ピンポン

満 足 度
71.3%
回答者数149



★★★★★
From: まり(NO MAIL) 11月 2日(土)23時27分24秒
すごく面白かったです!観ているとスカッとした気分になってきましたvv最初は笑いながら見ていたけれど、最後の方は真剣にスクリーンに向かっている自分がいました。約2時間の上映時間があっという間に過ぎていってしまいました。
★★★★★
From: yumiko(NO MAIL) 11月 2日(土)05時10分21秒
原作ファンなので、頑なに観に行くのを拒んでいたのですが、もう上映が終了してしまうらしいのでピンポンを3回観たという同じく原作ファンだった友人に半ば強引に連れらていかれて、やっと観ました。ストーリーや設定は原作に忠実だけれど、作品の持つ肌触りは全然違っていた。でもそれは私にとっては、気持ちの良いものだったので、違和感を感じるというより新たな魅力として受け入れる事ができた。冒頭ではCGでしかありえないカメラワークを派手に見せ付け、その後の卓球シーンなどでは派手さよりもリアリティを重視して作られ、どれが実写でどれがCGなのかは見分けがつかない程の出来栄えに驚かされた。その辺りが技術畑のCG職人である監督の意地とこだわりが感じられて興味深かった。この監督が「ピンポン」を映画化した意味がきちんと伝わってきたので評価したいと思う。原作が既に完璧な世界観を持ってしまっている作品なだけに、どういう形で誰が映画化しても原作を超える事は無いと思う。でも、原作に対する愛情を持って監督、脚本、キャストが作り上げているのが伝わってきて嬉しくなった。漫画でしか表現できない事もあるけれど、映画だからこそ出来るという部分で上手くカバーしていたと思う。映画化発表当初、個人的に一番気がかりだったキャスティングも、結果的には完璧だったと思う。窪塚はペコだったし、ARATAはスマイルだった。ドラゴン、アクマも然り。特に窪塚洋介は、台詞回しはペコのイメージとは少し違う気もしたが、表情やしぐさはペコそのもの!!あのキャラクターになりきっていて感動。アクマ役の大倉孝二も良かった。この2人は漫画の中のいかにも漫画チックな個性的なキャラクターを上手く体現していた。漫画の中でもこの二人の関係がリアリティを感じて好きなのだが、映画も凄く良かった。ヒーロー、栄光、才能、天才、凡人、苦悩、葛藤、そして再生。漫画の中の大事なキーワードはこの映画の中できちんと描かれていたので大満足。映画館を出るとき、何だかとても気分が良かった。
★★★★
From: 南無(NO MAIL) 10月 28日(月)23時12分56秒
卓球というマイナーな題材でここまで惹きつける映像美とサウンドに関心。原作は読んでないが読みたくなった。ストーリーを求めないでただ純粋にスカッと見るとグーかも。
★★★
From: ムギ(NO MAIL) 10月 24日(木)16時28分31秒
こんなに原作漫画と絵柄や演出が同じでは監督・松本大洋だよ面しろかったけどチャイナのキャラをもっとたててやらないと全体に物足りない
★★★★
From: 仙ちゃん(NO MAIL) 10月 21日(月)00時35分20秒
その日一緒に行ったメンバーの投票で、この作品を観ました。私自身はまったく興味のない作品でしたが、面白かった!(人の意見も聞き入れてみるものです・・・)登場人物もストーリーも良かったし、映像と音楽が一体となって、爽快感とか浮遊感とかを感じさせてくれました。
★★★★
From: (NO MAIL) 10月 20日(日)02時48分51秒
原作を意識せずに見たほうが楽しめるし、これ単体で優れた青春映画になっていると思います。やや乱暴だが男版「がんばっていきまっしょい」的な爽やかさが素敵♪チャイナ、アクマ等の脇がしっかりしているのが勝因かな?
★★★★★
From: マリオ(NO MAIL) 10月 18日(金)23時36分54秒
面白かったです。普段は、邦画はほとんどみないのですが、邦画もいいですね。CG映画でもないし、スポコン映画でもないし、友情でも青春でもないっす・・・(笑)夏樹→窪塚←→アラタ←竹中 の一言ではいえないけど、切ない愛情が心に染みるようなお話でしたよん。
★★★★★
From: イタチ(NO MAIL) 10月 18日(金)21時05分06秒
今年の1等賞!
★★★★
From: 金ちゃん(NO MAIL) 10月 16日(水)15時26分49秒
とにかく、サイコー!!!なんといっても竹中直人と夏木マリが脇役ながらいい味を出している。もう一度観たい!!!
★★★★★
From: ゆっきー(NO MAIL) 10月 15日(火)19時01分04秒
一人一人のキャラがとてもいい。のめりこむようにみました。コメディかと思ってたけど、シリアスな場面が多くて、でもしめっぽくならずに明るいという不思議な映画。見終わった後にとっても元気になれるパワフルさを感じました!いい映画を見たなあ。
From: なな(NO MAIL) 10月 14日(月)11時00分08秒
 うーん まったく感情移入してみることができませんでした。全部センス、で作られている感じがしてげんなり。スーパーカー以外は音楽もダサくってちょっとびっくりしました。おしゃれな映画なのは分かるけど もっと気持ちの入った映画が見たいと思ってしまいました。好き好きの問題でしょうけどね。
★★★★★
From: チバック(MAIL) 10月 12日(土)00時51分00秒
出演者がみんな生き生きしている。だから人生が楽しくなる映画です。
★★★★★
From: コナ(NO MAIL) 10月 11日(金)09時26分05秒
いいじゃないですか、これ。最初ペコが川に飛び込むシーンで、テクノ調の音楽が流れたとき、鳥肌たちました。あとはラストまで、ずーっと楽しめました。センスのいい映画です。ホント。
★★★★
From: カガミ(NO MAIL) 10月 7日(月)01時41分32秒
理屈抜きで楽しめる、ポップな青春映画!!それぞれのキャラクターに自分を投影でき、どの視点でも楽しめる(誰を主役としても見れる)つくりになっているところが面白いとうか、新鮮だった。ペコ、スマイルを含む5人の主要キャラクターそれぞれが絡み合い、その微妙な関係性がのバランスが崩れる事によって、物語が転がり出していく展開も、モノローグやナレーションなどをほとんど使わずに上手く表現しているので、ストーリーに引き込まれ、グッとくるものがあった。実はとてつもなく人間臭い物語なんだよな。でも説教臭くなくてすんなり受け止められる理由は何なんだろう?熱い青春物語なのに汗臭くなく野暮ったくない。感動の押し売り的な匂いも全然無いのがまた良い。その要因として、とびきりポップなヒーロー、ペコの存在が大きいのだろう。一見ワガママで変なヤツだけど、誰よりもシンプルな思考の彼には無駄が無い。本能のまま生きられる彼がテッペンを獲るわけだ。確かに彼には敵わないよな〜と。演じた窪塚洋介もそのキャラクターに合っていたと思う。新しいヒーローの形、新しい青春映画の形を見せてくれた気がする。自分は20代後半だけど、年齢性別問わず楽しめる作品だと思う。でも男の方が実は楽しめるんじゃないかな?原作を読んだら更にそういう気がした。
★★★★★
From: しばいぬ(NO MAIL) 10月 6日(日)23時44分17秒
平日の真昼間、仕事がたまたまお休みでぶらーっと観にいきました。原作も読まず(漫画は一切、なんにも読みませんが。)映画だけを、ただ映画だけを楽しみました。「原作とのギャップが・・・」とか、そんなことはクソにも気にせず観る事ができて幸せなぁと思ってます。男ひとりで見るのにいい映画だと思います。さっぱりした、気持ちのいい映画ですね。音楽もよかったし。
★★★★
From: A(NO MAIL) 10月 6日(日)01時37分18秒
友達に誘われてただなんとなく観に行っただけだったし、窪塚洋介もなんかしゃべり方が嫌であまり好きではないので、正直言ってほとんど期待していなかった。ところがどっこい、かなり面白かったっ!どこどこの場面が面白いとか、卓球シーンがいいとかそういうところに留まらず、物語全体がまずよかった。すっごく素直に楽しめるし後味がとてもよい。観終わって素直に「あぁ〜面白かった!」そう言える感じで。それに登場人物全て脇役に至るまで個性的で魅力的に描かれていた。やっぱりどうしてもスマイルがよく見えてしまうのはARATAのなせる技だろうか。ARATAが主演しているデビュー作「ワンダフルライフ」もかなりいいのでピンポンを観てARATAの魅力にやられてしまった人は是非見て下さい。
★★
From: fa(NO MAIL) 10月 2日(水)11時37分04秒
原作ファンですが、正直言ってつまらなかった。原作のイメージとのギャップ(ぺコ、あれじゃただの変な人だ)があるのは仕方ないと思うけど、映画としても焦点がぼやけてて、なにがしたいの?と、終始頭の中は?でした。あと、原作であれだけかっこいいシーンがたくさんあるのに、映画ではバシッと決まったシーンが1つもないのが、不満というか不思議でした。率直な感想としては星1つですが、原作を先に読んでることを考慮して2つにしときます。
★★★
From: ましゃまろん(NO MAIL) 10月 1日(火)17時49分19秒
年寄りなもんで、原作の漫画もさしておもしろいとは思いませんでした。・・で、申しわけありませんが、映画も・・。ただ、だいたいこの手を映画化すると消化不良で終わるのだけど、実にうまくまとまってると思いました。後、音楽が良い。ピンポンのリズムに実にあっていた。窪塚くん。確かにぺこにぴったりだわ。でも、あのしゃべり。ちょっと飽きてきたかも。
★★★★
From: KABE(NO MAIL) 10月 1日(火)15時08分35秒
