あずみ

満 足 度
54.5%
回答者数59



★★★
From: にちお(NO MAIL) 6月 20日(金)09時59分58秒
マンガの「あずみ」が好きだったんで、イメージが(^^;喋りながら人を斬りつけている姿を見て、桃太郎侍が頭に浮かんだのはここだけの秘密(爆)
★★★★
From: リオン(NO MAIL) 6月 11日(水)00時38分11秒
最初の30分は、若手俳優(刺客たち10人)の軽薄な演技ばかりが目に付いて、「大丈夫かコレは」とかなり不安でしたが、観てるうちに………面白い!カメラワーク、テンポの良さ、脚本、ベテラン陣の演技他でカバーして余りあるほど、良く出来てます。上戸彩は、正直よく頑張ってたと思います。(プロ相手にこういう評価は嫌いだけど)次第点だけど、声に重みがないのが残念。
★★★★
From: (NO MAIL) 6月 10日(火)23時43分39秒
 終わった時、ジェットコースターから降りたような気分でしたw。つっこみどころはたくさんあるけど、(CGはそれでいいのか?爆発シーンはウルトラマンの変身か?etc)面白かった。カメラワークも円の動き撮るなら,俯瞰でとればいいのにとか思ったけど、それなりによかったです。あずみの殺陣は思ってたほどひどくなかったよ。今後の成長たのしみです。
★★★
From: ディオゲネス(NO MAIL) 6月 9日(月)18時22分18秒
原作ファンなので見に行きました。上戸彩主演ということで、どーなのかなぁ…と思っていたのですが、意外とよかったです。恐らく原作を知らない人なら、かなり満足できたのではないかと思います。しかし、原作を読んでいる人間としては、言いたい事は沢山あります。特に気になったのは、爺とうきはです。あれでは爺はただの「ヒドいじーさん」、うきはは「仲間の中で浮いてる奴」。しかも双頭刃の使い方もなんだか…しかも、最後に「次は……だ!」なんて言ってしまっていいのか?まさか続編はそれでいくのか?と、文句は沢山ありますが、一応合格点はあげられると思います。
★★★★
From: ゆう(NO MAIL) 6月 8日(日)17時14分23秒
最後の方でだれてしまった感もありましたが、かなり楽しめました。上戸彩ちゃんの着物を着た場面がとてもかわいくて殺伐とした映画の中で癒されました。納得いかなかったのは八重ちゃん、あんなに近い人たちがどんどん殺されてしまったのに、なんであんな平気な顔してたってるの?もう少しジンとくる演技をして欲しかった。あと美女丸の狂いっプリ最高です!!ほんと見てて気持ち悪くなった。あれがオダギリジョーの「素」なんでないかとこわくなったくらい、はまってました。続編は要らないけど、もう一回見てもいいな☆
From: ななこSOS(NO MAIL) 6月 5日(木)15時12分30秒
おごりで観たから、どうでもいいんだけど。華奢で運動神経なさそうな上戸彩を無理やり撮影テクニックでそれっぽく見せようとして、ただただ疲れた〜アイドル映画としてみれば、それなりなんだろうけどネ!
★★★★
From: ミサイルマン(NO MAIL) 6月 1日(日)16時41分07秒
ねたばれありつっこみどころ満載ですが痛快時代劇でよかったと思います「上戸彩には荷が重過ぎ」という意見をお持ちの方それは「上戸彩」に期待しすぎなのでは、、、その方たちよりも辛口になりますが「アイドル映画」ではなかった内容だっただけに「演技派女優」に演じて欲しかったなー清正(影武者)襲撃シーンの刺客の登場の仕方とひゅうがが死ぬところは良かったなーかっこいい殺陣とその撮り方のうまい監督だなと思いましたただ 猿が牢屋から囚人を放すシーンあの囚人は美女丸ですよね?あれ よくわかんなかった目だけだったし、、、あと爺が最後に「来るな」って言ったシーンあれはその為に死んだ子供達に失礼な発言だよ美女丸とうきはははまり役でしたね2人ともうまかったやっぱ2作る気なんでしょうね、、、じゃなきゃながらと勘兵衛が生き残る意味がわかんない次回作作りますって感じのラストはいやらしすぎたかな、、、
★★
From: ふらっぺ(NO MAIL) 6月 1日(日)13時19分06秒
スピード感があってよかったとは思うんですけど私イタイって感じの苦手でずっと眉間にシワよりっぱなしで疲れちゃいました・・・。
★★★★★
From: チバック(NO MAIL) 5月 31日(土)13時45分35秒
ぼくは上戸彩のファンではない。それでもバカバカしい筈の映画が滅茶苦茶オモロかった。あずみの滅多やたらと強いところが痛快だったよ。
★★
From: みかん(NO MAIL) 5月 30日(金)10時05分38秒
残念だなぁって感じ。もっとおもしろくできたはずなのに・・・って思いました。でもオダギリ・ジョーだけは○だったかな〜。
★★★★
From: マークン(NO MAIL) 5月 28日(水)22時33分27秒
アイドル映画というなかれ・・・。思っていたよりしっかりした作りの映画でした。殺陣については「魔界転生」より良かったのではと思います。360度くるくる回るシーンは目がまわりそうでしたが・・・。パート2もあるのかな?
