ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ

満 足 度
86.9%
回答者数42



★★★★★
From: mie(NO MAIL) 6月 8日(土)00時09分26秒
音楽がとってもよかった。サントラ買ってしまいました。哀愁漂っているとこともあったり、元気になれる力もあったり…。アニメの所がやたらグッときました。ミュージカル風な作品嫌いって毛嫌いしていた友人もはまってました。是非ミュージカルの方も見てみたいものです。
★★★★
From: MZ(NO MAIL) 5月 19日(日)23時29分16秒
音楽がサイコー!ヘドウィグの純粋さ、そこから絞り出される魂の叫びに心打たれました!男とか女とか、ノーマルとかアブノーマルとか、そんなんじゃ計りしれない。人はやっぱり、最終的にはハートですわ。
★★★★
From: ギッチョ(NO MAIL) 5月 6日(月)01時56分39秒
はっきり言ってかなり面白かったですし、映画ファンならお薦めの映画です。コメディ描写が多かった(グミのエピソードは爆笑するところじゃないのか?)のですが、これが逆に僕の反応にストップをかけてしまいました。
★★★★
From: まきまき(NO MAIL) 5月 4日(土)23時59分10秒
人を愛するたびに、本当の自分をさらけ出すたびにヘドウィグは傷ついていくのだけれど、ヘドウィグの愛し方は常に純粋で、まっすぐで。なんてかっこいい人だろうと思いました。変な自分を好くとか嫌うとかじゃなくてただ、世間と調和し得ない今ある“自分自身”を抱えて心を許せる場所を、人を、探してるように見えました。なんて惨めな、悲しいことだろうーって思ったけどその傷がある故に、どれだけヘドウィグが輝いてたか!音楽も、演技も、とてもよかったです♪
★★★★★
From: よしこ(NO MAIL) 4月 30日(火)16時20分56秒
本当に最高だ!!久々に最高だ〜!!!って言いきれる映画に出会えた♪2回観たけどもっと観たい!!!サントラも本当に最高で切なくてなんか観る度にグッとくるし、大好き☆
★★★★★
From: ウェルズ(NO MAIL) 4月 28日(日)01時34分01秒
ヘドウィグが最高に素晴らしかったです。作品をパクられて黙っていない姿勢が好きです。魂のロックンロール、こんな映画に言葉はいらない。
★★★
From: えんりけ(NO MAIL) 4月 26日(金)21時04分20秒
同じシネマライズだしベルベットゴールドマインを思い出してしまった。とても似ている。そう思った人はいないかな???新聞の使い方とか、二人の関係とか。この映画を好きな人は、ベルベットゴールドマインも絶対に好きになると思う。ぜひ見て欲しい!!!サントラ最高!!!
★★★★★
From: わた(NO MAIL) 4月 25日(木)22時37分46秒
今、サントラを聞きながら書き込ませていただいております。ほんとうに、この音楽あっての映画!この映画あっての音楽!ですね。音楽(歌)と映像と主人公の心情が、こんなにもピッタリと貼りついた映画を見たのは、初めてかもしれません。ウィッグ、メイク、ドレス・・・壊れかけた自分を覆い隠してくれる大切な宝物。それで全てを隠したつもりでも、その心は、歌声となって溢れ出す。ずっと探している。ずっと求めている。でも・・・空回りばかり。くるくる廻って、そんな自分が余りに滑稽で、全てを脱ぎ捨ててしまったら。そこに、ずっと探していた、彼の歌があった。そんなサマを こんなにも衝撃的に、コミカルに、そして切なさをもって描きだせるなんて。あんまりステキで、なんだか涙が溢れてしまいます。私もどうやらこの映画が、私的2002年ベストワンに輝きそうな。そんな嬉しい予感がします(笑)。