窪塚くんは、またあんな話し方のキャラかと、最初ひいたのですが、原作があったのですね。ずっとスマイルが主人公だと思っていました。(^^;1000円のつもりではいった映画館だったのに割引はありませんでしたが、正規料金を払ってもOK!でした。カラっとした感じがよかったです。
★★★★
From: ヨッシー(NO MAIL) 9月 30日(月)16時08分13秒
原作が好きなだけにあんまり期待していなかったけどよかった!!ARATAが素敵でした。あんまりコテコテのCGじゃなくってよかった。いや〜邦画もいいよねぇ。うんうん。
★★★★★
From: けいすけ(NO MAIL) 9月 28日(土)08時20分22秒
「ピンポン」、観て大正解でした!(原作は読んでないのですが)なにより、音楽とVFXの使い方にセンスを感じました。また、ポップな中にも、勝負の世界の厳しさのようなものが描かれてよかった。
★★★
From: ひまわり(NO MAIL) 9月 28日(土)07時16分08秒
正直、「まー、こんなもんだろー」って感じです。原作を読みましたが、映像にしても原作以上のものは得られなだろうっていうところかなー。唯一上手く表現されて他と思うのは、海王学園(名前あってる?)の練習シーンでみんながいっしょの動きをしているところ。あれは、さすがオールCGでなきゃムズカシイよなー。逆に、映像にして落ちた部分はドラゴンがトイレにこもるシーン。トイレの中にかかれているいたずら書きは、原作の方ではすごいインパクトがある。思わず全部を読みつぶしてしまうほどのもの。でも、映画のほうにそれはナシ。仕方ないんだけどねー、時間の制約上。あと、個人的にどーかと思うのが橋からペコが飛び降りるシーン。アレはただ単に、CGの技術力を見せ付けたかっただけにしか思えん。そもそも、海で対話や絡み合うシーンしかないはずなのに、なぜいきなり川なんだって思い、ストーリー上のまったくの意味のなさにびっくりしてしまった。それから、やっぱりスマイルが主役なんですよねー、私の中では。
★★★★★
From: YH(NO MAIL) 9月 28日(土)00時26分16秒
原作を読んでから観たのですがペコとドラゴンの試合のシーンは原作より迫力がありとても面白かったです。2回観ました。DVDが出たら買うと思います。お勧めです♪
★★★
From: 777(NO MAIL) 9月 27日(金)14時30分47秒
原作好きの方が評価が高いという珍しい映画ですね、これは。私は原作を知りませんが、登場人物のキャラクター自体は、古から描かれてきたスポ根マンガの登場人物とほとんど同じ。明るくがむしゃらな主人公とクールな天賦の才を持つ友人、君臨する達観したような強力ライバルに、狂言回しとなる挫折した男。でも、オーソドックスであるからこそ観客の胸を打つのも事実です。それに、オープニングの「マトリックス」風のシーンから最後まで、手抜きを感じさせない作りだったのも良かったです。男同士の友情とも愛情ともつかない繋がりも、また微妙に胸を熱くさせました。
★★★★
From: 無忌(NO MAIL) 9月 26日(木)15時05分25秒
松林サッカーのぱくりか?と思って見に行ったけどおもしろかった!漫画みたいなストーリー展開で久しぶりに楽しく見れた!
★★★★
From: GATA(NO MAIL) 9月 25日(水)21時57分32秒
松本大洋の主人公は、「ヒーローは越えられない」という観念が常にあると思いました。そしてスマイルのような奴は、きっとたくさんいるんだろうな〜?
★★★★★
From: sazanami(NO MAIL) 9月 24日(火)13時37分09秒
久々に素直に映画を楽しめた。
★★★
From: ギッチョ(NO MAIL) 9月 23日(月)18時52分09秒
面白かったです。最新型のスポ根青春映画でした。日本人ってこんなに魅力的な俳優(特に海王に)が多いのかと嬉しくなりました。ARATAって美男子は注目しておきます。音楽も卓球、ブンブン、スーパーカーなどと好きなのが多かったです。ただし欠点多すぎ、疑問に思う演出もありますし(汗の表現が漫画と同じ)、登場人物達は画面上ではめったに絡まず、脚本には突き抜ける面白さがありませんでした。特に試合会場のシーンになると突然粒子が粗くなるので不思議に思ってたら、パンフ読んで納得しました。フィルム・カメラとデジタル・カメラを併用しているようです。センスはあるのに技術が追いついていない珍しい事例ですね。
★★★★
From: ZERO(NO MAIL) 9月 23日(月)05時48分20秒
原作から入ったんだけど、映画は映画でなかなかの出来でそれなりに満足できた特に卓球のCGシーンは想像以上だった必要以上にデフォルメせず忠実に球の動きを再現している所が良かった。各キャラクターが漫画っぽくとても濃いので、卓球シーンまで「CG使ってます」という大袈裟な表現になると、原作の意図するテーマが見えづらくなるからだ。この映画に「少林サッカー」的な表現は必要無い。それをちゃんとこのCG畑の監督は理解しているのが嬉しいところ。キャストも主要5人が原作に忠実(見た目)に再現されているので、他の脇のキャストがいじられていてもさほど気にならないし、それは映画オリジナルとして許容できるのでは?あえて言うとするならば、スマイル。もうちょっとキレのある演技をして貰いたかった。表情やしぐさは割と良かったが、なんだかマイペースというよりボーっとした奴に見えてしまう所があった。他人とコミニュケーションが取れない不器用さ加減がいまひとつ伝わってこなかったような。(台詞的には、無神経な奴的な発言は多々あれど消化しきれていない感じ)他の人も言ってましたが「先に行くよ」いう重要な台詞が活きてこないのも、その辺に原因があるのでは無いかと思う。結構難しい役どころではあるけれど。橋の上でのアクマとペコのやりとりは簡潔にまとめられていて、良かったと思う。原作よりシンプルでアクマの「〜今よりちっとは楽になんだろ?」という台詞が効いてくる!二人の演技もいいので俺の中では映画でのベストシーンかな。大概の人間はアクマに感情移入するんだろう。そういう自分もその1人だけど(笑)
★★★★★
From: ぷり(NO MAIL) 9月 19日(木)16時28分19秒
あくまがよかった。結構原作に忠実だと思うんですが。。。まぁ原作があれだけ世界観をもってるので、これが限界でしょう。邦画をみなおした。
★★★★
From: ユタ(NO MAIL) 9月 18日(水)12時41分40秒
時折、やり過ぎ感があったけどけっこう良かったです。 二回観ましたが、二回目のほうが入り込めてちょっとキマした。音楽に助けられてると思います。
★★★★★
From: しゃりお(NO MAIL) 9月 17日(火)17時46分04秒
邦画を見直した!漫画も読みたくなったし。音楽で救われてるような気もしたけど十分おもしろいと思う。
★★★★
From: Jet_Mi(NO MAIL) 9月 17日(火)12時19分19秒
原作を知らないで観ました。帰りに本屋寄ったんで、原作も買って読破しました。私的には映画の方が面白かったですけど・・・どうでしょう?原作には、映画ほどドラゴンの存在感が、無かったような気がして・・・。
★★★★
From: as(NO MAIL) 9月 17日(火)09時35分52秒
青春をかんじた。
★★★★★
From: ピーチ・J(NO MAIL) 9月 17日(火)01時06分30秒
最高でした。原作が大好きで観に行きましたが、原作に劣らない秀作でした。特に、音楽。二見裕志のセンス爆裂!映像と音楽との間合いが絶妙でしたね。あえて難を言えば、竹中直人と夏木マリがちょっとくどすぎた。個人的には、関根潤三と樹木希林に演ってもらいたかった…(笑)。
★★★★★
From: ジョー(NO MAIL) 9月 17日(火)00時12分12秒
下のバタフライさんのビデオを待てみたいな意見はやめていただきたいですね。どんな映画だって人それぞれの意見があるわけですから。おもしろかった人(もちろん私も)に対して失礼です。
★★★
From: よしを(NO MAIL) 9月 16日(月)23時05分53秒
ちょっと期待はずれだったかも。映画を見る前に漫画を読んで、作者の世界観を持って見たので、やっぱどうしても総集編なイメージがぬぐえないです。それともう一つ、どうも窪塚の役が鼻につきます。ドラマや他の映画でも変わらない同じようなダルそ〜な演技で、どうもペコ役が合ってない。ペコってこんなやつだったかな?と?だらけで見てました。作者が最初に配役を聞いたときにスマイル役なんだと思ってたぐらいですから。他のキャスティングは見事。アクマ役の人は最高。漫画から飛び出してきてます。スーパーカーが良かったので、★1個オマケです。
From: バタフライ(NO MAIL) 9月 15日(日)23時34分03秒
見る前は、確かに期待はしていませんでしたが予想を上回るほどの駄作でした。こんな事は模倣犯いらいです。一番に何をこの作品で言いたかったか、全然伝わってきませんでした。所々に笑いのような物を混ぜていましたが誰もが予想できるほど無駄なわらいでした。ヒーロー、ヒーロー言っていましたが、いたのかどうかさっぱりです。ま〜もともとあの役は窪塚にはあってません。彼のよさをだめにしてます。もしも、もしも、間違ってもこの作品を見たいと考えている人がいたらレンタルする事さえ金の無駄なので1年後のテレビ放映を待つことを勧めます
★★★★★
From: のり(NO MAIL) 9月 15日(日)20時54分42秒
