ゲロッパ!

満 足 度
56.0%
回答者数58



DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★★★★
From: エゾシカ(NO MAIL) 10月 2日(木)14時18分26秒
最高でした。ちょっと大阪弁でのやりとりがくどかったかな。西田&岸辺&常盤さん、あと他の俳優さん達もみんなハジケてて良かったです。全編盛り上がりって感じでした。
From: 渡邉幸平(NO MAIL) 10月 1日(水)21時34分10秒
と、いうわけで今度こそ『ゲロッパ』の感想です。井筒和幸は、きっと気まずい気持ちでいるだろうね。だってどう見ても傑作じゃない。西田敏行の物まねステージがクライマックスのはずだよね。あれ、盛り上がってました?あそこをはずしたらこの映画の存在価値はありません。
★★★★★
From: BB(NO MAIL) 10月 1日(水)19時25分28秒
まあ監督は嫌いだけど映画は好きさ。西やん&逝っとくのコンビだけでオレはもう駄目なのよ。ホンもテンポもギャグも?だが、最後のへんの往っとくの表情だけでご飯3杯おかわり。
★★★★
From: らぽっぽ(NO MAIL) 10月 1日(水)00時10分15秒
なんでラグーナ何だろう?地元の者としては「あ〜名鉄だー」「あ〜名山荘だー」って御当地番組観てるみたいだった。けどそれがおもしろくて、ZZZ…しなくて最後まで真剣に観てしまいました。西田さんは出てくるだけで笑えるし、常磐さんはきれいだし。観ながら食べたサンドイッチは美味しかったし。豊川サティの1Fイタリアントマトのサンドイッチに★1個あげちゃう♪
★★★
From: TAK(NO MAIL) 9月 29日(月)14時04分21秒
わかりやすいストーリー、笑えないギャグなどちょっと不満なところがあったけれど、役者たちはそれぞれ良かったと思う。特に岸部一徳は相変わらず面白いし、常盤貴子もいつもの主演作と違い、こういう作品でもはまっていた。
★★★★
From: 欧州チャンピオン(NO MAIL) 9月 26日(金)21時49分36秒
素人ならいざ知らず、少なからずも影響力のある監督業という立場で、独断と偏見で評論する態度はいつも引いてしまいます。タレントとして充分活躍されているようで、監督業はもう片手間なんでしょうか。井筒監督の人間性は別にして、最近観た邦画の中ではイケてました。冒頭のシーンからストーリーが枝別れに展開し、それぞれ密度の濃い発展をしながら、1つに合わさってクライマックスをむかえ、アッと言う間に終了した感じでした。物まねタレントが随所に登場し、義兄弟の関係が厚く描かれていて、そういったいわゆるフェイクの中で、実は本物の親子の絆は深かった、と個人的に勝手に解釈しました。悲しいけれど面白い.....、”おもしろ悲しい”。大阪の大衆演芸で、特に故藤山寛美の松竹新喜劇に近い雰囲気を感じました。名優西田敏之が井筒監督にかなりイジラれ、芸達者ぶりを発揮していたのも良かったです。最後の学芸会の出し物で、ベタな童話等ではなく、"マイ・ガール"を選曲したのは、凄く粋な感じがしました。ドタバタ劇としては古臭くてありきたりな感じがしましたが、ジーンと伝わってくるものは多かった気がします。
★★★★
From: 新テリー(NO MAIL) 9月 24日(水)17時27分34秒
首都圏公開から一週間後の公開に行きました。嬉しいことに常盤貴子さんが舞台挨拶にしてくれました。最初のほうはこの監督どういう風に作ってくれているのだろうと、緊張してました。真ん中辺は少し退屈しました。後半は電話の喧嘩で笑いました。上映後に監督、西田敏行、岸部一徳、常盤貴子の舞台挨拶が有り、登場した時は涙が浮かんできました。遅い書き込みですみませんでした。
★★
From: プリンス(NO MAIL) 9月 22日(月)23時53分27秒
安っぽかった。TVでタダで見る映画でした。タダでも前半の間延び&人物描写のいい加減さでちょっと腹が立つかなって感じです。常盤貴子と子役の女の子に星一つ追加でやっとこさ星二つです。
★★★
From: 石井輝男(NO MAIL) 9月 22日(月)14時24分26秒
☆3つ!それほど、悪くないかななが〜い コントとしてみましょう
★★★
From: 周潤子(NO MAIL) 9月 21日(日)09時46分37秒
