青い春

満 足 度
77.2%
回答者数45



★★★★★
From: (NO MAIL) 9月 26日(木)11時24分11秒
若い役者達が良かったです。特に、青木役と雪男役、今後に期待大!松田龍平完全に食われちゃったかんじでしたね。画もすごく綺麗で、ラストシ−ンがこんなに残る映画は久々です。青春ものだし、リリィシュシュみたいだったらどうしよう、という当初の不安は無用でしたね。
★★★★
From: qq(NO MAIL) 9月 25日(水)21時51分23秒
ラストのミッシェルの曲と共に走り出すシーン良かった!かなり衝撃走った!!あのシーンだけで、この映画全部見たような気がします。
From: nanashi(NO MAIL) 9月 1日(日)01時05分15秒
最悪でした。なんだありゃ。ばか?
★★★★★
From: ちか(NO MAIL) 8月 31日(土)18時53分43秒
2回観たけどもっと観たい!!とにかく役者がみんなハマッてた。とくに青木役の新井君は今後に期待大!!「青い春」は青木の映画だ。
★★★
From: おひ(NO MAIL) 8月 30日(金)10時31分52秒
観終って「うーーん。。」と唸ってしまった。でも、唸っただけ。(それがダメとかイヤとかではなく)救いのない感じ。終始不安で不快な気分になった、という点では話に入り込ませるだけの映像や役者さんに力はあったと思うが、考えさせられるような深いところにまで想いは至らなかった。年齢(20代後半)のせい?冒頭の屋上のシーンはとてもよくて、期待させられた。九条の無目的、無感動な部分は自分にも重なり、「目的を持った人間が恐い」というセリフにはとても共感した。日が経つにつれてまた感想も変わるのかもしれないが、今のところまさに「まあまあ」で3点。
★★★★★
From: きいろ(NO MAIL) 8月 27日(火)11時43分17秒
いたいいたい、心がいたいって感じかな。切ないとかでもいいんですが。自分はあんまり学校いかない人のせいか、学校を閉塞した場所とは思ってないけれど、なにかいろいろくるものはありました。「ピンポン」も良かったんですが、あれとは対極の良さがこれにはありました。
★★★★★
From: まこ(NO MAIL) 8月 26日(月)00時27分11秒
ラストが印象的でした
★★★★★
From: カヌー(NO MAIL) 8月 25日(日)22時37分04秒
これぞ青春R&R!!原作の期待を裏切らない出来あがり!!色の使い方も、カットもそれぞれに重さがあった!九条の周りの友達が次々と塀をを乗り越え学校から去っていき、九条だけが残ってしまう・・・そんなところがなんか趣きを感じました!とにかく最高!!
★★★★★
From: ピコ(NO MAIL) 8月 18日(日)20時20分06秒
ホント、良かったです!松田龍平の影のある魅力・・たまりません。震えるほどウォーーってくるものがありました!!
★★★★★
From: koko(NO MAIL) 8月 17日(土)11時46分14秒
始まりからズンときてハァ〜〜カッコいいとぐいぐい引き込まれ時にクスッと笑いがあり緊張感ありで、ホントおもしろかった。舞台である学校という閉塞された世界の中、だれでもチクリと痛い経験があるはず、青春映画の傑作だと思う。日が経つにつれ、叉観たい、観たくてたまらない!!
★★
From: たつや(NO MAIL) 8月 17日(土)03時26分02秒
最初の屋上のシーンはきれだったな
★★★★★
From: ヒロキ(NO MAIL) 8月 17日(土)03時22分35秒
傑作!見終わった時抱く強烈な不安感は監督の表現したかったことが100%表現されていた証拠! ほんとに希望のかけらも無い終始絶望感に溢れた映画、誰もが直面する思春期の危機に不器用に最悪の形で幕を下ろしていく登場人物たち。九条という天才にかき乱される青木。ほんとに痛い映画だ。ミシェルの歌も最高に良い。
★★★★★
From: げおっす(NO MAIL) 8月 17日(土)02時34分12秒
いい!ピンポンよかこっち!
From: こんた(NO MAIL) 8月 15日(木)22時30分14秒
いまいちですな!
★★★★★
From: as(NO MAIL) 8月 12日(月)16時46分19秒
恐かったけど感動!!