★★★★★
From: *nana*(NO MAIL) 4月 25日(木)00時19分50秒
2回目行ってきました。やっぱりすごくいいっ!サントラも買って、毎朝聞いてます。それにしても、イツハクがせつない。。。ラストの、ウィッグをヘドウィグが渡すシーンはほんとに切ないです。。。
★★★★★
From: nao(NO MAIL) 4月 22日(月)23時43分45秒
先週月曜日に見に行ったのに鮮明によみがえってきます。見たときはあのパワフルさに圧倒さてましたが、ふつふつと心にガツンガツン当たってくるんですよね。映画館でサントラ買うべきでした。久しぶりのイイ映画に出会ってよかったぁ。オフ・ブロードウェイ見に行ってみたかったなぁ。
★★★★
From: たかっぱ(NO MAIL) 4月 21日(日)00時54分20秒
そうかぁ。やっぱサントラ買うべきだったかぁ。身長2メートルさんの言うとおり歌詞がメッセージでストーリーなんですよね。それでいてミュージカルとはまた違うんだよなぁ。キャメロン・ミッチェル最高やったね。
★★★★★
From: 身長2メートル(NO MAIL) 4月 20日(土)12時58分10秒
デヴィッド・ボウイ、ルー・リード、イギー・ポップあたりのグラムロックやアングラガレージパンクって、僕にとっては血・骨・肉なんですよね。でも同じマインドの人が創った映画って今までロクなもんが無かったんですよ。そんなワケでこの作品は待ってました言いたくなるくらい最高の出来でした!歌詞がメッセージでありストーリーなんですね。全曲フルコーラス演奏だけど全くダレることなく、もっと観たい・聴きたいと思わせるのは大したもんです。ストーリー・曲・衣装・メイク・アニメーション、どれをとってもセンスが漲っている。キャメロン・ミッチェルが次に何をやるのか今から楽しみです。(梅田ガーデンシネマもとても良い劇場でした)皆さん、サントラを買いましょう。気に入ったら、バックボーンにもハマって行きましょう。ボウイ、T・REX、ヴェルヴェッド・アンダーグラウンド、ニューヨーク・ドールズのCDを買ってワイルドサイドを歩きましょう!
★★★★
From: HHH(NO MAIL) 4月 16日(火)22時03分01秒
もともとミュージカルは苦手なのですが(だったら見るなよ!)曲の格好よさに圧倒されて最後まで楽しめました。で、帰りに早速サントラを購入しようと大型輸入レコード店へ行ったのですが国内盤しかありません。2件まわったのですが、やはり輸入盤はありませんでした。まさか存在しないのでしょうか?国内盤は高いし(ポストカードなんていらないからもうちょっと安くしてくれ)出勤前にangry inchを聞くと一日仕事に燃えそう。
★★★★★
From: TEN(NO MAIL) 4月 15日(月)15時00分09秒
予告編を観てパンクミュージック調のメッセージが押しつけがましい映画かと思いこんでいたら、いい意味で裏切られた。(予告編にはバラード調の曲も入れておくべきだったと思う。全編怒りに満ちあふれた攻撃的な映画だと思いこんでいた。巷の評判がよかったから見逃さずにすんだけど・・・)テーマもジェンダーやホモセクシュアルへの偏見についてなのかと思ってたら、ホモにもヘテロもに普遍的に通用する“愛や人生について考える”映画だった。もっとたくさんの人に観てもらいたい映画。(ロック嫌いの人はさすがにダメでしょうけど)私はミュージカル好きなので嬉しい出来。舞台での役者が実際に演じていることもあって何より歌にパワーがある。(この点「ムーラン・ルージュ!」