ミシェル・ヴァイヨン

満 足 度
43.8%
回答者数16


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す
Amazon.co.jp



★★★
From: @4区(NO MAIL) 2月 11日(水)01時36分43秒
脚本についてはご案内の通り、ダメ。レースシーンがよけりゃ、ベッソン作品としてはO.K.でしょ。
★★
From: 新テリー(NO MAIL) 1月 28日(水)10時23分50秒
映画を見終わって劇場を出る時、ふと、昔見たアニメを思い出した。チキチキマシーン猛レース。そうすると、ケンケンがあの女か…ウフ。妨害工作ばかりで少し嫌気が差した。
★★★
From: 欧州チャンピオン(NO MAIL) 1月 22日(木)02時35分43秒
去年の12月に観ました。この映画なりに面白かったです。随所に観られるこだわった映像や迫力あるレースシーンをスクリーンで観れて満足です。漫画的なストーリーですけれど、大真面目に作っていて、飽きずに最後まで観れました。あとには何も残りませんが、安心して楽しめる作品でした。
★★★★
From: 観月郁(NO MAIL) 1月 18日(日)22時47分00秒
車と綺麗な人が好きな人は面白い映画なのではないでしょうか?いろんなコメントがありますが、もっと映画って単純に肩の力を抜いてみたらどうでしょうか?デートには悪くないと思います。
★★★★★
From: skywalker(NO MAIL) 1月 17日(土)09時45分16秒
かっこいいオープニングから 始まって一気に魅了されてしまいました。超大胆なカメラワークと目に飛び込んでくる色彩のまぶしいこと。ドラマとレースが しっかり噛み合わさりシンプルで力強い物語になっています。レースシーンは もう鳥肌モノ。原作はコミックということですが ストレートに楽しめました。久しぶりに 気分爽快な映画に 出会いました。
From: けも(NO MAIL) 1月 16日(金)04時58分30秒
リュック・ベッソンは評価が高すぎる気がします。見ているうちにどんどん緊迫感が無くなって(最初からあまりないけど)ウトウトさえしてしまいました。
From: ギッチョ(NO MAIL) 1月 12日(月)12時18分06秒
「こち亀」を映画化したみたいですね。ガラガラの映画館で大爆笑していました。
★★★
From: jun(NO MAIL) 1月 1日(木)21時49分26秒
みんなも書いているようにストーリーは「おいおい、そりゃないだろう」って感じなんですけどね、それにしてもキャストが美しいのなんのって(笑)。余談ですがサガモールが佐藤琢磨に似てたりして、ちょっとレーサーっぽいです。
★★★★
From: りょー(NO MAIL) 1月 1日(木)11時16分27秒
むっ、皆さん手厳しい・・・。確かに「TAXI」シリーズのようなおちゃらけ映画ではなく、リアル指向の映画なのに、現実と虚構のバランスが取れてないっていう意見がありますが、僕は気にならなかったです。この映画を楽しめるか否かは、ここがポイントでは?以前、サッカー好きの友人が「少林サッカー」を見てありえないと愚痴ってましたが、それと同じかな?僕はスポーツマンシップであるとか、ル・マン24であるとかに重点を置かずに、ただ目の前の迫力ある映像を堪能して、主人公のお母さんの心境になりながらラストで心配して、エンディングでやった〜と純粋に楽しめました。ですが、少し気になる点がひとつ。死んだ友人の奥さんにチューはないだろ!
★★
From: けいすけ(NO MAIL) 12月 30日(火)17時48分19秒
 いくら映画は”虚構”の世界と言っても、これはありえなさ過ぎます!(以下、内容に触れてます=ネタばれ注意です) ”リーダー”チームの美女オーナーはレースを知らな過ぎるし(トップクラスのチーム・オーナーが、あれでいいの?)、ラリー中の橋での事故では、”ヴァイヨン”・チームの運転が無謀すぎる(あれではクルマに小細工がしてなくても、ねえ)、冒頭の赤と青のクルマのデッドヒート、実際のレースじゃ、あんなに激しくぶつけ合わないでしょう(結局は○オチでしたが、しょっぱなから帰りたくなりました・・)。それに未亡人ジュリー・ウッド嬢が自分の実力を認めてもらおうと、劇中で最初にサーキットを走るシーン、彼女のシートの座り方は、ど素人以下だった様な・・(あくまで私見)。 ライバル・チームに変な小細工など使用させず、もっとまっとうにレースを描いて盛り上げて欲しかったなぁ。 いくらマンガが原作と言っても、現在連載中で同じレース・マンガの「カペタ」(曽田正人さん)の方が本格的で、断然面白いです〜(まあ両者は全然違う方向性のマンガで、比べるのもなんだと思いますが)。 brosさんおっしゃるとおり、ホントのレースのドキュメンタリーの方が、これ(「ミシェル・ヴァイヨン」)よりも面白いものが出来ると思います。。
★★★
From: zZz(NO MAIL) 12月 27日(土)01時56分23秒
少なくともあのスタローンの「ドリヴン」とかよりは面白いレース映画だけど、本当にリュック・ベッソンの頭の中身は小学生並ですね。考えてみれば日本で人気の「レオン」ってただの「グロリア」のパクリだし。
★★
From: bros(MAIL) 12月 25日(木)01時16分34秒
「TAXI」とか、小学生が考えたようなストーリーはOKのつもりだったんですが・・・これはダメ!馬鹿ストーリーと、いくつかのリアルが、どんどん乖離していって不愉快。レースものは、もっとストイックさを前面に出さないとだめだと思う。もし、ル・マン24への参戦過程をドキュメンタリー映画にしたら、そっちのほうが面白そう。
★★
From: リオン(NO MAIL) 12月 24日(水)00時57分20秒
実際のルマン24時間のレースに参加して撮ったというレースシーンは凄いの一言。レースシーンの迫力だけなら、過去のどのレース映画より断然上でしょう。しかし、そのリアリティ溢れるレースシーンと、リアリティのかけらもないストーリーとの間に、ギャップがありすぎ。敵役チームの仕掛けてくる妨害工作の数々は、あまりにマンガ的で荒唐無稽に過ぎる。(そりゃ、原作がマンガだといってしまえば身も蓋もないが)一応、僕はリュック・ベッソンのファンで、ヨーロッパコープの作品は一通り観ているのだが、その僕にして、「やはりリュック・ベッソンには脚本家としての才能はないんだなぁ」と言わしめざるを得ない出来。プロデューサーとしての能力は高いのだろうけど。
★★★
From: C・I(NO MAIL) 12月 22日(月)08時26分07秒
カーシーンは私のような車おんちでも楽しめました。出演者がキレイというのは、同感!男性陣は二世俳優が多いようです。ミッシェル・ヴァイヨンのお父さんはヴァンサン・カッセルのお父さんみたい。フランス人は小粒でキリッとしてるなー。内容は往年の少女バレエ・マンガ並。
★★★
From: 隠密魔人(NO MAIL) 12月 21日(日)23時10分26秒
女性キャスト陣が美しいミシェルの母さんまできれいだよストーリーは無茶しすぎだね、ありえないから(笑)スポーツマンシップのかけらもないよ、偽ドライバー使ったりさ。伝統あるル・マン24時間がルール無視のチームの勝利かよってつっこんじゃいます(笑)でもそこそこ面白かったですよ
★★★
From: J(NO MAIL) 12月 20日(土)17時33分01秒
飽きないけどカーレースはスポーツだから勝つにしろ負けるにしろガチンコでないと緊張感が生まれない。レースの裏でドタバタしすぎ。