千と千尋の神隠し

満 足 度
80.5%
回答者数440



From: いちろー(NO MAIL) 12月 8日(土)21時14分36秒
また映画作るって?引退宣言はどうしたんだ、金に目眩めるなよ〜
★★★★★
From: つのぴ(NO MAIL) 12月 7日(金)12時07分22秒
確かに好きな映画が☆1つとかの評価がつけられると面白くありませんが(僕もその一人)全く同じの脳みそは存在しないんですからそれでよし。んで、僕はこの映画をすでに5回みました。全然お金が惜しくありません。しかしハリー・ポッターをみたときはお金が惜しかった。あのとき千と千尋をみようかと迷った末、ハリーポッターをみましたけど千と千尋をみたほうがよかった、と後悔しました。やっぱり映像美と久石さんの音楽があきさせないのかな。
★★
From: (NO MAIL) 12月 6日(木)12時00分41秒
全然おもしろくなかったとかじゃないんですけど、私は「親」が納得いかなかったんです。子供にとっての親って、あんな態度でいいんですか??私はあの親を「子供にまったく関心のない親」にしかみえなかったんです。千尋がトンネルの向こうで頑張って救ったのに、親の千尋に対する愛情の変化がなかったことが気にくいません。親ってそんなものなんですか?私の親は私に私が支えられないくたいの愛情をそそいでくれてたので、私は千尋の親には育てて欲しくないです。それに親でも理解を求められないと思いました。千尋がトンネルの向こうで頑張って、認められて帰ってきても、その後はどうなんでしょうか?
★★★★★
From: Cray(NO MAIL) 12月 6日(木)08時47分40秒
最高だった。何度もみたいくなるような出来だね。もののけみたいに変にテーマを盛り込んでないし、凝ったアニメーションに可愛い主人公どれも楽しめた。後に何が残るかっつったら疑問ですが・・とにかく面白い。ブスな主人公があれほど可愛いと感じさせるのも凄いし、なによりストーリーがテンポよくコメディっぽいトコもいい。ブレインデッド以来のおもしろさでした。詰まらない、と評価してる人のほとんどがとるに足らないどうでもいいことを批判してるね・・あら探し?
From: ミミ(NO MAIL) 12月 6日(木)08時41分15秒
このアニメって、メッセージ色めちゃめちゃ濃いですよね。宮崎監督としては、このメッセージを読み取ってほしいんじゃないんですかねぇ。何か考えたくなるとしたら、それは、そういうふうに作っているせいではないでしょうか。何も考えずに見れるほど、単純なひとばかりじゃないでしょう。星二つくらいかな・・・。とも思ったけど、なんか↓の人が星一つでないのは分かるでしょう。とえらそうに、自分の感想を人に押し付けてるのに腹がたったので、あえてひとつで・・・。面白く感じようが、つまらなく感じようが、ひとそれぞれの感性です。こういう言い方は、ふたつ下の人がかわいそう。
★★★★
From: リチャードまる(NO MAIL) 12月 5日(水)12時28分20秒
この映画は決して詰まらない映画ではありません。いろいろゴネている方は、アニメだってこと忘れてませんか?ドラえもんやドラゴンボールも世界に誇れるアニメですが、見るときにあれこれそんなに深く考えながら見ます?宮崎駿だから、きっと無理やり考えてしまっているんでしょう。そして、その時点で、この映画にはまっているということです。悪く言えばいうほど、この映画に影響されているのがよくわかります。↓の方は、どこがいいのか教えてくれ!と書かれていますが、さんざん多くの人がこのページで書いていることをよく読み、皆がどこがいいと感じているのかを勉強してください。雑な面も確かにあるし、もっと掘り下げて欲しいと思うところもありますが、重箱の隅を突いているようにしか感じられません。もっと単純に、大きな目で見れば、☆3つはともかくとして、☆ひとつの価値ではないとわかるでしょう。
From: ユウ(NO MAIL) 12月 4日(火)23時38分28秒
あまりにも話題になっていたから見に行ったけど、面白いですかねぇ、これ・・・。なんだか千尋のとろとろした行動にはいらいらするし・・・。この映画がいつまでも公開されているせいで公開が遅れた作品があったりするかと思うと腹が立つ。この作品のために何度も映画館に足を運んでいる人がいるかと思うと、どこが良かったのか聞きたくなる。私は、どこにこの作品の良さがあるのかさっぱり分からない。
★★
From: 鮪若頭(MAIL) 12月 4日(火)01時41分33秒
雑でした。千尋の目的意識が転換する部分をとっても、雑だった。なぜ、えんがちょをあそこまで引っ張るのか。千尋の表情をとるべきじゃなかろうか。銭婆からもらった髪留めの効力も曖昧だったし、見る側を変に惑わせる描写がおおかった。とにかくわかりにくい。その反面、登場人物たちのかわいらしさ、ひょうきんさでカモフラージュしてるかのようだった。それに、どうせなら珀との最初の最初の出会いから見たかった。ものすごく底が浅い世界観だ。小さいものを大きく見せてる。これは映画になりそこねている
From: ねぎ(NO MAIL) 12月 3日(月)19時45分50秒
↓の方の意見に賛成です。作り手側の主張が反映されるのは大いに結構ですが度が過ぎると辟易します。この映画が一体どの辺りの年齢層を狙ったのかは分かりませんが少なくとも小学生にとっては理解不能なのでは?と思います。尚、小生がこの掲示版で★一つを付けたのはこの作品が初めてです。
★★★
From: アルペンレーサー(NO MAIL) 12月 2日(日)23時45分16秒
巨匠と言われた監督の全てが晩年に至っては説教臭くそして観客から離れた映画を作ってしまうが、宮崎駿もご他聞に漏れず「もののけ姫」以上に説教臭いのだ。ドラマに重点をあまり置かずに、全てのキャラクター設定とストーリー展開が現代社会の問題をあまりにも反映させすぎているのがいやでいやで仕方がなかった。ただあまりも現実離れした設定と映像スペクタクルでオブラートしているおかげで観客の90%以上は説教臭さを感じないだろう。見終わった後素直に、たとえば「カリオストロ」「ラピュタ」「トトロ」のように「面白かった」と言える人があまりいないのはそのせいだろう。それにしても宮崎駿は今の日本が嫌い嫌いでしかたがないのだろうか?
★★★★★
From: 浅葱(NO MAIL) 12月 2日(日)12時45分28秒
背景や音楽がすごく良かった。
★★★★
From: (NO MAIL) 12月 1日(土)21時16分00秒
まず予告とか見て思ったのが、「うまい!」でした。もののけがあまりにでっかいテーマだったから、次の作品をどう持ってくるか(どう逃げるか)がまぁ心配というか興味があったというか…。バケモノ話を出したのはホントうまいと思ってます。絵の雰囲気は相変わらずすごく感動します。アレは何度でも見たいと思わせる力持ってますね。話を無視して絵だけ見れば私には生きていく糧になります。ちょっと残念だったのがカオナシとの別れ方。もののけの終わり方にも思いましたが、ありゃ無責任でしょ。両方とも他に仕様が何かないかな。切実に思う。あと、終わり方も強引なトコがあったように思えたし。話が弱いと批評されてるようですが、ソレについては私も少々そう感じました。ワルモノがいないから余計に満足感に欠けるんだろうな。千尋が強くなっていく姿を1バン描きたかったのなら、本当に話が弱い。でもストーリーの流れ・絵の魅せ方は好きだったし、楽しめました。ジブリはやっぱ雰囲気を楽しまなくちゃね。
★★★★
From: bona(NO MAIL) 12月 1日(土)20時11分17秒
監督が最初から言ってるように10歳の子供に向けた映画としてみたらすごくよかった。物語の結末や抱くであろう感想を作る側から指定されず絵本の中を一緒に旅するような気分を味わえた。だから子供に戻った気がした。回りのキャラクターの動きがすごく細かく描かれていて話以上に楽しめた。
★★★
From: のりこ(NO MAIL) 12月 1日(土)00時03分11秒
キャラクターはすごく個性があって魅力的でほんとに楽しかったんですけれども、ストーリー的に謎!な部分がたくさんありまして・・・^^;もっとわかりやすくするシーンなんかを入れたら良かったのではないかと思います。あとハクのその後がどうなったのか・・・あれで終わったら物足りないっす。コナンみたいにエンディング終わった後おまけのシーンがあるのを期待してたけど^^;すごく夢みたいで目を離せない映画でしたけど、疑問が残ってます・・もう1回きちんと見てみようかなー。
★★★★
From: B2(NO MAIL) 11月 30日(金)10時14分03秒
面白かったか面白くなかったかで言えば面白かった。一つ一つの背景やキャラクターの綿密さには驚嘆するばかりである。ただ、内容は子供向けに作っただけあって、確かに幼稚くさいとも思える。子供に見てもらいたいかつ子供心に振り返りたい人の映画。
★★★★
From: よっしー(NO MAIL) 11月 29日(木)16時52分27秒
ちょっとした事情で、意図せず2回見てしまいました。1度目は何だか釈然とせず、2度目は大いに感動。変な比較だけど、ガイ・リッチーの一連の作品と、ちょうど真反対の映画だと思った。「ロック、ストック〜」なんかは、伏線がラストで収束する限りなく100%に近い完成品。で、「千と〜」は枝葉を伸ばすだけ伸ばしてお終いの未完成な楽しさ。唯一起承転結らしきものがある千尋とハクの話なんて、サイドストーリーだし。要するに、2度目だとストーリーを追わなくていいから、目の前に起こるイマジネーションの奔流と断片的なプロットに身を任せられたんでしょうね。説明不足なところが、逆に心地よかった。子供のころ、「ドラゴン対7人の吸血鬼」という、今見たらとんでもないアホアホ映画に本気で恐れおののいた覚えがあるけど、久しぶりにそんな素直な見方ができた気がします(全然意味分かんないですね…)。私としては子供時代を経験し終わった大人にこそ見てほしい作品。だって、変な神様が出てくる度に、映画館のあちこちで「こわ〜い」っていう、子供たちの泣き声が聞こえてくるし…。ファーストインプレッションも大切なので、☆は1回目と2回目の真ん中にしました。
★★★
From: すずみ(NO MAIL) 11月 29日(木)03時22分40秒
キャラクターに手をかけた昔ばなしって感じ。大人が連れ立っていく映画ではないと思う。子供には是非見せたい映画だけど。ハリーポッター現象にも言えることと思うけど最近の大人は幼稚化していないか?
★★★★
From: ちあき(NO MAIL) 11月 28日(水)23時22分37秒
見る前からかなり話題になっていたので期待して見に行きました。見て思った事は<ハク>がカッコイイ!千尋は最近身近にいそうだし、小学生の子でも感情移入して見ることが出来るんじゃないかな。
★★
From: よっち(NO MAIL) 11月 26日(月)18時31分26秒
絶賛している人が多いのですが 自分的には今までの宮崎作品と比べてスケ−ルが小さいような気がしてしまいました。見た評価か星三つくらいなのですが あまりに他の人の評価が高かったりするので 天の邪鬼的に星二つです。
From: チャンネル(NO MAIL) 11月 25日(日)14時04分50秒
まあおもしろかったかな〜という感じで終わってしまった。物語に深みがなく感じられた。
★★★★
From: なな(NO MAIL) 11月 23日(金)12時02分42秒
映画館を出る時になんだか心がほわーんとして、心地よかったです。何がよかったのかはわからないし、ストーリー的には疑問に思うところもあったけど、小さい頃に戻ったような感覚で楽しめました。「映画」を観るつもりの人には不満かもしれないけど、これはこれでいいのではないかと思います。まだ観てない人は観るべき!!
★★★★
From: (NO MAIL) 11月 22日(木)21時56分02秒
普通におもしろかった。内容は、宮崎ワールドだなぁってかんじ。悪く言えば、想像通りだった。ナウシカや、ラピュタ、魔女の宅急便のように、ちょっと現実(現代)離れした感じの方が私は好き。「千と千尋」はなんだか「現代」が頭から離れない感じ(意味不明・・)で、ちょっぴり物足りなかったかも。でも、映像などはキレイだし、さすがだと思った。
★★★★★
From: hal(NO MAIL) 11月 21日(水)09時51分37秒
楽しかった。難しいテーマ等を含まず、純粋に楽しめたので、好きです。深い理由はありません。出てくるキャラクターも好きになれたのでよかった。(私は分かりやすくハクが好きでした・・千尋とペアでが前提だけど。悪役がいないのもいい。監督が言われていた、社会の縮図というのは分かる気がします。知らないところに放り込まれて、うろたえる千尋に共感(ちょっと前まで新入社員だったもので)あえて突っ込むなら、あんなに早く慣れるか?と疑問に思ったところ。でもそれは映画だから、で解決させておきます。無理な感じは受けなかったし。展開とか、レベル高くまとまっててよかった!でも、そのまとまり具合がイヤ、って人はいると思う。
From: こころ(NO MAIL) 11月 20日(火)14時30分28秒
物語がほんとつまんねぇ。最初、千尋たちが町をあるいてるとき「生あります」てゆう看板が微妙に好き。以上
★★★★
From: ふみ(NO MAIL) 11月 19日(月)12時58分26秒
でも、本当はナウシカが一番好きです。関係ないんですが、わたし「カオナシに似てる」って言われました…。
★★★★★
From: Cana(NO MAIL) 11月 18日(日)17時09分40秒
すごく面白かった!!私の中の今年一番に決定。特にカオナシの謙虚さ(?)にメロメロになりました。ただ、千尋の声優がもうちょっと上手かったらなぁと思います。
★★★★
From: たいぞう(NO MAIL) 11月 17日(土)19時37分26秒
安定した面白さかな、ねずみになった坊がお気に入り。けど、もののけ姫のようにドキッとしたところがなかったのがなかった。しかし、何も知らない千尋の親はあの場所にもう一度行きそうだぞ、どうする?
From: ぺこ(NO MAIL) 11月 17日(土)06時58分21秒
私は、どうも宮崎作品は好きになれない。みんなが、おもしろかった、といってるのはわかる気はするのですが、満足度はかなり低いです。本質的にだめ、、、という理由では失礼なので、分析中です。どうしてかな〜
★★★★★
From: スモーキー(NO MAIL) 11月 16日(金)00時27分41秒
最新作だけあって宮崎アニメのおいしいところがいっぱい詰まった素晴らしい作品なんじゃないでしょうか。ラピュタとかみたいに明確なストーリーがあるわけじゃないけど、場面のひとつひとつに情緒と感情とユーモアと味のある動きがあって最後まで釘付けでした。アニメなのにこれこそ映画だよ!って久々に思ったような気もしたかも。ある意味、いままでの宮崎監督の作品のなかでも最高の出来なんじゃないでしょうか。
★★★★★
From: カオナシ(NO MAIL) 11月 15日(木)22時30分52秒
すでに5回みにいきました。正月以降もやる予定ということなので来月また観に行く予定です。友人からマニアとかオタクとかいわれるが好きな事に徹するのことのなにがいけないのだろう。と自分に言い聞かせています。はっきりいって僕は映画は全然みません。しかしなぜかこの作品だけはこんなにのめり込んでしまった。すでに五千円を使ったというのにまだ懲りていない。一体なにがそうさせめのか、いまだにわからない。
★★
From: うみ(NO MAIL) 11月 14日(水)19時50分18秒
ラピュタやナウシカ、もののけ姫的なものを宮崎監督に期待していたワタシなので・・・・・あまり良く無かったです・・・コレに限っては10歳くらいの女の子の感想が訊きたいモンですな。
★★★
From: iwako(NO MAIL) 11月 14日(水)12時44分20秒
おもしろかった。ヤオヨロズの神々が骨休めするお湯屋という場がおもしろかった。私が千尋ならずっとあそこで暮らしてるけどなあ。だって、千尋のお母さんって文句ばかりいって口うるさいんだもん。豚になったって仕方ない。それに湯婆婆もちょっとは懲りて反省してるようだし、リンやハクやカマジイなんかと新しい関係でやっていきたいよ、人間やめて。
★★★★
From: ぱんだ(NO MAIL) 11月 12日(月)22時03分59秒
千尋が、階段を踏み外す瞬間思わすビクッとしてしまった自分に笑ってしまいました(笑)色んな事がたくさん詰まった映画で、見終わった後に一緒に観た人と話をしてみると、それぞれ感動している場所が違うのも面白かったです。
★★★★
From: もり(NO MAIL) 11月 11日(日)20時37分36秒
あまり期待しなかったが、楽しかった。行ってよかったと思う。
★★★★★
From: 小嵐(NO MAIL) 11月 9日(金)23時55分49秒
ハクが自分の名前を思い出した時、泣いちゃった〜。気持ちのいい感動作だと思う。気負わずに観れるのが最高にいい。疲れきった大人にもいいよ。
★★★★★
From: (NO MAIL) 11月 3日(土)23時11分25秒
顔なしは、誰にも相手にされない、そして行くあてもないかわいそうな子だと思います。お父さんもお母さんもいるはずなのに、なぜか帰る場所もない・・・・。でも、そんな子でも役に立つ場所(銭ーバの家)は必ずある♪あてにされる幸せは顔なしの顔を見ればわかります。3回めに観た時、千に「私の大事な物はあなたには出せない」って言われた時は泣いてしまいました。顔なし大好きです。
★★★★★
From: 大豆(NO MAIL) 11月 3日(土)01時13分46秒
大満足!かな〜り面白かった。常々「映画は娯楽」と思っている私にとって理想的な映画だった。最近の宮崎アニメに内包されがちだった説教臭さをあまり感じさせない、純粋にはらはらドキドキ楽しめる映画だった。背景など美術もいつもどうりレベルが高くその部分も楽しめた。ご都合主義的な部分もちらほらあったけど、その部分も許せるくらいいい映画だった。これは映画館の大スクリーンで大音量で見たほうがいいですよ。
★★★★
From: yusuke(NO MAIL) 11月 1日(木)23時56分21秒
けど、ビデオでもよかっったかも・・・かまじいかっこよかったですっ!!
★★★★★
From: hurdygudy(NO MAIL) 11月 1日(木)17時56分39秒
本当にすばらしいかったです。特にこの世界観。でも欲を言えば起承転結の承がない、ことやなんでか知らんがみんな千尋が好きになる…といったことが気になりました。じつはすっごくいろんな要素が入ってるのにあんだけスピーディーに構成、展開させてるところがすごい(笑)とこなんだけど、一個一個の要素が面白そうな分だけちょっともったいないなーとも思いました。いや一挙両得を狙うような無い物ねだりなんですけど。実は劇場より週間アニメ向き?週間アニメになったらわしテレビ買うわ(笑)。それからわしも竜にのるシーンは「あ、龍の子太郎」とか思いました。
★★★★★
From: ayako(NO MAIL) 10月 28日(日)21時11分05秒
面白かった!!私は【もののけ姫】のヒットは???って感じで観たあとに何も残らなかったし、だから何??って感じがしたけど、【千と千尋】は可愛いし、迫力があるし絵もすごいキレイで、最近のディズニー映画と比べてもこっちの方が全然勝ってる!!って感じがしました。(最近のディズニーはあまり好きじゃない。。昔の方が良かった。)私もカオナシにはかなり笑えました。あと、温泉に行きたくなったナーー。
★★★★
From: はな(NO MAIL) 10月 25日(木)22時57分40秒
わかりやすい映画だった。前作の『もののけ姫』は映画が終わったあとに、っで?何がいいたいの???だったけど、今回はわかりやすい。それと、キャラが最高。顔無しの「っあっあ。っう。。。」大爆笑してしまった!!
★★
From: 癒雨季(NO MAIL) 10月 25日(木)16時33分42秒
面白いか、つまらないか?と聞かれれば面白かったのですが・・・。かなりご都合主義的な感じがしたし、そもそもカオナシの存在意義みたいなのがよく分からなかったし。飽きてしまう、とかそういったことはなかったけれども、絵が綺麗で音楽が素敵な映画、という感じ。ラピュタやナウシカの方が遙かに良い作品でした。
★★★★
From: にゃあ(NO MAIL) 10月 23日(火)22時13分03秒
見た後の気持を一言でいうと、「もっと見せろー」です。宮崎駿監督の映画は、「ナウ\\シカ」「ラピュタ」「魔女宅」「耳をすませば」「もののけ姫」と見てきましたが、欲\\求不満が残ったのはこれが初めて。テレビシリーズ位の時間をかけないと、描ききれな\\い内容だったのではないかと思います。
★★★★★
From: まこ(NO MAIL) 10月 23日(火)14時51分02秒
見終わってジワジワくるって感じ。画も音楽も良かったです。素直に見れるほうが楽しめる映画ですね。自分が夢の中で体験した事が映画になったような感覚を私は覚えましたね。だから、つじつまが合ってるんだか分からないけど、どんどんストーリーが進んで行っちゃったり、あまりにアッサリラストがくるのも別に不自然さは感じなかったけど。とにかく、今年見た映画のなかでは一番面白かったです。もう一回見に行こうと思ってますし、DVDがでたら絶対買うとダンナは言ってます。
★★★★
From: 三児のママ(NO MAIL) 10月 22日(月)22時57分00秒
自然や川には神様がいて、よごしてしまったり、無くしてしまうことは悲しいこと、つらいこと。これだけが分かっただけでも今の時代の子供たちには宝です。教科書でも、親でも教えられないことがつまっているってかんじです。心に響いて、子供にもつたわるんじゃまいかな。もちろん、ビデオも買います。。何回も見て欲しいです。
★★★★★
From: ピピ(NO MAIL) 10月 22日(月)20時11分37秒
オクサレサマ見たさに2回目行ってきました。あのお風呂のシーンはスペクタクルだ。圧倒されます。ヘタなハリウッド映画よりずうーっとハラハラドキドキ!
★★★★★
From: miki(NO MAIL) 10月 22日(月)12時51分32秒
本当に飽きない映画でした。ここに私も行ってみたいなぁ。と思ってしまう作品でした。見終わってああ、良かったって思えるものでした。
★★★★
From: flower(NO MAIL) 10月 21日(日)22時25分41秒
宮崎ワールドに引き込まれるようで、良かった。あの、普通では考えられない世界がとてもいい。千の強さがとても、心に響いた。曲も合っていて、感動の連続だった。
★★★★
From: toki(NO MAIL) 10月 21日(日)13時44分47秒
宮崎監督の作品は苦手だったけど、友人に連れられて観てしまった。が、途中から千尋の不安や、ハクのやさしさに泣きまくり・・・。ラストもあっさりしてて気分良かった。宮崎ファンの友人はラピュタの方がいいと言ってたけど。観終わってみると、やっぱ主人公の子供がしっかりしすぎてる気がした(宮崎監督は子供に妙な期待をしすぎてるきがする・・子供はもっと自己中でわがままで泣き虫でいいと思う)でも、もっかい見に行きたくなる映画でした。
★★★★
From: (NO MAIL) 10月 21日(日)00時13分54秒
はなぺちゃの千と 男前のハク♪花も風も町も みんなおなじ♪鑑賞中、何度も心にぐさりときました。現代に生きてることを実感し、明日も生きようと思った次第です。良い映画です。
★★★★★
From: 山金(NO MAIL) 10月 20日(土)01時39分13秒
そして、おれも神隠し。
★★
From: Ryo(NO MAIL) 10月 20日(土)00時25分54秒
本当にようやく見てきました。今まで見なかった理由は、「もののけ姫」のあの説教くささにうんざりして、今回は見るのやめようかなあと思ってたからです。結果は・・・まさしく「ちょっと物足りない感じ」です。もちろん宮崎監督ということで、こちらの要求が高すぎるのかしれませんが。結局みんないいやつで口当たりはいいし、ちょっと謎は残りますがストーリー展開はスピーディーですし、また変に説教じみてませんし、そういう意味ではストレスのない映画です。でもそれだけです。あのラピュタにおける物語の爽快さと物悲しさ、ナウシカにおいて描かれた人間の強さと汚さ、そういうガツンとくるものが全然ないんですよね。これらは初めて見てから十数年たってますが、今でもその衝撃は忘れられません。そのイメージがあまりにも強すぎるんでしょうか。でも宮崎駿監督にはまだまだ映画を作って欲しいですね。そしてやっぱり見に行くと思います。こんな気分にさせてくれる監督ってなんだかんだ言って宮崎監督だけですから。あと、ハクが千を乗せて飛んでるシーンですが、「マンガ日本昔話」のオープニングを思い出したのは、私だけでしょうか?
★★★★
From: おてもと(NO MAIL) 10月 20日(土)00時06分48秒
 最初は全然触手が動かなかったけど、胸の締め付けられるような主題歌を聞いて、一念映画館へ、 ラストはわりかしアッサリしていたけど、おにぎりの所とか全体的な世界観は好きです! ショートストーリーをつなげたような印象があるけども、千尋の成長と考えると、これで良いんじゃないのかな? もう一回ぐらいは見てみたい良作です。
From: たぐ(NO MAIL) 10月 19日(金)21時04分37秒
予告が一番面白かった。結局何がやりたかったのかわからない。消化不良です。
★★★
From: risa(NO MAIL) 10月 19日(金)15時03分34秒
久々の宮崎監督映画ってことでかなりの期待でみたからか、チョットなっとくいかないところがあり。ハクがもう少したくさん千尋と絡むと思ってただけに・・・。私はスピード感のある「ナウシカ」&「ラピュタ」が好きだなぁ〜と改めて実感しました。でも、ほんわかしてて良かったとおもいます。
★★★★
From: マルコム(NO MAIL) 10月 19日(金)12時26分17秒
昨日観てきました。宮崎アニメはほとんど観ていますが何を隠そう劇場でみるのは何とナウシカ以来です。作品としてはもののけ姫よりぜんぜん良かったです。あのさっぱりとした終わり方なんか私ごのみですね。ただ「かおなし」の存在の意味がいまいちよく理解できませんでした。もう少し最後のあたりを何か納得するようにしてもらいかったです。それにしてもあの世界の想像力はすばらしい。無国籍な感じでグッドですよ
From: ウニ(NO MAIL) 10月 18日(木)14時42分15秒
 庭の風景とかはとても綺麗だったし、ハクもかっこ良かったけど消化不足でした。 あの町を”不思議な町”という言葉で済ませていいのか? 人間の汚い欲深さとかはリアルだったけど、どうも盛り上がりに欠けた。感情移入の場がほとんどなかった。 宮崎監督は好きなんですけどね…。
★★★★★
From: 砂漠からの手紙(NO MAIL) 10月 17日(水)23時54分12秒
とても良かった。全体としての感想は、私より文章の上手な方が的を射た批評をお書きになっているので、個々の点の感想を少々。良かった所…1.オクサレサマ環境保護を強く打ち出したこれまでの宮崎作品と違って、我々が普段目を背けている現実を淡々と書き出している。それがかえって露骨に観客の胸を突く。廃棄物が大量に出てくる場面は心に痛かった。2.ハク彼は、私には、日本から失われた清らかな光景の象徴のように思えた。宮崎さんの心の中に今もこの清き友人がいることを、都会育ちとして心底羨ましいと思った。やや物足りなかった所多くの童話からアイデアを拾って物語を展開させている。小さい頃児童文学を読みふけった者には嬉しい事ではあるが、目新しい要素が少なく感じたのも事実。ラスト近くで豚が沢山出てくる所も、ぱっと見ただけで正解が解ってしまった。童話好きならではの不満か(^^;ヾ
★★★
From: KOU(NO MAIL) 10月 17日(水)15時13分48秒
ストーリーに統一感がない。宮崎監督は公開を延期することを何度もプロデューサーに申し入れたけど受け入れられず、強引に締め切りに間に合わせたそうですね。「もののけ姫」のときもそうだったらしいけど、作りながら先のストーリーをころころ作っていったような話でした。そうなると、簡単に主人公に感情移入できない大人にとってはちょっと。。。また、無理やり世相を反映させたような隠喩を用いる必要もないのでは? 「平成狸ぽんぽこ」あたりからおかしくなっていったような気がします。まあ、それでも「おもしろい」作品であるわけで、さすがだとは思います。
★★★★★
From: ユッキ−(NO MAIL) 10月 15日(月)20時25分29秒
宮崎アニメ健在って感じでした。でも、「えんがちょ」は死語ですね・・。一緒に行った妹と頭を傾げてしまいました・・。あとで母にきくまで意味がよく分からなかったし。でも、その他はよかったです。アイデアの原点となった「霧の向こうの不思議な町」は私の愛読書だったもので・・。
★★★
From: まる(NO MAIL) 10月 15日(月)13時20分32秒
この作品は、ストーリーを楽しむ僕にとっては普通でした。なんとなく見に行った作品ではあったがどうでしょう?確かに随所に光るものはあったですが、こうもべた褒めされるのはどうかなぁ〜
★★★★★
From: mos(NO MAIL) 10月 14日(日)22時20分10秒
2回映画館で見た映画はこれが初めてです。この掲示板でも、あまり評価が高いとひねくれた反対の評価をする人がいるものですが、ここまできて5つ星が多いのは、本当に文句なくこの映画がすばらしいものだからでしょう。ビデオが出てもまた見ると思います。
★★★★★
From: (NO MAIL) 10月 13日(土)23時17分57秒
人にしてもらえば、それを誰かにしてあげる・・・・。顔なしがお父さんもお母さんもいなくて、帰るところも無くて、とっても可愛そうに思えました。でも、何だか大好きです。3回観たけど、2回も付き合ってくれた友達に感謝します。(本当は彼ももう1回観たかったんじゃないかな?)
