スウィート・ノベンバー

満 足 度
54.3%
回答者数52



★★★★
From: (NO MAIL) 12月 6日(木)11時48分35秒
文句なしって事じゃないけど、良かったと思います。最後が納得いかない人も多いと思うんですけど・・・。じゃあ、最後別れなかったら、それはいいことなのか?とか、ハッピーエンドにできたのか、とか考えると、難しいとおもうんです。近年の映画って必ずしもハッピーエンドじゃないところがいいんだと思うんですよ。サラのような女性なんかいないって思う人も多いけど、じゃあキアヌ(名前忘れた)のような人はいると思うんですか?言っちゃったらそれもおかしな話だし、もし自分がサラみたいな力があるんだったら、きっとホントにステキな人生をおくれるんだと思います。一ヶ月ごとに男を変えるのは私は我慢できないと思うけど、現代だから作ることができた、強い*女性*の映画だったのではないでしょうか。私はそこにこの映画の魅力を感じました☆
★★★★
From: タフィー(NO MAIL) 12月 5日(水)15時46分37秒
私的には良かったです。しかしこの映画はかなり議論され二分に分かれる映画だと思います。最後のサラの言葉は真実なのか?ネルソンを納得させるための口実なのか?この映画を観た人の解釈によってそれぞれだと思います。この映画がラズベリー賞を総なめしようとキアヌ・リーブスの演技が叩かれようと私はこの映画が好きって大声で言えます!浜辺でシャーリーズ・セロンと犬を追うカメラワークは大好き!
★★★★
From: うみ(NO MAIL) 12月 2日(日)09時35分18秒
こころに余裕のあるときに見る映画ですな・・・そうでなければ突っ込むことに忙しくなってしまうので、オススメしませぬ。ただ、この映画の『言いたい事』は一度くらい考えてみても良いのでは・・・?なんてな♪
From: miyoshi(NO MAIL) 12月 1日(土)22時51分19秒
最悪。非現実的。エンヤの曲に騙されちゃいかん!とにかく、キアヌりーブスファン以外は観てもつまんないよ。
★★★★★
From: かおり(NO MAIL) 11月 27日(火)23時19分15秒
すごいよかった!ストーリーの構成とか云々かんぬんは、私にはわかりせんが、私にとっては、素直に良かったです。すごい自分の人生の重みを感じたし、人は何を求めて生きるのかとか・・・。ネルソンは、あの後の人生を、どう生きるのだろう・・・。
★★★★
From: 724(NO MAIL) 11月 26日(月)16時23分32秒
話は全くたいしたことはなく、予想通りにストーリーは進んでいき、予想通り終わる。だけど、わかっていつつもけっこうはまる、そんな感じかな。なにせ、シャーリーズ・セロンがかわいい。
★★
From: to-ko(NO MAIL) 11月 25日(日)22時48分21秒
噂で、あまり良くないとは聞いていたけど・・・公開前から、予告を観て、絶対に観たい!って思っていた私にとってはショック・・・エンヤの曲は最高だったのに、あまりかからなかった!?最後がはっきり言って物足りなさ過ぎ・・・回想シーンではウルっときたけど、それ以上に期待していた感動は何もなかった・・・期待していただけに、ショックは大きかったかも・・・
★★★★
From: luna(NO MAIL) 11月 25日(日)09時42分45秒
もっと、たんたんと、あっさりしてる映画なのかと思っていましたら、見てびっくり、真剣な映画なのですね。見終わった後、今からの残された自分の人生の事とかを考えてしまいました。本当の恋がしたいなって思いました。映画の最後はわたしも納得できないわー。
★★★
From: MASA(NO MAIL) 11月 24日(土)15時05分20秒