よりミュージカルとしては優れていると思う)音楽もロック調だが基本的には非常に古典的なミュージカルスタイルを踏襲している。また台詞のはしばしに知的なユーモアがあって腹がよじれるほど笑わせてくれる。オフブロードウェイにしてはかなりのロングランだったのこと、これは是非舞台でも観たかった。舞台を観ていないので断言はできないが、舞台の世界を大事にしつつも映画らしい文脈にうまく作り替えられていたと思う。“単なるミュージカルの映画化“を超えて1つの映画作品としてもよい出来になっていたと思った。ただ惜しむべきはトミー役のキャスティングだ。カリスマ性があるように見えないうえ、歌唱力が足りない。そこそこは巧いけど、ミュージカル最大の盛り上がり部分を任せられるほどの強烈な歌唱力ではない。ラスト近くの歌は舞台の通りヘドウィグが2役を演じて歌った方が良かったのではないか。正直トミーの歌の部分、少し冷めてしまった。彼の分の減点は大きいのだが星4つにしておくと最近星4つつけてしまった他の映画との差別化ができないので、ちょっとおまけで5つに格上げしときます。・・・千円の日にもう一度観に行きたい。
★★★★
From: 摩耶(NO MAIL) 4月 11日(木)11時28分21秒
まず、歌が素晴らしくよかった!歌詞・曲ともに心にガツンと来るよう。そしてイラストもナイスだ!ヘドウィグの圧倒的な存在感。満席で立ち見だったが、疲れを感じさせないぐらい集中して観た。 怒り、悲しみ、寂しさ、全てを包み込んで歌い続けるヘドウィグがもうたまらんなって感じだ。あのお化粧はちょっと引くけれども。
★★★★★
From: monmin(NO MAIL) 4月 8日(月)16時15分38秒
なんだろう。映画でここまで私の全神経をワサワサと揺るがしたものははネバーエンディングストーリー以来かな。。大人なのに子供であり男なのに女であり産まれた土地は一つなのに一つではなく・・かっこよくもかっこ悪くもなく綺麗でも不細工でもない・・ナチュラル。
★★★★
From: あおい(NO MAIL) 4月 6日(土)21時47分20秒
音楽、台詞ともに心揺さぶられた映画。全ての人が自分の片割れを捜し求めながら生きている。そう叫んでいる。けれど、劇中に何度も流れる「愛の起源」を聴き、ストーリーを追いかけるにつれて、最後にはこう思ったのだ。「もう一人の自分は、自分の内に潜んでいるのではないか」かと。もちろん、へドウィグの純粋に愛を求める姿には、物凄いパワーを感じる。自分の性がマイノリティーに属している彼女がそうあればあれほど、女性として生きる自分は果たしてそうあれるか? そんな思いも湧き上がってくる。人は愛し愛される誰かを捜し求める。だが、それが過去に引き裂かれたもう一人の自分かどうかはわからない。きっとそう「感じられるのは」自分がこの世を去るときなんじゃないだろうか。
★★★★★
From: まゆみ(NO MAIL) 4月 6日(土)13時07分27秒
だいぶ前に観たんですが、もう一度観に行こうかと思ってます。曲もよかったので、サントラほしい!倒錯的な仕掛けもありますが、内容はパワフルでストレートかつ純粋。細かい部分での説得力もわりとある、ロック・ミュージカルでした。
★★★★
From: あき(NO MAIL) 4月 5日(金)12時59分10秒
単なるオカマの映画だと思って,面白半分で観に行った私がバカでした!もう,奥が深いのなんのって,,,!!遊び半分で観ちゃいけないですね,これは.台詞よりも,音楽(歌)でストーリーを表現(構成)してたと思う.歌が,歌詞が素晴らしい.感動した.もっと,大人になったらまた観たい.きっと,今とは違う観方をするだろうから,,,,!!