★★★★★
From: つのぴ(NO MAIL) 10月 12日(金)18時56分40秒
もう3回見に行きました。もうすぐ4回目いく予定です。年内やる予定みたいなんで6回はいくかもしれません。もうとにかく最高です。宮崎映画はこれをみるまでは「ぼちぼち観てる」って感じだったのですがこれをみたあとにすぐ「となりのトトロ」のDVDを観ました。トトロは最初みたときジブリ作品の中心的存在とはあまり思えませんでした。が、2回目みてみるととても良かった。で、千と千尋の神隠しですが、みなさんも仰ってる様に映像が超綺麗!あんなキレイなのは一体どうやって書くんだ・・・アニメージュのカラー本をもっていますが、一こま一こまとても芸が細かい。風呂の種類にも「いおう湯」「延命湯」などがきっちりかいてあったり・・・・一度千尋とカオナシがちらばった食べ物の部屋で向かいあってるシーンの絵をどのくらい難しいかかいてみたら徹夜もいれて一週間もかかりました!ジブリはすごい!そしてきちんとギャグも入れてる。ギャグも大笑いするほどでもなく「クスっ」ぐらいですぐ物語に集中できてよかったです。カオナシが銭婆の家で編み物してるのもすごくかわいい。このカオナシが「ストーカー、すぐキレる若者、汚い手口で人を騙す」などの現代人を表してるらしいですね。しかし僕はこのカオナシはもっと違うことも表現してると思いました。(具体的にはわからない)最後に・・・・3回目をみにいったときにフィルムの調子がおかしいのか、突然音声が消えてしまいました。5分間ぐらい・・・・かなりイライラしましたね。初めての方はもっとご立腹だったんじゃないでしょうか・・
★★★★★
From: 4回目...(NO MAIL) 10月 12日(金)07時56分36秒
こんなに見る事になるとは...予想していなかった作品です。しかし、不思議と4回とも感じ取るものが違いました。それが、この作品の最大の良さだと思います。内容については、大部分の方々が語ってくださっているので、共感という言葉にさせていただきます。胸の奥に、不確かな形で、直接語りかけてくる映画というものは、ある種の財産だとココで実感します。
★★★★
From: K(NO MAIL) 10月 12日(金)01時57分13秒
 あまりの大ヒットぶり&混雑ぶりに見に行く気がだんだんと下がっていったんだけど、見たら全然面白かったです。エンターテインメント要素が強くて良い。「もののけ姫」みたいに下手にメッセージ性こめて説教臭いのより、誰が見ても楽しめる宮崎作品が自分は好きです。内容的にも盛りだくさんでアニメとしては短くない上映時間を飽きることなく見られて非常に満足。 この映画でずば抜けているのはやはり宮崎監督によるキャラクターの描写だろう。千尋の喜怒哀楽の描写は申し分ないし(おにぎり食べながらなくシーンとか特に)、その他の神様達もそれぞれが独特の個性を持っていてそれが遺憾なく発揮されている。キャラクターが良いからこそ宮崎作品は生きるなぁと実感した。彼の想像力はすごいなぁ。
From: あき(NO MAIL) 10月 11日(木)21時23分02秒
これでいいのか,宮崎サン!!,,,と云いたい.皆さんかなり満足された様ですが私には伝わりません.もののけ姫は好きなんですけど.ギャグ線が強いため映画自体の印象がぼやけます.ハクとの関係も発展しないし,,,.ちょっと物足りないですね.
★★★★
From: SUZU(NO MAIL) 10月 11日(木)16時21分27秒
題名、ファーストシーンから始まり、センとハクの危機と乗り越えるヒントに貫かれている1つのメッセージ。「自分の名前を大切に」それは、この世に生まれ、名を受けた”自分自身”を大切にすることなんだと、受け取りました。見終わって劇場のトイレで順番を待ちながら、無意識に、名前をもらってからトイレに至るまでの自分の存在の軌跡をイメージしていました。当然、生まれたときもトイレに並んでいる今も”ひとり”なんですけど、いろんな場面でいろんな人に愛されたことが想い出されて、幸せな気分になりました。「ありがとう」と言いたい気持ちです。作品としては、さすが、タイミングを1つも外さず、最後まで気持ちを放さない。やっぱり宮崎作品は超1級なんだと再認識しました。ただし、宮崎作品キャラクターがたくさん出てくるのは、サービス過剰な感じで、馴染めなかったです。
★★★★★
From: ゆっきー(NO MAIL) 10月 10日(水)23時21分29秒
今日、2回目をみてきました。前はストーリーを追ってたんだけど、今回はすばらしい映像とセリフにより感動しました。影の使い方が絶妙ですね。今年、この作品に出会えたことがとてもうれしいです。
★★★★
From: TAK(NO MAIL) 10月 10日(水)14時40分57秒
壮大なストーリーでもなく、勧善懲悪でもないけれどやっぱり面白かった。キャラクターの多さ、空を飛ぶシーンなど宮崎作品らしかった。でも予告で見ていると戦闘シーンがもっとあると思っていたのになくて残念。現代批判をもう少しストレートに表現しても良かったように思えるけど仕方ないかな。でも安心して見られるやっぱり宮崎作品はすごい。
★★★★
From: カワムラ(NO MAIL) 10月 10日(水)11時31分00秒
昨日、観てきました。二回目です。(一緒に行った人は三回目)二回目ということもあって、今度は冷静に観ることができました。(一回目はただただ圧倒されるばかりで、細かい部分に目はいかなかった)はぁー、やっぱすごいですね。映像がめちゃくちゃ綺麗でした。なんといっても油屋。私好みの和風っぽい建物で、思わずうっとり。私も一度お風呂に入りにいきたいです。そこで働く人たちも皆愛嬌があっていいですね。ハクはやっぱり、かっこいい。一番好きなシーンは冒頭部分。あと上空の監視の目から千尋をかばうところ。一人悶えておりました。リンさんもかっこいい。前回はいまいちストーリー展開が把握できなかったのですが、今回は前回の知識があったのできちんと楽しめました。ちょっと急な展開ではあるものの、それを差し引いても最高の出来。二時間で収めようとするからいけないんですよね。削ったりせずに、四時間でも五時間でも上映して欲しい。(あ、スタッフの人、過労で倒れるかな?)前回は三ツ星だったけど、今回は四ツ星。千尋の魅力を再認識できた二回目でした。
★★★★★
From: ユリ(NO MAIL) 10月 10日(水)11時00分40秒
2回も見に行ってしまいました!なんかホノボノ〜としてて胸があったかくなるような映画です♪
★★★★★
From: あや(NO MAIL) 10月 9日(火)23時16分01秒
すごくおもしろかったよ〜!!最初は本当におもしろいのか〜〜っとか、並んで観るほどはねえー・・・なんて、思ってたけど実際 並んで観たらかなりおもしろかったし、感動もした!!ビデオで出たら是非欲しいし、もう1度観たいって思える作品だよ〜っ!!感動アリ、笑いアリってね (。・_・。)ノ
★★★★★
From: サコ(NO MAIL) 10月 9日(火)16時04分27秒
個人的に宮崎作品は大好きで全部見ましたがこれが一番すきだなー。あの世界に入りたくなってしまいました。途中で涙が出てきそうにもなりましたし。こういうアニメは久々に見ました。お金と時間をかけて見たかいがありました。
★★★★★
From: マルコ(NO MAIL) 10月 9日(火)01時01分00秒
この世界に行って見たいなぁ.童心に返れました.ありがとう.
★★★★
From: そういち(NO MAIL) 10月 8日(月)11時48分06秒
まさに感服・敬服。とにかくそのイマジネーションとストーリーテーリングにただただ脱帽の至福の2時間でした。個人的に3時間あってもイッキに見れたと思います。お見事!!
★★★★★
From: グリグリ(NO MAIL) 10月 8日(月)00時16分05秒
宮崎作品としては最高傑作ではないけど、今年の公開映画の中では間違いなく最高。ディズニーと違い、夢の世界だけでなく地に足ついたアニメって感じで、納得できます。観賞後の爽快感も宮崎独特。ジャンル映画の定型にこだわらず、かといって統一した世界観も失われず、大人でも自分の中の子供と向き合って対話できる傑作です。
★★★★★
From: 竜崎麗香(NO MAIL) 10月 7日(日)23時14分29秒
説教くささがそれほど感じられず、ひさびさに純粋にストーリーにのめり込めました。2時間があっという間。とにかく絵がすごい。日光があたって白っぽくなってる壁とか、水の感じなどなど、数え上げればきりがないです。欲を言えば、ストーリーに統一感が欲しかったかな。絵に目を奪われててさほど違和感を感じさせませんが、それぞれのエピソードを無理やりつなげてる感は否めない。それを補っても余りある宮崎アニメ、ジブリパワーすごし。1800円分。楽しめました。
★★★★★
From: 偽淀川(NO MAIL) 10月 7日(日)20時06分15秒
日本のアニメって凄い!個人的に日本風が好きです。あの油屋の造りが凄く良かったです。勿論内容も。何かあんな建物があったら凄い良い。昇降機に書いてある『天四』とかの字とか『F4』と書かないところが素晴らしい!
★★★★★
From: てつ(NO MAIL) 10月 7日(日)14時56分16秒
はっきり言ってめちゃめちゃ楽しかったです!自分的にはもののけ姫よりおもしろかったです!!友達にすすめられてなんとなくこの年でアニメなんて・・と思ってはじめは期待していませんでしたが=いざ見てみると映画が終わったのにも関わらずみんな席をお立ちませんでした!木村弓さんの歌にもひかれました!
★★★★★
From: 英一(NO MAIL) 10月 7日(日)13時50分01秒
本当におもしろかった〜!!やっぱり宮崎作品はおもしろいや〜♪予告が多いんで、ストーリはなんとなく分かってた〜♪でも、おいらの中で映画って、どれだけ現実逃避・・つまり、入り込めるかってことが重要だと思っているから、そう考えると、本当によかった〜よ♪今までの宮崎作品では、カリオストロやナウシカ、ラピュタ、もののけ、紅の豚・・(未来少年コナンも入れて欲しい^^;;)なんかが好きだったけど、今回の「千と・・」も好きな作品たちの是非入れたい、これらに順番をつけるでなく、ひとつひとつが、僕にとっては、胸躍る映画でした〜♪ん〜やっぱ、宮崎監督の鳥瞰図的な書き方は〜きもちいいな〜♪
★★★★★
From: NIKO(NO MAIL) 10月 6日(土)23時59分53秒
前述のたろささんと全く同意見です。ここ数年の宮崎アニメにはほとんど楽しめたものがなかったので、今回も・・と半ばやる気なさそうに見ようとしていました。しかし、いきなり最初からぐんぐんと引き付けられ、そのまま最後まで飽くことなく見ることが出来ました。なんでこうなるの?といった矛盾点もこの監督ならではの味付けでしょう。「もののけ姫」ではなかった涙腺が緩む感動も今回はたっぷり堪能できました。
From: マイカル(NO MAIL) 10月 6日(土)22時31分14秒
これと言って心に残るものが無くてつまらなかったです。面白いと言ってる人を否定したりはしませんが、私には面白さはわかりませんでした。トトロとか紅の豚とかは好きなんですけどね。
★★★★
From: たろさ(NO MAIL) 10月 6日(土)14時17分10秒
正直いって最初はあまり期待はしてなかったのです。前作のもののけ姫がちょっと内容的にこだわった作品だったので、またそーゆー作品だったらそこそこの感じなんだろなーってくらいに考えてました。でも毎回毎回見る人の期待を裏切った全く違うものを作りたいと、以前何かのコメントで宮崎さんが言ってた通り今回も全く違うものを作ってくれたので嬉しいです。また、今回は私、試写会で見たのであまり前評判に惑わされず見れたのも幸運でした。前評判とか評論とか聞かないで理屈ぬきで見たほうが絶対いい!とにかく気持ちよく見れてその日は上機嫌でした。また見まーす。
★★★★★
From: かちんこ(NO MAIL) 10月 5日(金)18時16分45秒
かなりおもろかった。
★★★★★
From: 身長2メートル(NO MAIL) 10月 5日(金)18時00分04秒
とっても面白かった!今年劇場で観たなかじゃベストだね。個人的には昔読んだ『遠野物語/柳田國男:著』を思い出した。あの「マヨイガ(迷い家)」に行ってみたいなぁと思ったもんだったけど、“千と〜”を観て実現したよ。サンキュ、ミヤザキ。僕は宮崎信者じゃないし、どちらかといえばアニメ嫌い。だから逆になんにも求めないニュートラルなスタンスで観たんで、純粋にワクワクドキドキ出来たのかも。終盤なんて、「まだ終るなよ!もうちょっとこの世界に居させろよ!」なんて思ってしまった。まだまだガキだね。“八百万の神々が集う湯屋”という設定を思いついた時点で、この映画は勝利してると思う。そんな世界で“起承転結なストーリー”や“論理的な展開”や“合理的な解決”なんて要らないもん。細かいツッコミなんてムダムダ。破天荒な世界で、制約なしで、好き放題やらかした映像。そりゃ面白くもなるよ。とりあえず、アニメ嫌いはしばらく返上。今からツタヤに“もののけ”と“ラピュタ”を借りに行ってきます。
★★★
From: LEO(NO MAIL) 10月 4日(木)18時52分35秒
宣伝のしすぎか?見る前からストーリーも何となく分かっちゃったし、そして期待しすぎたせいもあり、いまひとつ気持ちが盛り上がりませんでした。でも、スピード感溢れる展開で、あっと言う間の2時間でした。
★★★★
From: からん(NO MAIL) 10月 3日(水)20時11分30秒
「どこにでもいる普通の女の子」の成長と自立をテーマにしたそうですが、私には千尋がナウシカやシータ、その他の宮崎ヒロイン達と被って見えました。女の子に限らず宮崎映画の主人公達はみな真っ直ぐな心を持ち思い遣りに溢れ、躊躇わず、根本的な所でとても強い。人としての理想の在り方です。それを真正面から描いて清々しい気持ちにさせてくれる宮崎映画が私は大好きなんですが、主人公の顔を変えるならその辺ももうちょっと変えても良かったような気もします。今までのヒロイン達とちょっと違ったのは、世話になった釜爺に礼を言えとリンに叱られる所ぐらいかなぁ。さつきもキキもその辺はきちんとしてたから。面白かったのですが、宮崎監督にはやはりスピード感溢れるワクワクドキドキの冒険活劇をもう一度!
★★★★★
From: akito(NO MAIL) 10月 3日(水)16時44分07秒
すごく良かったです。 何回も見たくなる映画で、その度に新しい発見がありすごく好きな映画でした。
★★
From: tetwoya(NO MAIL) 10月 2日(火)15時58分33秒
正直騒ぐほどのものかと思う。最後の終わり方など強引にもっていきすぎだし、千尋がこの経験でどれだけ頼もしくなったのか描いてもよかったんじゃないかと思う・・。もののけに続いてこれも全米進出するのか?
★★★★★
From: たかし(NO MAIL) 10月 2日(火)00時49分26秒
不思議の街に広がる気味悪い程べたっとした真っ青な空。私はこの青一色だけで主人公と共に異世界へトリップしてしまった。監督恐るべし。
★★★★★
From: 千與ルイス(NO MAIL) 10月 1日(月)17時00分25秒
↓毎日新聞の書評(該当サイトの9/23付で見られます)はおかしいですよ。「不可解で解消されない物語」と文句を言いながら、「主人公に選択にあたっての悩みがない」「ゲームのように自分の役割を果たしているだけ」であり、だからよくない、とはどういうことなのか。自身こそが、「選択の悩みがない」「三文ゲームのように当たり前で安心の結末に帰着させてくれる」ものを望んでいる人間であることをいきなり主張・露呈しながら、そんな文句の付け方をされてもねえ。この映画はいわば「右脳」的に、感覚的・全体的なとらえ方をしてなんぼのもので、左脳的に、直線的で解決的な物語を求めるのみであると解釈を誤る。それに実際、謎が多いという点にしたところで、例えば「トトロはどうしてああいう形なのか?」「なぜ子供にしか見えないのか?」、物語は別に合理的な説明をしてはくれない、そんなことは常に含んでいたわけで、これは多少それが多いという程度であり、なぜそれほど問題にするのかがそもそも不明ですが。
★★★★★
From: ↓まあまあ(NO MAIL) 10月 1日(月)13時02分21秒
ナウシカはたしか16才?でしたよね。それに環境(死の森とか村長の娘だとか)が千尋と全然違いますよ。それでナウシカと同じ決断力とか求めてもかわいそう。ゲームに浸っている現代の10才ではあれでいいのではないですか?宮崎カントクもその辺は書分けていると思いますよ。
★★★
From: ダー(NO MAIL) 9月 30日(日)23時36分01秒
やっぱり今回も見せすぎ、予告。あれで展開のすべてがわかっちゃったので、新鮮味がなくなってしまいました。確かに、映像の美しさと、最後まで息もつかせぬ展開にすごくおもしろかったんだけど、なんとなく何かひっかかる。それが最近某新聞に載ってた評ではっきりしました。千尋が自分で考えたり悩んだり決断するところがあんまり感じられなくって、彼女はただ振りかぶってくるできごとへの対処に一生懸命だったって感じがした。そうすれば自動的に成長していくロールプレイングゲームみたいな。そこがナウシカとの違いって気が。でも子どもに見せたい映画であることに違いはないんだけどね。
★★★★★
From: にゃんこ(NO MAIL) 9月 30日(日)15時01分00秒
楽しかったです〜〜♪宮崎駿さんの作品は最高ですね〜♪
★★★★★
From: (NO MAIL) 9月 30日(日)13時34分24秒
続く・・最高に良かったです。坊をあんなに可愛がっていていても、すりかわっても気づかない・・・本当に大切な事を教えてくれていました。
★★★★★
From: (NO MAIL) 9月 30日(日)13時29分58秒
私の宝物の甥っ子(8歳)がデジモンとポケモンと千・・ともう一回観たいのはどれ?で決まったのが千と千尋・・で私も2回観たけれど、良かったです。顔なしを一緒にバスで連れて行くシーンが
★★★★★
From: クレマ(NO MAIL) 9月 29日(土)17時17分59秒
心温まる映画でした。また観たいです。自分が小学生の頃に持っていた気持ち(正義感・友達への思い・自信・疑わない心・ひたむきさ)を思い出し、千尋と重ねながら観てました。あ〜懐かしい!「えんがちょ」は良く分かりませんでしたが・・・。私が知っているそれと似たようなものでは「フッポン」がありました。友達のポケットから何かを取り出したときは、そのポケットに息をフッと入れてポンと叩くというものでした。そうすると何かが帳消しになるんじゃなかったかな。これを知っている方はいらっしゃいますか?
★★★★★
From: tarpo(NO MAIL) 9月 29日(土)14時35分25秒
話の筋、背景美術、物語のテンポ、どれをとってもよかったと思います。はじまって30分ぐらいで宮崎駿の世界にもっていかれました。
★★★★★
From: (NO MAIL) 9月 29日(土)10時56分10秒
宮崎さんの作品は、どれも大好きだけど、この作品が一番好きです。確かに、この作品は他の作品に比べると ストーリーとしての 起承転結 勧善懲悪 がはっきりしていないし、世界も特殊で、観客にとっては戸惑ってしまう部分が多いんだすよね。でも私は、この作品には、他の宮崎作品では描ききれていない「人間の本質」があると思うのです。。ここまで「人間とは何か」にスポットを当てた作品って、他には無いんじゃないかな。今までの代表作はモロに「自然保護」みたいな主題が多くて、ちょっと閉口したけど、今回はそうじゃないところも良いです。きっともう一回くらい見にいくと思います。
★★★★
From: うに(NO MAIL) 9月 29日(土)01時22分00秒
好きですねー。引き込まれて2時間強を過ごしました。「坊」が、ツボでした。姿を変えられても、かわいいことかわいいこと。。。ラピュタが、いちばん好きですけど、これはこれでいい作品だと思います。氏の頭の中を見てみたい。
★★★★
From: hilo(NO MAIL) 9月 28日(金)17時12分09秒
結構,宮崎監督ってキューブリックと同じで,社会批判とか多いんだよね.名前忘れたけど,ゴミだらけの神様の中から自転車が出てきたところなんかチョット嫌味すぎ.興行収入はトップになったけど,なんかね.ストーリー的には,『もののけ』と差はないし.個人的には,昔の作品(『ラピュタ』とかね)の方が上だと感じる.
★★★★★
From: ひみ(NO MAIL) 9月 28日(金)06時37分39秒
映画を見終わった後なんていって言いかわかんない気持ちになりました。ちょっと、千尋の心の成長の仕方があれ・・?って思ったんだけど、物語に引きこまれちゃってどうでもよくなっちゃいました。でもそう思えちゃうっていうのも凄いことなんじゃないかと。ともかく、わたしはこの映画大好き!ほんと見に行ってよかったです(^^
★★★★★
From: 記録(NO MAIL) 9月 28日(金)02時55分13秒
日本記録更新したんだってね。そりゃするはずだよ。最高やった。見てすぐハマッタし、最後まで惹かれっぱなしやった。もう一度行こうと思ってます。
★★★★★
From: (NO MAIL) 9月 28日(金)01時05分43秒
良かった(^^)やっぱ好きだな〜って思いました。私が10歳くらいだったらもっと良かったと思う。
★★★
From: イカちゃん(NO MAIL) 9月 27日(木)12時01分54秒
やっと見ました。うーん・・・面白かったには面白かったけどまわりが騒いでるほどではないなぁと思いました。今までの宮崎監督作品の中で突出しているかって聞かれるとどうかなぁ?という気がします。絵は良かった。あの不思議な感じいいですね。あと、個人的にはカエルとリンが好きです(笑)。この2人にはもうちょっと活躍してほしかったなぁ〜。2時間では時間が足りなかったのかもしれないですね。もっといろんな話を盛り込んでほしかったです。
★★★★★
From: パク(NO MAIL) 9月 27日(木)09時06分50秒
ある種の「映画的起承転結」を無視した作りに不満な人もいるかもしれないけど、個人的には型を無視してここまで完璧な映画はこれまで無かったと思います。大抵破綻しちゃうんですよね。ただテンポがいいだけでなく、情報の詰め込み方も凄いと思う。またそれが苦にならずに見られる演出も最高でした。一見宮崎映画の集大成、でも中身はかなりくせ者。最高。
★★★
From: カワムラ(NO MAIL) 9月 27日(木)04時24分26秒
やっと見に行きました。とても面白かったですよー。でも所々に難点が・・・。話の展開が急で、もうちょっとしっかりとした土台を作った方がいいと思います。世界設定をきちんとして、観客にわかりやすく説明して欲しかった。でも、そんなもんどうでもいいや、と思える程面白かったです。千尋がおにぎり食べながら泣いているところは一緒に泣いたし、感情移入はできましたー。衣装や建物が和風っぽいのもいいです。色調が鮮やかでうっとりしてしまいました。もののけはそんなに面白くなかったけど、これはいいです。最後に、「ハク、ちょーかっこいい!」
★★★
From: ひろ(NO MAIL) 9月 27日(木)00時51分07秒
これが日本で一番になった映画なのかな?なぜか宮崎映画に期待してしまいすぎてしまいます子供から大人まで見るから仕方ないのでしょうか??俺的にはカリオストロもナウシカもラピタも・・・越えてない気がします
★★★★★
From: ひろぽん(NO MAIL) 9月 26日(水)18時04分33秒
最後まで美味しい美味しいと食べられる料理のような映画でした。映画館を出た瞬間、ためらいなく「面白かった」と言えた初めての映画です。理屈抜きでの面白さ。私の中では最高傑作。宮崎監督もまだこんな映画を作れるんだと安心しました。映画に何かメッセージや理屈を求めたりする人には不向きな映画かもしれませんね。
★★★★★
From: Cia(NO MAIL) 9月 26日(水)13時38分22秒
彼氏と見に行きました。見終わった後、私は彼の感想が気になってどきどきしながら尋ねました。「どうだった?」「うしろでうるさかったカップルや前で騒いでいた親子連れが映画が始まると気にならなくなった。それが全てだろ?」私が彼を好きになった瞬間でもあり、この映画に対する感想の全てでもあります。
★★★★★
From: 桑原 和也(MAIL) 9月 26日(水)12時07分28秒
僕が映画中に声を発したときはおもしろい作品であるというジンクスがあるのですが、この作品ではおもわず「ウィルソンは後ろだ!」とか「火付け!」とか叫んでしまったことからかなりおもしろかったということがわかると思います。だからみなさんぜひレンタルビデオ屋に足を運んでちょ。ってこれはキャストアウェイの作品のことでしたわ。和也勘違いといったところです。まあみなさん気にしないで下さい。
★★★★★
From: あい(NO MAIL) 9月 25日(火)14時27分42秒
おもしろすぎて二回も見たヨ。最後にいっしょに飛ぶシーンがめちゃくちゃよかったヨ。最後、ハクの名前がわかったのも愛の力だね。
★★★★★
From: (NO MAIL) 9月 25日(火)12時37分53秒
最初から引き込まれますね。2時間ちょっとがあっとゆうまでした。千尋が現実世界にもどってからの話がほしかったけど、ないほうがいいのかな?どちらにしても、また観に行きます。
★★★★★
From: ぽむ(NO MAIL) 9月 25日(火)09時35分45秒
やっぱりこの監督の映画は大好きだなあ。あそこが駄目だった、とか、気に入らない、とかいつもツッコミどころばかり探してしまう私だけどほころびが気にならないぐらい、「好き」とおもえる映画でした。終わってしまうのが寂しくて。この世界から離れるのが寂しくて、もう一度見たい、と思わせるノスタルジックでやさしい力がある映画。
★★★
From: ras(NO MAIL) 9月 25日(火)02時41分10秒
うーん。私としては★2.8ぐらいでした。確かに、音楽も絵もよかったし雰囲気も伝わっているようですが、エピソードが足りないのか、2時間ぐらいで表せなかったのか、てな感じで、中途半端さが残っていい作品なんですけどあんまりすっきりしない印象な映画でした。ちょっと残念。どうしてもラピュタとか魔女の宅急便、もしくは、おもいで〜みたいにすっきりしてなかったのでみなさんが思うほど良いとは思えなかったです。理解力が足らなかったのだらうか?
