青の炎

満 足 度
68.5%
回答者数23



★★★★
From: ダー(NO MAIL) 4月 27日(日)01時27分17秒
蜷川監督ってことで、前々好きじゃない二宮、松浦主演という壁を叩き壊して見に行きました。叩き壊して良かった。タイトルを出すまでのオープニングの流れからすでにセンスがよくって、いっきに引きこまれてしまった!キャストが良かったのかなーどの人物もすごくリアルで、暗い話なのに見ていてあきないし。二宮くんの演技で気になるとこも多少あったけど、あの役をあくどくなくやるのはかなり難しいんじゃないだろか。ラストの松浦は意見が分かれるとこみたいだけど、私はあのラストが好きです。松浦のアップ長回し。そして、主人公の選択。終わった後に、私が彼と関わることがあったら「それでも生きろ」と言えたかな、って考えて、何回も泣けました。満足です。
★★★
From: 公一(NO MAIL) 4月 26日(土)16時43分19秒
コメディー映画としての笑いは私的に結構受けた。けどある意味違う意味で笑えた。(なんでいきなりあの相撲部屋の親方はおっつけで相手をやっつけるの?基本的に親子の関係の描写はそこまで勘違いしてるとは思わなかった。まだこの映画は他の映画に比べたらずっと心理描写は現実に忠実。けどなんか二宮君を馬鹿にしてるような感があったのは確か。特に悪役である竹中は弱い…うえにアホッぽくて悪役としての味が全然ない。ただぼこぼこ唐沢に殴られるために出てきた感じ。麻薬取引所にいた二宮くんの友達役のルーズな男といい、ゲーセンのエッチ上手おじさんといい、み〜んな馬鹿。何でこんな馬鹿ばっか出すの?って思わず聞きたい衝動に駆られた。まるで日本人はこういう馬鹿ばっかだよ〜みたいな。出てくる日本人には、馬鹿で弱いどうしようもなさそうな奴が目立った。もっとカッコイイ二宮くんを出してあげてもいいんじゃない?唐沢の役どころは基本的に情けなかったけど、「おしん」とキャラ的に似てる。ただ料理のうまさには感心した。凄いよ。にしてもストーリーが薄っぺらくて、あまりにもメリハリのない構成に・・・・・・。結局お気楽なコメディー映画でいきたかったの?にしては笑い的要素が少ない。もちろんサスペンス&アクションとしても全然物足りない。親子の感動映画にしてはアッサリ過ぎる。どれも中途半端で安っぽい映画でした。ただ色々僕としては興味深い映画だったかも。
★★★
From: おひ(NO MAIL) 4月 24日(木)09時45分50秒
ちらほら聞かれる評価と同じく、二宮くんの演技は惹きつけられるものがありました。音楽も素敵だったと思います。印象に残りました。刑事と主人公が最後に交わす一言、家族との別れの朝食のシーンで気分は盛り上がっていたのに、あのラスト。。私には理解というか、納得のいく解釈ができませんでした。また、根本的に殺したいほど義父を憎み嫌う心理が伝わってきませんでした。突然舞い戻ってきた現在の状況というよりも、幼い頃辛い記憶(曖昧ではっきり思い出せないと言っていたが。。)が潜在的に積もっていて。。ということなのでしょうか?そんなこんなで、星3つ。
★★★★★
From: メイ・リン(NO MAIL) 4月 21日(月)11時36分34秒
竹中直人や唐沢はいらなかったけど見た後にジーンときました。
★★★★
From: かりん(NO MAIL) 4月 14日(月)07時48分25秒
映画を見終わって率直に感じたことは、脚本があまり良くないことと、ラストシーンの不可解さでした。あまりにも長過ぎる紀子のアップは、イライラするだけでどう考えても必要性を感じませんでした。死を覚悟しての家族との別れの朝食シーンはグッと来るものがあって良かったのに、あのラストで感動が半減してしまい残念でした。秀一を演じた二宮くんの演技は、期待していた以上に素晴らしかったと思います。テレビから受ける印象とは全く違い、俳優としてのセンスと才能を感じました。その彼とテーマ音楽の美しさに☆4つあげたいです。
★★★
From: おっ(NO MAIL) 4月 13日(日)12時38分00秒
皆さん書かれていますが、二宮和也の演技すごく良かったと思います。今後も期待したいです。17歳の少年犯罪と青春の闇の部分というテーマはいいのですが、僕にはあまり響かなかったです。ラストもなんか淡々としすぎだったような。全体的には可もなく不可もなくといった感じです。
★★★★★
From: ち〜こ(NO MAIL) 4月 11日(金)12時03分39秒
すごい良かったぁ。。1人で見に行きました。あまり二宮君は好きじゃなかったんだけど、あの演技には参りました。家族を守るためにするしかなかったという、17才のあまりにも切ない思いがよく伝わってきました。秀一の部屋なども孤独感がどことなく感じられて良かったな。背景もキレイでした。個人的に刑事さん好きでした。後半の1言、泣けました。。はるかと秀一の会話でも泣いてたし。私はとにかく泣きっぱなしだったなぁ。ラスト、辛かったなぁ。とにかく見て欲しい作品。蜷川監督万歳です!!
