ぼくの神さま

満 足 度
77.6%
回答者数29



★★★★★
From: まり(NO MAIL) 5月 3日(金)21時31分41秒
すごく心に響く映画でした。感動でもなくて、切なさでもない感情が生まれました。戦争の残酷さを、学校で何十時間と道徳の授業を受けるより伝わってきました。何で戦争なんかするんだろ・・・・
★★★★
From: naho(NO MAIL) 4月 20日(土)14時03分47秒
初めてハーレーの映画を見ました。個人的に彼があんまり好きじゃないのでいまいちかな?泣ける場面もあったしトロはかわいかったけどぐってくるもんはなかったです。映画は感動もんなんだけど、深くもぐってこないかんじ!
★★★★
From: (NO MAIL) 4月 19日(金)00時56分22秒
トロのキチガイ話だね(笑)イエスになって助けたかったというのは痛いほど理解できるけど、いまいち必然性が感じられない。人が殺されてるところを見て突然おかしくなったでしょ? それほどショックだったということなのかなぁ。トロのお兄ちゃんが何気にかっこよかった。チビだけど。
★★★★
From: まるちゃん(NO MAIL) 4月 17日(水)15時18分17秒
私は結局最後までトロの行動の意味が分からず「あ〜トロその汽車に乗るな〜!!」とハラハラしてました。でも皆さんの感想を読ましてもらってトロはイエスになってみんなを助けれると思ったのでは??まだ小さい子供でしたから…。
★★★★
From: MUTHU(NO MAIL) 4月 15日(月)01時06分36秒
悲しいはなしでした・・・でも、やっぱりトロの最後の行動は?でした。私的には、雨の中トロが走り回るあたりがピークでした。
★★
From: よしを(NO MAIL) 4月 10日(水)20時08分42秒
予告編を見てかなり期待していたのですが、題材はいいのにもう少しなんとかでけへんかったかな〜といった感じです。まず終盤でのトロが最後にとった行動が、主人公を助ける為にとったものではなく、悪く言えば自己満足の為に取ったものだと気づいた時、首を傾げてしまいました。(ホントはその自己犠牲心に感動するべきだろうけれども、あのシーンはもっとみんなが素直に納得できるようにつくれるはずだろうと思います。)トロ役の子の演技は素晴らしかった。戦時下での子供たちが必死に生きようとする姿を見るだけでも、心に残るいい映画だと思います。
★★★
From: yoshi(NO MAIL) 4月 8日(月)23時48分05秒
トロは自分がイエスだと信じていたから汽車に乗ったのだと俺は解釈しました!
★★★★★
From: 神様です。(NO MAIL) 4月 8日(月)02時57分21秒
初めはトロが狂ったのかと思いましたが、実際はあれが自分に出来る精一杯な事だったのでしょう。平和、これは永遠のテーマでしょう。
★★★★★
From: おじいやん記者(NO MAIL) 4月 6日(土)21時38分13秒
どうしてトロは自分から十字架を持ち出したり、ユダヤ人が乗る汽車に乗ったのかなあ??やっぱりあの汽車に乗ったからにはあ〜なってしまったのか…な??ところで下のコメントなに?ムウ民さんなにがいいたいんですか???(★は5つやけど…)                まあ、疑問いっぱいの私ですがたのしませてもらいました!                        (疑問を考えるのもこれまた楽しい!!!)           
★★★★★
From: バンビ(NO MAIL) 4月 6日(土)20時30分35秒
昔はひどく差別があったのを思い知らされました。ところでどうしてトロは自分から汽車に乗ったのでしょう??みなさんどう思いますか?おしえてくださ〜い!!
