ザ・セル

満 足 度
61.0%
回答者数57




★★
From: らーめん男爵(NO MAIL) 5月 27日(日)02時29分07秒
ジェニファーロペスの夢の世界って、どっかのクイズ番組のセットにしか見えなかったのは自分だけ?。あのセットで迎えるクライマックス、なんか耐えられないです。予告編見てる時が一番幸せだった映画ナンバー・ワン候補です。
★★★★
From: こうじ(NO MAIL) 5月 24日(木)02時32分14秒
 絵がきれいで大画面で見ると迫力があった。話も面白かったです。
★★★★
From: Norihito(MAIL) 5月 22日(火)13時46分21秒
独創的な映像の連発で、結構驚いた。けれどあれは好き嫌いがわかれるだろうなと思った。アート系の映像が嫌いな人には気持ち悪いだけだと思う。僕は割と好きなほうなのでこの点数で。大筋のストーリー自体は至って普通。
★★
From: sin(NO MAIL) 5月 4日(金)22時25分01秒
僕には「映像ありき」の作品に思えてしまいました。もう少しキャサリンの過去に触れてもいいのにね。自身もトラウマがあったとか。わざわざ映画にしなくてもミュージッククリップで良かったのでは、とも思ってしまいました。虫が飛ぶようなものすごい狭い映画館で観てしまったというのも評価が下がった点かもしれません。映像が素晴らしかっただけに残念です。
★★★
From: Noritama5(NO MAIL) 4月 29日(日)00時28分38秒
正直いって期待も何もしていなかった映画でした。が、しかし、映像表現が「よくこんなの思いついたな」とか思ってしまった(その道の人にとっては当たり前かもしれないけれど)。関心させられました。ただし、怖い、もしくは気持ち悪い、映像は苦手です。訴えたい命題というのは分かった気がするし「それはそうだな」と思う。エンターテイメントとしてはどこか失敗しているような気がします。だって楽しくなかった。だけど映画としてはこういうのもありだろうなと思いました。
★★★
From: グリマートウィンズ(NO MAIL) 4月 26日(木)00時16分50秒
オープニングの砂漠の風景は、かなり期待させるものだったけど、脳内の心理風景には美しさを感じませんでした。場面場面の切り替えが早すぎて、じっくり絵を楽しめなかった。ストーリーは平凡。
★★★
From: kiku(NO MAIL) 4月 19日(木)22時32分06秒
なんだか緊張しっぱなしで、終わった後ちょっと疲れてました。映像が面白くなかなかよかった。映画館で観て正解だったと思う。でもなぁ〜、ビデオだとどうだろう・・・?
From: ss(NO MAIL) 4月 19日(木)09時19分37秒
で?最低なセンスの映画。★あげるのもったいない
★★★★
From: ちゃく(NO MAIL) 4月 19日(木)00時52分51秒
ストーリーはともかく、映像がとても楽しかった。頭の中の世界やからって、あそこまで好きにしていいのか。ただその映像を撮りたいだけなのではないのか。そうに違いない。監督、楽しんで撮ってるに違いない。その感じが伝わってきて、逆に「それもありか」って思って楽しんでしまいました。頭のなかに映像が残ります。ストーリーはどうでも良い。
★★★
From: 教えてー(NO MAIL) 4月 18日(水)10時02分26秒
ストーリーも女優としてのジェニファー・ロペスも全く期待せず行って良かった。映像・衣装だけでも「スクリーンで見て良かった」と思えた作品でした。見終わったあと映像の余韻に浸っていましたが、結局犯人ってどんな人だったの?あと死体であれば、性器って写して良いの?『私が愛したギャングスター』でも男性性器がモロ出しだった。
★★★
From: さとくん(NO MAIL) 4月 17日(火)22時59分29秒
最初からストーリーとかキャラクターとかはあんまり気にしてなかったので違和感はなかったですし、ある程度楽しめた。しかし前の方たちの意見にもあるように心の中の世界がなんかどっかで見たような感じで、雰囲気だけの映像に感じました。まあ人の心の中なんて、客観的に「こうだ」とは言えないんですけど。