★★★★★
From: すきこ。(NO MAIL) 4月 5日(金)09時02分40秒
いやー、凄かった!見に行ったのが数日前なのに、今だにメロディが回り続けています。歌詞も凄く印象に残った。「愛の起源」の詞は分かりやすくて、凄くジンときた!切なくて、可愛い映画でした。
★★★
From: さっしー(NO MAIL) 4月 4日(木)17時32分18秒
うーん、評判の高さに期待しすぎたのか、そんなにピンとこなかったんだけど。映画というより、映像・音楽・ドラマ・絵画(アニメ)こみのアートという感じ。そうしたものを作るパワーにはたしかに脱帽ですが、なんかこれならライブとかを体験してるのとそんなに変わらないじゃないのかな?なんて逆に感じてしまったのが乗れなかった原因?つまりなんかライブの部分を見ればいいのか、ドラマの部分を見ればいいのかの見方みたいなのがつかめなかったということなんだけど。
★★★
From: purplefield(NO MAIL) 4月 4日(木)10時43分13秒
音楽とジョン・キャメロン・ミッチェルのステージでのロッカーぶり、踊り、はよかったけど、それをつなぐストーリーにちょっと無理がありすぎたかな。突然はさまれるアニメとか、カラオケ風に歌詞が出て「みなさんご一緒に」って「カタクリ家の幸福」がパクったのか(笑)
★★★★★
From: 朱都(NO MAIL) 4月 3日(水)23時47分29秒
まだ興奮さめやらぬ状態です。上映期間中、何度観に行くかもしれません。‘TEAR ME DOWN’‘ORIGIN OF LOVE’‘ANGRY INCH’‘WIG IN A BOX’‘MIDNIGHT RADIO’…どれも美しく響き、いつまでも心に残りました。でも一番、印象的だったのはウィッグも衣装も脱ぎ棄てたヘドウィグにトミーが歌い掛ける‘WICKED LITTLE TOWN’です。You think that LuckHas left you there.But maybe there's nothingUp in the sky but air.And there's no mystical design,No cosmic lover preassigned.There's nothing you can findthat cannot be found.'Cause, with all the changesyou've been through,It seems the stranger's always you,Alone again in some newWicked little town.孤独で傷に塗れていても、ありのままでいい・・・それだけで充分だ、それがこころに沁みて来てだからこそ、この後で流れる‘MIDNIGHT RADIO’が一層、胸に迫りました。せつないだけでなく、突き抜けるような清々しさが込み上げる映画です。自分の中では早くも今年のベストワンになりました。先入観に捕われることなく、ひとりでも多くの人に触れてほしい映画です。
★★★★★
From: にゃごぞう(NO MAIL) 4月 3日(水)22時04分46秒
すんばらしい!!マドンナが舞台で歌われた曲の権利を欲しがったり、デヴィット・ボウイがグラミー賞受賞式をすっぽかして舞台を見に行ったのも納得。劇中歌われる曲はええ曲ばかりで、ライブシーンの迫力は凄まじく、胡散臭いほどにきらびやか。時には激しく、時には静かに心を揺さぶり、同じ曲でも歌う場面によって詞の伝わり方が違ってきました。映画の中で唄われる歌の歌詞にこれだけ心を揺さぶられたのは初めてでした。
★★★★★
From: チョント(NO MAIL) 4月 3日(水)21時30分10秒
見終わった後に心にじんわりと来る映画でした。今でもヘドウィグが最後に一人で歩いていった暗い道のシーンが忘れられません。あの後ヘドウィグはどんな人生を歩むのかな・・・と考えると切なくなります。普段サントラは買おうとは思わない方だけどこの映画に限っては是非欲しいな・・・って思いました。年間100本近くの映画を観ていますが、今まで見た中でもトップに近い作品だと思います。
★★★★★
From: ぴかりん(NO MAIL) 4月 1日(月)09時03分26秒
期待通り!とってもイイ映画でした。最初から最後まで音楽が流れ続けて、アッという間に終わっちゃった感じです。ストーリーも音楽(特に歌詞が良かった!)も大満足。衣装やメイク、ウイッグも見ていて楽しかったです。
★★★★★
From: MUTHU(NO MAIL) 3月 31日(日)03時07分46秒
観てよかったです。曲がいいですね〜。やっぱり私もサントラ買ってしまいました!