ネタバレあり。なんちゅう強引な女だと思った。普通の容姿の女にあれやられたら、即警察に通報するわなあ。最後の病気云々のエピソードは不要じゃない?最後まで謎めいた存在でいた方がよかったのに。館内から女性のすすり泣きがあっちこっちで聞こえたけど...う〜ん。キアヌ君、上半身ヌード見せるんならもっとダイエットした方がいいかも。ただ、無理矢理ハッピーエンドじゃないのは救いかもね。(アメちゃんはラストで無茶するからね)
From: シャーリーズ・エンジェル(NO MAIL) 11月 22日(木)19時52分35秒
(↓少しネタバレありです。)・・・とにかくつまらなかったデス。ビデオで充分だと思いました。2時間のストーリーでまとめるのは、難しい内容だった気がします。サラの不安やネルソンのサラへの気持ちの変化だとか、様々なエピソードを丁寧に描いて下されば、良かったかもしれません・・・。テレビの連続ドラマにすれば、良いカモ・・・。 それから残念な事に、映像も私は好きではありませんでした。“1998年「シティ・オブ・エンジェル」1999年「ノッティング・ヒルの恋人」2000年「オータム・イン・ニューヨーク」そして2001年秋・・・”というキャッチコピーで結末が見えた気がしましたが、私は1998年の「シティ・オブ〜」の映像が個人的に好きだったので、少しだけ期待してしまいました。 エンヤの音楽?歌?は人の心に訴えかけるような気がして、素敵でした。後・・・、こんな事は言うべきか迷ったのですが、子供達のヨットレースのシーンは“ドキッ”としました。あんな形で仲間から勝って良いのだろうか・・・?子供がそれを知ったら・・・?(知っていたのでしょうか?)お話しの中心はサラとネルソンだから、子供を介しての2人の心暖まる話しを描いていたんだろうけど・・・。あのシーンは必要ないような気がしました。個人的に嬉しかったのは、『アリー・myラブ』のリチャード・フィッシャーが出ていた事!ぴったりな役でした。
★★★
From: モリエール(NO MAIL) 11月 22日(木)02時30分11秒
 恋愛映画ではあるけど、カップルで「sweet」な気持ちを味わうのには不向きな作品です。 終盤に事情が明かされて、ネルソンとサラとの恋情が一気呵成に燃え、それからは感情移入できるのですが、その過程は、いらいらするものがありました。その点は、作り方に一工夫あったほうが良かったと思います。 事情が明かされてから、サラの奇行や心理は、サラの友人やサラ本人の台詞でズバリ表明されますから、充分理解できます。 また、ネルソンについては、冒頭のシーンの女友達に対する態度と、ウエートレスへの社長の言動に対する態度を通して、サラの影響を受けて人間性を取り戻すことが描かれています。 しかし、企業戦士が人間性を持っていないと言っている訳ではないのですが、そう受け取られかねない描写は、少し疑問です。 男と女の関係は、どんな形もあり得るでしょうから、始まり方も終わり方も、そして、なぜ惹かれ合うのか、それらについては、何も言うことはありません。 むしろ、この終わり方は、真剣になったサラの選択肢として、気持ちを充分理解できます。そして、ネルソンの悲痛も。 ただ、ストレートに泣けるかというと、過程の幸福感が観客にとって希薄な分、損していると思います。
★★★
From: くまはち(NO MAIL) 11月 21日(水)21時39分07秒
う〜ん、あの作品はよかったけど、みなさん、泣きましたか?くまはちは泣かなかったけど友達が大泣きしてました。最後の終わり方が気にくわんかった。
★★
From: ダー(NO MAIL) 11月 21日(水)14時30分57秒
死ぬとわかっていたら何してもいいのか?というのが全編通じての感想。自由奔放すぎるシャーリーズ・セロンにどーしても感情移入できなかった。んで、企業戦士なキアヌも「なんてありきたりな…」とか思ってしまった。そりゃ、無理だ。「オータム・イン・ニューヨーク」の地雷は避けたのに、こっちはしっかり踏んでしまったわ。歳かなー。もうこういう単純明快なラブストーリー楽しめないかも。