原作は読んでなく、そのせいかラストのペコとドラゴンの試合の展開には、正直かなり驚かされた。ほかのスポーツものだったら、相手をただ負かして終わりというか・・。とてもとても、レベルの高いことをいっているのではないでしょうか??今の十代の子たちの心境には、どうなんだろう、卓球やスポーツや、一芸に秀でるということに限らず、共感できるところがあるんだろうか。「自分のために」「楽しむ」ということに対して、とても切ないくらいに真剣なんじゃないかなあ、ちょっと世代の差を感じてしまった。(うらやましさ半分)映画はだけどほんとに面白かった!スマイルが電車の窓から海見てるところが、何となく印象的でした。
★★★★
From: ボーンッ!in the USA(NO MAIL) 9月 15日(日)04時10分36秒
松本大洋ファンです。とにかく、原作が大好きって事もあって悩んだ末観にいきました。(ファンは結構複雑なものなのですよ)感想は…映画は原作を意識しつつも結果的には、別物と感じました。でも、それでも満足の行く出来だった。配役や脚本を原作と比べて〜云々などと考え出すと、キリが無いので、その辺を割り切って見れば充分に及第点だろうと思います。2時間で描き切るのは相当の苦労がいったと思いますね。脚本家を褒めたいところ。一つ気になった部分は一年の地区予選終了後、スマイルがペコに「ぼく…先に行くよ…」と言うシーン。ここは凄く凄く大事なところセリフ。なのに演技の問題か演出の問題か(多分、両方)そのままの意味にしか(「先に帰るよ」の意)聞こえないところです。微妙にシチュエーションも違うから難しかったとは思いますが「先に行く」という言葉(に込められた意味)がこの後の伏線になるわけですから、ココが弱いと伝わらないのでは?と思う。勿論、自分は原作を読んでいるから、わかっていたんですが。読んでない人には伝わらないな〜きっと。と感じました。脚本的にはあのシーンであのセリフを持って来たのは上手い!と唸らされた部分でもあっただけに、逆に裏目に出てしまっていたのがとにかく残念です。窪塚洋介が主演だからと言ってペコやスマイルだけにスポットを当てる構成にせずアクマやドラゴン、チャイナにもちゃんと物語を感じる事ができて良かった。原作同様、それぞれに共感できるようにという選択肢を与えてくれているのは嬉しいところでした。個人的には、アクマとペコのやりとりが印象的でした。「凡人にしか見えない風景…」あたりのくだりが特に。凡人が天才の背中を押すっていいなーと。このシーンは原作よりも良かったと思う。映画ならではの二人の間に流れる空気があって。あと原作者が何気なく出演している辺りも、嬉しかった。
★★★★
From: ASH(NO MAIL) 9月 14日(土)11時35分51秒
全体的に上手くまとまっててよかった。無駄がない感じ。
★★★
From: きん(NO MAIL) 9月 13日(金)00時31分41秒
★3.5ってとこでしょうか。映画行く前に原作ばっちり読み返しちゃったので、スクリーンを観ながらずーっと頭の中でストーリーを追ってました&比較。しちゃいかんとは思いながらも。つい。でもすごく原作に忠実に作ろうとしてると感じました。窪塚さんは想像通りペコはハマリ役。サム・リーかっこよかったな。アクマもよかったぞ!バタフライジョーは違う!!サントラになかなかハッピーにさせていただきました。
From: みたいなー(NO MAIL) 9月 12日(木)18時20分41秒
とちゅうでねるほどつまらなかった
★★★★
From: おっ(NO MAIL) 9月 12日(木)02時09分36秒
原作の漫画を読まずに観にいきました。楽しかったです。映画を観ながら漫画を読んでる感じのする作品でした。きっと原作読んだら映像とか音楽が浮かんでくるのでしょうか。キャラも立ってて引き込まれました。特にアクマよかったです。妙にかっこよかった。それぞれのキャラからメッセージ性を感じました。
★★★★
From: ブライ子(NO MAIL) 9月 11日(水)20時37分55秒
原作も知らず、期待もせず見ました。が!思ってた話と違って泣けたり唸ったり。良かった...。ペコとスマイルは無視(すみません)してアクマやドラゴンやチャイナがよかった。
★★★★★
From: まこ(NO MAIL) 9月 11日(水)17時42分06秒
いいっすね!邦画おもしろいっすよ最近。ペコとかスマイルよりアクマに感情移入しちゃってたけど。
★★★★
From: loop(NO MAIL) 9月 11日(水)04時04分43秒
松本大洋、宮藤官九郎のファンなので観に行った。他の人も書いているけど、クドカンもクドカンらしさを前面に押し出すことなく原作を活かしスパイス程度にしか自分の色を出していない事に好感が持てたし、それが正解だったと思う。主演の窪塚洋介も「俺が主演の映画だ!」っていう過剰な演技をするんじゃないか?という予想に反して、この作品でのペコの立場を(スマイルとのバランス)充分に理解した演技だったように思う。アノ役にリアリティを持たせるのは非常に難しいと思うので、(ペコが実写で動くとは漫画読んでいる時には、想像出来なかったし)健闘したのでは?アクマ役の大倉もあのキャラクターを上手く演じきっていて、感動。ペコとアクマの小競り合いのシーンが特に「お!漫画のシーンが実写に!」と興奮した。皆が原作の呪縛から逃れられなかったというのではなく、原作の素晴らしさを理解していたからこそ、あえて原作にとらわれたんだろう。新人監督ということもあってか、間の悪さとかが多少気になりもした。でも、だいぶ音楽に救われているかもしれない。原作を読んでいる限りCGやテクノ系(打ち込み)サウンドのようなデジタルな世界とは結びつかなかったのに、違和感無く融合されていたので驚いた。このデジタル感覚が映画独特のPOP感を生み出していて新鮮。結果的には、映画は映画としてオリジナルの魅力を放つ作品になったと思う。キャストに関しても結果オーライ!主要キャストから脇役まで(やっぱり大人計画はオイシイところ持っていくな〜(笑))良かったんじゃないかと。客層が思った以上にバラバラで少し驚いた。小・中学生や親子連れ、中年夫妻などもいたので、「ヒットしてるんだな…」と思った(笑)その人達の感想も聞いてみたいものだ。
★★★
From: DOB(NO MAIL) 9月 10日(火)03時22分29秒
原作は私のお気に入りの漫画の1つでとても期待していたのですが・・。期待し過ぎたのがいけなかったのかな。確かに原作には忠実なのですが、それ以上の面白みもなくて。窪塚くんのペコは予想通りって感じで、アクマ役の彼!なんて名前だっけな、あの俳優。彼が一番良かった。
★★★★★
From: ぽこ(NO MAIL) 9月 9日(月)22時19分34秒
邦画だしマンガも知らなかったからどんなかな〜と期待もしないで見に行きました。結果は大正解でしたね。ペコとか主要人物はまんが的なキャラってかんじがしたけど、原作のままなんだろうなーって思うとすんなりうけいれられました。CGバリバリかと思ったけど実際は違っておさえめでしたね。そこのところがよかったと思います。スマイルが笑ったところとか写真のところとかは不覚にもちょっと泣きそうになりました・・見に行ってよかったです。
★★★★
From: サクライ(NO MAIL) 9月 9日(月)05時58分28秒
松本大洋フリークな私にとって、大洋作品の相次ぐ映画化はとても複雑なものがありました。あの世界観を実写で表現できるのか?という不安が。「ま、文句言うのもまずは観てみてから」という位の気持ちで、期待せずに観に行ったのがかえって良かったのも。いい意味で原作に忠実。まずクドカン、いい仕事した!と評価したい。監督、出演者共に原作に対する愛が感じられた事が原作ファンとしては嬉しかった。クドカンがここまで原作に忠実な仕事をするのは珍しいのでは?5巻分のエピソードをここまで凝縮した技量には感服する。漫画の中の小ネタが(ペコの行動やスマイルと小泉のやりとり等)私的にとても好きだったのだが、その辺は結構省かれてしまっていて淋しい。(時間的な制約のため仕方無いのでしょうが)でも、クドカン・オリジナルの「ボーン・イン・ザ・USA」ネタには爆笑。ペコのキャラクターをよく理解してるなと感心した。そして、やっぱりそういう所は上手いなと。ただ、そのシーンで笑ってる人が少なかったのは淋しい。最初観た時に、ARATAはやはりハマリ役だと思った。逆に窪塚のペコは、見た目にはバッチリだけど、セリフ回しに違和感があった。ただ、よくよく冷静に考えてみるとスマイルは誰がやっても、やりやすいのかもしれないなと。ペコは一番難しい役だったと思う。完璧な漫画キャラだから。他に誰がやったら良かったか?と言っても思いあたら無いし、やっぱり窪塚で正解だったのだろうと。ペコの俺様で小生意気なクソガキでありながら、どこか憎めない愛らしさという雰囲気は、十分表現出来ていたし。原作に無かったシーンでペコが髪を切るシーンが映画的で印象に残った。あのシーンは好き。ドラゴンとペコの対決シーンは、映画独特の盛り上がりで凄く良かった。不覚にもちょっと泣けた(笑)ドラゴン(中村)はやはり存在感ある!で、結局原作に忠実でありながらも、映画として新たに生まれた「ピンポン」の世界がそこにあったという感じ。映画は映画で良い意味で軽くてマイルド。ラストのドイツでのペコのシーンのチープさとか文句のつけどころは多々あれど、全体的には概ね満足いく出来だった。個人的には「ウォーターボーイズ」よりも、断然こちらの方が青春映画としてのクオリティは高いと感じた。
★★★
From: ピンク(NO MAIL) 9月 7日(土)16時18分57秒
原作は読んでいませんが、おそらく原作ではそれぞれの人物のバック・グラウンドがもっと深く書かれていたのでは? それぞれの個性的な性格が、2時間という映画の枠で描き切れていないようで、少しもったいない気がしました。ドラマなら、もっと面白くできそうですよね。窪塚くんとARATAさんは、それなりに良かったと思います。っつーわけで、★3つ!
