バトル・ロワイアルII 
鎮魂歌[レクイエム]

満 足 度
30.5%
回答者数86


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★
From: 画狂浪人卍(NO MAIL) 9月 28日(日)04時39分36秒
話の展開が理解不能。死んでいく生徒も全然記憶に残らないし。胸のど真ん中を銃で撃たれても死にませんかそうですか。前田愛は可愛いので許す。
★★★★
From: もこー(NO MAIL) 9月 27日(土)06時40分54秒
ストーリー的にはめちゃくちゃだけどBR的にはアリだな、と。まぁ役者の演技もアレですがリキがやばいね。たぶん役者あってのこの映画だと思う。そんな私は新間りあすタンが昔から好きだったので彼女だけで(ほとんど活躍してませんが)★3つ。DVDは買いますがね。
From: 名無し(NO MAIL) 9月 23日(火)02時33分45秒
設定にリアリティ0、アクションにリアリティ0、前田亜紀が可愛いただそれだけ。
From: シド(NO MAIL) 9月 3日(水)19時53分06秒
上陸シーンなんて、まるでプライベートライアンのパクリじゃん!!観ただけで寒気がしました。ほんとこの映画コントだね。竹内力だけで十分ですわ。
★★★★
From: よしを(NO MAIL) 8月 29日(金)00時38分14秒
前作のクソっぷりを堪能した自分は正直バカにするつもりで見に行ったのだがこれが予想を覆させられた。プライベートライアンの戦闘描写をうまくパクろうとして見事に失敗してるのはまだ笑えて許せる範囲。明らかに前作よりはマシに見せてるでしょう?そして痛烈にアメリカ批判を今回行っているのにはなぜだか感動した。こんな映画他にありますか?深作親父に撮らせなかったほうがかなり映画として見れたと思います。
From: タイガー(NO MAIL) 8月 27日(水)17時42分17秒
全てにおいて前作に及ばない。ここまで質の落ちる続編も珍しい。そもそも何で藤原はテロになるのよ?政府は都庁を爆破する程の凶悪テロを何で本気で潰しにかからないの?子供を送りこんでる場合じゃないでしょ!登場人物の個性も前作以下で、知らぬ間に死んでいくし・・・・これが遺作では深作さんも可哀相です・・・・
From: カリン(NO MAIL) 8月 24日(日)03時32分18秒
これはつまらないでしょ^^藤原君にも笑っちゃったwあれこれ言う価値すらあまりない作品かなと思っています〜
From: もリ(NO MAIL) 8月 22日(金)01時29分44秒
竹内力のプロモが観れて大満足。スクールウォーズも最高。ちなみに誰が死のうが生きようが全く興味ナッシングでちた。
From: トノ(NO MAIL) 8月 21日(木)21時15分25秒
力さん最高。力さんだけで充分。後はいらない。知らない人たちが沢山死んでた。
★★★★
From: 由佳(NO MAIL) 8月 21日(木)15時16分27秒
自分的には好きですよ。村上リュウズさんが言ってたこと。自分的にはこう思います@七原秋也が前作後、なぜ無差別テロリストになっているのか。特にビルの爆破はどう考えてもおかしい。→いっそ悪人になっていた方が感情移入し易いが、訴える事がまるで中学生のよう(世界中の大人を許さない!まるでガチンコ・・・)≫20歳だから大人とか、そう言うのじゃないと思います。実際に、彼は中3であんなことに巻き込まれたのだから。友達がBRによって沢山死んだからこそ。七原が言っているのは、『BRを可決したようなどうしようもない大人たち』を許せない。ということでしょう。青少年犯罪を、子供を殺すことによって無くそうとしてるなんて馬鹿以下。ビルの爆破は私にも意味不明ですが(笑)Aなぜ日本政府は七原があの島にいることが分かっていて(しかも世界的テロリスト)真剣に攻撃せず、学生を送り込むのか?→ある程度の余裕なのか?まったく理解できない。BR法IIそのものがおかしい。≫ソレは誰もが思うと思います。盗聴デモしたんですか?(笑)なんでBRの所為でああなった七原を、BR2によって殺そうとするのか、とかもね。まぁ、真剣に攻撃したら、『‘政府にとっては’いい大人』が殺されるのを『政府にとって悪い子供達』によって防ごうとしたんでしょうね。B七原グループには小さい子供がいるが、そういう子供や赤ん坊がいる時点ですでに彼らは親(大人)ではないのか?→映画の中で大人の定義が出来ていない証拠だと思われる。≫さっきも書いたように、『BRを可決したようなどうしようもない大人たち』に宣戦布告をしただけなワケですから。只でさえ曖昧な定義なんですから其処はしょうがないと思います。CTVジャックで全世界に放送とあるが、あの包囲された孤島でどこに通信設備があるのか。しかもその放送を見てアメリカが怒ってミサイルを撃つという意味不明な行動も分からない。≫スミマセン。今これ見て思いました。そういえば何処にあったんだろう?通信設備。(笑)感情移入は1のほうがしやすかった。前田姉妹が出ていたのは◎v前は声だけだった愛ちゃんがヒロインで嬉しかった☆顔もわからなく死んでいくのは残念。そこも、前作とおなじで時間の所為かナァ・・
From: うめ(NO MAIL) 8月 20日(水)18時28分26秒
がっかりの出来・・こんなコントまみれじゃ呆れるよ。生徒らの顔もわからんままバタバタ死にまくるし、カメラワークが回りすぎで気分も悪くなったし最悪。
★★
From: りょー(NO MAIL) 8月 17日(日)22時51分03秒
二時間半、ダラダラ無意味なシーンが続くだけの作品ですが、RIKI先生の怪演と今どき珍しい直球ストレートなメッセージには、★4。ただ、あまりにも矛盾がひどく、正義と悪とオトナとコドモに国家とテロリズムにBR法がって、いくらなんでも詰め込みすぎ。正面からケンカ売った心意気は、良い悪いを別にして評価できる・・・のかな?やってることはおかしいけども。
From: tutu(NO MAIL) 8月 17日(日)20時44分50秒
最後まで「残りXX人」って出す意味がない。監督、専門学校からやり直せ!
