トータル・フィアーズ

満 足 度
44.9%
回答者数83



From: うーん(NO MAIL) 10月 21日(月)19時51分11秒
ストーリーの面白さも・・・のーてんきさについていけなかった。こんなだからアメリカは簡単に戦争をしかけるのだな。
★★★
From: リオン(MAIL) 10月 7日(月)01時57分00秒
映画としては面白かったです。過去のアレック・ボールドウィン、ハリソン・フォードの「ジャック・ライアン」と同列に並べると辛いけど、別世界の話、と割り切ればどうってことありません。核が爆発してからは、「この後、どうなるんだろう?」とドキドキして映画を楽しめました。但し、それはそれとして、核の描き方自体は、日本人には納得できるものではありません。まぁ、それはこの映画に限ったことではないのですが…。
★★
From: ライム味(NO MAIL) 9月 27日(金)18時02分36秒
下のともちゃんと同じであたしも最初バイオハザード観に行く予定だったけど、トータルフィアーズが最終日だったんでそっちになりました。話本来はスケール大きいだろうけど映像とゆーか映画そのものはなんかこじんまりしてて壮大じゃなかった〜。
★★
From: ぼやき(NO MAIL) 9月 26日(木)01時20分11秒
きっと原作はおもしろいのでしょうね。原爆がなぜ、あそこにあって、なぜあの国で製造されたものなのか、スタジアムの人々はいったい…。そしてライアンしっかりしろ!すべてにおいての根拠がないぞ。だから誰にも相手にされないんだよ。おもしろいストーリーなのに妙にはぐらかされた感じはいったい何故だろう。
★★★★
From: ともちゃん(NO MAIL) 9月 23日(月)18時06分28秒
このサイトを見る前に行ってきました。バイオハザードを見るつもりで行って時間に間に合わなかったので、ちょうどいい時間に始まるこれを見ました。ぜんぜん期待してなかったからかもしれませんが、普通にたのしみました。ライアンのことはまったく予備知識がないのでアホっぽさもさほど気になりませんでした。心に残るところはありませんが、娯楽映画としてはなかなかのものでは?ただ核爆弾がいともあっさり落とされたのにはショックでした。核が落ちるのを防ぐんだと思ってたので・・・
★★★
From: あゆ(NO MAIL) 9月 19日(木)12時53分19秒
本当にライアンがばかっぽかった。核が爆発したパニック状態で、「ロシアじゃないんだ!ロシア大統領は悪くない!!」なんてことばかりキーキー言ったって何言ってんだって一蹴されるに決まってるじゃない。もっと頭使って信じてもらえるように説明しなよ。小学生が騒いでるみたいで腹立たしかった。映画自体はそんなに悪くなかったけど、ライアンが・・。脚本がよくないのかベン・アフレックが悪いのか・・。
★★★
From: あゆ(NO MAIL) 9月 19日(木)12時52分51秒
本当にライアンがばかっぽかった。核が爆発したパニック状態で、「ロシアじゃないんだ!ロシア大統領は悪くない!!」なんてことばかりキーキー言ったって何言ってんだって一蹴されるに決まってるじゃない。もっと頭使って信じてもらえるように説明しなよ。小学生が騒いでるみたいで腹立たしかった。映画自体はそんなに悪くなかったけど、ライアンが・・。脚本がよくないのかベン・アフレックが悪いのか・・。
From: こすたりか(NO MAIL) 9月 19日(木)11時09分53秒
ベン・アフレックが頭が悪そうでライアンに見えないです。他の出演者もみんなマッチョ風なだけで知性のカケラも感じられません。ライアンの未来の妻キャシーもしかり。核の描き方について批判が噴出していますが、核にも色々あって、戦術核といわれるような小型のものならあの程度の破壊力しか持たないでしょう。その点を踏まえれば、本作品の描写が被害を過小に描いているとは思いません。むしろリアルに描いた結果とも言えます。しかし、広島、長崎の悲惨さを知る我々からすれば違和感は覚えますね。私が違和感を覚えたのは、1960年代ならともかく、今の時代に核戦争が一触即発という状況となっても、アメリカとロシアがお互いにただ疑心暗鬼にとらわれて引き金を引くようなことは無いだろうという事です。特にアメリカの首脳陣はバカ過ぎて笑止千万。いくら単細胞国家とはいえ、あれほど奴らはバカじゃないでしょうと思いました。「未知への飛行」という核戦争ものの傑作がありましたがあのころの映画にはまだ知性がありましたねぇ〜。
★★
From: そうしん(NO MAIL) 9月 18日(水)19時59分59秒
全てにおいて、作品のスケールが小さくなってしまった。作りも大雑把。ベン・アフレックがミスキャストな上。モーガン・フリーマンは活躍の場がなし。ジェームス・クロムウェルの大統領は、リーダーシップが無く、大統領の周りは、ただ騒ぎ回るばかりで知性の欠片も感じられない。ライアンシリーズは正念場を迎えたようですネ。とにかく、ベン・アフレックにはライアン役は似合いません。
★★
From: KEN(NO MAIL) 9月 16日(月)23時59分44秒
ネタバレあり結論から言うと、あまりにも原爆の悲惨さが表現されてはいない。広島、長崎に落とされた原爆をアメリカ人、の日本人の若者たちはあの程度で原爆の恐ろしさ、被爆の悲惨さを受け止めてしまうのではないかと不安になってしまった。原爆の恐ろしさはあんなものではない。あんな茶番劇、憤りを感じた。折角、CGを使ってリアルに描くことが出来る時代になったのだから原爆の恐ろしさを克明に描き、若い世代に伝えるべきだ。気に障った方は失礼しました。4年前に広島、長崎を訪れたものですから。
★★
From: アイシャ(NO MAIL) 9月 14日(土)21時24分37秒