★★
From: ちきん(NO MAIL) 9月 6日(金)21時17分29秒
 三池の「漂流街」の方が面白かった。 窪ファンとメガネ君などビジュアルだけ見るべき。
★★
From: しんちょう(NO MAIL) 9月 5日(木)13時52分30秒
コミックのプロモーションビデオを観た感じ。良くも悪くも原作通りなんだけど映画として観る事は出来ません。サム・リーの扱いが酷い。
★★★★★
From: ナチ(NO MAIL) 9月 3日(火)21時22分17秒
2回見てきました。私の中では今年最高の映画でしたね。まだ見ていない人には本当にお勧めですね★ペコ&スマイルLOVE!!
★★
From: ロジャー・コーマン(NO MAIL) 9月 3日(火)18時49分58秒
卓球をしている時の映像はすごいと思った。しかも卓球を題材にした映画をはじめてみたのでその点では軽く感動したが、結局ただの娯楽映画になってしまっていたのでちょっとがっかりだった。
★★★★
From: 冒険者たち(NO MAIL) 9月 2日(月)22時45分23秒
ペコとスマイルのストーリーより、脇役であるドラゴンやアクマのストーリーの方に感じるものがあったのはなぜ?。自覚していなかったが、「少林サッカー」や「ウォーターボーイズ」みたような、楽しい笑いに満ちたスポ根ものと思い込んでいた私には、少々退屈だった。しかし、ドラゴンやアクマのストーリーが流れ出すと、その人間らしさに共感出来、面白くなった。試合中、ドラゴンが微笑む場面が一番好きである。そして特筆すべきは試合の場面で、特撮を駆使したこれらの場面は、映画全体に、張りといっそうの命を吹き込んで、他のどんな映画の特撮場面よりも感動を与えてくれる。
★★★★★
From: ME(NO MAIL) 9月 1日(日)22時47分17秒
噂通り良い映画でした。非常に王道な青春映画でしたね。ペコVSドラゴンの試合は思わず涙が出てしまいましたよ。それも、細かく張り巡らされた伏線や過去、心情描写のおかげ。監督はカットバックを多用して、時間軸を上手く行き来しながら見事にそれぞれのキャラクターを描き切っていたと思う。この手の映画は得てして単純なライバル関係になりがちだけど、メイン5人をだれる事なく描ききった手腕はもの凄いと思う。ただ、自分は原作を読んで無いので判らないが、この構成が原作通りなら、曽利監督の実力は次回作でハッキリするんでしょうね。あとこの監督の面白いところは、ファーストシーンで、この映画はCGバリバリですよ〜と宣言したにも関わらず、盛り上げ方は非常にオーソドックスな、「カット割と音楽」といった映画の基本的な演出方法だった面。新しい映像で観客にアピールする「リターナー」の山崎監督と、CGを徹底的に表に出さずに伝統的な画面作りをする曽利監督。どちらがどのようにこれから活躍するのか、楽しみなところです。つらつら書いてきたけど、結論は一つ。まだ見てない人、見ておけ〜!!
★★★★★
From: ポウ(NO MAIL) 9月 1日(日)21時10分57秒
キャプテン大田の「きこえているのかな?」がうけた!!「そこんとこよろしく!」が大好き!頭から離れません。音楽よかったです〜。スーパーカーダウンロードしちゃった!
★★★★★
From: エリー(NO MAIL) 9月 1日(日)21時08分49秒
見に行ってきました!!とってもよかったです!!!原作読んでましたが、キャラが思ったより忠実に再現されてました。特にアクマよかったなぁ。ペコはほんっと難しい役だと思いましたが、窪塚くん、よくやったと思います。映画のペコ好きです。
★★★
From: モミー(NO MAIL) 9月 1日(日)14時09分13秒
まず、すっごく期待して観に行きました。最初のシーンはすごく印象的で「あ、この映画はくるな」と思った。で、内容はというと、薄いね。時間を凝縮するのにいっぱいいいっぱいだったんでしょう。私は窪塚ファンだけど、ペコっていうのは、原作読んでないから知らないけど変なんじゃないかな〜って思った。竹中直人はあんな感じで、ARATAはというと、なかなか合った役じゃんとは思った。でもたまに台詞の言い回しがわざとらしい。でもキャラは思ってた通り、みんな個性的だね。そこが一番強いとこかな?まず、この映画、映画っぽくなよね。楽しいけど。とりあえず、卓球やりながら原作でも読んでみるかな〜。
★★★★★
From: ぼっち(NO MAIL) 8月 31日(土)18時58分26秒
この夏最高の1本です。原作は全く読んでないので比較はできないのですが、去年の「ウォーターボーイズ」を彷彿させるような爽快感がありました。特にスマイル役のARATAさん良かったな〜。
★★★★
From: かりん(NO MAIL) 8月 31日(土)17時21分52秒
原作を読まずに行ってきましたが、かなり楽しめました。コメディ色の強い映画かと思っていましたが、ストーリーもしっかりしていて、感動しました。自分自身が高校時代に部活を頑張っていた経験があったのでそれもあってかなり感情移入しました。それから、音楽がCGの画像によくあっていてサントラもほしくなりました。
★★★★
From: shun(NO MAIL) 8月 31日(土)13時28分46秒
ストーリーに大きな驚きはなく、昔からある青春映画の延長線上の話だと思う。しかしそれでもこれほど魅力的な作品として成立してるのは、ひとえに特徴あるキャラにある。やはりマンガが原作ならではの作品である。つまりこの映画には普通の人、いわゆる一般人が存在しないのだ。出てくる人すべてに特徴ある性格や背景がふり与えられていて、ストーリーの凡庸さを消している。この映画はおそらく優秀な映画ではないと思う。ストーリーがキャラに負けているから。しかしそれでも惹かれさすものがこの映画には溢れている。そしてあの難しい役・ペコを最後までやり遂げた窪塚くんに拍手したい。
★★★★
From: きりん(NO MAIL) 8月 31日(土)07時47分46秒
クドカン・クボヅカコンビのノリと監督のゆ〜っくりなノリが、合ってなかったんでしょうね。スマイルのしんみり感のほうが監督の性能に合ってたと。・・・なら何故スマイルを主役にしなかったんだあ〜!ピンポンは、原作からしてスマイル重要です。スマイル以外のキャラはハッキリ言って普通のスポ根マンガキャラです。スマイルの視点があるから原作も大人の鑑賞に堪えうる名作たりえたのですよ。う〜ん。まあ自分的にはキャストもみんな魅力的で作品的に充分面白かったけど、監督の狙いと実力にビミョーな差異を感じてしまったので。クドカン・クボヅカは客寄せパンダになっているけど出来をみると別にクドカンでもクボヅカでもなくてよかったじゃんと。「原作どおり」であればよいのなら。
★★★★
From: MASA(NO MAIL) 8月 31日(土)04時30分00秒
窪塚くんがペコを演じるのは無理があると思ってたけど、私はすごく役にあってたと思います。セリフでしゃべり方とか私が思ってたのと違うところがあったけど、表情とかはペコらしいと思いました。音楽も良かったです。冒頭の川に飛び込むところやペコ対ドラゴンの試合などは音楽と映像があっててもうすごく気持ちが良かったです。私は小泉と太田は違うキャストの方ガよかったと思います。竹中直人はキャラクターが濃いところは小泉にあってたけど違う濃さに思えたし大田は映画のキャラクターが原作のそれとは離れてて原作の大田が好きな私は少し残念でした。あの髪方どんなに表現されてるか楽しみだったんですけど、
★★★
From: miki(NO MAIL) 8月 31日(土)02時44分45秒