From: りん(NO MAIL) 8月 17日(日)14時58分55秒
途中で眠くなりました・・・。『踊る』の後に続けて見たんだけどつまらなさすぎる・・・。アメリカ批判がしたかっただけ??
★★★
From: じーの(NO MAIL) 8月 14日(木)02時38分38秒
まー 深く考えないで見るのでは楽しめると思います。いろいろ不満は残りますが 三田佳子には心の中で突っ込み入れました 監督はわざと役にしたのか・・ そう思うと最高!
From: むんたろう(NO MAIL) 8月 12日(火)11時45分23秒
は?これってバトロワだったの?って感じでした。前作との落差があまりにも大きすぎるだろう。
★★★★
From: マリウ(NO MAIL) 8月 9日(土)15時21分37秒
BRの続編というよりは完結編という感じ。前回が中途に終わったから付けたしみたいな内容。殺し合い好きの人には理解できない作品。竹内力と藤原達也と前田愛は素晴らしい演技。今回も内容の濃い小説をカバーできなかった。結論:前回は内容を知らなくても生徒同士の殺し合いっていうテーマのスケールだけで十分楽しめた。でも、今回はテーマがそれて、前回同様内容を表現しつくせなかったために価値は下がって当然。でも、深作監督の遺作なので4
★★
From: とにかく私は言いたい!(NO MAIL) 8月 8日(金)19時39分02秒
前田亜季の出番が少なすぎる!亜季ちゃんもっと出せ!亜季ちゃん出さないなら金返せ!最後にちょっと出てくる亜季ちゃん、やっぱりかわいかった!最近茶髪の役が多いけど亜季ちゃんは清純路線が似合うな!
★★
From: はっちー(NO MAIL) 8月 7日(木)18時13分48秒
なんかBRのほうが面白かった。死に方が簡単すぎるっちゅうか、出席番号同じ奴道連れとかありえん。「バトルロワイアル」じゃなかった気がする。藤原はかっこよかった。でもナゼテロリストやってんのかよくわからんかった。前作のほうが好きだ。
From: 村上リュウズ(NO MAIL) 8月 7日(木)00時35分21秒
これはヒドイ・・・・・・・・・。疑問点がすごくあるので答えられる人いたら頼む。@七原秋也が前作後、なぜ無差別テロリストになっているのか。特にビルの爆破はどう考えてもおかしい。→いっそ悪人になっていた方が感情移入し易いが、訴える事がまるで中学生のよう(世界中の大人を許さない!まるでガチンコ・・・)Aなぜ日本政府は七原があの島にいることが分かっていて(しかも世界的テロリスト)真剣に攻撃せず、学生を送り込むのか?→ある程度の余裕なのか?まったく理解できない。BR法IIそのものがおかしい。B七原グループには小さい子供がいるが、そういう子供や赤ん坊がいる時点ですでに彼らは親(大人)ではないのか?→映画の中で大人の定義が出来ていない証拠だと思われる。CTVジャックで全世界に放送とあるが、あの包囲された孤島でどこに通信設備があるのか。しかもその放送を見てアメリカが怒ってミサイルを撃つという意味不明な行動も分からない。イラク戦争への抗議が映画のメッセージなのか、ビル爆破からアラブ圏のレジスタンス、AK-47にアメリカの空爆、何から何までビンラディンを思わせぶりでクドイ。ほんとキリがないです。とどのつまり、リアリティがまったくない映画のくせにリアルを訴えている救いようのない映画。
From: ブル(NO MAIL) 8月 5日(火)04時16分13秒
話のタネに友達といっしょに見てきました。いや〜酷いですね、今後何年か語りぐさになる酷さだと思います。観賞後、友達とバトロワ2馬鹿話に花が咲きました。
★★★
From: にちお(NO MAIL) 8月 1日(金)23時35分19秒
ラストシーンが納得できない。前半はいい感じだったんだけどなぁ
★★★
From: 52丁目の番犬(NO MAIL) 7月 30日(水)14時21分33秒
正直言ってバトルロワイヤルではなかったと思う。しかし個性無く死んでいく戦争の悲しさと無意味さというものはでていたと思う。
From: yasu(NO MAIL) 7月 29日(火)22時04分53秒
設定集か小説を見るとそういう話なんやとは思うが…。っていうかそんなん見なわからんようじゃねぇ。色々詰め込みすぎで一つ一つが薄すぎ。深作息子はキタノ娘を描きたかったって言うてるが描けてないやん!所詮2世か?