★★
From: かおる(NO MAIL) 4月 17日(火)20時45分41秒
すごく楽しみにしてたんだけど・・・気持ち悪かった。なんか内容もあんまり濃くないっていうか、うすっぺらいような感じがした。でもジェニファー・ロペスかわいかった★
★★★★★
From: (MAIL) 4月 16日(月)19時55分47秒
ハンニバルより印象的でした。それが映像的なものなのか、心理的なものなのか、よくわかりません。お化け屋敷みたいだと言う意見もありますが、確かに1秒たりとも目が離せなかった事も否めません。しかし、見終わった後も、いつまでも心の中に何か残るものがあります。それを解決するつもりで何度もパンフレットを読み返しました。もしかしたら、表面的なものの裏にもっと深いものがあるのかも、と思いました。
★★★★
From: ルビスコ(NO MAIL) 4月 16日(月)09時06分15秒
全体の半分近くが夢の中という凄いトリップ映画。話題となっている幻想シーンなんですが、シュールレアリズムあたりからの幻想絵画の影響を強く感じます。冒頭の「砂漠を馬で行く婦人」のシーンや、「死体を這うアリ」のイメージを見て、サルバトール・ダリを思い出す人が多いのではないでしょうか。終盤のカトリックのマリアのイメージもダリっぽい(J.ロペスのラテン顔がカトリックを想起させる)。あと、人形のような女体はエルンストやデルボー、の影響も感じる。「ガラスで区切られた馬」は、全く同じような形式の「ガラスで区切られた豚」(作者は失念)を美術館で見た記憶があります。畑で口を開けて座ってる女は、劇中にもでてくるヨーロッパアニメ(「ファンタスティック・プラネット」だっけ?)を思い出します。あと、「セル」に閉じ込められた女を4台のカメラで記録するのは、何やら現代美術のビデオアートとやらのようにも見えますね。というわけで、この監督、相当の「現代美術マニア」らしい。古今東西の幻想美術を、この映画の中に押し込めようとしているようです。悪く言えば、徹底的なパクリ。映画のストーリーも流行りのシリアルキラーものに「女王天使」(G.ベア)のアイデアを加えただけもの。それでも、星4つなのは、映画において、絵画からのパクリは珍しく、新鮮であることと、絵の趣味が私に合うから。この監督の次回作にも期待しています。
★★★
From: どろ(NO MAIL) 4月 15日(日)21時44分02秒
何の新しさもなし。映像的には凄い部分もあるけれども、観たことの無い映像ってわけでもないでしょう。全く期待していなかったので、意外と退屈せずに観られましたが…。
★★★★★
From: さば(NO MAIL) 4月 15日(日)01時56分37秒
ストーリーがザルとか、悪趣味とか。あまりいい評判を聞いてなかったのでドキドキものでしたが。すごく面白かったです。映画館で見てよかったvただ好みの分かれるタイプの映画なので、低評価の方はグロ系、アングラ系が苦手でらっしゃるのでしょうね。ただ、ひとつ残念なのは…ヒロイン(ジェニファー・ロペス)の心理がイマイチ掴めなかったことかなあ。なんで危険を冒してまでもう一度犯人の中へ入ろうと思ったのかが…。刑事さんの身の上話、そんなに効いたのか?…それだけ優しくてセラピストに向いてるってこと?(笑)ラスト、自分に取り込もうと決意したあたりは、理解できたんですけどね。
From: HUL(NO MAIL) 4月 14日(土)23時42分47秒
いやあ、悪趣味な映画でしたっ!でっかい音を鳴らすだけの虚仮威し演出。びっくりさせるだけって感じのお化け屋敷みたいな映画。痛そうな描写をすればそりゃ嫌な汗もかくってもんです。それは単に人間の生理的嫌悪感を逆なでしているだけ。黒板を爪で引っ掻けば嫌な音がするよね?的なものを見せ物にしてるだけじゃないですか?映像が良かったという評価が出てるようだけど、何をポイントにしてるんでしょうか?変わった映像イコール素晴らしい映像というもんでもないでしょ?ハンニバルと同じように人の神経を逆なでする映画でした。これで喜ぶ人ってマゾっ気があるだけじゃないのかな?
