがナレーション無しでは伝わりにくかったのは残念です。やっぱり、2時間は短すぎるのかもしれません。しかし、原作の雰囲気はあったと思うので☆3つです。
★★★★★
From: やさしぃ俺(NO MAIL) 11月 20日(火)18時43分53秒
協力してた大学が横浜市立大学だった。ユーロスターは映らなかった。15分の時間差トリック各場面ごとに見る価値が無いように見えて謎が繋がると面白い。ここで終わりなのか!と思ったところで終わらないし。男だったら見ておくべきだね。いいねキャンパスライフってヤツは。協力してた大学が横浜市立大学だった。
★★★★★
From: penguin(NO MAIL) 11月 20日(火)13時04分02秒
なかなか感慨深い内容だったと思っています。映像も音楽も素敵だったし、何よりも両主役の持つ清潔で真っ直ぐなイメ−ジがスト−リ−に魅力を増し、10年の想いを重苦しいものではなく、むしろ微笑ましく観ることが出来て満足しています。
★★★★★
From: メカッコ(NO MAIL) 11月 20日(火)00時15分54秒
忘れられない想い出ってあるんですよね、誰にでも…。10年の歳月を通して2人の切ない気持ちはよく理解できるし、ケリー・チャン扮するあおいが流した涙も気持ちわかる…。竹野内さんの笑顔も最高ッ!私はこのラブストーリー、好き。
From: risa(NO MAIL) 11月 19日(月)12時07分02秒
だめだ…シナリオがベタすぎる。。ちょっと共感できない内容でした。あと出演者の演技力もちょっといただけませんでした。たしかにこれはTVの2時間ドラマって感じですね。
★★★★
From: ともか(NO MAIL) 11月 19日(月)10時24分10秒
主演の二人はけっこうはまってたし、照明とかも邦画にしちゃあ、美しいと思った。ただ、ラブシーンがちょっとおしかった、てことで、星4つ!
From: かりん(NO MAIL) 11月 19日(月)00時21分59秒
これは好き嫌いの問題もあるのでしょうが、あまりにもベタベタなストーリーにうんざり。途中からは眠くて眠くて・・・。主演男優も可もなく不可もなくで、退屈な脚本を補えるほどの魅力は感じませんでした。女優さんの方は日本語のセリフがちょっと・・・。香港の方なのでしょうがないか。けど、美しい音楽と映像は良かったです。
★★★★
From: この(NO MAIL) 11月 18日(日)23時27分53秒
よかったです。ジュンセイの不器用なPureさがストレートに伝わってきた。その不器用さが篠原涼子(チョット強引なキャラですが・・・)を苦しめたとけど、別れるシーンは心打たれましたよ。あおいのケリー・チャンは美人すぎて「顔。コワっ!」と思った。あおいをずーと一途に想うジュンセイが「約束なんてしなければよかった・・・。」って言うシーン。胸にジ〜ン。最近観た中でも久しぶりのスマッシュ・ヒット純愛ストーリー!
★★★★★
From: run(NO MAIL) 11月 18日(日)23時27分45秒
皆さんのコメントを読んでとてもびっくりしました。私にはとても良かったからです。見る人によってこれほど見方が違うのだなっと思います。星5つは少し皆さんへの対抗心からかも。もうすこし素直にみていたただきたい。フィレンツェの映像・エンヤの音楽ともにGOOD。全体の雰囲気がとても良かった。学生時代を思い出しました。
From: tm(NO MAIL) 11月 18日(日)02時42分08秒
星一つではなく、むしろマイナスな映画。特に原作を読んだ人にとっては、冒涜以外のなにものでもない!映画に脚色する場合には、原作のテ−マを損なわないように、映画の表現形態に置き換えるために行う作業が許されているのでは?でなければ、ハリウッドにもあるようにタイトルを変えるべき!説明的に饒舌な表現をとるときに一番大切なニュアンスを失わせているこの寓挙!つくりてに、特にCXの人に猛省を!あきらかにテレビ屋の傲慢である!!