From: ちびっちゃった!(NO MAIL) 7月 29日(火)01時48分56秒
健太君、もう少し「整理整頓」ということを覚えたほうがいい。やりたいことを何でもかんでもぶち込めばいいというものではない。「物を作る」ってことは、自分のマスターベーションをどれだけ受け手に理解してもらうかということを考えないと、気持ちの悪い公開オナニーショーでしかない。
★★
From: おひ(NO MAIL) 7月 28日(月)17時19分21秒
テーマが絞れていない、描きたいことを詰め込みすぎて全て中途半端になってしまったという感じ。脚本、演出がよくなかったということかな?役者さんたちはそれなりに頑張っていたと思う。でも、いろいろ納得できないところが出てきてしまった。観ていておかしいな?と疑問を持たせて集中できなくさせてしまうようならやはり失敗では?RIKIが面白いので★ふたつ。
From: 糞作(NO MAIL) 7月 26日(土)14時32分00秒
バトルロワイアルになってない時点でもう駄目じゃん。1に比べて、客少ないらしいね。同時期に有名な映画が多かった、宣伝不足、等が原因かと。1見た人でも、2やってるの知らない人って多いんじゃないの?まぁこれはヒットしなくて当然。
From: キリコ(NO MAIL) 7月 25日(金)18時23分06秒
 前作だいなし! 観てて頭きた!! タイトルにバトロワ使用しなければ肯定できたかもしれない。
★★★
From: ココ(NO MAIL) 7月 25日(金)03時33分42秒
一気に死にすぎかなって思います。。。あと、場面が場面だから仕方がないのですが、映像ゆれまくりでしたね^^;誰が誰だが・・・。。。続き物の宿命とも言える展開。。。
★★
From: Shintaro(NO MAIL) 7月 23日(水)18時48分09秒
う〜ん、前作のインパクトが強すぎた事もあるんでしょうが、正直イマイチでした。淡々とした戦闘の中で大半の生徒が死んでいくのは観ていて退屈です。やはり2は1を超えることは出来ないのでしょうか…
From: 学生A(NO MAIL) 7月 23日(水)11時42分44秒
前半の竹内力の演技はいい感じだった。よかったのはそれだけで後はひどいひどい。なんで二人一組のタッグなの?なんで銃弾にあたりはずれがあるの?意味がまったくない。生徒の個性が0。竹内力のユニフォーム姿もひいた。銃一丁で突っ込む大人もこっけい。とにかく矛盾点が多すぎ。そして一人一人のキャラがない。最悪ですね。
From: イライラ(NO MAIL) 7月 23日(水)04時32分19秒
見ているのが苦痛でした。どれだけ前作が素晴らしかったかを思い知りました。
★★★★
From: ドラゴン太郎(NO MAIL) 7月 22日(火)14時58分11秒
割と楽しめました。いいシーンと悪いシーンが交互にくる感じ(笑)。ほんとに前作と別物ですね。(ここからネタばれ)ただ、テーマだかメッセージを声高に叫びつづけるのは勘弁してほしい。アフガン(かな?)の子供たちをひたすら映しつづけるとか腹が立った。物語をもっと練って映画全体からそれを感じさせてほしかった。でも、その強烈な思い入れがあったからこそ、何とか映画としてまとまっていたんですよね。勢いは感じたし。個人的に女スナイパーとリキさんはかっこよかったな、と。
★★
From: やんすけ(NO MAIL) 7月 22日(火)13時00分30秒
テンポ悪すぎ。編集ヘタすぎ。前半と後半で別の映画みたい。子供対大人なのか、日本(その他)対アメリカなのか、主人公の復習劇なのか、軸が多すぎてまとまってないので、すごーくだれる。よくばっていろいろ詰め込もうとして、訳わかんなくなっちゃったってかんじ。
★★★
From: みさき(NO MAIL) 7月 21日(月)21時57分21秒
微妙。生徒が最初に死にすぎ。なんで、2人1組タグマッチ?BRだったのは、前半だけ。前作のほうが、インパクト大。でも、お金を払ってみても損した感じはしませんでした。
★★★★★
From: けいすけ(NO MAIL) 7月 21日(月)19時59分37秒
”あの国”の扱いなど、結構キワドイな〜と思ったし、”首都崩壊”など一般の人を巻き込むテロはやっぱりどうかな?と少々気になる部分はありました。生徒さん一人一人も前作の方が個性が出ていたような気もするし。最後のスタッフロールで、こんな人もいたんだ〜という人も(^-^;。でも”戦争”だったら、こんなに簡単に死んでしまうんだろうな。。などなどありますが、心揺さぶられたシーンはいろいろあるし、観終わった今でも余韻がまだ残っているので、☆4つ半!(四捨五入で☆5つ)
★★
From: おとちゃん(NO MAIL) 7月 21日(月)09時45分46秒
意気込みはわかるけど,作品としてまとめ上げる力が足りなかった。共感する場面よりも,引いてしまう場面の方がずっと多い。まとまってるだけで無味乾燥な作品よりはましだとは思うけど。失敗を恐れない人は観に行っても良いかな。
From: 寒太郎(NO MAIL) 7月 20日(日)16時20分44秒
 こんな映画のために、頑張る役者達に泣けてくる。
★★★
From: Hiro(NO MAIL) 7月 20日(日)12時03分32秒