★★★★★
From: ガッツ(NO MAIL) 4月 14日(土)01時53分49秒
最高に面白かった!映像美に酔いしれた!ストーリーも非常に凝っててよく出来ていた!音楽も最高!最後は凄く感動した!こういう映画は他に見たことない!!最高!傑作!グロいところも俺的に最高だった!(笑)
★★★
From: すかっしゅ(NO MAIL) 4月 13日(金)02時58分13秒
確かに演出手段としてのビジュアル効果は優れていたと思いますが、登場人物の精神世界の中の様子とその人の深いところの人間性との関連付けが希薄な気がしました。また私もジェニファーを出す意味が理解できませんでした、せめてメイクでも施して役に合った感じを出すべきじゃないでしょうか。そんなこと考えながら観るべき映画ではないのでしょうけど・・・
★★★★
From: えめきん(NO MAIL) 4月 12日(木)15時01分19秒
このテのグロ映画は苦手なのだが、なぜか無償に見たかった。結果は案の定、目を覆いたくなるようなシーンの連続だったが、どのシーンも恐ろしいほど独創的で、好感触だった。この監督の頭の中を覗いてみたい。
★★
From: yuuki(NO MAIL) 4月 11日(水)16時26分33秒
これこそ正に映像だけの映画ですね、押井守がサスペンスを取ったらこうなりそうだなっと思った、そして何よりもジェニファー・ロペスである必要が全然ない所に驚いた、いい女優なだけに残念でした。
★★★★★
From: ポール・アトレイデス(NO MAIL) 4月 11日(水)01時40分15秒
オープニングから絵の構図が綺麗で凄く良かった!全てに非常に凝った映画です!トリップ的な音楽と映像でちょっとトリップできる(笑)こういう映画があまりないので高得点!見終わった後頭がジーンとして、独特のカタルシスに酔ってました(笑)誰かの評価で書いてありましたが、俺も最後にカタストロフィー的なものがあればもっと大傑作になってたと思うしだいです。でも、ここまでできてれば十分だけどね。いい映画を見たあとは気分がいいぜ!
★★★★
From: ケロケロ(NO MAIL) 4月 10日(火)01時05分26秒
他人の意識の中に入るという設定がステキ。変態さんがたくさん出てくる映像がステキ。でも、なんだろうなー?ストーリーがいまいちなのかな?ビジュアル系バンドのミュージッククリップ観てる様だった。
★★
From: 多香子(NO MAIL) 4月 9日(月)17時22分00秒
私はいまいちだった。なんかなんか・・・。確かに映像はよかたけどんーって感じ。
★★★★
From: とら(NO MAIL) 4月 8日(日)23時20分32秒
映像・衣装・美術がとても良かったと思います。すべての人間が心のなかに秘めている世界をすばらしい色彩と明暗でつくり、まるで絵画のようでした。今まで観たことないタイプの映画だったので、最後までハラハラして目が離せなったです。ジェニファー・ロペス自体が芸術作品みたいで、美しかった。
★★★★
From: まぐりー(NO MAIL) 4月 6日(金)05時22分57秒
この映画の描く「人の心」にはタブーというものがない。だからまず誰が見ても気分が悪くなると思う、けど見る価値は充分にあります。新しいタイプの精神描写に引き込まれることうけあいです。チョット泣いちゃいました。(笑
★★★★
From: h(NO MAIL) 4月 6日(金)00時18分58秒
現代の技術を使ったアルタードステーツみたいなぶっ飛び。凄い映像と日本人だというコスチュームデザイン。視覚的にシュールで良かった。話しの筋は羊達の沈黙って感じだけど、全てに飽きさせなくて良くできてたと思う。
★★★
From: にゃごぞう(NO MAIL) 4月 5日(木)16時07分18秒
思ったより圧倒される映像は少なかったっが、刑事が犯人の精神に入っていく時の映像は凄かった。あとジェニファー・ロペスはやっぱ美人でした。
From: なっち(NO MAIL) 4月 5日(木)09時04分39秒
最初から見る角度が違っていたようだ。残念。最初から映像中心で見ていれば、面白く感じたように思う。
★★★★★
From: パピ(NO MAIL) 4月 4日(水)22時23分42秒
 久々に大ヒットの映画でした。 人の精神世界に入り込むという異色の設定を殺すことなく、殺人者の悲しい過去、希望の心、現在の邪悪な心などを、美しい映像と次々に変わる場面で見事に描いていました。 また、映像の美しさもさることながら、主演のジェニファー・ロペスの美しさに同性ながら惚れ惚れ。どなたか、子の女優さんの他の作品知りませんか?  
