ハルク

満 足 度
30.9%
回答者数34



★★
From: きく(NO MAIL) 8月 28日(木)00時41分16秒
なんか主人公が一番悪者な気が…やたら戦車を壊したりぶん投げたり、それって過剰防衛じゃないの?怒りをコントロールできないっていう設定じゃ仕方ないのかもしれないけど、それにしても暴れ過ぎ。お陰で登場人物の誰にも感情移入できないまま映画が終わってしまって観終わった後は消化不良気味。ハルクのCGが思ったより悪くなかっただけに残念。
★★
From: 新テリー(NO MAIL) 8月 27日(水)10時25分55秒
夏休みに公開する映画じゃないなー。子供が結構多かったけど、むずかしいと思うよ。家族で見るにはチョット残酷(金と時間の無駄使い)。前振りがえらく長い。親父と息子の戦いは巨人の星を思い出すが、訳わからん。下の方で帰ったと、あるが入替制なしの劇場ですか?端の席ならいざしらず、途中で見ている人の前を横切るのは関心しないなー。寝た と言う人、無呼吸症候群の可能性あり!病院で精密検査を受けたほうが宜しいかと。
★★★★
From: しんしん(NO MAIL) 8月 27日(水)00時20分06秒
内容はまあまあでした。画面分割はそんなに気にならなかったけどなあ。なんといってもジェニファーが最高!!もう20年近く見てるけど、今回が一番きれいでした。少し痩せたからかな?彼女に★1つプラス!
From: かな(NO MAIL) 8月 25日(月)21時39分44秒
びっくりしたよあのCG?がっくりきて、眠さ倍増・・・予告とか面白そうだったからな・・・期待しすぎたのかもしれませんね。
★★★
From: TAK(NO MAIL) 8月 25日(月)14時31分59秒
もっと荒唐無稽のアクション作品と思っていたら意外にもシリアスでサスペンス風だったので最初は良かったけれどちょっと長すぎた感じがした。もっとハルクが暴れるシーンを見たかった。画面分割は工夫していることはまあ良かったと思う。ジェニファー・コネリーはきれいだった。
★★★
From: よいき(NO MAIL) 8月 19日(火)19時26分23秒
そんなに悪くない。良くもないけど、つまらないって事はない。ってゆーか親父がとにかく変態すぎてまいった。しっかりしたストーリーがあるのでくだらないことはないです。やっぱ暗くなるんだよね、ヒーローものってのは。この夏の映画の中ではお話がしっかりしてる方だと思います。
★★★
From: ぴかりん(NO MAIL) 8月 18日(月)11時01分38秒
分割画面の多さにビックリしました。まさかあんなに分割しまくるとは。一体何の効果があるのでしょうか。非常に見づらいだけでした。普通の画面で見たかった‥。ハルクが暴れるシーンは迫力があったけど、分割画面がとにかくうざかったです。
From: (NO MAIL) 8月 17日(日)20時21分51秒
超つまらない!途中で帰った。
★★★
From: トミ子(NO MAIL) 8月 15日(金)23時19分08秒
いーじゃん。いーじゃん。
★★
From: トマト(NO MAIL) 8月 15日(金)20時42分12秒
最初踊る〜を見ようと思ったけど、1番前しか席がないというのでハルクを見ました。いや〜、とにかくハルクが大暴れしていましたよ。最初見た時はボブサップだと思ったし、その後はキングコングを思い出した。でもとにかく主人公の父親の行動が良く分からなかったです。ちゃんと心理描写にも時間を裂いているんだけど、いまいちわかりにくかった。いっている事と行動が。(というか行動が何をどうしたいのか説明不足)でも最後の親子げんかはとても好きでした。この監督は主にヒューマンドラマを描いていたと聞いていたのですが、アクションシーンに気をとられ過ぎてドラマの部分をちゃんとできなかったのかな?(ただ前半のドラマ部分と場面の切り替えとかはかわっていてなかなか良かった。ちょっと長いけど…)でもアメコミの映画だけど、とても真面目な映画だね…。これは。真面目すぎて緑のハルクのデザインが浮いて見える。スパイダーマンの方がいいや。アンリー堅すぎ。真面目すぎ。(つーかこの監督はアメコミの映画化には向いていないと思った。)
From: バーク(NO MAIL) 8月 12日(火)13時49分25秒
非常に退屈。ハルクの強さが際立ちすぎます。地面の中を移動したり、昔のテレビ、ハルクのイメージで見たら大違いだった。
★★★
From: シネマレーサー(NO MAIL) 8月 11日(月)23時18分05秒
ドラマ部分がまるっきり出鱈目で最悪。分割画面見苦しい。演出にリズムも流れもない。ただしハルクがおお暴れする後半は凄まじい迫力。これだけでも見る価値あり。アン・リーじゃなくて平均的なスタジオ監督が演出したほうが絶対おもしろくなったと思う。