★★
From: fith(NO MAIL) 9月 25日(火)01時14分21秒
私にはとてもいい作品には思えなかった。もしかしたら、私の感性がおかしいのかもしれないけど。確かに映像や設定、音楽はすばらしいと思う。これまでにないほど、よく考えられているといえる。それだけで世界に引き込む力はある。けれど、主題がない。主題がなけば映画が成り立たないとは思わない。意味不明な映画があって当然だ。しかし、ジブリがそういう作品を出すというのは私としてはちょっと嫌だ。10歳の少女に見せたかった、といううようなコメントがあったが、それは少し言い訳のように聞こえる。なぜなら、そんなこと過去の映画にも言えそうなコメントだからだ。確かに少女は成長したのかもしれない。自分から意思を示し、ハクを救おうとしたのかもしれない。それなら、なぜ成長する前の姿を描かなかったのか。いきなり迷い込んだ不思議の世界に順応していく少女の姿はあまりにも等身大の少女とはかけ離れた印象を受ける。感情移入はできる。しかし、現実の自分自身に同化や比較は出来ない。たくましい主人公、という意味での感情移入だ。この問題は案外すぐに解決できる。油屋に迷い込む前の話を長くしてエピソードを撒き散らしておけばいい。いわゆる伏線だ。これだけで全然意味合いが異なってくる。しかし、プロローグがあまりに短いためにそれがない。一体少女はあの場所で何を得、どこが成長したのか。全く分からない。そのほかにも設定の粗さもある。いや、設定の粗さというよりも、エピソードの不足である。双子の婆婆。ハクの本当の名前。元の世界に戻れる条件。などなど。元に設定があったとしても、描かれていないために取ってつけたような展開だといわざるをえない。すべてが唐突なのだ。質問のない答えをいきなり突きつけられたようだ。喩えるなら、コースメニューのディナーでいきなりメインディッシュ来たという感じだ。「え?もうステーキ?っていうかいうディナー始まったの?」私にはこれがいい作品だとはどうしても思えない。
★★★★
From: hoge(NO MAIL) 9月 24日(月)22時12分41秒
主題は今までの宮崎作品のいくつかと同じものでしたが今までよりも肩の力を抜いて楽しむことができたように思えます。
★★★★★
From: かのかの(NO MAIL) 9月 23日(日)20時29分37秒
ストーリーよりも映像を楽しみました。今回は水の描写が最高でした!どこまでも広がる水面・・。美しかったです。あの列車での風景が宮沢賢治の銀河鉄道の夜を思い出させました。美しくてせつなくて懐かしかったですね。
★★★★
From: あゆり(NO MAIL) 9月 23日(日)16時42分23秒
正直言って、もう少しストーリーを練り上げてほしかった。中途半端なラストだった気がする。いろいろな謎を残すのが目笛だと言われればそれはそれで仕方ないけれど。しかし、やっぱり映像は綺麗!ほのぼのとしたキャラクターで、楽しめた。他の方もコメントされているが、和洋折衷な雰囲気もたまらなく良かった。なかなか良い作品だったと思う。
★★★★
From: らっすぅ(NO MAIL) 9月 22日(土)15時07分39秒
前作『もののけ姫』を観たときに、もう宮崎さんも終わった…と思っただけに、この復活は嬉しいです。アニメならではの世界を存分に堪能できました。
★★★★
From: ナガ(NO MAIL) 9月 22日(土)09時07分21秒
 面白いですが、宮崎映画の中で飛び抜けているという気はしません。でも宮崎監督は特別な思いがあって作ったのだと思います。 ネタバレ注意! 今の世の中のことを考えると、映画を通して伝えたいものが溢れるほどあるのでしょうが、伝えるときと伝えないときの境が欲しいです。オクサレ様(もどき?)から自転車が出てきたりとか・・・ねぇ?それはもののけ姫で充分!
★★★★
From: (MAIL) 9月 22日(土)08時50分07秒
心に残る名作だと思います。最高の出来までは、いかないけど何か心あったまる、不思議な気持ちにさせてくれる映画でした。千尋の働く姿に感動しました。
★★★★★
From: フランク(NO MAIL) 9月 21日(金)23時36分10秒
はじめまして。面白いというか、いい映画だった。一生懸命やれば必ず夢は叶うというのがよく伝わって来た。(実際はこんなうまくは行かないだろうけど…努力がそのまま、成功に結びつくとは限らないからね…まぁたとえ失敗してもその努力はこれからの人生のプラスになるからいいんだけどね…)
★★★★★
From: はな(NO MAIL) 9月 21日(金)09時42分17秒
ディテールはいろいろ感じましたけど、最後にはやはりすばらしいと感じた。リアルでない世界をリアルな世界と結び付けて、広がりを持たせてくれる感覚が非常に好き。あっちの世界が本当かも・・・って思わせるような。人の良心をアニメーションという手法を上手に使ってバランスよく表現出来るところがすばらしい。表現には毒がないとつまらないと考えているが、宮崎駿氏には必要ない思う。それだけ宮崎ワールドは有効だと思う。宮崎駿氏は日本が世界に誇れる数少ない人だと思うので、これからも作り続けてもらいたい。
★★★★
From: uluru(NO MAIL) 9月 21日(金)02時15分15秒
えー感想ですが、面白かったです。感動〜!っていうのはないけど、やっぱどきどきわくわくできて、私はああいう宮崎駿のも好きだ(トトロみたいな)。ハクが超かっこいかったね。あと個人的にああいう和洋折衷の古臭い感じが大好きなので、それも嬉しかったなあ。どちらかというとストーリとかよりも内部の襖とかお風呂とか、いろんな神様がいろいろしてるところとか、そういうのが印象にあるなあ。思わず帰り際に2700円の画集を買いそうになったんだけど、やっぱもうちょっと考えてからにしようとおもって、でも今になってやはり買えばよかったと思っています。しかし川の神様が汚染でどろどろになってるのは「またか〜」という感じでちょっといらないかとおもった。
★★★★★
From: イヒッ(NO MAIL) 9月 20日(木)18時32分44秒
すっごい感動した!
★★★★
From: ねこの(NO MAIL) 9月 20日(木)15時32分32秒
画面の隅から隅まで見るところがいっぱいで楽しめました。脇キャラもよかったです。もう一度見たい。
★★★
From: ポチ(NO MAIL) 9月 20日(木)09時07分35秒
子供が観たらきっと千尋と同じように、びっくりしたりドキドキしたりしながら観る事ができるんだろうな、と思いました。自分はすっかりいい大人なので…まぁまぁ。て感想ですな。『もののけ姫』よりは全然良かったです。素直に物語として楽しむのが良いかと思います〜。
★★★★
From: レノ(NO MAIL) 9月 19日(水)14時13分26秒
チョー、おもしろかった!ビックリした!泣けた!
★★★★
From: buibui(NO MAIL) 9月 19日(水)13時32分50秒
序盤の緩めな始まりから、中盤から終盤にかけてのフルスピードな展開にはびびりました。だから見終わった後に「ん?」と何か引っかかる感じがするんですけど、「ま、いいか」と思ってしまう。不思議な作品です。テーマは良かったんですけど、まだよくなるはず。もう一回こうゆうのやってくれないですかね。
★★★★
From: nashie(NO MAIL) 9月 19日(水)10時29分04秒
友達は川はナシでしょ。というんですが、私は楽しかったですね。思わず笑ってしまうシーンがけっこうあって、素直に入り込めました。愛だろ、愛の台詞も、じいさんの感想だと思ってたので、そんなひっかからなかったですよ。あとで思い直すと、ん?ってとこはありますが、いい映画を観たと思えます。
★★★★
From: まゆみ(NO MAIL) 9月 18日(火)12時44分26秒
本当は行きたくなかったんですが、友達に無理やりつれてかれました。でも行ってよかったです。素直に楽しめました。ハクが、WJの某キャラに似てんですが。笑坊役の子、うまかった也。
★★★★
From: nuu(NO MAIL) 9月 18日(火)10時25分31秒
なんか、あっという間でもっと長く見てたかったよ。千尋の心の成長過程を一話づつのTVアニメ化して見てみたいなぁ。
★★★★
From: nyoro2(NO MAIL) 9月 18日(火)01時29分32秒
おもしろかったです。最高とは思わないけど。ただ、今年の映画の中で一番儲かったってのは素直に賛同できる(笑)他の映画がひどかった分輝いて見えた夏休みの大作。ラピュタのほ〜が個人的には好き。無難にまとめようとしてるのがときどき見えちゃう。あと、ハクと千尋の関係を「愛」と言い切っちゃうオヤジのセリフが私はすごく浮いてるように感じちゃったんで…あのあたりからちょっと引いたかな。坊ねずみやオオトリ様なんかのキャラクターはさすがだなあ〜って感じ。いるだけで画面が和むようなものを作り出せる才能ってすごい。あと、やっぱり隠れテーマは自然VS人間(というか…自然と共存したくてもどこかでできない人間の姿というか)なんですね。ときどき宮崎アニメを見てるとたとえ楽しい作風でも哀しくなるのはこのせいなのかな。
★★★★★
From: 1192(NO MAIL) 9月 17日(月)22時24分55秒
最高
★★★★★
From: VMPIRE(NO MAIL) 9月 17日(月)19時49分10秒
今年一番はこれ決定でしょ。物語はもちろんあの世界の風景とゆうか町並みの感じがいい何度もいろんな場面を思い出してしまう。
★★★★
From: kumago(NO MAIL) 9月 17日(月)12時59分37秒
楽しかったです。好きな漫画10巻を一気に読み終わった時のような余韻が残る映画でした。これくらいの軽いのりだと、見ていて気楽です。個人的に「もののけ」はまったく面白くなかったけれど、これは単純に「楽しかった!」と思えます。面白いんじゃなくて、楽しかった。そう思える映画でした。
★★★★★
From: ice(NO MAIL) 9月 17日(月)03時01分02秒
正直、よかった、というより好きな映画だ。いろいろエピソードがもりこまれていて、飽きない感じ。キャラの立て方も上手だと思う。(ネタバレ御免)オクサレ様の時に、川の神様は龍だとみせているので、ハクが龍なのをみて、おそらく川の神様だろと思っていたら案の定・・・。最後はいまいちはっきりしない気もしますが、あれでいいんじゃないでしょうか。まぁ、まとめにはいりすぎた感はありますが。「忘れてない。思い出さないだけ」ラストのトンネルの方を振り向く千尋の顔に、その台詞がだぶって、ちょっとぐっときました。いい映画です。
★★★★
From: nana(NO MAIL) 9月 17日(月)02時12分01秒
おもしろかったです!顔なしとか、キャラも個性的でかわいいし、なにしろハクがかっこよくて好き。*^^*でもラストが「え?もう終わっちゃったの?」って感じでちょっぴり物足りなかったので、☆4こです。
★★★★★
From: tak(NO MAIL) 9月 17日(月)00時06分32秒
いい作品でした、終わり方がハッキリしてないのでいろいろ考えました。キャラも個性的で所々に笑いがあって可愛かったです。この夏一番でしょう!
★★★★
From: もんきち(NO MAIL) 9月 16日(日)18時17分34秒
もう一回観たら、理解できたかな。また観ようかと思わせる出来。
★★★
From: ブタまん(NO MAIL) 9月 16日(日)16時52分44秒
う〜ん。まあまあだった。もう1回みたいとは思うけど。ちょっと物足りなかったな。最後は えっっ!もう終わりと思った。こっちの世界戻ってきて、その後があったらよかったな。
★★
From: さば(NO MAIL) 9月 16日(日)02時25分44秒
う〜む。わからん。私は子供心をどこかに忘れてきてしまったのか?「魔女の宅急便」以後、エアポケットにはまってしまった。
★★★★★
From: まゆ(NO MAIL) 9月 16日(日)00時39分39秒
今年一番の映画でした。普通の現代っ子の千尋が大切な人を助けたい一心で少しずつ成長していく様子にすっかり入り込んでしまいました。あのカオナシはもしかしたら誰の中にも存在する部分なのかも・・・。千尋自身にも親にわかってもらえず表現できない、押さえつけられた感情があって、だからカオナシを理解してあげられたのかもしれません。誰にでも忘れていないけど思い出せない幼い頃の思い出があって、今の自分を作ってるんでしょうね。もう一度観てみたい映画だけど、「振り返っちゃいけない」のかな?
★★★★★
From: まさし(NO MAIL) 9月 15日(土)17時33分47秒
2回見ましたが、やっぱりすごすぎる!映像、ストーリー共に最高の出来!絶対みるべし!!!!
★★★★
From: i :toshie(NO MAIL) 9月 15日(土)12時32分59秒
映像が すばらしかった いつか夢の中で 見たことがあるような 風景で懐かしい様な気がした スト−リは 最後の終わり方が 少し物足りない気がしました でも良かったです
★★★★
From: hken(NO MAIL) 9月 15日(土)00時46分22秒
トータル的に考えてよい映画だと思います。映像、音楽、ストーリーがかみ合っていると感じました。ただ、一つだけ。もう少しラストシーンをはっきり強調させてくれればよかったと思います。さあこれからだ、と思って観ていたらエンディングになってしまっていました。
★★★
From: すら(NO MAIL) 9月 15日(土)00時41分02秒
う〜ん、他の監督の作品なら絶賛だけど、この監督の作品なだけに、肩すかしを食らった気分。けっこう小粒な作品だよね〜。期待してみたけど、ちょっと期待はずれ。ちぇ。最近にありがちな説教臭さが薄かったのはよかったけどサ。
★★
From: OU(NO MAIL) 9月 15日(土)00時39分17秒
全てがまあまあという感じ。5年に一回くらいならこういう映画を観てもいいかな。
★★★★★
From: KAWA。(NO MAIL) 9月 15日(土)00時30分44秒
良いね〜めっちゃ素敵な話しだよね、最期でちょっと感動したよ〜マジでちょっと泣いたし(笑)宮崎駿は本当に良いよね!あの人の映画って本当に素敵だよね、千と千尋の神隠しは本当に面白かった。
★★★★
From: かおる(NO MAIL) 9月 14日(金)20時05分09秒
つっこんだらきりがないのかもしれないけどハクの本来の姿が川(の神様?)ってアリなのかな〜ってちょっと思った。でも切なさがすごく感じられる映画だった。
★★★★
From: PHS-NIGHTDIVER(NO MAIL) 9月 14日(金)00時47分05秒
観終わって思ったこと、この映画は子供向きなんでしょうか?
★★★★★
From: BAYBARS(NO MAIL) 9月 13日(木)11時21分58秒
やっと見てきました。期待通りの出来。映像と音楽のすばらしさに脱帽です。でも、やっぱり僕は『豚』が好きです。
★★★★★
From: カテキン(NO MAIL) 9月 13日(木)04時47分06秒
音楽がとてもその場面に合っていて、よりいっそう物語を引き立たせているように感じました。文句なし5つ星
★★★★
From: これや(NO MAIL) 9月 13日(木)02時22分47秒
手足がガリガリの少女がたくましく、成長するのかなと思ってたが違いました。印象に残ったのは、隣席に座ってたおばーさんが「感動させてもらったわ」とつぶやいたことお子様にも見て欲しいが、お年寄りにもお勧めできるのではないでしょうか。
★★★★★
From: 一起(NO MAIL) 9月 11日(火)12時22分16秒
五つ星はあげ過ぎかな?4.5が妥当かも。とにかくとにかく癒される。「もののけ姫」にがっくしだった私としては、本当に癒された。ありがとう。ハヤオ先生。
★★★★★
From: 冒険者たち(NO MAIL) 9月 11日(火)01時06分07秒
「A・I」以来、映画は久しぶりだったので、9月10日午後、本編含め3本の映画を立て続けにいっきのみ!・・・そのせいか年齢のせいか、この映画には体力的、精神的についていけなかった・・・。やばいよ!人間的に堕落してしまったような危機感を感じている。映画を観た帰り、夜の闇の中に、一つ一つのエピソードやキャラクターが走馬灯のように浮かんでは消えていった・・・。彼らは私の中にもう一度戻って来てくれるだろうか。
★★★★★
From: ひろ(NO MAIL) 9月 11日(火)00時37分27秒
これはよかったよ。宮崎映画大好き。なんかね、夢見てるようなカンジだった。面白くて楽しくて映画見ているような夢みることってあるでしょ?そんなカンジ。小さい頃、誰もが経験する大冒険。親の膝元を抜け出して、広くて不思議な世界に駆け出していくこと。それは現実の世界でもファンタジーでも夢の中でも大人になっていく上で同じような意味を持つと思うんだよね。現実の世界があまりに厳しい今の日本の普通の子どもたちに、君たちも大丈夫だよ、っていってる宮崎監督の優しい声が聞こえました。
★★★★
From: ぽち(NO MAIL) 9月 10日(月)22時17分50秒
ありふれた感動ものではなく、お涙頂戴というわざとらしいストーリでもなく、素直に感じさせられました。もう一回見てみたいです。
★★★★
From: 衝撃のファーストブリット(NO MAIL) 9月 10日(月)21時03分34秒
まず声優陣を見て、おいおい大丈夫か、このキャスティング・・・と思いつつ映画を観たのだが悪い予感は的中。キャラと声が合っておらず、正直言って下手でした。違和感がかなりある。(千と千尋の神隠しに限らず最近の映画は吹き替えに芸能人を使う傾向があるようだが、本当にその映画を成功させたかったらプロの声優陣を使うべきである!!)例えば千尋の声なんかは田村さんや小桜さんなんかはどうであろう。またBGMも過去の作品と比べると印象が少ないような気がする。とは言ってもこれらは作品のストーリーや世界が救ってくれていると思う。千尋も今までのキャラクターとは違う味をだしている。それとこの作品の凄い所は先にも言ったがその世界観であると思う。やはりこの作品においても宮崎駿のセンスは輝いていたと思う。最後に時間の長さを感じさせなかったのはこの作品の凄い所の一つといえるだろう。僕の中では「となりのととろ」に及ばず!ベスト5には入るんですけどね(笑)。
★★★★★
From: ライダー(NO MAIL) 9月 10日(月)18時53分54秒
そろそろ空いてるかな?っと思って日曜日に行ったら。。。全ての上映時間が満席^^;で、平日&台風の中、観にいきました(それでも満席だったけど)映画は。。。。面白かったの一言です。流石は宮崎監督だなぁっと感心させられぱっなしでした。途中、ウルッとくる場面もあり、私的にはもののけ姫以上の感動でした。ただ、下の方が書いてあるようにこっちの世界に戻ってきた後をもう少し、描いて欲しかった(そこが残念)でも、総合的に観れば間違い無く、今年NO.1の映画でしょう!
★★★★★
From: ライダー(NO MAIL) 9月 10日(月)17時58分53秒
そろそろ空いてるかな?っと思って日曜日に行ったら。。。全ての上映時間が満席^^;で、平日&台風の中、観にいきました(それでも満席だったけど)映画は。。。。面白かったの一言です。流石は宮崎監督だなぁっと感心させられぱっなしでした。途中、ウルッとくる場面もあり、私的にはもののけ姫以上の感動でした。ただ、下の方が書いてあるようにこっちの世界に戻ってきた後をもう少し、描いて欲しかった(そこが残念)でも、総合的に観れば間違い無く、今年NO.1の映画でしょう!
★★★★
From: りんどう(NO MAIL) 9月 9日(日)18時23分13秒
千尋が頑張る過程の彼女の心情がもう少し欲しかったのと、ラストこっちの世界に帰ってから何か欲しかった。それだけが減点対象。後は文句ナシに面白かったな〜!顔無し可愛い!宮崎監督には100まで生きて映画作って欲しいっすよ。
★★★★★
From: 彩子(NO MAIL) 9月 9日(日)14時02分11秒
おばあちゃんが、千と千尋が観たいというので一緒に観に行きました。私はわざわざ映画館へ観にいくほどアニメ好きではないので、最初は「おばあちゃんの付合い」程度にしか思っていなかったのですが、いや〜、面白かったです。映像はきれいだし、やっぱり家で観るより音も良いし。女性同士、で行くには結構お勧めだったりします☆
★★
From: Captain(MAIL) 9月 8日(土)05時15分33秒
宮崎監督の映画で初めて涙が出なかった。理解は出来るけど、感じる事が出来なかった。今までは、感じさせてくれる作品こそが宮崎監督作品だっただけに、残念でならない。今までの宮崎監督作品の様に、上映直後に観客の満足感で充ち満ちた館内の雰囲気は今回の作品では感じられなかった。次回作に期待したい。また監督やってくれるよね・・・。
★★★★★
From: see(NO MAIL) 9月 8日(土)02時25分48秒
とても心に響く作品でした。現代人への皮肉や訴えようとしていることが巧みに表現されていると思います。そして普通に現実に戻るという、あっさりとした結末。それがまた私達が「えっ?」と思ってしまう。しかしその意外性が充分に余韻を与えてくれるように思いました。
★★★★★
From: 翔夢(NO MAIL) 9月 6日(木)23時59分42秒
意地張って「もののけ姫」を映画館で見なかった私ですが今回は見に行ってまいりました。混雑避けて平日の昼間にいったにもかかわらず相変わらずの人の入り…。個性的なキャラクターに「すごい!」の一言。ほんわかした気分にしてくれました。素直に涙が出たし。久石譲さんの音楽もファンです。
★★★★★
From: キアロスタミ(NO MAIL) 9月 6日(木)15時19分49秒
紅の豚、もののけ姫があまりにつまらなかったので、今回もあまり期待はしていなかった。それがかえってよかったのかもしれない。表の顔である天空の城ラピュタのような痛快さの下には、現代社会や現代人に対するメッセージがちりばめられている。見事なバランス感覚というほかない。
★★★★★
From: (NO MAIL) 9月 5日(水)23時47分56秒
また見に行きたいな楽しかった!!