ここのページを見ると、高い評価と低い評価にはっきり分かれてる感じですが、「そこそこ」の映画だと思いました。下手な洋画見るよりは、よっぽど楽しめるんじゃないでしょうか。リオンさんの意見に賛成。内閣調査室の話しはない方がいいと思う。話しがごちゃごちゃしすぎな感じがしました。前半のテンポの悪さと、脚本の粗雑さを役者の力でカバーしてると思います。西田敏之と常磐貴子最高!!・・・てことは、監督が一人で足引っ張ってるってことか・・・
★★★★★
From: FR(NO MAIL) 9月 18日(木)03時39分21秒
気楽な映画でわかりやすかった。最近、邦画が最低なだけにそういう部分でもよかった。
★★★
From: 太郎(NO MAIL) 9月 15日(月)16時55分42秒
物語は中盤過ぎたぐらいに「あぁ、そういうことか」と理解できた。わかりにくい話なのか、よく練られた話なのかの判断に迷う微妙な所だと思った。でも、やはりゴチャゴチャ感はあったかのように思う。そっくりさんの面々は、おもしろかった。森進一のそっくりさんは前にも見たことあるけれど、あれは何度見ても笑えます。
★★★
From: リオン(NO MAIL) 9月 15日(月)01時15分43秒
この映画、高点数か低点数に評価分かれるんでしょうが、私としては「まぁまぁ」の☆3つです。楽しめたけど、不満も多いって言うのがその理由。面白いことは面白いんだけど、本編と関係ない小ネタを盛り込みすぎて、全体の話の流れを堰き止めてるような気がします。トカゲで借金取りを追い返すところとか、タクシーの女運転手と意気投合するところとか、謎の岡村隆史とか、それぞれ面白いんだけど、なんかそっちばっかりに力が込められてるような…。例えば、冒頭の常盤貴子とトータス松本。その後の笑いのシーンに一役買ってるんだけど、あのシーンがあることで、常盤貴子がいい加減な女性なのかと思いきや、その後の流れはむしろ逆。常盤貴子の人物描写の為なら、むしろないほうがすっきりするシーンだと思う。あと、首相の写真がどうとか、内閣がどうとか言うのも、ないほうがすっきりしたような気がするなぁ。この物語、JBを誘拐すると言う大ウソを軸にして、そのウソを演技力や人情や関西弁で肉付けして、リアリティを出して映画として成立させてるので、そこに、やれ首相の写真とか内閣調査室とか、更に眉唾モノの話を乗っけるのは、決して上手い方法ではない。ラストの「超法規措置で無罪放免」も、甘過ぎ。やっぱ、刑務所に入るべきだったと思う。…とか何とか言いつつ、笑って観てたことは確かなんですけどね。個人的に残念なのは、遊園地、どうせならホンマにハリウッドのそっくりさんにショーをさせてるUSJを舞台にして欲しかったなぁ。(益岡徹がUSJのお偉いさんには、どうやっても見えないところにムリがあるけど(^^;))
★★
From: コメット(NO MAIL) 9月 12日(金)15時00分31秒
わざわざ映画館に行ってまで見る映画じゃなかった。ビデオが出て「旧作」になったら、ついでに借りる程度で充分。山本太郎、ミナミの帝王と一緒やん!皆、他の作品で見たことのある様な配役で、全く新鮮味ナシ! 名の知れた脇役を使って話題作りしてる気がした。
★★
From: アクエリアス(NO MAIL) 9月 12日(金)02時05分05秒
正直言って、イマイチでした。観ながら思ったのはこの映画は井筒監督のギャグのセンスが自分と合うか合わないかだと思いました。僕は合わなかたんですよね〜。もちろん、笑うところもいくつかあったけど、総体的に見ると★は2です。前半とか個人的にはすごいつまらなくて、大丈夫かよ?思っていたけど、タクシーぐらいからリズムが出てきてそれなりでした。
★★★★
From: (NO MAIL) 9月 11日(木)13時37分32秒
何か楽しかったです。テレビで深夜にやってるような、観始めたら最後まで観ちゃった・・という感じ。(でもそれ、すごく大事)始めの銭湯の不意打ち的な流血シーンはほんとに痛そうで肩が竦みました。岸部&藤山の夫婦と西田敏行がすき焼きつついてるところとか味がありすぎです。太郎ちゃんおいしいし、JBも(笑)。とにかく、飽きませんでした。このなんとも全体に漂う土臭い感じが良かったです。サントラも欲しいかも。
★★★★★
From: YK(NO MAIL) 9月 10日(水)18時26分02秒
