竜馬の妻とその夫と愛人

満 足 度
59.8%
回答者数23



★★★
From: ASH(NO MAIL) 11月 13日(水)18時05分08秒
もっと練りこまれた脚本を期待してたんですが、長いコントを観ているようでした。途中少し入る風景の映像はきれいでした。
★★★★
From: ハル(NO MAIL) 11月 10日(日)11時13分52秒
最初はストーリー的に面白そうだなと思い映画館へ足を運びました。内容はコメディが多くその中に一人の女性の一生をかけた恋愛の心境が描かれていて笑いあり共感する部分ありでとても満足しました。コメディでは心から笑えてとても和ましてもらいました。なんかふっと気を抜ける映画です。
★★★★
From: みもら(NO MAIL) 11月 7日(木)00時57分03秒
ネタバレありありはじめて投稿します。THE RING観て来ました。正直言って皆さんと同じ、日本版に忠実であったと思います。公開前の話では、いろいろとオリジナルの展開があると聞き、また自分自身ホラー映画は苦手な事もあるが、しかし、原作はとても面白くグイグイ引き込まれるようなストーリーであったので、今回気合を入れて見に行きました。で感想は「そのまんまじゃん」と言う感じです。したがって今回は★3つと言う事にしました。しかしアメリカ人の観点で行くと★5つ位であったと思います。また自分みたいにホラーは苦手、でも、怖いもの見たさで・・・と言う方にはいいんじゃないかな?映画全体に独特の雰囲気はあったし、「ゾクッ」とするシーンは豊富、特に冒頭の最初の被害者の死体発見シーンは思わず、「映画館出ちゃおうかな?」って感じです。ビデオの内容も独特の感じで日本とはまた違ったアメリカ的怖さの雰囲気が出ていたし、ナオミ・ワッツもいい演技をしていた気がします。ただ、日本版で言う貞子の役のサマラは賛否両論なんじゃないかな?皆さんが投稿してくれてあるように貞子には勝てなかった、それはやはり顔を出してしまっているし、声も発している事や幼すぎた点もあります。また確か養子と言う設定だった為か謎が多すぎてしまっている。どこで生まれたのか?サマラの母親はなぜ死んだのか?どうして能力を持っているのか?日本版(原作も)では、母親が超能力を持っていて存在しその子どもと言う設定がしっかりしていたのでリメイクはちょっと失敗かな、またリメイクは日本版を忠実にしないで、原作を忠実にして欲しかった。それは日本版の監督、え〜と誰だっけ、あっ中田だかなんだかって言う監督の顔が嫌いな面もあったが、主人公の浅川は女性ではなく男性だった事や高山はもっとぶ男だったし、超能力まがいのものは持っていなかった事、ましてや元夫婦「なんやそれ!」って感じだったから、リメイクは原作を基本にして欲しかったです。その点、日本版で言う高山役のノアは超能力も無く、一般人だったので良かったです。(あの死に顔もすんごく怖かったんだな〜って感じ)最後に笑ってしまったのは、ラストのサマラがテレビから出てくるシーンテレビの画像のままキラキラしながら出てきて、ノアの前で、瞬間移動してちょっと大きくなって現れたシーンです。あれは笑えました。キラキラ、キラキラしてるんだもん。あと貞子みたいに、おっかない眼はしておらず、光っていたのには思わず「X-メンかい!」と突っ込みを入れてしまいました。いづれにしても、THE RINGはそれなりに楽しめる映画だったと思います。ただこれに味を占めて、「らせん」「バースディ」ましてや「リング2」なんてリメイクしない方がいいです。絶対外します。
From: やよい(NO MAIL) 10月 31日(木)00時07分11秒
なぜこの脚本をを映画にしたかったのか??映画にしたよさ、映画にした意味がよく分からない。このキャスティングのまま舞台でやった方が数倍面白かったでしょう。市川準に監督させたのがそもそもの間違いか?
★★★★★
From: ひとみ(NO MAIL) 10月 23日(水)23時43分07秒
とにかく泣けるだけじゃなく笑えるし、考えさせられるような映画でした。最後のおりょうの「りょうま〜!」の叫びは女なら泣かねばという感じで、グッときました!