昨年のテロが無ければ、もう少し素直に、娯楽としてこの映画を楽しめたのかもしれません。でも、どうしても現在の状況と照らし合わせて見てしまうので、いろいろな邪推をしながら映画を見てしまいました。イスラム国家vsアメリカの構図で、こういう映画を作る余裕を、アメリカが持ってくれる日が来るといいですね。
★★★★
From: ASH(NO MAIL) 9月 14日(土)11時47分00秒
ジャックライアンシリーズはいつも面白い。戦争を起こさないためのやりとりに重点が置かれてるみたいなので、核の描写はあれでいいと思う。実際、リアルな被爆の映像、エグそうで観たくないし。
★★
From: パチ(NO MAIL) 9月 11日(水)20時54分01秒
非常に大雑把な作りになっていると思います。何も考えないで見れば結構楽しめると思います。印象に残るシーンもまったくないですけど。
From: まこ(NO MAIL) 9月 11日(水)17時39分46秒
ちったあ被爆しやがれ
★★
From: gony(NO MAIL) 9月 10日(火)17時14分28秒
なんか違った解決方法で回避すんのかと思い気や、「あら。ストレートな感じなのね。」って感じ。面白いっていうか、オモロイって感じ。
★★★
From: POMME(NO MAIL) 9月 9日(月)19時48分23秒
私も核の描写に正直ひいた。皆さんの意見「これは映画だ」とか「それを言ったら他の戦争描写だって」とか確かにもっともだと思うけれど。日本人である私には、知らない間に核アレルギーがあるんだな、と気付いてちょっとした衝撃を受けた。それに気付いただけでもこの映画は私にとって意味がある。やっぱり、教育って重要なんだなあ(被害者意識もあるんだろうけど)映画自体は普通でした。モーガン・フリーマン、もっと活躍してほしかったなあ。
★★★★
From: YUKI(NO MAIL) 9月 9日(月)00時24分33秒
ハリウッド映画は、いつも細かいことを考えず、楽しもうと思いながら見にいくのですが、真を見極めることの大切さ、難しさを改めて感じさせられた作品でした。身近でもさまざまな情報が飛び交い、誤解がまた誤解をまねく、またそれを目的として策略する人もいて悲劇が生まれる。それが国家間のことでであれば本当に恐ろしい。ただハリウッド映画って、どうしても恋人とか家族とか無理やりでも出したいのね!とかモーガンフリーマンがこの程度の役なの〜!とか、どーでもいい事も考えてたんですけれど・・・普通に面白かったです。
From: はな(NO MAIL) 9月 9日(月)00時23分37秒
途中つまらなすぎて、寝てしまいました。金かえせー
★★★
From: fith(MAIL) 9月 8日(日)01時26分56秒
満足度が示すようにこの映画はそれほど面白くない。でもぜんぜん駄目だとも思わなかった。皆さんが酷評する訳は「核の描写が蔑ろ」だ、ということのようだ。それには私も賛成する。でも私は少し違う角度からそう思うのだ。私は核に対する特別な思いはない。もちろん、被爆国としての日本に生まれたため、そういう方面へ関心は大いにあるけど、それはそれであって、映画を観ることに関して、「核を正確に描かなければ映画として認めない(語弊があったら許してください)」という様には考えない。そう思う私でもこの映画はひどかった。核の描写うんぬんではなく、「人の命」という意味合いでひどかった。何万人という人間が死ぬシーンを軽く描きすぎだ。そのことに私は嫌悪感を抱いた。それが核によってからだとか、隕石によってだとか、毒ガスによってだとか、地震によってだとか、関係ない。人が大量に死ぬことに対しての配慮がまったくないことが私の嫌悪感を誘った。映画の話としての出来はそれほど悪くないと思う。両国の大統領がアホすぎるとは思ったけど、全体的に説得力はあった。けれども人の命を軽く描いた時点で、「戦争」という言葉が空虚に響いた。戦争という言葉に込められた重さが一気に軽く感じた。これでは作品全体に重さがなくなり、それを回避したいと考える緊迫感もなくなった。この映画の失敗はここにあると思う。主人公クラスがみんな被爆するのは確かに焦ったけど。ある意味笑えた。もちろん、これは私の見方であって、ほかの人の意見が間違っているとかではないけど。
★★★
From: アルペンレーサー(NO MAIL) 9月 6日(金)00時53分35秒
トム・クランシー自ら製作に加わっていることもあり、映像の派手さよりもサスペンスに重点が置かれている。核爆発後の面白さはなかなかのもの。一般人にもわかりやすくした脚本もうまい。でもキャストはあまりよくないな。ベン・アフレックてどうみてもB級アクションスターだよ。
★★
From: ロジャー・コーマン(NO MAIL) 9月 6日(金)00時25分59秒
映画になにを求めるのかは人それぞれ違うだろうし、同じ人でも、作品ごとに違うと思う。俺はこの映画には正直始めからストーリーは求めなかった。単純に”娯楽”としてみた。だからおもしろおかしく観させていただけた。そしてありがとうベン君。いい芸人だね君って。
★★★
From: Wal(NO MAIL) 9月 5日(木)13時25分22秒
細かいつっこみどころが多いのは置いておいて、それなりに面白い映画でした。核の描写ですが、この映画のテーマが核テロにあるのではなくあくまで全面戦争へのエスカレーションへの恐怖にある以上必要以上に取りざたすることは無いと思います。核の描写が実際と違うということで評価が低い人が多いですが同じく全面戦争への過程での空母攻撃シーンもかなり変なのですがそれが映画への評価には特につながらないのに核だけは映画の評価に直結する人が多いというのは、日本人の核アレルギーがそれだけ大きいということでしょうね
★★★
From: コルコル(NO MAIL) 9月 1日(日)23時47分32秒
