インファナル・
アフェア


満 足 度
88.0%
回答者数102


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★
From: ちぇりー(NO MAIL) 11月 8日(土)14時54分44秒
「ヒート」のような男二人の手に汗握る攻防を期待してしまっていました・・・そしてもっと悲しいことに私はヤンにしか感情移入できなかった人です。(ネタばれです)実力となにより正義漢をもって警官を目指したのに恋人とも結ばれず、心の支えだった上司にも死なれ、警官に戻れないまま孤独に死んでいったヤンを思えば、誰にもスパイだったことがばれてないどころか(婚約者にはばれたんでしたっけ?)、大手柄をあげた警官としてエリート街道まっしぐらなラウの人生は本当に無間道?私程度の感受性では、あの演出からラウがマフィアになるしかなかった背景や葛藤を感じ取り、彼にも感情移入することはできませんでした(泣)
★★★★
From: ネビュラ(NO MAIL) 11月 8日(土)02時29分44秒
面白かったです。面白かったんですけど、すごく期待して観に行ったぶん観終わった後、正直ビデオでもよかったかな?なんて思っちゃいました。若き日の二人のエピソードがオープニングでちらっと出てきただけなので上映時間延ばしてでも、若き日の二人をもう少し描いてほしかった。けれど人に自信をもってオススメできる作品ですね!
★★★★★
From: A(NO MAIL) 11月 7日(金)23時25分51秒
二回目を観てきました。二回観てもやっぱりよかった。これは絶対DVD買いです。続編が作られてるって、なんかちょっとおいおい!大丈夫か?って感じだけど公開されたら観に行かざるを得ないだろうなあ。<ネタバレ>何人かの方が言っている最後の警察学校でのラウ警官の「なりたい」という言葉は、偽りの身から逃げたいということだったのではないかと私は解釈しました。そして若かりし頃のヤンとラウの姿に現在のヤンとラウの姿を重ね、もう一度「なりたい」と言葉にするところで、ヤンのようにお日様に恥じない道を歩めたらという気持ちと自分は「警官だ」そう素直に言葉にできたヤンへの羨ましさ、偽りで塗りたくって生きていくしかない今の生活から逃げたいという気持ちを表していたのではないかと思いました。パンフレットに、ラウは小さい頃から貧しい地区で育ち、マフィアというものが日常の中にある環境で育ったためにマフィアに入ったことは自然の成り行きだったとありました。決してラウが悪人だったわけではなく、そういう環境に育ってきて、そうなることが必然だった。そう考えると、何の選択権もないままに、マフィアに身を置くしかなかったラウが可哀想に思えて、あのラウの冷たい表情やヤンに銃を向けられても冷静だった態度、ヤンの死を受けてショックを受けてた表情、そして「俺は警官だ」そう言ってエレベーターから出てきた時の表情、全てが悲しく写りました。ヤンのように死ねるのが自分だったら・・・。でも自分は死ねなかったのだからこの偽りの身で生きていくしかない。それこそが無間道、「生きている限り永遠に続く地獄」なのではと、勝手に解釈して、本当によい映画だと改めて余韻に浸っています。いかがでしょうか? 
★★★★★
From: バニラ(NO MAIL) 11月 7日(金)12時59分45秒
結局2回見に行ってしまいました!同じ映画2回映画館でみるなんて始めて^^そのくらいほれました^^ネタばれ麻薬取引でトニーと警視がそれぞれ違う場所でトントンやってるのって、苛立ちを表わす効果音と思っていたら、モールスなのか!!電子化進む中、やっぱり最後に頼りになるのはアナログ通信だね。10分間のリンチって、みじかいなあと初めは思ったけど、考えたらリアルでこわい・・でも警視!よくヤンを売らなかった!
★★★★★
From: きさ(NO MAIL) 11月 7日(金)02時03分59秒
久しぶりに二回見に行ってもいいなと思えた映画でした。トニーレオン、どんどん哀愁漂ってって格好良いです。ドキドキハラハラの二時間。文句無し!最後はちょっとやるせなかったです…
★★★★
From: かめいえりー(NO MAIL) 11月 6日(木)16時14分52秒
(ネタばれ注意!!)あの2人に接点なんてほとんど無い。キャラ設定も両極端にはしてない。でもその抑えた演出が良いんだよね。私としてはラウを支持する。ラウを告発しようとするヤンが微妙に許せない。「ああなりたい。」の意味ははっきりは分からないけど、何かせつない。内通者同士の情報戦がフェイスオフとの差別化部分。ヤンがラウと電話で話した辺りからはグダグダになる。ヤンの殉職は完全に予想外のタイミングで見事。アイデアに目新しさは無いがドラマとしての完成度は高い。4点。
★★★★★
From: kaniza(NO MAIL) 11月 6日(木)13時07分33秒
最初から退屈することなく、目が離せなかったです。最後は思わぬ展開!こうくるかーって思った。それにしてもトニーのあの哀愁を帯びた目、今思い出してもうるうるします(T_T)最高でした。。
★★★★
From: りりか(NO MAIL) 11月 6日(木)11時11分54秒
よかったよ〜。アンディって誰かに似てる気がする。。宍戸海?風だよねぇ?刑事のおじさんもよかった。久々に退屈しない映画だった。よく上映中にかったるくなってくると時間とか気に仕出すほうなんだけど一度も気にならなかった!トニーなんかどんどん寂しそうな顔になってきてるね。。全体的によく出来てると思ったけどやっぱりちょこっとそんなにしてもバレてないんかい!って突っ込みもあったりもするかも。映画見終わったら疑問に思うけど見てる最中は引きこまれてるのでそれはそれでヨシとするかな。ただ、最後の歌が正直、ずっこけた。ので☆ひとつマイナスかも。笑あの歌・・・・・まさか売れてるのかいな?
★★★★★
From: (NO MAIL) 11月 6日(木)03時14分58秒
いや、これは凄いっすよ。オープニングの状況説明があんまり駆け足過ぎてしばらくとまどったけど、判ってしまえばあとは熱い男のドラマに身を委ねる2時間を堪能できた。だって、途中までトニー・レオンとアンディ・ラウは2人ともマフィアのスパイだと思っていたもん。どんだけややこしい設定やねん!って勘違い〜。モールス信号をここまで上手く使った映画は初めてかしら?とってもスリリング!主演2人は勿論、脇役も渋い!トニーが「HERO]の時より哀愁を感じさせて良かったし、ウォン警視のカッコ良さが特に印象的…どっちかっつーとラウの方に感情移入してみていたのでラストのあの無表情の下にどんな感情が渦巻いていたのか、とか考えると切なくなる。正に生き地獄、無間道。続編があるの?