★★★★
From: toto(NO MAIL) 5月 26日(月)11時14分27秒
200人斬りのシーンでワイルドバンチを思い出した。上戸彩の殺陣がシャープなら惨さが強くなり過ぎる。娯楽映画は楽しくてちょっと気になる位がいい。
★★★
From: キューブ(NO MAIL) 5月 25日(日)23時03分25秒
アイドル映画と思ったのが第一印象。上戸さん、顔がアップになってもすごく綺麗な顔でした。クルクルシーンはCMでも見ていたけど3回周るのには笑った。映画観て目が回ったのは初めてで遊園地みたいです。この効果は良いのか悪いのかは分からないが印象には残りました。
★★
From: ボウイ(NO MAIL) 5月 25日(日)03時10分45秒
また宣伝にだまされた。               原作がよかった人だけ見ればいいのかなと思う。アイドル映画は、これだからな・・・でもオダギリ・ジョーは結構よくてビックリした。 
★★★★
From: ごんた(NO MAIL) 5月 23日(金)12時43分37秒
あっという間に終わったという感想。時間の制約があって、ストーリーが駆け足になってしまったんだろうなとは思ったのだが、序盤が「ここはもう少し長くしてほしい」と思える場面が多く、若手の味のありそうな役者さんたちが、早々に姿を消していくのを、とても惜しく感じた。最高の面白さというのではなかったのですが、続編があったら、きっと又見に行ってしまうだろう。小栗君の「なち」は、なんか清々しくて泣けた。「あまぎ」の金子君が男っぽくて驚いた。彼、上手い。別の作品も見たくなる。美女丸、うきは、ひゅうが…今までさほど強い魅力を感じた事のない役者だったけど、この映画で初めて記憶に焼き付いた。オダギリジョー、面白いのもいける。ストーリーは制約があるから仕方ない。でも、個人の魅力を強烈に感じさせる映画というのは、やっぱり見る値のある映画なんだと思う。上戸あやちゃんは、素材がいい。あとは、色々な意味での「力」が付くと、次回のあずみは、もっといい作品になるとおもう。
★★★★
From: yoshi(NO MAIL) 5月 23日(金)01時15分45秒
観る気なかったのですが、海外での評価が高いというので拝見。上戸彩主演映画って事は売れっ子アイドルバリバリの時代劇なのかと思いきや緊迫感もあり迫力もあって時間を感じさせないおもしろさでした。全然知らなかったのですが、「Versus」の監督なんっすね。戦闘シーンの雰囲気が似ているなぁと思ったのはそれでなのか。すいません何も知らなくて。(笑)こーいう作品なら海外の人にも喜ばれそうですね。日本でしか作れない作品でしょうから。続編も是非期待してます。
★★★★★
From: 隠密魔人(NO MAIL) 5月 22日(木)15時59分13秒
やっぱ日本映画は時代劇ですなぁ(爆)ハンドルネームの通り結構こういうの好きです。いいですいいですいいです!アクション、ドラマ、かわいらしさ、小ネタ!バランス良く組み込まれてて。以下ネタバレ一箇所だけいらないと思った部分・・・飛猿が爆発で吹っ飛ぶドリフのコントチックなシーン・・・やめて欲しかった〜・・・。次回は真田家との戦いっすか?幸村も当然出てくるでしょう。飛猿はまだ死んでない・・・当然次回作では・・・あの人物!?楽しみだぁ
★★★★
From: らら(NO MAIL) 5月 22日(木)14時36分56秒
とにかく難しいこと抜き!かわいい女の子がバリバリ殺陣を決めていくのは爽快。脇の若手俳優もみんな美しいし、娯楽映画らしく楽しめました。主人公たちの葛藤や思いを混ぜながらテンポよく話がすすむので、時間の長さを感じさせなかったのも良かった。ただ、ショボイCGとラストがダラダラした感じは否めないので★−1。
★★★★★
From: よっしー(NO MAIL) 5月 21日(水)19時08分18秒
原作と少し違うけど、これはこれでおもしろかった。殺陣もなかなかで、話の流れもスムーズだし、なにより上戸彩が最高にかわいかった。注文をつければ、月斎の子供達に対する愛情をもっと出して欲しかった(原作のように人形作ったり)。あれじゃ死んだやつらがうかばれないよ。次回作もあるのかな?