★★★★
From: ドリ(NO MAIL) 9月 5日(水)23時32分58秒
良かった。その時間、十分に楽しめたので。建物やいろいろ細かい部分(自然景観だけではなく) 見るところが多いのもその要因。ハクの名前のシーンもちょっと涙が出そうになりました。会場は子供の観客も多く「怖い!もう帰る!」と途中泣き出し途中退場している家族も多発。子供にはちょっと怖い?・・かもしれないな たしかに。
★★
From: 小隊長(NO MAIL) 9月 5日(水)20時50分58秒
良くもなく悪くもなくといった感じ。どちらかというと退屈な映画だった、映像もそんなに良いとは思わなかった。だんだん宮崎作品がつまらなくなってる気がする。
★★★★
From: てんく(NO MAIL) 9月 5日(水)13時35分46秒
完璧というわけではないけれど、あえてどこがダメだったか考えるのもバカらしいなぁって思える作品でした。観てる間ずっと楽しめて、繰り返し観たくなる映画だと思います。
★★★★★
From: h−まり(NO MAIL) 9月 5日(水)11時23分07秒
 私は雰囲気で映画を見る人だからすごくいいと感じました。あのミニキャラ達がちょっと気になるけどそこは子供向けということでご愛嬌。 最初にあの世界に入ったときの、恐怖と不気味さは、子供の頃に見た悪い夢に迷い込んだ時に似てて、すごくぞくぞくできて最高です。ピンクの花柄の建物。誰もいない行楽地跡。1人で取り残される心細さ。もう一度味わいたい切ないものがあの映画にはいっぱいありました。
★★★★
From: 297g ネタバレ注意(NO MAIL) 9月 4日(火)23時44分29秒
宮崎映画の中では、好きな方、でも終わり方があっさりな気が・・・
★★★★
From: 銀幕三十郎(NO MAIL) 9月 4日(火)19時31分03秒
複雑なストーリーにきちっとまとまりがつくというようなオーソドックスな傑作ではない。しかし、共産主義に関するものをはじめとして、思わず意味を掘りさげてしまう象徴的要素が散りばめられており、実に興味深い。日本と西洋との通底というのがひとつの隠しテーマであろう。日本の神話とギリシア神話との類似という着眼は的確だが、あのラストは「オルフェ」(監督:ジャン・コクトー)と比較されてしまうので苦しい。
★★★
From: モフモフ(NO MAIL) 9月 4日(火)18時53分31秒
マイナスの理由を思いつくままにあげてみた。1.ストーリーやキャラクター設定にディズニー的な媚びが見えた(ネズミとカラス)2.美術は良いが、キャラクターデザインがあまり洗練されていない(宮崎駿色が希薄)。3.1を含めて、良くも悪くも、商業的な意図と方針で作られた映画である。(宮崎監督がそれを許容出来るだけ大人になったということか)4.魅力的な世界観ときめ細かい演出には脱帽ものだが、ストーリーとしての完成度は余り高くない。中盤でいくつかのエピソードを平行して語って行く語り口は未熟ではないが、「ラピュタ」のロボット兵〜シータ救出の辺りの奇跡的な語り口・演出などとは、比べるべくも無い。飛行シーン、ラストシーンのカタルシスへの誘導も、かなり強引。 また、ハクを巡る伏線の処理は余りにもひどい。この意見には、おそらく多くの人が共感するだろう。大幅なカットなどが原因かもしれないが、残念だ。5.神話や童話の古典からのモチーフやエピソードからの安易な借用が、鼻につくくらい多い(この世界のものを食べろ、何を聞かれても同じことしか言うな、名前を奪われると支配される、子供を大事にする魔女(子供がすり返られたのに気づかない)、名前を取り戻すと力を取り戻す、通過儀礼としての地獄(沼の底)めぐり、ラストの謎かけのくだり(「答えは無い、というのが答え」)、振り向いてはいけない、などなど)。ただ、上記以外の全ては素晴らしい出来だった。特に、水上を走る列車のシーン。あのイメージの鮮烈さは圧巻だった。あのシーンを見られただけでも、見に行った甲斐は充分にあったと思う。
★★★★
From: 桑畑四十郎(MAIL) 9月 4日(火)02時01分09秒
『もののけ姫』では、テーマが大きすぎて最後は上手くまとまっていなかったですが今回の作品ではしっかりメッセージが伝わってきました。登場キャラもいいですね。
★★★★
From: sen(NO MAIL) 9月 4日(火)01時18分34秒
おもろかったぞ。暇だったから二回連続で見た。
★★★★★
From: HAL(NO MAIL) 9月 4日(火)00時02分37秒
もう最高っ! 千の頑張っている姿に胸きゅんっです。宮崎監督の作品の中で私は一番好きかも! 映像も美しいし、心洗われました。
★★★★
From: ぺん(NO MAIL) 9月 3日(月)21時34分15秒
ハクのフルネームは・・・これ見ると正体ばれるから、これもネタバレの一種?てなわけで改行↓ニギハヤミ コハクヌシ ですよ。
★★★★
From: へも(NO MAIL) 9月 3日(月)21時13分59秒
文句なしに面白い作品でしょう。世界観も居心地が良く、終わってしまうのが寂しい感じがしました。本編で知ることの出来ない裏設定がしっかり出来ているため、その世界自体に深みがあったのが凄く良かった。欲を言えば、ストーリーがまとまり過ぎている所がもの足りないと言えばもの足りない。
★★★
From: こた(NO MAIL) 9月 3日(月)18時00分40秒
悪い映画では全然ないし、絵の技術も前作よりかなり上がっていると思いましたが、いまいち消化不良な感じがしました。宮崎監督なので点が辛くなってしまうだけで、他の人が作ったら4つくらいはつけると思います。ただ、この人は最近いろいろなことを考えすぎてしまっている感じがします。そのため難解なところや意味不明なところがでてきてしまったのでしょう。私の好みとしては、シンプルな冒険劇であった昔に戻ってほしいです。
★★★★★
From: はる(NO MAIL) 9月 3日(月)17時23分00秒
私は素直に「良い!」と思いました。久しぶりに映画の中の世界観に浸れたという感じ(ほら、最近浸れる映画って少ないじゃないですか。そんなことない?)。それだけでも良かったな。話は違いますが私の回りで観てた子供たちは「恐い恐い」と言いながらも食い入るように観ていたのが印象的でした。子供ってすごいというか、もしかしたら全部わかってるかもしれないな、なーんて思ったりして。
★★
From: M・M(NO MAIL) 9月 3日(月)03時39分14秒
圧倒的に評価のいい映画なんで、書き込むのに気が引けるが、書きますよ。さすが宮崎監督!とうなるほど素晴らしい映像ではあったが、ストーリーも含めて前作以上の作品になったとは思えない。すごく楽しんで作ったんだろうとは思うけれど。個人的には物足りない。ファンタジーの世界に遊ぶ、という点では満点の作品だろうが。
★★★★★
From: 圭子(NO MAIL) 9月 2日(日)22時41分42秒
キャラクターが全てかわいかったです。
★★★★
From: こっこつ(NO MAIL) 9月 2日(日)15時33分29秒
さっぱりすっきりいい映画でした。教育上いい映画ですね。でもラストがちょっと軽かったきが。もう少しなにかを訴えて欲しかった。まあ、ハクがかっこよかったのですべてよし(笑)あ、どなたかハクの本名フルネームで聞き取れた方いらっしゃったら、教えてください。こはくぬししかわかんなかった。 アシタカとハクのどちらがかっこいいかは、クラスの女子が二つに分かれて討論してるところです。うーん、甲乙つけがたい。宮崎アニメのヒーローは豚でさえかっこいいもんなあ。
★★★★★
From: オカシラ(NO MAIL) 9月 2日(日)01時08分32秒
どこかに書いてましたが、「現代の資本主義社会によって失われつつある生きる力を取り戻す。」ということがこの映画のテーマだと思います。カオナシは生きる力の対極として描かれてますね。もう30を過ぎて仕事に疲れた私のような大人が見ると、すごくやる気になります。ありがとう、千と千尋。
★★★
From: レイコ(NO MAIL) 9月 2日(日)00時43分27秒
子供が見るのには夢があっていい映画だと思いますが私はそんなに心にしみませんした。その前に見たもののけ姫の方が自然の大切さとかがすごく伝わってきてよかっただす。でもカオナシはキャラ的には面白かったけど、いったい何の為に出てきたの?分かる人いたら教えて下さい。
★★
From: しあん(NO MAIL) 9月 1日(土)20時15分11秒
内容はまあこんなもんでしょう。この掲示板では軒並み評価が高いようですが、ちょっと理解できません。そんなに最高!ですかね。まあアニメはあえて劇場で見ることもないなと改めて思いました。
★★★★★
From: ぢーくふりーと(NO MAIL) 9月 1日(土)18時36分46秒
 良い作品じゃないですか〜。これまでのもののけやラピュタのように血なまぐささが全然無くて、むしろおもいで〜や魔女宅のような万人向けな作品になってますね。千尋とハクの二人もなかなかロマンチックに描かれてたように思います。やっぱ油屋の人たちを大変な目にあわせないためにも、ゴミのポイ捨て等はやめましょうね(俺も気を付けよう・・・)。
★★★★★
From: クラリス(NO MAIL) 9月 1日(土)17時37分51秒
きっつぁんさんへ(ネタバレあり)ハクの正体は龍。つまりハクは川の神様なんですね。だからハクは神隠しに逢ってあの世界に行ったのではなく、最初から神様の世界の住人だったのではないでしょうか?今は埋め立てられ、名前を失い、そこを湯婆婆につけ込まれてしまっていたんだと思いますよ。いい映画でしたね。
★★★★
From: yuki(NO MAIL) 8月 31日(金)22時47分58秒
あんまり見たいとは思ってなかったのですが友達に誘われて行ってみたら!!!いつの間にか、話しにすごく引き込まれ口開けて、見てました。最後には涙流して、思いっきりはまってました。千尋とハクのつながり、何だか愛しくて懐かしい、そんなやさしい気持ちにしてくれる映画だと思います。
★★★★
From: きっつぁん(NO MAIL) 8月 31日(金)19時41分07秒
海外にはない”濃い”映画で自分的にはよかったのですがつまらないことかもしれませんが、なぜ川が神隠しにあうのかといのが疑問に感じてなりません。
★★★★★
From: ブリジット(NO MAIL) 8月 31日(金)16時14分37秒
映画見終わった帰り道外国人に道聞かれて「あ・・・あ・・・。」カオナシか、私は。
★★★★★
From: (NO MAIL) 8月 31日(金)16時01分05秒
とても面白かったです!キャラクターがそれぞれ個性的で、きれいな風景で、最後の方のハクと千尋の会話が特に心に残りました。
★★★★
From: ミラ(NO MAIL) 8月 31日(金)15時08分19秒
見終わった後は?な部分が多くてこれはよかったのか?と思ってましたが・・・・いや、あとからじわじわボディーブローが来ますね・・・。帰り道、小さな小川を見つけてふと自分の田舎の川を思い出して「あの川はまだあるだろうか?ハクはいるだろうか?」なんて考えたらじわーっと涙あふれてきて・・・。田舎に帰ったらまだ川はありました。でも田んぼのあぜ道がアスファルトになってました。道の神様は今ごろ湯屋に疲れを癒しに行ってるんだろうなぁ・・・・。
★★★★
From: もみじまんじゅう(NO MAIL) 8月 31日(金)13時00分18秒
話題にしすぎたせいか、思ったほどではなかった。でも、見たかいはあったと思う。
★★★★★
From: shou(NO MAIL) 8月 31日(金)11時25分36秒
凄い楽しくて感動した。最後の言葉なんて凄いよかった
★★★★
From: 米とか(NO MAIL) 8月 30日(木)23時49分29秒
この話って、3・4日そこらのできごとですよね(?)。こんなに短い間に、お湯屋さんの仕事も一回くらいしかしてないのに、千尋が変わっていったりハクのことを思うようになったり大きな騒ぎがたくさんおこったりするのには、少し物足りなく感じました。それにテーマの歌以外の音楽も、今までの宮崎駿映画のなかで一番好きにならなかったです。でも、ハクの本当の名前と千尋とのつながり方には感動しました。川と人との間に愛が芽生えるなんて、五月蝿い気もするけど、すごくロマンティックですね。設定がとても心にしみました。そして映像の美しさと華やかさには感服です。やはり宮崎映画は好きだと再確認しました。
★★★★★
From: 四谷(NO MAIL) 8月 30日(木)23時21分01秒
宮崎駿の本質は丹念な生活描写と美しい美術、そして何よりもセルアニメーションという媒体でなくては表現できない世界を作り出すことにある。そして巧みな語り口とエンターテインメント、商業性、作家性、イメージの奔流と巧みで魅力的な意匠とセンスという映画にとって必要不可欠なもの全てを持ち合わせていることにある。この作品は様々な暗喩が張り巡らされておりそれぞれを掘り下げていく楽しみを持っている。一見すると少女の冒険談、成長物語に過ぎないのだが、表現のひとつひとつ、言葉のひとつひとつを解き明かしていくと恐るべき情報量に満ちている。油屋(湯屋)というよりも日本の古い温泉街のかつての夜の風景はまさに「混沌」そのものだった。猥褻さと欲望と癒し等様々なものが一緒くたになって展開されるまさに「不思議の町」だった。この「混沌」はそのまま人間を含めた「地球」そのものの暗喩となっている。また、この作品そのものが宮崎駿作品の集大成的役割を担っているとも考えられる。「千尋」は「キキ」であり「ナウシカ」でもある。「トトロ」の森と「もののけ姫」の森。「ラピュタ」の炭坑と「もののけ姫」のタタラ場。釜爺は「紅の豚」の飛行艇野郎共の様にも見える。高所の恐怖と階段ギャグ、囚われの身は「カリオストロの城」でもありインダストリアでもある。あえて主要キャラに千尋の両親と同世代の人物が出てこない事などは作劇の上手さを感じる。また、この両親の無礼さはそのままこの映画を子供と一緒に見に来た親たち(とその世代)への皮肉なのだろうか?ところどころフェリーニやタルコフスキーとも取れる描写があるのだが?(オマージュなのかな?)
★★
From: たんたん(NO MAIL) 8月 30日(木)18時59分54秒
主人公が普通の女の子なので、脇を面白いキャラクターで固めたのは分かるけれど、それがかえって雑多な感じになったのは否めない。ラスト(両親と再会した後)で、千尋の成長が伺えるような工夫が欲しかった。行きも帰りも、母親の手にすがって歩く姿が気になった。少年ハクとの関係も、もっと深めて欲しかった。
★★★
From: JoKer(NO MAIL) 8月 29日(水)15時25分45秒
最後まで何を訴えたいのかが解らなかった、まあ、ジブリの作品だけあって全体の出来は良いとは思うけど、ここまで高い評価をされてる理由はがオレには解らない。
★★★★
From: ちゃらきち(NO MAIL) 8月 29日(水)02時25分57秒
面白かったが、ラストが・・・。もうちょっと考えろ!!
★★★★★
From: とろひめ(NO MAIL) 8月 28日(火)23時01分53秒
おもしろかった〜。なんだか胸がきゅうぅっとなる映画でした。またやっぱり歌がいいです。最後に歌を聞きながら、…それでも千尋はいつか幻想だったと思うようになるのかもなぁと思い、だけれど、得たものは脈々と千尋の中に残って行くんだなァと思い、せつなくなっちゃいました。ところで。あのお風呂屋最高です。あんなお風呂屋ないかな〜〜〜。あと心くすぐられるキャラが多かった。声優も素敵。…夏木マリ、文太最高です。しかしベストヒットはカオナシの「…ア、ア、」ですかね。
★★★
From: ハム太郎(NO MAIL) 8月 28日(火)22時33分17秒
う〜ん。
★★★★
From: ジョージアンヌ(NO MAIL) 8月 28日(火)17時17分02秒
面白かったです!後半、釜爺の台詞から、沼の底に於いてもっと紆余曲折があるのかと思っていたらそうでもなく、あっさり終わって拍子抜けしたのは否めませんが。「顔なし」に込めたメッセージは少し説教臭い嫌いがありましたが、ハクが非常に魅力的だし、独特の宮崎ワールドがしっかりつくこまれていて、感動の涙こそ出ませんでしたが、本当に「楽しかった」です。余裕があればもう一度劇場で見たかった。DVDが出たら買います。
★★★
From: yoshi(NO MAIL) 8月 28日(火)09時08分35秒
あまり観た事のない宮崎監督の作品だったのですが、友達に誘われ鑑賞してきました。映像のすばらしさにはものすごく感動。あれだけの少ないスタッフであそこまでできるというのはすばらしいことだと思います。でも僕自身感情移入全然できず終わったあとも何も残らなかった。友達には「素直じゃない」とさんざん批判されましたけどね。あと劇場は満員だったのですが、結構要所要所で大爆笑なシーンがあったのに僕には全然笑えなかった。観終わった数日後「もののけ姫」をはじめて鑑賞してみたんですが、僕的にはもののけの方が良かったです。
★★★★★
From: TEMMA(MAIL) 8月 28日(火)02時32分38秒
「60の坂を越え、ハードな制作状況にもめげず、よく頑張った。感動した。」なぁーんてね。いや、しかし「もののけ姫」には多少の失望を覚えた私だったが今作の映画的達成度には素直に脱帽だ。そのパワーは「パール・ハーバー」を遙かに凌駕し、そのイマジネーションの豊かさは「AI」などが足元にも及ばない高みだ。これぞ、まさしく宮崎駿ワールドの「集大成」だ。と、同時に「新境地」でもあるところが二重に素晴らしい。「集大成」というのは自己パロディースレスレの部分まで含めて過去の宮崎作品への目配せが、そこかしこに感じられることだ。言うならば、キャンディーズの「微笑み返し」だ。わからない人にはスマップの「スマック」と言い直そう。「新境地」というのは過去の作品には見られなかった猥雑さと猥褻さが強く感じられることだ。このあたりが私のような中年親父には非常に楽しかった。(なにしろ舞台は八百万の神々のソープランドだもんね。)「幕末太陽伝」を連想したと言った人もいたが、私はフェリーニの「81/2」が頭に浮かんだ。(だからアメリカよりイタリアでヒットするかもね。)であるならこの「異界」の様相が物語的に多少(いや、かなりかな?)辻褄が合わなくても納得というものだ。だいたい我々が生きている「現世」そのものが不合理でアナーキーな存在なのだから。「差別」「戦争」「暴力」「病」「貧困」「悪」「死」なるほど、何時の世も、どんな時代も、生き難く、生きるに値しない世の中ですが「あー、生きていて良かった。」と思うことも確かにあるのです。まさに「人生は、祭りだ。」だ。映画ファンなら、生きることに疲れたり、生きることに否定的になったときはまた「千と千尋の神隠し」を観て「生きる力」を授かりましょうよ。いやはや、この先、この映画を子供と争って何度観ることになるのやら。
★★★★
From: わとそん(NO MAIL) 8月 28日(火)01時55分01秒
ゆるい。「もののけ姫」でとことん自分の表現を追及して身を削ったあとだけに、また、もう長編作らないといったのに(たぶん)商売上担ぎ出されたという事情もあるだけに、宮崎監督の気合はあまり入っていないようでした。いつになくいいかげんに作っているみたい。結果、宮崎駿の統率力による個性は薄れ、参加スタッフそれぞれの個性がまとまりなく適当に出たと思います。それで、ゆるい。でも、そのゆるさが今までの宮崎作品とちょっと異なるこの作品の面白さにもつながっていると思う。この作品が持つにぎやかさみたいなものは、多分このゆるさから来る宮崎駿不可侵地帯が多いことによるバラエティから来るもので、表現の豊かさの震度から来るものではないと感じます。その意味でいえば、宮崎アニメーションというよりはジブリアニメを楽しめるといってもいいと思います。その反面、メッセージの処理の仕方などは、まぎれもなく「もののけ姫」通過後の宮崎作品でもあるところがまた興味深い。ラストの収め方の冷静さは演出家として宮崎監督がある意味大人になったことを示していると思います。「魔女宅」のラストと比べれば明らかです。そういう成熟を手に入れたことはいいことかもしれないけれど、(紅の豚以降うすうす感じてはいたけど)漫画映画的おおらかさ漫画映画的豊かさを感じさせる空間表現はもう宮崎監督はできない・・・やらないではなくて、できないと感じてちょっぴり寂しさも感じました。
★★
From: デーモン智(NO MAIL) 8月 27日(月)17時25分24秒
このサイトでの評価が高いということと、自分の評価はなかなか一致しないものということは良く理解していましたが、これほどまでとは・・・・?最後まで何の共感も持てず、又新鮮なメッセージも受けとることが出来ませんでした。宮崎監督頑張れ!
★★★★★
From: ヤマダ(NO MAIL) 8月 27日(月)13時08分45秒
所詮子供の映画だと思ってましたが・・・はまりました!!どんどんあの世界に引き込まれちゃって。自分もあの世界にいるような感じです。そして忘れかけていた子供の頃の気持ちを少し取り戻せたような気がします。エンディングロール中は涙が出ました。なぜかわかりませんが。もう一度見たい!!
★★★★★
From: タカ(NO MAIL) 8月 27日(月)00時44分03秒
よかったね。自分の中では宮崎作品では、ナウシカ以来の感動作でした。もう一回観てもええよって感じ。おもしろい映画でした。
★★★★★
From: しげ(NO MAIL) 8月 26日(日)17時35分49秒
元々アニメとか漫画が大嫌いなので宮崎さんの作品はまさに「食わず嫌い」の状態で全く観たことがありませんでした。この「千と千尋」もつきあいで仕方なく観たのですが、いざ始まったら面白いの何の!独特の世界観とかキャラクターすべてにオリジナリティが溢れてて感激しまくりの作品でしたよー!!!千尋もメチャメチャ可愛くて好感が持てました。やっぱり「食わず嫌い」とか「頭が固い」ことはよくないですね。最高の映画でした。
★★★★★
From: セン(NO MAIL) 8月 25日(土)23時28分34秒
久々に「良い映画を見た!」と思えました。見終わった後に、静かな感動に襲われます。あの世界もキャラクターの全てもすごく魅力的で、千(千尋)が元の世界に帰ってしまうのが、残念なくらいでした。ハクが、週間少年ジャンプ連載の「ヒカルの碁」に登場する、あるキャラクターによく似ていますね。
★★★★
From: すこ(NO MAIL) 8月 25日(土)19時47分05秒
 うんうん、充分に楽しめました。 でもみなさんがいってるとおりに、ラストの展開には素直に首を縦に振れません。謎が残り過ぎだー! 謎世界は謎世界として片づけてもいいのかもしれないが、せめてキャラに込められた謎は解き明かして欲しかった。それだけだったら世界観を傷つけないだろうし。というかなんか「ハリーポッター」を読んでいる心境と同じ感じで映画を観ていた気がする。いや、正確には「気づいてたらそう観ていた」って無意識的なモノです。 それと「愛」って……何か少し違う気がした。「友情」とかにしたほうが、俺にはスンナリ受け入れられたと思う。 まぁ、世界観にはドップリ浸ることができましたよ
★★★★★
From: a(NO MAIL) 8月 25日(土)17時19分34秒
今までの主人公とは表情や不陰気が少し違う様に感じた。ハクはなぞだ。
★★★★★
From: くるる(NO MAIL) 8月 25日(土)14時22分27秒
とても面白かった。裏切られなくて良かった!どこが良かったと説明できないけど、静かに心に感動が広がってくる。ただ夏休みということもあって、お子様が大勢。ユニークな神様達がたくさん出てくるし、こりゃ子供向きだって親が連れてくるんでしょうけど、小さい子には難しかろう。「まだー?早く帰りたーい」と叫ばせるのはやめてね。9月に入ったらまた観に行くつもりです。
★★★★★
From: TT(NO MAIL) 8月 25日(土)10時09分36秒
素晴らしい!!!!!※※※以下ネタバレあり※※※自分の住んでいる家の近くにも道路になってしまった川があります。千尋が白の名前を思い出すところでその川のことが重なり、なぜだか涙が止まらなくなりました。で、最後にあのテーマソングが流れて……。その歌詞の内容がまたまたグッと胸にきました。字幕をみながらポロポロと涙が……。あんまり泣くような映画ではないと思うんですが(^^)映画館を出たあとも目にした風景ひとつひとつがとても生き生きと新鮮に感じられ、感慨ひとしおです。花も街も人もみんな同じなんだな〜って。
★★★★★
From: noritama5(NO MAIL) 8月 25日(土)09時06分26秒
3回見ました、暇があれば4回目、5回目を見たいです。監督は「小さなガールフレンド」に送った映画だと言っているけれども、そういった時期はみんな経験しているはず、だからこんなにも共感できるのだと思います。思春期の前とは言わず、成人している人でも、あの頃の心をどこかに、しまっている人は沢山いるのではないでしょうか?「耳をすませば」に少し関連している部分もあり、共感できる部分も沢山あり、さらに面白い。良かったです。
★★★★
From: ひらひら(NO MAIL) 8月 23日(木)21時09分27秒
大作っていう大作ではないんだけど,キャラクターひとつひとつが個性的に出来ていて、おもしろかったです。子供のときってほんの一瞬ああゆう世界に行くことができるのよね。(才能ない為、あそこまで多彩で個性的でないにしても)大人でも楽しめるけれど、子供がいれば一緒に行きたい映画NO,1でしょう。
★★★★★
From: パタパタ(NO MAIL) 8月 23日(木)21時00分48秒
あのお歳でこの作品!!すばらしいです。どうか長嶋監督(?)なんかより、生涯監督として現役でいてください。
★★★★★
From: リリー(NO MAIL) 8月 23日(木)20時41分04秒
千と千尋 とってもよかったです。3回も見てしまいました。1度目よりも2度目のほうが内容が深く理解できたような気がします。宮崎監督の作品をけっこう見てきましたが私はトトロと並ぶ傑作だと思います。小さなキャラのかわいさ、ハクのかっこよさ背景の美しさ、曲の素晴らしさまた、機会があったらみたいなあ。
★★★★★
From: 久助(NO MAIL) 8月 23日(木)12時23分08秒
エンターテイメント作品としては宮崎監督の最高傑作だと思います。映像の美しさ以外に感動とかいうのはありませんが、次代を担う子供達の潜在意識に大事な何かを残してくれるような気がします。しかし、あの階段を降りるシーンは迫真ものだったなぁ。
★★★★★
From: ミスターポポ2世(NO MAIL) 8月 21日(火)19時30分51秒
今までのおもしろいと行っていた映画よりもずっと楽しかった。千尋がおなじくらいの子供に見えたのでよりいっそう楽しめた。宮崎監督の映画はやっぱりサイコー!宮崎監督の映画いろいろ見てみたいな。もう1度千と千尋の神隠し見てみたーい!
★★★★★
From: ばど(NO MAIL) 8月 21日(火)06時42分52秒
期待して見に行ったけれど、予想以上に素晴らしかった。むしろ衝撃的といって良いかも。周りのお子さま達から比べるとかなり大人な自分が、これだけ楽しめて「果たして子供達は楽しめる映画なのか?」と心配したけれど、場内が明るくなったとたん方々で子供達が「面白かったね」と表情豊かにつぶやいている。確信しました、傑作です。
★★★★★
From: GOTYAN(NO MAIL) 8月 21日(火)01時18分24秒
最高でしたよ。宮崎監督が何を言いたかったのかようやくわかったって感じで。レイトショーで見たので、子供がいなくて快適でしたし。大人はレイトショーで観ることをお勧めします。
★★★★★
From: papiyon(NO MAIL) 8月 21日(火)00時25分43秒
面白かった!なにより絵がすごくきれいで感激しました。普通の女の子を描きたかった、という監督の言葉どおり千尋は物語の最後まで普通の女の子だったけど、だからこそそれが自分自身とシンクロして、何の力もない普通の人だけどやれば出来る!そう思わせてくれました。小学生ぐらいの女の子が観たら、一生心に残る映画になるのでは?あの懐かしい雰囲気の銭湯の場面が大好きです。
★★★★
From: ツカドン(NO MAIL) 8月 21日(火)00時25分24秒
 ネタバレあります。 えーとですねー、ぐれゴリさん。ハクがあの世界に来た理由ですが。それは、マンションに埋められた川を元に戻すためですよ。魔法をマスターして、それで川を復活させようと思ったんでしょう。 それより気になったのは、千尋の父親が喰ってたアレですね。チュルリと一口で喰ってしまった奴です。肌色で、スジ模様で、妙な突起物があって、妙にプルプルしていて・・・。 ボクは何かの動物の眼球だと思ったのですが。「め美味」「生めあります」と散々に目の料理を宣伝してたのに、ざっと見回しても目を材料にした料理が見あたらないんですよね。となると、消去法でアレは目ってことになります。ウゲー。 しかし、切ない映画でしたね。あれだけの大冒険をして、ハクのように素敵な友人ができたのに、千尋は全てを「忘れたわけじゃないけど、思い出せない」状態になってしまったわけですから(と、自分では理解してます)。ラスト、何か心惹かれるようにトンネルを振り返る千尋の表情と髪留めには、ぐっと来ました。で、あの歌詞。良い映画でしたよ。
★★★
From: ぐれゴリ(NO MAIL) 8月 20日(月)21時16分40秒
ちょっと気になったんですけど、何故伯はあの世界に入ってしまったんですか?他の人は(人じゃないけど)どこから来たとも言ってなかったけど、伯は人間の世界から来たじゃないですか。どうしても理由がわかんないんです。誰か教えてくれませんか?
★★★
From: ゆき(NO MAIL) 8月 20日(月)19時23分00秒
まあ、普通かな。宮崎監督の作品として期待して行ったわりにはイマイチだったかも。特別に深いとか面白いとかは無かったけど気軽に楽しめました。
★★★
From: アコ(NO MAIL) 8月 20日(月)16時19分53秒
湯婆婆すごい好き。ヒヨコみたいな神様かわいすぎ。ストーリー抜きで見たらいい世界だと思う。いいね伯ー。
★★★
From: you(NO MAIL) 8月 20日(月)16時11分09秒
CMを見て伯にすごいはまったので見に言ったら伯はかっこよかったけど、普通だった気がする。ホント10歳ぐらいの時に見ていたらおもしろいと思えただろうけど、なんかあれ?って感じじだった。ついてけない世界だー。
★★★★★
From: まりっこ。(NO MAIL) 8月 20日(月)12時03分39秒
すごい良かったよ!! なんだか切ないと感じたのは私だけ??夢の中で見る小学校とか、そんな雰囲気で。みんなで泊まった合宿とか、そこであった不気味な体験とか。子供の頃の両親が遠くに行く恐怖。それでいて、爽快で心地よい風邪がいつも吹いてるの。そんな感じ。この映画最高に私にはすごいはまった!!私が懐古主義だからかな?? また、見に行きたいし、ジブリは全部すごい好きだけど、その中でも一番好きな作品になった。 声優さんは気にならなかったけどなぁ。
★★★
From: とら(NO MAIL) 8月 19日(日)23時04分53秒
少し期待して観に行きました。子供連れの多さにびっくりしました。映像はきれいで、展開は早かったので最後まで飽きずに楽しめました。しかし、心に残るシーンがなく、映画の余韻が残りませんでした。私なりに考えたのですが”子供達はこれからの未来への不安を感じながら、大人達は昔の思い出に浸りながら観る映画なのかな?”と思いましまいました。多分、私は子供と大人の中間だからこの映画に感動できなかったのか?映画の好みの問題なのか?それとも・・・。とりあえず、結果は以上のようになりました。
★★★
From: サキ(NO MAIL) 8月 19日(日)19時54分10秒
それなりに楽しめましたが勢いが足りないように感じました。
★★★★★
From: シンゴ(NO MAIL) 8月 19日(日)18時05分39秒
A.I.よりも断然面白い。俺もこんな銭湯に行きたい。
★★★★★
From: 猫の子(NO MAIL) 8月 19日(日)01時03分02秒
かなり良かった!あんまり難しいことは言えないですが、宮崎監督らしい作品だったと思います。魅力的なキャラと、スケールの大きいテーマがうまく織り交ざってると思いました。
★★★★★
From: キーマカレー(NO MAIL) 8月 18日(土)23時46分00秒
宮崎監督は言っていました。「10歳の女の子がこの映画を見て、おもしろいと思ったらおじさんの勝ち!!」と私は、7歳と4歳の娘を連れて行って、娘達の「おもしろかったあ!」という、素直な反応が全てを表していると思いました。宮崎 駿おじさんの勝ちだったと思いますね。大人の私には、一つ残念な事がありました。声優があまり良くなかったのではないでしょうか?夏木マリさんと菅原文太さんは、ばっちりはまっているように感じましたが、その他は・・・どうかなー?って思いました。しかし、ストーリーは、心にひびく物があり、油屋で認められはじめた千尋は、本当は元の世界に戻るとき、淋しかったのだろうなと思いました。人に認められる事が、自分を好きになれる唯一の手段ではありませんが、私も娘達を一人の人間として認め続けて行こうと、親の為にもなる作品でした。
★★★★★
From: youko(NO MAIL) 8月 18日(土)11時33分54秒
8月15日にやっと見てきました。私はとても気に入りました。見ている間すごく幸せな気分でした。皆さんが書いていらっしゃるように、ちょっと説明不足かな?ってところがありましたけど、(カオナシっていったい何だったの?とか、あの神様たちは、何の神様?とか。)出てくる登場人物が、みんな魅力的で、可愛らしくて、大満足でした。あと、否定的な意見の多いちっちゃい生き物ですけど、私が見ていた映画館では、小さい子どもたちがこの生き物やすすわたりがでてきたら、楽しそうに笑って見ていて、すごく満足そうにしていたので、別に悪くないと思いました。だってこの映画って、10歳くらいの子どもを対象に作られているのでしょう?(なんかインタビュー記事かなんかで読みました。)だったら、こういうのって必要なんだろうと思いました。
★★★★★
From: シロ(NO MAIL) 8月 18日(土)10時11分25秒
ジブリ作品はいつ見ても心に響いてくる。やっぱりいいなぁ。実は最初、前の席の人の座高の高さが気になっていらいらしてたんですが、もう後半はそんな事気にならなくなるぐらい心がなごんでました。そのくらいいいよ!みたいな。(本当は最初から集中して見たかったけどね。)これからもジブリには、あの心にジーンと広がる震えを感じさせてもらおうと思います。
★★★★★
From: teru(NO MAIL) 8月 17日(金)00時01分09秒
この映画を見て仕事がんばれました。
★★★★★
From: ネスレジャパン(NO MAIL) 8月 16日(木)18時08分39秒
ネスレのCMで「自分が自分になる物語」と言う風に紹介されています。 自分になる=生きる力を取り戻す=気力に満ちていた頃の自分を取り戻すということでしょうか。この映画は観客にも、そうなるようにそっと背中を押してくれているような気がします。おなかいっぱい。大満足です。
★★★★★
From: ネスレジャパン(NO MAIL) 8月 16日(木)18時06分09秒
ネスレのCMで「自分が自分になる物語」と言う風に紹介されています。 自分になる=生きる力を取り戻す=気力に満ちていた頃の自分を取り戻すということでしょうか。この映画は観客にも、そうなるようにそっと背中を押してくれているような気がします。おなかいっぱい。大満足です。
★★★★
From: 才能が欲しい(NO MAIL) 8月 16日(木)18時03分39秒
映像・演出に関してはもはや言うことはありません。多少CGが浮いて見える程度で、口出しするのも失礼な完成度だと思います。ただ、脚本については皆さんも指摘しているように多くの疑問が噴出しました。特にキャラクターの行動原理に納得が出来ない部分が多すぎます。カオナシは何をしたかったのか?釜爺はなんであんなに親切なの?坊は何のために千尋について行ったのか?主人公の主観にこだわるあまり、設定や他のキャラクターの説明がかなり不足しているように思えました。視聴者に判断を委ねることと、単に説明不足なだけなことは紙一重ですね・・・
★★★★★
From: モカ(NO MAIL) 8月 16日(木)17時25分09秒
 最高に面白い。                   今まで見てきたなかで一番の作品だ。
★★★★★
From: 正隆(NO MAIL) 8月 16日(木)10時24分31秒
たるい。声優ダメ!