★★★★★
From: アクト(NO MAIL) 8月 11日(月)19時46分09秒
マトリロもチャリエンも大走査線もT3もストーリーに関しては、納得いかなかったところが多々あり。だからハルクにもおかしいところがあってもそれほど気にしませんでした。それより、娯楽らしいなんでもありの展開で、現実には見れない絵がたっぷり。この夏休みの映画で一番充実感があった。画面分割は最初はうざかったけど、見てるうちになれました。
★★
From: 博光の息子(NO MAIL) 8月 11日(月)13時06分35秒
こんなもんでしょ。期待してなかったし。でも思ったよりチャンと作ってるって印象はありました。コミックを意識したマルチ画面は個人的にはやり過ぎと感じました。使いすぎなきゃ面白いのかもしれないけど意味もなく画面割り過ぎ。犬との戦いは面白かった。結構ハラハラしたし。でもそれ以外が全く緊張感なしなので、観ててダレル。主人公の感情や、ニック・ノリティのやりたい事がよく解らないので、いまいちドラマに入れない。ジェにファー・コネリーは結構良かった。
★★
From: ドラえもんの友人(NO MAIL) 8月 11日(月)11時46分36秒
やはり一番の難点は、「怒り」というハルクへの変身根拠がまったく描写されていないことか。また変身すると気分爽快なんだというセリフは、変身をしたくないという主人公の願望と矛盾している。何度も変身して、家に帰れることから制御できない力というイメージはない。過去ネタでひっぱるも、その内容は薄く。現在のハルクにスポットが当たらないので、過去と現在との繋がりが希薄。だから父親がラスボスになるのが意味不明。筋肉のぜんりつ運動や、大ジャンプ後の着地で地面が陥没しないのはちょっと残念だが、軍との戦闘だけは面白かった。イラク戦争で使った多弾頭や、奇跡のみえない戦車砲などこのシーンのVFX監督は恐ろしく有能だと感じた。
★★
From: えなりーかずきー(NO MAIL) 8月 11日(月)04時07分00秒
(ねたばれ)変化球で勝負してる映画だけど、私の体にデッドボール。酸欠〜女と再会まではもっと濃くできたハズだが・・・女は何もしてないのに元に戻るのはシュール過ぎやしないか?(嫌いな部分)悪役不在ゆえに怒りの矛先が物への八つ当たりに向かい、結果、茶番劇となる。一人も殺さず物だけ破壊するのは見た目と違って器用すぎ。しかも治癒能力のせいで緊張感さらにダウン。最大の売りの部分が延々と意味のないやりとりとして映し出される。怒りが長続きしすぎだし、過ぎたことに激怒するのも違和感。女やニックノルティの感情も意味不明。危険な人物2人を面会させるアホ軍隊にはツッコまずにはいられない。面会じゃなくて忍びこませた方が良かったのでは?(好きな部分)破壊願望を上手に映像化したこと(特に対犬)。軍人と科学者の解釈の仕方。CGを上手く使ったコミック映像化ならではのコマ割り。かえる師匠のおちつきっぷり。犬が枝に乗ってるめずらしい映像。
★★★
From: KIM(NO MAIL) 8月 7日(木)03時44分42秒
とにかく前置きが長い!親子関連の話題とか長過ぎる、それにこの手の話題はいくらんでも新鮮味に欠ける、CMで見たイメージと寸分狂い無し、良い意味で期待を裏切ってほしかった。。ハルクもカッコ悪い、ヒーローと言うよりは純度100%アメリカンギャグ、筋肉ムキムキ、パンツ1丁裸、なぜか緑、、にも関わらずシリアス路線で来るもんだから。。。結論とにかくぶっ飛んだアメリカンな映画、笑いありドラマありとそこそこ楽しめた映画でした。。
★★
From: 銀幕三十郎(NO MAIL) 8月 7日(木)00時23分06秒
主人公が暴れだすまでの前半は、過剰に複雑な設定を説明する内容が延々と続いてかなり辛い。また、この段階で主人公の人格をしっかり描いておかなかったことが、全体の不出来を決定づけている。後半のアクションには興奮させられるが、重量感に乏しいのがものたりない。伸縮自在の破れないパンツはやはり気になる。コミックのような画面分割は効果的とは思えない。エンド・ロールからもうかがわれるが、作り手は原作がコミックであることを意識しすぎたのではなかろうか。
From: (NO MAIL) 8月 6日(水)15時26分49秒
あのヘリはRAH-66コマンチといいます。ステルス機能付きのヘリです。ま、アパッチの後継機みたいな感じかな。
★★
From: C.I(NO MAIL) 8月 5日(火)08時02分58秒
下の方(えきめんさん)のおっしゃるように米軍との戦闘シーンは本当に最高!だれか教えてください。あの回転するヘリは実在するのですか?ヘリコプター・フリークのわたくしとしてはぜひ知りたいです!!だれかご存じないですか?