大きく感動したわけではなかったのですが、2時間飽きることなく楽しめました。常盤貴子があんなにヒロインがハマるとは思ってもみませんでした。「マトリロ」以降消化不良作が続いたのでサービスで☆一つ追加します。
★★★★
From: Jet_Mi(NO MAIL) 9月 9日(火)12時25分49秒
ホントは観る気はなかったのですが、38monkeyさんの書き込みをきっかけに足を運びました。で、私の感想は面白かったです。というより、ちゃんとできた映画でしたね。これでしたら、井筒監督が他の映画について、あーいうコメントするのに納得できました。確かにあのノリに合わないとつまらないかも知れませんが、★1つは無いでしょうって感じです。
★★★
From: フドー(NO MAIL) 9月 7日(日)00時44分10秒
井筒監督は、TV等でのコメントに見る映画監督・ストーリーライターとしての姿勢・哲学に共感したので劇場まで足を運んだ。率直な感想としては、普段彼がTVで見せる映画製作者の姿勢と何ら矛盾しない良心的な作品ではあったが、物足りなさも残ったと言うところ。笑える所アリ、ホロリとする所アリで、観て損をすると言う作品では無いが…もう一つ二つ足りない気がした。主な対象となる客層は、「釣りバカ日誌」や「男はつらいよ」のそれと近いのかも知れない。事実、劇場でもそれとおぼしき方々はかなり楽しんでおられた様子だった。まず、冒頭〜序盤が結構ダルく感じた。さほどキャッチーなストーリーでは無いので、キャラや状況の説明はもう少し工夫して、楽しめるよう描く努力をした方が良かったのではと思った。あと、役者の演技力の事もあるのだが、その序盤でキャラが魅力的に思えないと言うか(特に組のチンピラ達とか)…安っぽさ、B級・Vシネっぽいテーストが余りに出てしまうのはどうかと思った。(もしそれが関西っぽい世界観を出す狙いなのならば、上手く行っていたのであろうが。)中盤からは、いい感じで出てきた「ノリ」のような物に乗って、やっと上手い事流れて行った感じがした。ラストのあのシーンは…やりたい気持ちは分かるが、日本の、特にあの役者陣ではキツく言えば役不足で、観てて少し苦しかった。(西やんと岸辺は別として)常盤”ラディッシュ”貴子は、役柄も合ったためか、心配したほどひどくは無かった。(上手く使ったと言う事であろうか。)ラストシーンのあれは痛かったが…。西やんは流石。笑わされ、ホロっともさせられた。
★★★★
From: けいすけ(NO MAIL) 9月 6日(土)15時33分36秒
 もっとファンキーでぶっとんだ内容かと思いましたが、意外とまともな内容でした。 「ゲロッパ!」、たぶんコメディに分類されると思うのだけれど、個人的にあんまり笑えなかった(^-^;。それよりも、終盤の展開にうるッときてしまった。 ちらった登場した”ホンモノのJD”、あれって本当に本人??なのか気になる!! 本編に☆3つ、ファンキーで楽しいスタッフロールに+☆1つ。
★★
From: 銀幕三十郎(NO MAIL) 9月 6日(土)00時43分09秒
センスを感じさせるギャグもあるが、肝心のストーリーがあまり練られていない。組員たちの行動目的(組の解散の阻止およびこれから派生したJBの誘拐)が曖昧になっていくからいまひとつ没入できないし、内閣情報調査室のからめ方が強引すぎるためにしらけてしまう。ヒロインが窮地から救われるクライマックスは割合うまくできているが、その後でだれてしまうのが痛い。
★★★★★
From: tuki(NO MAIL) 9月 5日(金)00時06分16秒
気楽に見れて面白かった。配役もいいし、笑えるし、テンポもいいし、最近見た邦画の中では一番!皆に勧めたくなる映画です。
★★★
From: セロ(NO MAIL) 9月 4日(木)22時36分33秒
ぶっちゃけ普通におもしろかったです。最近なかなかない人情映画として成功してると思います。ただアラがけっこう見えたのがマイナス。たとえば最初の銃撃戦はちょっとカット割りが下手かな。雑すぎて何してるかわかりづらい。あとフィルムの件をもうちょっとうまく絡ませてほしかった。脚本にちょっと不備が見えた。でもいい話。これこそ邦画の醍醐味と言える
★★★★
From: やよい(NO MAIL) 9月 4日(木)00時16分09秒
