呪怨2

満 足 度
53.9%
回答者数19



DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★★★
From: yoshi(NO MAIL) 10月 1日(水)08時46分10秒
(少々ネタバレしてます)前作よりも時間軸やストーリーが追いやすくなっていましたね。もともと呪怨シリーズに怖さを感じないので伽椰子家族の新たな展開を期待していたのですが、日本映画お約束の「増殖&復活」ネタで少々がっかり。しかも彼らは家に関わる人を狙って殺していくというだけのモンスター化しているので下に書かれている方と同様ジェイソンやフレディーと変わらず日本ホラー映画のウエットな怖さが全然感じなかったです。呪怨の良さはオムニバスなんだけどそれぞれ連鎖しているところだと思うんだけど今回もその辺はうまくつながっていたので面白く拝見できました。しかし黒いシミから女の子が出てくるところやノリピーの腹がうねっていたところやカツラから伽椰子が出てくるところなんかは微妙にひいてしまいました。僕も下の方と同様12時27分のネタは結構好きですね。
★★★★★
From: めめ(NO MAIL) 9月 22日(月)18時11分29秒
おもろいね〜
From: えりんぎ(NO MAIL) 9月 13日(土)22時58分36秒
1の出涸らし。もしくは残りカスのような出来。監督はもしかして1で才能が枯れちゃったか?金返せレベルの作品でした。1は稲川淳二が語る怪談の様な”妙なリアリティ”というか日本的な因縁、祟り、呪いといったウエットな部分の表現が秀逸で結構怖かったりしたんだが、本作は全く逆で超ドライで西洋的。なんていうかフレディとかジェイソンになってる。伽椰子はただ単にターゲットを手変え品変えで殺すだけ。前作の様に霊体が、精神的に相手を憑り殺すのではなくマッチョに肉体的にバリバリ殺しちゃっててまんま13金。嘘臭さだけ増幅され、冷静な眼で画像見ちゃってチープな作りについ笑ってしまった。推定少女のエンディングではないが、もういいよ。
★★★★
From: チュ(NO MAIL) 9月 6日(土)02時41分29秒
怖がりな自分としてはもうお腹イツパイ。映画館から出た後、胃が・・・うぅ。効果音や床を這いずる動きなんかは、普通の人は充分にコワキモな気持ちになれると思う。暫くは電気付けてないと寝れないヨ・・・タスケロ。
From: たかし(NO MAIL) 9月 5日(金)21時58分01秒
 正直もう飽きてきました。監督は早く別のジャンルの作品を撮らないと飽きられると思うな。のりぴーが思ったよりも老けてしまってあまり魅力を感じかったし、市川由依のシーンはしつこすぎだな。事務所の圧力かな?推定少女のエンディングソングも前回同様ハマってなかったし・・・。
★★★★
From: ひろみつ(MAIL) 9月 2日(火)20時34分21秒
怖かったし、面白かったです。「怖かったけどどうたらこうたら」と言う向きもあるけど、ホラーなんだから「怖い」ことがまず最優先されるわけで、そのてん合格。パートUものとしても上出来じゃないですか?