From: ここの(NO MAIL) 8月 4日(月)10時56分20秒
ここの評価は大変参考になるので、いつも新作を見るときは数日ずらして評価見て、見に行くんだけど、この作品だけはなぜか未チェックのまま行ってしまった。最初の1時間で寝ましたよ、ほんと。ほかの映画でいえば「模倣犯」くらいのできだと思う。
★★★
From: えめきん(NO MAIL) 8月 3日(日)22時17分13秒
ブレイドよりも筋肉ムキムキで、スパイダーマンよりも高く舞い上がり、溢れるパワーはX−MENが束になっても敵わない。そしてデアデビルのダサいコスチュームよりも素敵で丈夫なパンツ。そんなアメコミ映画史上最強のヒーロー、『ハルク』の見所は、米軍との戦闘シーンのみ!!あとはいらない。それと漫画のコマ割りのような演出は面白かったですが、編集した人は血のにじむ苦労を経験したんでしょうね。
★★★
From: 流浪の民(NO MAIL) 8月 3日(日)17時25分45秒
ここの評価、めちゃめちゃ低いね(笑)。テレビシリーズの『超人ハルク』ファンとしてはちょっと寂しい。テレビシリーズは割と地味な人間ドラマ性が強いが、漫画の方はひたすらハルクがあばれてぶち壊し、それを止めようと軍が介入して、さらに宇宙人やらなんやら訳のわからない怪物がうじゃうじゃ出てきて、やたらにスケールのでかい話で、私はさすがについていけない感じなんだけど、映画はそのハルクをよく表現している。登場人物もコミックのレギュラーたちがちゃんと出てるしね。親父と息子の戦いもまるで原作コミックを読んでいるように「なんかすごいことになってるけど、わけがわからんなー」とただポカンとさせられてしまう。まあ、その訳のわからない展開を力ずくで押しまくるのが原作コミックだから、そのまんまといえばそのまんまなんだけど。個人的には主人公の親父役を演じているニック・ノリティがいい味を出していてよかった。彼の演じる親父への興味でこの作品は最後まで見られた。ミュータント犬を連れて歩いているというのもなんかいい(あんな危険な犬を良く飼い慣らしてるなーと感心)。もし続編を作るなら是非もう一度登場して欲しい。しかし、公開初日からして既にがらがらの劇場で先々暗雲とした気もしなくはない。あんなに宣伝は派手なのに、これはどう考えても採算あわなさそう。
★★
From: se-re-ne(NO MAIL) 7月 31日(木)23時14分18秒
主人公をフルCGで描くというのはやはり無理があるってことでしょう。。。でも「踊る」よりはましだったので2コにしておきます。
From: アックスボンバー(NO MAIL) 7月 29日(火)14時15分56秒
昔あったね、こんなゲーム!とにかく飛ぶやつ、、(忘れた)得意技 ”アックスボンバー”なんてやってくれたら、すこしは楽しめたかな、、?笑。最新鋭の戦闘機&ヘリ、アメリカの軍隊の宣伝用映画?それとも伸縮自在のパンツ下着メーカーの宣伝用?