★★★
From: KAZU(NO MAIL) 5月 21日(水)16時01分14秒
思ったより良かった。少なくとも「魔界転生」よりは断然良い。上戸彩もかわいかったし、殺陣も悪くなかった。斬新な360度回転のカメラも新しい絵だったし。2時間半は長く感じなかった。
★★★
From: 記者(NO MAIL) 5月 21日(水)00時26分21秒
酷評されるほど、そんなに悪くない。飽きずに見ることができるし、上戸さんは可愛かった。原作を読んでいないので、納得できないところもあったが、まぁ上戸さんを見ながら、のんびり楽しむと思えば、いい。空き時間があって、何か映画でも見ようかという気分の人にはオススメ。
From: おっき(NO MAIL) 5月 20日(火)00時43分17秒
鬼気迫る殺陣シーンを期待して観にいったのですが…。撮影技術での建設的な工夫があったのはわかりますが、そもそもアイドルっ子に、殺陣は無理なのではないでしょうか。上戸彩の迫力に欠ける立ち回り、なんとか技術でごまかそうとしている必死さが、なんだか私には感じられてしまいました。なかなか健闘していたんだけど、やっぱり死に直面した瀬戸際の戦いにおける、毅然としたサムライスピリット、と同時にあわせ持つ殺気。アイドルには荷が重すぎるような気がします。
★★★★
From: FAVRE(NO MAIL) 5月 18日(日)19時57分57秒
オダギリジョー最高。きゃー。あの子すごーい
From: ai(NO MAIL) 5月 18日(日)17時02分33秒
ごめんなさい!!!!!!あまりにも酷過ぎてねちゃいました!!!もうこんな映画作んないでください!
★★★★
From: けいすけ(NO MAIL) 5月 17日(土)22時28分32秒
「あずみ」、特に序盤から中盤にかけて、”戦うことの虚しさ”が出ていてよかったです。オダギリジョーさんも予想以上に怪演だったし、”オードリー”岡本綾さんは貫禄?、あずみ役の上戸彩さんも少女の幼さと刺客としての厳しさが同居していてよかったのではないかと。他にも佐敷三兄弟(特に長男)など、面白いキャラもいて、そういう点でも楽しめた!ただ、やっぱりあのグルグル回るシーンには目が回りました。。
★★
From: (NO MAIL) 5月 17日(土)02時59分21秒
刺客として純粋培養された彼らの刹那の生き様、あずみの殺気が伝わらないもどかしさ。仲間達を失いながらも使命を果たすというのに、あんなに無邪気?でいいんだろうか。おもちゃの刀じゃないんだから・・・何人ぶった切るか、という数や血しぶきの量じゃないと思うんだけど。多彩な敵キャラの登場するシーンはワクワク。なのに、彼らと太刀を交わすシーンでは殺陣が意外に単調。全体にもっと短くした方が展開がダレないかも。カメラアングル、CG、ワイヤーアクション、欲張っている割には、いまいち。「versus」のもつ特異な世界観に注目した監督だったのになぁ。でも、独特の熱気やパワーが新鮮に感じられたので、次に期待します。
★★★★
From: pegasus(NO MAIL) 5月 17日(土)02時44分11秒
彩ちゃんには、まだ、目力は無いが、そこがまたよかったかも。でも、なんといっても、オダギリジョーの怪演が非常によろしいです。ごりっぱ。久しぶりに、楽しい剣劇だったです。やっぱ、日本人は、剣やなあ、と思った作品。DVDが出たら、絶対買います。何度も観たい、アクション。
★★★★★
From: さよ(NO MAIL) 5月 16日(金)18時35分15秒
戦闘ものとかすごく好きなので、すごいおもしろかった!!彩ちゃんが妙にかっこよかったし、小栗くんとかすっごく存在感があったと思う。興奮したし感動しました☆公開を待ってた甲斐がありました!