★★★★
From: D.JOE(NO MAIL) 10月 13日(日)04時46分27秒
こういう映画もたまにはいいね。日本らしくて、けっしてメインにはならないが、無かった無いで落ち着かない、みそ汁みたいな映画。木梨の飛び蹴り健在だったのが嬉しい。
★★★★
From: リオン(MAIL) 10月 13日(日)00時31分26秒
私は三谷作品として面白かったですよ。やや湿っぽい?でも全体を通して笑える仕上がりになってました。
★★★★★
From: miyax(NO MAIL) 10月 10日(木)01時49分31秒
三谷を期待して見に行っちゃダメ。これは市川準の映画なのです。素晴らしい叙情です。木梨のダメ男ぶりに、ホロリとしつつ、にやけつつ。あの接吻シーンの切なさよ。ここ最近の市川作品では『ざわざわ下北沢』に次ぐ上出来具合かなと思いました。
★★★★
From: shusa(NO MAIL) 10月 8日(火)11時08分07秒
キャスティング最高。素直に楽しかった。
★★★
From: みこ(NO MAIL) 10月 7日(月)22時33分37秒
うーん。まあまあ、笑えるんだけど、途中からくどくなってきた。ノリさんの演技がちょっとしつこいような気がして。あれは脚本・撮る側の責任じゃないかしら。江口洋介さんよかったです。役者さんはみんなよかったかなあ。
★★
From: こっちくん(NO MAIL) 10月 6日(日)13時41分29秒
前半のテンポが悪くて、眠気との戦いでした。木梨さんは演技というよりほとんど地で演じてるようにみえちゃいました。(とんねるずのコントをみているような)元ネタは面白い素材なのにすごく残念!というのが素直な感想です。
★★★★★
From: switch(NO MAIL) 10月 5日(土)16時46分01秒
監督と脚本があわないか?と心配しながら見ましたがぜんぜんそんなことなかっです。今のところ、今年の邦画ベスト1です。
★★★★
From: TAK(NO MAIL) 9月 26日(木)11時31分16秒
最初のほうはどうかなと思ったけれど結構楽しめた。特にセットが良かった。役者はほぼ4人でゴチャゴチャでてこなくてわかりやすく、中井貴一がいい味出していたと思う。ノリさんは演技というよりコントをそのまましているような感じだった。作品としてもう少し面白くできたと思えるところが残念。でもとんねるずファンなのでちょっと甘く評価。
★★★
From: サラダパック(NO MAIL) 9月 24日(火)12時57分42秒
いろんなところで書かれているけど、やっぱ市川準の演出はテンポが悪いと言うか、キレ味が悪い気がする。前半なんて特にそう。イビキが聞こえたからねぇ・・・。 周防正行とかが監督した方がもう少し良くなったと思う。でも脚本や役者やセット、映像美は良かったよ。 「アパートの鍵貸します」のジャック・レモンみたな不利な立場にいる木梨憲武もいいし、「お熱いのがお好き」のような後半もいいし、ちょっと哀しいムードも中々いいと思う。 傑作とはいえないけど、よく出来た佳作と言ったところ。
★★★★
From: うっち〜(NO MAIL) 9月 21日(土)23時41分55秒
期待しないで観た分面白かったかな。最後のオチですけどあれはあんまりのような・・・。心地よいコメディが後味わるくなりました。笑えないよ・・・
★★★★
From: 浜北(NO MAIL) 9月 20日(金)15時45分17秒
市川準と三谷幸喜はやはり微妙に水と油だなというのが率直な感想です。最高の組み合わせとはならなかった。 ただ、いつも通りの手堅い脚本と、役者陣が素晴らしく、捨てがたい魅力のある作品に仕上がっているとは思います。佳作ですね。 私はこの手のライト・コメディのファンなので、やや甘めの採点になってしまいますね。
From: 桃まん(NO MAIL) 9月 19日(木)01時44分16秒
久しぶりに映画を観ていて苦痛を感じた2時間でした。ほんとになんで自分で撮らないんだ 三谷さーん!彼独特の世界は たたみかけるような独特のテンポあってこそ、なのにだらだらだらだらしてて ほんっっっとーにつまんなかった。ノリさんのアクが強すぎて(彼は「俳優」ではない)、全体のバランスが悪く、せっかくの中井貴一や江口洋介が死んでしまってもったいない。あと 鈴木京香には もう飽きました。
★★★★
From: カービー(NO MAIL) 9月 17日(火)23時26分38秒
三谷が監督してないので期待薄だったけど、結構楽しめました。鈴木京香に星一個プラス。でもちょっぴり物足りない感じかな。
★★★★★
From: Fedra(NO MAIL) 9月 17日(火)23時09分26秒
いつもの三谷調のスラップスティックな笑いを期待してたのですが、意外と控えめな大人のコメディでした。軽いように見えて結構重たい話。舞台版もこんな感じだったのかな。おりょう役の鈴木京香が最高でした。 ノリさんはそのまんまでしたね。でも逆にそれが功を奏したかも。
★★
From: 馬味調味料(NO MAIL) 9月 17日(火)01時49分57秒
内容を百歩譲ったとして、最後のあのオチはないだろう。。