From: ジャンゴ(NO MAIL) 7月 28日(月)23時45分53秒
いや〜ハルク・フィクションであってほしい・・・そんな一品でした。マジで怒るよホント。CG満載というのは判っていましたが、ああまでしてCGを使う必要があったのかと問いたいですね。皮膚感やなめらかな表現は、モンスターズインクやシュレックで証明されているわけです。ならば、その良さを生かして、さらにもう一歩突っ込んだハルクの喜怒哀楽の表情や重い物を持ち上げるときの筋肉の躍動などを描いてくれたら良かったのに・・・なにもゴムまりのようにピョンピョン跳びはねるグリーンスライムを見に行ったワケじゃありません。肝心のストーリーは、誕生編から父親との葛藤、彼女との愛情、自らの苦悩などなど、全てを盛り込もうとして、見事に中途半端になりました。どれかに絞り込んでじっくりと見せるか、あるいはバッサリ切ってアクションに徹するか・・・とにかく緑になるまでの長いこと長いこと。自分的にはラストのバトルは余計でした。あれは連想させるだけに留めて次回につないだほうが、お話を広げやすかったのにね。あれだけのキャラを暗闇とフラッシュバックだけで終わらせるとはアン・リーも何を考えているのか・・・救いはジェニファー・コネリーの美貌を大画面で見られたというとこですか。
★★★★
From: キム(NO MAIL) 7月 28日(月)21時10分08秒
マンガのコマ割を意識した画面構成は「ああ凝ってるな」程度の感想でしたが、軍隊との戦闘シーンなど、特筆すべき程にカッコヨイ構図の連続は痛快で感心しました。樋口真嗣特技監督に通じるセンスを感じます。他の方のご指摘にある前半の長さも私はあまり気になりませんでした。老いたりとはいえ、ジェニファーコネリーの何ともいえない良さ(単なる好みですが)は「ダークシティ」以来それだけでも見る価値ありと思わされました。特撮もののファンは昨今のどの大作よりも必見といえると私は思います。
★★
From: lin(NO MAIL) 7月 28日(月)19時28分44秒
重い!!暗い!!長い!!親子の話を長々と見せすぎ。でも伝わってこない!!もうすこし彼女との関係につっこまないと、、、
From: 上海(NO MAIL) 7月 28日(月)19時02分13秒
シュレックが跳ぶ!殴る!暴れる!なんじゃそら
From: クラッチヒッター(NO MAIL) 7月 28日(月)14時29分27秒
本国での興行収入が厳しかったらしいというのは聞こえていて期待はしていなかったが、原作を知らないとはいえ映画としてまさかこれほどひどい出来とは・・。<ネタバレ>一番の問題はとにかくハルクが暴れるまでが長い。アクションを期待している観客を前に登場人物の暗い会話を1時間くらいダラダラやられては正直完全にだれてしまう。脚本も人間描写も稚拙でどのキャラクターにも感情移入できない。ハルクが怒りによって変身するシーンでも主人公が何に対してどういう怒りを抱いているかしっかり描かないまま話を進める。主人公と彼女との関係も曖昧だ。ストーリー展開する上で2人の恋愛を軸に話を進めようとしているのに「何故お互い好きなのか」という事すらしっかり描かれていない。そのため彼女の登場によって、ハルクが怒りを静めて人間に戻るシーンでもストーリー上盛り上がることは無い。またハルクの親役のニック・ノルティは「こいつ本当に科学者か?」と思える言動が目立ちリアリティもなく、さらにはムリヤリ最後に主人公の敵として引っ張りだされる始末。ストーリーにおいては変身した後も主人公は正気を無くして暴れる以外に目的が発生しない為、結局周囲のキャラの行動にただただ流されて巻き込まれていくだけの展開に退屈した。物足りないのはもっとでっかくハルクが巨大化すると思っていたが、ちょっと大きくなっただけで終っちゃった事。あと見た人は必ず突っ込むと思われるどれだけ巨大化しても決して破れないパンツネタがないとかw全体を通してシーンのつなぎにコミックのコマを意識した画面分割やカットの挿入が多用される。確かにあるシーンにおいては効果的に使われていたりもするが、正直非常に暗いストーリーと完全にミスマッチだ。ストーリー上の笑いの要素が皆無の今作品において、うるさすぎるカットの挿入は違和感がありすぎる。特に中盤の敵役の男の爆死シーンでは「ギャグマンガか?」と思える使い方をしている。「マーズアタック」のような映画で使うべき手法を何故この映画で使ったのか理解できない。
From: haruo(NO MAIL) 7月 28日(月)08時36分14秒
駄目だ、今年一番つまらなかった。もう眠くて眠くて・・・。この脚本はひどいなぁ。こんなに親子のことを長々と見せなくてもいいと思うぞい。
★★★★★
From: switch(NO MAIL) 7月 28日(月)00時19分08秒
いままでみたアメコミ映像化もののなかで一番趣味に合いました。アン・リーさすがってかんじです。確かに遊びの部分がほとんどない気もしますが・・・。あと、ちと長い気も。
★★★
From: bac(NO MAIL) 7月 27日(日)03時17分55秒
正直言ってそれほど面白くはないと感じたが、画面分割を多用したり、演出はアンリー監督は相当頑張ったなあという感想。ブルースの父親役の人も良かったと思われる。欠点は脚本かなあ、ハルク誕生までが長すぎる上に、二組の父子の関係や一度別れたはずの二人が愛を取り戻すようなことを描こうとしたため色々中途半端になってしまった。アクションがメインではないが、爆弾を叩き落すハルクはカッコ良い。飛んでいるような連続ジャンプも中々良かった。
From: FAVRE(NO MAIL) 7月 26日(土)17時18分20秒
久しぶりにやられました。昔、テレビで「超人ハルク」を見ましたが、このハルクは、まず顔が怒ってない!追っかけている軍人さんも、今まで何してたの?って感じで、もうだめ!ストーリーもダレダレで、眠くなった。