★★★
From: Jet_Mi(NO MAIL) 5月 14日(水)12時41分28秒
あずみのスピードがまるでナシ。骨ごと斬っても柱ごと斬っても、他の時と力加減が一緒。200人斬りでも、圧倒的な強さは感じられない。各シーンの登場、殺陣に行くまではいいんだけど、いざ殺陣が始まってしまうと・・・、なんかもったいなかった。それなのに上戸彩は頑張ってたって評価は厳しいね。逆にもっと頑張ってほしかった。
★★★★
From: やんすけ(NO MAIL) 5月 14日(水)08時25分20秒
中盤だれる。クライマックスへの持っていきかたが弱いのかな。あとあずみの人間的描写とアクションシーンとのバランスの折り合いに監督の苦労を感じた。やっぱ人間描写はヘタな監督さんだなぁ。でも面白い。上戸彩のがんばりとアクションシーンのカメラワークだけで十分楽しめる。テンポもまぁまぁよい。続編期待。
★★★★
From: えなりーかずきー(NO MAIL) 5月 14日(水)02時38分06秒
(ねたばれ)座頭市とか修羅雪姫の方が上。VERSUS最後のチャンバラよりもスピード感がない。日経エンタで殺し合いとカメラグルグル知ってたから、衝撃度ゼロ。物理学を無視した落下シーンは激萎え。上戸彩のエクステンションは萎え。ドラマが弱いのは不真面目なシーンのせいでは?時代劇に対する皮肉を込めた背中刺し。VERSUSにもあった背中合わせ。不細工ヒロインに似ている岡本綾。リーゼントはあの人だからアリ。クライマックスの登場シーンのカッコ良さ。最後の後ろ姿のエロさ。以上がプラスポイント。
★★★★
From: ボッツ(NO MAIL) 5月 13日(火)19時32分43秒
はっきり言って俺も期待してなかったです。けど、結論からいうとおもしろかったです。上戸彩もアクション素人としては、十分なほどです。一般人には、まったく気になりません。あと、CGがショボイのは、ハリウッドでさえ、まだまだなのでだまっておきます。良い点は、監督がかっこよく見せる方法をよく勉強したんだな、と思いました。カメラワークがいいのかな?クルクル回るのはダメだけど。言いたいことは、あずみは罪のない人を助けないで、うらみもない人をなぜ殺さなくてはならないのかということで爺に疑問をもったのに、その考えに対する決断がないまま過ぎてったような気がする。これからの北村監督やキャストや続編があったらの希望も込めて☆5つといきたいところだけど、猿のキャンキャンと爆発の時の死に様が雰囲気を壊していたので4つ。
★★★★
From: りょー(NO MAIL) 5月 13日(火)15時19分49秒
特に期待していったわけでもなく、原作も知らない「素」の状態で観ました。なかなか面白い!X−メンのようにキャラが多いわりには、「この人誰やったけ?」的なこともなく、それぞれに見せ場があります。敵も味があって、なかなかに楽しめました。けれど物語後半から、少しおかしくなってくる。最大の見せ場なのに不釣合いな演出が目立ち、盛り上がに水を差す。トビ猿の爆発シーンはできたらカット。なかなか終わらないエンディングもシンプルに。戦闘シーンの早送りはヒョコヒョコしてコミカル・・・。とはいうものの、単なるアイドル映画で終わらずカメラアングルもがんばっていて次回作(?)には大いに期待してしまいます!