★★★
From: こあら(NO MAIL) 11月 17日(土)17時33分36秒
これは原作とは違うんだ、と自分に言い聞かせながら見ました。新聞の広告の通り、「ドラマ的に作った映画」だなと思います。残念だったのは、あおいの心理表現が乏しい感じがしたこと。英語でもいいからケリー・チャンのナレーションがもう少しあったほうが私はいいと思う。
★★★★
From: ベッキオ橋(NO MAIL) 11月 17日(土)12時06分01秒
同じような経験をしているので期待して見に行きました。竹野内の演技力は最初から考慮していたのであまり気になりませんでした。それよりストーリーや背景などを重視したので結構感情移入できましたよ。現実味があるというか。なかなかよかったのではないでしょうか。
From: mioko(NO MAIL) 11月 16日(金)10時45分37秒
うー、竹野内。。ヘタだなあ…ケリーチャンも日本語がなあ…展開も退屈だったしテレビドラマ程度の出来だったなあ。正月の特番とかにしたほうがよかったのではと思います。映画館でやる内容じゃないよ…
From: オオヌマン(NO MAIL) 11月 16日(金)00時06分54秒
ほんとガックリ・・・あの脚本は何!?って感じ。ふつうのドラマじゃないかい!!みたいな。映画では許せないな〜。ほんとイタリアの景色は最高なのにもったいないよ。泣くどころか寝そうになった!こんなにやまばのない映画はそうないよ・・・でもマーブはステキ!!
★★
From: ねばごな(NO MAIL) 11月 15日(木)22時13分54秒
んー、あんまり期待してなかったから。竹野内豊は下手ですよ、みんな言ってます。でもラブストーリーは主人公のルックス大事なので仕方がないとしよう。ケリーチャンについては腹が立って仕方ないです、日本語が・・・。ってか何故ケリーチャン?だったら篠原でも良かったかな。
From: ひらりん(NO MAIL) 11月 15日(木)21時38分08秒
原作も結構おもしろかったし、エンヤのCDもここの所、仕事のBGMにするほど好きだったので、結構期待して行きましたが裏切られてがっくり。はっきり言って退屈そのもの。何度、眠気で意識を失いそうになったことか。原因は、やっぱりあの主演の二人にあると思う。押さえた演技と単調な演技を勘違いしているようで、とにかく演技に表情もなけりゃあメリハリもない。ひたすら平板な2時間だった。そして、これ程、感情移入の出来なかった映画も珍しかったです。二人の容姿が完璧に美しかっただけに、なんか、きれいな景色をバックにした絵空事って感じで・・。ここの所、邦画も結構おもしろくなって来ただけにひたすら残念な一作です。
★★★★★
From: こば(NO MAIL) 11月 15日(木)20時14分43秒
とってもよかったですよーすごく優しい作品で女性にはいいですよそれにしても、竹野内さんの男の色気にまいりました。
From: kei(NO MAIL) 11月 15日(木)11時39分44秒
期待しないで行ったのに相当やばかった。。途中で時計を何度も見たのは久しぶりですよ。がく。人物描写も全然出来てなくて、安っぽいドラマ風でした。宣伝費にお金かけすぎたのかな??
★★★
From: コロ(NO MAIL) 11月 14日(水)17時17分58秒
期待しすぎてたのかなー?後半のほうはなんだか映画に集中できなくて残念でした。淡々と話が流れていてもっと感情的な部分がもっとあればなー キスシーンは・・・なんで??あれでいいの?あんなに素敵なキャストがそろっておきながらあれはないでしょう。
From: nora(NO MAIL) 11月 13日(火)21時59分38秒
なんでお互いこんなに引きずりつづけたのか、さっぱり感情移入ができませんでした。特に、あおいの魅力が伝わってこなかった。やっぱり別れた人は思い出にしておいた方がよいんだ、という現実を見せられた気もして、勉強にはなったかな?