★★★★★
From: 海を渡る風(NO MAIL) 4月 4日(水)13時04分22秒
なーんかいまいちの評価ですねぇ。俺的には傑作だと思うんだけどな〜。見てる間全然飽きなかったし、圧倒されっぱなしで、かなり楽しめた。しかしジェニファー・ロペス綺麗だなぁ。
★★★
From: oh(NO MAIL) 4月 3日(火)22時11分33秒
うーん、映像は素晴らしいんで、そこらへんで、もっと酔わせて欲しかった。予想よりは、ノーマルなストーリーだったけど、訳の解らないエンディングよりは後味が良かったです。
★★★★
From: クロエ(NO MAIL) 4月 3日(火)16時27分39秒
衣装と画(映像)、音楽はすごくよかったです。画面の上での色の使い方がきれいでした。ただ、少し気持ち悪いシーンが目に付きました。そこを少し減らして、芸術性を高めればもう1ランク上の映画に出来たと思いました。個人的に・・・。
★★★
From: アークター(NO MAIL) 4月 2日(月)01時26分00秒
なんか、フィンチャーとクローネンバーグを足して二で割ったような内容だった。音楽もハワード・ショアだったし。最後のジェニファー・ロペスとビンセント・ドノフリオの対決のシーンがかっこよかった。マサラ・ムービーと仮面ライダーが合体した、みたいな(笑)。ところで、最初に出てくる子供を中心にした内容の方が面白かったのでは?子供の心に宿る怪物は何者なのかとか。
★★★★
From: c(NO MAIL) 4月 1日(日)22時05分50秒
美術と衣装が凄い。話自体はありきたりで目新しさはないけど、マットペインティングやCGで作り上げた映像にはなかなか趣向が凝らしてあって良かったと思う。既視感はやはり否めないけど。なんとなく紅白歌合戦を思い出したのは俺だけではないはず。
★★★★★
From: 将司(NO MAIL) 3月 31日(土)23時38分05秒
なんていったらいいのかよく分からないんだけど、映画館に行き始めたあの頃のワクワク感を思い出させてくれる映画でした。先の展開が見えないし、異質な映像で楽しませてくれるし、要するにキャサリンに自分を重ねて脳の中の冒険ができたっていうのが良かったと思う。こういう映画にありがちな、「映像ありき」パターンには決してはまってはいなかったと思うし、あの装置の正体を明確にしなかったことも、かえっていい結果になったんじゃないでしょうか。でも、いろいろと痛そうだったな〜。
★★★
From: iori(NO MAIL) 3月 31日(土)22時14分50秒
観た友達からちょっとエグいよと言われていたのでその辺は心づもりをして観たせいかそんなにビックリしなかったけど私にはそれでもエグかったです。映像は確かにすごいなと思った観た人じゃないとわからないでしょうねぇ・・・
★★★
From: iori(NO MAIL) 3月 31日(土)22時14分47秒
観た友達からちょっとエグいよと言われていたのでその辺は心づもりをして観たせいかそんなにビックリしなかったけど私にはそれでもエグかったです。映像は確かにすごいなと思った観た人じゃないとわからないでしょうねぇ・・・
★★★★
From: ひまわり(NO MAIL) 3月 31日(土)14時11分32秒
一番始め見た時、すごくよかったと思わなかったのに、2回目見て、ちょっと良いかなと思い始め、気がついたらDVDを買って2回ほどみてしまった。何回見ても結構引き込まれて、ちょっとづつ面白くなる不思議な魅力がある映画だ。これもだんだんジェニファー・ロペスが気にならなくなって素直に見れるようになってきたからだろうか?