★★★★★
From: 阪神ファン(NO MAIL) 11月 5日(水)19時43分32秒
ここの評価ってかなり当たってますね〜。(当たってない場合もあるんだけど・・)今回は本当によかったです。アンディ・ラウ渋くて良いね。ケリーチャンはいらなかったな。とにかく、今年No.1です。
★★★★★
From: 金吾(NO MAIL) 11月 5日(水)10時42分32秒
面白かった。香港映画は「プロジェクトA」「男たちの挽歌」「少林サッカー」とドギモを抜かれてきた。(間に「Mr.ブー」「霊幻導師」とかもあるんだけど(^_^;))今回もやられた。以前、日活がノウハウを教えてあげに香港を訪れた数十年前から、作品の実力をつけまくって、もう「師を超えた」ね。あの手の作品では。やーしかし、ホント、女優が不遇というか、マギー・チャンみたいに勝手に出世するヒトはいても、「おんな映画」は進歩しませんな。別にのぞんでもいないけど。「おとこ映画王国香港」。かっこいいわ二人とも!!(↓ネタバレ?)香港版のDVD観て、中国で公開された「別バージョン」のラストを観ましたが、エレベーターが開いて、ラウはすぐ逮捕されます。面白くなーい。んま、悪がそのままのうのうと生きるって言うラストは中国の「お国柄」的にまずいんでしょうね。当然監督さんは気に入ってないそうです(^_^;)。テレビサイズになると、じゃっかんスケールがちぢまります。やはりスクリーンで観るのがいい。しょうがないから今年一番だなぁ。
★★★★★
From: shingen(NO MAIL) 11月 5日(水)10時15分18秒
素晴らしい映画でした。ハリウッドでリメイクされるそうですが・・・このままいったほうがいいかも。ネタばれあの子供はヤンの子供です。ヤンがあの組織に深く入ることになったときに、色々考えてあの女性と別れたみたいです。パンフに書いてました。パンフには本編でわからなかったこと沢山書いていてパンフを読んでさらに奥の深さがわかりました。
★★★★★
From: とんでも太朗(NO MAIL) 11月 5日(水)00時01分07秒
もうすぐ終わってしまうので、見られて良かったです。非常にスリリングないい映画でした。同じアジア人として、このような秀作ができてくるとうれしい通り越して誇りに思えます。ゆきさん↓あのこはヤンの子だと思います。でも知られたくないから、あえて絶対重ならない年を言ったんだと思います。私が疑問なのは、キョンです。彼は死ぬとき、ヤンが警察からの潜入だと気づいたのでしょうか?それともボスに疑われるといけないから「黙っていた」といったのでしょうか?どちらにしても切ない・・。しかも自分が潜入として報告されてしまうなんて・・。人間、生きているといろいろあるね。無間地獄はいたるところにいろんな形で存在するんだ。もう一回みたいなあ。DVDいつ出るのかな?
★★★★★
From: ゆき(NO MAIL) 11月 4日(火)20時03分37秒
うん、映画は面白かったです。ただ、この掲示板呼んでみて、気になったことが一つ。昔の恋人の子供ですが、あれってヤンの子供なんでしょうか?私は「ヤンは二股かけられていたのか、どこまでも可哀相な奴。」と思っていたのですが。
★★★★★
From: けいすけ(NO MAIL) 11月 3日(月)22時28分38秒
 最高の俳優さん達に、最高のストーリーと言ったら言い過ぎでしょうか?。特に終盤なんかもう、正に息をのむ展開でした。 ラウが後半、警察を指揮するところなんかウォン警視とダブって見えて”ゾクゾク”するほどカッコよかったし、トニー・レオンもいい男!他にもウォン警視が作戦室?で指揮をするところ、出来る警官って感じでよかったデス。 最後は2人とも幸せになって欲しかったけれど、ラストが切なすぎるっ!
★★★
From: 銀幕三十郎(NO MAIL) 11月 3日(月)20時16分09秒
ヤンとその上司との心の絆をフラッシュバックで強引に説明している部分があるが、例えばここにみられるように、観客が何を感じなければならないかを予め規定して作っているようなところがある。無間地獄としての人生というテーマを余韻として残すというのが最も重要な規定であろうが、生き残る者の人間味をしっかり描いていないために失敗に終わっている。しかしながら、サスペンスの盛りあげは賞賛に値する。
★★★★★
From: りーめい(NO MAIL) 11月 3日(月)18時23分03秒
見終わった後、素直に「面白かった」と言える作品。皆さんのおっしゃるように、ストーリーにぐいっと引き込まれました。深いですね。死んでからの地獄もきりがないけど、生きているのも地獄か・・・。ネタバレ↓↓一番びっくりしたのはやはり警部が上から落ちてきたところ。次がヤクザの潜入スパイが警察に複数いたこと。最初の警察学校時代のシーンでの若い頃の二人があんまり現在の二人と似ていないこと。でも、若い二人もかっこよかったのでOKです。続編が楽しみです。
★★★★★
From: skywalker(NO MAIL) 11月 3日(月)17時58分52秒
男の世界の映画ですね。トニー・レオンの最後の表情も 印象に残りました。脚本が なんといってもすばらしい。同じアジア人として 心情的に通じるものが あります。ただ 主人公にカメラのピントが しっかりあっていない場面が何カ所かあり 残念。ワーナーが リメイク権を買ったそうですが アメリカだとエンディングが 変更されると思う。いわゆるハリウッド定番に。(ハリウッド映画も好きですよ)
★★★★★
From: シャア(NO MAIL) 11月 2日(日)21時37分06秒
最初は複雑でついていけるか不安だったけど、わかってくれば超面白い!!!ただ、何人か書いてる人いますが、俺も心情描写がちょっと足りない気がした。でも面白いです。>>perksさん「なりたい」は俺もよくわからなかったけど、今考えると、「俺もこんなとこ出て行きたいよ」って意味では?