んー・・最初は人を覚えたり内容が難しくて映画についていくのに必死だった。全体的にありがちな感じだったし、でもまぁ、最後まで見れたので☆3つ。ただアメリカ映画にしてはいつものNo.1的な傲慢な感じが少なかったのはおもしろかった。核が落ちてるのに結局はハッピーエンドで終わったところがなんとも・・。
★★★
From: ドリィ(NO MAIL) 9月 1日(日)22時11分58秒
まあ、こんなものか。という感じ。ストーリーにつっこみどころ満載なのは、最近のハリウッド映画にはよくあることなので、今更腹も立たない。最近のハリウッド映画は、ストーリーや細かい描写よりも、映像のクオリティや派手さを重視している気がする。この作品も、核爆発後に爆心地を走り回ったら、被爆しないはずがないのに被爆しない主人公。確かな情報もなしにあんな行動に出る大国2ヶ国の首脳陣。・・・例にもれない作品でしょう。色々文句を並べましたが、細かい事を気にしなければ、そこそこ楽しめるかな?ただし、ベン・アフレックの演技の下手さ加減は、真剣に腹が立ちます。もう少しなんとかならないものかと、ため息が出ます。
★★★★
From: RB(NO MAIL) 9月 1日(日)19時46分58秒
ポリティカルサスペンスとしては、とても良く出来ていた。アメリカの首脳が間抜けで、ロシアの大統領がカッコ良かった事もアメリカ映画としてはちょっと意外で面白かった。主演が頭の悪そうなベン・アフレックでなく、初代のアレック・ボールドウィンなら★5ついけたかも。多くの日本人が放射線の恐怖に触れていないという枝葉の部分の描写で低く評価しているのは少し残念。
★★★★
From: tomoya(MAIL) 9月 1日(日)03時33分55秒
ここでの評価が低いので心配だったけれど、なかなか楽しめました。確かに、国政情勢とかに興味の無い人にはつらい映画だと思います。被爆国の側としては、たしかに突っ込みどころ満載でしたが・・。どんなストリーでも最後は必ずハッピーエンドになるのがハリウッド映画のお約束ではありますが、少なくとも核で数十万人は死んだはずなのに、ラストで米ソ首脳が握手をし主人公とヒロインが婚約したらメデタシメデタシのハッピーエンドになってしまい、アメリカの観客も違和感無くこのラストを受け入れているのでしょうか?それとも、いくらアメリカ人でもさすがにそこまで能天気では無く、ここに書き込みしてる人達同様、心の中で突っ込みを入れているのでしょうか? それが私の最も気がかりなことです。ところで、核兵器の描写についてですが、世界で唯一の被爆国である日本人から見たら、たしかに生ぬるいものです。しかし考えてみたら、映画の中に出てくる地雷やミサイルの爆破シーンだって、我々観客はあれをリアルな映像だと思い込んでいますが、実際に戦争などで被害にあったり肉親を失った者から見たら非常に生ぬるいものなんじゃないでしょうか。
★★★
From: サイだもん。(NO MAIL) 8月 31日(土)22時08分05秒
本当に面白さは普通でした。核を落すタイミングが映画の後編すぎた気がする。。あと10分弱早くてもよかったかとおもう。
★★★
From: カズ(NO MAIL) 8月 30日(金)20時05分52秒
別にトム・クランシーを評価する板じゃないでしょここはこの映画についてだからやっぱり核兵器の描き方がひどければ評価もそれなりになっちゃうよアメリカ人に原爆のひどさを見せないためにこんなつくりにしたの?と勘ぐってしまうのもしょうがないですよ
From: ショック(NO MAIL) 8月 29日(木)14時25分12秒
もし、日本が原爆をアメリカに落として、このような映画をアメリカで流したら、とっくにボイコットされているでしょう。自分はお金を払ってまでこの映画を見たことを恥じています。「映画として」なにを語ると?。NHKで以前見ましたが、原爆を落とした後、母国で日本家屋を造りその中に猿を入れてもう一度原爆実験をし、日本でのデータと合わせて被爆に関するデータをつくって今の被爆の基本的資料をつくったそうです。何十万人を殺害してつくった被爆のデータを無視する、というより、何の知識も危機感もないのがよく分かりました。広島や長崎の女性は、それだけで結婚に不利になったそうです。被爆して、すぐの死を免れた人も早死にしたり、ガンになったり、生涯の倦怠感を感じたりして仕事が思うようにできなかったりした人も多かったと聞きました。原爆を落とした国のこの知識のからっぽさを放置しているのは、日本の怠慢かもしれませんね。国内で被爆のことを叫ぶより、実際に原爆をもっている慢心した者達に訴えなければ。
★★★★
From: K.(NO MAIL) 8月 28日(水)02時09分02秒
本当は★4つとまでは行かないけど、おまけして採点します。核兵器の描き方は酷いさ、確かに。あれなら、設定を核兵器にしない方が良かったはず。まぁ、爆発の映像はド迫力で、驚くほどだけど。あのきのこ雲を映像で再現されたのはある意味複雑だった。 でも、核兵器の描き方がひどいから、とか、結局はお決まりのアメリカ万歳映画、とかそれだけで片付けてしまうのは勿体無いよ。核兵器使用後のアメリカとロシアの掛け合いから見られる、世界戦争間際の状況は、9.11以後の世界情勢を考えるとリアリティを感じてしまう。すごく興味深い内容だと思う。90年代初めにこの原作を書いたトム・クランシーってスゴイ。 ラストに関しては好きではないのだが、それまでの興味深い内容や緊迫感溢れるフィル・アルデル・ロビンソンの演出、ベテランの味を出すモーガン・フリーマンやジェイムズ・クロムウェルなど、評価するところは多い。娯楽サスペンスとして、見応えのある作品だ。
From: ちゅん(NO MAIL) 8月 27日(火)21時50分21秒
核兵器の扱いがみなさんの言うとうりあまりにもひどすぎます。無神経にもほどがある!!
