処刑人

満 足 度
55.3%
回答者数19



★★★★★
From: rinn(NO MAIL) 3月 19日(月)01時58分09秒
《ちょっとねたばれ》かっこいいい!2回見ました!兄弟愛、親子愛、神を信じる愛、FBI捜査官との不思議な愛。罪ある人を処刑しながらも、ペニー硬貨を目に置く優しさ。なにより、 かっこよ過ぎない、かっこよさ。主人公の2人は特別に鍛え上げてわけでもなく、武器に詳しいわけでもないのに、なぜかスムーズにいってしまう。やっぱり、神が見守ってくれてるのかも。それと、FBI捜査官役のウィレム・デフォーの怪演も見もの!個人的には、マッチョでもない兄(ショーン・パトリック・フラナリー)の強さ、優しさ、男らしさ、弟や友達を思う愛がなせるばか力が素敵でした!惚れました・・・。脚本と監督は“トロイ・ダフィー(29歳!)”!これからも注目していきたいです。2人が身に付けているピーコートとサングラスはその辺で売っているふつうの物だそうです。それなのに、このかっこよさはどこから来るのだろう?
★★
From: キャル(NO MAIL) 3月 16日(金)02時41分31秒
やたらと切符の良い褒めコメントを某映画評論家が書いていて、これはマジで面白いのでは?と間違った期待を抱いて観賞。(だって、配給がその某映画評論家の会社らしいじゃん。そういうのやめて欲しい。とりあえず、そういう時は「映画評論家」という肩書つかうのNGでしょ。)おかげで期待外れに終わりました。確かに主役(ある意味、ウィレム・デフォーなんだけどね)の2人はカッコ良かったし、今後に期待かもしれない。ウィレム・デフォーのキレ具合も「あの姿」も(?)最高だった。でも、な〜んかイマイチでした。テンポがあんまり良くなかったように思います。全編駆け抜けるなら駆け抜けて欲しいし、緩急つけるなら、もっとじっくり“緩”も語って欲しい。中途半端。個人的にはロッコがすっごく邪魔だった。どうせならもっと2人で全編悪人を殺しまくってる方が映画としては素直に楽しめたかも(ちょっとヤバイ文章?)。というか、そういう映画かと思っていた。(だって啓示受けるまで長いんだもん。)すべては勝手に予想し過ぎた私と江戸木純氏(名前書いてるし)の反則絶賛コメントがこの映画の最大の私的敗因かな。
From: ワィルド・アット・ハート(NO MAIL) 3月 12日(月)18時52分33秒
兄弟とFBI捜査官の3人、憎めない方々でしたが、とにかくおもしろくない!(↓少々ネタばれ)最初の現場でウィレム・デフォーがオペラを聴きながら現場検証する姿に、なんとなく『レオン』のゲィリー・オールドマンを思い出しました。それで、なんとなくしらけてしまったのは私だけ・・・? オペラを使うならもっと奇麗に使って欲しい!!実際の犯行(処刑シーン)と捜査官の予想をカット・バックさせているシーンは、最初はおもしろくても、だんだん「もういいよ〜」って感じでした。昔の映画等に詳しければもっと楽しめたのかも・・・?全然違うけれど『ロック・ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』をビデオで観た後だったしなぁ〜
★★
From: カツオ(NO MAIL) 3月 6日(火)00時02分36秒
江戸木純と「映画秘宝」の絶賛コメントはおおげさじゃない?
★★★
From: Chie(NO MAIL) 3月 1日(木)11時09分16秒
主役の二人もウィレム・デフォーもカッコ良かったけど、なんか中途半端な感じがした。悪役がもうちょっと描きこまれてれば良かったなーと思います。
★★★★★
From: みずき(NO MAIL) 2月 27日(火)18時57分49秒
試写会行ったけど面白かった。マクナマス兄弟がカッコよい。FBI捜査官を演じたウィレム・デフォーもよい感じ。推理のシーンも凝ってて好き。
From: まさお(NO MAIL) 2月 25日(日)16時45分53秒
何が腐ったハリウッドをぶっ壊せ!だ。この映画はハリウッド映画よりつまらなすぎる。
★★★★
From: タラコっち(MAIL) 2月 24日(土)07時24分58秒
主演の兄弟よりもFBI捜査官を演じたウィレム・デフォーが最高ス。基本的にバイオレンス映画なので「汝、悪人どもはブチ殺すべし!」という危ないセリフもOK。行け、殺せ、ゴーゴー、じゃ〜んぷっ!