★★★★★
From: Jet_Mi(NO MAIL) 11月 2日(日)20時17分52秒
満足度通りの作品でした。。観た後も余韻が残る映画いいですね。それでいて非常にわかりやすい内容でした。先週はKILL BILL観たんですが、余計に落差を感じることがで・・・、いやぁ、改めて映画って面白いですね。これ観てから向こうを観たら評価低いんだろうなぁ。
★★★★★
From: ボウイ(NO MAIL) 11月 2日(日)06時12分11秒
とにかく見るべき今年の一本だと思う。
★★★★
From: あきあき(NO MAIL) 11月 2日(日)01時40分03秒
主演の二人にやられました。お互いに青年期に会っているのだから、何処かで見た顔だなと思ってもいいいのにね。
★★★★★
From: ポケット(NO MAIL) 11月 2日(日)00時15分23秒
(ネタバレ)結局、女の子はヤンの子供だったということでしょう?マフィアだから、つきあっていた彼女は、ヤンに告げずに別れたのかなあ・・・?違ってたら、どなたか教えてください。トニーレオンすてきでした。
★★★★★
From: perks(NO MAIL) 11月 1日(土)23時52分00秒
時間の経過を感じさせない映画でした。主演の二人の演技も良かったです。ただ、1回だけではすっきりしない感じはありました。また見たいと思います。(ネタバレ)疑問点があるのですが、警察学校で「規則違反をする者はああなるのだ。」のあとにラウがつぶやいていた「なりたい」と言うのは、どういった意味合いが含まれているのでしょうか?また、オトコギさんのおっしゃっている疑問点3番目の女のコの年齢というのは何だったのでしょうか?全然わかりませんでした…。
★★★★★
From: ゆっきー(NO MAIL) 11月 1日(土)13時40分06秒
うーーん、すばらしい!見終わった後、すぐに立ち上がれなかったくらい余韻のある映画だった。はじめ、何がなんだかさっぱりわからない話だったり映像が続いてたんだけど、あとで全部つながってくる。これは、2回みる作品だと思ったのでもう1回行くことにした。画面が暗くて「寝たらどうしよう・・・」と思ったけど、杞憂だった。時間がたつほどに緊迫感がまし、ぐいぐいひきこまれた。派手なアクションはないけど、先の展開が読めないのと、人物の苦悩が伝わってきて、非常にひきこまれる映画だった。きっとハリウッド版はアクションをばりばりいれて、色彩も鮮やかになるんだろうなあ。あのストーリーにあった物憂げな感じはでないだろうと思う。久々に満足できる作品に会えて、嬉しかった。
★★★★★
From: A(NO MAIL) 10月 31日(金)13時39分08秒
凄かった!本当に面白かったし、よかった!今年観た映画の中で一番だと言える!派手なアクションシーンがあるわけでもなく、音楽でグッと盛り上げるわけでもなく、ただ脚本でここまでしびれる作品を作り上げていた。もちろん主演の二人の演技というものが更にこの作品を超一級品に仕上げているんだけど。ストーリーが幾重にも重なっていて、ほんの些細な出来事があとで大きな意味を持ってくる。思い出していく内にあのシーンもよかった、あのエピソードもよかった。そういうところがどんどん出てきて、語り出したら止まらなくなるほどだ。無駄な部分が無く、洗練された映画だと思った。観てよかった!そしてもう一度観たい!(ネタバレあり)最後本当にかわいそうなのはどちらなのか、考えさせられた。死んでしまったヤンのように思えて、実は生き残ったラウだと思う。ヤンは本当の自分を打ち明ける相手がいた、そして気をゆるせる人がいた。自分の子孫も残せたし、最後はみんなに存在を認めてもらえた。だけどラウは誰にも本当の自分を打ち明けられず、エレベーターから出て、「俺は警官だ」そう言った時から、一生自分と周りを欺き生きていかなければならない事を決意し、尽きる事のない地獄、無間地獄を味わうのはラウ。当然恋人も自分から離れていってしまっただろうし。自分の身の置き場だったマフィアにも戻れない、孤独だなぁと、そんなことを考えてると、ほんと、深みのある映画だと改めて思った。
★★
From: 青梗菜(NO MAIL) 10月 31日(金)13時27分13秒
ネタバレ有りかな普段あんまり映画を観に行かないんで、こういう掲示板の素人的?な評価とか点数をチラ見して行ったりするんだけど、感想はいまいちパッとしない感じ。一緒に行った友人いわく「刑事のくせに携帯電話の音でか過ぎ、しかも肝心な所で2回もかい?」。自分「あんな堂々と警察の内部まで入っていけるの?トニーレオンははじめに連行されて顔がばれていないのか?」。初めは緊張感があったけど、中盤以降はどう見ても誤魔化されないアラがあって、普通の刑事ドラマ。あぶない刑事風。他の掲示板を見て一部の人を除いて大半がファンっぽい人で納得。過激な場面が少ないので安心して観れるから良いのかも。序盤は良かったんだけど。ハリウッド版ならジョニーデップ出演希望!
★★★★★
From: andy(NO MAIL) 10月 31日(金)11時12分49秒
凄いよ! これ!香港、元気ないと思ってたらこれだ。コミカルなものしか観た事なかった…。(反省)トニーの評判がいいけど、難しい役柄をこなしたアンディの演技も凄い。アンディがトニーに携帯でモールスを送るシーン、シビレタ!なんて送ったかわかる人教えて下さい。「お前が潜入か?」かなぁ?
★★★★★
From: とにー命(NO MAIL) 10月 31日(金)07時36分40秒
すばらしい作品でしたよ。香港映画なんて今まで見たことなかったけど(中国語の響きが好きじゃなくて・・)見て本当に良かった。トニーってほんとに捨てられた子犬の目してますよね〜。さっき知ったのですが、ウオン警視役の人と、トニーってひとつしか年は違わないそうです。ひえーー親子くらいの差みたいな感じで演技してたけど・・。トニーが貫禄ないのか、アンソニーがあり過ぎなのか・・。2、3、とあるそうですが、是非見たい。日本でやるかしら?あ!あと、ラウのスーツ姿、モデル並みに素敵でした。仕事中のきりっとしたところと、婚約者といるときのおちゃめな時のギャップが素敵!!も一回見に行きたいなあ。
★★★★★
From: ライナス(NO MAIL) 10月 31日(金)01時48分43秒
ネタバレ含みます。素晴らしい作品だ。こんなに興奮して満足させる映画を作り上げた人々に拍手を送りたい。トニーとアンディの気迫溢れる姿に圧倒された。女性の描きは確かにやや弱いかもしれない。女医がみつける前に、ラウの恋人が真実を知っていた可能性がある。(ラウがPCに保存されたデータの存在を告げているのだから)その点を除けば、完璧なまでに描ききっている。感動とスリルを存分に味わった。自分にとっては、今年1番の作品になりそうだ。
★★★★★
From: うっち〜(NO MAIL) 10月 31日(金)00時59分07秒
緊迫感があり面白かったです。最初の密告合戦(笑)とかよかったですね。↓下の方へ子分はホテル前での銃撃戦で撃たれてたんです。トニー・レオンを車に乗せて走ってる途中で出血多量になり事故ったんですね。車の中での会話中咳き込んでたのはそのせいです。
★★★★
From: tantan(NO MAIL) 10月 30日(木)11時08分05秒
こういう緊迫感のある映画大好き!ただちょっと分からなかったところがあるのでどなたか分かる方いたら教えてください。ネタばれありヤンが警視とビルの上で密会したことがバレて、悪役の子分とヤンが車で逃げてる途中、事故って、子分が死にましたがあれは殺されたのでしょうか?自殺?そしてなぜ???
★★★★★
From: うに(NO MAIL) 10月 30日(木)01時57分23秒
おもしろかった。某作品とハシゴしたせいもあったのか(最後のほうは根性続かず。少しウトウトしてしまった……)、ますます楽しめたのかもしれません。飽きさせない110分でした。アンディ・ラウもトニー・レオンも、男前だ。。。
★★★★★
From: butaneko (NO MAIL) 10月 30日(木)00時20分35秒
久しぶりに泪がにじむ映画をみた。緊張感がビキビキ響いてくる、せつなさで目が潤んでる。ストーリーは有りがちな内容なのにこの重さは何だろう、主役二人のみならず絡む脇役の存在感と映像の押さえた色調の中の青い空、視覚効果にドイルが参加したのが生きているいるのでしょうか。香港映画もすごい物を造るなと、惜しむらくは音楽は従来の(私の知っている香港映画)感覚、チョトな感じだった。ハリウッドでドタバタにしないでネ。
★★★★★
From: あゆみ(NO MAIL) 10月 28日(火)19時30分58秒
<ネタばれありありです>最高ですね!HERO見てトニーレオンに惚れたのでこれも見ましたが、期待以上でした。とにかく脚本が非常に良くできていて、上映中ずっと緊張しっぱなし。最後どうなって終わるのかと思っていましたが、そうなるのか・・。トニーレオン撃った人も潜入だったとは、やられました。「善人なのか悪人なのか、本人にしかわからない」というせりふがぐっと来ます。本人にもわからないんじゃないかな。。ラウの女性関係は非常にシンプルで分かりやすく良かったけど、ヤンに関係した2人の女性はあまり意味なかったような気がする。ケリーチャンがいきなり出てきて、トニーに想われるなんて、ちょっと映画の全体の雰囲気に合ってないなあ。きれいすぎるから嫉妬っていうのもあるけどね。ハリウッドでリメイクしたらもっと濃厚なラブシーンとかでてきそう。別にいいけど、ちゃんと作ってよね。そこでいくつか疑問点:1)ケリーチャン(医師)にトニーレオンは全部告白したんじゃないのかな?自分が警官でラウが潜入だったって。だから本当の身分を見つけて上げられたと思ったのに、ラウはそのまま警官でいられているのね。なぜ?2)マリーはラウがマフィアだって知ってしまったんでしょ?ラウのこと警察にばらさなかったのかな?たんに怖いから離れて行っただけだったのかな?