★★★
From: りっこ(NO MAIL) 8月 27日(火)20時33分15秒
面白いことは面白かった。でもこういう核兵器モノがやたらに好まれるような時代はやだな。難しいとこも多いけど、ノリはいたってよくあるアクション映画と同じだから。
From: おじゃ(NO MAIL) 8月 26日(月)21時02分36秒
ベン・アフレック顔でかすぎ。
★★★★
From: TAK(NO MAIL) 8月 26日(月)11時59分46秒
意外に楽しめた。ベン・アフレックはいつものように頭悪そうだけど結構良かったと思う。脇役陣も渋くて良かった。ストーリーは今なら実際にありえるかもしれないことなので緊張感がありひきつけられた。ただ核爆発のシーンはたしかにリアリティーがなかった。ただのミサイルならわかるけど原爆であの程度とは。
★★★
From: わい(NO MAIL) 8月 24日(土)23時43分39秒
”???”だった点(スーパーネタばれですが)@皆さん言っておられるように、アメリカは原爆を スーパーダイナマイトとしか思っていない。Aやはり下の方に書いてありますが、なんでパトロールで 核を搭載するの?B大統領を助けにきた海兵隊員(?)は何で防護服 じゃないの?CCIA長官はどうやって、なぜあそこで治療? VIPな病院に運ばないの?D半径何Kmもの人が高度の放射能汚染状態に なったはずでは?芝生の上でいちゃついている場合では ないような・・・。と、まぁ色々あるのですが、何だかんだ言っても米と露の駆け引きはそれなりに見ごたえがあったので、☆3つにしときます。
★★
From: らぶ(NO MAIL) 8月 24日(土)17時07分25秒
原爆が例え広島や長崎の規模より小さかろうと、あの中無防備状態で走りまくったジャック・ライアンは間違えなく放射能に侵されて死……?迫力があったけど、嘘っぱちすぎるだろう(汗)という感が否めず。そしてモーガンフリーマン扮するCIA長官ってボケてんですか?なんだったの、この人…と首傾げ。そしてやっぱり、ベンアフレックは存在感が薄い…なぜか知らないけど薄い…。
★★★
From: かえる(NO MAIL) 8月 24日(土)12時54分27秒
映像の見どころはほとんど予告で終了してます。予告以上のスペクタクルを期待してはいけません。内容はまあまあ。しかし、皆さんやけに核描写に敏感ですね。銃器火器の間違った描写や運用は寛容に笑い飛ばせるのに、なんで核の間違った描写にはそんなに神経質なんでしょうか。銃の取り扱いの誤った認識の方がよほど切実に問題だと思いますが。まあ、核は唯一日本人が被害者ヅラできるガジェットですから、それで鬱憤を晴らすのも映画の楽しみの一つなんでしょうけど。御都合主義な火器表現する映画の一つと笑って観るのがいんじゃないですか。
★★★
From: シナモン(NO MAIL) 8月 23日(金)19時39分26秒
今までのライアンシリーズの中ではわかりやすく一番良かったと思います。爆発後のロシア対アメリカの緊迫感もなかなか。若いライアンもいいもんですね。しかし、爆発したのは核爆弾ではなかったかしら?と思わせるほど被爆後の描き方は納得できませんでしたけど・・・。
★★★★★
From: ドウソン(NO MAIL) 8月 23日(金)18時39分25秒
エンターテインメントとして見に行ったのでリアリティはあんまり気にしなかった。普段劇場でみることはあまりないのだがまさに劇場で見るべき映画。核爆発のシーンは素直に驚嘆したよ。おもしろかったが、もっとリアリティのある作品にできなかったのかね。ほんとは星4っつだけどちょっと評価低すぎだと思うのでポリティカル・サスペンス・アクションとして5です。
★★★★
From: ゆ〜(NO MAIL) 8月 23日(金)11時25分33秒
トム・クランシー ファンとしてはちょっと残念。その他多くのライアンシリーズと切り離して映画化されているので、今後トム・クランシーシリーズの映画化を望む者にはがっかりしたと思う。中身はあの分厚い小説(上・下)を映画化したとしてはまあまあだと思うのだけれど…納得のいかない多くの人も原作を読めばもう少しは理解を得られると思います。どんどんトム・クランシーシリーズを映画化してほしぃ〜!(特にライアン物…)
★★★★
From: APC(NO MAIL) 8月 23日(金)11時09分04秒
面白かったけど、被爆はどうなってんだろ?ライアンも被爆地に車ですいすい行ってるし。キャボットだけなんで民間の救助施設みたいなとこで手当てされてるんじゃい笑、とかいろいろ突込みどころは多いがそれなりに楽しめた。爆破シーンや戦闘シーンもアッサリしていたので、より政治サスペンスとして楽しめたと思う。活躍してたのはライアンよりも、R・シュライバーの方では?