大体、続編に対する評価ってどの映画でも一緒ですよ、マトリックスしかり。つまり前作を超えるインパクトがない限り駄作で新鮮味がないという比較評価であって、単体映画として評価しにくい背景もある。ただしこの映画は続編要素を無視しても、合格といえない。以下に理由を言おう。この映画の最大のウリは中学生(未成年)の殺し合いであったはず。観客に不気味さを訴える「まだ年端もいかない、中学生同士で凶器を持たせ殺し合いをさせるとどうなる?」という人間が本来持っている暴力への狂気を掘り下げた作品だったはず。同じ内容でヤクザが戦うのとは意味が違う、それは猟奇的な殺害方法で興味本位で人を殺してしまう現代のキレる子供に対しても、タブー視されている過剰な人権保護問題や異常な体罰禁止教育にも当てはまる。前作はそういうタブー視されているテーマをあえて前面に押し出し、闘争本能という原始本能を意識させる出来だった。ただし今回は違う、テーマではなく戦いそのものを前面に押し出しているため感情移入ができない。悲惨な状況におかれているという主人公たちの悲惨さが伝わってこない、さらに死が軽く扱われているため(死にセリフ等)チープすぎる。つまり、エンターテイメント作として観るのならば良いが、前作と同じ期待をしていくと裏切られる要素が多いということ。
★★★★★
From: mr2(NO MAIL) 7月 20日(日)11時00分20秒
おもしろいじゃないですか!もっと素直に観ましょうよ!冒頭「プライベート・ライアン」の真似との批判がありましたが、いいじゃないですか!面白ければ。パート1のようなインパクトはありませんでしたが良く出来てると思います。皆さんが云うほど酷い演出ではないと思います。「マッド・マックス」がそうでしたが、続編で予算が増えスケールが大きくなると本当にトホホになるのですが、この作品は本当に良く出来てると思います。皆さん期待しすぎたのかな・・。個人的には大国主義批判に賛同しましたし(単純なんです・・)。アクションとして「ホワイト・アウト」よりずっとずっと面白かったと思います(この映画の監督は本当に才能がないと思います)。ラスト、中東ロケシーンも素直に感情移入できました。まあ、しいて云えば全体的にセリフがダサかったかな・・感情を言葉で表現しているところも多くちょっと気になりました(でも子供も多く観るからしかたないか)。こと是非皆さん見てみてください。
★★★
From: ひろみつ(MAIL) 7月 19日(土)23時34分23秒
「プライベートライアン」を意識しすぎた前半は、ちょっとどうかと思うが、続編としては成功してると思う。息子さん健闘してるけど、深作監督の演出で見られなかったのが残念。映画の出来はどうでもいい。10代はR15規制なんか蹴散らして見に行って、自分の目で見、自分で自分達にとって価値がある映画なのか、駄作なのか判断すればいいと思う。
★★
From: ぶる(NO MAIL) 7月 18日(金)17時21分12秒
私は冒頭だけなら前回よりも面白かったといえるかな。殺し合いに参加するのを最後まで拒否した男子が撃たれるシーン、物語中で一番の感動しどころだったし、アジャの首輪が爆発するシーンも実は一番怖かった・・・。こういう場面が2では足りなすぎて、どこに共感したりハラハラしたりしていいのかわからなかったのが残念。忍成くんがかっこよかったから最後まで頑張って見てたけど。
From: はあ〜(NO MAIL) 7月 18日(金)11時19分21秒
たかだか日本の映画で、デルタフォースのコスチューム真似してんじゃねえよ!!あんなガリガリな強くもねえガキどもが着たってむかつくだけ。まじで似合わない。まあ日本なんて結局馬鹿な国だから、住んでるやつも馬鹿ばっか。なにが反米だ。なにが軍隊はよくないと思いまーす!だ。この世界事情の真っ只中で軍隊持っていなんて馬鹿な国が生き残っていけると思ってるのがほんとめでたいことだよ。こんなこと言うとよく出てくるセリフが、「だって憲法には軍隊持ちませんって書いてあるじゃないの〜」だって。憲法を守るのと国民の命を守るのと、どっちが大切なんだ?あとひとつ。いまの日本の若者が今後の日本を担っていくんだよな。あ〜もう終わりだ。どんな国になっちまうんだよ!まあどうせ馬鹿な連中だからそんなこと少しも心配してないんだろうけどwあ〜笑える。
★★★
From: オラリスト(NO MAIL) 7月 17日(木)23時04分17秒
みんなが言うほどひどくはないなぁ。ってか、ひどいひどいっていう先入観がありすぎたから、「なんだ、わりに普通じゃん」みたいな感じで得した。これタイトルを「僕らの三日間戦争」みたいな事にしたら、ここまでの反感は買わなかったのではと思う。まぁ、島ごと爆破しちゃえば良かったっていう突っ込みは野暮かね。七原が人質いっぱい取っとくだけで良かったのに・・・。あと俺も反米くんだから、ちょっとだけ、心地良かった。
★★★★★
From: シュリ(NO MAIL) 7月 16日(水)23時47分05秒
てか、BRとしてではなく、映画としてみたらふつ〜にいい作品だと思う。確かに殺し合い見たさに行く人には不満かもしれないけど、なんか現代の若者像みたいなもんえがけててよかった。「なんか今よくわかんないけどただ生きてる」みたいな人がみたらなんかきっと得れるはず!!少なくとも、金の無駄には絶対ならない。。。。
From: グリ(NO MAIL) 7月 16日(水)23時00分47秒
びっくりするほどヒドイ前作は本当にきちんと作られた映画だったと痛感
★★★
From: めろぴん(NO MAIL) 7月 16日(水)19時51分19秒
面白かったすよ。少なくとも退屈しなかった。気持ちが熱くは全然ならなかったけれど。おおざっぱに殺されていく子たちの描かれ方には何の感想も持ちようがないけれど。戦地で撮影された子供たちの澄んだ表情、力先生のぶっとんでる可笑しさ、藤原竜也の声のよさくらいが印象に残った。
★★★
From: nemiemu(NO MAIL) 7月 15日(火)22時11分09秒
ツッコミ所が非常に多い作品。題名がBRなのにBRしていない。生徒一人一人の個性が全くでていない。深作健太は映画の才能がない。RIKIユニフォームけっこう似合ってない。一気に殺しすぎ。伝えたいことがよくわからない。
From: piyo(NO MAIL) 7月 15日(火)15時33分21秒
お金を払ってまでみる作品ではなかったです。前作を見て、今回も見にいったけど…金かぇせ〜!!!