★★★
From: ピープル江川(MAIL) 2月 24日(土)06時37分52秒
 ちょっと、期待が大きすぎました・・ たしかに、おもしろいことは、おもしろいのだが、ちょっと、おはなしが雑でした。 ただ、デフォーのスピード2ぶりの検討がすばらしい。
★★★★★
From: tim(NO MAIL) 2月 24日(土)02時32分27秒
評判悪いのね...。でも、私は2001年ベスト10に入ります。
★★★
From: NORI(NO MAIL) 2月 22日(木)10時33分23秒
これでもかの2丁拳銃、銃撃シーンはそこそこ楽しめる。でも、ちょっと演出やカメラがあざといなーと感じてしまって、気持のすみっこが引いてしまっている自分がいた。W・デフォーもちょっとあれはやりすぎ。あの人はキャラクター的に陰な部分がどうしても拭えないんだから、今回のキャスティングはちょっと違和感があった。監督曰く、これは「ピュア・ファンタジー」だそうだ。確かにこれってある種ファンタジーだ。東京の街にも、あんな処刑人が必要だよね。
★★★
From: NEVE(NO MAIL) 2月 19日(月)23時32分02秒
(ネタばれあり)僕はこういう、映画の中だけの論理をまっとうする映画は大好きです。2時間かそこらで答えを出すわけだから、変に良識ぶらず勘違いと言われるような論理でもをラストまで貫いてくれるとスカッとします。その点では最高。ただ、勧善懲悪を貫いてるストーリーも悪役が本当に憎くならないと(魅力的でないと)、カタルシスに欠けます。結果、ジョン・ウー的なアクションシーンと、ウィレム・デフォーの演技だけが印象に残った感じです(6庁拳銃の殺し屋はなんかカッコ良かったけど)。大まかなストーリーだけ聞くと面白りそうなのに、惜しかったです。あと、ラストのテレビのインタビューは全くの蛇足でした。
★★★
From: ジャック(NO MAIL) 2月 19日(月)22時57分18秒
ウィリアム・デフォーいったいどうしたんだ!あんたになにがあったんだ。僕はいままで見抜けなかったよ、あんたの本当の姿を。すごいよ!デフォーさん。あんたの演技みるためだけに1800円の価値ありだ。映画自体は、たいした事なかったけどね。
★★
From: たか(NO MAIL) 2月 19日(月)14時32分29秒
残念ながら期待はずれ。ストーリーは論理に反している点が多く、説明不足のまま強引に展開して行っているような感じ。アクションシーンも迫力とキレに欠ける。登場人物達もそれほど魅力的に感じるわけではなく、特にイタリアン・マフィアのロッコに関してはただの狂人にしか見えず、終盤に入って行くに連れて(主人公兄弟も含め)演技も大げさになってきている感がある。(ウィレム・デフォーのキレっぷりは秀逸だったが)エンディングも安易に片づけられているような気がしてならない。
★★★★★
From: 傍受女現る(NO MAIL) 2月 19日(月)11時19分38秒
デフォーわが愛。
★★
From: incola2001(NO MAIL) 2月 18日(日)15時41分49秒
改題「レオンへのオマージュ」といったところでしょうか。登場人物の性格上の珍奇さをより求めるとすれば、力ずくではなく、変態ヨガでピンチを切り抜けて欲しかった・・・と思います(とくに、苦行者のような運び屋さんに)。ウィレム・デフォーさんがよかったです。空想シーンの陶酔・恍惚・悦楽の表情・行動は、今後の私の人生において、何らかの指針となったように思います。ありがとう。
★★★★★
From: rocket(NO MAIL) 2月 18日(日)14時42分01秒
楽しい画面のスピード感でした。どんどんしょーもない設定にハマっていく登場人物関係が単純に面白かったです。あと、ウィリアムデフォーは実はウォーケンと同じ怪奇俳優だという事がよくわかりました。その怪奇っぷりもなかなか楽しめました。
★★★★★
From: (NO MAIL) 2月 17日(土)22時56分21秒
くだらない小ネタがかなり良かった。かなり笑えました。デフォの細かいしぐさに注目。スカッと爽快、って感じですかね。初日なのに誰もいなかったのが寂しい・・・
★★
From: SHINE(NO MAIL) 2月 17日(土)19時40分28秒
まあ、こんなもんでした。ただ、これの映画を見に行こうと思っている人に忠告。別にこの映画、過激なわけではありません。(確か宣伝では過激なバイオレンス・アクションというのでしたが)僕の場合はその点で肩透かしをくらったような感じでした。