★★★★★
From: KABE(NO MAIL) 4月 10日(木)20時54分27秒
家族が元に戻るには殺人という手段しかない、と思いつめる純一の孤独とせつなさ、そんな息子の気持ちに気づきながらも、自分の中の女に負けてしまう母親。どちらもよく伝わってきました。ラスト、紀子がカメラ目線でにらむくやしそうな顔、純一を追い込んでしまったものすべてに憎しみをぶつけてるようでした。内容的に「青春の殺人者」を思い出しましたが、私はこの映画のほうがずっと面白かったと思います。二宮くんがあんなにうまいとは思わなかった!これから原作を読んでみようと思います。
★★★
From: KAZU(NO MAIL) 4月 9日(水)20時20分49秒
ATG,昔の日活映画を思い出した。ビデオ借りてこようかな。
★★★★
From: yanmo(NO MAIL) 4月 7日(月)17時56分03秒
前半は結構楽しめました。前半のクライマックスといえる二宮くんが汗だらけになってる場面の二宮くんの演技は凄かったと思います。最後の二宮くんと松浦の会話は泣きそうになりました。
★★★
From: はるか(NO MAIL) 4月 7日(月)00時34分11秒
松浦あやちゃんのあのよくわかならい?演技がこの映画にはあってた気がしました。二ノ宮クンの演技も、自然でよかったかな。
From: はみ(NO MAIL) 4月 3日(木)01時52分13秒
どういう人に見て欲しくて、どう感じて欲しくて、そのためにどのように映画を作るべきか、そういうのがバラバラの方向に向いてしまっている残念な作品でした。少し期待していただけに、後に残るような作品とは思えなくて残念でした。
★★★★
From: アフロの美術教師(NO MAIL) 3月 31日(月)17時41分33秒
原作は見ていなかったのですが、とても丁寧な作りな作品でした。うまく言えないんですが、なんとく自分の波調にしっくりくる作りでした。二宮君は思ったよりも良かったですが、作品の完成度の高さのなかではあと1歩とも感じました。でも、下の書き込みの方も言ってるとおり将来に光るものを感じました。松浦亜弥はあの二コリともしない役柄が合ってたのではないでしょうか。個人的には、刑事役の中村梅雀の「君のことがもっと知りたくなったよ・・」という言葉に、二宮君がちょっと笑み(だったと思うんですが)を浮かべるシーンが胸にぐっときましたね。
★★★★★
From: sato(NO MAIL) 3月 31日(月)13時40分45秒
二宮くんの演技にひきこまれました。原作を読んでしまっていたので物足りなさはあったが十分楽しめた。嵐ファン、松浦ファンだけではなく、もっと幅広いたくさんの人に見てもらいたい。みなさんと同じく、今後の二宮くんに期待大。
★★★★★
From: 3℃(NO MAIL) 3月 28日(金)19時36分51秒
アイドルが主役と言うことで、客層が限定されてしまっているのが残念だ。主役の二宮和也は役者としての演技をもっと多くの人に観てもらい評価されるべきではないかと思った。映画の内容では説明不足で不充分なところもあるが、切なさをじっくり噛締めることの出来るいい作品となっていると思う。また映像や音楽も心に残るものがある。
★★★★
From: あり(NO MAIL) 3月 25日(火)00時51分31秒
友達がタダ券を持っているというので、この映画を見ました。正直アイドル満載映画ということで期待はしてなかったのですが、そのせいかなかなか面白かったです。二宮くんの演技には驚きました。監督があれだけ絶賛していたので、逆にちょっと不安だったのですが、秀一の孤独感、ただ小さな幸せを望んだゆえの犯行。なんだか見ていて切なくなりました。松浦さんは、よかったのか悪かったのか、いらない存在だったのかよくわかりませんが、声のトーンをもう少し下げたりすればよかったかなぁと思いました。なんだかクラスで浮いた存在というのが出ていないような気がしました。空の青がとても綺麗だったのが印象的です。二宮くんの今後の役者人生に期待します。
★★★★
From: JUN(NO MAIL) 3月 21日(金)19時02分15秒