★★★★
From: みやちゃん(NO MAIL) 11月 12日(月)19時34分00秒
いっぺんにシャーリーズ・セロンのファンになりました。最初はキアヌを見に行くつもりで行ったんだけど、彼女もすごく、かわいくて魅力的でした。ストーリーも?って思うところはたくさんあったけど、全体に涙でした・・。友人は、「あんな女いる?!」って叫んでたけど、いいんです。いてもいいんです。セロンがかわいいから許しちゃう!音楽もいいし、私的には、この秋1番でした☆
★★★
From: 毎度毎度(NO MAIL) 11月 11日(日)22時50分02秒
周りで泣いている人は何人かいたけど、私にはよくわかりませんでした(←男だから!?)カレンダーで埋め尽くされた部屋では、あの時期(11月)にカレンダーを集めると、その年のカレンダーは難しいだろうから、「全部来年のカレンダーなのかなー」などなど、観てる最中に色んな疑問点がわいてきました。ひとつひとつのエピソードはもっと掘り下げれば魅力的な映画になってたんでしょうけど、全てが中途半端な感じ。キアヌーの企業戦士な映画のほうがおもしろそ。
★★★★★
From: ふうこ(NO MAIL) 11月 11日(日)18時44分15秒
一目ぼれってありですね。最後の別れが切なかった。個人的には結ばれてほしかったです。マフラーをとったときの溢レンばかりの涙が感動的でした。
From: レイコ(NO MAIL) 11月 10日(土)23時35分23秒
はまってしまう映画を見る時はいつも身動き一つしない私が、この映画はあくびを何回した事か・・・実際にこんな強引な女いるわきゃない!最後の終わり方も納得いかない!宣伝で期待しすぎたのかもしれません(゜〜゜)
★★★★★
From: MAY(NO MAIL) 11月 10日(土)21時32分38秒
前半の元気いっぱいな姿から、打って変わった暗いサラが痛々しいのと、一生懸命に真心込めて求婚するネルソンの姿に泣けてしまいました。最後のサラの選択は、私には完全には納得できないけれど、さりとて、実際に命わずかであればどうか?と考えると、なんとも切なくて、またまた涙でした。
★★★
From: ぎん(NO MAIL) 11月 10日(土)00時14分36秒
う〜ん・・・予告で期待しすぎてしまった・・・(いつも)なんだか、キアヌが中井貴一に見えるし。笑話の展開も、?だけど、唯一救われるのはエンヤのBGMで癒されたことですねぇ。ま、横で見てた友達は泣いてたんで女性の指示は多し!?
★★★★
From: RYU(NO MAIL) 11月 9日(金)02時30分09秒
☆ラブストーリの王道を行ってる☆突然の路線変更☆笑える☆音楽がGOOD★キアヌのプヨプヨな体(逆にリアルかも)★前半の話の強引さ(ラブストーリだから深読みはしないほうが○)★突然の路線変更(幸せ気分に浸りたい人には不向きかも) 僕は、好きです。この映画。ここ何年もラブストーリを見ていなかったので、彼女に付き合って観ました。ラブストーリー特有の強引さ、内容の軽さ、なども随所にみられましたが、ラブラブしながら観るには最適です。できれば、大切な人と一緒にご覧になることをオススメします。
★★★★
From: RYU(NO MAIL) 11月 9日(金)02時28分59秒
☆ラブストーリの王道を行ってる☆突然の路線変更☆笑える☆音楽がGOOD★キアヌのプヨプヨな体(逆にリアルかも)★前半の話の強引さ(ラブストーリだから深読みはしないほうが○)★突然の路線変更(幸せ気分に浸りたい人には不向きかも) 僕は、好きです。この映画。ここ何年もラブストーリを見ていなかったので、彼女に付き合って観ました。ラブストーリー特有の強引さ、内容の軽さ、なども随所にみられましたが、ラブラブしながら観るには最適です。できれば、大切な人と一緒にご覧になることをオススメします。