★★
From: 777(NO MAIL) 8月 22日(木)17時30分27秒
原作の方も原爆製造の描写に頁を割くばかりで、大して面白い小説ではないです。でも原作にはリアルな緊張感がありました。この脚色は失敗でしょう。設定変更のお陰で「リアルな緊張感」が無くなってしまっています。ということは、面白くない小説を映画化しただけって事に…。パニック・スペクタクル映画ではないですけど、それにしても原爆の描写がお粗末ですし…。つまらなくはないですけど、やっぱり物足りない。
★★★★★
From: Movie Fan(NO MAIL) 8月 22日(木)12時42分24秒
ストーリーが面白かった。「原爆」に重点を置いた映画だったら観なかっただろう。
From: SHINE(NO MAIL) 8月 21日(水)12時44分50秒
アクションはともかく、核の描き方はお粗末。
From: hiro(NO MAIL) 8月 20日(火)23時25分30秒
ごめんなさい、☆一つでした。
★★★
From: hiro(NO MAIL) 8月 20日(火)23時24分40秒
アメリカはこんな映画作って面白いの?ってかんじです。原爆馬鹿にすんなよ、って感じ。フィクションにしても、ロシアに失礼だよな〜と思いました。
★★★★
From: みこ。(NO MAIL) 8月 20日(火)20時07分04秒
何人かの方が、ストーリーが単純、等々書かれてますが、それがまた彼(ライアン)のきまじめで汚れのなさそうなキャラとあってるような気がするんですが。。私は結構好感が持てました。わかりやすいし、感情移入しやすい設定でした。ただ、核の描写についてはやっぱり皆さんに同感です。こういうのをみて、原爆について知識のない日本の子供たちがアメリカ人と同じように考えるようになってしまうんじゃないかと不安になります。私が子供の頃よりも、戦争を取り上げるドラマや映画がテレビで放送される数は確実に減っているような気がして。実際の教育現場ではどうなんでしょう?(すみません、余談ですね。)
★★
From: Atlas(NO MAIL) 8月 20日(火)18時20分31秒
核爆弾の事を馬鹿にしているのは当たり前です。でなければあんなにもたくさんの核爆弾を彼らが作るはずはありません。だから、それを無視して、エンタテーメントとしてみるとどうでしょう。でも、これも物足らないです。なぜなら、物語を一番盛り上げる要素である「謎」これが殆どないのです。つまりテロリストの動きが書かれすぎていて、登場人物のような混乱が味わえないで、起こるべくして起こる事を傍観している、と云った感じなのです。
From: ONO(NO MAIL) 8月 20日(火)10時39分57秒
リアリティが全くない。そもそも一番始めに偵察機が核弾頭を飛んで飛ぶという設定が分からない。ネタばれですがこの作品についてはいくらネタばれしてもどうということはないです。あまりにもいいかげんなストーリーの仕立てであきれてしまいました。
From: 腹が立って・・(NO MAIL) 8月 19日(月)22時08分08秒
他の方も書いておられますが、もう核爆弾の事を馬鹿にしすぎてて、他の事を考えられない位に腹が立ちました。爆風で飛ばされるような所にいたガールフレンドがケロイドも無くピンピンしているし「5年後、彼らは二人とも被爆が原因の白血病で死亡した・・。」位のテロップが欲しかった。
★★★
From: サム(NO MAIL) 8月 19日(月)18時50分34秒
 最初のところは、なんかかったるい感じだったけど、半ばぐらいから、徐々に緊迫感があって、まずまずでした。
★★
From: 武士美(NO MAIL) 8月 19日(月)06時58分11秒
見ている間は飽きることはなかったが、終わってから満腹感がなかった。大風呂敷を広げるような話はかえって粗雑な感じになるのかも。核爆発の描写は映画人らしい骨っぽい描写でよい。
★★★★★
From: URD(NO MAIL) 8月 18日(日)22時13分29秒
アメリカ人って「核」を「ちょっと強力な爆弾」ぐらいにしか考えていないんじゃないか?という疑念がふつふつと湧いてくる映画だとは思いますが、その変を予習して、この映画の中では「核=小道具の一つ」とおもって見れば、充分5点つけられる映画だとおもいました。核兵器の悲惨さをリアルに描くための映画ではないんですから。ただ、被爆国民として、この核に対する意識の低さを映画と切り離しては考えられないという方にとっては、この一点のみによって、ひどく陳腐な話としかとれないだろうともおもいます。それを別とすれば・・・新人ライアンなかなかいいじゃないですか。頭でっかちのはねっかえりの若造、そして、それをバックアップするCIA長官、無能ぞろいの上層部、対比して、比較的冷静に描かれるロシア、悪役らしい悪役、イブシ銀のスパイ。ストーリーは露骨に複雑にせず、程よくわかりやすくまとめてあり、話に引き込まれていくように作ってあると思います。緊迫感も感じられる造りになってます。かっこいいシーンも随所に有ります。他の映画と比べてそんなにつまらないとは私には思えないんですが。
★★★★
From: ののだ(NO MAIL) 8月 18日(日)10時58分36秒
 ストーリーがスリリングで中々良かった。今までのシリーズの中では一番スケールが大きくよかったのでは(今までは、個人的復讐とか、麻薬組織とか結構局地的な話だった) その代わり、アクション的要素はいつもより少なかったような気がする(爆破シーンもあっさり)。 ベン・アフレックが若きライアンを演じることによって、彼の意見が上層部に無視されるというシークエンスに説得力が出ていたと思う(老成してかなりの地位にいるハリソンのライアンではこういう展開にはならないだろう) 核爆弾の描写うんぬんについては、まあ、あんなもんかと。エンターテイメントだし、焼け爛れた死体の群れとか、熱戦でずるむけになってうごめく人間とか、「はだしのゲン」みたいな描写をしたってこの映画にとって何のプラスにもならないと思うし。
★★
From: たかっぱ(NO MAIL) 8月 18日(日)03時21分00秒
だめだ〜。こういう映画苦手。世界情勢とか絡むのって予備知識ないと観ても面白くないでしょ。ベン・アフレックも精悍さなくなって、おっさん臭いしなぁ〜。いまいち。
★★★
From: ピアノマン(NO MAIL) 8月 17日(土)22時56分13秒
ベンアフレックは知的さが無く、今ひとつ。H・フォードならもっとしまったかもね。
★★★
From: まさお(NO MAIL) 8月 17日(土)16時31分55秒
まったく印象に残らない.いつものハリウッド映画だと割りきってみれば…やっぱり話はつまらないけどアクションはイケてる.ベンアフレックは…もっと演技の勉強しろ!
