クジラの島の少女

満 足 度
69.2%
回答者数13



DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★
From: 銀幕三十郎(NO MAIL) 10月 10日(金)00時21分24秒
例えばスライドが投影される場面を見れば、作り手がそこそこのセンスを持っていることがわかるが、作品全体としては佳作の域にも達していない。原因は次の二つ。第一に、感情移入が起きにくい。ヒロインが族長の継承に固執する理由が何やら神秘の領域にとどまっていて、観客には釈然としない。その一方で、ヒロインの祖父が精神的に追いつめられている理由もよくわからない。自分の子孫以外にも継承できるのであれば、ヒロインの父に対する冒頭の態度は何だったのか。第二に、クライマックスが映画としては弱い。演説は一般に好ましくない。最後に起きる奇跡は観客および劇中の目撃者の視覚に強くアピールするものであるべきだが、まるで見映えがしない。このことは「風の谷のナウシカ」とは全く対照的である。
★★★★
From: スピットファイアー(NO MAIL) 10月 8日(水)17時06分15秒
 伝統は新しい価値観と常に折り合いつけながら継承さるべきもの・・と感じた。病院でじいさんが寝ている孫娘に向かって「賢き者」って呼びかけてたのはそういうことですやろ。相撲協会の幹部に見せなあかんね。いつまで土俵の上に太田知事が上がるのを拒むつもりやろか。 学芸会のシーンは素晴らしかった。ジャリタレに見せなあかんね。ハリウッドから引き合いが来てるとかいうけど、つまらんメロドラマなんかに毒されんことを祈ってます。いい映画でした。
★★★★
From: リオン(NO MAIL) 10月 6日(月)00時00分51秒
途中までは退屈です。しかし後半、学芸会のシーン以降はなぜかむやみに魂が揺さぶられるシーンの連続でした。祖父に思いが届かない学芸会のシーンもいいし、「ナウシカ」チックにクジラを救う場面も印象に残ります。一番好きなのはラスト。部族の人々の力を結集して作ったカヌーが進水して、少女の掛け声に合わせてオールを漕いで進んでいくところ。先祖から連なる糸の一本一本を束ねて縄にするというのは、こういうことなのだと清々しい気持ちになりました。理屈で考えれば、クジラの集団座礁を政府等の力を借りず部族だけで処理しようとしたのはおかしいし、そもそも、祖父が家族を犠牲にしてまで見つけようとするマオリの指導者とはなんなのか、なぜマオリが危機なのか、さっぱり分かりません。そもそも、主人公の少女はなぜクジラと心が通わせられるのか?本当に指導者だから?本人がそう思ってるだけ?…等々、上映時間の割に情報量が少なく、物語として洗練されてない点も多々あるのですが、それらを補って余りある、心に訴えかけてくる映画です。
★★★
From: トラリーチェ(NO MAIL) 10月 5日(日)13時31分35秒
普通に素敵な映画でした。この映画の内容は色々と大切な事が詰っている事は理解出来ましたが、私は孫と祖父の関係が一番に心に残りました。学芸会の彼女の演技は素晴らしかったです。おジィちゃんへの気持ちが痛いほど私の心に響いて泣けました。 いつものように、何の情報もなく鑑賞していれば…と残念に思います。
★★★
From: さっしー(NO MAIL) 9月 28日(日)23時22分31秒
意外とシンプルに祖父と孫娘の葛藤を中心に描いた淡々としたドラマという印象でした。でも気持ちがいい作品で見て良かったとは思いました。
★★
From: KIKI(NO MAIL) 9月 28日(日)00時36分12秒
私はすぐ泣いてしまうタイプなんですが、これは泣けませんでした・・・学芸会の発表シーンは確かにツボに入って泣きそうになったけど、それ以外は全然でした。話も単純にたんたんと展開して、最後もだから?っていう感じでした。もっと感動的な映画かと思ってましたが、ごくごく普通の映画っていう感じですね。
★★★
From: (NO MAIL) 9月 27日(土)00時37分57秒
評価を下げてしまいますが・・・全然泣けませんでした。私にはある種の感受性が欠けているのかもしれませんが。「声は届いた」(だっけ?)まではたいくつでしょうがなかった。ストーリーはほんとにナウシカ。クジラはオームで、クジラに乗るところも、最後に蘇生するところもそっくり。父に付いて行かず、なぜ祖父の愛にあそこまで執着したのでしょう。 あの島への愛ということでしょうか。
★★★★★
From: まる(NO MAIL) 9月 26日(金)19時29分13秒
ここの書き込みを見てから観に行ったんですが、ひさしぶりに良い映画が観れたーってかんじです。学芸会のシーンが最高潮でした。パイケアのたまにしか見れない笑顔、とってもかわいかったです。わたしもエンドロール中の曲が一番気に入りました。
★★★★★
From: ぴかりん(NO MAIL) 9月 22日(月)11時36分25秒
後半の学芸会のシーンから涙が出て止まりませんでした。また最後が感動的で号泣。困りました。苦笑)本当に観て良かったです。
★★★
From: シャア(NO MAIL) 9月 20日(土)21時50分48秒
自分はかなり泣きもろい人間だが、あと一歩のところで泣けなかったな。周りにも2、3人は明らかに涙拭いてる人いたが、そんなに泣いてる人はいなかったと思う。内容は、そんなにすごい盛り上がりはないけど、良かったと思います。エンドロールの最中に流れる唄が一番いい気がした。
★★★★★
From: 神楽(NO MAIL) 9月 17日(水)21時19分16秒
本気で泣けました。映画でこんなに泣いたのは初めてかもしれません。美しい自然も素晴らしいですが、何よりもマオリの唄が最高でした。半端じゃありません。是非映画館で泣いてください。
★★★★★
From: airu(NO MAIL) 9月 16日(火)2時23分40秒
 涙が出た。シンプルながら深いテーマを持った作品。「伝統」と「新しさ」、「伝えるもの」「伝わるもの」をマオリ族と美しい自然を通して映し出され、私の胸に大切なものが深くしみてきた映画だった。
★★★★★
From: まさお(NO MAIL) 9月 15日(火)22時56分55秒
えー…泣けます.ハンカチを忘れずにご持参下さい.僕は両眼より滝の様に涙が溢れ,頬をつたい,喉の所で一緒になり,シャツの襟で吸収しました….周りの人もズルズルきており,映画終了と同時に鼻をかむ音が永遠にこだましてました….(以下ネタバレ)内容は,いわば宮崎駿の「風の谷のナウシカ」のパクリですが,そうと感じながらも,号泣してしまいました.非常にシンプルかつストレートな映画です.ラストに若干の違和感はあるものの,心に深く残る映画です.マオリの唄がまだ耳の奥でコダマしてます….