★★★★★
From: りゅうじ(NO MAIL) 10月 28日(火)13時03分31秒
ここの支持を見て劇場に足を運んだ。その理由がよくわかった。ありきたりとも思える内容を見ごたえのある人間ドラマに仕上げてあり、これまで銃撃戦の派手さが売り物だった香港ノワールの新境地を築いていると思う。様々なものを背負って生きていかなければならない人生を考えさせられる映画だった。
★★★★
From: ぴー2(NO MAIL) 10月 28日(火)00時51分24秒
最近の映画としては面白かったのではないでしょうか。全般的にダークな色合いで、よかったのでは。ネタバレアリ悪役のボスがなんかショボすぎる。殺しのシーンにもうちょっと迫力に欠ける。タランティーノばりの迫力があれば星をあと半分つけるところであった。ハリウッドでリメークの話があるが、きっと台無しだろう。
★★★★★
From: オトコギ(NO MAIL) 10月 27日(月)22時53分45秒
なんともいえない緊迫感がありました。あっぱれです。個人的には今年1番にランキングされます。ネタばれ&素朴なおもい@最後のシーン、エレベータで「後ろ」から撃たれちゃう!世と思って、あぁホントに後ろから撃たれたと思ったのは僕だけですか?(画像的に)A若かりし日の2人の俳優さん、同じ顔に見えたのは僕だけ?2人とも群を抜いて美顔だったけどあれは狙っているのかな。Bヤンのかつての彼女が道端で子供の年齢についてついた嘘。ラストシーンでつらいまでに納得してしまいました。Cそれにしても今後ラウは彼女にどんな顔をして生きていくのだろう?あぁつらい。
★★★★★
From: くりくり(NO MAIL) 10月 27日(月)15時48分51秒
香港映画苦手でした。友人に連れられて渋々行きました。でも良かった。女性2人の存在が薄かったような。携帯電話にお音量気になりました。あんな感じなんですかね。最後のシーンは、単純?にほっとしました。
★★★★
From: たかっぱ(NO MAIL) 10月 26日(日)23時31分07秒
しびれるね。アンディ×トニー、やるね。かっこええのう。香港の俳優ってやっぱ世界的にも充分張れるよな。終り方なぁ〜。言われてみれば、エレベーターのシーンで終られた方が確かに衝撃度は高いやろね。でも、どうかなぁ〜。最後のシーンを知ってるからこそ言えるようなもんな気もするねぇ。
★★★★
From: あおい(NO MAIL) 10月 26日(日)18時43分49秒
 ん〜、単純に良かった。ここでも沢山の人が書き込んでいますが、やっぱりラストはエレベーターのシーンで終わり、そのままエンドクレジットでしょう。最後にケリー・チャン見てもなあ・・・。 そして、アンディ・ラウも良かったけれど、トニー・レオンが数倍良かった。今まであんまり気にならなかったけど、今回の「トニーの瞳」には、その演技力の凄さに、思わず心の中で「ふふぁ〜っ」と叫んでしまいました(二度ほど)。瞳で演技する役者、なかなかいないですね〜。
★★★★
From: miri(NO MAIL) 10月 25日(土)21時48分06秒
香港映画はあまり趣味じゃない・・と思っていたのですがこれは良い!画像もとてもカッコイイ!ストーリーも良いし、ずーと「どーなるんだろう」って緊張感が続く映画です。私の好きな「フェイク」と「フェイスオフ」を足して2で割ったような映画。なのにハリウッド製じゃないぞ、アジアの映画だぞ!見終わった後にすごく余韻が残る。パートU・Vも気になる。トニー・レオンとアンディ・ラウも良い役者だ。気になったのは、香港人って携帯の音量が大きすぎるのね。これ、ホントの事みたい。
★★★★★
From: ジミー(NO MAIL) 10月 25日(土)16時05分50秒
ここでもYahoo!ムービーでも好評なので見に行きました。結果として、とても良かった。この映画を見ていると、映画にとって脚本がいかに重要かが分ります。ラストはエレベータが開くところで終わって欲しかったし、この映画にはエンディングが2種類有るそうなので、もう一つのエンディングも見てみたいですね。
★★★★
From: NONAME(NO MAIL) 10月 25日(土)13時10分30秒
すごく奇抜、と言うわけではないけどおもしろかった。「英雄」ほど説教くさくなく、「男達の挽歌」ほど香港男くさくなく、(言い方は悪いけど、二つとも好きな映画です)勧善懲悪でないところがいい。無間道というタイトルにはちょっとひくものがあった。(いいたいことはテロップでもかなりきっちり説明されていたけど、東洋人だったらそこまで言われなくてもわかるよなあ・・・)ネタばれあり・・・「10分間の拷問に耐えた」というせりふになんだかリアリティを感じてしまった。悪人面だけどすごくいい人な警視、善人顔なのにすっごく悪な親分、脇の役者さん、素敵でした。
★★★
From: しろねこ(NO MAIL) 10月 24日(金)15時05分53秒
期待しすぎたのでちょっと…。場面の変化に違和感を感じたり、ボスがとってもいい人にみえたりした。もう一度みてゆっくりいろんな場面を確認したい。
★★★★
From: めろり〜な(NO MAIL) 10月 23日(木)22時05分27秒
エレベーターが開くシーンで終わりにしてほしかったので★5つ!といいたいとこを4で。面白かったー。ストーリーのつじつま(?)も上手く。久々にチケット代返せ、と思わなかった。映画を見ながら、コレを日本人でキャスティングしたら誰なんだろうと思ってみたり。40前でカッコイイ演技派って、いませんね..。日本。
★★★★★
From: TATSU(NO MAIL) 10月 23日(木)20時09分00秒
今年1番の傑作だ!アンディ・ラウとトニー・レオンの二人がかもしだす圧倒的な緊張感。哀愁が漂いまくり、画面から重厚な雰囲気がひしひしと伝わる。どちらが正義で悪なのか。どちらの生き方が正しく、どちらが間違っていたのか。己の道を信じるが故に生じた二つの過酷な運命が、交差した時、そこに待ちうけるものは・・宣伝文句みたいになっちまったけど、あのラストは想像できなかった。脇役の俳優たちがホント良い味出してる。リメイクされた作品を見るのが恐い・・
★★★★★
From: (NO MAIL) 10月 23日(木)12時12分52秒
★4.5。四捨五入して5。あの黒がつぶれた画面と香港の雑多な街の感じがとても似合っていて綺麗でした。全編に漂う独特の湿り気というか、匂いというか、ハリウッドでは難しいのではないかと思います。でもストーリーはハリウッドが放っておくはずが無い、とにかく『面白い』ものでした。女優二人があまり効いてない気もしましたが、それだけ男の物語が強かったのでしょうね。アンディとトニーの演技は切なくて、繊細で素晴らしかったです。香港では『無間道2』も大ヒット、『無間道3』も制作中とのことなので、日本でも上映されることを期待してます。
★★★
From: シネマレーサー(NO MAIL) 10月 23日(木)08時41分31秒