西田敏行あっぱれ。彼でなければ★1つだったでしょう。辻褄合わないところがあったり、撮り方が古臭かったり、エンドロールはちょっとびっくりしたけれど、でもそれをチャラにするくらい西田敏行がいいです。あと岸部一徳と藤山直美もいい感じ。個人的には岸和田少年愚連隊のほうが好きですけど。
★★★★★
From: 38monkey(NO MAIL) 9月 2日(火)18時53分22秒
いろんな掲示板で★が割れてるのは今までけなされた配給会社とかの関係者が荒らしてるから?と思えてしまうんだけど・・・悲しいので本当なら★4つにのところ5つで。作品見た感じ普段ならこんなに評価低くならないと思うんだけどなあ。という訳で頼むから映画会社の人遠慮してくれ。
★★★★
From: 三塁手のけもの道(NO MAIL) 9月 2日(火)18時48分40秒
すっごく面白かったです。いわゆるジョークではなく、きちっと日本らしい笑いが随所にあって心から笑えました。ストーリーはそれなりによく練られていました。
★★★★★
From: りょー(NO MAIL) 8月 31日(日)21時10分07秒
面白かったあ〜!ハマちゃん・・・いや、西田敏行にあらためて感服。相変わらずクセのある岸辺一徳に、山本太郎の自然なチンピラぶり・・・。リーダーがいなかったのが残念だったが、コント赤信号や、「踊る〜」の時は冴えなかった岡村でさえ、各出演者すべてがイキイキしてる!楽しんでる!ちょっと、ココの評価が低すぎるのがナンですが、冴え渡る関西弁に、JB。JB、この映画観たらどう思うかなあ〜。「ファック!」って言ったら、ソン時は太郎につっこんでもらおう!いや、ホントおすすめだなあ。常盤貴子と西田敏行のシーンには、目頭が久しぶりに熱く・・・なって、うう。エンドロール終わるまで観客の皆さんも観てたし、踊りたくなったよ!イエイ!
★★★★
From: GVTN(NO MAIL) 8月 30日(土)12時10分19秒
2時間、楽しませてもらいました。ストーリーはありきたりだし、設定や展開に無理や強引なところもある。そして、やくざものは好きではありません。しかし、ギャグ満載で飽きることなくあっという間に終わりました。こんなに笑える映画だとは知らないで、もっとシリアスな映画かと思っていきました。確かに最初の10分くらいはそうなんだけれど、その後は一転して、ギャグの連続でした。 ギャグばかりだからひいてしまう人がいるのもわかります。けれど私には面白かった。これだけ楽しめたのだから、映画のできとしては平均以上でしょう。しかし、☆五つまでは行かないかな。
★★
From: れん(NO MAIL) 8月 30日(土)02時53分50秒
まぁ、こんなもんかな…という印象でした。井筒監督がメディアに出まくって宣伝しているし、「大ヒット公開中」と言う事でしたので、あまり邦画を観ない私なのですが、いつもながら「自腹で」行ってまいりました。結果は、やっぱ私は邦画が苦手ですね。あの独特の色合いとセリフの音質がすごく苦手なんですよね。声が割れているように聴こえて、すごく不快に感じます。映画の内容もねぇ、あのコテコテの雰囲気に、私、ついていけませんでした。ギャグも全然面白いと思えなかったしねぇ。困ったもんだ。
★★★★
From: 西田敏子(NO MAIL) 8月 28日(木)15時37分53秒
井筒なんぼのもんじゃいという姿勢で観に行ったのが返ってよかったのか、結構おもろかったです。確かにストーリーも展開もありきたりでしたが、コテコテの展開がまた最近の映像ばかりに力が入った映画と違って好感が持てました。
★★★★
From: まっきー(NO MAIL) 8月 28日(木)00時38分57秒
「面白かった」というよりは「楽しかった」って感じです。映画というよりは、どちらかというと舞台に近い印象を受けました。割とアッサリ終わっていくんですが、思い返すと「あーあれ楽しかったなぁ」というシーンが多く、なかなかだと思います。
From: jojo(NO MAIL) 8月 27日(水)17時49分09秒
ありきたりで予想通りの展開しかも見せ方が下手クソ正直つまらん裏切られた
★★★★★
From: にちお(NO MAIL) 8月 27日(水)05時09分14秒
井筒監督ってやっぱり面白いじゃん!ロード・オブ・ザ・リングの低評価した井筒評にめちゃめちゃむかついたわしですが、それとこれとは別(笑)みなさん、すいません!この映画大好きです(^^)