From: (NO MAIL) 7月 15日(火)10時40分24秒
竹内のトライにひとつだけ★デキの悪いパロディみたいで心の底から腹が立った。
★★★★★
From: えなりーかずきー(NO MAIL) 7月 15日(火)09時09分40秒
(ねたばれ)続編として成功していると思う。ストーリーがちゃんと繋がってるし、面白いし。(消息不明でゲーム終了とか上手いよ)テロリスト側の正義を描いているという意味において映画史に残るのではないか。ゾクゾクするシーンがバランス良く入ってて実に良い。ガンダムにあった良さになんか似てる。3Bとワイルドセブンのやり取りだけでご飯3杯は行ける。(首輪を発見するシーンは最高。PRをぱくった成果は出てる)七原のカリスマ性(演技最高)、哀愁と憎たらしさが同居した自衛隊のボス、死に様が妙に色っぽい女スナイパー、嫌悪感たっぷりの捨て台詞を吐く雑魚キャラ、ダメ息子を持った親役の三田佳子w前作には劣るけどキャラもまぁまぁだと思う。中でも竹内力は最高だった。バスの中の様子から豹変するトコとか、事なかれ主義に噛み付く姿、勝ち組負け組み2分論を否定する時の優しさ。人を見た目で判断するのは良くないというメッセージまで深読みしてしまう。テーマは現代の戦争=紛争地域の戦争。暴力が暴力を生むという泥沼の状態を描くことで平和の貴重さを訴える。アメリカに爆弾を落とされた国を沢山列挙することで9.11を浮き彫りにする。犠牲者の遺族が抱える恨みを竹内力が代弁する。伏線になってるサブタイトル、平和への希望を感じさせる清々しいエンディング、実は生きていた典子、最後に出る監督名。オチまで素晴らしい。さんざん褒めたけどPRまるぱくりは萎えたし、関西弁のやつには早く死ねよ、ってツッコミ入れたし、ラガーメン登場には「あーあ、やっちゃった・・・」だし。でも映画としての濃さで星5個。
From: yam(NO MAIL) 7月 15日(火)01時46分19秒
お金はかかってるのは画面から見て取れたんだけどね。面白くなかったね。映画として成立してなかったね。
★★
From: えんと(NO MAIL) 7月 14日(月)16時05分35秒
予想以上に酷い出来。もう突っ込むとこしかなく、しかもそれすら楽しめない内容でした。やけに説教くさい、しかもそれに説得力がない上、中学生達はほんとにただ死ぬだけ。テロリスト達もなにがしたいのかわからないし、誰が死のうがなにを言おうがまったく心に残らない。戦闘自体も、前半はプライベートライアンをまんまパクってみたり、後半はスターシップトゥルーパーズなみに沸き寄せる、バグズより頭の悪い兵士達をかたっぱしから殺しまくり。弾はいつ切れるんだ!?1がとても好きな作品だけに、このショックは大きかったです・・・・。でも、竹内力のタッチダウン(前に死んでたけど)に免じて星2つ。その後はどんな寒いシーンが続いても、RIKIの勇姿を思い出せば切り抜けることが出来ました。「行け!」と通された先に敵がわんさと居たのもステキ。
★★
From:  (NO MAIL) 7月 14日(月)14時15分15秒
結局ハッピーエンドかよ!!まず最初に思ったのは最初の説明のシーンが長いってこと。そのせいで時間を減らすためにボート一台分の人が一気に死んだり、連動制で二人殺したり全ては最初がテンポ悪かったからだ!!個人的におもしろかったのは前作との比較。主人公!?二人(酒井と忍成)が前作の藤原と前田みたいだった少し違うけどね、、、。あと教師リキがタケシとはまた違う味出してておもしろかった。あとあの国ってのはアメリカだろ!?(笑)タケシがでてきたり最後ラグビーの姿したリキがでてきたり笑える部分があったのはよかったけど、前作みたいな社会への影響とか反響を与えるにはシビアさが前作以上じゃないとね。よって笑えるシーンは必要なし
From: dai(NO MAIL) 7月 14日(月)13時54分24秒
全然バトルロワイアルになってませんね。タッグマッチ制にしたのは手っ取り早く生徒の数を減らしたかっただけ?生徒もワイルドセブンのメンバーも誰が誰だかさっぱり分からず、感情移入のしようがない。これならクラスだけかえて前作と同じことやった方がよっぽど面白い。
From: 糞原(NO MAIL) 7月 14日(月)12時15分43秒
リキさんは渋いね。いい役者だ。評価出来る点はそこだけ。
From: john(NO MAIL) 7月 13日(日)23時42分55秒
突如戦場に送り込まれた中学生が、最初からSWATばりに機敏な動きをしてるんですが。あと、七原の衣装はギャグとしか思えないんですが。
From: aiko(NO MAIL) 7月 13日(日)22時45分24秒
いやぁ、期待はさほどしてなかったが、これほどとは…!前作も原作ファンの私としては満足できるものじゃなかったが、今回のはひどすぎるぞー。問題提起がやたらでかいのが無理がある。っていうか原作の面白さをはき違えている。もう視点を変えてギャグ映画として見るしかない。死ぬ間際に言う一人一人のセリフもサムさ全開。それは死ぬ人に感情移入できないから。なんか感動的な言葉言ってるけど「お前誰?」になってしまう。サバイバルの過程とか心理描写が作品最大の面白さなのになー。もはや「バトルロワイアル」ではないね。いっそ別物でタイトルは「ワイルドセブン」とかにしちゃえばいいのに笑 でもそうしたら多分観にいかなかっただろうけど笑
★★
From: 隠密魔人(NO MAIL) 7月 13日(日)19時31分46秒
ネタバレ気味日本映画ですなぁ・・・あの国って表現は中途半端に反米だし、どーも映像見にくいとこあったけど・・・俳優の動きの悪さをあんな手法でごまかしたように思える。もっとも本場の俳優さんは実際に軍事訓練とか受けてるからリアルなとこあるんだけどね。無理に背伸びしちゃいけないと思うな。今の時代日本映画の技術で戦争を描くのは無理。
★★
From: nori(NO MAIL) 7月 12日(土)14時26分16秒
まあ、小学生の作文のようなものだった。まったくまとまってなかった。これは一重にバカ息子の最後の編集がダメだったせいではないのかな?これは作品ではない、思い付いたアイデアをただ垂れ流しているだけ、すべてのシーンがバラバラでしたね。深作欣二さんの最後に言いたかったことはなんとなく分かったが・・・
From: あの国かぶれ(NO MAIL) 7月 11日(金)19時06分32秒
ネタバレあり前作同様のお馬鹿映画を期待してたのに、、、テーマやメッセージなんか無理矢理入れようとするから評価が低いってこと製作者は気づくのだろうか、、、前作同様ただの殺し合いにすればよかったのになー途中で七原と生徒が組む過程に非常に無理があるワイルドセブンに何人の生徒達が殺されたと思ってるんだワイルドセブン自体テロリストとなんら変わりなく思想の為に戦っているむしろ戦争の中に生きる意味を見出したいと思っているそんなのが正義のはずがないよって感情移入ができない七原は何人もの犠牲者をだしながらも最後キタノの娘だけは救おうとしたのが腹立たしいあと、、、あの国からミサイルがくるのが早すぎ一発目はあの国ではなくアノ国だったのかな???いずれにせよ あの国がたとえ警告であろうとあの程度の1発で済ませるはずがない誉められる点はRIKIのみ笑わせてもらったラガーマン^^ps どうしてもわからなかった点はRIKIの首輪あれはRikiも強制的に(教師)をさせられてたって事?