松本太陽さんのあの絵の雰囲気がすごく好きなんだけど、あれを映像にするのはちと無理だろうと重い、映画は映画としてみました。宮藤さんと窪塚くんのコンビに期待して見に行ったんだけど、悪くないんだけど、イマイチだったなぁ。ペコ以外のキャストはみんなよかった。アラタくんは特によかった。竹中直人はいつものようによかった。あとよかったとゆうかキャプテン大田。あれって演技なのかなぁ。素でやってる?とかおもいました。おもしろかったんだけど、いちばん期待してた窪塚くんがイマイチだったなぁ。。。
★★★
From: カンフー(NO MAIL) 8月 30日(金)23時02分26秒
原作が素晴らしかっただけに、映画も期待して見に行きましたが「まあまあかなー」という感じでした。前半のペコが少し不自然だったのとバタフライジョーがもっとはじけて欲しかった。アクマは良かったです。
★★★★★
From: らんらん(NO MAIL) 8月 30日(金)20時59分03秒
最高すぎる!私も映画の後原作を読んだけどその順番がお勧めですね。アクマは原作まんま。私的にはペコも十分だっと思いますが。
From: テル(NO MAIL) 8月 30日(金)14時20分29秒
正直かなり期待ハズレでした。原作を読んでない2人で行ったんですが、2人とも消化不良・・・もっと心にくるものがあるのかと思っていたんですが、内容が薄っぺら過ぎました。連ドラのようにあと3倍位の時間をかけて観せてくれれば、もう少し各人物の心情が伝わってきてイイモノに感じれたのではないでしょうか。あ、主題歌をはじめとして音楽は良かったですよ。映画館を出て卓球がしたいとは思わなかったけど、スーパーカーが聴きたいとは思えました。
★★★★★
From: らぶ(NO MAIL) 8月 30日(金)09時04分05秒
これからご覧になる方。是非、原作を「読まない」でまず映画。そしてポイント高かったら即原作を読まれることをオススメします!そしたらば、一つの作品で二度お得です!原作読みました。映画のキャラクターって本当に原作に忠実だったんですねー。特にスマイルとアクマ!ドラゴンに関しては原作以上によかったような。チャイナは原作の方がかっこよかったけど。ペコはうーーーーん・・・・・・難しいです、評価が。監督も原作からああいうキャラだったとは。ピンポンの原作を2時間以内に収めるのは大変だったみたいですね。かなりボツになった箇所があるらしく。でも、その足りない部分は原作を読んで楽しめました。映画もよかった。原作もよかった。ピンポンはいい!!!逆から見るともったいない感じしますから、これからの人は是非映画から!
★★★★★
From: うきっこ(NO MAIL) 8月 28日(水)23時38分54秒
ずっと前から原作を読もうと思っていたのですが、映画になるときいて原作を読まないで行きました。原作を読まないでの感想は、もう最高でした!!窪塚くんの演技は批判も多いみたいだけど、私はなんかぐっとくるものを感じました。「俺の名前は星野裕だ!そこんとこよろしく」で鳥肌たちまくりでしたね。あの台詞が頭から離れません。ARATAくんの演技もよかった。すっごくよかった。なんか見た後に頑張ろう!!って気になりました。一生懸命な姿とか熱くなりました!!ひさしぶりにもう一度見たくなった映画ですね。
★★★★
From: まひろ(NO MAIL) 8月 28日(水)21時31分11秒
これは原作を知らない人はかなり楽しめる映画だと思います!もうちょっと竹中直人の出番が多ければよかったな〜。観る前はただ何も考えずに笑える映画と思っていたのがストーリー性もあるしお金を払って損は無い!!スマイルのARATAにはまってしまった。そんな人多いはず。
★★★
From: かいだ(NO MAIL) 8月 27日(火)19時50分35秒
やっぱり原作読んでるとダメですね。ストーリーに興奮できない。既に知ってるから。やっぱり原作以上の色を出していかないと原作ファンには凡作にうつってしまうような。付け加えられたと思われるセリフで、いいなあと思うものもあったけど。知らなきゃけっこう楽しめるのでは。言われているキャラのイメージの違いについてはそれほどでもないです。バタフライジョーやタムラはたしかに外見は全然ちがうけど、竹中直人も思ってたほどやりすぎてなかったしまあ良かったのでは。アラタは恐ろしいほどスマイルでした。ホントに。
★★★★
From: ちゅん(NO MAIL) 8月 27日(火)16時28分05秒
久々におもしろい邦画でした。でも、スマイルやドラゴンのほうに魅力を感じてしまい、ぺコはちょっと弱いかなと。
★★★★★
From: 最乗(NO MAIL) 8月 27日(火)12時16分44秒
やっぱこれからの邦画はクドカン・窪塚コンビかな!って思いました。GOも面白かったし、これも最高!原作ファンには許せないのかもしれないけど、それは仕方ない!けど原作読んでないこっちからすれば、あれこそ「ペコ」で、「スマイル」で、「ドラゴン」で「チャイナ」なんだー!!!
★★★★★
From: Vielen dank(NO MAIL) 8月 26日(月)23時17分34秒
原作知ラズ、先入観ナシ。どうせ『ウォーターボーイズ』みたいに中身が無くその時だけ面白いんだろうと思っていたらとんでもない、しっかりと芯の通った作品に感涙してきました。一番印象的なのは風間だっけ、彼が卓球で真の幸せを見つけたところ。試合のシーンも良く出来ている。ただし、中盤で誰が主人公なのかが見えなくなってしまったのがチト惜しいネ。
★★★
From: おじゃ(NO MAIL) 8月 26日(月)21時09分45秒
窪塚君はきらいだったけどこれを見て好きになった。どこがどうおもしろいっていう説明はうまく出来ないけどがんばってるって良いな、って単純に思えた映画。なかなかでした。
★★
From: ウッチィ(NO MAIL) 8月 26日(月)12時54分03秒
キャラクターの関係が曖昧なままで、ストーリーが中途半端に終わってしまった感じ。どうでもいいシーンいっぱい削除して、もっと集中してみせて欲しかった。キャストがいいだけに、もったいなかった。
★★★★★
From: でんぐりがえせ(NO MAIL) 8月 26日(月)00時25分51秒
一応自分は卓球の経験者なんだけど、映画ではあの激しいラリーをどう描くのかが注目だったけど、実際見てみるとなかなかのものだった。監督・・曾利さんだっけ、以降注目かもしれんです。個人的に好きなドラゴンもあの中村獅童という歌舞伎だかの役者によって予想以上のデキ(アクマもよし)。ペコはあれが限界じゃないかな・・と思った
From: サム(NO MAIL) 8月 25日(日)19時47分26秒
 結構期待して見たんだけど、はっきり言ってつまんなかった。何が言いたいのかわからなかった。ただ、スマイルにとってヒーローだったぺコが卓球やって最後に勝っただけじゃん。普通にありふれた話だし、新鮮味もないし、配役もどうかなと思うところも多々あり。
★★★★
From: (NO MAIL) 8月 25日(日)01時43分40秒
よかったです。窪塚くんやっぱ上手いですよね演技ARATAカッコイイですよね久々に日本映画ヒットです
★★★★★
From: ほわんほわん(NO MAIL) 8月 24日(土)13時22分23秒
原作ななめ読みした直後に観たせいか、どうしてもスマイルが主人公にみえてしまいました。ARATAかわいい〜vvv昔から助けてくれて、自分にないものをほとんど持ってるペコが、スマイルのヒーローなのは理解できるんですが、ペコのヒーローがスマイルなのはちょっとよく分かりませんでした。読解力なくてすみません。
★★★★★
From: ピノ(NO MAIL) 8月 23日(金)23時53分28秒
面白かったし、スカッとしました。なんで窪塚君には印象的なアップショットが少ないの〜?主役というか語り部が、スマイルみたいだった。それだけがひっかかったけど、見終わって爽快感が残りましたよ!