★★★★★
From: 未き男(NO MAIL) 8月 16日(木)10時23分56秒
たるい。声優ダメ!
★★★★★
From: 未き男(NO MAIL) 8月 16日(木)10時23分43秒
たるい。声優
★★★★★
From: 未き男(NO MAIL) 8月 16日(木)10時23分12秒
たる
★★★★★
From: あやの(NO MAIL) 8月 16日(木)10時21分03秒
超楽しかったです。お母さんとお父さんのブタが可愛かったです。
★★★★★
From: ハクリュウ(NO MAIL) 8月 16日(木)02時14分17秒
今日は2回目を見た。 最初見た時は、正直、ラストがあっさり気味かなあと感じたが、 2回目はそれほど疑問には思わなかった。 それでも、電車(片道しか運行していない)で銭婆の所へ行くのは何の隠喩か、 カオナシをあのまま銭婆の家に置き去りにしたのは、アッサリしすぎてて、 もしや、脚本の手詰まりじゃなかったのか疑問に感じてもいたが、 スタッフロールの最後の、「おわり」の絵、監督自身が描いたものと思うが、 あれは、「川に流される幼い頃の千尋の靴」だったのだが、 この意味を考えたとき、監督の投げかけたすべての謎が解けたような気がした。 もしかしたら俺の妄想かもしれない。でもあえて書こう。 「神隠し」って何も人間が行方不明になった事とはかぎらなくて、自分が大切にしてた物、 靴とか本とか、おもちゃとか、そういう自分にとって大事な宝物を無くしたこと、 それも「神隠しにあった」と、言えることなんだろう。 さらに、宝物でなくても、思い出、情熱、希望、やさしさやピュアな精神といった、 昔の自分ならいつでも心に感じていたこと、それが、いつしか、 川に流される靴のように、記憶の彼方へおいやられていき、思い出すこともなく、 そういう心を持っていたことさえも忘れているとしたら、これもきっと神隠しなんだろう。 そう思うと、俺自身の、本当の自分の心こそが、 「今このとき」神隠しにあっているのだ! と、気付いてしまったのだ。 替わりにいつのまにか、心に住みついていたのは、まさしく「カオナシ」なのだ。 片道電車は、「覚えていても、思い出せない」自分自身の心の深層への旅だったのだ。 そこへ旅することが、今このとき神隠しにあっている自分を取り戻すことであり、 替わりにカオナシを心の底に静かに導くようにと、監督はメッセージを込めていたのだ。 途中の駅で生活している暗い影の人々は、日々の生活に追われ、 生きる気力を取り戻せない状態を比喩しているのだろう。 「生きる力」とは、「気力に満ちていた頃の自分を取り戻す」ことなんだ。
★★★★
From: kehe(NO MAIL) 8月 16日(木)00時55分10秒
ロリコン監督に完敗、いや乾杯。10代が作る童話みたいな物語文法でも、圧倒的な演出と映像だけで感動させてしまう。主人公が複線の貼られていない過去を思い出したからなんだと言うのだ。豚の中に両親がいないことを見抜いた理由が明示されていない。でも、飛行シーンにも、海上を走る列車にもわくわくしてしまう。あの歳になってまでも、新たらしい物語構造で作品を作る勇気は素晴らしい。それより、宮崎さん、もう幼女しか信じていないですね。親世代は最後まで豚のまま。今の若者を象徴してるであろうカオナシは共産主義ババアに丸投げ。我々(若者)は戸塚ヨットスクールに行けとでも言うのか? でも、釜爺(ブルーカラー老人)はすべての物事をわかっているんですね。小動物の描写は相当にあだといと感じた。すべての星の数は、素晴らしい映像と音楽に。
★★★★★
From: ゆう(NO MAIL) 8月 15日(水)23時32分48秒
独創的世界観に圧倒!久々にチケット代を超えるサービスを映画館でうけられたって感じ。細かいところでなんで?みたいな場面はあったけど、気にしない気にしない・お家芸の空中飛行は神の域!この映画は、暑い夏に、日本で、そして大きな映画館で見ましょ。
★★★★★
From: ひよこ(NO MAIL) 8月 15日(水)14時29分21秒
言うことなし!!!最高 リピーター続出!!!どんな年齢の人も楽しめる!
★★★★★
From: 名無し(NO MAIL) 8月 15日(水)09時42分11秒
ネタバレ確かにストーリーはアレだけど。キャラの魅力や絵の綺麗さ、映画全編に溢れる優しさと暖かさが、欠点を補って余りあるものにしている。そして千尋があのトンネルを振り返った時の寂しさ、寂しかったからもう一度見たくなってしまう。まあ、この映画はとにかく見なきゃ損。
★★★★★
From: かるる(NO MAIL) 8月 15日(水)07時09分12秒
ストーリー的にもの足りない部分もある。でもそれを補って余りあるくらい数々の魅力に富んでいる。そんな作品でした。とにかく何故かもう一度観たくなるんだよ〜。
★★★★
From: ヨコ(NO MAIL) 8月 15日(水)02時36分16秒
私、宮崎アニメってめっちゃ好きなんです。どの作品も全部。だからあんまり否定的なことは言いたく無いんですけど・・・・面白かったです。単純に。素晴らしい映画だと思います。この世界観は他の人には作れない。でも宮崎氏のピークはやはり過ぎてしまったなって感じしました。焼き直しが多いと思った人って私だけじゃないですよね?「あの」宮崎氏の作品だから評価が厳しくなってしまったってのもあると思いますが・・・うーん、好きだからこそ残念だ。
★★★★★
From: 黛 刹那(NO MAIL) 8月 15日(水)00時45分14秒
粗を探せば,いくらでもある。ただ,これは,自分の見た映画の中でベストと言っていいくらいの映画だと思う。世界でもヒット間違いなしだろう・・・。この映画に感想はいらない。
★★★★★
From: phantom(NO MAIL) 8月 14日(火)23時03分15秒
最高でした。特におにぎりのシーン。宮崎さん、監督やめないでーー!!
★★★★
From: とろ(NO MAIL) 8月 14日(火)22時04分47秒
さっき見てきました!正直いって歌が一番印象にのこりました。いままでの映画に比べるとあまりかわいいキャラクターがいないと思いませんか?あと、なんでちひろのお母さんはあんなに冷たい接し方するの?だからブタになったのかなあ。でもなんだかんだいって夏休みおわったらお仕事もっとがんばろーって気持ちにさせてもらいました。新入社員の研修につかったらいい映画かも。支離滅裂ですみません。
★★★★★
From: パパ(NO MAIL) 8月 14日(火)21時07分47秒
特に文句はないです。すばらしい映画をありがとうと言いたい。
★★★★★
From: アキ(NO MAIL) 8月 14日(火)14時55分28秒
後々考えると、『?』って部分はありますが、別にそんな細かいことにつじつま合わせしなくたって私的には充分過ぎるほど面白いものでした。主題歌に一聴き惚れしていったのですが、主題歌どころかぐいぐい引っ張られていく世界にただ圧倒。早速友人ともう一度観に行く計画してますー。でも、ただ一つだけどうしても気に食わない点が。あの、小動物?あれ、皆さんが言うように媚入ってんなぁ…と思って、どうしても素直に可愛いと思えませんでした。
★★★★
From: ナムサン(NO MAIL) 8月 14日(火)13時06分05秒
割と面白かった。紅豚や物の怪よりはよいがナウシカ・ラピュタ・カリオストロの三強とは比較できない。魔女宅やトトロ並と感じた。映像は正直レベルダウンしている。背景などトトロからかなり落ちた。迷い込んだのは不思議な国ではなくかなり危険な国。1.まず両親がヴァカ。それが前提で物語が始まる2.仕事での大きなミス=一家惨殺の世界で幸運だけで生き延びる。千が周りの好意を集めるのも不自然。3.宮崎ワールドでは後半のしっかりした少女が普通だが、はじめは愚図で宮崎氏のお宅嫌いの思いが伝わる。 宮崎アニメは過去の遺産(特にラピュタ)の続編に期待するファンが多いのではないか。ラピュタ2なら倍額払っても観に行くのだが。興業成績=内容ではない。
From: liefish(NO MAIL) 8月 14日(火)10時42分52秒
カオナシは結局なんだったの??
★★★★★
From: くろ(NO MAIL) 8月 14日(火)00時36分32秒
見終わった後に、とても気持ちが暖かくなりました。ストーリー、監督どうこうより、こういう気持ちになれたことが大切。
★★
From: ヒッチ(NO MAIL) 8月 13日(月)23時34分23秒
どうでしょうねえ、これ。面白かったのかな〜クオリティは高いと思うし一緒に誘った友人は「いいなあ」っていってたけど・・・僕はあの小動物の動きに笑う事ができなかった。ただ単にひれくれてるのか?俺が?正直お子さま向けだなと感じました。事実客層はそうなんですが。
★★★★★
From: なつこ(NO MAIL) 8月 13日(月)14時46分18秒
二度目、見てきました。後半の細かいところもわかったし、全体にいろんなことに気づいて、一回目よりもっと楽しめました。★六つあげたいくらい好きです。父(50才)は、つまらなかったら寝よう、と全然期待せずに行ったのに、ほんとにびっくりした、ここ10年で見た映画の中で最高だ、と言っていました。
★★★★★
From: delu(NO MAIL) 8月 13日(月)11時10分05秒
ナウシカとかラビュタみたいのはもう宮崎さんは作らないんですかね。ああいうスケールのでかいのも好きですけど、今回のも相当面白かったです。遊園地にいるような感覚。次から次へと色んな発想がよく浮ぶなぁってつくづく感心しました。物語はシンプルでいいんではないですかね。展開の早さもさほど気にならなかったし。あそこは神様の休憩所みたいなもんなわけでしょ。だから客が神様なのは分るけど、そうするとあそこの従業員ってのはなんなんでしょうね。なんか説明ありましたっけ?やっぱ幽霊なのかな。精霊の国って事なのかな。まぁ、なんにせよこの夏の一番でした。
★★★★
From: あつし(NO MAIL) 8月 13日(月)00時03分22秒
けっこうおもしろかったです。今までの宮崎さんの作品に比べると、なんか重たいテーマ(自然と人間の衝突とか)みたいなものはなかったけど、(腐れ神とかに一部環境破壊みたいな話がみえたけど)純粋にお話としておもしろかったです。一応自分なりには千尋の成長を見てくのかななんて感じで見てました。他の方々も書いているみたいなんですが、自分も思った感想としては・千尋とハクの関係がちょいと唐突すぎるかなってこと・ちょっと色々詰めこみ過ぎかなってこと・最後の方がちょっと稚拙な感じがしたってことですかね。一つ目については、一応伏線はあったけれど、なるほど〜って納得するようなものじゃなかったですね。もっとあっというような関係かと思ってました。二つ目については、思いついた要素を色々入れてるからああいう世界観になったんでしょうね。何でもアリであれはまたあれでいいと思います。三つ目については、最後の方でちょっと感じたことです。今までの作品とつい比べちゃうせいかもしれませんが・・・とまあちょっと否定的な感想述べちゃいましたが、全体的には絵もすごいきれいで迫力あったし、細かいところも描かれてて、話としても飽きることなく楽しめました。余談ですが、初めて映画の予告見たときは(確かホワット・ライズ・ビニース観た時)どうみてもホラー映画にしか見えませんでした(笑)映画の宣伝って全然イメージ違いますよね。
★★★
From: ナナ(NO MAIL) 8月 12日(日)23時28分05秒
それなりに面白かったです。でも暇つぶしの割にはチケット&席取りに苦労しましたわ。10歳の子供より、むしろその時期を過ぎて、あんな時期があったことを忘れた年代向きだと思いました。かくゆう私もその口で、なんだか懐かしいようなキュンとするような感情を満喫できました☆なかなか良い感じ☆でもキャラはなんか昔より媚びが入ってるかなぁ?と。
★★★★★
From: ひろ(NO MAIL) 8月 12日(日)21時24分05秒
心があらわれる〜また明日からがんばろう!とおもわせる映画ですよね
★★★★★
From: まきんこ(NO MAIL) 8月 12日(日)11時35分53秒
本当に素晴らしかった!大満足です。音楽ももちろんいいし話のテンポも良かったです。ただちょっと早すぎて意味がわかんなかった所もありますけど。(例えばハクがなぜ河なのかということ)たぶんもう一回みれば解決すると思いますけど。とりあえず私にとってはこの夏一番の作品だったと思います。
★★★★★
From: あすか(NO MAIL) 8月 12日(日)00時04分48秒
2回目、行ってきました! *以下 ネタバレありです。予告は余計では?ということでしたが私は予告で面白そうだと思ったクチです。ネ○レから以前「千と千尋〜」のハガキをもらった時は「宮崎監督作品?」と思っただけで興味はありませんでした。でも音楽を聴いてとても観たくなったのです。胸がツキュンってなる、とてもいい音楽ですよね。今回は前より細かく見てきたつもりですが…水の音、足音、電車の音。湯屋の様子。キャラクターたちのコミカルな動きは本当に楽しかった!懐かしくなるような風景もたくさんでしたね。釜爺の「グッドラック」もいいなあ(笑)ハクが最初の方のシーンで「千尋のことは前から知っている」って言ってましたね。覚えているってことですよね?忘れたのは名前だけなのかな。ハクは河の主(神様)なんですね。(龍イコール河の主(神様)というのはクサレ様?のおかげですんなり入れました。)日本にもそういう神話があったような?それとも中国から?謎はいくつかあるけど、全部解明されているより「ここはこうじゃないかな?」とか「あの後はこうなったんじゃ?」って想像できる終わり方の方がいいな、なんて好意的に解釈してみました。確かに両親との会話の中かもしくは最初の小川を渡る時に河で溺れたエピソードがちらっとでも出てくると良かったのかな??泣きのポイントは「おにぎり」「銭婆婆との別れのシーン」でした。
★★★★★
From: yun(NO MAIL) 8月 9日(木)23時44分28秒
最近の宮崎映画が嫌いだったので見に行くの迷ったんですが、これはよかったと思います。ちょっと詰め込みすぎな感も確かにあったけど、そういう雑多な話だと言ってしまえばそれもありかなあと思いますし。ええと、ここはレスをつけていいところなのか迷ったんですけど、「ハク=河の精?」というのは、途中で腐れ神(ほんとは違いましたが)が出てきたときにわかりましたけど…。あれってそういう伏線じゃなかったんですか??千尋と知り合いだったオチはなんだかありきたりな児童文学パターンでしたが。
From: ゆみこ(NO MAIL) 8月 9日(木)22時45分20秒
「千尋の見たものだけを見ればいいのだ!」なんて宮崎監督の言葉まんまを繰り返す宮崎フリークにはいいんだろうけど、普通はあの展開で「ハクは河」とか言われても「はぁ?」って感じになると思う…。印鑑についてもわけわからなかったし、カオナシがどうして千尋にこだわったのかも意味不明だし。ちょっとこの高評価の意味がわかんないなー私としては。
★★
From: ちの(NO MAIL) 8月 9日(木)18時49分34秒
ここでの評価の高さを見て、きのう映画館で観てきました。かなり期待していたのですが、感想は正直「う〜ん・・」って感じです。映像がキレイだし音楽も良かったし、全体的な雰囲気は「とてもいいなぁ」と思いました。ただ、ストーリーが中途半端な感じがしちゃって・・。「ナウシカ」や「ラピュタ」みたく悪と戦う冒険活劇ってなわけでもないし、「トトロ」や「魔女の宅急便」みたく主人公の心の葛藤と成長を描いている物語とも違う感じがするし・・。良かったのは始めと最後の方だけでした。これはボクの理解力が足りなかっただろうか?
★★★
From: まなか(NO MAIL) 8月 9日(木)16時24分09秒
ナウシカや、ラピュタのように期待をしすぎてしまったから、なんだかガックリしちゃいました。もののけ姫のようにまだ、感動があったらとおもいました
★★★★★
From: MASAさんヘ(NO MAIL) 8月 9日(木)15時57分51秒
*何をしに魔女婆さんの姉御のところに行ったかわからない。その印鑑がそんなに重要な物だったらストーリー上でちゃんと活用すべき。との事でしたが、私はこう思います^^印鑑を盗んだのはハク。→銭婆は印鑑に呪いをかけたと言った。→ハクを許してもらうために(釜じい曰く愛の力)銭婆に謝りにいった。印鑑は魔女の契約印でそれがあれば良くも悪くも活用できますよね。千尋は印鑑の重要性いかんに関わらず、ハクを助けたい一心で行った。と、考えれば良いのでは?ハクの事は、千尋との接点を持たせるために川にしたんだと思います。途中、川はもう無くなったといっていましたよね。だから多分もうハクは人間界には戻れないんだと思いました。あたしは。でも千尋には人間界でお父さんお母さんとせいいっぱい生きて欲しいとおもったからハクはまたきっと会えるといったように思います。実際会えなくても、千尋の心の中にはずっとハクや皆が生きていくでしょうし…例え自分では忘れているつもりでも…のくだりのアレです。終わり方に関しては、あっさりしすぎかなぁとも思いましたが、10歳くらいの少女達にはアレくらいのほうがいいのかも。あのころって、妙に妄想働くし、帰り道にぶわ〜っと自分の世界観が描けていくようで。親戚の子供にどんなお話なの?ってきいたら、映画の終わりまでにとどまらず、その後の千尋の話しやハクの話しを瞳をきらきらさせながら話してくれました。私も最初はあんまりだなぁ〜と正直思っていたのですが、そのこの話しを聞いてからもう一度いったら、見方がかわっちゃいました。
★★★
From: 機械野郎(NO MAIL) 8月 9日(木)02時10分22秒
美しい作画、目くるめくイマジネーションああ、なんて楽しい映画なんだろうと思ったのは全体の半分まででした。後半は、少し詰め込みすぎだと感じました。ラストシーンもあっさりしすぎで物足りませんでした。→MASAさんの疑問点に僕も引っかかりを感じました
★★★★
From: maria(NO MAIL) 8月 9日(木)00時48分54秒
ぽっかり不思議の国のアリスのように別の世界に千尋と一緒に行ってたみたいさすが・・なんだかディズニーランドに行った後のような感覚です(?)10歳の頃の心を思い出したような気分になりました宮崎駿わーるどですねやっぱりおにぎりのシーンはじーんときました いい涙ですね最後がぽっと終わっているのでさらりと元の世界にもどっちゃいました
★★★★★
From: さえ(NO MAIL) 8月 9日(木)00時10分59秒
蛙の声が(元)若人あきらだったのが鮫肌男〜を思い出させてかなりツボでした。キャラ・ストーリー・映像、どれをとってもすばらしい!とくに顔なしはインパクトありすぎ。声優チェックするの忘れてたけど、誰なんでしょう?
★★★★
From: さば(NO MAIL) 8月 9日(木)00時02分06秒
おもしろかったです。今年の夏の映画の中では一番だった。まだ恐竜は見てないんだけど。連日映画館盛況なのが頷けました。小さな遊びもいっぱいで、退屈しない映画でしたね。ただな〜……やっぱり主役くらいは声優さん使って欲しかったんで一つ減らします。聞き苦しいとは思わなかったし…他も声優じゃない人いっぱいいたけど、みなさん役者が一枚も二枚も上手。その中で千尋ちゃん御一家だけちょっと声がのっぺり聞こえてしまって。声を当てるのって難しいんですね…。あと、CGがかなり多用されてたように思うんですが。あーゆーのも綺麗でいいですね。一緒に見に行った人は温かさみたいなものが消えるって言ってたんですけど。
★★★★
From: たにぃ(NO MAIL) 8月 8日(水)21時39分14秒
詰め込みすぎて消化不良な面はありますが、宮崎さんの独特の不思議な世界に引き込まれてしまいました。ハクからおにぎりをもらって泣いてしまうしーん、自分がこんな年の子供だったら、そりゃ泣くよなぁって思ってジーンときてしまった。終わった後、晴れ晴れとした気分になれるのが良いですね。私はもののけ姫のように重いのも好きですけど。
★★★★★
From: なばやん(NO MAIL) 8月 8日(水)10時04分01秒
今日2回目を見に行ってきます^^1回目は物語に浸るだけでしたが、2回目なのでもっと厳しい見方ができそう。。またかきにきまーす
★★★★★
From: トモ2001(NO MAIL) 8月 7日(火)22時43分47秒
どんどんと千尋がかわいくなっていく気がした。とても感動しました。けどいまいち内容がしっかりとつかめなかったのでもう一度見に行こうと思った。
★★★
From: ペポちゃん(NO MAIL) 8月 7日(火)13時00分59秒
独特の画、素晴らしい!宮崎監督の描く風景って、行った事がないような場所でも、なぜか懐かしいような気がして何度も観たくなります。夕闇の雰囲気、雨で海のようになった地・・・、湯屋の佇まい・・・白昼夢のようでぼんやりと見ていたかったです。(ぼんやりしてられませんでしたけどネ・・・。)たぶん、何度も観て、自分が納得して★5になると思います。『トトロ』も『魔女の宅急便』等・・・今では★5ですが、当初は、それほど作品にノレなかったんです。『千と千尋〜』も何度もこれから観ようって思います。それでも心が“じーん”とするシーンがいくつかあり大画面で観れて本当に良かったです。 関係ない事かもしれませんが、前の方(かた)の感想の中に『霧の中の不思議な町』がベースだと書かれていましたが、『耳をすませば』の天沢聖二くんが図書室で読んでいた本なんです!『霧の中の不思議な町』読んでみたいなぁ〜と思っていたのですが、ますますその思いは深くなりました。映画館が混んでいてパンフレットを買う気がしなかったのですが、パンフレットもぜひ手に入れたいです。『もものけ姫』で映画作りを止めると言ってましたが、あんな素敵な世界をお持ちなら止められないんでしょうネ・・・。私としては、止めて欲しくないですね。
★★★★★
From: さくら(NO MAIL) 8月 7日(火)11時22分48秒
ストーリー上の穴はあると思うが、それを補って余りある作品。昔大好きで何度も読んだ、おとぎばなしや絵本のように、心に残り、繰り返し見たくなる。祖母も母もおもしろかったと言っていた。
★★★★★
From: moko(NO MAIL) 8月 7日(火)08時33分13秒
とても良かったです。TVのCMを観たときはとても変てこなキャラたちがそれぞれに魅力的でいい感じだったし内容もすいこまれていきました。ラストでハクのその後が気になって仕方がなかったですが、こういう<疑問が残る終わらせかた>って忘れられない映画になるからかえって良いですね。本当は☆4つのつもりだったんですが下の<影舞>さんの 書き込みをよんで<おにぎりの食べてるシーン>を思い出し涙が止まらなくなった自分を思い出しました。忘れてしまうぐらい遠い昔の10歳の女の子の気持ちに感情移入させてくれる映画。素直に☆5つを進呈しましょう。やっぱり!
★★★★★
From: 影舞(NO MAIL) 8月 7日(火)06時22分22秒
 本当に良かった。とにかく新鮮な気分になれて、観終わったらスーッとする。そんな映画です。 以下ネタバレ注意 一番印象に残ってるのが、千尋がハクからおにぎりをもらい、食べながらボロボロ泣いてるシーン。あのシ−ンは10歳の女の子の身にかかったプレッシャーや不安などのいろいろな思いがこみ上げてきたんだろうと、感動しました。そして、それから「自分ではない誰かのために」頑張ろうと決心した涙でもあるんだと思いました。 宮崎監督はやっぱいいですね。
★★
From: MASA(NO MAIL) 8月 7日(火)00時34分35秒
やばいよなあ。これだけ高評価の作品に☆二つなんかつけたら、パールハーバー誉めた奴みたいに憲兵隊に通報されるのだろうか?(それは、賛成だけど)以下、ネタバレです。ちょっと詰め込みすぎじゃない?最初はめくるめくイメージって感じですごくよかったんだけど、話を広げすぎて収拾がつかなくなった感じだね。*何をしに魔女婆さんの姉御のところに行ったかわからない。その印鑑がそんなに重要な物だったらストーリー上でちゃんと活用すべき。*ちひろの「契約書」、中身が見たい。契約条文を話にからませて欲しかった。*ハクが何の伏線もなく、いきなり河だったと言われても唐突だろう。どこかの男の子にして、ちひろが元の世界で再会するように「におわせて」いたら、ほのかな初恋みたいで、ドキドキしたのに。まあ総じて、見て存したとは思いませんが、イマイチ整理されてないなあと感じた次第。罵詈雑言ご容赦を!
