ユリョン

満 足 度
25.0%
回答者数11



★★★
From: ギッチョ(NO MAIL) 3月 24日(土)02時17分29秒
潜水艦モノというよりも日本に対する描写が面白くて面白くてそっちのほうばっか集中してました。主人公はどうでもいいですが日本に対して”ハン”を剥き出しにする副艦長がカッコいいです。それと出航前のストリップシーン!あんな女でいいのか?韓国軍人?(それとも男だったのか?)
From: うっぷす(NO MAIL) 3月 24日(土)01時02分28秒
この映画を観て、ほんと損した気分です。頭を抱えてしまった。この緊張感の無さと潜水艦の設定のうそ臭さがすごく目につきました。シュリを観て韓国映画に期待をしているのですが、日本に対して悪意とも取れるものを感じ不愉快な気持ちになりました。またか・・・。という感じです。まさに歴史認識の違いを感じる映画でしたね。日本はもっと毅然とした立場で外交できる、国家としての強さを持って欲しいと見終わったあと強く感じました。
From: NORI(NO MAIL) 3月 19日(月)09時41分46秒
潜水艦映画好きとしては、ハズスだろうことは重々承知の上、おさえに行きました。いやー、ひどかったですねぇ。いろいろな潜水艦映画の話をパクりながら、これほどクソおもしろくも無いものが作れるとは、ある意味感動です。潜水艦映画で何がおもしろいって、見えざる敵との攻防や水圧との闘い、爆雷やソナーの恐怖とかそういうところだと思うのに、なーんにもない。潜水艦のデザインもカッチョ悪い、水中シーンもショボイ。ハッキリ言って、こりゃナイね。
From: くくくに(NO MAIL) 3月 18日(日)11時36分05秒
このタイプの映画は楽しいはずなのに・・・まさかね〜
From: tomo(NO MAIL) 3月 17日(土)12時24分32秒
日本の扱い方がむかつく!
From: くるり(NO MAIL) 3月 16日(金)23時47分23秒
こんな映画が面白いという人の気が知れない。これは本当に駄作!!
★★★★
From: yoshi(NO MAIL) 3月 15日(木)10時44分11秒
韓国映画ってことでちょっと大目に見てしまいがちな僕なので4つ★。去年拝見した「U-571」みたいなエンターテイメントな作品だと思ってたけど、全然違くってすごい怖い映画っす。相手が日本だけに潜水艦を撃沈させても手放しで喜べないし、複雑な気持ちになりました。いまいち盛り上がりに欠けたけど、かなり心に殘る映画でした。
★★★
From: ねぎ(NO MAIL) 3月 13日(火)13時18分48秒
潜水艦モノにはずれは無い!と確信しておりましたが少し期待はずれでした。でも国家というものは(軍事も含めて)あらゆる面において強くなければいけないなと改めて認識した次第です。
★★★
From: ケンケン(NO MAIL) 3月 10日(土)23時31分43秒
役者さんが良かった。「モーテルカクタス」のチョン・ウソン、ああいう熱い役ができるとは。「ペパーミント・チャンディー」のソル・ギョング、やはり演技派だと感心しました。(以下ネタバレ)筋で言えば、事故の責任をとって自爆するはずの潜水艦になぜ核弾頭が積んであるのか?とか、艦内のクーデターによって沖縄を核攻撃して、戦争を始めたとして、韓国政府がどのような立場をとるか副艦長は見通しがあったのか?とか、甘い点はいくつかあります。ただ、日本を攻撃する動機については、韓国で上映する作品としては十分だったのだろうと思います。「祖国の誇りを守りたい。」「金と権力による支配はたくさんだ。」(こんな台詞だったかな)この辺りは、日本と韓国の歴史認識の隔たりだと思いますね。加害国として侵略の事実は、早く忘れたい、子孫に伝えたくない日本と、被害国として未だに大きな傷を抱える韓国とのお互いの国に対する「思い」の違いだと思います。自分は、この作品で感じたことの一番は、「まだ戦後は終わっていない」ということ。第2次世界大戦を語る際、日本は、唯一の被爆国である立場と同時に、自らが侵略した事実と、アジアに残した傷跡とを同時に語り継いでいかなくてはならないと思います。負の歴史を語れない国はダメです。
From: takeshi(NO MAIL) 3月 10日(土)18時38分33秒
21世紀最初の駄作
★★★
From: HUL(NO MAIL) 3月 4日(日)21時46分09秒
「シュリ」でとにかく楽しませてもらったこともあり、期待して見に行きました。一言で言ってしまえば、まあまあです。シチュエーションからシナリオから画作りから何をとってもまあまあ。特撮も厳しい部分は多少あるけど、東宝特撮に比べればはるかに安心して見ていられる。各キャラへの掘り下げが足らないのが、致命的。まあ、乗組員全員存在を抹消されてるから仕方ないのかな?以下、多少ネタばれ。主人公の父親が殺された背景など、なんとなくは分かるんだけど、説明不足。他、大まかなストーリーさえ説明がたりない。結局、ストーリーが分からなかったっていう人、結構出てくると思うなあ。攻撃目標やら戦争相手が日本なもんだから、もう少し鬼気迫ってくるものがあるかなあと思ってたんだけど、日本を攻撃する動機みたいのがあまり伝わってこない。痛そうな暴力描写の方に力入れちゃってその辺のストーリーテリングはおざなりになっていた気がする。一番の問題は主人公が大した活躍してないってこと。ほんと、ちょっとしか頑張ってないようにみえちゃう。見所になるはずの部分がことごとく消化不良なんだよねえ。期待が大きすぎたこともあるけど、以上の理由で星3つっ。