★★★
From: K.(NO MAIL) 11月 9日(金)01時56分43秒
 見ている最中は、なんて退屈な映画なんだろうと思った。ラブ・ストーリーとしてのロマンティックさが全く感じられない。何と言っても「期間限定の恋」という設定がおかしな話だ。それにキアヌにもセロンにも魅力を感じない。主役に惹きつけられなければこの手の映画はまずいだろう。それと後半になっての路線変更もどうかと・・・。でも、何故かラストシーンは悪くないと思った。感動して泣く人がいるのも分かるかも。それと、映画内でいきなり歌い出したキアヌには思わず爆笑。歌うキアヌは見物です。それはともかく、総合的には凡作ラブ・ストーリーかな。★は2個半くらいがちょうど良いんだけど、キアヌの歌が笑えたから3個にしておきます。
★★★★
From: はる(NO MAIL) 11月 7日(水)16時14分39秒
私、この手の映画好きじゃないんです。ストーリーなんか何観ても一緒。想像できるし、(少しは違うものを期待してみるけど)結局想像どおり。つまらん。けどこの映画は嫌いじゃないな。言い切っちゃうとちょっとアレだけど、私はサラの気持ちもネルソンの気持ちも「理解できる」と思ってしまった。そうでありたいとも思うしさ。なんたって私はネルソンになって観てましたもの(笑)涙ボロボロ。回りは泣いてなかったけど(^^;;まぁ、そういうのもいいじゃないですか。ね。そんなわけでこの手の映画にしては珍しくワタクシ的に★4つ。甘いか??(^^;
★★
From: ryky(NO MAIL) 11月 7日(水)01時17分02秒
あのラストは納得できません!ここまで引っ張っといてそれかい!「オータムインニューヨーク」の、病気なのになぜか顔色がめちゃめちゃいいウィノナライダーより納得いきません!まぁ、シャーリーズセロンは可愛かったし、キアヌの歌も聴けたので、かろうじて☆2つ。
★★
From: 三代目谷口商店(NO MAIL) 11月 5日(月)17時59分15秒
よかったのはキアヌが歌を歌うところ。後は企業戦士があの女性にひきつけられるのが嘘っぽいと思うから感情移入はしにくいなー。病院の研究室か何かで犬が殺されるのを救いに行く時点で警察に通報してると思うんやけど。でもキアヌやからまあ許すわ。
★★★★
From: とも(NO MAIL) 11月 5日(月)12時32分33秒
美しい映画でした。皆さんが、おっしゃるとうりストーリーはイマイチですが、シャーリーズセロンが無茶苦茶可愛い。そして最後のキアヌ・リーブスの顔が忘れられない。思った以上に泣けました。最高の出来とまではいかないけど素直によかったです。
★★
From: しげお(NO MAIL) 11月 4日(日)15時38分12秒
「トゥルーロマンス」が大好きで普通のラブストーリーが大嫌いな僕には良いとは思えなかった。
★★★★
From: hatchi(NO MAIL) 11月 4日(日)12時22分27秒
確かに、皆さんがご指摘のとおり、ストーリーはあまり誉められた内容じゃなかったですね(-_-;)予告編を観た時に、冗談で「コレは、サラがガンか何かの大病で、ラストは、悲しい別れが待ってる〜♪」って言ったのが、100%当たってました。しかし、あのサラの自然な生き方なんか凄く良かった。サラとネルソンがサンフランシスコの街を二人で歩くシーンは、何故か心が暖まりました。愛する人と、こんな風に時間を過ごせたら良いな!って素直に思えました。加えて、シャリーズ・セロンが可愛いですね!この前に観てる彼女の作品は、「ノイズ」と「レイン・ディア・ゲーム」なんですが、そこでセロンが演じる女性達は、ちょっと怖かったですが、サラは凄く魅力的で輝いて見えました。もう、シャリーズ・セロンにメロメロって事で、ちょっと甘いかもしれないですが、☆四つあげます!