★★★★
From: あや(NO MAIL) 8月 6日(月)22時32分22秒
笑える箇所、ハラハラする箇所がたくさんあって、おもしろかった。でも疑問点ありすぎ。映像がおかしくて、くすくす笑っちゃってる時に湯婆婆がなんか言ってるの聞き逃しちゃったし。DVDに宮崎監督のコメントがあるのを期待します。
★★★★★
From: 赤い彗星(NO MAIL) 8月 6日(月)18時54分36秒
歴代宮崎アニメで5本の指に入る名作!もう一度見に行きたいと素直に思えた。DVDが発売されたら絶対に買おうと思いました。
★★★★★
From: SAKANA(NO MAIL) 8月 6日(月)17時05分00秒
※ネタバレあり。大入りの映画館に詰め掛けたジブリアニメファンの期待を裏切らない、とてもきれいで見ごたえのある作品でした。映像も音楽も声優さんも音効も良かったー!女の子は自分を大事にして、ハクのように尽くしてくれる男の子を探さないとね。ハクを助けられるような私にもなりたいもんですね。湯婆婆が「敷物をこんなに汚しちまって!始末しちまいな!」とか龍が倒れているそばで言うとこがすごいと思った。経営者というのは大変ですね。会社に尽くしてもしょうがないです。ハクが名前を思い出したシーンはおとぎ話のクライマックスとして最高の出来でした。こうでなくっちゃー。ハクに「振り返るな!」と言われましたが、見終わってからもう1度見せていただきました。夏の午後のけだるい昼寝の気分を味わいたい時に見たくなる映画だと思います。私は「ラピュタ」と「もののけ姫」がやっぱり好きですが、ハクもかなりよかったです。
★★★★★
From: トゥイーティ(NO MAIL) 8月 6日(月)13時22分09秒
はじめて宮崎作品を見たのですがとても良かったです。純粋に感動しました。他の作品も是非見て見ようと思います。
★★★★
From: おとまる(NO MAIL) 8月 6日(月)10時13分39秒
大昔の東映アニメ(「白蛇伝」とか「ホルス」とか)の匂いがしました。それから、童話の残酷さと暖かさ。ラストのオチを、唐突という人もいるみたいだけど、あれはおとぎ話の定番ですよ。誰もが読めるオチだけど、絵本、童話なンだから、ああでなくっちゃ。とってもよい気持ちになりました。「もののけ姫」は不自由な感じだったけど、今回はとっても自由。ただ、「トトロ」ほど自由ではないので、★一つマイナス。でも、満足です。極私的宮崎作品ベスト5なンかを選ぶとき、「カリ城」「トトロ」「紅豚」「ラピュタ」ときて、5本目に迷ってしまってたんですが、5本目が現れてくれました。めでたしめでたし。
★★★★★
From: 誠一郎(NO MAIL) 8月 5日(日)22時49分00秒
きれいな絵本のようだという感想がありましたが、これは宮崎監督の意図したことのように思います。特にストーリーが大変な話ではないのに、何度も読んでしまった絵本というのがありました。もう題名も思い出せませんけれど。この映画はそんな絵本のような印象を持ちました。そして大好きだったル・グインなどのような児童文学の世界!楽しめました。
★★★★★
From: あかりんご(NO MAIL) 8月 5日(日)21時08分11秒
 またリピートしたい作品ですね。 心が洗われました。(涙)  余談ですが、両親が豚になるところで泣きそうになった、または泣いたって人がまわりに結構多かったです。(特に男の子が多かったかなぁ。)ちょっと、意外でした。
★★★★★
From: 千迅(NO MAIL) 8月 5日(日)14時51分18秒
すごいよかった!【もののけ姫】の時は、終わった時にくるモノが、重かったけど。今回の【千と千尋】は、もっかい見て〜(></)、っと、なった。でも、入れ替え制だったんで、ネガイカナワズ。
★★★★★
From: backwisteria(NO MAIL) 8月 5日(日)00時42分16秒
もののけより断然面白かった!両親が豚になってからの千尋がおびえる演技が最高だったし、前作より物語がキャラ主体なのが好感度高し。唯一の不満が「予告編」ストーリー的に6割以上ネタバレしててやな感じ。
★★★★
From: サニーデイ」(NO MAIL) 8月 4日(土)23時17分39秒
僕が小学校のとき、友達とジュラシックパークを見に行きましたが、いまの小学生にぜひ見て感想を聞きたいです。ストーリが加速しすぎでしたが、やはり世界観がすばらしいのです。予告編でみたファイナルファンタジーはB級SFっぽかった。ぜひ宮崎監督であの世界観の中で暮らすことを感じさせてほしいです。(まあ、そうしたらこの作品も含めアメリカでは絶対ヒットしないでしょうが・・・)
★★★★★
From: SEXYMAN(NO MAIL) 8月 4日(土)14時57分12秒
非常に深いと思いました。確かに短い時間の中では表現しきなれかった部分もあり多少強引なストーリー進行もありますが、それを補って余りある世界観とキャラクターによって他に類のないファンタジー作品に仕上がっていると思います。私は30代ですが、何か忘れていた昔の感情が蘇って非常にさわやかな気分になりました。あとカオナシの存在がまた深いですね。人間の業深さと純粋な気持ちは紙一重であり、それゆえに人を傷つけてしまうストーカー的な要素は誰でも持ち合わせているのだと思います。妻と見に行ったのですが、私が「白だったらいいなぁ」と言われたのがちょっと・・・・でもホント深い映画です。
★★★★★
From: フーミン(NO MAIL) 8月 4日(土)14時06分02秒
すてきな作品ですね。 私はナウシカが気に入っているんですが、この作品を観て、チョット迷っています。 まあ、心に残る映画とは、少し時をおいて そのあとで ほのぼのとしてくるもの(どこかの歌の文句?)、後々どの作品が私の心に残るのでしょうか。ネタバレ 注意大監督の作品にケチ付けるようで恐縮ですが、最初の導入のシーン、クルマで移動中に、両親のどちらかに「おまえは一度、水死した子だからな」、の様なカットがあれば、竜の背中で名前を思い出した時の感動盛り上がる様な気がします。
★★★★★
From: あかね(NO MAIL) 8月 4日(土)10時02分16秒
マジくんもどき、マジさんよりキモイ。そういうことする場じゃあないでしょ。(これを含め削除していただいて結構です)
★★★★★
From: ムー(NO MAIL) 8月 4日(土)09時38分57秒
やっぱ宮崎映画最高!!ほのぼのとして良かった。いろんな神様も良く出来ていたと思います。ただ映画館が超混み混みだったのが・・・。なんか優しくなれるようだった。
★★★★★
From: かっちゃん(NO MAIL) 8月 4日(土)03時37分18秒
4回見に行きました。軽くDVD買えちゃうね。^^;
★★★
From: マジくんもどき(NO MAIL) 8月 4日(土)02時24分59秒
うん!ぼくってばだだっこなのー!えへへ!
★★★★★
From: ユララ(NO MAIL) 8月 4日(土)01時11分09秒
宮崎駿会心の作品です。すごく力が沸いてくるかんじ。ストーリーがどうのと言うよりも、それぞれのシーンがとても心に残ります。テンポがよくて退屈しません。このような話に、細かい説明的なシーンは必要ないと思います。キャラはいちいちかわいい。10歳の少女に向けて、ということらしいけど、大人も必要としているメッセージがたくさん込められています。
★★★★★
From: りんたろう(NO MAIL) 8月 3日(金)16時08分58秒
ディズニーものに比べて、音楽や効果音によるごまかしがなかったと思う。まじめに作られている感じに好感が持てます。たぶんフランスなんかでは受けるでしょうね。
From: わきら(NO MAIL) 8月 3日(金)12時23分40秒
観る年齢が高すぎたか(25歳)?すごく綺麗な絵本を読んでる感じでした。なんていうか、さらさら流れすぎだと思います。まあテンポがいいといえばそれまでですが。各キャラクターは立ってますね。
★★★★★
From: riki(NO MAIL) 8月 3日(金)11時15分14秒
面白かったです! もののけ姫がいまいちだったんでどうしようかな?って思ってたんですが、評価がとても高いので見てきました。キャラクターがトトロっぽくて良かったし、ストーリーもわかりやすかったです。ただ、千尋の成長や千尋とハクとの関係を描くには時間が短くてちょっと展開が早いかな?とも思いましたが、小さい子供にとってはこれくらいの時間が丁度いいのかなってことで気にしないことにしました。(10代の少女に向けた映画なんですよね?)結論、満足です!
★★★★
From: mamy(NO MAIL) 8月 3日(金)07時29分27秒
tenさんに、同感です。ストーリー展開が、もっと練られていたらどんなに、すばらしい映画になるか。と思います。湯やの登場人物たちも、魅力的ですが、からみが少々ものたりない。ラフスケッチのうつくしさ、勢いを感じる作品ではありますが、すばらしいんですが、もっと作りこんだ作品をもう一度みたい。と、私も思います。
★★★★
From: ゆう(NO MAIL) 8月 3日(金)00時15分14秒
宮崎駿の想像力は毎回驚かされる…。‘カオナシ’の、あの弱々しい喋り方が、笑いのツボにハマッテしまったのは私だけではないはず…。ア〜ア〜ア〜。
★★★★
From: TEN(NO MAIL) 8月 2日(木)22時33分29秒
この世界観には脱帽です。ディズニーの世界観を完全に凌駕したな!と感心しました。西洋人にこの世界観は創れまい…と日本文化のよさをしみじみ感じました。日本古来の文化に宮崎&ジブリワールドの味付けがされているからこそのユニークな世界観。これだけオリジナルな世界観を創り上げてくればホントに満足です。しかし、ストーリーに不満が残るのも事実。ハクと千尋の感情の急な高まり方、とってつけたような過去のエピソード、湯婆婆と銭婆婆の確執の理由、ハクは印鑑をとりにいった理由…等々ストーリーが消化しきれていない感がぬぐえません。まぁ、あの世界観を味わっているだけで幸せだったので見ている最中はほとんど気にはなりませんでしたが…。「気にならなかったから」「千尋が疑問に思っていないから」という理由で納得される方も多いようですが、私は「これが完璧に構成されたストーリー展開だったらどれほど素晴らしい映画になっていただろう」とどうしても考えてしまうのと、宮崎監督ならその高みにたどりつけるのではないかという期待があるのでこれに★5つはつけられません。(世界観には文句なしに★5つですが)これを超えるもっと素晴らしい作品づくりは可能だと思いますし、いつかそういう作品に出会えることを心から期待しています。
★★★
From: はじめ(NO MAIL) 8月 2日(木)20時57分48秒
私的にはトトロを超える傑作はないな〜〜とゆうのが本音。確かにビジュアルやその世界構築力は素晴らしいのだけど、どーしたんだ枯は?まるで大島◯監督のように、おエラっぽくなり、物語も説教くさい。その説教くささが物語をところどころ破綻させている。どこが少女のために作った映画だ?環境問題や甘やかし過ぎが子供をダメにするなどの"大人"への説教をセリフでくどくど言わなくてよろしい。少女が自立し、何かを心に獲ることがメッセージなら、モトネタの「霧の向こうの不思議な町(パンフを読むまでもなく、まんまやんけと思ったぞ。)」を素直に映画化すればよかった。あっちの方がずっと働く、生きることの意味を説教くさくなく自然に楽しく描いている。自分の内面的ビジュアル宇宙を他人のキャンパスに描くな!!
★★★★★
From: ぷに(NO MAIL) 8月 2日(木)19時46分11秒
 素直な気持ちになれました。なんか、子供の頃のことをふと思い出したり・・・。 千尋を最初見た時、この子がヒロイン?って感じで大丈夫かな?とか思ってみてたら、だんだん可愛く見えてくるんですね。不思議です。 もっともっとあの不思議なお風呂屋さんをみていたかったです。また観にいきます!
★★★★
From: 肉棒星人(NO MAIL) 8月 2日(木)17時36分24秒
いまいち何が言いたい映画なのかわからなかったけど、小さい子供への教訓は含まれてるんだろうな。良いキャラもいれば映像的にちゃっちいキャラもいたけど、おれはもののけとかよりも好き。時間的に足りないよなー。なんかカットいっぱいされてそうな映画でした。
★★★★★
From: じゃすみん(NO MAIL) 8月 2日(木)16時41分57秒
それぞれのキャラクターの描写がすてきです。やっぱり、かわいいものはかわいい。もののけ姫のように重くないのもいい。それでいて考えさせられる。確かに、完璧なストーリーというわけではないけど。
★★★★
From: まる(NO MAIL) 8月 2日(木)12時45分54秒
だから!詰まらないなら、その理由をちゃんと話そうぜ!ここはそういう場なんだよん。「マジ」くんよ、理由を説明せよ!だだっ子か?※管理人さん、皆が読んだ頃、これ削除していいですよ。
★★★★
From: たかし(NO MAIL) 8月 2日(木)11時54分44秒
ほんとおもしろかった!キャラも最高!!でも、ストーリー的によくわからん部分が多かった。ネタバレになりますが・・・、千が銭婆のところへ向かった理由とか、なぜ両親がいないって事がわかったのか、ハクがなぜ力を欲しがっていたのか、、、、もう一度ゆっくり見に行けばわかるのかなぁ・・・。あと、エンディングが、あれ?もう終わりって感じで、すんごい寂しかった。最後の、千尋が母親にしがみついてトンネルを帰るシーン、あれってわざと最初と同じにしてるのでしょうか…。なんだか、行き道と同じだったので、千尋が成長してなく、今までのがほんとは夢だったのではって気になってしまって、虚しくなってしまいました。エンディングのテロップの後、ハクの話や千尋の成長後の姿等々が出てくるのかと期待したんですが・・・。
★★★★★
From: マジさんヘ(NO MAIL) 8月 2日(木)10時42分17秒
↓主観のちがいでしょ。どのへんがつまらないのかよくわかんないコメントしないで欲しいな…みんなって、見にいってるひとからしたら極わずか。言ってたからどうやねんとつっこみたくなった。
From: マジ(NO MAIL) 8月 2日(木)10時34分17秒
つまらなかった。感動もしないし迫力もない。しかもいきなりなんでこうなるのということがしょっちゅう。なんでこんなに評価が高いのだろう。僕と一緒に見た人もみんなつまらないといっていたけど。
★★★★★
From: karura(NO MAIL) 8月 2日(木)02時40分51秒
何も考えなくても楽しめる、でも考えることも出来る映画。キャラクターも見所も満載だし、サービス満点。宮崎監督の溢れんばかりのイマジネーションに脱帽。この作品も宮崎監督の代表作になりそうですね(個人的にはロマンたっぷりの「ラピュタ」が一番好きかな)
★★★★★
From: ひぐ(NO MAIL) 8月 2日(木)01時55分39秒
日比谷のスカラ座(DLP上映館)で見ました。おそらく日本(世界?)でも最高レベルの映像と音響で上映できる映画館だと思われるのですが、映画の内容もそれに負けないすばらしい内容でした。
★★★★
From: まる(NO MAIL) 8月 1日(水)22時49分19秒
すごい入場者数ですなー!そんで、夏休みだから子供が多くて、うるさいなー!頼むから上映中にしゃべらんでくれい。それは置いといて、とてもほのぼのして良かったのでは?確かに、「カオナシ」の話と「ババ」や「ハク」の話が噛み合ってなく、ひとつひとつのエピソードというか小話がうまくひとつの目的に進んでないような気もしたけど。あと、キャラクターはいろいろ個性あって、かわいかったし、けっこう笑えたなあ。ハクは何か川の妖精なの?人間であって欲しかったなあ。最後の歌は、とても良かったが、耳にこびりついて離れない〜、誰か助けて〜。終わりにひと言、子供はトイレが近いのか、上映中にトイレに行くのは決まって子供か女性。。。
★★★★
From: しおり(NO MAIL) 8月 1日(水)21時56分28秒
深く考えないで見られるかな?でも、実はいくつかの要素が含まれているような気がした。
★★★★★
From: 広能(NO MAIL) 8月 1日(水)20時00分46秒
文太がgood!!全ての面で素晴らしい作品。宮崎駿恐るべし・・・。
★★★★
From: みかん(NO MAIL) 8月 1日(水)19時28分22秒
結構面白かったがストーリーがちょっとつながってない気がしたが面白かったのでよし。音楽と映像がすごかったです。
★★★★
From: マミー(NO MAIL) 8月 1日(水)16時37分08秒
ねたばれ注意報です子供と見に行っても親も十分楽しめるうえに、子供は、本筋よりも、カオなしが非常に気になっているという面白い映画でした。ところで、この映画の設定が、「秘密の花園」に、似ていると思ったのは私だけでしょうか。千が メアリー(インドで育ったイギリス人のわがまま娘両親は病死して、イギリスの親類にひきとられる)坊が、コリン(イギリスの親類の家で、せむしになるのを恐れた父に、軟禁状態でそだてられているこれまたわがまま息子)りんが、マルサ(メアリーの身の回りの世話をする女中だが、いい人)はくが ディッコン(マルサの弟で自然児、メアリーとコリンを導いていく役)湯婆婆が、メドロック(メアリーに辛くあたる意地悪女中頭、コリンを甘やかしている)などなど。もちろん、まねをしたというわけではなく、いい作品というのは、それなりに枠組みに普遍性があるのだろうという気がしたのでした。私としては、(大人としては)八百万の神々とかおなしの関係とか、坊の成長とかもうちょっとつっこみたくてしかたがなく、その辺も魅力なんでしょうね。千が、最初からちょっといい子過ぎたのも★がひとつ減った理由です。もっとえげつなくわがままで無気力で最初は、ひとつ二つ大失敗をしてもよかったのかもと、いろいろ書きたくなるいい映画でした。
★★★★★
From: たつや(NO MAIL) 8月 1日(水)16時03分14秒
・沖縄風の音楽が興味を良かった ・春日さまの登場シーンが印象的・色々なキャラクターが登場。それぞれの立場を理解しな がら見ないと筋を見失ってしまう。 (なんせ、私は登場人物が3人以上になるとしっちゃか  めっちゃかになるオツムなもんで(~_~)・宮崎監督がテレビで以前「ライブの感覚を大事にしよ  う」みたいな事を言っていたが、見ている側は想像力を 働かすと、より映画を楽しめるのだろう。(例…苔が生 えていて油断するとツルっと滑ってしまいそうな階段を 降りる時の感覚。ものすごい高い所から下を見た時の恐 怖感。とか)・オクサレサマ(?)の登場シーン。湯婆婆を始め銭湯の 従業員が慌てふためく様が痛快だった・カオナシの豹変はTVのCMで知っていた。知らなけ  ればもっと驚けたのにぃ。・初めて人の為に何かしようとする10歳の「千」。 小学校5年生位だろうか。私はその頃人の為に何かして いたか?いやしていない。やや焦り、少し寂しくも思 う。映画館が比較的すいているだろうと思った時間(平日/朝10時)に行ったのだが、すげー人が並んでてびっくり。 
★★★★★
From: みわこ(NO MAIL) 8月 1日(水)13時24分11秒
ハクーかっこいー! ハクのしゃべるとこ全部好き明かりが入った!とか手かざして フウってとことかんーんーよかったよう
★★★★★
From: ONO(NO MAIL) 8月 1日(水)09時31分24秒
部分的には不満足な面もあったものの星4つではたりないかなというぐらいです。 大変にうまく出来あがった現代の神話だと思いました。神話の持つ力というのは人の心の闇を覗く遠めがねのようなものなのだろうと思っています。つまり俗話だけの世界で生きていると物の考え方に限界があるわけです。その壁をもしかしたらひょいと飛び越えることができるかもしれない(必ずできるとは限らない)のが神話の世界です。神話は現代が失いつつあるものの一つですが、それは失ってしまってはならないものなのです。普段目をむけることを忘れがちな神話の世界へ身を置いて見ることの重要さをこの作品で見つけることが出来ます。 次々と登場する異形のキャラクターにはいささかの気持ちの悪さもあるものの作者の想像力にただ敬意を表するのみです。 エンドクレジットに重なって聞こえてくる主題歌がまた素晴らしい。この映画によくもこれだけマッチした詞だなぁとすこぶる感心しました。最後のフレーズまで決して聞き逃してはいけません。帰りにCD購入しました。
★★★★★
From: けいすけ(NO MAIL) 8月 1日(水)04時03分28秒
最高の出来!「トトロ」以来の大傑作。それはともかく、2ch創意2の長くてくだらなくてしかもコピーのアホ文章は削除してください。(私のコメントも消してください)気分が悪くてしかたない。お願いします、管理人さん。意見はそれぞれだけどほんと、こういう奴にはまいるよね。お前みたいな奴は、二度と映画を見るな!
★★★★
From: タイ(NO MAIL) 8月 1日(水)03時41分16秒
なかなか面白く出来上がってました。モノノケ姫よりは分かりやすく、新しい宮崎映画という感じです
★★★★★
From: ギッチョ(NO MAIL) 8月 1日(水)02時00分42秒
とんでもない傑作だった。この監督の衰えることを知れないイマジネーションの素晴らしさ!しかしこのイマジネーションが気持ち悪くなっているのも事実。不思議の世界を”冒険”ではなくて”労働”で描こうとしたのは恐れ入るそれにしても日本の少女好きのおじさんがディズニーより遥かに優れたアニメ創っていていいのだろうか?
★★★
From: TAKUYA(NO MAIL) 8月 1日(水)00時38分55秒
主題歌がいいですね。帰りの車の中で1人で絶唱していました。ほんと美しい絵ですね。こころが澄まされていきます。私もおにぎりのシーンが一番よくてウルっときました。張り詰めていたものが溶けたって感じで。評価がまあまあなのはストーリーかな?
★★★★★
From: しあわせ気分(NO MAIL) 8月 1日(水)00時29分06秒
10歳の子供がみてももちろん楽しめるが、20代、30代の人がみても十分楽しめる作品に仕上がっていると思う。私は思いっきり感動してしまった。30目前にして。
★★★★
From: 山ちゃん(NO MAIL) 7月 31日(火)22時24分55秒
大変な混雑でした。映像も音もきれいで親子で楽しめるいい映画でした。でも満点じゃないな。何か不満が残る。なぜだろう?単純にファンタジーを楽しめない、浮ついたキャラクターのせいか…?現代日本の問題点を示唆するシーンが多すぎて作為的なモノが見えてしまう。宮崎監督の苦労が伺えます。やっぱり私にとって、宮崎映画の一番はトトロがです。
★★★★★
From: HIRO(NO MAIL) 7月 31日(火)11時34分52秒
2回見てきましたが、すごく良かったー。見ていて素直な気持ちになれる作品でした。あと主題歌が良い。見終わった後、いつまでも頭に流れていました。・・私もお父さんが食べたプルプルした食べ物気になります。
★★★★★
From: エント(NO MAIL) 7月 31日(火)10時46分06秒
実のところ気になるところや「は?」というシーンはけっこーあったのだが、それらに突っ込むのが野暮に感じるくらい面白い映画でした。見終わってから考えるとそれもいいかな、という感覚にさせてくれます。とにかく映像が面白くて、働いている住人達、やってくる神様達のコミカルな動きと姿がとってもよかったです。お決まり的な「主人公はみんなから愛される」なラストがどーもとっぴ過ぎるかな、とは思いましたけど。それはそれで。
★★★★★
From: 智子(NO MAIL) 7月 31日(火)10時21分59秒
宮崎アニメのファンではないけれど、これは楽しめました。宮崎監督がパンフでおっしゃっているように、日本の昔話、雀のお宿とかおむすびころりんのねずみの世界とか、そういうものを連想させる、懐かしい感じですね。それとああいう親、いますよね。親の性格だって千差万別なんだから。別にこどもをかわいがっていないわけじゃなく。
★★★★
From: タク(NO MAIL) 7月 30日(月)23時17分41秒
タイタニック以来の大入りの劇場でワイワイ観て来たのですが、なんか震えが出る程凄かったと思います。でも、ラストにもう少し工夫が欲しかったです。意外に淡々とした結末でしたし。僕的にはオニギリを食べるシーンが好きでした。うーん、途中エヴァを思い出させる場面がありましたが、世界観とか全体像としては今年1番です。また観たいです。
★★★★★
From: ワタクシ(NO MAIL) 7月 30日(月)23時15分08秒
すごく切なくて心に残る映画でした。あした2回目見に行きます。深く考えればいくらでも考えられるしなにも考えなくても心で感じられる映画でした。こんなにほんわ〜かした気持ちでいまのところなにも手につきません。素敵な映画であることは間違い無いでしょう!!
★★★★
From: スピットファイア(NO MAIL) 7月 30日(月)22時50分56秒
 一家4人で見てきました。4人の感想は様々でしたが、とてもよい映画であるとは一致した意見です。宮崎監督には次の作品もぜひ作っていただきたいです。
★★★★★
From: 名作(NO MAIL) 7月 30日(月)22時41分12秒
すでに3回も見てしまいました。そして、何回見ても電車の場面で泣けてきます。音楽も最高です。
★★★★★
From: おもしろかった〜(NO MAIL) 7月 30日(月)22時23分24秒
もうもう最高!!!!!!もののけは見に行ったもののがっくりという感じやったんですが、今回のはかなり満足。コレでこそ宮崎ワールドです。今までの作品にも独特のワールド展開はあったけど、ここまでやってくれるとは…一言ありがとう、ですね。絶対もう1回みにいきます〜
★★★★★
From: URD(NO MAIL) 7月 29日(日)23時06分47秒
私も“もののけ”はいまいちと思った派ですが、今作にははまりました。多少肩の力を抜いて作っているのかなという印象だったのですが、気のせいでしょうか。(もののけは力はいりすぎ)この夏見る映画としては、文句なく一押しでしょう。他が駄目すぎるとも思いますが。ところで、下の長い書き込み、まんま“しろはた”のレビューの丸写しですけど・・・本人が来て書いていったとも思えないし・・・ 2c創意って、あの2ch!?