ベタなストーリーだけに、もっともっと二人の男の内面を掘り下げてほしかった。ちょっと期待ハズレ。
★★★★★
From: ゆき(NO MAIL) 10月 23日(木)00時22分15秒
かなりの高評価だったので期待して観に行きました。で、期待以上でした。☆は4.5。音楽がちょっと....??ってかんじだったので、その部分で減点。気づいたら泣いてました。切ないです〜。きっとハリウッドじゃ作れないだろうな〜ってかんじです。勧善懲悪、ヒーロー大好きな人には....。また水曜日、1000円の時に観に行きます。
★★★★★
From: Kyoko(NO MAIL) 10月 23日(木)00時19分46秒
すごくよかったです。コピーの通りの感想っていうのも珍しいかもしれない。「女も惚れる本物の男のドラマ」・・・最後、ふたりが手を組んでハッピーエンドで終わってほしいと甘い幻想を抱いてしまいましたが、涙で終わってしまいました。けど、ボスを殺して生き残るラウと、警視や医師に気持ちを打ち明けることの出来たヤン、どちらが幸せだったんだろう。・・・見終わった後もいろいろな思いを交錯させることの出来た映画でした。そうそう、映画を見た後、パンフレットを見て、初めてわかったこともたくさんあってびっくり。キョンや、道であった子連れの女性のこと。一所懸命観ていたつもりなのに、観ている最中にはわかんなかった、、、それから、はじめのシーン、若い頃の二人を、別の俳優が演じていたので、どっちがどっちかわからなかった。。
★★★★
From: ケイヤ(NO MAIL) 10月 22日(水)23時36分25秒
一言で言うと素晴らしい作品。中国の映画は古臭くて苦手なのですが、そんな思いは20分で吹き飛びました。ピリビリしたり沈黙したり、劇場でもみなさん真剣に見てましたね。ヒューマニズムをまっすぐ映していて、主演の二人のどちらにも共感できます。「踊る大捜査線」を見た後なので、あの捜査のハイテク化がここにあったらとも思いましたが、逆に雰囲気が崩れるてしまうのでこれで良かったのかもしれません。香港の雑然としたところも満足でした。主演の2人やほかの役者さんもいい演技で存在感があり、カットもハッとするとこがあって時間を感じさせませんでした。音楽は一瞬どうかな、と思わせるところもいくつかありましたが、正直そんなことを言うのは終わった今はあまり意味がないです。それよりこの静かでステキな作品に感謝。この作品はきっと年齢層を選ばないでしょう。もう一度劇場で見たい作品に加わりました。
★★★★
From: GVTN(NO MAIL) 10月 22日(水)17時07分58秒
★は4つですが、限りなく5つに近い4つです。面白かった。全編緊張感の塊。一つのエピソードでどうなるのだろうかと緊張する。それが終わりほっとするとすぐに次のエピソードで緊張する。その連続でした。 そしてその間に、二人の主人公にどんどん感情移入していった。二人が映画の中で浮いていない。どっしりと映画の中に入っている。物語の伏線も始めから何重にも張り巡らされていて、それがわざとらしくない。けれど難しくもなく、うまく話がつながっている。アクション映画でこれだけのものは最近見ていない。 ただ、「最高の出来」かといわれると、用心棒や七人の侍・ゴッドファーザーには及ばないかな、ということで★4つ。
★★★
From: щ(゜д゜)щ(NO MAIL) 10月 22日(水)10時13分25秒
失礼、ヤンを哀川、ラウを竹内がやっても俺には違和感がなかったと思う。
★★★★
From: щ(゜д゜)щ(NO MAIL) 10月 22日(水)10時12分03秒
話はVシネでありそうな感じだったけど、面白かったです。ただ・・・作品のベクトルは明らかに違うのに、男優二人が出ているというだけで、これって「DEAD OR ALIVE」の4作目?と思ってしまった。トニーを哀川、アンディを竹内がやっても違和感俺には。
★★★★★
From: oti(NO MAIL) 10月 22日(水)07時06分32秒
面白かった♪最初は場面ごとの背景がわからず、あれ?っと思ったけど後々つながってきたまたエンディングの曲や映画の題名自体が、その後ラウ警官が重い十字架をを背負って生きていくのだというのを示しているのだと思うと先に死ぬよりもっと苦しいものだと思った
★★★★
From: ニーノ(NO MAIL) 10月 22日(水)04時53分10秒
ここの掲示板の高評価をうけひさびさに映画館に足をはこんでみました。せっかくだからと映画館も大きく設備もよさそうなところを選んでいったのですが、これが大当たり! 観にいってよかったです 
★★★★★
From: takata(NO MAIL) 10月 21日(火)20時28分12秒
ひさびさにいい作品を見た気がする。ただマフィアのボスの昔の顔となんたら刑事の昔の顔がにててごっちゃになってました汗
★★★★
From: えんと(NO MAIL) 10月 21日(火)18時56分18秒
かなり予想と違った内容と質でありました。潜入捜査官と警察内通者のお話といっても、そこは香港、「しまった身分がばれた!こいつらを始末するしかない!」とはちゃめちゃな銃撃シーンが繰り広げられると思っていたのですが(大袈裟)、実際はほとんどアクションシーンはなく、互いの静かで熱い駆け引きを楽しむ映画でした。派手なアクションがなくてもにじみ出る男のかっこよさ。アンディラウもトニーレオンもすばらしかったですね。ネタバレありただ、オチがイマイチよくわからない、というか伝わらなかったのが残念。一緒に観た友人は「ラウは恋人も口封じに殺して善人ぶって生きていく道を選んだ」といってましたが、そうとらえられなくはないですよね。というか、「ラウは善人の道を選んだのに、罪を犯さざるを得なかった」でいいのかしら。もいっかい観ればわかるのかな・・・。
★★★★
From: ココ(NO MAIL) 10月 21日(火)18時12分19秒
↓にも似たような書き込みがありましたが…私は行く前にここの掲示板での評価の高さを知っていました。そして、期待しまくって行きました(笑)でも、それがあまりにも度が過ぎてまして…回転の遅すぎるウチには少々『はぇーよっ><』って思うところがあり、☆4つになってしまいました^^;
★★★★★
From: 少林寺3部作(NO MAIL) 10月 21日(火)15時04分48秒
これといった派手なアクションもなく、取り立てて奇抜な設定でもないのに、ここまで面白く見せるとは凄いですね。どこか弱々しいヤンと、自信ありげなラウ、それぞれなりたかったものとは全く逆の道を歩まされてしまった、2人の男の哀しい生きざまが痛く心に刺さりました。
★★★★★
From: shusa(NO MAIL) 10月 21日(火)14時23分20秒
2時間の間中相当なテンションだった。かっこよかった。
★★★★★
From: Mr.mon(NO MAIL) 10月 21日(火)00時26分10秒