★★
From: H(NO MAIL) 8月 17日(土)15時46分45秒
本当に一回核攻撃をうけてみたら?と思いました。もちろん、実際にそんなことは望んでいません。アメリカの一般人はこれにどんな感想をいだいているのでっしょうか。
From: Ryo(NO MAIL) 8月 17日(土)13時28分04秒
別に能天気な映画があってもかわないと思うが、それにしても私にはつまらなかったしくだらなかった。大体、なんでいきなりロシアがアメリカを核攻撃しなきゃなんないの?そんなの別にCIAの人間じゃなくてもわかるでしょう。一体ロシアに何のメリットがあるんだ?しかもそれを確かめようともせずにアメリカがロシアに報復しようとするか、普通?よく知らないけど、国際社会や外交ってもっと複雑なんじゃないかな。北朝鮮が韓国海兵隊を殺しても、戦争にはなんないでしょう。結局のところ、「トータル・フィアーズ」っていうわりには何の恐怖も感じなかったし、緊張感も皆無でした。あまりにひどかったので、逆に原作を読んでみようかと思っています。
From: 一系(NO MAIL) 8月 16日(金)14時52分18秒
初めまして初投稿です。映画の出来自体は皆さんが仰るように、悪い出来ではなかったと思います。緊張感や危機感も伝わってきました。しかし、見ている途中で私の中で何か完全に冷めてしまいました。あれほど軽々しく日本に原爆を投下したアメリカ。(そしてその行為は正当化されている。)そのアメリカがテロによる核を「全ての恐怖の総計」として描いている。その事を思ったとき、このライアンに感情移入してハラハラする自分を、現実に原爆で人生を無茶苦茶にされた人々は一体どういう目で見るのだろうか、、、、その事ばかりが胸に去来し、劇的な演出や、音楽、映像、それら全てが虚しく、うそ臭く映ってしまいました。
★★★★
From: ぷりん(NO MAIL) 8月 16日(金)13時36分59秒
ここの採点が割と低かったので心配しながら見に行きましたがなかなか楽しめました☆確かに下で皆さんが書いているように、核爆発の威力ってあんなもんなのかなぁ??とか恋人被爆都市にいたわりにピンピンしすぎだよ!?とか核輸送の説明不足とか色々な点も否めませんが、まぁ深く考えずストーリーを楽しめばなかなか緊張感も感じれたし、良かったです♪次の話題作は何かなぁ〜??
★★★★★
From: マジンガーXYZ(NO MAIL) 8月 16日(金)04時16分53秒
これくらいの仕上がりなら大満足。映画に何を期待します?映画が何かをしてくれます?ほんの数秒でも“凄いなあ”と感じればその映画はあなたの心をつかんだ。逆にこの映画に文句を言いたい、と思わせた人にとっても問題意識を起こさせるほどの“凄い”テーマを描いた作品として評価される映画になる。何も感じない映画なんてないと思うけどあればそれは駄作なんでしょうが。
★★
From: たき(NO MAIL) 8月 15日(木)21時34分59秒
僕は原作を読んでない人間です。    いまいち意味がわからなっかったのは、なぜ最後にテロリストを暗殺にしてしまったのか?あれだけ大きな事件を引き起こした犯人として法廷に連れて行くべきではないのか?まことに勝手ながらその世界の裏の事情を想像しちゃいました…↓  『アメリカに対する核攻撃は実はフセイン・イラクの仕業って事にでっち上げ、アメリカ&ロシアでイラクを攻撃!軍需産業大もうけ!アメリカ&ロシア双方の大統領支持率も絶好調!これだから戦争はやめられない止められない!結局何をやっても得するのは我々大国なのだ!わっはっはっはっは!!!』  …ってな事を。
★★★
From: はる(NO MAIL) 8月 15日(木)11時12分34秒
★2つか3つかで迷ったけど2つにしとく。なんだか出来損ないのカウントダウン物でした(もちろん私にとって,です)。緊張感が高まってきてるのはわかるんだけど,そこへの持っていき方が余りにもつまらん。テロリスト側の思想をもっと描いても良かったと思うし,核がどうしてCIAからイスラエルに渡ったのかなど,背景をもう少し丁寧に入れても良かったのではないかなぁ(知ってる人は知ってるけど,知らない人はあのオープニングだけじゃわからないのでは?)。それと細かい点も気になっちゃって。例え競技場でケータイの着信に気がつかないシーンとか(そんなアホなわけないじゃん),大統領が怒り心頭で理性を失っちゃってるシーンとか(気持ちはわかるけど,そんなんじゃイカンだろー),恋人が元気に診察してたりとか(マジ?生きてるわけ?いいんだけど(^^;)。そういうシーンの度になんか引いてしまいました。つまらない映画ではないと思うのだけど,なんかしっくりこなかったなぁ。こういうはつまらんというのかな。そんな感じ。
★★★★
From: アルダン(NO MAIL) 8月 15日(木)08時04分43秒
アメリカが核爆弾をボルチモアに落とされた。犯人はロシア(?)。警戒レベルが上がっていく。アメリカ、ロシア両者なめられたらあかんぜよ状態。いったれ!核のスイッチ押したるで〜。てな感じでスリリングでしたよ。まあ、お話は整理されていたし、下手をすると眠くなりそううなんだけど、悪役の実業家ドレスラーあたりもちゃっちゃ扱い。内容事態に疑問を持たせない作りをしてましたね。ラストの処刑シーン、3パターンなんか、リドリー・スコット版「ゴッドファーザー」の様でカッコ良かったし。NEWライアンのベン・アフレックも当たり役だったんじゃないの。アメリカの首脳陣もロシア側も熱い俳優さんで固めていたし、大人の映画をありがとうって、オイちょっと待てよ。キノコ雲の出る爆弾の被害ってあんなものなの、ええええええ、ベン君も大統領もピンピンじゃん。そんで最後はご結婚おめでとうって。何か違うよな。確かに自分も核への緊迫感が薄かったけど、やっぱりアメリカ万歳?次回、被爆に悩むライアンの巻かい?