★★★★★
From: 2chにリンクされたの?(NO MAIL) 7月 29日(日)23時04分16秒
3つ下の2ch総意2というのは、コピペです。僕のコメントとともに削除願います。
★★★★★
From: k(NO MAIL) 7月 29日(日)22時57分10秒
ひたすらおもしろかった。
★★★★★
From: えっ!(NO MAIL) 7月 29日(日)22時56分09秒
↓うわ〜下のやつ気持ちわり〜。マジで気持ちわり〜。何そんなに熱くなってんの?お前マニア?面白ければいいんだよ!あほ!マジでキモイ。
From: 2ch創意2(NO MAIL) 7月 29日(日)22時10分30秒
大人なんてみんな豚だ!〜千と千尋の神隠しえー見てきましたよ「千と千尋」。まあその、宮崎監督、「もののけ」で引退したハズなんですよ。それが、いつのまにか復活してます。まるで、プロレスラーの復活劇のようだ!!さて、おさらいしておきますと、前作「もののけ姫」とは、こういう話でした。・「少女が資本主義社会を革命してエコ共産主義が訪れる」というのが宮崎思想。・ソ連が崩壊して、共産主義翼賛アニメを作れなくなった宮崎ジブリ。・共産主義なくして何を描けばいいのか煮詰まった。・社会を救ってくれなかった少女を逆恨みしてシメることにした。・アニメへの情熱は、資本主義の前に破れさり、ジブリの森をディズニーに売り渡して、安全な芝生を買ってしまった。・障害者や女性に仕事を与えているよーな資本家は悪とはいえない。・お上や公務員も、いちがいに悪とはいえない。・とにかく、これだけは言える。わしゃ、触手やドロドロで少女をピーしたい。まあこんな感じですわ。ほんで、まあ、引退を撤回して資本主義の論理に基づいてまた映画を作ったわけですが、黒沢でいえば「夢」、キューブリックでいえば「アイズワイズシャット」ぐらい、耄碌してダダモレになっとるわけです、この映画は。宮崎監督本人が雑誌のインタビューで「湯場はジブリ。ユバーバは、私です」と言ってしまっている以上、もうとりつくろいようがないぐらいダダモレです、ええ。しかも、「私の10歳の友達たちのために作りました」って、自分で「オレは平成のルイス・キャロルだ」とこれまたカムアウトしてしまう始末。誰か、宮崎先生を止められないんでしょうか?もう偉くなりすぎて、誰も阻止できなくなっている、宮崎監督のエコリビドー!!ストーリーは、妙にリアルに描かれている10歳の少女・千歳ちゃん(モデルありに違いなし)が、神隠しにあい、黒柳徹子みたいなババア=ユバーバ(宮崎監督自身の分身)という守銭奴にとっつかまって、「千」という源氏名を与えられて、お風呂屋で湯女としてこきつかわれる羽目に。そこでウンコまみれ、ゲロまみれのヨゴレ客の相手をさせられまくる千。まさしく児童虐待、否、湯女=遊女ですから、強制猥褻以外の何物でもありませんが、ユバーバたちは千を「返事ができない」「礼儀を知らない」とシメてシメてシメまくるのです。さらに、ヘンな仮面を被った男・「カオナシ」という正体不明のストーカーまで、千につきまとう始末。このカオナシ、「引退しておめおめと再びファンの前に姿を現せなくなった宮崎監督が、自らオロカメンを被っているのであろう」と言われていましたし、実際そうなんですが、どうやら、ただそれだけではないようです。自分の言葉では何も言えず、人の口を借りてしか喋れないこの離人症ぎみのカオナシ・・・コミュニケーションといえば、女の子に金をくれてやり、かわりに「食わせろ」と迫るのみ!!そう・・・どうやら、「カオナシ」は、ジブリに迷い込んできた庵野秀明のことらしいのです!!前に「エヴァ」で勝手にマザコンジジイと断罪されて綾波レイに見捨てられて殺されたゲンドウ=宮崎監督、どうやら、エヴァの時の仕返しをしたみたいです。ま、でも、みてるほうからすれば、「この師匠ありて、この弟子あり」「カオナシの子はカオナシ」「師匠が師匠なら弟子も弟子」 といった感想しかありませんが。みやむーに毎日花束を贈り続け・・・もとい、千に金を送り続けたのに「いらない。わたしのほしいものは、ぜったい、あなたにはないもの」と、アスカ様の如き絶対的な拒絶を受けてしまったカオナシ。ブチきれて、大暴れしますが、千にセイロガンみたいなモノを飲まされてしまい、ゲロゲローとマックシング。ウンコとゲロを垂れ流しながら、ジブリ本社内部を大暴れします。もう汚いのなんのってまるで「イヤハヤ南友」です。すっかり「もののけ」の時の師匠(シシ神)と同じ運命を辿ったカオナシは、結局、千と一緒に、ラスボスのゼニーバのところへ、大好きな電車に乗って行ってしまいます。なんでクライマックスが電車?弟子に感染させられたのでしょうか?なんかりんたろうの「銀河鉄道の夜」そのまんまですが。そういえばAKIRAそのまんまの赤ちゃんルームもありましたし、今回、下敷きが見え透きすぎですよね。やっぱ、抑えがきかなくなってるのかなあ?ジブリを悪辣なやり方で経営し、社員を搾取している魔女・ユバーバ。本人が言うように、宮崎監督当人です。なんせ趣味は空を飛ぶことですし。そのユバーバの双子の姉?が、ゼニーバといって、こちらも魔女ですが、こっちは変わり者らしく、エコな田舎に引きこもって、「ハイジ」のめくら婆さんみたいに内職仕事に没頭しています。ユバーバとゼニーバは、何やら、ハンコ・・・ジブリの経営権か何かを巡って対立しているらしいのですが、多くは語られません(そりゃそうだろー)。で、クライマックス、千はカオナシを連れて、ユバーバの敵であるゼニーバのところに乗り込みます。はたして、どんな驚天動地の展開に?と思いきや、ゼニーバは守銭奴っぽいのは名前だけ。すっかり枯れ果てていました。「おや、いらっしゃい」と、ノホホンとお茶を勧める始末。命がけでやってきた千も、年寄りの妄想に2時間つきあってきた私も、膝カックンです。かつては宮崎監督以上の過激派としてブイブイいわせてきたゼニーバですが、この名前のつけられかたとい、ハンコで揉めているという設定といい、どうも、「ゼニーバは金持ちになって、ダメになっちまった」と宮崎さんは言いたげです!そう、宮崎監督の双子のこの枯れたババアこそ・・・高畑さんなのです!!前作「ホーホケキョ」の歴史的大敗を受けて半ば隠遁させられているゼニーバ高畑。今更、クライマックスで「シシ神」や「カオナシ」の如く大暴れする気力もありません。もしかしたらこの映画の中で、ユバーバ宮崎は、ゼニーバからジブリの全部の権利を奪い取ろうとしておったのかもしれません。結局ユバーバの目論見は失敗するのですが、ゼニーバは、別にユバーバに文句を言おうともしません。ケ・セラ・セラ、なんとかなるー、と鼻歌を歌って悦に浸っているかの如くです。で、結局、カオナシ庵野は、ゼニーバ高畑の元に居候して、一緒に内職に励むことになってしまいました。お前はとうぶん高畑の元で丁稚奉公からやり直せ!ということなのか、あるいは、お前はもう枯れている!ジブリの森で余生を過ごせ!ということなのでしょうか?全く盛り上がりのないまま、千は、「アニメ監督・・・もとい、魔法使いにしてあげよう」とユバーバに騙されて安い賃金で悪事に手を染めさせられていた少年・ハクとともに、変態ロリコン企業・湯場(この建物が、バイオレンスジャックでスラムキングが作った「魔王城」にそっくり!! やはり、ナウシカで人間に絶望して世界を滅亡させてしまった宮崎監督の「悪の心」こそが、ユバーバだったのか!?)に戻り、ユバーバと対決します。が・・・誰もが期待するような「東映動画労働闘争」のような大戦争は全く起こらず、ハクも千も、ジブリを円満退社。何事も無かったかのように千は解放されましたとさ。宮崎監督も、「いやあユバーバを改心させてめでたし、なんてわけにはいかないですよ、現実は」と、自分は若いころさんざん上に楯突いたくせに、いざ自分が上に立ったら、コロッとマルクス革命を捨て去って「資本家がすべて悪いというのは間違いですよ、世の中そんな単純なものじゃあない」と西部遷みたいなことを言い出して、またしても資本家と労働者が人間性善説的ななあなあで歌い踊ってジ・エンドにしてしまいましたとさ。ほんで、三鷹に作っている「ジブリの森美術館」の館長が、なんとまあ、宮崎監督の息子だというのですから、呆れてものがいえません。まるでお笑いアニメ北朝鮮。ゼニーバさんが作中で隠遁させられているのも、さもありなん。ほんで、こんな変態ロリコンスカトロ映画が、またまた大ヒットなのですから、もう笑いが止まらないでしょう宮崎監督。あれだけ国粋アニメにこだわっていたのに、今回CG製作にあっさり韓国スタッフ使ってるあたりも、なにやらきな臭いです。しかもあんまり成功してないし。私は言いたい。金と権力と名声を全て手に入れた今こそ、宮崎&高畑コンビは、労働者を資本家の搾取から解放するために、立ち上がらなければならないのではないか、と!!そうでなければ、空とぶゆうれい船も、ナウシカも、コナンも、すべては金と権力と名声が欲しかったがためのウソッパチにすぎなかったことになるではありませんか!!まして、手前の息子に権力を分与しようなどと南無村じゃあるまいしッッ!!アニメではユバーバに甘やかされていた息子が千と冒険することによって、独り立ちしていましたが、どうやらこれは「わしの息子はボンボンではない」というアリバイ作りのためのエピソードだったようなのです!!ジブリはもはや、エコ革命集団ではなくなったあっ!!紅の豚とトホホ鳥が支配する、悪しき資本主義そのものになってしまったのです。いでよ、スタジオジブリ労働闘争を引き起こす、若き救世主よ!!宮崎&高畑体制を打倒し、真のエコ革命を遂行するのだあっ!!というわけで、庵野監督、どうですか、いっちょう謀反を?オナニーしてる場合じゃないぞ、天下は目の前だ! 敵は本能寺にありッ!!!ってイカシンジをいくら煽っても無駄よね。それにしても宮崎アニメの集大成的結論が「少女は10歳になったら、わしの元で売春婦になれい!!」「男はわしの奴隷となって、高畑から書類を盗んでこいっ!!」というのも凄い話ですわ。やっぱ、「ヒゲメガネ」で顔を隠すおっさんと、「エコ」などとほざく奴を信用してはならんということでしょうねえ。「ヒゲメガネ」と「エコ」のダブルパンチですからね・・・あっと、もういっこ、「大人なんて、みんな豚だ!!」という主張もありましたね、ええ。ここだけ唯一、マルクス・スピリットが生き残っているみたいですが、「資本家は豚だ」のハズが「仕事をしない奴は豚だ」にすり替わっていまして、資本主義に参加しない奴こそ豚なのだ、という主張に変化してしまっているのが、悲しかったでーす。こんな人の下で働かされていたら、そりゃ、千みたいなくらーい顔にもなりますって。ジブリの社員がみんなつまらなさそうなのは、礼儀を知らないからじゃないですよ、宮崎監督。ユバーバに最大の原因があることくらい、分かってるでしょうに。ああ、また人間性善説という「なあなあ」で誤魔化してしまいましたね。というわけで、この映画も、全くなんも解決せんまま終わってしまいましたので、本人はもう引退するといってますがまたぞろ復活して少女をシメまくってくれるでしょう!!触手からウンコ風呂へ・・・回をおうごとにエロリビドーが露骨になってるので、次回作は「エスパーまみ」みたいな言い訳のきかないペドロリ変態アニメになりそうでーす!!
★★★★★
From: 2ch総意(NO MAIL) 7月 29日(日)21時38分17秒
大人の男一人でも十分楽しめる逸品パヤヲの世界観に酔えます
★★★★
From: ミチ(NO MAIL) 7月 29日(日)21時30分01秒
最初見終った後は何にも残らない、淡々とした映画だなと思いましたがじわじわともう一度観に行きたい感じ。主題歌が秀逸。ただ、親のことについては賛否両論だろうけどああいう親って居ますよ。つーか千尋の父さんうちの親父そっくりだ。変な山道見つけると「やめろ」って言っても入ってくし、廃れた神社とか建物の中、探検したがるし…あと母親があまり千尋を猫っ可愛がりしないのも好感持った。だってあまりに子供にベタベタする親って見ないからさ…心の中で愛があればいいかあ、みたいな。自分が宮崎監督の妄信ファンだからかもしれないけど、いい映画だったと思う。
From: パヤヲ(NO MAIL) 7月 29日(日)21時04分58秒
この映画で一番駄目だったのは両親の性格付けだとおもう。やなオトナ丸出し。おまけにあろうことか千尋に冷たい。誰が見ても好きになれない、どっちかっていうと嫌悪感を抱く性格付けをされてる。監督曰く、実際にありそうな人 との事だけど、この両親は千尋が頑張る動機となる超重要キャラなんだから、千尋だけじゃなく、観客側からも助けてあげたいと思わせる必要があったと思う。行きのトンネルでも感じたけど、帰りのトンネルでお母さんが「くっつかないで!歩きにくいでしょ!」みたいなセリフで千尋を注意するのを聞いて、なんか愛されてないなぁ。本当は家族揃って生還した感動的シーンのはずなんだけどね。子供の千尋はこんな親でも愛しているのだろうから、そりゃあうれしかったかもしれんが全く共感できなかった。あともう一つ、いかにもカワイイでしょ?といわんばかりのネズミ&ハエコンビは今までの宮崎作品では見られないくらい媚び媚びでやな感じがした。トトロの子供?みたいにさりげなくカワイイ感じにはできなかったんだろうか。過去の宮崎キャラ寄せ集め的なところも寂しく感じた。魔女宅、もののけはコムツカシイテーマを込めようとした事がつまらん原因だと思っていたけど、神隠しを見て、監督はエンターテイメントでももうだめなのかなぁと心配になった。次回作があるのかしらないけど、次はたのしませてほしい。ほんとに。
★★★★★
From: もんきち(NO MAIL) 7月 29日(日)18時19分37秒
見てきました!!やっぱり宮崎監督の作品は抜群に面白いっすね。個人的に真っ黒くろすけ?みたいのが気にいりました。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓          以下ネタばれ最後のシーンでお父さんが車を見て「こんなにほこりが(?)」ってセリフがありましたけど、あれって浦島太郎現象がおこったってことなのかな?だったら怖いっすね。3日で驚くほどのほこりがたまるとはおもえないっす。(それとも父ちゃんがおおげさなだけなのか?)
★★★★★
From: DONNY(NO MAIL) 7月 29日(日)16時46分28秒
♪ゼロになるからだ〜・・・って、なっちゃいました。もう骨抜きです^^;。こんなの、待ってたんだ―!って思いましたね。やっぱり楽しい映画がイチバンです。主人公の成長、(かわい過ぎて)ずるいキャラクター、「水」の美しさ・・・もう定番なんでしょーが、やっぱり感動モノです。あと、黒いじゅるじゅるしたゲルも定番になりつつあるのかなぁ?・・・かおなしのゲルが千尋を追ってるシーンを観てて、おっボスキャラだな、と思ってしまいました。ほんと、よく力が抜けてて楽しいっていう印象でした。前作があんなだっただけに。僕個人ではこーゆー方が大好きです。釜爺(菅原文太!)なんか、いままでのジブリ作品では聞いたことないよーなセリフまわしで、すごい笑っちゃいました。・・・後輩(10代)には「エンガチョ」ってなんですかぁ?と聞かれましたが。他にも、この映画観るまで知らなかったってゆー人、けっこーいました・・・ちょっとジェネレーションギャップかな^^;。だけど、まったく宮崎駿監督はどーしてあんなに可愛らしいキャラクターを次々と産み出せるんでしょーか。アレらは、妖怪なんですよ?→映画が終わった後、坊ネズミのグッズが飛ぶように売れてた。友達にプレゼントしたろーと思って買ったら、その子も買ってた(爆)。
★★★★★
From: ky(NO MAIL) 7月 29日(日)16時09分10秒
観終わった後に主題歌とともにジワジワと心に染み入って来ます。今までの宮崎作品には個人的に偽善性が感じられて駄目だったけど,今回はなくて惹き込まれました。
★★★★★
From: 本行充明(NO MAIL) 7月 29日(日)14時49分34秒
宮崎作品の中でもいちばん主人公に親近感がわいてきた。夏の大作のなかでも絶対イチオシ!
★★★★★
From: 哲ばあ(NO MAIL) 7月 29日(日)13時59分15秒
もののけ姫がまったくだめだった私。一抹の不安を抱いて見にいきましたが、まったくの杞憂でした。私の中ではトトロを越える。すみからすみまで楽しかった。40年も昔に見た夢のような懐かしさ。自分の中にいる千尋に出会った気持ち。ハクさえ懐かしい気がするのはなぜでしょう。宮崎監督ありがとう。
★★★★★
From: (NO MAIL) 7月 29日(日)12時35分00秒
とても気持ちよく鑑賞できました。ずっと目が潤みっぱなしでした。泣くような話ではないと思うんですが・・・とにかくもう一度見に行こうと思います。
★★
From: liefish(NO MAIL) 7月 29日(日)11時02分55秒
あまり盛り上がらないフラットなストーリー展開で話がさくさくと進み過ぎ感がした。主人公の心の成長も早すぎるし成長しすぎだと思った。
★★★★
From: BROOK(NO MAIL) 7月 29日(日)08時52分34秒
やはりジブリ作品って好きだなぁ..童心にもどれるような感じ。個人的には、最高傑作とまではいきませんでしたが、ストーリー展開は素晴らしかった!!感動モノでしたよ〜♪テーマは「如何に生きるか」という感じでした。また、主人公千尋の成長過程が良かったですよね。ラストも涙なしでは観られない感じです。
★★
From: SHAKO(NO MAIL) 7月 29日(日)04時48分03秒
宮崎駿にとってもののけ姫が言いたい事の集大成(かつ史上最大の失敗作〜誉め言葉)であったとするのなら、この作品はやりたいこと(やりたかったこと)の集大成なのかな。見た事のあるようなシーンが随所に出てきてましたね。個人的には、ストーリー展開の強引さ(説明不足)とか、あんな小さな子をソープランドで働かせてええんかい!とかいうとこに引いてしまったので。
★★★★★
From: 哲学表現(NO MAIL) 7月 29日(日)01時31分23秒
どこかで、片道運行の電車は心の深層部分への旅の隠喩表現であるという解釈を読みました。そう考えると全て合点がいきます。カオナシを銭婆のところに残したのにも意味があるわけですね。誰の中にもいるカオナシを心の深層部へ導き、生きる力を呼び戻すというこでしょうか。いや、素晴らしい映画でした。20代のこの時期に見れてよかったです。
★★★★★
From: ゆずちゃ(NO MAIL) 7月 29日(日)00時43分56秒
先にかなりの情報が出回っていたので、もしかしたらネタバレしまくって面白さ半減?と少し不安だったのですが、全くの杞憂でしたね。うれしいことに。あの世界観の素晴らしさは、おそらく多少ネタバレしたくらいでは揺るがないでしょう。久しぶりに、イイもの見たなという感じです。少年も少女も掛け値なしに可愛い宮崎作品って私的には初めてかも。それにしても、宮崎作品に登場する食べ物はなぜああ美味しそうなのか…私があの世界に迷い込んだなら、おそらく即養豚場行き間違いなし。でも一度でいいから、食べてみたいですな。あの親父さんが食べていた、ぷるっとしたモノが無性に気になります。
★★★★★
From: あゆみ(NO MAIL) 7月 29日(日)00時05分39秒
宮崎アニメは毎回見に行っていますが、これは本当に最高傑作です。紅の豚やもののけみたいに妙に力が入りすぎていたり大人っぽさを出しすぎた作品が続いてなんか勘違い?と言う気持ちが最近ありましたが、宮崎まだまだやれる。こんな力をもっていたのね。久しぶりにパンフレットも買ってしまったし、DVD出たら必ず買う。ちりばめてある細かい笑いや美しい映像で本当に心浮き立ちました。こんな風にまさにファンタジーという物語を待っていました。ありがとう、宮崎駿。みなさん、見に行くべきです。次の日、猿の惑星を見てちょっと悲しくなった・・。
★★★★★
From: あのひと(NO MAIL) 7月 28日(土)18時46分24秒
今日見に行って来ました。とくに銭婆の所が面白かったです。あと湯婆婆の性格の変化やCGがすごくいろいろの年代の人も楽しめると思います。もう1度みたい気分です!
From: 紅豚(NO MAIL) 7月 28日(土)18時27分51秒
画が綺麗なだけで起伏の無いストーリー、説明不足で子どもに分かりにくい設定、薄っぺらな人物等々。宮さん同じ自己満足映画なら素直に某誌に書いてた戦記物にしてよ。
★★★★
From: どんたこす(NO MAIL) 7月 28日(土)17時40分46秒
久しぶりに、もう1回見てみたいと思った。
★★★★★
From: よきかな(NO MAIL) 7月 28日(土)16時39分18秒
ジーンと心温まる映画でした。終盤はずっとウルウル状態でした。それにしても混んでた。でももう一度行きます。
★★★★★
From: スコ多(NO MAIL) 7月 28日(土)16時23分50秒
何度でも見に行きたい映画だと思った。不思議な余韻を残す作品。監督の作意は色々あるにせよ、そういうものを前面に出さずにエンターティメントに徹してくれたのは良かった。最初単調すぎると思った導入部やあっさりしていると思った終幕も終わってしまえば、その方が良いかもと思ってしまえるから不思議。今度はもっと細部を観てみよう。あと2回は映画館に足を運びたい。
★★★★★
From: たか(MAIL) 7月 28日(土)13時55分51秒
見終わったあとの余韻が不思議な感じでした。なんかふわふわ夢の中にいたような、自分も一緒に不思議の町に行ったような、とにかくよかったです。純粋に「もう一回みたいな〜」と思いました。宮崎駿作品のなかでいちおしというわけではないけれど(どの作品もいいものばかりですし…)、もちろん★★★★★です!
★★★★★
From: FS(NO MAIL) 7月 28日(土)10時52分03秒
純粋に爽やかな気分になれる映画でした。気が付けば時間がたつのも忘れて映画の世界にのめりこんでいました。
★★★★★
From: マック上場 4700円(NO MAIL) 7月 28日(土)00時34分59秒
なんという想像力とその表現力にただ、すごいなー、おもしろいなーと思いました。作品とは、全く関係無いが、子供連れのやかましさには、まいった。これを、親が、小学生くらいの子供に見せて、果たして理解し、楽しめるのだろうかとおもった。
★★
From: まもる(NO MAIL) 7月 28日(土)00時09分25秒
宮崎駿が撮るからこそ、湧き上がる期待感に応えてくれているか?というとそうでもなかったです。確かに良い作品であったと感じています。でもキャラクターよりもストーリに力を入れてほしかった、というのが率直な意見です。過去、「風の谷のナウシカ」といい「天空の城ラピュタ」といいそのストーリーに感動し、興奮し、宮崎アニメは素晴らしいと言えました。「千と千尋」は宮崎監督のぶっ飛ぶような想像力に感嘆させられ、和ませられるのですが、それをもって傑作とは僕は言わない。冒険というならもう少しバチっとした筋書きが欲しかったです。ただ不思議の国に迷い込んだ少女の話だから、その世界がわからなくても、楽しめさえすればいいと言えばそうなんですけどね。 ギャーギャー騒ぐほどの映画ではない。否定的に語ったけど、それでもこの映画好きなんです。宮崎アニメってなんで愛さずにいられないんだろう?
★★★
From: アイシャ(NO MAIL) 7月 27日(金)23時41分42秒
ストーリーでは「もののけ」の方が深みがあって面白かったんですが、溢れんばかりのイマジネーションには圧倒されました。ただ、CGをあそこまで多用して欲しくなかったです。ツツジの通路や海のCGで、ちょっと引いてしまいました。私は、ジブリの透明感のある水の描き方が、本当に大好きで、その美しさを堪能したくて映画館に足を運んだんですが、かなりガッカリしました。CGオンリーのアニメはいいんですが、セル画とCGってどうしても合わない。そんなものはディズニーにでも任せて、ジブリの手作りの技術力を見せて欲しかったです。(なんかえらそうなことを言ってますが、私はアニメ技術のことはほとんど分かっていません。CGが鼻についてしまった、ごく凡人の感想です)
★★★★
From: カヲナシ(NO MAIL) 7月 27日(金)16時03分55秒
あっさりとして後味さわやか。何度でも見に行けます。見るたびに新発見。
★★★★
From: チャダ(NO MAIL) 7月 27日(金)15時46分00秒
純粋におもしろかったです。やっぱ宮崎ワールドさいこーなきぶんです。もののけ姫よりわかりやすいですしね。やっぱ千尋の描き方がうまかった。あれだけ感情移入ができることなんてあまりないんではないだろうか?ナウシカほどとはいわないけどかなりの高作品。
★★★★★
From: H(NO MAIL) 7月 27日(金)15時06分37秒
映画館にいくことは、あの湯屋にいくのと同じことかもしれない。だからいつもと違うエンディングが嬉しかった。楽しかったのでもう一度行きます。
★★★★★
From: 映画命のメーラー(NO MAIL) 7月 27日(金)13時29分18秒
 文句なしの傑作です。自分の中の宮崎作品NO.1「風の谷のナウシカ」に迫る勢いでした。
★★★★★
From: フーミン(NO MAIL) 7月 27日(金)13時22分53秒
感動で、体に電気が走る体験を何度かのシーンで体験出来る映画ですね。何気なく描いていて、観ている人に感動を与える。サァここだ、感動しろ みたいな押しつけがましさのない作りかた、本当に感心させられます。全編、時間を忘れて映画に包まれる そんな映画ですね。ファンタジーの世界のことは皆さんが書いておりますので わたしは現実の世界の事について一言。アメリカ映画を観ると、男と女がやたらベタベタ アイラブユーを連呼、人前でチューチュー、文化の違いですからそれはそれでいいんです。そんな中で日本映画の男と女は 欧米人から観たら冷たく、素っ気ない間柄に見えるのでしょうね。でも、私などはそれが自然に思えます。この映画の母親など正に現代日本の母親って感じで、旦那を諫めたと思ったら、自分からご馳走をパクつく、旦那と手を握ることもない。そんなシーンが好きなんです。最後に、浦島太郎よろしく 彼ら三人はこの後どうなるのでしょうね。
★★★★★
From: 松本(NO MAIL) 7月 27日(金)13時08分22秒
是非、タイタニックを超えてほしいです。それくらいの価値のある作品だと思います。
★★★★★
From: プリズナー(NO MAIL) 7月 27日(金)01時55分24秒
素晴らしい作品。これだけの世界観、ちょっと創造できない。見方はそれぞれだけど「説明不足」ってのは私的にはどうかと思う。この作品の場合、説明不足があってこそ世界が感じられるものだと思うから。だいたい「画」で方っていることの多さは半端じゃない。千尋が感じ、思うことで存在する世界では千尋自信が関心のないこと、考えなくていいことには焦点があたらなくていい。ストーリーも予定調和ではあるけれど起承転結にはめ込んだような無理はなく展開に期待がもてる。宮崎監督は、起承転結や複線について他の作家とは一線を画した方法論で作っているのでは?「もののけ」の時にはきっとこの人はもう「ナウシカ」や「カリ城」は作れないと思ってしまったがこの作品を観た今となっては作れるけど作らないのだろうなと思える。
★★★★★
From: KOCO(NO MAIL) 7月 27日(金)00時32分50秒
わかっちゃいるけど上手い!最初から最後までワクワクハラハラドキドキ。ストーリーがよく出来ている。素直に千尋に感情移入できるし、キャラ全て個性を与えられているから物語に深みがあっておもしろい!型にはまった感はあるが、久しぶりに満足いく映画だった。
★★★★★
From: りこ(NO MAIL) 7月 27日(金)00時20分51秒
宮崎監督の作品見た後って必ず凹むんだよね。主人公がすばらしすぎるから。宮崎監督は観客の気持ちをうまくつかむこつを知ってるんだろうな。凹むけど、もう一度見に行きたいです。
★★
From: (NO MAIL) 7月 26日(木)23時41分17秒
面白いんだけど...。画は綺麗になってるんだけどストーリーが弱いね〜(10歳の女の子の成長)だけで良いっていうならこれでいいのだろうけどねー。  う〜んそれでもストーリーが苦しいな説明が足りてないんだよね若人あきら改め我修院達也の蛙がしゃべった時は鮫肌の山田君を思い出して笑ってしまった★最後の方で『ネバーエンディングストリー』のシーンがあった♪
★★★★★
From: LINN(NO MAIL) 7月 26日(木)23時24分09秒
良きかな、良きかな。
★★★★
From: fumi(MAIL) 7月 26日(木)21時21分29秒
幼い頃から、おとぎ話やファンタジーやSFを乱読していた私にとって、日本バージョンでその映像が目の前に展開された喜びに有頂天になりました。当時の想像力や、考え方、想いと言うものが今も心の大切なところに収められている。そしてそれが、今の私を形作っている一部なんだと言うことを、改めて実感できました。懐かしいような、それでいて新しいような豊かな映画でした。
★★★★★
From: ASUKA(NO MAIL) 7月 26日(木)20時02分42秒
朝イチで観て劇場を出ると親子連れがたくさん並んでいました。さすが夏休みです(笑)主題歌を聴いた時から気になって気になってすごく楽しみでしたが期待を裏切りませんでしたね。終わった後、もっと続きが見たい!と思えるのはとても素敵なことだと思います。子どもが10歳の時に見て欲しい映画だと思いました。自分の為だけの勇気はなかなか出ないのに大事な人の為になら出る勇気、大人も見習いたいです。
★★★★★
From: 田中勝幸(NO MAIL) 7月 26日(木)15時18分14秒
よかったです。
★★★★★
From: きーとん(NO MAIL) 7月 26日(木)14時46分56秒
★ねたばれなし★ただただ面白かったです。久々に肩の力が降りて、映画そのものにはまり込めました。終わったあとも余韻に浸ってしまいました。館内の環境や観終わったあとの要因など様々な外的要因も合わさって忘れられない映画になるでしょう。3時間ぐらいの長さでも全然良かったと思える映画です。実現すれば、後半の展開の速さが解消されたのでは?と思うと残念です。ただコミカルなキャラ(特にからすとねずみ)やのりはあまり自分の好みではなく、いただけませんでしたが。是非まだ見ていない人は観に行ってください!