★★
From: フッキィー(NO MAIL) 8月 23日(金)23時28分45秒
役者や卓球シーン、橋のシーンから始まる所など良い部分は、たくさんあった。でも、原作の1番の核となる部分が感じられなかった。確かにペコがヒーローに戻る所も見所だとは思う。でも、やっぱり1番の見所は、スマイルというロボットの様な少年が、ペコやアクマ達の栄光や挫折など、彼らの運命を通して血が通ってくる所だと思います。ちょっとだけ原作ネタバレ物語後半でもスマイルの態度は、あまり変わらない。ラストに彼が選んだ職業を知って、「あぁ、人間になったんだ」と思わせてくれた。これが原作の1番の醍醐味で核だと思う。映画とマンガは表現方法が違うので、設定は変えても良いと思う、むしろ変えた方がおもしろくて良いと思う。しかし、原作の核は見失ないでほしかった。主人公がペコになってしまってるので、普通のスポコン物を見た感じになってしまった。退屈はしなかったけど、心に刺さる物がなかった。この映画には鉄の味がしない・・・。
★★★★
From: あやぽん(NO MAIL) 8月 23日(金)23時12分24秒
けっこう、ペコが(というか窪塚が)もっとブサイクで線が太かったらもっとあのキャラでも演技でも好感度高かったと思うんですが…どう?モテモテ二枚目新進スターという印象はハンデでもあるのかも。ていうか、任の問題かな。窪塚はARATAより線が細い。でも私はおお、ペコだなあと思ったほうです。お話はもっとテンポ良く進んで欲しかった。「才能か…」とか大げさな驚きハッタリセリフがあれば、キャラたちの凄さがもっと際立ったのに、とか。でも全体的に面白かったです。ムー子が笑ったなあ。(←「が」ってなんだよ)
★★
From: ドウソン(NO MAIL) 8月 23日(金)18時50分18秒
ちょっと個人的にものすごく生理的に嫌だった。なぜかな。窪津かは嫌いだ。まあストーりーに敬意を表して2。
★★★★
From: びんご(NO MAIL) 8月 23日(金)15時10分00秒
メガネARATA君の格好良さにつられて見に行ったけど、最後は天才ヒーロー ペコの復活に期待し、心が熱くなりました。あと主役二人の厚い絆をどうしても邪な眼で見てしまうのよね 二人とも美形すぎ!!
★★★
From: 十米(NO MAIL) 8月 22日(木)23時35分25秒
そのまんま卓球の映画だった。しょうりんサッカーではないです。卓球をやってみたいという気持ちにはならなっかたしなぁ
★★★
From: おひ(NO MAIL) 8月 22日(木)13時54分37秒
うーーむ。まあまあ。前半は「大丈夫??」と不安を抱えつつ観ていましたが、後半は単純に楽しめました。キャプテンに何度か「くすっ。」とさせられ、アクマ、ドラゴン等若手の方々がとてもよかったです。竹中さん、夏木さんは出てきた瞬間から「うううっ??」それが最後まで。。違う役者さんだったらなぁ。それとスマイルの最後の大会の写真。あの微妙な笑顔はどうなんですか?子供の頃の写真の唯一笑ったという時のような満面の笑顔を想像していたので、あれ??その笑顔が大事じゃないの??と、終わりがややすっきりしない感じ。勝手な期待でしたかね?ということで、★3.5のところ、切捨てで3にしました。
★★★★
From: マークン(NO MAIL) 8月 21日(水)15時56分02秒
登場人物みんなが、一途で純真なのっていいですね。映画を観終わって、久しぶりにさわやかな気持ちになれました。
★★★★★
From: ち〜(NO MAIL) 8月 21日(水)14時17分03秒
おもろかったぁぁ!!夏木マリが湯婆ばとかぶりまくってた。。。最近見たのでは1番好きかも!!!自分的に悪魔けっこう好きでした〜。
★★★
From: Sukura(NO MAIL) 8月 21日(水)13時48分34秒
まさにまぁまぁかなと・・・それぞれのキャラがいい味出していて良かったですがそのキャラの深み等が「GO」の廉価版みたいでした(脚本が同じだからしょうがないか?)ストーリーは分かりやすかったが、どこで終わりにするかでかなり印象が変わる気がした早すぎるが、川に飛び込むシーンでも良かったしスマイルとの決勝の最中でも良かったとも思う(スタッフロール後にエピローグもありだろう)そこまで原作に忠実でなくてもね?オープニングと中盤でのペコが川に飛び込むところで「月にだってタッチできるさ!」はオープニングでは意味が分からなかったけど中盤のシーンで意味が分かりちょっと「オ〜」と感心しました
★★★★
From: よいき(NO MAIL) 8月 20日(火)17時40分08秒
普通に面白かった。よ。バカ女がかなり気に入りました。あとは卓球部の先輩のハゲのデブかな?キャラクターがずいぶんといきいきしてたので良かったと思いますです。正確には★は3つと4つの間です。
★★★★★
From: やしの実(NO MAIL) 8月 19日(月)06時41分39秒
すごく面白い映画でした。こんなに楽しめた日本映画はピンポンが初めてかも。とにかく良いお話で、最後はなかなか感動ものです。「また映画館で観たいなぁ」って思いました。
★★★★★
From: みーな(NO MAIL) 8月 18日(日)20時15分43秒
この作品を見て、ARATAのファンになりました。窪塚洋介の演技、すごくよかったです。
★★★★
From: 86(NO MAIL) 8月 18日(日)15時37分44秒
スーパーカーをもっと聴きたくなった!音楽も映像にぴったりだしそれぞれの演技も良かったと思います。ところどころ観ながら笑ってしまったし。時間もすごく短く感じた。
★★★★★
From: ハム(NO MAIL) 8月 18日(日)03時08分53秒
原作原作って・・・なんかねぇ。そもそも松本大洋の画は見づらい。最近の邦画にしては2時間でも疲れなかった。音楽もうまいこと使われてたし配役も問題なかった。卓球したくなったからゲームセンター行ったらいっぱいだった。この映画見たあとに卓球しに行った人は少なくないはず
★★★
From: (NO MAIL) 8月 17日(土)15時49分08秒
漫画だね、それ以上でもそれ以下でもない。ふ〜んって思っている内に終わった。長いプロモーションビデオみてるようだったよ。
★★★★★
From: らぶ(NO MAIL) 8月 16日(金)21時09分42秒
ARATA君……素敵すぎです。
★★
From: オアンド(NO MAIL) 8月 16日(金)16時22分16秒
後半になるにつれて面白くなったけど、前半がつまんなくて途中で帰ろうかと思った。CGの使い方はさりげなくて良いんだけど、ぺコが川に飛び込むシーンからして、この監督さん技術はあるけどセンスはないなと感じた。1800円はちょっと高かった。
★★★★★
From: にゃ〜(NO MAIL) 8月 16日(金)12時43分47秒
みんなが思うより単純にこの映画を観て面白いと思ったにゃ。主題歌のスーパーカーもよくはまってたしストーリー的にもなんも言うことなしにゃ。
★★★★
From: あじぽん(NO MAIL) 8月 15日(木)01時00分29秒
主役というのは演技しないほうがいいんですよね。そのほうが感情移入されるから。でもまあペコは感情移入の余地のあるキャラではなかったし。ファイトクラブのブラピのような感じで、私なんかはもっと過剰な演技を期待してましたが、この映画のトーンのなかではああいうバランスで良かったのではないでしょうか。ただこの映画、パッケージはとても派手でファッショナブルでポップなのですが、本編はワビサビかってくらい色彩が薄く感じられました。漫画で言ったら、やたら描線の少ない大ゴマの多い「もっと書き込め!!」って言いたくなるような感じ?監督さんがはじめてだから仕方ないかな。でも原作が面白いしその原作を選んでつくったってことは成功。単純に星四つ。
★★★★
From: 太平(NO MAIL) 8月 14日(水)03時02分00秒
下の方も書いているとおり、バタフライジョーの柄本明案は自分も賛成です。アクマの大倉孝二、ドラゴンの中村獅童、キャプテン大田の荒川良々あたりは脚本の官動かんくろーの人選(同じ舞台畑出身だから)ではないかと推察されるのですが、竹中直人や夏木マリは正直適役とは言い難い感はありました。舞台畑のこの3人は、映画界ではまだ無名に近い存在ですが、この3人が映画で果たした役割は非常に大きかった。そう考えると、日本の今のメジャーな映画俳優陣の質についてもいろいろ考えさせられてしまった。でも映画自体は良かったっすよ。
★★★★★
From: たかっぱ(NO MAIL) 8月 13日(火)22時12分08秒
おもしろかったよ。素直に。っちゅうか原作知らんからなぁ〜。配役ミスとか過剰演技もな〜んも気にならん。ストーリーが薄っぺらいとも思わない。いい感じでまとまってたって思うし、竹中直人も直人ワールドでいんじゃない。いつだってアドリブ系やからねぇ。味やね味!なにかしら映画化ってえてしてこうなるのよ。特に漫画とかって各々に思い入れもあるから万人に受け入れられるのは難しいんよ。知らなかったからいいのかどうかはわかりませんが、おもしろかった事は事実!