★★★
From: ベム(NO MAIL) 5月 13日(火)11時44分58秒
ここの皆さんの感想、面白いですよね。「トライ」の時なんか、賛否の意見がそれぞれ意地張ってるみたいだったけど、今回は皆さん評論家になれるんじゃないのっててくらい、きちんとした意見言ってるわ。それだけ、何かヒトコト言いたい、っていう作品だってことなんでしょうね。
★★★★★
From: マイコー(NO MAIL) 5月 13日(火)09時00分13秒
えーと、原作知ってるものでこの映画を見ると文句もあるし、突っ込みどころも満載。でも、やっぱ「あずみ」に挑んだ方々に敬意を表したいし。上戸 彩の演じるあずみはすごく良かったです。仲間達も結構頑張ってましたし。これはB級映画と思えばかなり上出来な作品。A級映画だと思うとちょっときつい。そのへん割り切って見たらいいかもね。最初の清正を襲うシーン、飛猿の登場や忍者の登場シーンはすごい格好良かった。ついでにあずみの登場シーンもしびれました。大甘で★5つつけます。
★★★
From: フカポン(NO MAIL) 5月 12日(月)23時50分23秒
ちょっと長いな〜という印象を受けました。ほとんどアクションシーンだけで、2時間を一気に見せたVERSUSのような切れのよさは、残念ながら薄かったかな。原作を意識しすぎたんでしょうか、あれもこれも詰め込みすぎて、話の焦点がボケてしまった感じ。もっとエピソードを絞ったほうがよかったと思います。アクションはお金も手間もかけ、特に出演者もがんばったと思います。しかし、それだけじゃダメだということを、VERSUSで証明したのは北村監督自身じゃなかったでしょうか。せめて「五条」レベルのインパクトを感じさせて欲しかった。酷な言い方ですが“フツーのよく出来たチャンバラ映画”といった感じですか。(見所)上戸彩はよかった。彼女をカッコよく見せるための映画といってもいいです。原作同様、あずみに対する切ない気持ちを彼女にも感じることができました。オダギリジョーの妖艶な演技も秀逸。この二人だけでもこの映画を見る価値はあります。評価は期待した分、ちょっと辛目です。自作、「ALIVE」「荒神」に期待します。
★★★
From: ロメオ(NO MAIL) 5月 12日(月)23時38分58秒
アクションはそれなりにアイデアがちりばめられていて良かったんだが、やっぱり邦画のアクションにはいつもながらの限界を感じさせられたな。まずCGがしょぼいってのはお約束だな。日本にもこの方面での優秀なクリエーターはいるんだけどやっぱり予算の問題なのかな?ワイヤーワークがね、もろに釣られちゃってますよって感じでだめ。香港やハリウッドと比較して単純に技術的に劣っている。長年のノウハウの蓄積の差なんだろう。肝心の主人公の殺陣がなんか切れがないね。もう、刀を重そうに持ってる感じがしちゃってる時点でだめ。これはアクション映画としては致命的。ジャッキーチェンしかり、ブルースリー、スチーブンセガールなどなど、主人公の身体能力ってのはアクション映画においてはホントにそれだけでも何とか成ってしまうくらいアクション映画にとっては大事。いかに演出やカメラ割りで工夫したって限界がある。体の切れや身のこなしにがすべてではないが、最低限映像になったときに、生き物である人間が動く事への驚きや美しさが表現されないんであれば、アクション映画を作る意味がない。あとやっぱりアクションシーンの尺が長いね。もう少し切っても良かったかも。上戸彩の殺陣が見れないだけに余計に怪しいところは心を鬼にして厳しく切ったほうが適度なテンポがでて良かったかもね。監督が狙ったマッドマックス的な世界観を日本の時代劇に再現する試みはかなり上手く行ったんじゃないかな。あのキチガイ殺し屋兄弟の描写はどっかで見た感じはしたけど良い味が出てて良かった。ああいう風にコミカルに適度なエログロを盛り込むセンスはいかにもエンターテイメントしてるって感じでナイスだね。まあ良くも悪くも日本アクション映画の現在地って感じがしたな、この映画。確かに80年代のJACからしたら一歩二歩くらいは進歩した感じはしたけど世界はさらに先に行っちゃってるし、、、マトリックスの予告編流されちゃうとね。。。。