苦しいですね。その後の話が。映画はそこで終っていても、とにかくその後のラウにかせられた試練は大きすぎる。無間道・・・。この手の話はよくあるようで無い気がする。ヤンは死にラウは生き残る。生き残るという事は、時として地獄でもあり。。それにしても舞台は夏なのか暖かい季節なんだろうけど、見ていて感じる温度は冷たい冷気が漂う感じだった。
★★★★★
From: ミック(NO MAIL) 10月 21日(火)00時04分42秒
かなりの良作だったと思う。デンゼルとイーサンの「トレーニングデイ」観た時も思ったけど、やっぱ、いい役者がそれぞれ「自分の役を完璧に理解してる」映画は面白いよ。まぁ、両方ともツッコミどころのある映画ではあるけどねw。     <ちとネタバレするけど・・・>でもあのラストは読めなかったな。ある意味度胸があるよ。絶対にあの場面でヤンが死んでしまった以上、ラウもエレベーターで撃ち合って死ぬものと思ってた。ある意味でそのほうがお手軽なエンディングだしね。ヘタすりゃ「おまえだけ得して終わりかよ!」って批判されかねない。無門道ってタイトルの意味が始めてわかるつくりになってたんだねでもラウは今さら善人には戻れないでしょ。ラウと一緒に潜入になったのはあと3〜4名くらい居たし。善人になりたくても今の地位に固執する以上は、元の仲間の口を塞ぎながら生きていくしかないんだろうね。奥さんに謝罪しながら。
★★★★★
From: アンディー・レオン(NO MAIL) 10月 20日(月)23時33分42秒
バレ有り脚本や役者の素晴らしさはみなさんおっしゃるとおり。あと、スパイの手段が、荒唐無稽な小道具を使うわけではなく、携帯やモールス信号っていう古風なとこにも、逆にリアリティを感じました。「男達の挽歌」より落ちると書かれた方がおられましたが、私は、少しクサ過ぎる挽歌より、こちらが好きです(ごめんなさい。喧嘩売ってるわけではないです。これは好みの問題ですよね。)ちなみに、ブラピはラウ役を希望しているとか。ならばトニー・レオン役はだれでしょう?若き日のパチーノとか最高だと思うんだけど、さすがに今はね・・・。※miumiu様の意見に賛成です。「評価が高過ぎる」というのは、あなたが決める事ではありません。投稿者全体の評価をおしなべた結果なのです。
★★★★
From: miumiu(NO MAIL) 10月 20日(月)17時16分13秒
アンディ・ラウもトニー・レオンも40歳過ぎてますます若々しいですね。こういうの観ると香港とは本当に大人社会なんだなぁと痛感します。子供がやたらもてはやされる日本とは大違い。作品の質の差もこういうところからくるんでしょうね。全編に渡って実にスリリングで、なんとまあどこを切っても絵になる映画なのだろうと惚れ惚れしながら眺めておりました。数少ない不満を挙げるならば、トニー・レオンとケリー・チャンのシーンのBGMがあまりにベタな事(全編音楽流れっ放しですが、シーンによってはスピード感を助長している部分もあり)。それとラウの心情の変化についてもうひとつ突っ込んだ描写がない事ですね。環境が人を変えたというだけではちょっと弱いと思う。ともするとラウが姑息に見えかねないのがもったいないです。しかしそれを差し引いても十二分に観賞の価値がある力作だと思います。カオスを生き抜く男の逞しさが余すところなく焼き付けられているのが良い。※いつもここの書き込み見てて思うんですが、全体評価が高いからという理由で意図的に少ない★の数付ける人が時々いますよね。気持ちは全く分からないでもないですが、純粋に個人としての評価が聞きたいんで、あんまりそういう事しないで欲しいですね。かえって参考にならないです。
★★★★★
From: ノン(NO MAIL) 10月 20日(月)15時14分51秒
もう最高!男の世界ですね。もう内容はとりあえず置いておこうよ。こんなシンプルでカッコいいのって初めてです。最後は感動して泣いてしまいました。シビレた。トニーレオン最高!
★★★★
From: AS(NO MAIL) 10月 20日(月)11時02分59秒
ここの高評価に期待して観たため星4つ!       期待感少なく鑑賞すれば間違いなく5つ星でした
★★★
From: れん(NO MAIL) 10月 20日(月)01時55分27秒
緊迫感もあり、主役二人はじめ、脇役に至るまで、芸達者が盛り上げる映画ではありましたが、私とは相性の悪い映画でした。まず、劇中の展開が、「ちょっと、これはありえねーだろ!」的な場面が、少なくないと私には感じられましたし、それより何より、あの結末が、ちょっと私には受け入れられなかった、と言うか、正直、「何だこりゃ???」って思ってしまいました。ですから、映画が終わった時には、かなり消化不良気味になってしまった私なのでした。しかしながら、ほとんどの方たちが、この映画を高く評価していらっしゃるので、私の意見は、まぁ少数派だとは思うのですがねぇ…。それから、余談ですが、ウォン警視役の方が、柴俊夫に似ていて、ドラマの「グッドラック」を観ている気分になってしまったのも、私が冷めてしまった一因かもしれません。(これは冗談です。)
★★★★★
From: コナ(NO MAIL) 10月 19日(日)09時44分01秒
最高!久々に鳥肌が立つぐらいの映画に出会いました。★5個じゃ足りません。★8個くらいあげてもいい!まさに至極の映画。ラウ刑事はその後も過去を誰にも言えないまま封印して、善人としての道を歩むのだと思うが、それも辛い。エンディングでは長寿が最大の苦しみとあったが、まさにその通りなのかもしれない。
★★★★★
From: cpa(NO MAIL) 10月 19日(日)00時37分57秒
最近見た中で一番おもしろかった。ストーリー構成もおもしろいし、展開もいい。特に二人のキャラクターが色濃く浮かび上がる展開が良かった。おもしろかった。
★★★★★
From: ウッチィ(NO MAIL) 10月 18日(土)22時47分54秒
この映画はイイ。ストーリーだけで言えば、題材は面白いけど、細かい処理が少し雑で(主に女関係)でもそんなのどうでも良くなるほど、なんともいえないパワーを持った映画でした。あのくたびれた香港の街並みに、男達のやるせなさや、無念さが、恐ろしいほどマッチしてて、それだけで、なんか目を引き付けるモンがあった。なんか今まで見たことないような感じ。男達の挽歌はもっと面白いの?絶対見てみよ。っつーかこれ、ハリウッドでリメイク?どの街で、どの役者を使って撮るんだろう???きっと全然別モンになってるんだろうな。
★★★★★
From: kyon(NO MAIL) 10月 18日(土)11時53分33秒
最高でした。主演の二人はもちろん良かったけど脇を固める人達も良かったです。以前の映画を観てちょっとどうかな?と思ってたマフィアのボスも案外役に合ってたし....最近途中でストーリーが読めてしまったり大金をかけて作っただけの娯楽映画が多い中、最初から最後までハラハラドキドキさせてくれて、なおかつ心の中に響くこの映画は本当に最高の出来でした。もう一回観に行こうっと!