★★★★★
From: ちくるくる(NO MAIL) 8月 11日(日)12時43分25秒
演出、見せ方あたりはほんと凄いと思った。しかし九条だけが消化不良だったようなきもする。星は4.5で、四捨五入でこの数
★★★★
From: 新テリー(NO MAIL) 8月 9日(金)17時16分23秒
男が男に惚れるって別にホモだけじゃ無いぞえ。二人の関係の延長が仁義なき戦いの男同士の関係に発展すると思う。リリーシュシュは暗い感じがしたが、この映画は明るい?いじめ に感じた。青木は九條となら一緒に何かデカイ事が、出来ると思ってたんだろうに。九條は生きていく目的が無く、一匹狼になってしまった。「目的を持った人間が恐い」と、つぶやいて いたっけ。昼めし前にあれを見てしまったもんだから、つらかったー。家族の事に触れていなかったが、親はどんな気持ちだろう。躾が悪かったのかどうかわからないが、世の中こんな生きる事の下手な若者が多いんだろうなー。
★★★★★
From: 黒田(NO MAIL) 8月 3日(土)12時12分14秒
良かったです。確かに途中頭痛くなって主人公達の親のこととか考えました。でも良かったです。最後は圧巻でした。また見たいです。ミッシェルガンがロックでした。
★★★★
From: (NO MAIL) 8月 2日(金)18時26分28秒
違和感は多少あったけど好きな方です。
★★★★★
From: ジョンタ・イヌコロビッチ(NO MAIL) 8月 2日(金)12時23分20秒
最高の出来。よりによってあの原作がこんな傑作になるなんて…それが想像を越えていた。(勿論原作ファンです)学校という敷地の中で「留まる」「出てゆく」「上がる」「落ちる」という話で普通のドラマで考えれば説明が足りな過ぎるが説明したらこのファンタジックな仕上がりにはならなかったんじゃないかな。立居振舞が決まってるだけでも見事なものです。あんなに格好いいスローモーションはそうはない。
From: らぶ(NO MAIL) 7月 30日(火)12時50分31秒
あのシーンで、人の足を踏んづけてでも外N行って吐きたくなり、しばらくそれを堪えるのに涙流してました。あんなにリアルに見せなくても・・・。もうそれが嫌で嫌で、この映画のよさなんてわかりません。てか、それがなくても、何も感じれなかったと思う。あの主人公は・・・うざったい。
★★★★★
From: hoko(NO MAIL) 7月 30日(火)00時14分11秒
期待以上でした。音楽の使い方もよかったし、若手の体当たりな?演技もよかったです。また見たい映画です。
From: オヤジ(NO MAIL) 7月 29日(月)22時12分44秒
エネルギーが余ってどこへ発散していいか分からない、ということだけは良く分かった。だったら、無理に学校に行かないで働けばいいんじゃないのかね。早く、お前ら、働けよ、と思いました。青木も九條へのホモ愛が自覚出来れば、良かったってことなのかな。
★★★★★
From: おかず(NO MAIL) 7月 29日(月)06時06分49秒
よっかった!!!何度も観たくなる作品です。松田龍平の存在感花がある。他の俳優たちもバッチリ!!カッコよっかた。監督が原作から膨らませた九條と青木のシーンがすっごくいい最高スッ!!!
★★★★★
From: ゆん(NO MAIL) 7月 29日(月)02時50分46秒
ベランダゲームの「ひとーつ・・」という声が耳から離れない。もう一度観ようと思ってる。
★★★★★
From: ベカーム(NO MAIL) 7月 29日(月)00時27分43秒
本当に文句なしのデキ。演技がまだ荒削りの若手俳優陣の魅力も十分だし、ミッシェルの唄もいい!ただ、最後のほうに出てきたKEE(他校の不良役)の意味がいまだにわかりません・・
★★★
From: がぶりん(NO MAIL) 7月 29日(月)00時14分35秒
あのオムニバスの原作をどう映画化するんだ?と疑問を持ちながら映画を見ました。豊田監督、あなたのアイディアは素晴らしいです。思わず原宿の期間限定の朝日高校購買部に行って、ホームランバーを買ってしまいました。
★★★★★
From: taiyo matumoto(NO MAIL) 7月 29日(月)00時05分46秒
松本龍平クンもよかったけど、私のイチオシは大柴クンです。学らんの裏の刺繍を読みながら車に乗るシーンは、胸にじんときました
★★★★★
From: ぴかり(NO MAIL) 7月 24日(水)13時39分57秒
涙が止まらなかったです。なんでなんで?っていろんな事を思いました。チラシの写真で他のみんなはカメラ目線なのに対して、青木だけが九條を見つめているのも見終わった後だと感慨深いです。ナニこれ?と思う人もいるのだろうけれど、たくさんの人に見てもらいたいです。絶対損はしないと思います。
★★★★★
From: 麦水(NO MAIL) 7月 23日(火)01時49分03秒
原作よりもおもしろくなっていた。何回か泣きそうになりました。もし高校生のころに見ていたらその後の人生を変えてしまったかもしれないです。
From: たけし(NO MAIL) 7月 21日(日)19時38分27秒
映像表現に懲りすぎじゃねーか?
From: まこ(NO MAIL) 7月 21日(日)12時39分26秒
ラストだけ印象にのこりました。
★★★★★
From: でんばあに死す(NO MAIL) 7月 20日(土)20時38分34秒
雪男役の高岡蒼佑(あってる?)がズバヌケテかっこよかった。豊田監督次もたのみまっせ。
★★★★★
From: とと(NO MAIL) 7月 19日(金)21時09分18秒
思ったよりずっとよかった。松本大洋の絵が苦手で原作読んでないけど読んでみようかな。ヤマザキユータってああいう役ホンット上手いですね。若い女子はつるんできてて男子はひとりで見にきてる図。が多かったです。ピンポンも楽しみ!