★★★★
From: まりん(NO MAIL) 8月 31日(日)13時10分46秒
12時27分は良かったですね。あとはちょっとマンネリでだれてしまったけど、のりピーに危機が迫ったときにお母さんが「京子‥」って起こすところは、個人的にはいいシーンだと思いました。またビデオ版を見たくなりました。で、ちょっとわからなかったのは、なんで赤ちゃんが袋に入ってたのか・・です。ビデオ版での袋入り赤ちゃんにつながるのかと思ったら違いましたね。
★★★
From: たけし(MAIL) 8月 29日(金)20時26分01秒
「1」を劇場とDVDで何回か観て免疫ができたせいか、今回はそれほど怖いとは思わなかったけど…伽椰子の活躍(?)シーンが前作より多いのでまあこういう評価でしょう。映画の本筋とは関係ないけど映画館で観てるとき後ろの席で観ていた主婦2人とその子供(小学生)3人が話声が聞こえてきてうるさかった。家でビデオ観てるんじゃないから…映画館で観るときは静かにしてほしい。
★★★
From: こわがり屋(NO MAIL) 8月 29日(金)18時41分08秒
ねたばれあり皆さんが言ってるようなマンネリは感じつつも僕は今まで見たホラーの中では最高に怖かったと思いますしかし怖いホラー=上質のホラーというわけではないので3つ星ですこの映画に足りないものはずばり最初の事件(かやこの家庭で起きた殺人事件)のほりさげが全くなされてない事だと思いますその理由や結末 としおはどうなったのか?なぜ家に呪いが残ったのか? など、、、リングのように解決策を探すが、見つからず死んでいく人達、、、ってのなら納得するんですがねー誉められる点は1のようにビジュアルで驚かす手法とは違い見えない恐怖ってのがところどころにみうけられました出産シーンや新山千春の彼氏が殺される前の部屋がチラッとだけ見えるシーン想像してしまう恐怖ってのはけっこう鳥肌ものでしたps 劇場でプレゼントしてた「呪怨」と書かれたステッカーもらった人達皆苦笑いでした、、、
★★★★★
From: 紅葉(NO MAIL) 8月 28日(木)09時57分17秒
私的には超怖かったです。「呪怨」も怖かったからこれも怖いかなぁって思って見たけどやはり怖かったです。でもやっぱり奥菜恵の方が良かったかな。
★★★★
From: ラフレシア(NO MAIL) 8月 28日(木)01時16分57秒
当然マンネリの誹りは免れないんだろうなと思いつつ覗いてみましたが・・・からいですねー(^_^;)過不足無くみせてほしいという気はしますが怖かったですよ。怖さで劇場のあちこちですすり泣きが聴こえてきてましたし。2も1と同じなのが許せるかどうかで評価は相当変わるんでしょうね。私は許せました。ただし2まででもうお腹一杯です。どうも3も創るつもりらしいですが、止めたほうがいいのかな〜?違うものが創れるならがんばってほしいです。
From: どうどう(NO MAIL) 8月 28日(木)00時31分14秒
音響の恐怖にはビックリしない方なんでいまいちでした。映像主体で驚かして欲しかったです。内容は以前テレビでやっていた「未来日記」とかいうの思い出した。すいません1を見て、期待しすぎました。
★★
From: 殿様(NO MAIL) 8月 27日(水)23時05分14秒
確かにビジュアルは恐いけど、結局薄っぺらな物語でしかないから前々後に残らないし、芯に来ない。ホラーを作るにしても、もうちょっと内容をちゃんとさせないと、結局小手先でしかないような気がします。無差別に殺しまくるカヤコもだんだん腹立って来るし、敏雄はもう笑わせるための要素でしかなくなってる。だいたい何でお前はブリーフいっちょなんだ?そんなカッコでしゃがまれたらどうしたって笑うっての。これで中味さえもう少ししっかりしてれば相当恐いと思えるんだろうに…。
★★★★★
From: 育海(NO MAIL) 8月 27日(水)17時27分55秒
怖さの売りはあのパターンなのだから、あれが飽きた人には確かにつまんなかっただろうけど。でも、最初のビデオ版の衝撃はすごかったはず。慣れちゃ ダメ(笑ということで、あれが怖い私は五つ星!