★★
From: よっしー(NO MAIL) 11月 13日(火)19時44分18秒
原作からは中盤あたりが随分変更されてましたね。崇のキャラも全然違ってたし。まぁ2冊の本を2時間くらいにまとめるんだから、話を転がすためのアレンジとしては、なかなかうまかったですね。ただし、決定的な欠点が2つ。ひとつは、準正とあおいが序盤に会ってしまうこと。しかも家にまでお邪魔する。一応、それから7・8年(だったかな?)会えないんだけど、その気になればすぐに会えそうじゃんって思える距離感が致命的です。「別々に生きてきた2人の中に10年前の約束は生きているのか?」っていうテーマがぼやけてしまった。切なさがありません。それからもうひとつが、全編に渡って拒否反応をおこしてしまったポイントなんだけど、ナレーションが多すぎる!キャラクターの説明も、シーンの説明も、自分の気持ちまで、全部語らせちゃうんですね。おまけに竹野内は手紙で「今は別々の人生を生きている順正より」なんて、書いちゃったりして(笑&赤面)。「こんなに俺は切ないんだ」「こんなに俺はあおいを思ってるんだ」って押しつけられるから、気持ちが入り込む余地がない。感情移入ができない。テレビ畑のひとの作品だから、誰にでも分かるような丁寧なつくりになっちゃうんだろうし、あまり“映画的文法”を知らない観客に分からせるよう努力してるんだろうとは思うけど…。長々と語っちゃいましたが、見やすい映画にはなってます。ただ、映画好きを自認する人はいかないほうがイイです。トレンディドラマをスクリーンで見せられてる感じなんで、映画への愛が深い人ほど許せなくなってくる気がします。
★★★★
From: はる(NO MAIL) 11月 13日(火)18時24分25秒
思ったより良かったなぁ。竹之内の下手さとケリーチャンの日本語は置いておくとして、私にはいい映画でした。でもちょっと長かったね。映画に入り込めない人には辛いだろうなぁと思います。もう少しそこに至るまでの経緯を書き込んであったらもっともっといい映画になるだろうになぁ。まぁでもわたし的には★4つ。スイートノベンバーでも感情移入しまくりの人なので(笑)
From: ryo(NO MAIL) 11月 13日(火)09時48分00秒
竹野内なんてイモな役者使うからB級臭さから脱しきれてない。なんか作品から商魂魂しか見えてこない。初上京の田舎者ががんばって無理してオシャレしてみたけど、かえって余計にダサくなったって感じ。なんか観てるほうが恥ずかしくなった。
★★
From: ようすけ(NO MAIL) 11月 13日(火)01時30分21秒
キャスティングが間違ってたのでは?ケーリー・チャンは確かに美しいけど「ワタシ演技しています」って感じ。フィレンツェの街が「ハンニバル」よりも美しく撮れていたのが救いかな。ストーリーの展開もラストもパクリでは?
★★★
From: すともも(NO MAIL) 11月 13日(火)01時02分13秒
エンヤの音楽とイタリアの景色を堪能するには良い映画だった。試写会だったから余裕ある態度です(笑)原作知らないのですが、ちょっと長いな〜と気にはなりましたが、最後まで興味を持って観られて良かったかな。竹野内豊の声が良いな〜と改めて好きになりました。でも映画館で観るよりはテレビで放送するまで待ってていいんじゃないかな〜って感じ。
★★★★
From: (NO MAIL) 11月 12日(月)23時07分23秒
どうしても原作と比べてしまうので難しい・・・。配役とかストーリー展開とか、う〜んって感じはあったけどどこまで描かれてしまうんだろうとちょっと心配だったラストがいい感じで終わっていたので後味よかったです。あの原作を映画にしたという意味ではわりと良くまとまっていたのでは。でもやっぱり、本には勝てない!
From: kari(NO MAIL) 11月 12日(月)14時07分46秒
何よりも観るに耐えなかったのは、竹野内のキスが下手すぎること!・・・って思ったのは私だけでしょうか??役の設定上そうなのかわからないけど、ケリー・チャン(のキス)に負けすぎ。全然泣けませんでした。誰に感情移入していいのかわかららないし。特に竹野内の演技には全然感動できない!ケリー・チャン、篠原、ユースケの方が断然上手い!すみれさんのコメントにもあったように、私も竹野内の演技は結構好きな方だったんだけど、それはやっぱTVドラマの中だけででした。映画となるとなんか違う。映画全体としてまとまりがなかったと思います。私もトモさんのコメントに同じく番宣だけで十分でした。2時間ダラダラ観るよりも、あの30秒(1分?)の中に込められたストーリーを自分で想像した方が感動できます。エンヤの音楽もすごくいいんだけど、もっと効果的に使えるんじゃにかな?と思いました。もったいない!フィレンツェの街並みはきれいでした。
★★★
From: ひろ(NO MAIL) 11月 11日(日)22時36分30秒
↓すみません。変なところで投稿ボタンを押してしまいましたので続きです。ただ、原作への思い入れが強すぎると「あれ?」と思う場面が多い気がします。主人公2人は絵としてはいい感じでしたが、個人的にはマーブ&たかしは??でした。でも、ロマンチックな気分を求めるにはいいんじゃないかな、と思ったので★3つにしました。