★★★★
From: kdd(NO MAIL) 8月 27日(水)00時28分40秒
面白かった。オープニングの工場の煙突シーンのBGMにJBの「メンズワールド」が流れたときには鳥肌が立った。ただ一番最後のみんながアフロで踊るのには萎えたなー・・
From:  (NO MAIL) 8月 27日(水)00時28分12秒
言える事はただ一つ。「井筒、おまえに映画評価する資格無い!!」以上
★★★★
From: Jony(NO MAIL) 8月 25日(月)19時59分26秒
この映画って「面白い」か「最低」の評価にガッチリ分かれるね。他のHPでもそんな感じでした。俺は面白かった派です。
★★★★
From: TS(NO MAIL) 8月 25日(月)15時24分01秒
期待しない分よかった。井筒の行っていることがこの映画に現われている。西やんの歌よかった
★★★★
From: 釣りバカ(NO MAIL) 8月 24日(日)22時53分29秒
そこそこ面白かったです。テンポがよかったのか、見ていて飽きませんでした。ほのぼのしてていい感じです。でも、クライマックスのあのシーンでBabyfaceの曲が流れたのに違和感を感じました。たぶん、あそこで泣かせたかったんだろうけど...
From: MASA(NO MAIL) 8月 24日(日)22時32分08秒
ぶり返した残暑にぴったりで、たっぷりと涼を取らせてもらいました。ストーリーめちゃくちゃ、ギャグは、はずしまくりで、何度も上映中に時計見ました。めったに映画見なさそうな年配の方には、たまに小さくウケていたようだけど、それで満足かい、井筒さん?もうこの人はガキ帝国撮ったあの監督と同一人物と思ってはいけないのだろう。役者の表面的なイメージに頼り過ぎだし、企業とのタイアップもうざい。そんなのCMが入る民放TVでやってくれ。この映画が面白いとしたら、世間の大抵の映画は駄作なわけで、井筒氏の尺度がよくわかった。人様の映画を滅茶苦茶に言う人が撮った作品に対して、謹んで☆一つを進呈したい。
★★★★
From: J65X(NO MAIL) 8月 24日(日)17時11分11秒
キャラクタ−設定、話の起承転結・つじつま合わせ、人間描写・演出・セリフetc.…映画の基本が描けていて、『映画を観た。』という感じです。多分これが映画としてのスタンダ−ドな存在じゃないかな?若い人には多分思っているほど面白くはないと思うけど、これから多くの映画を観ていけばこの映画の意味・存在が理解できると思います。最近観た日本映画があまりにもヒドかったので。(「リタ〇ナ−」はパクリのオンパレ−ドと幼稚な脚本で、「〇る大〇査線2」はファン相手とキャラだけの映画だからね。)
★★★★
From: はな(NO MAIL) 8月 23日(土)12時37分35秒
前回の「のど自慢」も良かったけれど、やっぱり井筒監督は浪花映画だなぁ、と思える作品。でも、「ガキ帝国」「岸和田少年愚連隊」ほどの魅力はなかったです。なんだか「エンターテイメント」とやらにぐるぐる巻きにされちゃった感じ。西田敏行が浪花の人じゃないからかしら?いつものリアリティが見られなかった。今後に期待。でも、最近の日本映画の中では、面白かったです。
★★★★
From: うにっくす(NO MAIL) 8月 23日(土)01時33分48秒
評価低いですね。私はけっこう面白かったです。特に西田敏行がステージに立つシーンはピークに達したエンタメ性に感動して涙がでそうになりました。カタルシスっていうんでしょうか。最後にみんなで歌って踊りだすのは、まあその場では楽しいけど、80年代のアイドル映画風というか、後々観たら恥ずかしくなりそうな気はしましたけどね。井筒監督のイメージによるフィルターは、テレビで映画について語る監督をあまり見てないせいか、そんなに意識せず観れました。
★★
From: switch(NO MAIL) 8月 22日(金)00時27分14秒
試写会でみました。そこかしこに、それはないだろ!って思う個所がありました。普段虎ノ門で怒ってるかんじで自分の映画を評価したら何★なんだろうか?たぶん★なんではないかと・・・
★★
From: とる(NO MAIL) 8月 21日(木)23時55分34秒