★★★
From: ケンイチ(MAIL) 3月 31日(土)00時57分50秒
 サイコメトリックサイーバーSF、精神分析版ミクロの決死圏ってところです。心情風景を描くと言う事は、視覚メディアの目的だから、精神世界事態を映像化する方が直接的ですね。ダリやフェリーニをはじめとしたこの種の作家の作品で見たことが有るような絵が、提示されています。ただ、精神世界は小道具(大道具?)ですから、それ自体に心を揺り動かされたり感銘を受けたりは余りしません。蛇足ですが、描かれているのは夢の世界とも言えますから、大きなフィールドやミニマムな部屋が出てくるのは当然です。クライマックスが凡庸で説得力が無くがっかりします。カタストロフィーが起きるくらいでないと。ただ、主演の女優さんは好みなので退屈はしませんでした(映画の出来とは関係無いですね)。 導入は最近のSFのセオリー通り、くどく説明が無くて好感が持てます。テンポやリズムが特に良いわけではないですが、絵は面白いですよ。
★★★★
From: yoshi(NO MAIL) 3月 30日(金)18時23分37秒
期待していましたが結構答えてくれましたね。映像のすごさは今更僕が言うような事ではないだろうけど、ほんと斬新なところに惚れた。ストーリーも決して悪くないけども結構単純だったのでもっとデビット・リンチみたいな感じだったらなぁと思った。ジェニファー・ロペスかわいいねぇ。場面ごとに顔が違ってこちらもとても楽しめた気がします。
★★★★★
From: (NO MAIL) 3月 30日(金)16時48分50秒
前から楽しみにしてたんだけど、もう期待以上に、すっごい良かったです!!腑に落ちない点も多々あったけど・・・。でも超好き!セルに閉じ込める、って設定からして素敵な上に、衣装とか精神世界の舞台とか素晴らしすぎで!見所沢山。すごくきれい。DVD出たら絶対欲しい。スターガーの少年役の子も超可愛かったし。ハーレイに勝るとも劣らないと思いました。(笑)
★★★
From: (NO MAIL) 3月 30日(金)10時24分07秒
うーん…。確かにグロイ。CMでも言ってたけれどかなり病的ですね…。この作品は……。でも映像には凄いものがありました。独特の世界観には圧巻でしたね。。。出て来た少年も良かったし!!!しかし、グロイ…、気持ち悪い。ジェニファーが出てなかったら見てなかったと思うな。
★★★★★
From: boz(NO MAIL) 3月 30日(金)00時06分49秒
いやー久々にいい物見せていただきましたーー!みなさんの評価は色々ですね。私は彼女と一緒に見ましたが2人とも満足でした。
★★★
From: BROOK(NO MAIL) 3月 26日(月)21時08分41秒
映像はたしかに斬新でしたが(必見かも?!)..気持ち悪かったです。しかし、冒頭の砂漠シーンは綺麗だったなぁ..映像だけだったら◎、でもストーリーはイマイチでした。
★★★★★
From: でみ(NO MAIL) 3月 26日(月)16時29分45秒
夢を具現化したらこんな感じかな?とゆう感性がすごく良かったと思いますが。
From: ロペス(NO MAIL) 3月 26日(月)13時23分26秒
内容はどーでもいいから、映像がかっちょいかったらいいやと思っていたけど、それすらいまいちだった。特別斬新な映像でもないじゃん。もろ、クエイとか、タルコフスキーとかもあるし。「知ってるからつまらん」「知らないから面白い」なんて単純なことで価値を決めれるもんじゃないと思うけど、映像以外でなんかあったか?