★★★★★
From: いちご(NO MAIL) 3月 31日(日)14時34分39秒
かなしくてせつないストーリーでした。複雑な気持ちになったのは久しぶりだったのでとにかく泣いてしまいました。でも戦争はしてはいけない!というのが高まったので私は満足しています。
★★★★★
From: 地球人(NO MAIL) 3月 31日(日)14時23分16秒
感動と悲しみが混ざって不思議な気分になりました。私は生き残ろうと必死になっている場面が印象的でした。全体的に思い返してみると、せつない話でした。罪のない人がころされていくのは演技でもさすがに泣きました。しかし、私は夢中になって見させてもらったので★は5つにしました。
★★★★★
From: ドラえもん☆☆(NO MAIL) 3月 31日(日)14時00分29秒
なんて悲しい話なんでしょうか...見終わった後悲しみが胸にこみ上げてきました。今の時代は戦争など考えられませんが昔は子供の前で普通に人殺しをしていたなんて、子供達もそれほど大きなショックがあっただろうと思うと心に大きな穴があいたような気分になって涙がポロポロでてきてしまいました。「ぼくの神さま」を見て、「戦争はしてほしくない!!」という気持ちがよりいっそうたかまりました。ほかの方もそうではないでしょうか??私的に見て何故か勇気をあたえられた気がします。 
★★★★★
From: スーパーサイアジン☆(NO MAIL) 3月 31日(日)12時48分23秒
全体的に悲しい話でした。(自分よりみんな)という考えがなんともせつなかったです。「戦争はだめだ!!」とかんじさせられた一日でした。
★★★★★
From: M子(NO MAIL) 3月 30日(土)19時22分54秒
あらためて戦争のこわさがわかりました。少し痛々しい場面もありましたので見ていてせつなくなりました。ハ一レイ君主演のA.iは感動して泣きましたが今回は悲しくて泣いてしまいました。しかしいろいろなことを心につめたのでよかったとおもいます
★★★★★
From: プ一さん☆(NO MAIL) 3月 30日(土)18時57分27秒
もう、せつなくてたまりません!!ずっと映画館で泣いていました。生き残ろうと必死な姿、今でも心に残っています。しかも、ハーレイ君の演技すばらしいと思います。さすがプロ!!もう一回見たいです。          「ぼくの神さま」最高☆☆ 
★★★★★
From: ぴかりん☆(NO MAIL) 3月 30日(土)00時15分39秒
もう最高!感動したわ!私のハ一レイ最高☆この年で恋をするなんてまだまだしねないわん☆☆☆まだまだ青春まっさかりね!またみます!っていうか私ハ一レイのもとに行きたいとおもいます!ぼくの神さまおもしろくないとおもう人ダメヨ一ン☆では、みなさん私は旅立ちます!!!ごきげんよう☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
★★★★★
From: おばあやん(NO MAIL) 3月 29日(金)23時59分36秒
もう最高!あれって今もやってんの?
★★★★
From: 桑畑四十郎(NO MAIL) 3月 29日(金)01時28分39秒
無邪気に亡骸を弔ってた『禁じられた遊び』と今回の純粋に復活を願い、キリスト(神)になろうとしたトロの無垢が交差して、目頭が熱くなりました。
★★★★★
From: チルトン博士(NO MAIL) 3月 25日(月)23時56分02秒
トロの存在感はすごかったのは私も同感です。ただ、ハーレーさんの同じユダヤ人を強請る場面はさすがであると思わされました。日本や先進諸国の子どもたちにはない、生き残るための必死さがなんともせつなく感じました。
★★★
From: ぴかりん(NO MAIL) 3月 25日(月)08時37分12秒
映画を見て、原題の意味がわかりました。トロの行動が痛々しかったです。まだ幼い子供だったから余計見ていて辛かったです。
★★
From: かずこ(NO MAIL) 3月 24日(日)18時35分01秒
私もYoshiさんの意見と同じです。ハーレー君はできれば洗礼など受けたくないわけですから、神父はその心を守ってくれたのだと思います。
★★★★
From: ヒーロ(NO MAIL) 3月 23日(土)20時24分05秒
昨年末に試写会で見たのですが、心に残っていたので投稿します。戦争とは無縁にしか見えない美しい自然があふれる村まで戦争の中にあって、その中で子供たちが遊んでいた様が印象に残っています。主人公のハーレー君よりもトロの方が印象的でした。戦争が人々に色々と生活や考え方等影響を与えていく中トロが最後まで純真で心に残り、非常に重たかったです。
★★★
From: Yoshi(NO MAIL) 3月 21日(木)23時18分57秒
神父はハーレーがユダヤだということを知っていた。だからハーレーのために神聖ではない切れ端を与えて、周りからは洗礼をうけているように見せて本当は洗礼をうけていないということなのではないでしょうか?俺はそう理解したのですが・・・。どなたか違う意見が合ったら教えて下さい!