★★★★
From: ちゃお(NO MAIL) 8月 26日(火)23時58分47秒
映画1よりも、面白くないと聞いていたので、どーかなぁと思ってみたのですが、なかなかがんばっていたと思います。マンネリ化せざるを得ないこの物語で、どう見せるか?私の感想は、マンネリだけど面白かったというものです。恐怖というのは、ある程度まで行けば、エスカレートすることは出来ず、あとは笑いに変わります。今回の映画も、客はすでにお化け屋敷の楽しさを享受しています。私もすでに、「呪怨」はお笑いや仲間とわいわいしながら観に行くイベントムービーとして観ています。トシオくんもすでに寅さん化してきました。またかと思わせながら観てしまいます。この映画は一作目から観ている一部の人のためでなく、常に一見さんに向けて作られているのではないでしょうか。製作側はマンネリ化を恐れていないように思われます。それで、呪怨ワールドのファンを増やしていき、次回は世界に広げることでしょう。よいものは、特に変える必要はないと思います。今は大改革より、マイナーチェンジがかしこい選択でしょう。しかし、髪の毛が観ていて実際に逆立つ映画は、この映画だけです。きょうは、本当に人間の髪の毛も逆立つんだなぁと獣の自分を自覚しました。
★★
From: (NO MAIL) 8月 26日(火)19時33分38秒
例の壁ドンドンは「新耳袋」に載っているネタ(実話)でした、「新耳袋」編集の木原さんの名前がクレジットにあったのでパクリではなく、流用でしょうが、、、
★★
From: ヒゲオヤジ(NO MAIL) 8月 26日(火)12時20分45秒
あまり怖くなかった。同じような怖がらせ方で慣れっこになったみたい。
★★★
From: あぁぁあぁあああぁぁああああぁぁl(NO MAIL) 8月 26日(火)03時28分34秒
*ネタバレあります*あのガキもカヤコも見過ぎてマンネリ感が強かったです。ホラーというジャンル上 仕方ないのかもしれませんが特定の演出が多すぎるような気がします。それは@劇中の人物が幽霊を見る→A人物びっくり→Bカメラ視点が変って、幽霊が消えている、人物「今のは!?幻!?」 というシーン。あと私的に幽霊が出てくるまでが怖いのですが、いざ出てきたら怖いというより笑いが出てきちゃいました。最後の病院でのカヤコの登場シーンは、マンネリながらも絵が面白かったです。あと下の方がおっしゃっている通り毎晩12時27分に聞こえてくる壁の音の正体は同じく高評価です。例のガキの ちょっかい のせいでここでも少し笑ってしまいましたが・・・。ストーリーは「らせん」に近いですね。
★★★
From: よしを(NO MAIL) 8月 24日(日)00時43分03秒
初日大阪の梅田ブルク7にて鑑賞しました。ホラー映画を鑑賞するときの評価についてですが自分は作品内容、恐怖シーンの演出を見ると共に周りの観客の反応もどういったものか見ています。・作品内容についてはビデオや劇場で数作品見てきた人には少々物足りないと言いますか、マンネリの感が否めないと思います。ただ、毎度おなじみのバラバラの時間軸構成が今回面白い風に組まれていたのには高評価です。(毎晩12時27分に聞こえてくる壁の音の正体が実は...)・恐怖シーンの演出についてはCGも使い出して、お!と感じたところもありましたがただの脅かし演出に走ってるかと。昔TVで「学校の怪談」での俊雄君やビデオ版のあの階段を這いずる伽耶子をはじめて見た時の衝撃度はもう自分の中には残っていませんでした。「リング」からの発展系でありますがさすがに一区切りついた感じです。もうざんばら髪の女性が這いずり回るだけをシーンをメインに持ってくるのはやめていただきたいです。・観客の反応についてもその脅かし演出にビックリしていた人も多いが笑ってる人もちらほらと。前作の書き込みにも書いていましたがこの映画は映画館の満席の状態で見るのは致命的に恐怖感を薄れさせると思います。・後評価とは関係ないですがパンフレットについては作品解説すらなく前回とは打って変わって見るべきところがないのが残念です。500円と安いのですが特にいらないもの(すごろく・お面etc)が付属してるのはどうかと。まあアルバトロスらしい構成ですが...。ともかく、清水監督にはハリウッドでがんばっていただきたいです。金をかければどんな作品になるのか....。