★★
From: とよ(NO MAIL) 11月 4日(日)08時59分18秒
結論から言って「そりゃーないだろーっ」て終わり方だなーどう考えてもサラの一方的な愛し方が納得いかんそりゃー家族と暮らすって言われればひき止めれないわなー映画の展開の順序に文句いってもしょうがないけどサラがガンだっていうことを映画の序盤で見る人の頭に入ってないとただのクレイジーな女性としか思えない犬と簡単に別れるとか期間限定の恋とかネルソンの前で言った「10月はシャイだった、、、、、」とか言うデリカシーのなさ相手がゲイといえども仲よすぎだったり、、、癒されたのは結局サラだけかよーって感じがしたそれとサラの姉妹からの電話うんぬんっていう伏線いらんかったような気が、、、よかった点部屋を11月のカレンダーで埋めつくし「毎月が11月さ」って言ったあのセリフとサンタの格好をしてのプレゼント攻撃「長風呂が好きな君に」とかいうネルソンのやさしさは胸をうった(それでも食器洗濯機を一番喜んでたサラって一体?)あとネルソンがウエイトレスをかばったシーンはよかった欲を言えばあの社長(?)に対してウエイトレスの目の前でもっと具体的に噛みついてほしかったなー結論 男性をまったく意識してない作りだったと思います
From: あき(NO MAIL) 11月 4日(日)00時12分43秒
上映時間が長すぎ,,,内容も何だかモヤモヤでうすっぺらい.,,,のにあんなに長いのだからかなり疲れる映画です.宣伝では<今年唯一のラブストーリー>とか言っちゃってましたけどねぇ,,どうなんだか.せっかくのキャストも生かされてないし.インパクトなさすぎてもう内容も忘れ気味.時間潰しには最適!!!
From: ももっち(NO MAIL) 11月 3日(土)22時49分22秒
話の筋がありきたりでガッカリ。サラの一ヶ月しか付き合わないっていうのにも共感できないしネルソンがサラを愛するようになるのも「なんで?」って感じで納得いかない。ちょっとガッカリでした。
★★★★
From: この(NO MAIL) 11月 3日(土)22時16分31秒
ストーリーは普通かな・・・。でもとても雰囲気のあるオシャレな映画でした。エンヤの唄を使ったのはグー。サラの服装、髪型、お部屋のセンスをマネしたいッ。でもやっぱりサラの最後の選択、彼女の生き方の貫き方は理解し難いものがある。友人チャズの「あなたを愛している人を遠ざけてはダメ。」セリフが深かった。愛してくれている人=友人、恋人、家族、近所の人など。あなたのまわりにいる全ての人よッ!ってサラに言いたい気分!ネルソンが自分のまわりの物全てが新鮮に輝いて見えてサラにプロポーズするシーンが私は好きです。(10月31日のじゅんさんと同じデス。)サラは「人助け」と称して「自分助け」をしてたんだと私なりに解釈しました。私は11月生まれなので世間ではあまり重視されてない11月がタイトルの映画になって嬉しい限りです。そんなワケも重なり★4つです。
From: あちゃ(NO MAIL) 11月 3日(土)02時22分49秒
あまりにわかりきったストーリーで、正直、拍子抜け。けど、終わり方にはビックリ。再度、拍子抜け。ある意味、衝撃のラストでした。
★★★
From: yoshiH(NO MAIL) 11月 1日(木)22時34分21秒
キアヌが太ってたのが少しショック。全体的には素敵な映画なのですが、終わり方がとても腑に落ちない。なんかもう少し工夫するか続きを見せてほしかった。
★★★
From: チューリー(NO MAIL) 11月 1日(木)15時39分54秒
キアヌファンなのだけど、私好みのキアヌじゃなかった。どちらかというとシャーリーズの方が目立った映画だった。サラに惹かれていくネルソンの心の描写が物足りなかった。雑誌でチョコ塗りたくりのシーンを見たのだけど、なかったのはどうしてかな?最後はもっとドラマチックに終わって欲しかった。一番よかったのは音楽。
★★★