★★★★
From: カージナル(NO MAIL) 8月 15日(木)00時01分45秒
トム・クランシーの原作では、話が佳境に至るまでの過程描写で場面があっちこっちとコロコロ切り換わり、読んでいて非常にイライラする。この映画で核テロが発生するまでの過程が解りづらいのは製作に名を連ねたクランシー本人が口を挟んだ結果ではないだろうか。結果として、後半、米が露の一挙一動に敏感になって過剰反応してしまう肝心の背景がきっちり描かれていないのも気がかり。下のほうでこれは国策映画であるとの意見がありましたがむしろ冷静に危機対処するロシア大統領のほうがカッコ良く描かれている。もしかしてベン・アフレックが出てくると国策映画に見えてしまうのか?それなら納得ですが。核の描写、被爆問題など疑問視されている方が多いのもわかる。でも、総じて映画ならではの上級エンタメ作品であったと思う。(ちなみに私は原爆資料館で涙を抑えることができなかった人間です)
★★
From: hoho(NO MAIL) 8月 14日(水)23時58分33秒
ストーリーは戦争が起きることのリアリティがある内容だったと思う。ただ、前半をもっと丁寧に描いてほしかった。前半のずさんさが後半に響いた(少なくとも私は・・・)。他の方が思うほど、緊迫感を感じ得なかったし、トントンと進んでいってしまった感じ。テロリストの筋書きや思想を丁寧に描いてほしかった。後半では、主人公の意見が聞き入れられないもどかしさや、恋人の安否と戦争勃発への葛藤が描かれてもいいのではないだろうか。全て中途半端で引いてしまった。
★★
From: jjjkkkggg;;;: fcs(NO MAIL) 8月 14日(水)22時35分49秒
非常事態にアメフト観戦とは…。死んで当然!爆風浴びても被爆しないの?誰か教えて。
★★★★★
From: リッキー(NO MAIL) 8月 14日(水)17時00分12秒
全く期待しないで行ったのが良かったのかもしれないけど面白かったです.ベンアフレックは苦手だったんだけど若々しい感じで意外と良かった.パトリオットゲームや今そこにある危機のハリソンフォードのようにくたびれていないので次回作にも期待できそう.日本人から観れば核の使い方は「なんじゃこりゃ」ですが核が主人公でないのでしょうがないのかと.脇役の方々が良かったですね.個人的にはロシアの大統領がカッコよかった.
★★★★★
From: ESSEN(NO MAIL) 8月 13日(火)23時55分50秒
かっこよかったです。映像、俳優、音楽。ストーリーは、初心者の為の戦争入門という感じに分かりやすく、共感しやすく、のめりこみやすかったです。最近、真面目に良い映画がないので、5つ付けます。変な娯楽作よりこれでしょう。
★★★★
From: nanimon(NO MAIL) 8月 13日(火)16時43分25秒
人類を滅ぼしかねない核戦争勃発の危機を描いた名作は過去にも数多く存在した。最近では『クリムゾン・タイド』や『13デイズ』が記憶に新しい。しかし「これから本当に起きるかもしれない」と観る者に思わせる恐怖感は、この作品が抜きんでている。またアメリカの大都市を狙った大規模テロ、しかも首謀者は大金持ちの民族主義者、という要素は9.11を経験した我々によりリアルな恐怖感を与える(因みにこの作品が作られたのはテロ以前)。話題の核爆発シーンだが、事前にさほど盛り上げることもなく、突発的に起こってしまう。そのことが、我々の日常でも簡単に起こってしまうような印象を持たせ、かえって恐ろしい。爆発直後の爆心地付近を防護服なしでうろつきまわっていたベン・アフレックがその後もピンピンしているのは苦笑ものだが、エンタテイメントなんで見過ごせる範囲だろう。 さてキャスティング。この作品、一応あのジャック・ライアンシリーズの最新作なのだが、映画のライアンシリーズって日本では“シリーズ”としてほとんど認識されていないので、あまり気にせず観る方がいい。一応、ベン・アフレックがアレック・ボールドウィン、ハリソン・フォードに続く3代目ライアンなのだが、頭でっかちで経験不足気味だがとにかく頑張る青年ライアンはちょっと新鮮だ。まあハリソンの老人ライアンより将来性がありそうで、今後シリーズを続けていくならいいんじゃないだろうか。 ひよっこライアンを支えるのが、モーガン・フリーマン演じるCIA長官。最近出過ぎの感もあるフリーマンだが、やはりこの人はウマイ!シブイ!こういう知的なジジィになりたいもんやね。あと工作員を演じるリーヴ・シュレイバー。『ニューヨークの恋人』でもなかなかいい味を出していたが、この人もウマイ。これからもっと出てくるんじゃないだろうか。 世界各地を舞台にしたストーリーなのだが、その構成や流れはそれほど複雑になっておらず、かといって稚拙でもなく、丁度観易い。登場人物の相互関係もよく整理されている。これは監督P・A・ロビンソンの力量だと思うのだが、この人、メガホンを取ったのは『スニーカーズ』以来、実に10年振り。本当に達者な監督なので、もっと撮ってほしいんだけど・・・。
★★
From: 寅吉(NO MAIL) 8月 12日(月)23時33分34秒
前半のネタフリ部分に緊張感がないため、眠くなる。後半の運びはよかっただけに残念。もう少し登場人物を整理して、見せる人物とそうでない人物をはっきりさせて欲しかった。
From: no reply(NO MAIL) 8月 12日(月)20時30分39秒
娯楽ですね。実際の被爆者の方がこれを見たらどう思うでしょうか。なんてったって最後に婚約しておめでとうなんですから。「落とした」方は気楽なもんです。大統領を無能に描いたり、アメリカがアメリカ製の核にやられるという皮肉なんでしょうが、、、中途半端というかなんというか。まあ、それでも「娯楽だから」といえば一件落着です。血も涙もない極悪非道のテロが核を持つ危険性の恐怖を描いたつもりでしょうが、そういう自分たちは実際に日本に落としてるやんけ、、とつっこみたくもなります。その意味でもアメリカが核を娯楽として描くのはちょっぴりムカッと来てしまいました、、一番戦力を保持している国が被害者面するのはね。