★★★★★
From: ちゃお(NO MAIL) 10月 18日(土)01時44分07秒
香港映画苦手なんで、醒めたらやだなぁと思ってみました。結果は、シビレマシタ。すごいねこれ。映画としての総合力がすごい。脚本の完成度の高さ。抑制のきいた演技のすばらしさ。それを引き出した演出力のすごさ。いやー、久しぶりに映画らしい映画を見た感じです。映画的には、マトリロよりかはるかに上ですね。
★★★★★
From: WoW(NO MAIL) 10月 17日(金)21時04分08秒
★★★★★WoW★★★★★ 最高に面白かったぁ。かっこよかったぁ。リメイクの方も今から楽しみ!!!  
★★★
From: KANA(NO MAIL) 10月 17日(金)17時29分35秒
場面ごとの切り替わりがえっと思ったり、リアリティがなかったりするのが目についたりしてみなさんのように感動できませんでした。ヤクザの親分がとっても善人にみえた。
★★★★★
From: 突っ張り太郎(NO MAIL) 10月 17日(金)15時39分54秒
 しびれました。満足感いっぱい。メディアのほとんどが良い評価をしていたので、相当期待していたのですが、それ以上。先を予想させない展開に、ひとときもスクリーンから目を離せなかったですし、特にトニー・レオンのくたびれたような感じがはまってました。 確かに、女優陣のストーリーの中での存在感とか、若い頃のシーンと顔が似つかず、どっちがどっちだか理解するのに時間がかかったなど、問題もないわけではなかったですが、それを差し引いても余りあるものでした。 私も今年のナンバー1です。
★★★
From: ろん(NO MAIL) 10月 17日(金)09時50分37秒
皆さんの感想や他のレビューも見て、久々に「男たちの挽歌」的な世界を見れるのかと期待して行きました。なかなか良く出きた作品ですが、やっぱり挽歌シリーズよりか落ちますね。緊迫感、リアル感、特に役者の演技力が全然違います。(その分、香港的クササも爆発してますが…)挽歌の主人公3人は本当に凄かったんだなーとリアルタイムで見れたことに感謝です。アンディは意外に頑張ってたと思うけど、もう少し、心情を見せて欲しかった。あんまり伝わってこなかった。見終わったあと、虚しさがこみあげてくる、やりきれない気持ちになるラストでした。
★★★★
From: マークン(NO MAIL) 10月 16日(木)21時15分32秒
全編をとおし緊張感にあふれている。男のドラマだ。特にエンディングの歌は泣ける。
★★★★★
From: Hally(NO MAIL) 10月 16日(木)17時40分55秒
私はこのテの映画を見るのも、香港映画を見るのも初めてだけど、とにかく夢中になってしまいました。どっちの正体がバレるのか、またどちらが優位かが入れ替わったりで緊張しっ放しで観ていたので、いい意味で1時間半より長く感じました。細かく見るとツッコミたいところもあるけれど、許容範囲だとおもいます。!!ネタばれあり…観てない人は飛ばして下さい!!その他感じたことを文章がまとめられないので箇条書きします。・音がとても印象に残る映画でした。ラウがステレオを買いに行った時に流れている音楽(メリーにラウの正体がバレる時にも流れる)、ヤンが窓際で打つモール信号、映画館でラウがサムに接触し、ヤンがラウの跡を付けるシーンのラウが封筒をパシパシ足にぶつけながら歩く音、ウォン警視がタクシーに落下する音などなど…・本来なりたかった自分にもなれず、いつバレるかわからない恐怖と闘い、とても哀愁の漂うトニー・レオンの演技、善を装い時々悪の表情を除かせるアンディ・ラウの演技、どちらも圧巻でした。・結婚目前のラウ、淡い恋のまま死に向かうヤン…恋愛のエピソードは控えめだけど対照的で、最後の対決前に挿入されているのは効果的だったと思います。・ラウがサムを撃つ時に潜入前にラウがサムに言われたセリフを思いだし、ラウが出した答え、良い・悪いは別にしてシビれた。終わったあとはヤンの人生の無念を思い、とても空しい感情に包まれてしまいました。(2人の歌になぜか癒されちゃいましたが…)香港のスターなんてジャッキー・チェンとかユン・ピョウ位しか知らなかった私がすっかりトニー・レオンにハマってしまい、もう一度観に行ってしまいました。
★★★
From: まーぼー(NO MAIL) 10月 16日(木)17時25分26秒
現在91.7点。確かに点数高すぎですね^^;香港映画風のしぶさと迫力があり、シックな展開。まあまあ面白かったですが、星3つぐらいかと思います。
★★★★
From: アキラ(NO MAIL) 10月 16日(木)14時11分09秒
ドキドキしっぱなしでした。スピーディで引き締まった、体脂肪9%くらいの、無駄な贅肉削ぎ落としてあるような映画でした。骨太、というか、あざといだけのスタイルや芸術に流されない、強さがあっていいなあ、と思いました。香港的クサさも、またよし。細かいカット割り苦手なほうですが、けっこうこの映画では私は平気でしたよ。なんでだろう、編集がよかったってことでしょうか。女性キャラもひどく出しゃばってるでもなし、許容範囲です。でも邦題はひどい…
★★★
From: さっしー(NO MAIL) 10月 16日(木)02時23分50秒
わー、いくらなんでも点数、高すぎるような気がする。ちょっと映像的に変に凝った、フラッシュみたいなカット割りがどうもなじめず、入って行けませんでした。でも後半、人が死んで行くシーンは撮り方が凝っていて画的にぐっと来たのだけれど、ところどころちょっと無駄に映像に凝り過ぎの感じがしました。後半、2人の主役がぶつかり合うところは面白いのだが、意外に展開が呆気ないような気がした。なんか、点数、さげるようで申し訳ないがこれだけ評価されているからいいだろうと。
★★★★★
From: mana(NO MAIL) 10月 16日(木)00時13分31秒
切ない…飽きさせない展開にどんどん引き込まれていった。見終わってからも「なんで?」「自分ならどうしたかな」と反芻しながら映画を振り返ることができた。最後の言葉に深いため息がでた。
★★★★★
From: π(NO MAIL) 10月 15日(水)22時48分27秒
素晴らしい作品でした。ただ、あえて苦言を言わせてもらうならば、女性二人は不要でしょう。無理に恋愛を挿入しなくてもいいのに‥ただ、トニー・レオンとかつての恋人の再会シーンだけは別。スパイの孤独と悲哀を際立たせる名シーンだった。「わたし6つだよ」この台詞には胸が熱くなった。
★★★★★
From: ぱーちー(NO MAIL) 10月 15日(水)18時51分37秒
「すげえ!」その一言。CGが得意な香港が、このような作品を作るとは…。男の生きざまを描いた、名作です。是非、鑑賞を。
★★★★★
From: 高洋(NO MAIL) 10月 14日(火)22時55分27秒