★★★★
From: マイコー(NO MAIL) 7月 11日(金)11時48分46秒
うーん。良かったんだけど。ここ見てびっくりした。なんか評価低い…。途中から「仁義なき戦い」見てるような感じで。やられたらやりかえす!ここでやらなきゃ男じゃない!人生たかが流れ星。ぎらっと光って終わりゃあいい!(注:ある映画のコピーです。)みたいな。戦場にいるっていうのはあんな気分なんだろうなって思った。こーゆー展開、ある意味客の期待を越えてていーと思う。浪花節のような流れがいやな人はいやだと思うけど。ところどころでは感動してました。
From: (NO MAIL) 7月 10日(木)17時17分15秒
ありえないです。見ていて苦痛しか感じられませんでした。前作のメッセージ性のすばらしさを今作で汚しています。こんな作品をつくる馬鹿息子にこそBRに参加させてください。
★★★
From: 忍者王子(NO MAIL) 7月 10日(木)13時32分35秒
んー、確かにキャラの掘り下げが足りなく、まとめて死んでいくので、クラスメイトと言うより、名もない一兵士的扱いで3−Bは描かれていますね。誰かも言っていましたが、これはBRというより戦争映画に近いような気がします。まあ、明らかにあの世界の政府は腐っているわけで、どうみたって国家が悪という風に個人的にはとれてしまうわけですが、実際の正義とはなんだ? という話になってくると答えなんか、そう簡単出でてくるわけでなく、とにかく難しいテーマをあつかったな〜と思いました。ツッコミどころも多く、おいおいと思うこともシバシバでしたが、あまり深く考えず見るぶんには、いい暇つぶしにはなる程度の出来だと思います。しかし、キタノの出番は強引だな〜・・・・
★★★★
From: とりびあとりびあ(NO MAIL) 7月 9日(水)21時40分46秒
ヤバイぞ、これは。何がヤバイって、深作さんも知らなかったかもしれませんが、http://www.battleroyalefilm.net/e404.htmlhttp://us.imdb.com/Title?0266308http://www.battleroyaleonline.com/この3つのページを見てもわかるように、実はこの映画は日本よりもむしろアメリカにコアなファンが多いのです。こんな思いっ切り反米な上にテロリストを讃えて何のフォローもなく、ラストまであれではこの3つのページでBattle Royal 2を楽しみにしているアメリカ人はキレるでしょう。・・・それが楽しみだ。
★★
From: 高洋(NO MAIL) 7月 9日(水)19時08分47秒
ガチンコテレビで、意見いっぱい言いたいヤンキー君達が、日頃のでかくて元気な態度を忘れて、「とにかく大人はずるい、こんな世の中にしたのはてめーらー大人だろうが」と、わめいているのを聞くと、笑えてきませんか。中学生に殺しあいをさせるはずが、いつのまにか対大人になっていた。ここで言う大人ってとにかく、凝り固まった考え方しかできない人のことなので、年齢は絶対に関係ない。そうすると、この映画に期待している矛盾に気がつきませんか。反体制の悲しいヒーローとして藤原竜也くんをすかしさせすぎだな。
From: この映画が(NO MAIL) 7月 9日(水)18時34分38秒
「深作 健太」の遺作になることを心の底から願っている。
★★
From: たつや(NO MAIL) 7月 8日(火)19時31分21秒
アクシデントにも係わらず健闘してるような気はしましたが…。どうやった?と聞かれたら、いまいちですと。どうしょうもないと分かっているが父親の監督で見たかった。
★★★
From: ペイルらいだあ(NO MAIL) 7月 8日(火)17時19分26秒
前作は1年ほど前にビデオで(公開時中3だったもので・・)見て、とても心に残りました。こんな事ここで書くのもなんですが、原作を超えた数少ない映画の一つだったと思います。(そりゃエピソードは削られたけど、全部詰め込んでも6時間シャイニングと同じ失敗をするだけ)で、このBR2ですが、やっぱり監督が亡くなられたのはとても残念です。70歳を越えたベテラン監督が、今まで撮れなかった戦場映画(トラトラトラは部分的だし)を会心の一作「BR」の続編として制作するとはとても楽しみでした。が、まだ若い息子さんの演出はやはり欣二監督のような自分もその世界に引きずり込まれるような勢いがなく、見劣りするものでした。考えてみると、欣二監督も戦時中は15歳の子供であり、自らの体験により近い「戦争映画」はBR2よりむしろ昨日まで仲間だった子供たちが大人たちのせいで不条理に死んでいくBRに近かったのではないでしょうか?だからこそ70歳にして監督はあれほど力強い映画作りができたんだと私は思っています。しかしそれでもこの映画からは監督を失った現場の方々の努力と熱気が伝わってきました。ちょっと甘めで、私は☆3つです。
From: ウィル(NO MAIL) 7月 8日(火)12時01分47秒
中学生同士が殺し合いするからバトルロワイアルなんじゃないのか?システム変えて、より駄作になってしまった。ワイルドセブンの衣装はギャグにしか見えないし。
★★
From: swittch(NO MAIL) 7月 7日(月)23時48分16秒
よくわかりませんが、途中から急にテンション落ちましたね〜。なんででしょう?あと、あのラストはどうなんでしょう?ありえないです。
★★★
From: 言われてるほどつまらなくはないけど(NO MAIL) 7月 7日(月)22時29分27秒
アメリカ批判するにしても、それがプライベートライアンのパクリじゃあかんやろ。それにもっと賢明・スマートなやり方があったはず。RIKIもキタノの情けないおっさん+恐怖の極悪サイコ÷地のビートたけしに比べると見劣りするし。生徒たちは死に方どころか生きてても個性が無いし、生き残るのはテレビでよく見るような子ばっかだし。映画のかぎられた時間にB級青春スプラッターな原作を青春ドラマとアクションで押し切った1がテロ礼賛の戦争アクションになっちゃって・・・。しかも何だあの主題歌。合ってないよ。「静かなる日々の階段を」みたいな余韻にひたれる歌にしてよ。あ〜、BR1の無名でも目を引いた生徒たちは今どうしてるんだろう・・・。石川絵里とか、神谷涼とか(好みの女子バッカ)。
★★★★★
From: ウカイ(NO MAIL) 7月 7日(月)21時21分56秒
ええぞ、ええぞ。反米。リキ。見所は、これだけだが、凄い!
