クローサー

満 足 度
66.7%
回答者数12



★★★★★
From: ダニリー(NO MAIL) 4月 14日(月)02時24分08秒
なんだなんだ、いい映画じゃないの。確かにストーリーも演出も、キレのいい所と緩めの所が渾然となっていて、超A級とまではいえないものの、十分見に行く価値はある。下で皆さん言及しているように、日本刀の殺陣は必見だし(しかしこんなのやられて「あずみ」辺りは大丈夫なのか?)、物語的にも、香港−アジア物特有の泣かせのエピソードをピタっと入れていて、十分感じのいいものになっている。少なくともその辺りはチャリエンの3倍いい脚本。後半の家屋内での2丁拳銃以降は、殺し屋と刑事の交流といい、「(狼・)女たちの挽歌」って感じで・・とすると、パート2もありえるかも知れない。昔チョウ・ユンファはあっと驚く手法で甦ってきたわけなので。^^;しかしあのチャンバラはいいよねえ。カンフー、スロー銃撃、ワイヤーに次いで案外早速ハリウッドが取り入れたがるかも知れない。スーパースピードワイヤーチャンバラ。客体的には4点くらいかも知れないが、上記をいろいろおまけして5点。
★★★★
From: MASA(NO MAIL) 4月 12日(土)00時23分09秒
はい、スー・チーをチャン・チィーと間違えて見に行ったのは私です。(こうして書いてみると、名前全然違うじゃん)ストーリーなどどうでもいいのです。野暮なことは言わない。妹役、ヴィッキー・チャオ(今日覚えた)ちょー可愛い!!彼女を見ているだけで幸せな気持ちになった一日であった。倉田保昭、なつかし〜!やっぱ刀持つとさまになるよねえ。日本刀だけは日本人が持たないと駄目ですな。アクションシーンは結構楽しめたよ。漫画みたいで。
★★★★
From: マークン(NO MAIL) 4月 8日(火)21時45分38秒
香港版チャーリーズエンジェルかと思って見たらぜんぜん違いました。ハリウッドのノー天気な明るさとはちょっと違ういかにもアジアンテイストある映画です。アクション大好きな人にはぜひ見てもらいたい。終盤の戦いは見ものです。
★★★★
From: ヨッシー(NO MAIL) 4月 8日(火)13時21分08秒
ここの評価を見てなんか微妙かなぁ〜と思っていたけどスーチーが好きなので見に行きました。見に行ったら4人しかいなくてさすがにビビッタけど素直におもしろかったよ。アクションとか見所満載だし女の子たちもかわいいし、恋愛ありの姉妹愛ありの友情ありのでもりだくさんです。ちょっと泣いてしまった。。笑
★★★★
From: よいき(NO MAIL) 4月 8日(火)12時33分18秒
いや良かったけどな。下の方で言っていたがハリウッドの二番煎じとかいうやつ。個人的にはハリウッドが香港アクションの二番煎じだと思うけど。相変わらずのお馬鹿映画かと思っていたのでちょっと驚きました。いやあ、妹役の娘さん、可愛いですね。
★★★★★
From: ぴっける(NO MAIL) 4月 7日(月)09時23分02秒
いや、不意打ちの映画でした。アクションとかはどうでもいいんす。はい。まさかこんな展開になるなんて思っていなかったから。俺のまわりにいた人たちは泣いていました。と言っても10人くらいしかいなかったけど。そういう俺もかなり泣いてしまったけど。ハリウッドの二番煎じ?いやハリウッドにこんな話は書けないね。作れないね。CGつかったアクションはハリウッドには遠く及ばないけど、肉弾戦はそれを軽く越えてると思う。全体的な映画としてもあんなチャーリーズなんちゃらなんか遙かに凌駕してる出来だと思います。つっこみどころはあるが、香港映画の王道を久しぶりに観た気がするので大満足でした。あと何故か日本人なのに香港人で出てた倉田さん。あななたのチャンバラはやっぱすげえよ。
★★★
From: けいすけ(NO MAIL) 4月 6日(日)21時54分24秒
アクション等、がんばっているとは思うんだけどハリウッド映画の二番煎じの感は否めず、"この映画ならでは"のものが皆無なのが残念・・と思っていたのが、最後の"チャンバラ"シーンは激しくてリオンさん同様、一見の価値ありだと思います。
★★★
From: リオン(MAIL) 4月 2日(水)23時42分43秒
アクションシーンは超一流、それ以外は…の、香港映画によくあるパターン。勿論、この手の映画はそのアクションシーンさえ面白ければ、それでいいんですが、この映画、前半にドラマ部分が多く、ちょっとバランスが悪い感じ。前半が☆☆、アクション満載の後半が☆☆☆☆で、平均☆☆☆ってところでしょうか。ラストのチャンバラは一体どうやって撮ったんだろう?ってほど、気合入ってます。一見の価値有り。
★★★★
From: ひる子(NO MAIL) 4月 1日(火)02時05分05秒
 えーと。ケチをつけるとドコマデモな映画ではあります。 けども、アクションシーンを見ていたら、他のイタイところが全て吹っ飛びました。 ワイヤーアクションは今となっては普通の出来ですが、むしろ女性達の肉弾戦が実によく出来ていて面白い。 脚本がダメでも、カメラワークがヘボでも、アクションシーン以外の演出がダサダサでも、それでもアクションがよく出来ているので許せてしまう。そんな映画でした。
★★★
From: 銀幕三十郎(NO MAIL) 4月 1日(火)00時31分32秒
アクション・シーンの連続が主眼のあまり心に残らない作品であるが、観客が飽きてしまわぬようにアクションにバラエティをもたせているのは評価できる。殺し屋という職業選択が不自然だし、ラブ・ストーリーがむしろドラマをぬるくしているので、プロットに難があるのは否めない(これらの点を改善すると「キャッツ・アイ」のパクリになりかねないが)。妹役の女優は脇にしてはあまりに魅力的ではないかと思っていたら、作り手はちゃんと考慮していた。誕生日についてのさりげない伏線にもセンスを感じる。
From: 1名前は聞かない(NO MAIL) 3月 31日(月)19時34分41秒
ちょっと期待していたのに残念。トランスポーターのコンビで期待したのに、これからはアクション専門でお願い。最近の映画のパクリで一杯、それを考えながら見ると面白いかも!
★★★★
From: けーじ(NO MAIL) 3月 31日(月)13時23分23秒
やった一番乗り。っていうか映画館でも土曜の夜なのに5人くらいしかいなかった。でも面白かったよ。いろんな映画のどっかで見たなって場面も多かったけど。007ジンクスよりは女性アクション楽しめたよ。