途中で間延び感はあったものの最後のシーンは見終わった後じーんときました。17歳という多感な時期をうまく表現しており自分のその頃をふと思い出しました。蜷川監督が二宮くんを惚れ込んで起用したのも分かる気がしました。アイドルだと思っていた二宮くんの今後が楽しみです。
★★
From: @4区(NO MAIL) 3月 21日(金)00時40分01秒
二宮のシャワーシーンに免じて星2つ(笑)「原作、原作」というのは大嫌いなのだが、以前に読んでしまっていたので仕様がない。原作と比較しながら映画を見てしまった。多くの原作読了者が感じるのだろうが、「他に描く部分あっただろ」ということ。幼児的な全能感を持った主人公が完全犯罪を図るも大人(社会)により脆くも崩れ去る過程がこの作品の眼目だと考える。それがなんだ、テレコにベラベラと声を吹き込むだけの主人公とは。愕然、呆然。原作未読の方が面白かったと評価されているようなので、原作は読まないで見に行くことをおすすめする。二宮ならあれくらいの演技はするだろうと。それよりも松浦を評価する声がないのはなぜか。良いとも悪いとも評価がない。ただ評価対象にないってないだけのか(笑)
★★★★
From: 記者(NO MAIL) 3月 20日(木)01時45分38秒
完成度の高い作品。原作は読んでない。映画として大変良かった。映画だからって大きなドラマを造る必要がないと思う。そんなあたりまえのことを気づかされた。この映画は話の舞台は狭いし、テーマも少年の殺人だけ。だけど、その分、細部をきっちりと丁寧をつくっている。なので、ストーリーが理解しやすく、安心して楽しめる。かつテンポよく進むので、全く退屈しない。こんなに丁寧な映像作品は久しぶりに見た。昔の良質なNHKのドラマみたい。「13階段」(★2つ)はこの逆。舞台やテーマ自体は大きいが、細部が雑なので、結局陳腐な作品になっている。見比べると、「青の炎」の丁寧さが分かる。
★★
From: 亀吉(NO MAIL) 3月 17日(月)23時36分02秒
原作のファンだったので期待が大きかった分 少々がっかりでした。蜷川幸雄が監督ということなので単なるアイドル映画にはならないと思っていたのですが 二宮も松浦もアイドルとしての知名度がかなり高いため どうしてもテレビ等のイメージが重なって先入観なしでは見れませんでした(観客のほとんどの人が二宮OR松浦のファンって感じの人ばかりだったせいもありますが)松浦の役も全く感情移入できなかったし 刑事が主人公を追いつめていく過程があまりなかったのも残念です。でも 他の方が書いてあるように二宮の演技は良かったのは同感です。 
★★★★★
From: spring(NO MAIL) 3月 17日(月)13時32分38秒
正直、思っていたよりずっとよかったです。蜷川の映画ということで、観てみましたが。ちょっと貶すつもりもあったのですが、私達の世代には妙にノスタルジックに感じられる部分もあって、観た後、時間とともに印象が良くなってきたような。映画的には星3つ半から4つという所ですが、主演の二宮和也君の役者としての魅力に参ったので、ゲタ履かせときます。
★★★★
From: 百合(NO MAIL) 3月 16日(日)17時27分58秒
蜷川さんの舞台演出家としての抽象的な小道具の使われ方が面白かったです。部屋の蛍光灯を一つずつ消した後、シャッターが開いて明るくなる等、又水槽に重要な心理描写の役割をもたせていました。ただ、全体的に説明が少なく犯罪を犯す少年の苦悩がそういった抽象的な描かれ方をしているのでアイドル映画というくくりにするには、少し難解な感じ。主人公の二宮君の孤独を内在化した抑えた演技は上手だったと思います。ピンクフロイドの唄の歌詞を踏まえた使われ方や東儀秀樹のピアノ曲が非常に映画に合っていて良かったです。
★★★★
From: deu(NO MAIL) 3月 16日(日)16時55分38秒
思っていたより面白かったと思います。主人公役の二宮君の演技が凄く良かったのが印象に残りました。それとは対照的に松浦亜弥がちょっと・・・原作は読んでないのですがストーリーはまあまあかな。可もなく不可もなくといったところです。ラストはああやっぱりって感じですね。重い話なので一回見れば十分ですが、二宮君の演技は一見の価値ありだと思います。