From: road(NO MAIL) 5月 12日(月)22時52分02秒
原作ファンだし、それを抜きにしても今までにない時代劇を見せてくれそうだからかなり期待して見に行ったんだが・・・。結果はかなり残念な仕上がり。仲間同士の連帯感がイマイチ感じられないので、クライマックスで爺を助けに行くときの必然性が感じられずそれに伴う爽快感が感じられない。ストーリーに関しても、予測できない展開に興奮する原作と比べると、かなりベタになっていたところも不満。このごろ日本のCGもましになったかと思ってたのに、相変わらずのしょぼいCGにはがっくり。売りにしているアクションシーンもスピード感がなく、退屈。刀も全然切れそうな感じがしない。同じ日本刀を使ったアクションなら中国映画「クローサー」の方がよっぽど新しくてカッコ良かった。とにかく残念な結果でした。はぁ。
★★★★
From: ジン(NO MAIL) 5月 12日(月)22時12分04秒
ダイヤの原石。監督、上戸彩、オダギリジョー、若手俳優、それぞれがこの先にそれぞれの最高傑作を生み出す「過程の作品」と感じました。いい意味で、次回作に期待しています。
★★
From: ヒサ(NO MAIL) 5月 12日(月)21時14分40秒
長すぎですね。2時間半もある理由も意味もあまりないし。やはりこの監督はもっと短い尺でスピード感あるものを撮るほうが向いてると思います。問題のギャグ要素は意図してというより耐え切れなくなってつい撮っちゃった感がある。上戸彩の殺陣はけっこう見れたので良かったです。新人の使い方は上手い方だと思う。自分はアクションだけ期待して見に行った人間なので、まぁそれなりに見れたけどなにも知らない人、特に原作好きで何も知らない人が見ると評価低そうだなぁ。まぁ下の方も言ってますが、アクションモ無難といえば無難で変に毒が無くなって大体予想範囲内だし、もっとぶっ飛んで欲しかった。荒神に期待。
★★★★
From: 1.名前は聞かない(NO MAIL) 5月 12日(月)19時34分07秒
いま旬の上戸さんがだんだん殺陣が上手になっていく様子がわかります。最初は腕の動きが遅く、次のシーンでは早送りになり心配しましたがその後は良くなっていきます。殺陣の練習ができなかったんだろうな。北村監督の次回作を楽しみにしています。『修羅雪姫』の釈さんの様にはいかないけど上戸「あずみ」良かったです。
★★
From: きんとき(NO MAIL) 5月 12日(月)14時47分30秒
長い。ぜい肉を落として、せめて2時間に収めてほしい原作は読んで無いが、原作は原作、映画は映画で割り切ってメリハリのある脚本に仕上げてほしかった。話の展開や細部に無理が多くアラが目立ってフィクションを維持できていない。あずみの立ち振る舞いも含め作品全体の印象も「妙にお行儀の良い時代劇」と言う感じ、殺るか殺られるかの緊張感や迫力も薄かったドラマも平板で奥行きが感じられず残念、台詞が現代的なのも気になった。俳優はオダギリジョーが抜群に良かった、上戸彩も頑張っていたと思う。上戸彩の出演シーンでは彼女の脚ばかり見ていた気がする、細すぎず綺麗な脚だった、ここは高得点。特種効果に頼り過ぎた感の有る映像づくりも含め制作者の方々はもっと時代劇の旧作・名作を見て研究して欲しい。
★★★
From: ぴっける(NO MAIL) 5月 12日(月)13時32分24秒
もったいない!ホントにもったいない!加藤清正(影武者の方)を襲うシーンなんてゾクゾクしたのに。この監督さん、格好良く撮るのは非常に上手だと思います。原作のファンなのでどうしても比べてしまうのですが、月斎(原田芳雄)が死んでいった子供達のために少しでも悲しむシーンがあればもっと最後の200人斬りに感情移入できたかも知れません。上戸演じるあずみは、彼女しかマジでできないでしょう!言いたいことはいっぱいあるし、何とかしてくれってところもあるし。でも、なんか好きです。この作品。
From: クライトーンの親友(NO MAIL) 5月 12日(月)10時57分00秒