From: サンバ(NO MAIL) 8月 13日(火)21時10分18秒
まず配役に疑問。ARATAのスマイルやアクマ、ドラゴンなどは素晴らしかったけど、竹中直人が違和感ありすぎ。あえてこの配役にしたんだろうけど、失敗だと思う。窪塚のぺコについても、一生懸命ぺコを演じてはいるが、過剰演技でちょっと引いてしまった。脚本も「2時間にまとめてみました」という感じで薄っぺらい印象。ハンニバルを観た時と似たようなものを感じた。松本大洋氏の世界は、やはり漫画でしか表現できないのだなと改めて思いました。
★★★
From: KINKONKAN(NO MAIL) 8月 13日(火)15時58分47秒
それなりには面白かった。原作と映画は別モノ・・・とは言っても、この映画でグッとくる部分は原作のおかげだし、ちょっとダメだなあと感じてしまうシーンは映画のせい・・・という具合。全体的にテレビ的お手軽な雰囲気になってしまったのは、やはり竹中ジョーと夏木オババの責任だと思う。個人的には江本明の老け役&樹木希林を希望してました。
★★★★
From: NORI(NO MAIL) 8月 13日(火)12時04分57秒
期待する者と期待される者。期待されるプレッシャーに追い詰められそうになりながら、一皮剥けて大きく飛び立つペコの姿が清清しい。ARATAのスマイルが秀逸。難しかったと思うけど、ホントにスマイルだった。しかし、卓球のシーンはもっとはじけるのかと思っていたが、案外現実的な仕上がりになってて拍子抜け。それにしても、ええ話だ。
★★
From: nanimon(NO MAIL) 8月 13日(火)11時56分46秒
松本大洋のあの独特の世界の映画化。確かによく再現されているが、なぜかあまり新鮮味が感じられない。「(原作以外で)どこかで見たなあ」といった印象が拭い去れないまま映画は続く、最後まで。観終わった後、よくよく考えてみた。結局、この作品は原作を忠実に再現したというより、『GO』と『ウォーターボーイズ』と『黒ラベルのCM』を混ぜ合わせたら、原作とよく似たものになりました、ということなんだろう。丁度、キュウリにハチミツをかけたらメロンの味になるみたいに。すごく期待していただけに残念。 キャスティングはペコの窪塚洋介を含め若手はほぼ 完璧。ただベテラン陣が・・・。まずは小泉の竹中直人。取って付けたような英語混じりの台詞だが、どう見てもいつもの「竹中直人」。『ウォーターボーイズ』の調教師とどこが違うの?そしてオババの夏木マリ。何も湯婆婆を演じた『千と千尋』が大ヒットしたからって、実写でオババにならなくても・・・。いくらメイキャップしてもオババには若すぎるしきれいすぎる。ペコがオババのパンツを目にし、えづくシーンがあるが、叶姉妹の姉ちゃんと連泊した窪塚クンなら夏木マリでも十分OKなんじゃないでしょうか。(個人的には小泉は寺田農、オババは菅井きんがよかったなあ・・・)
★★
From: フラワーマン(NO MAIL) 8月 13日(火)11時16分39秒
原作から微妙に湿り気を抜いて明るくコンパクトにしたという感じでした。原作はスマイルが主役のところを映画はペコを主役に・・・との事でしたが、窪塚氏はやはり完全にARATA始め脇役陣に食われてましたね。無理にペコを主役にしない方が彼の演技も生きたのではないでしょうか。作りこんだエキセントリックな演技は脇役だからこそ。IWGPのキング役は脇だからこそ映えたのだと思います。個人的にこれは負け行く者の話だと思っているので、やはりアクマやスマイルに感情移入しました。
★★★★
From: ぶろーどさくせす(NO MAIL) 8月 12日(月)23時12分27秒
ウエンガのことをもう少し丁寧に描いて欲しかった。窪塚も悪くなかったが正直まわりのキャラに食われた感もあった。あとドラゴンがひとりで素振りをしてるシーンで、隣の団体が笑っていたが「ここは笑うとこじゃないだろ・・」と胸の中で突っ込みいれました。まあ価値観の違いと言えばそれまでなんでしょうが・・
★★★★★
From: タク(NO MAIL) 8月 12日(月)23時09分14秒
良かったよ!!原作のままって感じが。青い春も見てみようかな。
★★★★
From: k.m(MAIL) 8月 12日(月)19時58分19秒
「スポ根」ものはヒーローの「挫折」と「成長」を描く。けれどこの映画は廻りのキャラがとても強くって、それをやや見え難くもさせている。いいのか悪いのか微妙な所もある。しかしこの「強いキャラ像」が無ければ面白さは半減していただろうことは分かる。むしろペコを主人公だとこだわらずに、自分の好きなように自己投影させていけばいい。彼はそんな象徴的存在として描かれているし、スマイルを代表して彼をを取り巻く面々の「挫折」の方がむしろ「痛い」くらいにリアルだ。この映画を観る人は、突き抜けた明るさの窪塚に共感する側、相手を傷つけるほどの優しさを持つARATAに共感する側で、大きく分かれるかも知れない(そんな好みなど本当はどうでもいいのだが・・)。それくらい2人にはハッキリとしたキャラの差がある。僕はむしろ佐久間や風間なんかに強い哀愁を感じた。そんな人もきっと多いだろう。とにかく出演者みなが「愛おしい」のだ。時代性と言う「ラッピング」によって包み込まれた映画の中部には、むしろ誰もが懐かしむ「ふるさとの幻影」がある。それが原作の「ねらう」場所でもあったのだろうか。ならば映画の使命とは、そんな同時代性をいかに「演出」出来るのかにあるのかも知れない。そのためのCGであり、配役であり、脚本であり、まさに成功した作品なんだと思う。
★★★★
From: tono(NO MAIL) 8月 12日(月)12時56分34秒
期待以上でも期待以下でもない映画でした。結構とんがってるのかと思いきや素直にスポ根映画だったので、逆にそれが良かったのかな。夏木マリはいかにも過ぎてちょっと引いた。竹中直人は最初から分かってたから別にコメントなし。ドラゴンとスマイルが良かったかな。途中だれたけどギリギリのところで持ち直してくれたから満足です。関係ないけど、映画館で前の席におばちゃん数人が座った時点で嫌な予感はしたけど、見てる最中ゴチャゴチャくっちゃべってて苛ついた。ペコとドラゴンの試合でドラゴンが笑った瞬間、「楽しんでる…」っていうおばちゃんの声。いいってば…。
★★★
From: monimin(NO MAIL) 8月 11日(日)22時26分53秒
原作を読んでいなかったけど、読んでなくてもマンガっぽさを感じ取れた。(いいのか悪いのか)スマイルと卓球部キャプテンと警察官は素敵で面白かった。窪塚はみんなも書いてる通り、確かに毎回あの手の芝居をする。でもそれなりにはまってしまうから不思議。スポ根映画だけど汗臭さを感じなかったのは窪塚やアラタが涼しそうな顔だちだからかな。。
★★★★★
From: EXPO(NO MAIL) 8月 11日(日)01時36分27秒
井筒監督が「虎の門自腹コーナー」でキャラに感情移入できないとか言ってたのであんまり期待しないで見たのですが、バリバリ正統派のエンターテインメントでしたね。(世代の差かな?井筒監督には絶対撮れない部類のスタイリッシュな映像と編集)監督がVFX出身で初監督。ゴミ映画直行便かと思いきや、日本にもやっと演出がまともにできるVFX畑の監督が現れましたね。「曽利文彦」これからが気になる監督です。窪塚君とか竹中直人とかワンパターンの演技が目立つので最初気になりますが、後半絶妙なキャスティングのわき役と音楽に助けられて気にならなくなります。大筋は原作に忠実なので、読む前に見たほうが、先が見えない分より楽しめると思います。採点は、4.5星!四捨五入で五つ星!(最後「タムラ」で終われば五つ星なんだけどな〜。)この夏イチ押しの映画ですね。(少林サッカーと同格)
★★
From: linda(NO MAIL) 8月 11日(日)00時53分39秒
前から思ってたのだけど、窪塚クンって若い頃のブラピに似てる。すごくいい表情をするのになぜあんな風になってしまうのだろう。本人だけのせいじゃないと思う。竹中直人とドラゴンは良かった。夏木マリが夏なのにすごく厚着なのが気になった。冷え性?
★★★★★
From: youko(NO MAIL) 8月 11日(日)00時27分15秒
窪塚くん演じるぺコは本当にかわいくて 妖精のようでした。後味のいい映画で、いい気分にしてくれます。また観に行きたくなりました。
★★★★
From: たえこ(NO MAIL) 8月 10日(土)22時51分16秒
脇を固める若い役者陣の演技が皆とてもよかったと思う。中でもキャプテン大田君は素晴らしかったですが、絶賛されてる大倉君も、三十路歌舞伎役者中村さんも、その他各校チームメイトも、演技派を揃えたことが、主役のスター2人をがっちり輝かせた気がしました。サム・リーのクールな語り手役もよかったです。もう何年も前から思ったり、時に口にしたりしているのですが、竹中直人はいつもどこでも竹中直人なので、もうjしばらくこの手の映のこの手の役は、お休みしてもよいんじゃないかしら。
★★★★★
From: 男塾第五期生筆頭(NO MAIL) 8月 10日(土)18時22分17秒
すっげー爽やか!見終わった後にそんな気持ちになれた。久しぶりにそういう映画を見ていい気分です。
★★★★★
From: sannchi(NO MAIL) 8月 10日(土)16時22分42秒
原作の大ファンな私ですが、十分満足できました。原作に忠実であろうという姿勢が強くみられ、それが功を奏したと私は思います。原作がとてもよいものの場合、それがあまりに壊されてしまうと激しく幻滅してしまうものですから。
★★★★★
From: シンリ(NO MAIL) 8月 10日(土)14時12分32秒
サイコ―!もう一回観にいきます!!
From: heta(NO MAIL) 8月 9日(金)03時06分09秒
ヘタクソ!!監督!!へたくそ!!役者!!つまらない!!!