★★
From: スカイ(NO MAIL) 7月 7日(月)17時36分03秒
下の方も書いているようにバトルロワイアルなのは最初だけであとは戦争映画ですね。いったいなんで中学生なんでしょう?結局、軍隊投入、爆撃で終わるなら最初からそうすればいいのに・・・でもリキ先生は最高でした、リキトライが見れただけでよしとしますか!
★★★★★
From: ぴっける(NO MAIL) 7月 7日(月)13時38分53秒
ごめん!5つつけます!映画として見たら評価は低くなるでしょう。でもね、好きか嫌いかって聞かれたらとても好きです!って映画。おさむ君って子の死にっぷりがなんか印象に残ってしまって。(今日子さん!って言った子)いやいや、完璧な戦争映画になってます。だから、バトルロワイアルって思いこんで見ない方がいいかも知れません。ホントに大人vs子供って構図が好きなのでこの評価になっちゃいました。
★★
From: TATSU(NO MAIL) 7月 7日(月)01時08分59秒
ネタバレあり期待していただけに、正直少し残念だった。盛り込まれたメッセージが多過ぎ、焦点が定まっていない気がする。七原らが戦う大義名分としている、「自分たちをこのような境遇にさせた全ての大人に宣戦布告」と言っておきながら、自分たちのやったことが大人、子供関係ない首都崩壊という無差別テロ。この設定はあまりにもひど過ぎる。3年B組の生徒も各個性が引き出される間がないし、感情移入できるヒマも場面もなく死んでいくし。生き残ったメンバーも「どんな奴だったっけ?」と思った。結局、藤原竜也と前田愛の映画になっちゃってる。戦闘シーンは良かったと思うけど。反戦・反米を訴えたいのなら、バトルロワイヤルという設定はまったく必要ない。竹内力、途中まで最高だったのに、あのタックルシーンは・・ひいた。
★★★
From: Go!Go!夕張(NO MAIL) 7月 6日(日)19時39分58秒
うーん。努力は認めたいです。が、成功作とは言えない。あちこちでの不評もしょうがないでしょう、これでは。映画「バトル・ロワイアル」ファンとしては、もう千草貴子を演じた栗山千明さんが出演する「キル・ビル」に期待するしかないですね。栗山さんのハリウッド・ブレイク→バトルロワイアル全米大人気→ハロウッド・リメイク、とか。
From: サクレ(NO MAIL) 7月 6日(日)18時00分20秒
前作の殺し合いも愛も友情も裏切りも別れもすべて思春期の内面と深く結びついたものだった。しかし今作の反米や親テロや9.11は所詮心の外側で起こった事、内面の象徴ですらない。バカな大人が下らないメッセージを押し付けるだけの映画に成り下がってしまった。
From: lin(NO MAIL) 7月 6日(日)13時13分09秒
激しくウザイ!!ヘタな役者に熱すぎるセリフしゃべらせると観ていて冷めます。撃たれてる大人もなぜか棒立ちだったしカメラはブレすぎ(限度があると思います)誰が死んだのかわかりません。(何してるのかもわかりにくい)
★★
From: ネタバレなし(NO MAIL) 7月 6日(日)01時01分30秒
そりゃ強烈なメッセージは持った映画だし、父・欣二の遺志を継いだ健太監督、藤原さんたち役者の志も高かったでしょう。しかし、この脚本やアクションの演出はそれ以前に駄目だと思う。欣二監督が全編監督していればもっとよくなったかもと思うと非常に残念。あるいは第三の監督が・・。欣二監督がどの部分を演出したかご存じの方、教えてください。
From: チバック(NO MAIL) 7月 6日(日)00時29分51秒
監督が変わった所為なのだろうか。傑作シリーズになる筈のものが完全な駄作シリーズになってしまった。期待通りはスタートの30分。後は眠くて眠くて。第1作は戦いをクールな殺し合いゲームとして描いたから面白かった。ゲームに戦うことの意味なんて持ち込まないで欲しい。また、「BR2」はメソメソ、なよなよの連続。おまけにクライマックスの戦闘シーンも平凡。目新しさが全くなし。「BR3」の製作は諦めた方がいい。
★★★★★
From: ぽち(NO MAIL) 7月 5日(土)23時00分03秒
もうこれは映画という媒体を使った露骨な「あの国」批判ですね。ただ、「本当にこの世には勝ち組と負け組しかいないと思うか?」「63億の正義」「明日に向って走れ!」なんかこんな青臭さに妙に共感してしまった。よって星5個!