なかなかの娯楽作品でした。ただ監督のいつものイメージがフィルターとして掛かってしまい素直に観れなくて…。
★★★★
From: とろんと(NO MAIL) 8月 21日(木)20時06分07秒
監督のキャラが反感をかっているみたいなんだけど、客観的にみれば良質の佳作じゃないでしょうか。大抵の人は、見て損はしないと思います。
From: 小路(NO MAIL) 8月 21日(木)12時16分23秒
安ッぽかったな。偉そうな事言ってこんなもんしか作れねえのかよ〜と思ったくちです。
★★★★
From: あゆむ(NO MAIL) 8月 21日(木)00時01分58秒
俺は面白かったけどな〜・・・井筒監督のキャラ&番組がマイナスに働いてるのかな?「普段偉そうに言っててコレかよ」みたいな。最近の邦画の中ではいい出来だと思います。
From: 三五十五(NO MAIL) 8月 20日(水)18時24分07秒
うーん。。。可もなく不可もなく。。。最近の井筒がTVで暴走していたのを見ていなければ星二つ。見ている間中彼のイメージが頭から離れなくて映画に入っていけなかったわ。
From: aki(NO MAIL) 8月 20日(水)01時53分18秒
岸部一徳の変なダンスに☆1個進呈
From: MAJI(NO MAIL) 8月 20日(水)00時50分42秒
唄の部分だけに ☆ひとつ です
From: まさ(NO MAIL) 8月 19日(火)12時12分11秒
全然面白くなかったです。正直がっかりでした。
★★
From: 太朗(NO MAIL) 8月 19日(火)10時30分05秒
 井筒監督のこだわりが感じられた映画でした。人物描写も良くできていて、最後の終わり方もすごく良かったと思います。あと、常盤貴子さんの娘役の女の子の演技が巧かった! ただ、笑いが少々くどいように感じて、完全にのめりこめませんでした。コメディは、以前監督がテレビで、「笑いのセンスが違う」と言っていた三谷幸喜さんの方があっているように思いました。 でもなかなかのB級娯楽作品です!見て損はありません!
★★★★★
From: tuki(NO MAIL) 8月 18日(月)23時26分45秒
試写会で見に行きました。面白かったなあー一徳サイコーテンポも良かった関西弁が聞き取りづらい感はあり
★★★★
From: noritama5(NO MAIL) 8月 18日(月)23時26分24秒
井筒監督の作品は初めて見ました。たしかに、この監督はケチョンケチョンに他の作品を言いますが、そうした目をもっていないと監督は勤まらないし、又、作り手としてそうした見方になるのだと思います。さて、この作品とにかく明るく楽しくを追求しつつホロッとくるような浪花節も見せるエンターテイメントでした。井筒監督が日頃から考えているのはこういうことなのか、と感服しました。主役の西田さんもハマってたし、1シーン1シーンどこかボケとツッコミがあって。笑ってしまった。★4つ、なのはチョット、テンションがバタバタしているかなぁと思ったので。見ていない方、一見の価値ありだと思います。
★★★★
From: madoedowr(NO MAIL) 8月 18日(月)22時10分30秒
冒頭の残虐シーン、ストーリーのもたもたしたところ、クライマックスの西田の熱唱以降が長すぎること、など欠点をあげればキリがないけれど、それでも、全体としては、良くできた面白い映画だと思う。今年の夏はこの映画が一番よく出来た邦画ではないかな?
From: たかこ(NO MAIL) 8月 18日(月)18時26分14秒
日頃から、この監督は、いろいろな映画を、ケチョンケチョンに、けなしているどんなおもしろい作品を作るのか、興味半分で、観に行きました。私の感想は、意味のわからないところなどが、あり、おもしろいとは、思えなかったです。年配向きなのかもしれません。
★★★★
From: ウィリアムス(NO MAIL) 8月 17日(日)03時36分00秒
映画を見た後、なんとなくこころが温まります。最初から最後までテンポが非常によかったです。ベタベタの大阪弁でまくしたて◎。西の方言に不慣れな人は集中しないと聞き取れないかも。
★★★★
From: 月影 星之介(NO MAIL) 8月 16日(土)18時58分58秒
映画館で見て損は無し。なかなかの秀作です。でも本編前のSOULHEADのPVは別にいらないかも。(笑)