陽はまた昇る

満 足 度
76.8%
回答者数14



★★★★
From: けいすけ(NO MAIL) 7月 21日(日)10時07分43秒
最初、「プロジェクトX」の(って訳でもないか)"VHS開発秘話"が映画化されると聞いたとき、いかにも"便乗"している感じがして、観に行くことはないと思っていましたが・・予告編を見て印象がガラッと変わり、結局観に行ってしまいました(^_^)目標に向かって皆で突き進む姿は、やはり美しい。夢中になって仕事をしている人は幸せだと思いました。江口(緒形直人)が○○○の○○を○○○に○○シーンでは、ついに涙が目から流れてしまいました・・
★★★★★
From: はる(NO MAIL) 7月 14日(日)22時52分09秒
いい映画でした。終わったあと男性客が涙をぬぐってる姿が印象的でした。俳優陣が豪華でそれだけに演技に深みがあって良かったです。
★★★
From: 新テリー(NO MAIL) 7月 8日(月)17時27分55秒
予告編で、【最後のあれ】入れたのは多分、世界で初めて予告編にて観客総立ち・拍手喝采・感動の涙、涙を狙ったのではないでしょうか?この訳無くして入れた奴、相当の悪よのうー。ドラマには感動しましたが、β派の俺は素直には涙出来なかった。ソニーはビクターには負けっぱなしですよね。VHDに勝ったのはパイオニアだし。VHS−Cには8MMが勝ったけどすぐデジタルビデオが出てきたし。すみません、β派の愚痴になりました。
★★★★★
From: ガイエ(NO MAIL) 7月 6日(土)14時34分36秒
いやあ。感動した。真野響子が綺麗だった。妹より演技がうまい。細かいツッコミをいれれば、きりがないが当時の雰囲気を一生懸命だそうとしていて好感がもてる。役者が豪華であった。絶対観るべし。
★★
From: たーぼー(NO MAIL) 7月 5日(金)23時34分14秒
 日本の技術屋の感動系物語。演技的にはそれなりの作品だ。ただ、なんというか、違和感を感じた。個人的にはどうも展開や価値観に分かり切ったくささを感じてシンクロしきれない。昔の工夫のない邦画そのまんまの作りで、革新的な技術を追っている話なのに逆の感じだ。技術屋、関係者や、一世代前の同じ価値観を持った人にははまる作品であろう。
★★★★★
From: するめ(NO MAIL) 7月 2日(火)12時31分31秒
久しぶりにいい映画を見たなあという感じ。熱い人間がいたんですね、昔は。最近は結構クールな人が多くなってしまったので古きよき時代を懐かしみました。もう少し、人間的な上司が増えてもいいんじゃないのかな。
★★★★★
From: ひーろ(NO MAIL) 7月 1日(月)20時12分58秒
アニメ以外の日本映画では初めて(といっても本数見てないけど)泣けました。日本人に忘れているものを感じさせてくれました。西田さん最高です。
★★★★
From: MASA(NO MAIL) 6月 22日(土)21時21分45秒
時々ホロッとさせられたので、おまけして☆四つ。「KT」や「あさま山荘」と比べると、日本映画特有の臭みが抜けていない。まあ東映の映画としてはましな方だが。もともとプロジェクトXでこのエピソード見たからもういいやと思っていたのだが、サラリーマンを定年まで勤めた父に絶対見ろと言われて行った次第。現役の私は父ほど感動できなかっただろうけど、悪くはなかったな。この映画の予告編で、最後の「あれ」入れた奴、馬鹿じゃないの?ネタがばれてるから泣けなかったじゃないか。信じられないよ。あと緒方直人がやった役、あいつ調子よすぎ。彼と恋人のエピソードは不要です。しかし、真野響子の奥さんはよかったっす。
★★★★★
From: 映次郎(NO MAIL) 6月 21日(金)23時17分15秒
高校卒の僕には、ホワイトカラーに対する敵愾心をもつ工員の気持ちがよく分かるし、当時は給料も待遇も大きな差があったんだろう。リストラされかかった社員が事業部長の加賀谷(西田)に「高校出を虐めるのか」みたいなセリフがあって、彼曰く「僕も高校出だよ」と諌めるシーン。感動したな。是非、みんなに見てもらいたい名作である。
★★★
From: vv(NO MAIL) 6月 20日(木)23時53分38秒
この映画ってきっとジェネレーションギャップが激しいと思いますね。果たして若い世代にどのくらいアピールするか・・・すごく疑問。いい映画だとは思いますが少なくともラストは私でも引きました。
★★★★★
From: しずか(NO MAIL) 6月 17日(月)01時06分44秒
試写会に行った方に勧められて観ましたが、とてもいい映画でした。地味だけど、誠実な印象の作品ですね。心に残る台詞もいくつかあって、観終わった後もじわじわと感動しています。日本映画ってあまり話題になってない作品の方がいいものが多いですよね。こういう映画こそたくさんの人が見ればいいのに…と思ってしまいます。
★★★★★
From: きき(NO MAIL) 6月 17日(月)00時09分17秒
最高でした!人生つめば、分かってくることってありますよね。。
From: β(NO MAIL) 6月 16日(日)19時06分18秒
サイテ―。こんなのはビクター社員だけ見てればいい。過去の栄光にすがりすぎ。陽はまた沈んだ。
★★★★★
From: 夢さがしサラリーマン(NO MAIL) 6月 15日(土)19時41分46秒
 一番乗りは気が引けますが・・・ ストレートが映画ではありますが、最後まで集中して感動しながら見たので★5です。 主人公には西田敏行がぴったりで、しかも、うますぎなので、すぐ感情移入させられてしまいました。滲んでくる涙をぬぐいながら見ました。 当時、ベータがデファクトスタンダードになるだろうと予感した一人として、VHS誕生にあのような秘話があったとは感動ですし、同じサラリーマンとして、奮起の必要性を感じました。その前に夢を持たなくては。 実話をもとにしたフィクションとはいえ、仕事とは、開発とは、営業とは、組織とは、決断とは、夫婦とは、家族とは、などがわかりやすく収まっており、考えさせられました。 あのラストシーンは出来すぎと思い、帰りに本屋でプロジェクトXの本を見たら、形は違うけど実話なんですね。 ミスターVHS高野さんの人望を感じましたし、それを実行に移した人のウイットに富んだ高野さんへの熱い思いも素晴らしいと思いました。 少しでも、感動できるサラリーマン人生を送りたいと考えさせられたいい映画でした。 やっぱり夢だよなあ。それも自分にとっての・・・ (人の夢に便乗して道頓堀に飛び込むのも一つかも知れないけど・・・)