★★★★★
From: よいき(NO MAIL) 7月 5日(土)22時31分23秒
言いたいことはいっぱいあるけどこれさ、やっぱいろんな意味で凄い映画だと思います。まずはまるっきりテーマを変えちゃってること。途中からBR法どころか話がでかくなりすぎてってます。そんでもって「あの国」をブラック的にでも批判?したこと。津川さんのシーンはかなり笑わせていただきました。個人的には何にもしないことが平和なんだ!って事はあるわけないと思っているので。戦って戦ってそこからしか平和ってものはうまれないんだって事が理解できない方々には受け入れられない作品でしょう。めっちゃ不完全な感じもするしね。でも何を言いたいのかはかなりハッキリした映画かな、と。ラストシーンだけはほんとにいらないと思ったけど、やっぱ、あーでもしないと前田亜紀(字あってる?)出せなかったのかな?深作さんの息子さん(名前憶えられなかった)よーがんばったと思います。随所に深作チックさがでてました。クライマックスはもーそんな感じ。
From: HUL(NO MAIL) 7月 5日(土)21時39分56秒
一応、ネタばれひどいよ、とにかくヒドイっ。まず七原のテロに正義は感じられない。つまり、共感できません。テロの対象を無差別にして子供をすら殺してしまっては語るに落ちます。なにを目指してテロやってんの?って感じ。そりゃ絵的には新宿の都庁爆破が最高なんだろうけどさぁ。。。前作では七原という観客と同じ目を持つ主人公が感情移入をさせてくれましたが、今回は感情移入できるキャラは皆無です。すぐに「キレる」という金髪の彼はただうるさいだけ。ちょろちょろ画面に映ってるなあ、くらいの扱い…。プライベートライアンのパクリシーンは非常に不愉快だし、要所要所に挟まれる「仲間だろ?」とか「忘れないで…」とか「生きろ」とか…誰だかまだ識別できてないようなキャラのアツイせりふには心底、目を背けたくなるような寒さを感じます。はっきり言って猿芝居。二度と観ません。いいところなど一切、ナシ!…ただし、フォローを入れるとするなら、この映画はもとから第二弾を作ると言うことに無理があるような気がします。よほど優れた脚本家でも監督でもモノにするのは難しいでしょう。裏事情は裏事情としても、今年のワースト1、おそらくこのまま決ってしまいそう。
★★★★
From: tomoya(NO MAIL) 7月 5日(土)21時10分24秒
ネタばれを含みますwまだ見てない人は読まないのが得策です(笑)とりあえず今回は前回とまずコンセプトが違ってお互いが殺し合うというよりはやや協力をし合うってのが主の内容でした。……が、しかし!!上映時間が2時間くらいだったなかでこのBR2のゲームをしたのが約30分ちょっとってあんた…(笑)しかもまとめて8人とか当たり前のように死ぬもんだから誰が誰なんてまるで関係なし!印象にも残ってませんwしかも「あの国」とか言うのを繰り返すくせに内容がモロにアメ○カ批判丸出しだし(笑)お客さんに伝えたいであろうメッセージ的な感動?まったり?的なお話が多すぎて人間関係がどうこうよりも何が言いたいかは伝わりにくいwでもなぜに自分が☆4つなのかというとやはり深作監督のうまさというかまったりとした部分と急な格闘や爆撃部分との強弱が絶妙にうまくテーマ性のようなものはしっかりしてた感が多く感じられたからです。まぁ最後にここ最近の自分が見てきた日本映画の中ではかなりストーリーもエンディングもグダグダを感じさせず(時計を見ることも少なく)に見ることができました。あと、3日間の意味は…総理大臣が津川さんて…三田佳子の意味は…終盤の竹内力は…でも竹内力はやっぱ演技ウマイなぁ☆…いやぁウマイなぁ☆
★★★
From: ヒサ(NO MAIL) 7月 5日(土)17時38分30秒
最初かな?**以下ネタバレを激しく含みます。未見の人は了承の上ご覧ください*********今作も前作の良い点を踏襲しようとしてはいるのですが、ことごとく中途半端。死者数やミッション表示なども途中からBRUというゲーム自体が崩壊してしまうので意味が無く、むしろ後半になっても死者数が表示され続けることに違和感があって、同様に3日間という期限も全く意味が無い。前作のように登場人物一人一人を深く掘り下げていないし、個人戦ではなく組織戦なので不条理な戦いで死んでいく事に共感し難いです。最終的には軍艦島は長距離爆撃されますが、なんでBRUなんて回りくどいことをせずに、最初から爆撃しなかったのか疑問でならない。確かに9.11以降の世界情勢に対する痛烈な批判を含んだ内容としてテーマ性は強いのですが、テーマの部分とストーリーの部分が剥離しているように感じます。ちと演出があざとい印象を受けました。深作映画の意志を受け継ぐなら、テーマはセリフではなく映像とアクションで表現して欲しかった。セリフが長くなるとどうしても映画の流れが止まってしまうので、こういった早い展開と激しいアクション主体の映画では致命傷ではないかと。戦闘の手ブレを使った撮影方やプライベートライアンのような臨場感ある表現は日本でもやればできるんだなぁと関心しましたが、ちとブレすぎですね。竹内力のセリフ(日本・中国・北朝鮮・・・)と全く同じセリフを全く逆の立場の七原が言うと、同じセリフなのに全く違う意味になるシーンは良かったです。そこで終わっておけばよかったのに。。しかしなんでBRUはこんなにメディアに露出していないんでしょうか?広告もCMも殆どうってないので今日が公開日と知らない人がかなりいるんじゃないでしょうか?