★★★★
From: ロンリーウルフ(NO MAIL) 8月 12日(月)09時16分42秒
予告編を観たときから期待していまして、期待通りだったのでよかったです。特にハリソンフォード主演作品を評価していなかっただけに今回のジャック・ライアンの役割は非常に良かったと思います。残念なのは「核」に対するアメリカの認識のなさ。製作スタッフにひとりでも広島・長崎を訪れた人がいたならば、あんな脳天気な演出にはならなかったでしょう(次回作が放射能障害に苦しむジャックライアンの話なら別ですが)。
★★★★★
From: YK(NO MAIL) 8月 12日(月)00時06分04秒
 思いっきりハマっちゃいました。スカッとしましたよ。テーマが重そうだった割にストーリーがわかりやすかった。核爆弾の威力には「?」がつくけど、話にのめり込めたので評価は満点です。
★★★★
From: 三代目谷口商店(NO MAIL) 8月 11日(日)18時35分13秒
絶対に面白くないという先入観で見たので、まあ結構面白かったです。ハラハラしながら見ることが出来た。でもアメリカは核をなめてるのか?アメリカ人が核の威力があれぐらいにしかおもってないようだったらかなりやばいよ。ベンアフレックはあんまり好きなほうではないけど、今回は良かったとおもう。違う人がやったことのある役って大変だろうからがんばったのでは?
★★
From: 将司(NO MAIL) 8月 11日(日)00時41分32秒
ベンの若いライアンも悪くなかったんだけど…確かに見せ場がCMどおりですから、これは怒る人もいるでしょう。しかも核爆発の被害ってあんなもんじゃないでしょう。パンフレットには「大惨事を見せるのが目的じゃない」みたいなことを書いてたけど、あれだと政府首脳陣と主役カップルは確実に被爆(即死でもおかしくない?)してると思えて、どうにも後半は気持ちが離れてしまいました。やはりベンが主役の大作は、変な設定から抜け出せない運命にあるのか?
★★★
From: イエティ(NO MAIL) 8月 10日(土)22時54分34秒
核をなめすぎだろ。しかも見せ場がCMで見たのとそのまんま一緒・・・。
From: noritama5(NO MAIL) 8月 10日(土)00時33分06秒
モーガンフリーマンにつられて見に行きましたが、良くなかったです。映画全体としても、短期間にチャッチャと作ったようにしか見えないし。ストーリーとしても国策映画丸出しでとにかく斜めにしか構えてみれなかったですね。なによりも、核抑止を否定しているように見えつつ、結局はスパイや情報戦、テロ否定を肯定してしまって、論点がぼやけてしまっている。映画としてどこに重きを置くかが定まっていない。定まっているとすれば、現在の米国政策に重きを置いているので国策映画にしか見えない。演出も、ストーリーも、編集でぶつ切りにされた感じがするし(実際アメリカの編集は切りまくる事で有名らしい。日本のアニメーションもよっぽどでないと、ぶつ切りにされる危険があるらしい)その事によって、リズムはできるがそれだけで、それ以外の物を台無しにしている。これは駄目です。
★★★★
From: 来庵(NO MAIL) 8月 7日(水)09時45分48秒
私はこのBBSで原作と映画化作品を比較することはオカシイと言ってきたことがあるのですがよりによって一番好きで何度も読み返している作品が映画化されてしまった。悪いことに予告を観るだけで設定の大幅変更がプンプン。だいたい何でアタマの悪そうなベンアフレックがライアンなんだ?と、ひととおり怒ったことろで頭を切り換え、まったく違う作品として観ることにしました。設定に無理があることを差し引いても久々に緊迫感のある作品を味わうことができて大変楽しめた。恐らく、昨年の9・11があって大幅なシーン削減をしたであろう核爆発シーンも(DVDで完全版が出たりして)、爆発するぞするぞとディティールにこだわった爆発過程を描くより、突然襲ってくる恐怖が表現できていたと思う。ただ前半は観る人によっては理解しづらいかもしれないことと、CIA伝説の工作員クラークにもっと危険そうな役者さんを配して欲しかったことから★ひとつマイナス。
★★★★★
From: マッチン(NO MAIL) 8月 5日(月)03時16分21秒
「レッドオクトーバー」以来じゃないかなこの緊迫感を出せたのは。トム・クランシー作品のいいところがしっかり映像化できていたと思う。最近のアクションは、目で見えるものにこだわりすぎでエモーションに訴えるものが欲しかっただけに久々に精神的アクションを見られて満足。
★★
From: ひろ(NO MAIL) 8月 4日(日)21時31分50秒
予告を見て期待して見に行っただけに、残念だった。核爆発まで時間掛けすぎだったしモーガン・フリーマンの存在価値が低い。モーガン・フリーマンが雇っていたスパイが一番良かったし、かっこよかった。彼が主役の映画でもいい位。
★★
From: tete(NO MAIL) 8月 4日(日)01時17分33秒
時期的にちょっと不謹慎かもしれないけど、期待してた核爆発のシーンも呆気ないし(もしかして修正入ってたとか)、サスペンスにしても途中からほとんど筋がわかってしまい、あっと驚くどんでん返しもない。主人公ライアンも派手さがないし、米ロ大統領の心理戦をもっと全面に出したほうが面白かったかも。まあそうすると13デイズみたくなっちゃうけど。音楽はまあまあ良かった気がします。