From: 静岡少年(NO MAIL) 8月 8日(木)21時59分07秒
いかにも漫画原作って感じ。
★★★★★
From: もがけ青春(NO MAIL) 8月 8日(木)01時34分11秒
原作のほうが断然面白い!原作は星10なので半分の星5(笑)
From: みに(NO MAIL) 8月 7日(水)23時30分17秒
 やっぱり日本映画はダメだ・・役者はもちろん、全てが問題外
★★★★
From: ミニー(NO MAIL) 8月 7日(水)18時42分01秒
窪塚くん、どの作品のどんな役でもあのしゃべり方ですよね。それなのに、それぞれはまっているのがスゴイと思います。強烈な窪塚ファン!!じゃないけど、けっこう映画向きかな?と思うので、これからもいろんな作品に出て欲しい役者さんです。
★★
From: キャプテン(NO MAIL) 8月 7日(水)01時33分48秒
あのすんばらしい原作を映画にしたにしてはよくできていたと思います。偉そうに書いてスミマセン。窪塚くんのしょってる演技が目に付くかなと思ったけど意外にARATAくんのスマイル役の方が目にあまりました。はい。個人的にはもうちっとスマートにかつシャープに演じて欲しかったです。アレじゃちょっとただ根暗な子って感じだもんなぁ。背筋をしゃんと伸ばして欲しかった。声もモゾモゾしてたし。主役は君だぞ!観る前は最後の「遅いよペコ」〜「うん」のとこさえちゃんと伝えてくれればとイイか思っていたけどそれもボケちゃった感じで残念でした。あの「うん」が大事なんじゃーーーん!!窪塚くんのスマイルもみてみたかったレス。ゴメンね正直な感想ですので、あしからず。なのにナゼ面白いと感じたのか。それはきっとキャプテン大田であったり(これは大きい)、バタフライジョーであったりコウウェンガ、ドラゴンやアクマくんのおかげだと思います。以上は全て私的見解なのであんまりつっこまないでね。
★★★★★
From: KEN(NO MAIL) 8月 6日(火)20時15分36秒
ARATAがスマイルのキャラにしっくりはまっていて良かったです。アマリリス(?)が頭から離れない・・・
★★★★★
From: つかさ(NO MAIL) 8月 6日(火)08時56分07秒
満足。最高の娯楽作ですね。爽快です。キャラ最高ですわ。
★★★
From: はらっち(NO MAIL) 8月 5日(月)21時53分33秒
ペコの演技がどうも慣れなくて、途中まではだるく感じました。窪塚の演技ってこんな感じなの?けど、最後はジーンと来る終わり方だったので観た後はすっきりでした。原作を知らなかったのですが、それなりに楽しめる映画でした。
★★
From: ムー(NO MAIL) 8月 5日(月)14時14分46秒
松本大洋ファン。でもって窪塚ファン。・・・でもダメだった。なんかカタチから入ってるって感じで、気持ちが全然伝わらなかったよ。ペコ。期待が大きすぎたのかもしれないけど、もっとビックリさせて欲しかった。
From: マッチン(NO MAIL) 8月 5日(月)03時27分33秒
こういう作品は得てして評価高くなるよな。正直、何がそんなにいいのか私にはわからない。テレビ放映で十分といった感じで劇場で観ているのがつらかった。
★★★★★
From: yoshi(NO MAIL) 8月 4日(日)01時48分17秒
俺はドラゴンが好きだ。チャイナも好きだけど(ってかサムリーが好き)。他のキャストもすごくハマってる。この映画の強さはそこかもしれない。窪塚もARATAも夏木マリも竹中直人も漫画のキャラを超えて彼らがオリジナルにちゃんとなってるからおもしろいんだなーきっと。話はたいしたこと無いもん。「GO」や「ウォーターボーイズ」に比べたらね。
★★★★
From: (NO MAIL) 8月 4日(日)01時05分31秒
 最後の試合もきちんと描いてください。そこだけがマイナスかなぁ。あとはテンポもいいし、まとまってて面白かったです。音楽もよし。 最後の試合をきっちり描かないのって流行なのかな。タッチにしろ、スラムダンクにしろ、幽遊白書にしろ、漫画だと余韻が残っていいんだけど、映画だと肩すかしを食らった気になる。そこが唯一の不満。
★★★★★
From: いの(NO MAIL) 8月 3日(土)14時18分02秒
松本大洋好きだったり、窪塚好きだったり、ARATA好きだったり…観に行く理由は人それぞれだったけどみんな大満足でした。アクマ好きです。
From: うーりん(NO MAIL) 8月 3日(土)08時59分49秒
下に書いている人に原作ファンはいないでしょうね。原作のファンは観ないほうが幸せかもです。
★★★★★
From: みぃ(NO MAIL) 7月 30日(火)13時28分06秒
おもしろかったです!原作は読んだことないけど、読んでみたいです。渋谷で展示も見てきましたよ〜。
★★★★★
From: シバコ(NO MAIL) 7月 29日(月)14時38分20秒
とってもよかったです!スポ根の定石どおりなんだけど、それが美しく決まってる!見た後にすごく元気になりました。名古屋で見たのですが、400人ぐらい入る劇場に20人くらいでゆったり見ることができました。
★★★★★
From: まこ(NO MAIL) 7月 29日(月)02時52分14秒
アラタファンなんですが、スマイルはまさに適役だったように思います!
★★★★★
From: よしこ(NO MAIL) 7月 29日(月)00時13分58秒
私も窪塚くんをはじめ、この映画に携わった皆さんに「ありがとう」といいたいです。邦画もこんなに楽しめるものだったのですね。ピンポン最高!!
★★★★
From: ryky(NO MAIL) 7月 28日(日)22時48分17秒
竹中直人さいこ〜〜〜! 原作は読んでないんですけど、あのキャラは良かったです。スマイルが来なかった時の演技が大好きです!
★★★★★
From: たいぞう(NO MAIL) 7月 28日(日)21時57分10秒
最高でした。大好き。原作の大ファンです。その原作の昂揚感がしっかり守られていて、原作以上の卓球の臨場感がひしひし伝わってきました。卓球部で中学やっていたことを思い出す。しかし、あそこまでペコを演じてくれた窪塚君、ありがとう。感動してというよりうれしくて泣いた。私の場合は思い入れが強すぎる(ドラゴンのTシャツ買ったり)けど、そうでない人も騙されたと思って見てみてね。
★★★★
From: tete(NO MAIL) 7月 28日(日)02時18分36秒
友情と葛藤、挫折から勝利への道程。青春スポーツのまさに黄金比といえる構成で役者も良いとくれば面白くないわけがない。CGも節度のある使い方でグッドです。小林サッカーみたいなのを期待して観にいかれるかたは注意。下のかたも書かれていますが、新宿テアトル立ち観が出るほど混んでます。しかもロビーがサウナのように暑い。小さい所だからプアなのは許すけど、空調はなんとかして欲しいですね。
★★★★★
From: ポコさん(NO MAIL) 7月 24日(水)13時38分45秒
さわやかでかっこよくって面白い素晴らしい映画になっていた。特に文句をつけるところもなかった!  音楽も思ってた以上にかっこよく映像とマッチしてたと思う。すばらしー映画です!グッズもかわいい!僕の血は鉄の味がする!かっけ〜!! 
★★★★
From: ぴよひこ(NO MAIL) 7月 23日(火)08時01分10秒
面白かったけど僕の好きなチャイナのエピソードが原作に比べてカットされていたので★4で。比べるもんでもないけど原作のほうが面白い。
★★★★★
From: まこ(NO MAIL) 7月 21日(日)12時37分32秒
非常に面白かったです。ただ原作そのまんまってのがなー。逆にそれが良かったのかもしれないけど
★★★★
From: ちゃお(NO MAIL) 7月 21日(日)00時50分41秒
ほとんど原作のまんまにしたのが、成功したのでしょう。あえて原作と変えたところが、ことごとく外していた。特に竹中直人。特に竹中直人。特に竹中直人。特に竹中直人。特に竹中直人。特に竹中直人。特に竹中直人。原作の持つドラマツルギー、セリフの力などが、俳優の魅力をさらに引き出し、爽快感のある映画になっている。CGはしかし、もっとスゴイ卓球のシーンが描かれていると思ったら、イマジネーションを刺激するようなものではなくて、現実の卓球の試合に近づいたものでした。少林サッカーみたいに、もー少しぶっとんでもよいかも。でも、音楽もよいし、面白かったです。ただし、メチャ混みなうえ、新宿テアトルの客の裁き方は最悪です。今まで色んな映画館に行きましたが、こんなに仕切りが悪い映画館は初めてでした。あんな劇場では、せっかく名作を作ったスタッフに失礼だと思います。
★★★★★
From: ポ子(NO MAIL) 7月 20日(土)17時51分41秒
どのキャラクターもなりきっていました。期待を裏切らない映画ですよ。もういちど観たくなりました。あ〜よかった!!
★★★★★
From: lqmq(NO MAIL) 7月 20日(土)15時58分59秒
スゴイ面白かった!!!窪塚くんもかっこよかった!!!また見に行きたいです!