イヤ〜参った。「ヴァーサス」の監督だけにアクションだけは見れるだろうと思っていたが、物凄い退屈でした。色々と制約が多くて好き勝手に作れなかったんだろうかと、余計な心配までしてしまう始末でした。まず刺客のガキンチョ達が全く強いと思えない。当然あんだけ沢山人を切ってるんだから強いのだろうけど、ビジュアルとしてそれを感じられないと駄目だと思う。んでもってオダギリジョー。ああいうビジュアルでああいう設定なら当然そういう演技になっちゃうよねって、もう全くもって当然のものしか見せてくれない。期待を裏切るとか、予想を超えるとかってのが全くない。まぁ、無難でそれでイイと言えばいいのかもしれないけど、見てる側としてはつまらなかった。唯一飛び出たキャラだけに、勿体無かった。非常に底の浅い作品だと思ってしまいました。
From: もりもり(NO MAIL) 5月 12日(月)10時00分25秒
原作を知らなかったんだけど、それでも退屈だったね。監督もハリウッドに見込まれたようだけど、見てるほうは嫌になるカメラワークだけどハリウッドは確かに好きそうだった。人物描写は使命と斬る事の簡単な葛藤だけに終わっている気がして、感情移入しずらかった。演技派の俳優の使い方ももったいなかったし。キャラ多い割にはギャーギャーうるさいのばかりだったし。上戸彩に期待してたんだけど、物足りなかったかな。演技は『金八先生』で話題になったぐらいだから分かるんだけど、殺陣に途中までキレが感じられなかった。でもなかなかかんばったんじゃないかな。すでに自作の噂があるようですが、ちょっと見え見えだしストーリーをうまく作るのが難しいのでは…>よいき(若干ネタばれあり)途中までキャンキャンって聞こえるの空耳かな〜って思ってたんだけど、あれってサルのくせに『俺の鼻は犬なみなんだよ』にかけてるんじゃないでしょうか?
★★★
From: よいき(NO MAIL) 5月 12日(月)08時55分57秒
う〜ん…。残念だなってのが正直な感想です。何が残念なのかわかりかねてるというのもあってどう言えば良いのかわからんけど、上戸さん演じるあずみはすごい良かったと思います。かなり頑張ってましたよね。でも、やっぱあずみはあんまり受け太刀しない方がいいと思うんです。もっと早くても良かった。だから忍者どもを森の中で斬るシーンが一番好きでした。あとは設定変えてあるのは映画だから仕方ないんだけど、ちょっと強引さが目立つ。無理矢理200人斬りに持っていったフシが見え見えです。なんであずみは人を斬るのか?もう少し葛藤がほしかった。最後の清正を斬るシーンがいっちゃん気に入らなかった。スッとやってほしかったんだけど、あんな派手にやられたら嘘くさくてたまりません。あと飛ザルのキャンキャン吠えるのも何故?って感じで。しょぼいCGなんて使わなきゃ良かったのに。あずみは力ではなく、一瞬で斬る!です!上戸彩がかなり格好良く見えました。美女丸も妖しさ満点でgood!でも3兄弟がキャラ的には最高だったかな。いろいろ文句ありますが、続編あってもいいと思います。
★★★
From: 背番号02(NO MAIL) 5月 11日(日)23時17分26秒
あのオダギリを何故皆褒めないんだ。すげぇ〜怪演だったじゃないか。彼がいなかったら何の見どころもない映画になったと思うけど。
★★★★
From: さえ(NO MAIL) 5月 11日(日)23時10分20秒
素直に楽しめました。ところどころ「そりゃないよ!」ってところやよけいなCGもありましたが…まぁご愛嬌ですね。上戸彩ちゃんの殺陣、見る前は不安でしたが細いながらもがんばってましたよ。殺陣のなかにも女性らしい可憐さがあってよかったです。周りの男の子たちも凛々しくて美しくて○。特にうきはのラストがかっこよかった。長かったけど飽きさせなかったので最後まで楽しめました。竹中直人は加藤清正というよりやっぱり秀吉って感じ?(笑)
From: わに(NO MAIL) 5月 11日(日)21時19分39秒
オダギリジョー、酷い・・・。ストーリー自体はたるいし、チャンチャンバラバラが軽い軽い。。バーサスの方がまだ観れた。カメラアングルもカメラワークも意味不明。3人のお馬鹿な兄弟はとっても面白かったけどね。
★★★
From: ぱーちー(NO MAIL) 5月 11日(日)20時03分48秒
ラストファイトは正直すごいと思ったけど、そこまでのがちょっと…途中のアクションも悪くないんだけど…でも、ラストファイトに3点!
