ヤンヤン 夏の想い出

満 足 度
70.5%
回答者数11



★★★★★
From: かまっち(NO MAIL) 3月 6日(火)19時49分53秒
おもしろかったけど、理由は口では言い表せない。もっと多くの人に見てほしいと思う。
From: レール(NO MAIL) 2月 27日(火)18時21分05秒
はっきし言ってこの手の映画はつまらない。
★★★
From: ルイジアナ(NO MAIL) 2月 23日(金)22時49分54秒
エドワード・ヤンである。褒めるのが至当なのだし、褒めても全然かまわないのだが、勿体をつけるようでなんだが、わたしのなかの何かがそれを阻むのだ…。安全パイすぎるのである。とんでもないところがなさすぎるのである。それのどこが悪い、突出したところは一見ないかもしれないが、各ショットごとに緊張と深み、そして名人芸を装ったラディカルさは健在じゃないか。…そうなのだが、この口当たりのよさは、もしかしてウケ狙いなのではないか、誰にもわかってもらわなくてもいいんだというエッジのシャープさはどこにいったのだ、決してできないとわかっているくせに、世界を凝縮して提示するかのようなその手つきには納得できない。ヤンの撮る日本は、堕天使の街だった。何者も高く舞い上がれない。レッドフィッシュがちょっと嬉しかった。
★★★★
From: うに(NO MAIL) 2月 19日(月)06時31分49秒
長くてちょっとお尻が痛くなったのは別として……うん、いい映画だと思いました。男を翻弄する少女、私も『クーリンチェ少年殺人事件』を思い出しました。夏の木立がとてもきれいで、淡々と進むようで、たくさんのエピソードが織りこまれていきました。
★★★
From: しねMAN(NO MAIL) 2月 3日(土)23時04分37秒
 今,みなさんのコメントを読んで上映時間3時間とゆうことにきずいた。NJというあまりうだつの上がらなそうな男にも、いろんなドラマが起こって行く。それぞれの登場人物の世界をしっかり描きながらその中で生きて行く人々,生きて行くしかない人々を,等身大で(多少のウィットを込め)スクリーンにうつしだす。エドワード・ヤン監督あなたはえらい。
★★★★
From: センドウ(NO MAIL) 1月 29日(月)14時31分56秒
これは・・・しみじみ良いですよね。あらゆる世代の人間を良い点・悪い点を含めて淡々とみせていくその手腕になんというか作家の成熟・円熟みたいなモノを感じました。#イッセー尾形の使いこなしも上手いし、外国の方に、日本がこんな風に美しく見せられるとは。
★★★★★
From: キャル(NO MAIL) 1月 24日(水)03時58分26秒
昨日、2回目の観賞に行って来ました。「長さを感じさせない」とはこういう映画の事なのかな、そう思いました。丁寧だけど淡々と、表情豊かだけど客観的に、細かなところにまで人生がつまっている珠玉の名作です、やっぱり。個人的にはNJの「相手によって別々に見せる“顔”」のひとつひとつに感動。名言もさりげなく沢山つまっている。もっともっと多くの方に観てもらいたい映画です。
★★★★
From: ケンケン(NO MAIL) 1月 21日(日)23時25分36秒
ひとつの家族の一人ひとりの人生に対する迷いや思いを良く見据えて作られた作品だと思う。登場人物の誰かの中に自分の人生を重ねて観る人も多いであろう。イッセー・尾形が実にいい味を出していた。
★★★★★
From: m-koh(NO MAIL) 1月 8日(月)00時50分07秒
本当に丁寧という言葉が相応しい映画だと思います。長い映画ですが、どのエピソードも必要性を感じるというか少なくとも無駄には思えませんでした。最後もヤンヤンの"話"でうまく締まっていた(この点については異論もあるかもしれないけど)と思う。ところでこの映画の邦題、「クリクリのいた夏」を意識してるんでしょうか。
★★★★
From: iwako(NO MAIL) 1月 4日(木)19時57分07秒
長い映画ですけれど、ていねいに映像を重ねていくので、じっくり鑑賞できます。ある一家のお話ですが、その傍系になるエピソードで(まだ、みてない人にはちょっとネタバレで悪いですが)男を翻弄する娘がでてきて、かつての「クーリンチェ少年殺人事件」のヒロイン、ミンを思い出させます。こういう女の子ってエドワード・ヤン監督好み?
★★★★
From: kanji(NO MAIL) 12月 21日(木)23時17分15秒
3時間近くの長さを感じさせない。よく練られた脚本のおかげでもある。何を目標としているのか最初のほうは分からないのだけれどね。こういうタイプの映画にはありがちだ。とても親近感のわく映画で、ちょっと感動したり、微笑んだりしてしまう。傑作です。