★★★★
From: ピー子(NO MAIL) 3月 20日(水)23時23分32秒
トロの狂気に何故か共感した、いや安心だろうか・・・。―う〜んトロの無垢に責めるようなあの瞳がつらかッたなぁ〜(>_<)ところで、トロの兄、けっこう惹かれました。最初は、なんて暴力的なんだろうムムッやなやつと感じてたんですが、ラストにつれてまなざしがいい!!COOL☆リバーフェ二ックスの目に似てた。おっと・・・話を映画にもどして、私が心に残るシーンは、勇気を試すような‘汽車’を見に行くシーンです。主人公たちは子供なんだ、ともろに感じたシーンでもあります。でも‘汽車’を見に行く行為は勇気と好奇心だけなのか。何が何でも生き延びるてやる、という象徴で見に行ってたのでしょうかね。???そして・・・解釈の仕方がいろいろ出ているトロの例のシーンですが、私は神父さんがハーレーくんだけにあのパン切れ端を口に入れたコトが気になっています。深い意味(メッセージ)を感じたんですが・・・何がいいたいのか上手くつかめませんでした。みなさんはどう感じましたか????☆☆☆見た人はぜひ!意見をお聞かせ下さい☆☆☆ところで、あの神父はすこし攻撃的でしたね。一緒に見ていた友達は「実は神父は悪役なんじゃないか!?」とハラハラしながら見ていたそうです。そう思わせるふしは確かにありましたよ(*o*)私もハーレーくんにぴしゃりと現実を言い放ち、時たまみせた恐いまなざしが気になりました。例えば、マリアに忠告するシーンとか。未だに神父なぞ。話が変わりますが、☆が一つ足りないのはラストのシーンが気に入らないからです!!!なんだなんだハーレーくんも確実に変わったのに!!あるいみ狂気めいたもの感じてもいいくらい変わった。生き延びるために・・・なのにラストのトロに対するコメントは何!?納得できません。両親のときはあんなに感情炸裂だったのに。それとも主人公の無機質さに狂気を感じさせる巧妙なシーンだったんでしょうか。
★★★
From: ピピピン(NO MAIL) 3月 19日(火)22時05分29秒
うーん、考えさせられる映画だった。2+2=を4と答えてはいけない時代の重苦しい空気が伝わってきた。戦争下で生きていたら自分の精神状態を正常に保つなんて難しいし、ましてや影響を受けやすい小さな子供なんてショックが大きかっただろう。この映画はそんなあやふやな子供のもろい精神状態を描いた映画のように思えた。小さな子供であっても聖書を信じ自分とイエスを重ね合わせ狂気に走るその姿は宗教を海外の人々のように持たない日本人には理解しがたいのではないかな?わたしには難しかった。下の方々がコメントしてるが、最後の場面わたしはトロが自分の犠牲の下にみんなを救おうとしたとはおもえなかった。人を失うの悲しみ、”汽車”での出来事を目の当たりにして、生きるよりもユダヤ人となって神に近づきたかったのではないかと感じた。なので救えなかった神父を責める場面や最後のシーンは子供もガラスのような精神のもろさを見せ付けられたようで疲れてしまった。また、何で日本の題名が「ぼくの神様」なのかなーって思った。edges of the loadだと、そのまま「精神的にきたしちゃった子供」って直接的だから??それにしても子供達の表情の一つ一つがぐっと胸にせまってきてとても演技とは思えなかった。
★★
From: るる(NO MAIL) 3月 18日(月)21時30分20秒
題名の意味を考えると重い作品で考えさせられます。少年の表情が焼きつきます。演技とは思えません。ただ映画としては色々つめこみすぎてエピソードの寄せ集めのような感じがしました。人物描写も中途半端で描ききれていないようです。本では、よりまとまっていて私は好きでした。
★★★★
From: REINA(NO MAIL) 3月 15日(金)15時46分47秒
とっても悲しいとゆうか可哀相というか見終わった後は、沈んだ気持ちになりました。でも、内容は全然あきることなく見ることができました。リアムくんがハーレイくん達を「知らない」って言ったところは涙がいっぱいでてきちゃった!今でも思い出すとないちゃいます。あんなに小さい男の子が「自分が犠牲になれば、みんなが助かる、幸せになる」なんて事を知ってるなんてちょっと悲しいですよね。今の時代は「自分が良ければそれでいい」っていう他人のことを考えない人が多いと思います。実際、私もそういう所があります。「自分が犠牲になる」ということは、とても勇気がいることだと思います。そんな勇気が持てる人間になりたと思いました。
★★★★
From: *nana*(NO MAIL) 3月 7日(木)00時40分39秒
なんて重い映画だったんでしょう。。。見終わった後、胸がドーンと重くなっていろいろ考えさせられました。。。今は平和だから、子供が子供でいられるけどあんな風な哀しい時代だと、子供も子供じゃいられないんだなって。。。。この映画の舞台は「みんなの幸せのために自分が犠牲になる」なんて考えを子供が持ってしまう哀しい時代でした。ハーレイ君も見事な演技でしたが、それよりも目を引いたのが、リアム・ヘスくん。最年少なのに、ハーレイくんに負けないほどの存在感がありました。ラストの汽車のシーンは、本当に泣けました。でもちょっと哀しすぎるので、★は4こ。