★★★★
From: きいろ(NO MAIL) 5月 11日(日)18時43分42秒
アクションシーンばかりのせいか、観終わったあと、少し疲れたしちょっと頭が痛くなりました。人殺しばかり見たせいかな。内容は面白かったんですが。主演の娘やその仲間達は、ああがんばってるなーって感じ。殺陣はやっぱり、背が高くて腰のすわった男の人のが良かったです。オダギリジョーには、これ1本でファンになりそうですよ〜。
★★★★
From: えめきん(NO MAIL) 5月 11日(日)18時17分56秒
正直、最初の三十分はかなりひどかったです。北村監督はアクション以外はダメダメということを激しく露呈する出来の悪さでした。しかし得意のアクションが始まれば、『VERSUS』でも見せてくれた破天荒な演出で十分に楽しむことができました。キャストに関しては、上戸彩はまあ努力賞ぐらいはあげてもいいかな?といった感じ。あと、犬猿と三バカ兄弟は良かったですね。しかしそれよりも、今回大当たりだったのはオダギリジョー。彼がこんなにオカマ(プラス変態)が似合うとは想像も付きませんでした。まるで未確認生命体です。
From: ai(NO MAIL) 5月 11日(日)18時16分22秒
オダギリジョーが・・・!!!!!!!!!!!!!ヤバ過ぎ!!演技もだめだし、何よりカメラアングルが意味不明な使われ方してたし!!!
★★★★★
From: えんと(NO MAIL) 5月 11日(日)17時25分02秒
予想していた内容に近いとこもあれば近くなかったとこもある内容でした。上映時間が意外に長いのと、思いもよらなかったショボいCGが気分を盛り下げます。加藤清正襲撃あたりの殺陣はかなりスピーディーでよかったのですが、一応の見どころである200人斬りは見てるこっちとしてはちょっとハチャメチャすぎてあまり乗れませんでした。ファントム撮影はただ気持ち悪くなるだけだしなあ。上戸彩に関しては、がんばったね、とはいってあげたいですが・・・。ととりあえず批判的はことを上げては見ましたが、やはり原作ファンとしては楽しめたわけで、仲間達の死に様とか原作とかなり違ってたりするので思わずニアリとしてしまいました。とくにオダギリジョーが最高。原作の美女丸まんまなキチガイぶりがよかったです。よって大甘の星5つとなりましたー^^
★★★★★
From: NO(NO MAIL) 5月 11日(日)16時42分29秒
原作は知らんが面白かった。
★★★
From: まみ(NO MAIL) 5月 11日(日)15時31分02秒
私は原作をずっと読んでいるのですが、期待していた分、ちょっときついですね。出演していた若手の俳優さんたちが、かっこよかったとかそこは楽しめたのですが、ミーハーなので。原作にあるような痛快さにかけている気がします。殺陣のシーンを懲りすぎたせいで、あずみや刺客達の超人的な強さが表現できてないような。一瞬でかたずけるくらいの方がよかったですね。とにかく、弱い!が感想でした。美女丸や加藤清正ごときにてこずるなよ!
From: ネロ(NO MAIL) 5月 11日(日)13時36分23秒
これってさ、前に釈由美子がやってた修羅雪姫となんか似てない?設定とかさ。200人斬りとか、なんか無茶苦茶過ぎだし。途中で刀が血糊で使えなくなってとっかえひっかえするのとかあったりしたら、まだよかったけどさ。上戸、やっぱり演技がね…所詮アイドル
★★★★★
From: ペコ(NO MAIL) 5月 11日(日)13時15分14秒
すごくよかった。アクションもよかった。けっこう血が出るかなぁと心配してたけとちょうどよかったです。
From: yame(NO MAIL) 5月 11日(日)12時38分50秒
つまらん。