From: りすきぃ(MAIL) 11月 1日(木)02時24分08秒
やっぱりラストは腑に落ちないところが・・。それは個人の人生観の問題なのかな。私は好きな人と一緒にいたいと思うので・・・。結局サラは心を開ききれなかったのかなとも思えてしまう。11月のカレンダーで埋め尽くされるシーンや、キアヌがサンタみたいになってるとことか、すごく一生懸命で、ステキで、うまくいくんじゃないかと期待してしまったので・・・。なんといっても、エンヤの曲がすばらしい。この映画には、もったいないくらい美しいのではないかと思いました。エンヤびいきだからかもしれないけど。
★★★
From: mako(NO MAIL) 10月 31日(水)22時46分31秒
今年たった一本のロマンス映画という事で泣けるのを期待して行ったけどそこまで感情移入できなかった。でもってキアヌは当然かっこいいんだけどカラダがあんまり引き締まってなくプヨプヨしてたのがなんか残念。でも彼の歌声聞けたのはなかなかうれしい。あとシャーリーズセロンのかわいさといったらもうっ!ホントにかわいくて天使みたい♪あと映画の中の彼女の服装全てかわいいし。秘密を打ち明けた後の彼女の痛々しさを見るとかなり身につまされるとこがあった。でも恋愛映画として今までの中でベストに入るかというと悩む。中途半端な部分もあってう〜ん。キアヌってゲイだよねぇ?って事を考えてあの映画観ちゃったからかなぁ?
★★★
From: じゅん(NO MAIL) 10月 31日(水)19時13分57秒
ストーリー的には、読め読めってかんじでした。でも、サラの自由に、あるがままに生きていく様子は、なかなか出来そうで出来ないので、いい教訓になりました。キアヌも、何気ない日々の風景から、それに気ずいて、サラにプロポーズした所がジンとしました。キアヌは男前だけど、なんで恋愛ものには?ってかんじなんでしょう。去年の今頃の”オータム・イン・ニューヨーク”を思い出したのは私だけ?
★★★
From: (NO MAIL) 10月 31日(水)10時40分49秒
映像・音楽すごく良かった。サラもかわいかった。でも、なんか物足りない感じがしました。ネルソンとサラの気持ちが(最後を除いては)、いまいち伝わってこなかった。キアヌ頑張ってたと思うんだけど・・・。ちょっと残念です。
★★★★
From: goopin(NO MAIL) 10月 30日(火)08時16分05秒
男を月イチで・・・ってのはブッ飛んでて腑に落ちなかったけど。海岸で走り回るシーンがあまりにも綺麗で、忘れられない映画になりました
★★★★
From: たか(NO MAIL) 10月 30日(火)02時40分33秒
つっこみ所も多々あるが悪くはなかった。それよりもサラとわかれた後のネルソンを想像するとそっちの方が感動的だったりする。
From: まいろ(NO MAIL) 10月 29日(月)23時43分58秒
全く腑に落ちない映画だった。駄作。
★★★★
From: ななこ(NO MAIL) 10月 29日(月)20時38分31秒
ザ・ウォッチャーで滑らせてもらったので、正直期待ゼロで試写へ行きましたが、音楽も良く、映像も良く、そこそこいい恋愛映画でした。非の打ち所のない男も恋をするとおマヌケになって行く様がキュートで良かった。最後はある意味ハッピーエンドだけど、違うんだなぁ (/_<。)
★★★★★
From: えり(NO MAIL) 10月 29日(月)18時11分48秒
友達と見に行って。二人で泣きました。ラストが良かったです
★★
From: けい(NO MAIL) 10月 29日(月)18時09分22秒