達者な役者の演技と、テンポの良さ、ずっと続く緊迫感がたまらない。潜入者すなわちスパイというのは結局、利用されるだけで最後は捨てられる運命。でも、エリック・ツァンが最初に語る言葉が生きる。彼のボスっぷりはすごい。トニー・レオンはどんな役でも愁いと品性をもって演じられる最高の人だ。一方、アンディ・ラウさん、今回もいい味だしているけど、おじさん色がじわじわと、そのうち塩見三省になっちゃうぞ。唯一不満は題名だ。どうして「無間道」じゃないのだ。導入部分もエンディングも亜細亜の仏の教えでしょう。タイトル曲の無骨さに痺れるなあ。
★★★★★
From: あじ(NO MAIL) 10月 14日(火)20時25分45秒
間違いなし!裏切らない映画です。\3,500払う価値はあり!お金を掛けなくても良い作品が出来るお手本です。
★★★★★
From: はる(NO MAIL) 10月 14日(火)17時45分28秒
ひさびさの緊迫感でした。画面を食い入るように見てました。それぞれの役者さんが本当に役にはまってましたね。ラウとヤンはもとよりウォン警視とサムが圧巻!!!ネタバレ↓↓↓脇役達も名演だったと思います。キョンの最期の場面は涙があふれて止まりませんでした。
★★★★★
From: リー(NO MAIL) 10月 14日(火)14時02分08秒
「英雄」なんかよりゼンゼン面白かった。上映時間も110分とイイかんじでした。
★★★★★
From: ぴかりん(NO MAIL) 10月 14日(火)10時51分37秒
最初から最後まで緊張感のある映画でした。クライマックスも良かったです。男の映画って感じ。女性2人は別に要らなかったかなぁと思いました。
★★★★
From: (NO MAIL) 10月 13日(月)21時31分39秒
素直におもしろかった。ただけっこう予想できてしまう。自分の予想以上にならなかったね。時間も1時間半と短め。日本でも十分作れそうな予算だけど作れないだろうな・・・日本映画は本当駄目って実感した。
★★★★
From: ぴぐもん(NO MAIL) 10月 13日(月)20時43分21秒
アップに耐えるスターの魅力炸裂!アンディ ラウの憂いを帯びた目がかっこいいのなんの。香港映画のスターはすごいね。ただ、香港映画はムダにスターを出したりもするのでケリーチャンのエピソードはいらねーと思ったりもした。演出もドキドキさせてくれて本当に良かったです。(ただ冷静にふりかえると いろいろ つっこみどころはあったけどね。。。全部許す)
★★★★★
From: たけ@広島(MAIL) 10月 13日(月)17時32分32秒
オトコの映画やねぇ〜〜!久しくトーンダウンしていたが、「ヒーロー・英雄」に続き、香港映画の底力を見た。香港映画のパワーの源は、やはり登場人物の強烈な魅力に尽きるだろう。小説や映画では正に基本中の基本であるが、日本映画はもちろん、ハリウッド映画でも登場人物を魅力的に描くという基本が出来ていない作品が多い。CG、派手なアクション、どんでん返し、などで見ているものを楽しませるのもアリだと思うが、ハリウッドのように大金を投じることのできない環境(日本)にいるなら何故このような作品を作ろうとしないのか不思議でならない。この作品も、普通に見るとくどいほど(「男たちの挽歌」ほどでないにしても)登場人物をカッコよく描いているが、それでも観客はハマるんだから、、、、。って、いつの間にか日本映画への愚痴になってしまった。
★★★★★
From: kenn(NO MAIL) 10月 13日(月)09時09分19秒
この緊迫感ははじめてです!どうやったらこのようなストーリーを思いつくのでしょうか?間違いなく今年のベスト!
★★★★
From: MASA(NO MAIL) 10月 12日(日)21時49分28秒
ネタバレあり。めちゃくちゃ面白かったし、男優が実にいい顔しているので、見ていて引き込まれた。上映前の邦画の予告編(「ゲーム」の藤木直人かな?)を思い出すと、格の違いに愕然とする思いです。ラストは主人公が改心?したのか、畜生道を生き続けるのかは解釈が分かれるところですな。(前者かな?)後半の展開で、ちょっと無理が多いので満点ではないです。でも、惜しい!ラストでもうちょっとビシっときめてくれれば、そんなの関係なく☆5つ...。最近、ハリウッドでリメークというのが売りになる映画多いけど、いちいち作り直さないでオリジナル見ろよ!!と言いたくなりませんか?売る方も売る方だけど。
★★★★★
From: ハゲマルドン(NO MAIL) 10月 12日(日)21時10分06秒
《小ネタバレ》この映画には、派手なCGも、サーカスのようなワイヤーアクションもない。一級の脚本と役者の魅力だけで魅せる、正真正銘のドラマだ。麻薬捜査、マフィア、スパイ合戦といった手垢にまみれた題材でありながら、これまで似たような話がありそうでない事に驚嘆(もちろんおれが見た限りでの話です)!御幣を承知で言わせてください。今年の、万人向けの娯楽映画bPは、女子供向けがカリビアンなら、男向けは文句なくこいつでしょう!若きラウのセリフがラストに繋がった時、おれは恥ずかしながら落涙しました。
★★★★
From: りょう(NO MAIL) 10月 12日(日)21時07分14秒
これってかなりリアリティとドラマチックな演出を上手く使い分けてる感じがしたいくつかつっこみどころはあったように思う。ネタバレだけどたとえばラウがサムを撃つところ何でサムが逃げたところに都合良く居るんだよとかそんな簡単に警察官が射殺していいものなのかよとかラストは個人的に気にくわなかった最後の字幕が出たところでロジックな考え方をすれば納得できるものなんだろうけど一番つらい生き方をしてきた男が死によって安息を得られるのだとしても生きていさえすれば幸せは得ることができたと思う別な形での幸せを手に入れてから安息を得て欲しかったなと個人的に強く思いましたま10代のガキの戯言なのかもしれませんがごめんなさい星は4つです
★★★★★
From: mizu(NO MAIL) 10月 12日(日)21時06分24秒
本当に久しぶりに良かったです。緊迫感とヤンとラウの複雑な葛藤がテンポ良くまとめられていて、二人ともかっこよかったぁ。最高でした。
★★★★★
From: えめきん(NO MAIL) 10月 12日(日)17時38分33秒
素晴らしい。これこそ漢(おとこ)の映画。トニー・レオン最高。派手なアクションが一切無いのに、この緊迫感と迫力は何だろう。やっぱり役者の巧さでしょうか。あと話の運び方もうまい。前半の麻薬取引での見えない攻防戦は手に汗握ってしまいました。ブラピ主演でハリウッドリメイクするそうですが、もう一人の主役は誰がやるんでしょう?個人的にはコリン・ファレルあたりにきてほしい。
★★★★★
From: (NO MAIL) 10月 11日(土)19時59分29秒
前半は予想通りの展開なのでイマイチだけど後半から断然面白くなってくる。久しぶりに男の映画を堪能しました。
★★★★★
From: tuki(NO MAIL) 10月 11日(土)19時33分14秒
試写会で見たのですが、かなりお勧めです!テンポ良し、カッコイイ、適度にハラハラ上映時間は一時間30分ちょっとで、少し短めなんですが、逆に集中できると思います。エンドロールの曲だけ、ちょっと微笑んだ かな