★★★★★
From: 4号(NO MAIL) 3月 30日(土)00時51分25秒
ghidさんが言うようにつっこみどころはありますがそれを補って音楽もよければジョン・キャメロン・ミッチェルの演技もいいです。こういうのは映画館で見ないと損ですよ!
★★
From: ghid(NO MAIL) 3月 23日(土)00時55分15秒
曲はよかったです、曲は。特に「MIDNIGHT RADIO」。サントラ買っちゃいました。でも映画としては「???」って感じでした。ツッコミどころが多すぎた。平均点を下げるようで申しわけないけど★2つです。
★★★★★
From: あきこ(NO MAIL) 3月 22日(金)12時28分01秒
あいもんさん・・・。私もサントラ買っちゃいました!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
★★★★
From: アクビ(NO MAIL) 3月 19日(火)01時37分11秒
良かったです!切なくて、悲しくて、可笑しくて、可愛い、怒りと渇望と剥き出しのハート、そんな魂の映画でした。私も速攻でサントラ買っちゃった。アニメーションが実に効果的に使かわれていて、シルバスタインの[僕を探しに」を思い出してしまった。J.C.ミッチェル=バンザイ!!
★★★★★
From: あいもん(NO MAIL) 3月 14日(木)09時09分33秒
良かった・・・。サントラ買っちゃいました!!!!!
★★★★
From: K.(NO MAIL) 3月 12日(火)01時02分22秒
 あら、自分勘違いしてたみたいです・・・。インタビューで「女装して演技するのははじめは抵抗があった」とか言ってたから、うっかり勘違いしてしまいました。ご指摘どうもです。
★★★★★
From: たけし(NO MAIL) 3月 12日(火)00時06分39秒
久々に文句なしの映画でした。音楽がとにかくかっこいい。サラダバーの後ろで演奏するところが切なかったです。いやあ、もう最高。
★★★★★
From: D(NO MAIL) 3月 11日(月)21時54分05秒
うーん、俺もへドウィグみたいにつらいことがあっても明るく強く生きたいものだ。彼女(彼?)は自分が悲惨な目に会ったも決してくじけないし、泣かない。明るく振舞い歌う。こんな強い人になれたらいいな。↓のひとジョン・キャメロン・ミッチェルはゲイだっていろんな雑誌で公言してたでしょうが。
★★★
From: K.(NO MAIL) 3月 11日(月)04時14分34秒
 Tear Me Downというかなりノリの良い曲から始まり、熱い魂を感じそうな予兆を感じた。前半の語り口が非常に好きだ。自身のロック音楽に乗せて、主人公ヘドウィグの波乱万丈の半生を語っていく。激動の時代の東ドイツに生まれた子供時代から、ロックンロールとの触れ合い、アメリカに渡って来た理由、怒りの1インチについて、とどれもそれぞれユーモアとその時代背景も交えつつ、面白みのあるエピソードが語られていた。  それと同時進行で、曲を盗まれてロックスターにのし上がったヘドウィグの元恋人トミーを追いかける全国ツアーも進行。次第に彼との触れ合いも語られていき、話の中心もその方向へ。終盤になると、それに関した愛の物語の色が強いのだが、二人についての描写の希薄さが多少気になるため、前半に比べてあまり気分が乗ってこなかった。泣かせドラマの方向へ走ったようにも見えたのが残念な点。ラストこそ音楽でうまく盛り上げてはいるが・・・。前半のテンションが良かっただけに、もう少し映画自体のパワーを感じさせて欲しかった。  監督・脚本・主演をこなした、ジョン・キャメロン・ミッチェルだが、この映画の中での彼の存在感は強烈だ。実際の彼自身は同性愛者ではないようだが、完全にヘドウィグになりきっていた。映画のテーマ的曲である、The Origin Of Loveも何度も映画内で使われ、素直に良い曲だと感じた。歌詞のアイデアが気に入った。実際、後半の物語よりも、この歌詞の方が印象深かったりもする。  嫌いな映画じゃないが、もう一押し!とは言いつつも、レコード店でちゃっかりサントラは試聴しちゃったりしちゃいました。