スイートノベンバー。予告でキアヌの男泣きシーンが印象に残って観にいってしまいました。全体的の感想は"まとまりがない"です。色々なアイデアをとにかく入れすぎで。もう少し一つの出来事を深く描けばより良い物に仕上がったのでは?って感じです。キアヌの演技良かったです。今後のキアヌの作品が楽しみな感じです。スピード以来アクションの色が強かったけど、キアヌの努力が実り、型にはまらない俳優になった感があります。あと子役の男の子いい味出してました。若干小額5年生にして、深いです。映画の内容的には、なかなか深いとこいってたのではないかと思います。うまく説明できませんが、いい映画でした。一生の映画ではありませんが、通過点として、見れる。そんな映画でした。
★★★★
From: セカイ(NO MAIL) 10月 29日(月)00時33分48秒
映画を評価するとき、何をもって評価すればいいのか。いつも感じている疑問です。映画を数多く見ている人は、つい、細かな技術やレトリックに目がいきます。このシーンの撮影の角度が良くないとか、台詞回しが不自然だとか、音楽のタイミングが悪いとか。でも、この映画は、そんなことを考えずに、ナチュラルに、なにも考えず見たらいいのではないかと。ありのままの感性で向き合ったときに、今の生活を豊かにするヒントが見えてくるのです。「あり得ない」「うそくさい」と形容したくなるのは今のあなたの生活が充実していないから。そんなことはありませんか?僕には少なくとも、サラさんの生き方に対する、羨望の気持ちがありました。見ている間、ずっと。現代日本にいる以上、サラにはなれないが、なにかしら、遊ぶことを通して、サラのような自由を謳歌したい。そう感じたのです。なので、決して《恋愛もの》とくくるなかれ。忘れかけていた何かを、見つけられますよ。
★★★★
From: hana(NO MAIL) 10月 29日(月)00時05分32秒
後半は語り尽くされているような展開でちょっと・・・でしたが、シーン、シーンでは面白かったところもあり、全体としてはよかったかなと。ネルソンの心の動きがテーマだと思うんだけど、もう少しうまく描写してくれるとよかったかな。ちょっと、唐突だったと思う。サラみたいな強引さっていいな。すべてを悟った人間の行為のような気がする。でも、そのサラをネルソンが認め始める理由はちょっとどうかなぁ・・、まぁ、わかるけど。でも、全体としては面白かったです。
★★★★★
From: keana(NO MAIL) 10月 28日(日)17時43分37秒
メル・ギブソンの「ハート・オブ・ウーマン」、ベン・アフレックの「偶然の恋人」よりも断然こっち!
From: tunti(NO MAIL) 10月 28日(日)15時19分24秒
なんでこの映画が今年たった一本のロマンス映画なのか、、と握りこぶしを握ってしまった。どちらとも恋に落ちていく過程が中途半端だし、彼女の気持ち、全然分からない。単なる自己満足じゃないの、と思ってしまう。 以下ネタバレあり 特に最後に、キアヌが君のそばにいたい言い、部屋中を十一月のカレンダーでうめ尽くして、彼の真心を精一杯、示したのに、彼女はさっさと、家族のもとへ帰っていくなんて。これってキアヌの気持ちを弄んだだけだと思う。本当に彼の事愛しているのなら、最後まで看取ってもらうべき。それが優しさなんじゃないの!?と思ってしまった。とにかく、お互いやりたいようにやって、終わっちゃったという映画でした。 なんだか、キアヌにラブロマンスは似合わない気がする。
★★★★★
From: H・K(NO MAIL) 10月 28日(日)12時55分21秒
最後のキアヌの表情を観ると涙が出てきた。今年一番のラブ・ストーリー
★★★★
From: 冒険者たち(NO MAIL) 10月 28日(日)01時48分12秒
(ネタバレあり)忍耐強く魅力的な女性は、人に優しさと力を与える事が出来る。サラの様になりたいけれど、なりたいけれど・・・。ネルソンに秘密を知られた時の、彼女の気持ちが痛くて辛かった。悲しかったね。1968年のオリジナルも観てみたいなあ。
★★★★★
From: アルニコマニア(NO MAIL) 10月 27日(土)14時34分39秒
物語はオーソドックスだが安心してみれる。画や音楽の雰囲気がこの映画にマッチしていて良かった。たまにこういうのを観るのも良いな。