From: やす(NO MAIL) 7月 19日(金)20時05分31秒
ピンポンに期待
★★★★★
From: ちよ(NO MAIL) 7月 15日(月)01時29分46秒
大洋FANですが、原作読んでないことから少し不安でした。でも、、、もう最高です!特にラスト10何分くらい。涙が出そうでした。芸術です。この作品が一般的傑作かどうかはわかりません。でも私の中では名作です。 監督さんに有難うと心から言いたいですvv思い出すシーンはいつも花と空と青木達の写真ですそれが綺麗すぎて泣けるのです
★★★★★
From: ピット(NO MAIL) 7月 14日(日)00時47分07秒
日本人って九條のような口数少なくてクールで、だけど実力のある者って好きですよね。俺もその一人だけど。外国ではこの手の主人公って受け入れられるのですかね?最後は泣きそうでした。ミッシェルガンもさいこー!!
★★★★★
From: AYUMI(MAIL) 7月 14日(日)00時31分41秒
かなりおもしろかったです。この映画は、1回目よりも2回目。2回目よりも3回目のほうが、なんかぐっときます。また、それぞれ違った視点で見れますからね。この映画をみて私はかなり背中を押されましたね。それは、いろいろな意味で。ちょうど(いや、まだもうちょっと下かな?)なんというか、こういう時期なもので。将来とか、社会だとかを考える時期でして。だから、よけいになんかぐっとくるものがありました。こいうと、ちょっとおおげさかもしれませんが、私にとってこの映画は、私の人生を変えたものだと思います。
★★★★★
From: JIMA(NO MAIL) 7月 13日(土)23時52分21秒
痛快、爽快って感じ!青木役・新井浩文がいい味を出しています。ちなみに私は大ファンです。感じ方は人それぞれだけど多かれ少なかれ考えさせられる映画だと思いますが…
★★★★★
From: HARUKO(NO MAIL) 7月 13日(土)23時25分43秒
正直良かった。席から立てなくなった子がいた。
★★★★★
From: SHINE(NO MAIL) 7月 13日(土)00時48分01秒
オープニングがかっこいい!そして、個性あふれる若手役者陣。ラストのどうしようもない虚しさ。すべてがよかった!
★★
From: ダリオシウバ(NO MAIL) 7月 11日(木)22時52分19秒
予告編はよかったけど期待はずれでした。いかにもいじめられっ子タイプの松田龍平が番長という設定にムリがある。疾走感が足りず、エキストラの少なさに迫力も感じられない。原作の漫画は面白いの?
★★★★★
From: いぶらひむば(NO MAIL) 7月 11日(木)21時21分23秒
観終わって2日経つ。しかし頭の中からあの衝撃はなかなか消える気配はない。九條のあの眼、死体の横でタバコをふかす雪男、フェンスを飛び越える瞬間の木村の表情、ベランダゲームを終えて去るときふと振り返った新井・・。未成熟のもの同士が集まったそこに、なにかすごいチカラを感じた。これだけ揺さぶられた映画は久しぶり。チバの唄はもういうことなし!
★★★★★
From: NORI(NO MAIL) 7月 3日(水)14時13分15秒
心がひりひりとする。オープニングからエンディングまで持続する、研ぎ澄まされた緊張感。でもこれは、痛々しい現実だけを突きつけるのではなく、ファンタジーで包み込む。どのシーンにも、訴えかけてくるものがある。「アンチェイン」といい、豊田監督には一貫して自分の中にテーマがあり、それを自分の方法で表現し、伝える方法を知っている気がする。日本にも、こんなに素晴らしい監督が育ってきていることに、感謝。
★★★★★
From: やま(NO MAIL) 7月 1日(月)15時55分32秒
おそらく私の今年度日本映画ベスト1になる映画。冒頭の屋上からそのままカメラが校舎の外側を移動する映像、被るミッシェルの音楽、それだけでも心が躍り松田龍平君をはじめ新井君達、若い俳優さん達の芝居に何度も心を揺さぶられる。決してハッピーな話では無いし虚無観と共に大きな閉塞観がいっぱい詰まっているのにかかわらず、何故か突き抜けるような心地にさせられる不思議さ・・・・最近説明過多の映画が多い中、色々な部分をすっぱり捨て去った脚本・演出が適切なキャストを得て更に昇華している。松田龍平君の演技も素晴らしいが、特筆すべきは新井浩文君の凄さ!!この映画が初演技(GOは2作目の出演作)とか、これからの彼の活躍が非常に期待させられる。初日舞台挨拶の回を観たのだが、若手俳優の登場の為若い女性客が多かったが、男性に是非観て欲しい映画。