★★★★
From: ちゅう(NO MAIL) 7月 26日(木)13時34分05秒
宮崎監督の最高傑作だとまでは思わないけど、「不思議の町」の映像はすんばらしかった!監督いわく原案では3時間になってしまうのでカットしたそうだけど、それでもよかったのにな〜。できればその後、親子3人が神隠しにあってたわけだから周りがびっくりしてたりハクに再会できそうなあたりまで描いてくれるとスッキリしたのだが・・・。蛇足になるか?
★★★★★
From: パンテラ(NO MAIL) 7月 26日(木)13時02分12秒
すばらしい!最高のエンターテイメントです。物語の始めがああであるから、最後はああなって終わるのはある意味予定調和だが、そこへのもっていき方がディズニーと決定的なレベル差として現れている。もののけで、ああ〜もう駄目?とか思ったけどこれは全く新しい宮崎監督の世界ですごい新鮮でした。恒例の自然への畏敬の念を前に押し出すことなく描いたせいでよりエンターテイメントとして自然に楽しむことが出来たと思う。近年稀に見るエンターテイメントの大傑作。細かい気配りがなんとも楽しい。
★★★★★
From: kei(NO MAIL) 7月 26日(木)11時50分23秒
不思議な世界が鮮明に描かれていて だからすごく入り込めたと思います。インパクトもすごくあって、素直に好きな映画です。見終わったあとすぐにまたみたくなりました。説明不足なところもあって、なんだったの?ってところもあるけれど、だからこそ何回もみたくなる。そんな映画だと思いました。
★★★★★
From: てんこ(NO MAIL) 7月 26日(木)11時20分18秒
千がおにぎりをほおばりながら、耐え切れず泣いてしまうシーン・・・。私も思わず泣きそうになってしまった。あと、橋わたるとき一緒になって息をとめてしまった。向う側に着いたとき、思いっきりふう!と言ってしまい、まわりに聞こえたかちょっと心配になった。千と一緒にいろんなことを感じて、冒険できた。とても楽しい2時間だった。
★★★★★
From: よよよのよ(NO MAIL) 7月 26日(木)11時09分52秒
なんていうか、あの不思議な世界がたまらなく魅力的でした。理屈抜きで楽しめて、最後はなんかいい気分になって劇場から出てこられました。 特に印象に残ったのはあの海?の中を電車が走るシーンです。あまりの美しさにボーッとなって見てました。文句なしの五つ星です!
★★★★
From: パパ(NO MAIL) 7月 26日(木)10時26分26秒
感想は単純に面白かった!!という感じ、しかし宮崎監督の独創性には恐れ入ったという感じです。自分的には、もののけ姫より面白かったです。今回は、もののけみたいに、生きろ!!なんて堅いこといってないし。今回は少し年齢が低めだったので劇場に子供が一杯いました。ただ、これが長編最後の映画ってのはなー・・・・・・もうちょっと頑張ってもらえませんかねー宮崎監督!!!
★★★★
From: こまち(NO MAIL) 7月 26日(木)10時03分38秒
良かったです。宮崎監督の作品はキャラが最高にいいですね。ビデオで止めて隅々まで画面を見たい感じ。ただ後半のはやい展開に少しとまどいました。もうちょっと時間があれば・・・。上映終了時、満席だったのですが曲が終わるまで5,6人しか席を立たなかったのが印象的でした。みんな千尋と一緒に不思議の世界にいっていたのですね。
★★★★★
From: ユリ(NO MAIL) 7月 25日(水)22時46分35秒
観終わったあと、観客が笑顔で帰っていく映画っていいですよね。細かい理屈抜きで、ぐんぐん世界に引きずり込まれ、物語りに引きずれ込まれた感がします。ナウシカやラピュタと同じく何度も何度も観たい映画です。観て良かった!
★★★★★
From: まるまる(NO MAIL) 7月 25日(水)21時59分02秒
まるで、映画館そのものがこの映画と現実をつなぐトンネルのように感じた2時間でした。終わって外に出たときに、主題歌の『はじまりの朝の 静かな窓 ゼロになるからだ 充たされてゆけ』という歌詞が心に染みてゆきました。
★★★
From: ほぉですなぁ(NO MAIL) 7月 25日(水)18時26分42秒
上海の下町のような摩訶不思議な温泉街や、なんとなく沖縄っぽい音楽、色々に考えられた設定には脱帽。ただ宮崎サンの女の子像ってどこまでも気高くて真摯な態度で、平板に思えるのですがね?
★★★★
From: たく(NO MAIL) 7月 25日(水)18時10分20秒
面白かったです。10才の少女(もしくは全ての人間・生き物)の本来的に持っている力強さが、十分伝わってきて、私も少し元気になって劇場を後にしました。★が一つ足りないのは、ハクとの関係を思い出すのが唐突すぎて、ちょっとご都合主義に思えてしまったこと。前フリの一つでもあれば合点がいったのにと、ちょと残念。
★★★★★
From: NAWOKI(NO MAIL) 7月 25日(水)17時37分51秒
映画を一人で見に行こうだとかもう一回見ようなんて今まで思ったことがありませんこの映画はもう一回一人で見たいと思いました。(宮崎ファンということもありますが)しかしながら物足りなさ感じました。ただ私の言う物足りないというのはもっとあの世界での話を見たいとか続きが見たいというものであってつまらないとは全く違うものであると思っています。むしろそう思ってしまうほど面白かったのです。しかし見終わって好き嫌いはかなりでるなと思いました。とにかく私は最高だと思っています。
★★★★★
From: ハング(NO MAIL) 7月 25日(水)15時59分22秒
最初のシーンに息を止めて渡るシーンがありましたが思わず一緒になって息を止めていました。素直な気持ちで見られました、説明不足や世界観がどうのとかそんな事はものすごく小さい事、そんな事を気にしながら観てても面白くないでしょ。理屈抜きに大変楽しめました。お勧めです。
From: yuka(NO MAIL) 7月 25日(水)10時49分25秒
絵はすごかった。世界観も。でも、やっぱり説明不足だと思う。千尋が見た物しか表現しなくていいの?映画は、観客のためにあるものなのに。不親切で、独りよがりだなあと思いました。
★★★★
From: はな(NO MAIL) 7月 25日(水)09時39分34秒
私も、学校の前の陸橋を息を止めて渡ったり、エンガチョしただけで本当にもう大丈夫だと安心できたりしたもの。10歳の心は壮大なのだなー、10歳は大切なものが分かるのだなー、私もそうだったかもなー、これからもそう在りたいなー、と思いました。清々しかったです。
★★★★★
From: 六打(NO MAIL) 7月 25日(水)09時00分35秒
アタクシにとっては最高に面白かったですヨ。となりのトトロ以外宮崎アニメはあんまりきにいった作品てのがないんだけど。派手なアクションとか、カッコヨサはないけれど、チヒロや神様の動作がものすごくイキイキとして気持良かったです。後半のチヒロの成長はマジで感動しました。
★★★★★
From: ノブキチ(NO MAIL) 7月 25日(水)05時52分44秒
最高!うまく表現できないけど、なんか不思議な魅力があった。とにかく観終わった後の満足感はかなりよかった。いつもおもうんだけど、宮崎駿の映画はストーリだけでなく、音楽がすばらしい!わくわくさせられる。もう引退なんか言わずにこれからもいい映画を創りつづけて欲しい
★★★
From: ちゃお(NO MAIL) 7月 25日(水)01時04分25秒
面白かったんだけど、世界観とか脚本とかねーでも、仕事で疲れた心には、見てるだけで疲れるとゆーか、説教臭さがこたえます。10歳の少女への啓蒙映画ですねこれは。援助交際を迫る、寂しい大人の男を相手にしてはいけません。働かざるもの食うべからず。強制的に労働に目覚めさせるストーリー展開だなー。共産主義的なものを感じました。まあ、現在の資本主義・快楽主義への批判があるのでしょう。ただ、オリジナルであることについては評価できます。すごいっす。
★★★★★
From: マッチン(NO MAIL) 7月 25日(水)00時37分56秒
これは大傑作でしょう。エンターテイメントとして昨今ないくらいの水準の高さです。その細部にまで行き届いた創造力には驚かされます。テーマ性が表に出て来なかった分「もののけ」などよりも、饒舌に語っていました。何人かの方が書いてましたが謎が残るとか、説明が足りないと思うのはこの作品においてはマイナス点にはなりません。何故なら、この作品はあくまでも千尋の視点で描かれており千尋が知りえないこと、または知る気がないことは当然、排除されていい要素だからです。宮崎監督は、「もののけ」あたりから起承転結の構造をはずそうとしているのではないでしょうか。起承転結は、ある意味では予定調和になってしまいますし観客にもいろいろバレてしまいます。ストーリーの流れよりも心情の流れを大切に描いているのだと感じます。
★★★★★
From: ナウシカ(NO MAIL) 7月 25日(水)00時17分08秒
別に宮崎アニメファンでもないけど良かった!!「もののけ姫」も良かったけど、それとは違った作品で面白かった!引退しなくて良かったな〜って思った。やっぱり絵は上手いよねー。
★★★★★
From: hyunkel(NO MAIL) 7月 25日(水)00時15分53秒
この映画の価値は、どれだけ不思議の町を魅力的に描けていたかということに尽きると思う。映画が終わった瞬間急に現実に引き戻され、自分がこの異空間にいかに夢中でのめり込んでいたかを知る。なにもかもが無機質で味気なく思える現実の世界を離れ、独創的で、それでいてどこか懐かしい世界を見事なまでに構築している。大傑作だと思う。
★★★★★
From: johnぴー(NO MAIL) 7月 24日(火)23時07分21秒
湯屋の細部の描きこみがすごかった。原色の鮮やかさに目を奪われました。それだけでも見る価値あり。もちろんストーリーもGOOD。見た後ちょっと切なくなったのは年をとったせいなのかな。10歳の頃の自分って何をしてたかななんて考えてました。
★★★★
From: モー沢東(NO MAIL) 7月 24日(火)22時46分39秒
雰囲気はすごく好き。それだけにチョットもったいない感が残ってしまう。確かに客が見たいもの ジブリっぽい、女の子 ジブリっぽい、動き ジブリっぽい、脇キャラクターは、見せてもらえたが、どこか一箇所でも”ズキーン”とくるシーンがあれば★5つあげたのに…。
★★★★
From: けいすけ(MAIL) 7月 24日(火)22時18分37秒
 これは楽しい映画。可愛らしい神様たち、幻想的で不思議な街、雄大な自然などしばし現実を忘れることができた。雨が降った後、海ができるシーンなんて、好きです。 「もののけ姫」のようにテーマがストレートに出ていないぶん、エンターテイメントとして純粋に楽しむことが出来たかもしれません。かと言って、単なる娯楽作に終わらず、何か伝わってくるものがあるのが、宮崎監督作品のすごいところ。それは、監督の想いが作品にいっぱいつまっているからなんだろうな、とパンフレットを読んでいて思いました。
★★★★
From: たくぅ!(NO MAIL) 7月 24日(火)21時55分34秒
ストーリーに関してとやかく言うつもりはないです。基本的に宮崎監督の作品では、映画に投影された監督の世界を堪能することを楽しみとしてるんで。今回もその”世界”を十分に堪能させて頂きました。ただ1箇所だけ引っかかるところが・・。これはネタばれになるのかな?千尋が白の名前を思い出して、二人が手を取りながら宙を舞うシーンです。千尋の涙が印象的なシーンでした・・が、なんとなくこのシーンは宮崎監督らしくないなあと思ってしまったのは私だけでしょうか?なんか外(例えばスポンサーとか、D通とか)から、観客の感動を誘うために提案されたシーンなんじゃないか・・などと全く根拠のないことを考えてしまいました。ただ、今までの監督の映画では女の子が泣くシーンでは、千尋が泣くように涙をあんなに強調していたことはなかったのではないかなーと思うのです。そんな心のモヤモヤのせいで、星は4つ止まりです。
★★★★★
From: 祐T(NO MAIL) 7月 24日(火)20時57分31秒
多分宮崎アニメの中でも5本指と言わず3本指に入るくらい気に入りました!個人的にも「もののけ姫」よりも満足です〜♪自分もデジタル上映で見ましたけれどお花の映像がとっても鮮明で奇麗でしたワ。。。物語りでは「もののけ〜」の様に事細かくないので素直に楽しめたかな〜って感じです。お金と時間があればもう1回は見に行きたいくらいです今年「A.I.」を超えて最も良かった映画〜!
★★★★
From: あわ(NO MAIL) 7月 24日(火)18時12分33秒
キャラクターも多彩で不思議の国ならではの世界が面白かったです。でもこの国についての説明が十分にされなかったのが少し残念でした。と言うか、あの世界を2時間ちょっとで語るには短すぎますね。テレビアニメで毎週やってても面白かったかもしれない。あのクオリティで毎週やってたら制作費が半端じゃないと思うけど(笑)映像も凄かったです。花畑を駆けていくシーンなんてちょっと酔いそうになりました。疾走感のあるシーンもカッコ良かったしストーリー以外でも見所は多いですね。もちろん音楽も良かった。ついでに言うとハクの本名も凄かった(笑)これで本当に監督業は最後らしいけど脚本はまた書いて欲しいですね。ジブリの新しい監督さんに期待(候補はいるんでしょうか?)
★★★★★
From: なおみ(NO MAIL) 7月 24日(火)11時05分29秒
面白かった〜♪ラッキーにも地元の試写会に当たったので公開前に観る事ができました。アニメならではのたくさんのキャラクターもとても楽しかった。ハラハラ感あり、ほのぼのファンタジーあり、ホロっと感動ありの飽きさせない素晴らしい仕上がりには脱帽です。映像も奇麗で、さすが宮崎アニメ!私的にはもののけ姫より好きです。
★★★★★
From: お稲荷さん(NO MAIL) 7月 24日(火)09時41分41秒
2回見ましたが、とても満足しています。映像の密度話のテンポ、声優たちの演技、そしていつもながらの久石譲さんの音楽(絵と音楽のマッチングのよさはいつもながらすばらしいですが、ただもののけ姫やラピュタ、トトロに比べると物足りなかったかも。)どれも満足のいくものでした。 ただラストの親が豚から戻るとこはもっと引っ張っても良かったかな。 あと、時々使われるCGは少しセル画の雰囲気とあっていなかったかも。 それと後半ハクがなぜ印鑑を盗んだのかはもう少し説明があっても良かったかも。いろいろ細かなところでは気になるとこもありますが今年の夏の映画では一番すばらしいと私は思いました。 
★★★★★
From: マシリト(NO MAIL) 7月 24日(火)09時31分43秒
怖くて、美しくて、優しくて、楽しくそしてほんの少し哀しい、最上質の映画です。パーフェクトな技術と印象的な主題歌も含め、映画自体には文句のつけようがありません。でも最新のテレビCMはいけません。千尋が空から落ちていく時の涙が上に流れていく最高の名場面をやっちゃってます。あれは、劇場で見た時の感激を薄れさせちゃいますよ。私は一日も早く見たかったので、初日に地元の劇場で見たのですが、デジタルに対応できてないので、なんか画面が時々ぼけてしまっていました。全国的にはどうなんでしょう。全編フルデジタルの劇場でまた見ます。
★★★★★
From: シータ(NO MAIL) 7月 24日(火)08時23分03秒
とても満足しています。宮崎監督の集大成という感じがしました。今まで僕のベスト1はラピュタでしたが、それよりもお気に入りになりそうです。
★★★
From: たらちゃん(NO MAIL) 7月 24日(火)07時05分48秒
いや〜よくないかも!ネットではまずまずの評価だったから期待したのにまた撃沈されました。 ランク A'。ホント今年の期待作はみごとにすべってます。(あいたたです。)ラストの話ですがかなり「オチ」がやばいです。こんなまとめ方いやん。みたいな。見終わった周りの人の感想・・・。「え〜?マジで?」 「なんか・・・・あれだったね・・・・・。」 「よかったんじゃない?」とまあ、ボチボチだったけど、たらちゃん映画評論家に言わせたら 「ダメでした。」昔の栄光がでかすぎます。 面白いんだけど変なギャグが入っていたり。説明されないことが2つもあったり・・。猿の惑星に期待・・・。ダメなのかなあこれも・・・。(笑)
★★★★★
From: ミミガー(NO MAIL) 7月 24日(火)03時10分09秒
■ネタバレあり■独断的意見が多いですが、これは自分なりの解釈です。最近のETVで、宮崎駿と吉本ばななの対談があったんですが、そこで宮崎監督が、自分でバーチャルやっといて何ですが、バーチャルで現実に体験したつもりになっている。とバーチャル批判を展開。今回の映画でどのようにそれが具現さかされったのか期待していました。序盤は前振りなしに、いきなり千尋一家かが異世界に迷い込みます。えっ?随分展開が早いなと思いました。最後にに異世界から脱出してもう少し話が続くのかと思ったら、それでオシマイ。何か強く現実に引き戻された感じがありました。千尋が実世界に帰る時、パクが「振り返るな」と言うのですが、これは観客にも訴えていると思います。今回の作品は依存率が高く、リピーターが多そうですが、それに対しての警鐘と自分は受け取りました。いつまでも、映画の世界に浸っているなと。観客は、千尋と共に異世界(映画)に入り込み、千尋と共に現実世界(上映終了)に帰ってくる。最近の映画にありがちな、オチで無理矢理で観客の度肝を抜こうとする映画が多い中で、非常にシンプルな形でそれをやってのけた、宮崎駿の手腕には脱帽します。日頃、バーチャルに慣れ親しんでいる自分にとっては胸が痛くなる映画でした。
★★★★★
From: TAKA(NO MAIL) 7月 24日(火)01時07分55秒
監督の「これが自分の最後の長編だ!!」という気合で作られた作品が「もののけ姫」でしたが、この作品にはそれが感じられません。でも肩の力が抜けた分、観ている自分も素直に楽しめました。完成度はこちらが上ですね。ニュース23でおすぎが「監督は言葉狩りについて、なにか訴えたかった」みたいな事を言っていたが、僕には全然感じなかったなぁ。いろいろ深読みできるのが宮崎アニメの特長。今回もいろいろ考えさせてくれます。ともかく美しい映像と、テンポのよい展開(ジェットコースターな意味で無く)、カオナシを始め個性豊かなキャラクターたちの織り成す、「心地のいい映画」です。☆5つ!!
★★★★★
From: godtin(NO MAIL) 7月 24日(火)00時59分50秒
これはいい!四の五の言わずに楽しみなさいってな感じですね。一度会ったことは忘れない。ただ、思い出せないだけさ。いいねえ。
★★★★★
From: ヒロヤ(NO MAIL) 7月 24日(火)00時25分48秒
「ホント映画っていいですねー。」と思わせてくれる映画で、2時間ずっと楽しく見られました。メッセージ性はそんなに強くなかったけど、千尋のやさしさと芯の強さに何度も心打たれました。それに、日本人特有のお辞儀の習慣がとても素晴らしいものに思えて、自分が日本人でよかったなと改めて思いました。今回は、今までと違っていわゆる「アニメキャラ」が多く出てきましたね。はじめは違和感があったのですが、すぐ気に入ってしまいました。劇場内もかわいいキャラクターに大うけしてましたね。1番好きだったのは、カオナシ。なんだかすごく気持ちがわかる!そう思ったのは私だけでしょうか?見終わった瞬間に、もう1度見にいくことを決めました。でもこれは、思わずキャラクターグッズを買いたくなってしまう映画ですよね。
★★★★★
From: 琥珀主(NO MAIL) 7月 24日(火)00時13分58秒
「私の欲しいものはあなたには絶対にだせない」というセリフがありました。本当に大切なものはそんなに簡単に手に入るようなものじゃないというメッセージでしょうか。人との絆だったり自分らしさだったり。色々考えさせられました。
★★★★
From: suu(NO MAIL) 7月 23日(月)23時55分01秒
かおなし。物凄く心に突き刺さるキャラでした。自分も周りを取り囲む人もみんな当てはまる、と言うか思い当たる節があるはず。人間の弱さとか淋しさを宮崎さんは本当にズバリ、と表現されてると思います。全てのキャラがそれぞれとても強烈で輝いていたけれど私は、かおなしにカウンターパンチをくらった気分でした。メッセージ性がかなり強い作品ですがそれだけでは終わらせない、宮崎さんの作品はやっぱりすてき。
★★★★★
From: 智広(NO MAIL) 7月 23日(月)23時54分09秒
まだ余韻に浸っています。作り手の想像力、感性に脱帽です。映画を見てこんなに満たされた気分になることは滅多にありません。
★★★★
From: もも(NO MAIL) 7月 23日(月)23時46分01秒
実は観た直後はちょっと物足りなかったのですが、あとからじわじわ〜ときました。それもこれもキャラクターの勝利。ストーリーの「あれ?」という部分を補って余りある活躍ぶりでした。宮崎監督はこれでホントに引退するんでしょうか?しようとしたけどやりたいことがでてきてまたまた撤回に3000点。
★★★★★
From: るる(NO MAIL) 7月 23日(月)23時42分39秒
もう、最高!見終わった後はとってもいい気持ち♪また見に行きたいって思う映画に出会ったのはかなり久しぶりです。
★★★★
From: はやぶさ(NO MAIL) 7月 23日(月)21時15分46秒
おもしろかったですでも、ラストの方になると、展開がはやくてでも、やっぱ、いいですねぇカオナシすきだぁ
★★★★
From: はも(NO MAIL) 7月 23日(月)20時35分05秒
 映画としてかなり高い質の作品だと思います。 まずオリジナリティの高さをあげるべきでしょう。随分映画を見ていますが、過去に類似している作品(宮崎アニメを除く)がちょっと思いつかないです。まぁ、敢えて挙げるなら、『銀河鉄道の夜』が少し入っていましたが、それも電車のシーンだけのことで、よくあぁいう異世界を構築できるもんだと脱帽しました。 ただ、いまひとつ、何か物足りない感じがしました。ラストが駆け足で、両親を元に戻すのがあっさりし過ぎというか・・。異世界での経験で成長したという点を明示してくれて、それが両親を人間に戻すのにつながっていれば、より良かったと思うのですが、残念です。
★★★★★
From: にゃごぞう(NO MAIL) 7月 23日(月)19時46分50秒
本当に最高でした!あれだけのキャラクターを作り出した宮崎駿という人は、やっぱり凄いな〜と改めて感じました。キャラクターグッズも買うと思います、釜爺とか。夏の大作の中では、おそらく一番おもしろいし、一番ヒットすると思います。
★★★★★
From: クラタ(NO MAIL) 7月 23日(月)19時23分23秒
 今までの宮崎作品と比べればアクションシーンが少ないですがそれでも十分面白いです。特に様々なキャラクターは素晴らしい。今までの作品のどこかで見たような気がするキャラクターも見つかるはずです。  
★★★★
From: ルビスコ(NO MAIL) 7月 23日(月)15時05分41秒
今回も「もののけ」と似た、「和風(?)化け物」系のお話なんですが、「もののけ」みたいに深刻なテーマではないので、のんびり楽しめました。とにかく、次から次へと出てくるクリーチャーが可愛らしくて本当に楽しい。巨大なひよこや色白の象みたいに大きいのから、蚊みたいにブンブン飛ぶ鳥や黒い埃(?)みたいなちっこいのまで、本当にいろんなのが出てきます。文太さんのクモ(カマジイ)も渋いぞ。こういうの全部トトロみたいにキャラクターグッズになって売るつもりなんだろうな。「あっ..あっ..」のカオナシ君はオタクのコミュニケーション不全男そのままで、レッサーバンダ系の人の間で流行っちゃうかもしれません。ああいう奴はジブリの中にいっぱいいるんだろうな。難をいうと、ハクと千尋の関係がとってつけたようで、やっぱりストーリが弱いです。でも、前半のクリーチャーの大行進はそれを補って余りあるので、星4つ。ストーリがない分、何度見てもそれなりに楽しめそうです。
★★★★★
From: かばん(NO MAIL) 7月 23日(月)14時46分36秒
この映画を見た後はとても純粋な気持ちになれました!脇役のキャラも、皆可愛くって、見ているだけで微笑んでしまいます。アニメだからこそ素晴らしいって思える映画でした!!
★★★★★
From: kissan(NO MAIL) 7月 23日(月)14時36分15秒
デジタル上映館で見てきました。本当に、いいモニターでDVDを再生したような画面でした。フィルムの変わり目の「まるぽっち」も出てきませんし(あたりまえ)。DTSの音声も臨場感はかなりあり、雨のシーンなどは劇場内で降っている様な感じでした。水の上を走る列車の窓から見える風景が、ほんと何とも言えない素晴らしさ。げろげろぐちょぐちょのゲル(ジェル)が宮崎監督は好きみたいでもののけ姫以上にいっぱい出てきますねえ。(笑)グロキャラとものすげーかわいいキャラとの対比もおもしろかったです。「す○わた○」のえさが「こ○○○とう」だったり、「きしょい」神様もいればひよこみたいな神様もいて、なんと言っても「顔○○」くんでしょう!他の力を借りないとコミュニケーションとれない、自分の思い通りにならないとすぐ切れるって、まさに今の日本人です。結構いい奴だけどね。あと産業廃棄物の問題とか出てきて、宮崎監督はテーマはないと言ってましたけど相当問題意識を持って作られた作品でしょう。楽しくて考えさせられる物語でした。
★★★★★
From: ひろくん(NO MAIL) 7月 23日(月)14時10分15秒
やっと掲示板ができましたね。今回も駿ワールドが惜しみなく繰り広げられました。私たちが忘れてしまった幼い頃へのノスタルジーをいつも感じさせてくれる駿ワールドなんですが、今回は、子供の頃のおっかないもの、妖怪や、夜などで私をノスタルジックに陥れてくれました。そして、そのなかでもエンタテイメントを忘れず融合されています。ストーリーとしては、なぜあそこでああするのか、またキャラの意味がよく分からない部分がありましたが、あの日本文化的世界観が私たちの思い出をよみがえらせ、胸をいっぱいにさせてくれるのです。