★★★★★
From: ピピピン(NO MAIL) 3月 09日(土) 01時11分
切なくそしてすごいおもしろかった。曲と絵がホントあっていて「愛の起源」の表現の所など分かりやすく心にすーーーって入って映画にのめり込んでいった。片割れを探していたヘドウィグが最後一人歩いていた暗い道のシーン、すごく切なかった。彼は結局アメリカや音楽での自分のいる場所は見つけることが出来たけど愛の起源で言う「片割れ」は失ったままではないのかな?ジョン・キャメロン・ミッシェルはものすごくきれいだった。とくにトミーとのキスシーンの辺りなんてすっごいドキドキしてしまった。マイアミ5のクレイジーな役でも思議さはでてたけど、こんなにパワフルな俳優だったなんて、ビックリ。
★★★★★
From: マリオ(NO MAIL) 3月 05日(火) 01時45分
いい映画でしたね。オフ・ブロードウエーに2年半ぐらいかかってた舞台の映画化なんですね。舞台も見てみたくなりました。それにしても、脚本・監督・主演をしちゃう「ヘドウィグ」にはほんと脱帽です。歌はロック歌手なみだし、体はバレリーナ並みだし。(笑)お洋服も可愛かった、全部で41点らしい。黄色いかぶりものは、「ヘドヘッド」っていうらしいですよ。熱狂的な舞台ファンがかぶっていたものらしい。映画の中に出てくる、ほんの一部の人も本物のヘドヘッドらしいです。
★★★★
From: ケンケン(NO MAIL) 3月 04日(月) 23時43分
 曲が良いですね。それから挿入されるイラストも映画のイメージにドンピシャ!「愛の起源」のような歌詞って、日本ではなかなか発想がつきませんね。「いざなぎ、いざなみの尊がどうとか、天照大神がどうとか」って言ったら、何だか滑稽ですもんね。 観ていて、ずっとずっとヘドウィッグの夫イツハクが気になって気になって仕方がなかったのですが、最後のシーンで「うーんそうだったのか」と変に感心してしまいました。なかなか彼はステキでしたよ。 初日に行ったら、例の黄色いかぶりものが列に並んでいる何人もに手渡されて写真など撮られていました。情報誌か何かだろうか?まさか自分に手渡されることはないだろうとは思っても、つい背を向けてしまいました。「あなおそろし」
★★★★★
From: iwako(NO MAIL) 2月 27日(水) 12時53分
音楽が良かったですね。「愛の起源」を歌った歌は「オリジン・オブ・ラブ」という題だそうですが、この内容は以前に仁川高丸さんの小説の中にも引用されていて、その時は仁川さんのオリジナルと思ったのですが、元々はプラトンの著作にある話らしいです。「愛の起源」の歌詞は素敵ですよね。自分の片割れをさがしている。最初のナンバー「打ち壊せ」も好きです。どちらの陣営でもない境界に立つ者としての自己認識がクールです。ヘドウィグが中心になるのは当然ですが、夫のイツハクの存在もほんと影ながら優しい。この人はきっとヘドウィグ以上に泣いたのでしょう。人が〈〈 の形に寄添うのってやすらげていいですね。後から背中にひっつくのもいいし、背中にひっついてもらうのもね。
★★★★★
From: *nana*(NO MAIL) 2月 27日(水) 11時09分
なんというか、、、切ない映画でした。音楽は最高にかっこいいし、歌詞は心にきます。「愛の起源」を歌った歌(題名分らない)がとても良くてラストにあの曲が流れた時は、ちょっと泣けました。。。
★★★★★
From: c(NO MAIL) 2月25日(月) 22時51分
凄い映画だよ。みんな見て。サントラも最高!!