★★★
From: ひろ(NO MAIL) 11月 11日(日)22時32分11秒
皆さんが書いているように映像&音楽は文句ナシです。ただ
★★★★★
From: あき(NO MAIL) 11月 11日(日)01時57分08秒
今まで見た日本映画で最高の映画!です。と〜ってもよかった。エンヤの幻想的な音楽やイタリアの町、世界的な絵画は私からは遠く離れた存在であるものでしたが、映画を通じてとても自然に受け入れることができました。ストーリーも結末もありがちっていう下の方のご意見ごもっとも!でも私はかえってあまりつくり過ぎていないストーリーやあおいと順正のそのままの感情がとてもすんなりとココロの中に染み込んできたし、よかった。久々のあったかい映画だったなぁと今も感傷にふけってます。でもケリー・チャンはちょっと無理があったかも・・悲しい表情してるときに威圧感がありすぎてかなり怖かったです。他の配役の方は皆さんとてもよかったです。
From: すみれ(NO MAIL) 11月 11日(日)00時14分23秒
やはりタイアップ映画レベルの凡作だった。これでも竹野内くんは嫌いじゃない。しかし、主人公としての魅力に乏しい上に、TV俳優としての演技に小さく納まってて、感情に訴えてこない。ケリー・チャンは日本語はともかく、黙っているときも存在感があって、はっきり言ってこのラブストーリーは彼女で成立していると思えた。映画を見ていて、あれだけ観客が席を立ってトイレに駆け込んでいる映画は初めて。2時間強だというのに、もっと長く感じるのは、つまらないからだと思った。正直言って、どうして二人が10年間もお互いを忘れられないのか、脚本の書き込みが弱くて全く伝わってこない。ストーリーも結末もありがちで先が読めてしまって、大劇場でやるほどの映画とは全く思えなかった。
★★★
From: 肉棒星人(NO MAIL) 11月 10日(土)22時10分26秒
昔みた、バースデープレゼントだっけ、なんかあれを思い出してしまった。内容は先のよめるもの。男のおれとしては結構退屈かも。まあ竹野内には「できちゃった」がつきものということで、3つ星。
★★★★★
From: まゆみ(NO MAIL) 11月 10日(土)21時36分30秒
わたしも原作でかなり気に入ってたので、「がっかりするのでは?」とちょっと見るのが心配でした。でも期待以上!音楽も映像も最高だし、配役がよかった。ほぼ原作のイメージどおりの配役だったと思います。けどケリー・チャンの日本語指導が足りなかったのでは、と思ってしまいました。私は竹ノ内豊ファンではありませんでしたが、とてもステキな俳優さんだな、と感じました。10年の年月を描いているのに、自然だったのもよかったです。
★★★★★
From: れぐ(NO MAIL) 11月 10日(土)21時26分57秒
とてもよかったです。何度も涙を流してしまいました。原作がとても気に入ったいたので、どんな出来になっているか期待半分で見に行ったのですが、思っていたよりずっとよかったです。原作とはちょっと違う部分もあったけど、ラストとかは映画のほうがよかったです。難を言えば、ケリー・チャンよりもっと最適な女優がいたのでは?とおもってしまいます。日本語の話し方が変なので、そこでどうも我に返ってしまいました。でも、観た後、とても恋愛したい気持ちになりましたので、五つ星!
From: トモ(NO MAIL) 11月 10日(土)18時16分22秒
2時間かけてあの内容?あのラスト?10年間お互いを想い続けていた切なさや、約束の大切さが全く伝わって来なかった。番宣CMだけで、じゅうぶんな映画。
★★★
From: K.(NO MAIL) 11月 9日(金)02時10分21秒
 かなり女性向きに作られて映画だと思った。展開はこれでもか!っていうくらいベタベタなんだけど、フィレンツェの雰囲気や音楽など、とにかくロマンティックさのみを意識していたので、デート映画としては良いのでは?と思った。映画の途中で描かれてるあおいと順正の出会いを振り返ってるシーンとか見ると、こんな出会いやこんなファーストキスあるかよ!って思うけど、羨ましいとは思ったりする。全体的に「スウィート・ノベンバー」よりはこっちの方が多少良いかなぁと。 それで、俳優について。竹野内はなかなか良かった。そこまで甘い男でもなく普通っぽかったのが良い。でも、相手役のケリー・チャンは魅力ゼロ。自分は彼女を全く良いと思わなかった。他の女優を使った方が作品のためだとまで思った。あと、篠原涼子も。役柄的にも意味ないし、邪魔な存在だった。ちなみに原作については知りません。
★★★★
From: tomo(NO MAIL) 11月 8日(木)22時02分29秒
試写会で見に行ってきました。原作と違うところも多々ありましたが、期待していたのを裏切られることもなく、真剣に見入ることができました。原作のあおいの方は日常生活が書かれているだけ、という感じでしたが映画では順正中心に書かれてあったのでよかったです。なによりもエンヤの音楽がいい!!