★★★★
From: ちゃお(NO MAIL) 3月 25日(日)22時29分51秒
なかなか良かった!人間の頭の中に入るのは、日本なら小松左京と夢枕獏のサイコダイバーですけれど、まともに映像化したなあと思うのは、この映画がはじめて。その映像に関しては文句なしにすごい! まあ、グロい上に多少眠いというのは差し引いたとして。でも今までになかった新しい映画だということは確か。ジェニファー・ロペス色っぺー! というのも得点です。アウト・オブ・サイトよりもはるかに色っぽい。ええなー 巨乳で。こんな映画の見方もあるんです。
★★★★★
From: よしこ(NO MAIL) 3月 25日(日)18時29分42秒
めちゃくちゃよかった!お正月第2弾放映!とか言ってたくせに全然公開されなくて焦らされまくって観たくて、観たくてたまらなかった!こんなに楽しみにした映画も久しぶりだ。期待しまくってたのに本当に期待以上によかった。映像が本当にすばらしい。ストーリーもいいと思う。現実には不可能だろうとかいう事言ってたら映画楽しくないし。とにかく、こういう映画を待っていたという感じ。かなり満足しました。
★★★
From: switch(NO MAIL) 3月 25日(日)17時04分07秒
絵はきれいだったっすけども・・・ちょっと気持ちわるかったです。正直いって。
★★★★
From: しんろう(NO MAIL) 3月 25日(日)09時02分01秒
とにかく圧巻されっぱなしでした。なんかもうおもしろいというより、すごいって感じです。すごくダイナミックな映像や衣装やメイク。素晴らしかったと思います。役者さんたちもみんなよかったと思います。でも<脳に入る>とか意味わかんないんで−★1つ。
★★★
From: 朱都(NO MAIL) 3月 25日(日)03時26分49秒
予告で期待したほどには斬新な映像ではなく・・・現代美術の初心者向と酷評されていたのも納得してしまいました。映画館で観ないなら寧ろビデオでは観ない方が良いかも知れません。最後には全員(事件の加害者・被害者だけでなく、心理学者や刑事までも)救われるように描かれていたようですが・・・ジェニファー・ロペスはセクシーとしても、今回のような傷を抱えた人間のこころを宥めて癒すような役柄には向いてないと思います。公開が待ち遠しくてならず初日に観に行けた自己満足で☆×3にしました。
★★★★★
From: はにい(NO MAIL) 3月 25日(日)02時16分38秒
なんで!!!!!!あの映像と衣装だけで満点あげていいっすよ!!内容あんまなくてもいいじゃん!いやないわけではないですが...とにかく画面にめちゃくちゃ魅了されました。
★★★★
From: ちのぶ〜(NO MAIL) 3月 25日(日)00時43分24秒
なんか、評価が分かれてますね。ボクは単純に面白いと思ったんですけど・・・。たしかにシナリオに関しては、ちと甘い部分もあると思います。でも、この映画にそういうのを求めるのは酷じゃないかと。幻想的かつグロテスクな映像美と、音をつかった効果的な演出なんかはとてもよかったと思うのですが、ボクの映画の観る目が無いのかなぁ?個人的にはとっても楽しめました。でも、恐かったぁ(笑)
★★
From: TEAR(NO MAIL) 3月 24日(土)23時44分25秒
羊達の沈黙+マトリックスというよりは出来の悪いサイコサスペンス+ミュージックビデオでした。話自体はツッコミ所満載です。
From: みつ(NO MAIL) 3月 24日(土)23時39分53秒
今日見たけれど、最悪だった。ストーリーもそうだけど、ジェニファー・ロペス想像していたよりイケテなかったのが残念だ。
★★★★
From: ZIN(NO MAIL) 3月 24日(土)23時17分45秒
ビデオクリップ畑出身監督とのことで、意味なしにかっこいい映像の羅列を拝見、とたかをくくっていたものの、カットごとに完結し見事に連結するという映像的冒険。ストーリー自体も意外とハートフル&グロテスク悔しいが何しろやはり涙が出るほどの美しい映像はただそれだけで雄弁。ともすれば、X-FILEの1エピソードになりがちアイディア&テーマを見事に昇華した力技に感服。